韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

"紳士の品格"イ・ジョンヒョン、親パパ明らかにするために直接出た "キム・ウンヒ氏の息子である"

2012-06-30 23:38:48 | sbsドラマ
イ·ジョンヒョンが打ったパパを明らかにし始めた。30日午後放送されたSBS "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク、演出シン·ウチョル)11回で、コリン(イ·ジョンヒョン分)は、親のお父さんを見つけるために花中年4人衆を直接訪ねて行った。この日、コリンはチェ・ユン(キム·ミンジョン)を訪ねて"私の父が二分できる。親パパという人は、自分の存在を知らない。私もしばらく前になければなら分かった。その人に尋ねて、 "私はあなたの子だ"と、その人の財産が私に継承なるのか。それともその人が死ぬのか"と伝えチェ・ユンは慌てた。以降コリンはキム・ドジン(チャン·ドンゴン)の家に訪ねて行った。キム・ドジンの家には、コリンの母親キム·ウンヒ(パク·チュミ)を最初の愛だと思っているキム・ドジン(チャン·ドンゴン)、イム・テサン(キム·スロ)、チェ・ユン(キム·ミンジョン)、イ・ジョンロク(イ·ジョンヒョク)があった。コリンは彼らに"君の方に会いに来た"と言って皆を当惑させた。また、放送末尾に放送された12回予告篇でコリンは、自分の母親がキム·ウンヒという事実を明らかにコリンの父親が誰なのか気がかりなことがジュンポクされている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"紳士の品格"キム・ハヌルの心を確認したチャン・ドンゴン抱擁で応え、 "真理カップル"

2012-06-30 22:56:44 | sbsドラマ
キム·ハヌルがチャン·ドンゴンに心を伝えた。30日午後放送されたSBS "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク、演出シン·ウチョル)11回でソ・イス(キム·ハヌル)とキム・ドジン(チャン·ドンゴン)は、キスを介してお互いの心を確認した。この日キム・ドジンはソ・イスを家に連れてくれ"印象的な告白だった。いつから私良かった? "とソ・イスに尋ねた。これソ・イスは"キム・ドジンさんが"片思いをはじめ、見ようと思う"したとき震えて、キム・ドジンさんの財布に私の写真見た時説レゴ"私を好きくれればいけませんか? "とする時揺れや"逃す"と言ったときに、最初に恐れていた"と伝えた。ソ・イスの感動的な告白を受けたキム・ドジンは"私は最初見た瞬間から昨日までそうでした。この人が私なら好きなのにどうするか? "とソ・イスと抱擁をした。キム・ドジンは"キスして抱擁した明日は何でしょうか?"と言うと、ソ・イスは"手を握っ。それはしなくて見たと思う"と述べた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"紳士の品格"チャン・ドンゴン - キム・ハヌル、キス '熱く愛を確認 "

2012-06-30 22:54:12 | sbsドラマ
チャン·ドンゴンとキム·ハヌルがキスをした。30日午後放送されたSBS "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク、演出シン·ウチョル)11回でキム・ドジン(チャン·ドンゴン)は、カフェの外で窓ガラスにキスをしているソ・イス(キム·ハヌル)に近づいた。この日キム・ドジンはソ・イスに"私いいですか?"と伝えるとソ・イスは"そう死ねレイアウトを取得時いつ"とキム・ドジンに恨みのまなざしを送った。続いてソ・イスは"揺れて久しいなりました。節操なくこうだったジョレトダかと思って始めたいと"と言う瞬間キム・ドジンはソ・イスにキスをしようとした。続いてキム・ドジンとソ・イスはお互いの心を確認するように熱いキスをして注目を集めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"紳士の品格"チャン・ドンゴン、 "最後の勝負"パロディしたが、敗北 "体力消耗"

2012-06-30 22:48:26 | sbsドラマ
チャン·ドンゴンが'最後の勝負'をパロディにした。30日午後放送されたSBS "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク、演出シン·ウチョル)11回でキム・ドジン(チャン·ドンゴン)、イム・テサン(キム·スロ)、チェ・ユン(キム·ミンジョン)、イ・ジョンロク(イ·ジョンヒョク)は、屋外キャンプを去った。この日の花中年4人衆は、屋外キャンプを離れたが、食材はすべてお酒だけだった。これイジョンロクは"女性がいるところは食べ物がある"と女性同士きたテントを訪ねて、お酒とラーメンを変えることを勧めた。しかし、すでに他のテントから来た男たちが、まず先手を打ったもの。これ花中年4人衆は、彼らにバスケットボールの試合を申請した。キム・ドジンは"私バスケットボールの代名詞だったっけ?一度やらなければならでしょうか? "と自信満々な様子を見せたが歳月の前に、彼らは若者たちの体力と実力に適うことはなかった。花中年4人衆は持ってきたすべての酒を奪われた。イム・テサンはキム・ドジンに"バスケットボールをいつしてみませんのですか?"と怒った。キム・ドジンは"94年度最後の勝負をがいったね"と言って笑いをかもし出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"紳士の品格"第2幕に上がったチャン・ドンゴン、キム・ハヌル、ロマンチッククッキングデート

2012-06-30 15:47:36 | sbsドラマ
"紳士の品格" チャン·ドンゴン 、キム·ハヌルのロマンス2幕が上がった。6月30日放送されるSBS週末ドラマ "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク /演出シン·ウチョル)チャン·ドンゴン(キム・ドジン役)とキム·ハヌル(ソ・イス役)は、クッキングデートを広げる。製作会社側は30日、二人がフライパンとフライ返しを手に持ったまま調理をしている写真を公開した。二人が台所でワクワクして料理三昧を繰り広げた理由は、チャン·ドンゴンとキム·ハヌルがキム·スロ(イムテサン役)ユン·セア(ホン歳児役)夕食に招待を受けたからだ。チャン·ドンゴンは料理をしているキム·ハヌルに近付いて女心をひきつける予定だ。去る26日京畿道一山にある"神社の品格"セット場で進行された撮影で、チャン·ドンゴンとキム·ハヌルは特有の明るい微笑を顔に浮かべて登場して撮影場雰囲気を盛り上げた。二人はもう台本を読 ​​んですぐに撮影に突入しても呼吸がてきぱき合うほど最高の相性を現わしているという裏話だ。フライパンとフライ返しを持っているが近く密着するようになる場面を撮影して幻想の呼吸で一気にOKを受けた。キム·ハヌルはチャン·ドンゴンに向かってフライ返しを振り上げるシーンを撮影しながらとても高くフライ返しを上げかかる風にチャン·ドンゴンの顔を隠してNGがあったがフライ返しにも食されるチャン·ドンゴン小顔にスタッフは感嘆の声をこぼしたという裏話だ。製作会社ファエンダムピクチャーズは、 "一緒にいる姿だけでも気分が良くなる二人のおかげで、他の人々も皆幸せになる。今後もぎくしゃくしラブラインを描いていく二人のストーリーを期待してくれ"と明らかにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"ロマンスが必要"チョン・ユミ、イ・ジヌクと物理的愛よりも精神的愛 "ウォンチュ"

2012-06-29 12:26:25 | ドラマ
チョン·ユミがイ·ジヌクとの物理的な関係よりも精神的な愛を渇望していることを現わした。去る28日午後11時放送されたケーブルTV tvN 'ロマンスが必要2012 "(チョン·ヒョンジョン脚本、イジョンヒョ演出)4回では、チュ・ヨルメ(チョン·ユミ)がしたベッドに横たわっているユン・ソクヒョン(イ·ジヌク)を見て悩んでいる。チュ・ヨルメは"私が欲しいのは彼の肉体ではなく、彼の精神というものが、時間が経つほど明らかになった"とし、 "その渇望を私は想像で満たした"と本音を打ち明けた。続いてメインのチュ・夜得mはすぐに想像に陥った。 彼は眠りに入ったユン・ソクヒョンの眉毛と鼻のラインを慎重に触って彼を感じたし、彼女の手にユン・ソクヒョンは眠りから覚めた。驚いたのヨルメは再び寝たふりをした。これユン・ソクヒョンは週実の耳元 ​​に"ニャーニャー、起きて朝だよ"と言って恋人たちのぎくしゃくし愛情を見せて見る人々をときめくようにした。想像から現実に戻ってきたヨルメは"愛されてと思ったが、頼んたくはない"という言葉で寝ているユン・ソクヒョンを起こし、突然、"あなたはなぜ私のベッドで寝ているの?許諾もなしに他人のベッドに上がって来て寝るの嫌"と言って彼を後押しした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"紳士の品格"キム・ハヌル年齢顔負けヤンガルレ頭まで "はつらつ女神"

2012-06-29 11:20:31 | sbsドラマ
キム·ハヌルが可愛らしく溌剌としたヘアスタイルを披露する。キム·ハヌルは6月30日放送されるSBS "紳士の品格" 11回分で女性らしく愛らしい髷頭と生気溌剌としヤンガルレ頭に多彩な変身を試みる。これまでキム·ハヌルは劇中高校の倫理の先生のイメージと合わせて長いストレートヘアでたおやかな魅力を現わしてきた。今回は劇中一度も見せなかった様々なヘアスタイルに変身を敢行、風変わりな魅力を発散する予定だ。キム·ハヌルがヘアスタイル変身をお目見えするようになった理由は、劇中路上を歩いて、様々なヘアスタイルにおしゃれをした女性を目撃することにされた。チャン·ドンゴン(キム・ドジン役)と、本格的なラブラインを始めたキム·ハヌル(ソイス分)が想像力を広げた中、様々なヘアスタイル演出で自分のイメージ変身を図ることになるのだ。製作会社ファエンダムピクチャーズは"キム·ハヌルは"紳士の品格"を使って、今まで見せなかった様々な魅力を精一杯発散している"とし、 "ソ・イス役割のために、既存のスタイルで一層アップグレードされたさまざまなスタイルに変身を追求することを躊躇しない"と明らかにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"ロピル" 19禁ターミネータ登板、子供早く寝かせてください

2012-06-29 09:13:28 | ドラマ
" ロマンスが必要 "が19金の終結ドラマに浮び上がった。tvN水木ドラマ"ロマンスが必要2012"(脚本有難うござい中/演出チョン·ジョンファ)は、当初シーズン1よりも不らちで強力であることを予告した。"ロピル1"が女性の率直な考えを果敢に描き出して共感を呼び起こしマニア視聴者層を渉猟したため、 "ロピル2 'に対する期待感はますます高まっている。多数視聴者たちは"ロピル1"よりさらに強力になったこと"ロピル2 "予告に熱狂した。韓国ドラマでは暗黙のうちにタブー視されていた性に対する率直な話が描かれた俳優たちも果敢になった。キスシーンやベッドシーンは基本であり、独特の性的嗜好まで扱われた。"ロマンスが必要2012"ふたが開くと、視聴者"19禁終結ドラマだ" "これまで不らちが分からなかった" "本物のように果敢で素直で呼ばれる" "俳優らの率直な姿に拍手を送る"などの意見を示した。率直さを超えてバルチクハムを選んだ"ロピル2"に多少驚いた表情も見られた。"ロピル2"は、19金の場面が多数放送された。チョン·ユミイ·ジヌクは放送3回ぶりにキスシーンだけ6回を披露しただけのキスシーン達人になって行っている。破格の100秒キス、いきいきとした制服の初キス、初夜キスなどの美しいキスシーンらを大挙お目見えした。6月28日放送された"ロピル2" 4回ではシャワーをしてキスを交わす素肌シャワーキスまで登場した。キスだけがすべてではない。映画のベッドシーンよりも弱い水位がぴったり見ても19金でベッドシーンが多数登場する。チョン·ユミイ·ジヌクだけでなく、ガンイェソルやっぱり独特の性的嗜好を持つ男友達とのベッドシーンで水位の高い場面を多数演出した。セリフもよどみがない。線財経(キム·ジウの方)は、 "セックスはスポーツ"と堂々と言ったほどだ。セックスに対する率直な考えをよどみなく並べるぶしつけな女たちの前に19金の終結という言葉が自然に出る。息もつけないほど水位を行き来して大変果敢になっている。主視聴者を大人の女性に定めた"ロマンスが必要2012"。子供がいる視聴者なら必ず子供を寝 ​​かせて見なければならないドラマになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"ロピル"イ・ジヌク - チョン・ユミ、シャワーキスまで "素直に大胆"ベッドシーン連発

2012-06-29 09:09:28 | ドラマ
イ·ジヌク 、チョン·ユミがシャワーキスシーンを披露した。去る28日放送されたケーブルチャンネルtvNドラマ"ロマンスが必要2012"(脚本チョン·ヒョンジョン、演出イジョンヒョチャン·ヨンウ)4回分ではユン・ソクヒョン(イ·ジヌク)とチュ・ヨルメ(チョン·ユミ)のシャワーキスシーンが描かれて視線を捕らえた。お互い長年の恋人の間で過ごしたソクヒョンとヨルメは別れた後もトンボはお互いが望むときに信号を送り、行することで合意した。これヨルメは赤い靴を、ソクヒョンは人形を向かい合わせていることを信号とした。ソクヒョンとヨルメはこの日、よどみないベッドシーンでお互いの曖昧な関係の中でギリギリ綱渡りをした。二人は、様々なベッドシーンはもちろん、シャワーキスまでこなし、お互いの欲求を隠さなかった。一方イ·ジヌク、チョン·ユミ、キム·ジソク、キム·ジウ、ガンイェソルなどが出演してキム・イェウォンの初登場でストーリー展開に新たな局面を迎えた"ロマンスが必要2012"は、毎週水、木曜日の午後11時に放送される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"ロマンスが必要"イ・ジヌク、キム・イェウォンと同居開始...チョン・ユミ "妙な感情は嫉妬?"

2012-06-29 09:04:45 | ドラマ
キム・イェウォンとイ·ジヌクの同居が始まった。去る28放送されたケーブルチャンネルtvNドラマ"ロマンスが必要2012(脚本チョン·ヒョンジョン、演出イジョンヒョチャン·ヨンウ)は、先輩作家ユン・ソクヒョン(イ·ジヌク分)の家に入って映画シナリオ共同執筆に出るカン・ナヒョン(キム・イェウォン)の姿が電波に乗った。脚色されたシナリオのために悩み苦しんだ心に涙をぬぐって映画会社から出てきたナヒョンはソクヒョンと出会う。通り過ぎるソクヒョンを呼び止めナヒョンは"私は、そのシナリオ書いてなんと嬉しかったのか、作家だから知っている"とし、"先輩が台無しに切って貼って、再作成したそのシナリオが、私は私の心に入って。本当によく書いたと思うなって。数日寝られない寝ていた"と愚痴をする。ナヒョンの画家画家出るが作品に対する強い愛着を見せて見窄らしさを感じたソクヒョンは、映画会社PDに"当選金返して作品返してもらうことができないのかと(ナヒョンが)昨日も、その制度訪ねてきた"という話を聞くことになる。これソクヒョンはナヒョンと共同執筆を決心する。嬉しい気持ちで布団と枕など荷物を包んでソクヒョンの家に来たて清く笑って近付いてあどけなく挨拶を求めるナヒョンにヨルメ(チョン·ユミ)は嫉妬に充ちた妙な感情を感じる。一方この日放送末尾ヨルメはソクヒョンの寝室を掃除するために部屋に入り、ソクヒョンのベッドに横になってぐっすり眠っているナヒョンを発見し混乱する心を隠せない様子を見せ、今後のドラマの展開に対する視聴者たちの気がかりなことを催した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加