韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「伝説の魔女」のハン・ジヘ、神話グループの後継者になった...反転だろうか?

2014-10-26 23:41:43 | mbcドラマ
'伝説の魔女」みにくいアヒルの子ハン・ジヘが実家のすべてとすることができる神話グループを継承した。26日午後放送されたMBC週末ドラマ「伝説の魔女」(脚本グ・ヒョンスク演出走性优)では、家族が多集まった席でムン・スイン(ハン・ジヘ)に会社の全権を渡してやろうとするマ・タイサン(パク・グニョン)の姿が描かれた。この日のムン・スインは突然のマ・タイサンの呼び出しで家族が集まった席で一緒にした。マ・タイサンは結婚前からムン・スインを追い出したくてならないたから、家族は息子も死んだ状況でマ・タイサンは嫁ムン・スインを追い出そうとすると考えていた。そのため、家族はムン・スインを上にするふりをしてお金の袋を差し出すなどのジェスチャーを取った。しかし、マ・タイサンはびっくり言葉を吐いた。彼は「神話グループの新しい所有者は、すぐにお前」とし「ドヨンがの後に続いて神話のグループを新しい赤ちゃんあなた引き受けと、古い父の最後のお願いだ」とムン・スインに会社をお願いした。家族全員が驚いた状況。予告編では、本格的に会社の仕事に飛び込むムン・スインの姿が描かれた。マ・タイサンの言葉に従ったもの。前1回でムン・スインは1年後横領と背任の疑いで刑務所に収監されること描かれたことがある。最終的にはマ・タイサンはその間憎んだムン・スインに会社を渡すということは、その裏面に他の不純を隠していること以外の張られて反転に対する気がかりなことをかもし出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「伝説の魔女」ハ・ソクジン、ハン・ジヘ求め浴食べた...悪縁繰り返し

2014-10-26 23:05:51 | mbcドラマ
'伝説の魔女」ハ・ソクジンが海に落ちる明らかハン・ジヘを求めた。26日午後放送されたMBC週末ドラマ「伝説の魔女」(脚本グ・ヒョンスク演出走性优)は、夫との結婚指輪を落とした後、これ救うために海に飛びついたムン・スイン(ハン・ジヘ)の姿が描かれた。ムン・スインのような海に座っていたナム・ウソク(ハ・ソクジン分)は、ムン・スインの姿を見て、彼女が自殺をしようとするものであることを知って、彼を乾燥するために動いてたし、そのため、ムン・スインは、夫のリングを終え、海にしまうことになった。これに気を失ったムン・スインは「多台無しに。私のリングどうする?」と応じたし、そのような反応に不合理なナム・ウソクは「死ぬところだったことをやっと購入するリョトドニリング内のリングを見つけなんて」と怒った。続いてムン・スインの話を聞いて一部始終を知ったナム・ウソクは「自殺すると思った。不本意ながら申し訳ありませんようになった」と話したがそれでもまだ話を出すムン・スインの態度に怒った。前二人は病院の緊急治療室で一度会った。当時も倒れムン・スインを緊急治療室に連れて行ってくれた、むしろ悪口だけ食べたナム・ウソクは再びムン・スインに走って「ありがとうという言葉は聞かなければならない。私の娘やら私の緊急治療室に移動しないですか」と要求し、ムン・スインは呆れたように乾燥にお礼をした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「伝説の魔女」チョン・インファ、ナムピョンサンハン・ジヘの "ダイムでも多く拾う"

2014-10-26 22:37:51 | mbcドラマ
チョン・インファがナム・ピョンサンを受けるハン・ジヘのアドバイスはなく、アドバイスを渡した。10月26日放送されたMBCの新しい週末ドラマ「伝説の魔女」2回(脚本グ・ヒョンスク/演出走性优)は、チャ・エンラン(チョン・インファ)がナムピョンサンを払ったムン・スイン(チョン・インファ)に極めて現実的なアドバイスをする姿が描かれた。神話グループ奥様のチャ・エンランはムン・スイン夫の養母。これ嫁ムン・スインがナム・ピョンサンに神話グループの家から追い出さ境遇に置かれであり、「あなたは今、私たちを心配する境遇の?優しく落ちるだけして。常駐の役割のが重要なのではなく、どうしたら一銭でも多く用意していくか、その意図をすべき」と述べた。ムン・スインが恥ずかしいと、チャ・エンランは「板マ氏の家人だと思っている人が誰てる。あなたの義父が板日分一刻も置いておくかと。ナンドゥルこれを言ってそんなに甘くなんて。話せるのは家事だけなのに、家の中で出て行けばお金は一銭なくするんだよ」と語った。ムン・スインはチャ・エンランの言葉にきちんと答えていなかったし、ムン・スインは夫の遺影写真を見て「私は大丈夫。チャギ。どう​​せ元あった場所に戻るのに何。心配しないでください」と付け加えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バラ色の恋人たち」妊娠ハン・ソファ、親強制堕胎要求に逃げ

2014-10-26 22:03:37 | mbcドラマ
ハン・ソンファが「バラ色の恋人たち」の4回で、親の強制堕胎要求に逃げた。ぺク・ジャンミ(ハン・ソンファ)は、10月26日放送されたMBC週末ドラマ「バラ色の恋人たち」4回(脚本キム・サギョン/演出ユン・ゼムン)で親ぺク・マンジョン(チョン・ボソク)、ク・ソシム(イム・イェジン)に沿って家を出た。ぺク・マンジョン塩は、妊娠したぺク・ジャンミの子供をクリアするために言葉を合わせておいた状況。ソシムはぺク・ジャンミとパク・チャドル(イ・ジャンウ)の恋愛事実を隠したままぺク・ジャンミが悪いことを、当該妊娠をしたもので囲まデトゴ、ぺク・マンジョンは目に入れても痛くない娘の将来のために涙を浮かべて中絶を決心した。産婦人科の前で止まってぺク・ジャンミは奇妙なオーラを気づいた。ママク・ソシムの手を握って「ママじゃない?言ってみてください」と懇願した。ソシムは「大丈夫。病院に入って手術だけして出てくれば元に戻る。何も心配しないでね」とぺク・ジャンミを多読であった。これにぺク・ジャンミは「嫌だ。なぜ私に聞いて見なくてママとパパを決めるのか。私はチャドル兄に会うのだ」と叫んだ。ぺク・マンジョンはぺク・ジャンミの口から出てきたチャドルという名前に驚愕を禁じえなかった、ぺク・ジャンミはその間車で逃げて素早くタクシーに乗って中絶を避けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バラ色の「理性を失ったイム・イェジン、ハン・ソンファ妊娠させたイ・ジャンウスラップ洗礼

2014-10-26 21:45:31 | mbcドラマ
イム・イェジンが「バラ色の恋人たち」で娘ハン・ソンファを妊娠させたイ・ジャンウに怒った。ク・ソシム(イム・イェジン)は、10月26日放送されたMBC週末ドラマ「バラ色の恋人たち」4回(脚本キム・サギョン/演出ユン・ゼムン)で家の前に訪ねてきたパク・チャドル(イ・ジャンウ)を見てすぐに平手打ちを飛ばした。驚くパク・チャドルにソシムは「殺す。あなた今日は私の手に殺すだろう」と叫んだ。何も知らないパク・チャドルは「なぜイロシか」と重ねて恥ずかしい、ソシムは「お前なぜ私はこれが起こってわからなくて聞いてみるのか。あなたこい」とパク・チャドルの胸ぐらを握ったまま引きずって行った。そんな二人を見たチョン・シネ(イ・ミスク)は、ク・ソシムに「あなたは今、私の息子に何をやっか」と怒った。しかし、ソシムはそのようなチョン・シネに「息子が私の娘に何をやったことじゃないの?」とし「私は今与えた。私がいない与え排気か」とチョン・シネの美容院まで混乱を作った。パク・チャドルは、 "私のジョンミに会うことのためにこれを行うのなら、私に八つ当たりしろ」とソシムを止めたが、ソシムはぺク・ジャンミ(ハン・ソンファ)の妊娠の事実は、言葉もできないまま、 "私は再びジャンミに会うな」という言葉だけで戻った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バラ色の恋人たち」イム・イェジン、娘ハン・ソンファ妊娠性暴行に化け

2014-10-26 21:41:01 | mbcドラマ
イム・イェジンが「バラ色の恋人たち」の4回で娘ハン・ソンファを妊娠させたイ・ジャンウを隠すために妊娠を買いに隠した。ぺク・マンジョン(チョン・ボソク)は、10月26日放送されたMBC週末ドラマ「バラ色の恋人たち「4回(脚本キム・サギョン/演出ユン・ゼムン)でぺク・ジャンミ(ハン・ソンファ)が妊娠したという事実に大きな衝撃を受けた。ぺク・マンジョンはぺク・ジャンミに、「どのようなエモそうした。お父さんが付かないのか。お前そうした奴が誰かと!」と声ぶつかったク・ソシム(イム・イェジン)は、これを粗雑に言い逃れ。前のソシムはぺク・ジャンミとパク・チャドル(イ・ジャンウ)が会うという事実に気づいた。パク・チャドルを会っていることもぺク・マンジョンにはありえないことだったので、ソシムは「それについて知ら対。どんなものがやったのかもしれない大」と述べた。"誰がやったかもしれないというのが、今話になる?」というぺク・マンジョンの言葉にソシムは"友人らと酒に酔ってちょっと睡眠聞いたゴマみるとそんなことができたよ。だから、悪い夢見ただろう忘れるとしていなかったのか」と、瞬く間に横たわっていた。ぺク・マンジョンは、「そのような奴は見つけ行わなければなら。絶対に許さない」と怒った。結局ぺク・マンジョンは警察署まで行った塩はそのようなぺク・マンジョンを乾かしながら「睡蓮のジャンミ詩集アンボネか。地よりビルよりも娘たちが財産だと。そこに入って申告すれば、私たちのジャンミそう起こった来たあちこち噂だ。警察署に裁判所に新聞までと、どう必要とか。あなたそれでは良いのか。その時だ終わる。ジャンミと私たちはもちろんのこと、睡蓮のまで終わっている」と止めた。これぺク・マンジョンはやっと異性をギャル"誰もが知っなければならない」と二人に口封じをさせた。ソシムはこっそりぺク・ジャンミに「あいつチャドルで合う。私は本当に生きられない。あなた今どうするのか。この日誰も知らないなければならない。絶対チャドルが知ってはならない。そして約束しろ。これからチャドルと絶対会わないと言って」とぺク・ジャンミを拡大した。ぺク・ジャンミは「どのようにそうな。それは絶対に約束できない」としたが、ソシムは「あなたのお母さん聞いていないチャドルとこっそり会うがお父さんハンテバレチャドルも死んで君も死んで私は死ぬ」ともう一度強調した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バラ色の恋人たち」チョン・ボソク、娘ハン・ソンファ婚前妊娠の怒り爆発

2014-10-26 21:37:21 | mbcドラマ
チョン・ボソクが「バラ色の恋人たち」の4回で娘ハン・ソンファの妊娠の事実を知った。ぺク・マンジョン(チョン・ボソク)は、10月26日放送されたMBC週末ドラマ「バラ色の恋人たち」4回(脚本キム・サギョン/演出ユン・ゼムン)で「患者が妊娠中なのに知らなかったのか」は、医師の言葉に戸惑っていた。医師は、ぺク・ジャンミ(ハン・ソンファ)の妊娠の事実を言ったこと。ぺク・マンジョンは「オタ向かって妊娠という音をするのか。チャート変わったではないか」と多終わったが、医師は、そのようなぺク・マンジョンを多読で席を離れた。ぺク・マンジョンは妻ク・ソシム(イム・イェジン)に「私たちのジャンミがそうするわけが無いよ」と足をバタバタカキロトゴソシムは「私は何も知らない」と無視した。しかしソシムは、すでにぺク・ジャンミとパク・チャドル(イ・ジャンウ)が会っているのに気づいた。百万の紙の位置を開けると、ソシムはぺク・ジャンミに"お前は、エモでした?寝たの?じゃない?」と尋ねた」ができてい。黙って音しないないでいて」とぺク・ジャンミを粒度ボングトないようにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「悪い奴ら」パク・ヘジン、世の中にかけがえのない独自サイコパス」鳥肌」

2014-10-26 10:03:46 | ドラマ
俳優パク・ヘジン、彼は一体どんな修飾語で説明することができますか?パク・ヘジンは25日放送された「OCN悪い奴ら」から濃い感情とディテールな表情はもちろん、爆発的なアクション演技まで幅広い演技スペクトラムを示し与え視聴者を感心させた。これまで「悪い奴ら」は、雨が降れば人を殺す連続殺人犯と無慈悲な切り身殺人を犯した人身売買犯を掃討、昨日の放送では、人身売買の根を選ぶのに成功し、視聴者に爽快なカタルシスをプレゼントした。「悪い奴ら」と一緒に警察に身分を偽装したまま人身売買の巣窟に入ったパク・ヘジンは数十人の組織員たちと乱闘を繰り広げ無慈悲に取り組む彼らと完璧なアクションを消化し ​​て劇の没入度を200%高めた。特にマ・ドンソク(パク・ウンチョル役)が危険にチョハジャ大型フレームを保持し、組織員の頭に振り下ろす瞬間ナイフなどに続い襲われた絶体絶命の場面は、見る人々の心を降りて座るように作成忘れられない名場面で登板するのに十分という評価。以来、パク・ヘジンは剣に刺されて痛みを伴う状況にもかかわらず、群れ集まる組織員たちとのアクションシーンを完全消化し ​​た。何よりも、彼のディテールな演技は、まさに一品だった。微細な目震えと青ざめる顔、痛みを強く飲み込む表情に小さな呼吸の一つ一つまで視聴者にも痛みがそのまま伝わるようにした鮮やかな演技をしたこと。また、これまでどんな感情も表わさない謎であることを抱かれたパク・ヘジンはマ・ドンソクに"私は本当に人を殺した奴なのか、人を殺した奴が正しければ、人を生かすことができているか、人を生かすことにも私の心が動くのか、それを知りたくて」と告白、悪い人たちに合流した本当の理由を明らかに、今後の事件展開に大きな関心を増幅させた。放送直後ネチズンたちは「今回の再発は完全パク・ヘジン回目はい!大ヒット"、"パク・ヘジンはなく、イ・ジョンムンは実質か想像することも嫌い」、「パク・ヘジン見ようと一週間待っていたが、どのように、また一週間を待た?」など熱い反応を見せた。一方、この日放送では、自分の殺人に着実に疑問を持っていたパク・ヘジンが、過去自分の業績を流れる場面を暗示して緊張感を高めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「悪い奴ら」が、最終的にそれをやった...」より悪い「悪処断した

2014-10-25 23:22:25 | ドラマ
'悪い奴ら」が華麗なアクション演技に加え、私たちの社会にメッセージを与えている。

25日午後放送されたOCNドラマ「悪い奴ら」4回は「悪い奴が多すぎる」側に描かれた。

この日中央ク・タック(キム・サンジュン)刑事と三人の「悪い奴ら」は、臓器売買組織を崩壊しようとした。パク・ウンチョル(マ·ドンソク)、イ・ジョンムン(パク・ヘジン)、チョン・テス(チョ・ドンヒョク)は、組織内の中間層をすべて保持た。組織構造を崩すためであった。残ったのは、ヘッダーだ。中央ク・スタックはファン・ギョンスンキャッチを目指しした。

これら黄慶老順に隠れているビルアドレスを調べた。そして不意に攻撃することにした。しかし、問題が発生した。内部にスパイがいた。黄慶老純銀製これら来る前、事前にすべての情報を知っている準備をして遊んだ状態だ。

一歩遅れて事実を知ったのは悪い奴ら。これらの組織員との激しい衝突を行い、事態を把握したいた。この時、機動隊がサポートをされて。また逆である。機動隊は、これらのほうがなかった。むしろファンギョンスン方だった。

機動隊は「あなたがたやファンギョンスン稲田悪い。しかし、黄慶老純銀製お金がある。あなたがたもお金や膨らみそうか」と皮肉った。衝突の間に、イ・ジョンムンは彼の側にカールを迎えた。

この時、パク・ウンチョルの悩みが始まった。パクウンチョルは人知れず脅迫を受けたこと。イ・ジョンムン事件の被害者に勧誘を受けたのだ。また、彼の釘を殺す時バクウン鉄死ぬことになる契警告も一緒に聞いた。しかし、パク・ウンチョルはイ・ジョンムンを生かすことを選んだ。いくらなんでも、ないわけではないことであった。

「悪い奴ら」は、すべての力を合わせた。ク・タックの計画を一緒にしようとした。死ぬことを決意したした勝負だった。最終的にこれらファン・ギョンスン組み入れることに成功した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「伝説の魔女」のハン・ジヘ、豊富な実家の財産争いの犠牲者だったのか

2014-10-25 22:48:23 | mbcドラマ
「伝説の魔女」のハン・ジヘをめぐる人々の悪巧みが示唆された。ムン・スイン(ハン・ジヘ)は、10月25日初放送されたMBCの新しい週末ドラマ「伝説の魔女」1回(脚本グ・ヒョンスク/演出走性优)で「夫キャッチ食べた女性」と実家で冷遇された。ムン・スインの義理の姉妹に直面と(ビョン·ジョンス)は、弟の葬儀場で「必ずそのものが、私たちドユン食った。なぜ唇を噛ん?」とムン・スインをどもども炒めた。この様子をじっと見守っていたチャ・エンラン(チョン・インファ)は、「葬儀が終われば離れる子をどうしてそんなに根気強くふるまって」と卑劣なように出てきた。向かい合っと、この首をかしげてみましょうチャ・エンランは「(息子が)生きている時も嫁扱いをしなかったが、死んだ以上もてなしてくれるか"と"葬儀切断後さん家の中で退出である」ときつく言った。このようなチャ・エンラン言葉に面しともにっこり笑った。会社の後継者だったムン・スインの夫、息子を奪い取って行った孤児嫁を憎むマ・タイサン(パク·グニョン)、マ・タイサンとムン・スインの葛藤を利用して財産によだれを流す家族まで家の恥部が明らかになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加