韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

トンマン,和食心理戦迷失に一対決 ‘頭脳けんか興味津津’

2009-08-26 20:17:00 | ドラマ
MBC 月火ドラマ ‘宣徳女王’がシーズン2 体制で局面切り替えた中にトンマンが公州入城を控えてミシルに頭脳けんかで通快なボックスグックを広げた.

放送 26回ぶりに遂に 40%を突破した ‘宣徳女王’は 8月 25日放送した 28部まで連続 3回 40% 全国視聴率を越して国民ドラマで位置づけた.目をはなすことができない緊張感と早い展開で ‘宣徳女王’の視聴シェアはおおよそ 60%を越した.

この日放送された ‘宣徳女王’ 28回では ‘双子は国に不吉だ’は予言を覆す ‘開陽自立桂林千名’の予知を立証する和食場面を通じてトンマンとミシルの一寸も譲歩することができない心理戦が開かれた.

結局トンマン(イ・ヨウォン)は二つの数を眺めた高度の心理戦に老会したミシルの判断力を濁ごすようにするのに成功した.ミシルの権威は底に落ちてトンマンは公州で宮に入城することができる確かな名分を持つようになった.

特にこの日放送ではピダムの熱演がいつより引き立った.ムンノから伝授受けたすぐれた武術実力で脱走を試みる豪快したエックションシンをお目見えするうえ火刑式場面のために一日一日中柱にぶら下げられて脱力直前まで熱演を広げた.

一方越川せりふを説得する過程で宣徳女王の業績な瞻星台下図をこっそり仄めかしたトンマンはこれから瞻星台を含めて格物を重視した新羅時代の時代相が本格的に描かれることを予告した.
コメント

宣徳女王の男たち,妖婦ミシルに対敵することができるか?

2009-08-25 20:05:58 | ドラマ
MBC 創社 48周年特別企画ドラマ '宣徳女王' (シナリオ金英賢朴上演,演出朴泓菌ギムグンホング)が去る 5月 25日視聴率 16.6% (TNSメディアコリア,全国期与えた)で順調に出発して放送 3回ぶりに 20%台入城,以後倦まず弛まず険しい視聴率上昇曲線を描いている.特に 8月 24日徳だけが本格的に迷失に対敵する 8月 24日 27回では 40.3%で同時間帯最高の視聴率を記録した.

月火ドラマ '宣徳女王'は歴史的事実と想像力を土台にしたがっちりしている構成の豊かなエピソード,コ・ヒョンジョンイ・ヨウォンなどの主演級俳優たちとジョン・ウンイン異聞式など小味の利く助演たちの熱演で緊張感と速度感を維持している.こういうわけで月火ドラマの独走を見せて国民ドラマで立地を固めている.

ドラマの前半部がトンマン(イ・ヨウォン),チョンミョン公州(パク・イェジン)の生まれ過程とミシル(コ・ヒョンジョン)の独走を描いたら,後半部はトンマンが宣徳女王で劇の全面に出ながらミシルとの葛藤を本格的に描き出す.またトンマンの心強い後援者であるキム・ユシン(オム・テウン),ピダム(キム・ナムギル),アルチォンラング(イ・スンヒョ) など 'ドックマンパ'で活躍するようになる三人の男がドラマ後半部の主な視聴率の原動力と同時に人気の秘訣になることに予測される.

8月 24日 27回放送でトンマンは新羅の王になるためにピダムの助けを借りてミシルがした方法そのまま科学と精鉱力(ウィナラのこよみ)を利用,乱れて慌しい民心と権力を取ろうと試みる.これが分かるようになったミシルがピダムと対面したこの日最後の場面を通じて視聴者たちの知りたい事と期待をもっと増幅させた.

最近新しく登場したピダムは魅力的な人物で急浮上,多くの女性ファンを確保している.多くの話題を生んでドラマの緊張感を吹き入れたピダムは無茶で大ざっぱな性格だがセシムした思いやりと賢い頭を持ったキャラクターだ.ピダムが与える新鮮な笑いは視聴率上昇の原動力になったりする.劇中でも他の周辺人物とは違いトンマンを '公州'ではない '友達'で対して心強い後援者になっている.

一方この日放送では劇中トンマンとキム・ユシンのラブラインが形成されながら '多毛'と '大将金'を引き継いだ切ない恋心がもう一度再演されるのではないかと言う視聴者たちの期待も高くなっている.

キム・ユシンは "私には王を仕える事も私の皆を要求するのだ.私には恋慕をすることも私の皆を要求するのだ.しかし私は私の皆を分けることを分からない.して今からお前に対する私的なすべての恋心を切る.私は君を仕えることができ終わる君を恋慕することができない"と徳のみを '恋人'ではない '新羅の王'で受け入れることで心を整理した.

しかし "ホールに行く君の後に飛ぶいつも従うでしょう"と後ろ向きになる徳のみを抱いて最後に本人の心を伝えた.これに対して視聴者たちはキム・ユシンに沒入したオム・テウンの演技に絶賛を送ってその間の演技力論難を寝かせた.

50部作に予定された MBC 月火ドラマ ‘宣徳女王’がその半分を越した.2007年 ‘朱蒙’ 以後視聴率 50%台ドラマは出ていない.この日放送が 40%を突破するによってクライマックスに向けている ‘宣徳女王’が今年の内で 50%台夢の視聴率を突破する可能性が高いという見込みが放送街内外から流れ出ている.
コメント

‘宣徳女王’ 作家 “オム・テウン演技 120% 満足する” 論難払拭

2009-08-19 10:18:37 | ドラマ
MBC 月火ドラマ ‘宣徳女王’ 作家陣がオム・テウン演技に対する満足感を現わした.

‘宣徳女王’ 金英賢,朴上演作家は “ドラマ的でも,歴史的でも,最後の勝者はオム・テウンのキム・ユシンになるでしょう”と口を割った.

8月 18日放送された ‘宣徳女王’ 26回は視聴率 40%を突破,いよいよ国民ドラマ班列に上がった.この日放送でキム・ユシン(オム・テウン)は愛と大義の中で煩悩して結局トンマン(イ・ヨウォン)に対して “内が選択した私の王だ”と言いながら本格的なシーズン2の話の中に新しく入った.

金英賢,朴上演作家は王女になるという,王になるというトンマンとともに恋慕で大義を選択したキム・ユシンに対して深い満足感を現わした.

二人の作家はキム・ユシンに対して “私たちが取ったキム・ユシンのキャラクターは,初めにはただばか正直で,どう思えば息苦しくて,典型的な大器晩成の人物だ”と “一つの外に分からない生真面目な人物が経験する無惨な試練がもう過ぎ去っている中だ”と言った.

引き継いで “私たちのキム・ユシンは柔軟で聡気あって溌剌とする人物ではないから,自分自身を欺くことができない人物だからその試練の前で避けることができなくて,完全にすべて受け出して,つらがって,そうだからもっと大きい混乱を経験しているのだ”と説明した.

また二人の作家は “搖れることが止め始めた 25回からはその真価を遺憾無く発揮するでしょう.難しくて気難しいキャラクターを演技していらっしゃるオム・テウンに賛辞と慰労と応援を送る”と “ドラマの最後勝者は結局キム・ユシンになるでしょう”は評価も付け加えた.

一方 ‘宣徳女王’は峠峠新しい登場人物の加勢とトンマン、キム・ユシンなど主要人物たちのいっそう強化された姿がつながりながら視線をはなすことができなくしている.
コメント   トラックバック (1)

トンマン-ピダム運命的最初出会いカムチァックゴングゲ “お前もその子供がきれいなのか”

2009-08-18 09:43:57 | ドラマ
トンマン(イ・ヨウォン)とピダム(キム・ナムギル)の運命的な最初出会いがびっくり公開された.

8月 17日放送された MBC 月火ドラマ '宣徳女王'(シナリオ金英賢朴上演/ 演出朴泓菌ギムグンホング) 25回で今後の新羅最初の女王で上がるトンマンとミシル(コ・ヒョンジョン)の息子に生まれて捨てられたピダムが初めて会った瞬間が登場して人目を引いた.

ピダムはお母さんミシルに捨てられた後,ムンノ-(チョン・ホビン)の手に育てられた.以後ピダムは公州身分が明かされて同時に王室で凶兆で思われる双生で生まれた自分の運命を呪って徐羅伐を去ろうとするトンマンと偶然に会った.

ピダムはいつも危機に処したトンマンを求めてくれてお姉さんチョンミョン(パク・イェジン)を失った瞬間を一緒に送るなどこれから普通ではない縁を感知するようにした.

引き続き 25回分でトンマンはお姉さんの死を後にしてミシルに対する復讐心で "新羅を後先にする"と宣言した.彼女はピダムを向けて "意があったら私と一緒に欠点"と勧めた.

その間規範も道徳もなしに暮して来たピダムはこんなトンマンマンにあわれな心を感じた.彼は結局ムンノ-に "その者を助けたい"と自分の意思を表明した.

こんなピダムを意味深長な目つきで眺めるムンノ-.彼の頭の中にふっと過去捨てられた徳のみを連れて来たソファ(ソ・ヨンヒ)がすれちがった.

当時ムンノ-はソファに "この子供は大きい人物になるでしょう"とトンマンの運命を予言した事がある.またその瞬間幼いピダムがまだ赤ん坊であるトンマンに近付いて綺麗なように頭を撫でた.

この日急に登場したムンノ-の回想場面は今後のトンマン-ピダムの縁が尋常ではないと予想するようにする同時にこれからトンマン-ピダム-ミシルの間起る避けることができない運命の葛藤を暗示して関心を集めた.

一方この日王室はチョンミョンの死のためひっくりかえって引っ繰り返った.ミシルは真平王(チョ・ミンギ)を脅威するカードで突き出した双生を取り入れることを闡明したし真平王は娘の死と関連,どうこうなことも問わないというように "事故死だ"と言い切った.

またチョンミョンの死を目の前で目撃したアルチォン(イ・スンヒョ)はナングザングギョルウィをして悔しいチョンミョンの死を明らかにしてくれるのを請じた.
コメント

死控えてチョンミョン,妹トンマン向かった最後の愛輝いた

2009-08-11 11:37:15 | ドラマ
妹トンマン(イ・ヨウォン)を向けたお姉さんチョンミョン(パク・イェジン)の愛が輝いた.

10日放送された MBC 月火ドラマ ‘宣徳女王’ 23回分でお姉さんチョンミョン公州は消えたトンマンを捜すために直接率先した.

トンマンが消えた後ずっと宮でオチハルバ分からなくて心を労し気を碎いたチョンミョンはアルチォン(イ・スンヒョ)にすべての事実を打ち明けてトンマンを捜すことを命じた.

ここにミシル(コ・ヒョンジョン)とウルゼ(新旧)に追い回されて洞窟の中に隠れているトンマンとユシン(オム・テウン)を尋ねて来たチョンミョン.彼女はトンマンを向かって "去りなさい.私が力がないことがこんなにしみたことがなかった"と涙をこぼした.

新羅で不吉だ思われる双生の運命で生まれたチョンミョンとトンマンは幼いごろからトルオジョジネヤした.ここに遠い他国で捨てられたトンマン,もうやっとお姉さん-妹なのをアルゲドエッジだけ権力争いの中に再び追い回される境遇になったのだ.

このような状況の中に発ちなさいと言うしかない境遇になったチョンミョンは労しい視線でトンマンを眺めて最後の贈り物を突き出した.彼女はお母さん摩耶夫人(ユン・ユソン)が徳のみのために作った公州服をトンマンに渡しながら試着してみることを提案した.

その間郎徒の服装だけ着て山トンマンに公州服を着せてくれて髪までくしけじてくれる姿は実の姉妹のそれだった.

またこの日ユシンは "トンマンと一緒に去る.トンマンを察してくれて守ってくれて惜しんでくれたい"と言ってチョンミョンを驚くようにした.去る 22回放送でチョンミョンとユシンの国婚が決まった事があってチョンミョンのいただいた衝撃はもっと大きかった.

しかしたちところに心を取り纏めたチョンミョン.トンマンに "ユシンと去りなさい.去って一緒に暮しなさい"と妹のために心に留めた男をあきらめる切ないことを見えたりした.

一方この日公開された 24回予告篇でミシルに追い回されるトンマン代わりに殺されるチョンミョンが登場してこれらの悲劇的な運命を予感するようにした.

この日放送直後視聴者たちは関連掲示板に "チョンミョン公州殺さないでください" "チョンミョンがあまり早く退場して惜しい"と言う反応を見せた.
コメント

ユシンラン,トンマンプロポーズに ‘宣徳女王’ また自体最高視聴率更新

2009-08-11 11:33:17 | ドラマ
MBC 月火ドラマ ‘宣徳女王’がまた自体最高視聴率を更新して月火ドラマ最強者の立地をまた確認させた.

視聴率調査会社 TNSメディアコリアによれば 10日放送された ‘宣徳女王’ 23回は全国 37.5%を現わして同時間帯 1位を占めた.

去る 4日放映された 22回も 35.4%で自体最高視聴率を更新した.

一方同じな時間帯 KBS 2TV ‘伝説の故郷’ 初回は 6.8%を,SBS ‘ドリーム’は 5.8%をそれぞれ記録した.

この日 ‘宣徳女王’ 23回では双子姉妹チョンミョン(パク・イェジン)とトンマン(イ・ヨウォン)が劇的にまた会ってザメエを見せる場面とともにユシンラン(オム・テウン)が国婚相手であるチョンミョンにトンマンを自分の女人で選択したことを告白する場面が放送された.
コメント

アルチォン,トンマン-ユシン危機で求める!

2009-08-11 11:25:35 | ドラマ
アルチォン(イ・スンヒョ)がトンマン(イ・ヨウォン)を求めるために出た.

アルチォンは 8月 10日放送された MBC '宣徳女王'(シナリオ金英賢朴上演/ 演出朴泓菌ギムグンホング) 23回でチョンミョン(パク・イェジン)の命を受けてトンマンを捜すために慌ただしかった.

トンマンが消えた後宮で始終心を労し気を碎いたチョンミョン.ユシンまで一緒に消えてこれから残ったことはアルチォンだけだった.ここにチョンミョンはアルチォンにすべての秘密を打ち明けた.

トンマンの生まれと関連,すべての事実が分かるようになったアルチォンは特有の沈着することで "聞かないことでする.もうトンマンに命を借金したことがあってユシンとの友情があるから命をかける理由は十分だ"と強直な性分を現わした.

結局トンマン仲間を探して出たアルチォンとチョンミョン.これらはトンマン仲間が逃走の中で会ったピダム(キム・ナムギル)と出くわした.

ピダムはもうユシンに "画廊を見るようになれば紅色服と紫服に気を付けなさい"と言う警告を聞いたはず.しかしピダムとでくわしたアルチォンの服は黄色だった.ここにピダムは "黄色服は聞いて見たことがないが.."と言いながらどぎまぎする姿を見せて笑いを催した.

この渦中に二人はお互いのカリスマを発散して神経戦をしたりした.しかしこれらがような方なのを直感したピダムはアルチォン-チョンミョン連中をユシン-トンマンが隠れている洞窟で導いた.

このようにアルチォンとピダムおかげさまでユシン-トンマン-チョンミョンは久しぶりにめぐり合うようになった.

チョンミョンは久しぶりに顔を向い合った妹トンマンに "去りなさい.方法がない.力がないというのがこのようにしみたことがなかった.お姉さん妹もできなく見たが.."と言いながら涙を浮かべた.

引き続きチョンミョンはお母さんが直接作ってくれた自分とまったく同じな服をトンマンに渡しながら試着してみなさいと言った.また髪までくしけじてくれて実姉の面貌を見せた.

一方この日放送でユシンはトンマンに "私はお前を選んだ"と本音を告白した.

トンマンは自分のためにすべてのものを投げたユシンを向けて "どうして私のためユシンラングが新羅も捨ててお父さんも捨てるのか.もし私をゾッアハヌンゴか.話にならないのを分かるもののそれを除いては一体何の理由があるという話なのか"と声を高めて問った.こんなトンマンにユシンは "ないと言った事がない.私はお前を選んだ"と彼の心をエドルロ表現したのだ.

またユシンは "トンマンと一緒に去る.トンマンを察してくれて守ってくれて惜しんでくれたい"と言ってチョンミョンを驚くようにした.

去る 22回放送でチョンミョンは自分とユシンの国婚を取り持つウルゼ(新旧分)に肯定の意味を表した事がある.
コメント (1)

'ムンノ-' チョン・ホビン再登場,視聴者たち "待ちました"

2009-08-04 01:38:35 | ドラマ
ミシル(コ・ヒョンジョン)とトンマン(イ・ヨウォン)の運命を割る重要な接点で背を持ったことで思われる画廊の伝説国選ムンノ-(チョン・ホビンの方)が放送ドダルヨぶりにまた帰って来た.

3日放送された MBC 月火ドラマ '宣徳女王' 21回にまたその神秘的な姿で登場したムンノ-はまるでミステリー謎を解くような息苦しさを感じた視聴者たちの葛藤を解消させた.

ムンノ-は摩耶夫人(ユンユソン分)の命を救って双子妹トンマンをチルスク(アン・ギルガング)から求め出しながら善良な解決者としての面貌を見せてくれたらたちところに忽然と消えて行方に対する知りたい事が増幅された.

特にこの日放送でムンノ-はミシルが陣地王(イム・ホ)と四通して生んで捨てられた息子ピダム(キム・ナムギル)と一緒に登場しながら人目を引いた.

ムンノ-がミシルの息子ピダムを弟子にするようになった理由が分かりたい中に朴上演作家は “ムンノ-がその間何をしたのかどんなにサルワワッヌンジ,どうしてソファ(ソ・ヨンヒ)とトンマンを求めて忽然と消えたのか疑問が解けること”と仄めかして人目を引く.

視聴者たちは一様に "ムンノ-が帰って来るのを切なく待った"と熱烈に喜ぶ雰囲気だ.

一方,帰って来たムンノ-と本格的に登場したピダムの出演で話題を集めた '宣徳女王' 21回分は 31.9%の視聴率を記録して月火ドラマ王座の席を維持した.
コメント

実存人物ピダム最初登場から爆発的反応,ミシルVS トンマン誰の方になるか?

2009-08-04 01:32:49 | ドラマ
ピダム(キム・ナムギル)に対する関心が熱い.

8月 3日放送された MBC 月火ドラマ '宣徳女王'(シナリオ金英賢朴上演/ 演出朴泓菌ギムグンホング) 21回分で最初登場したピダム.国選ムンノ(チョン・ホビン)の弟子ですぐれた武術実力とあどけなさと残酷さを同時に持った彼の常凡ではない登場に視聴者たちは大きい関心を示した.

21回放送が終わった直後,視聴者たちは関連掲示板に "今まで見られなかった躍動的な人物だ" "野生的な魅力にミシル(コ・ヒョンジョン)のザンホックハムまで取り揃えている.魅力的だ"と爆発的な反応を見せた.

劇中ピダムはミシルと陣地王(イム・ホ) もとに生まれた息子で幼くて実母に捨てられた非運の人物だ.生まれの秘密が分からなくてムンノの弟子でグングバックで生きて行っている彼は今後の宣徳女王(トンマン,イ・ヨウォン) 末年相手等に即位するようになる.

ピダムはそうだったら 'ミシル VS トンマン'の対決構図においてどちらの便に止まるようになるか?

実存人物でもあったピダムと係わる資料をよく見れば彼はミシルとトンマン,その誰の便でもなかった.

一応ピダムの生まれに対して知られたところがない.ここに彼がミシルの息子という事実は劇の楽しさのための設定のみ確認されたところないのだ.

またピダムは宣徳女王が政治を間違うという名分を掲げて自ら王位に上がられようと廉種などといっしょに反乱を起こした人物だ.'ピダムの私は'で広く知られたこの私はは反乱途中宣徳女王が死んで真徳女王が即位するなど新羅王室内に大きい変化と危機にあうようにした.

学界では 'ピダムの私は'を新羅政治史に線を引く事件で評価している.以後キム・チュンチュ(ユ・スンホ) キム・ユシン(オム・テウン)によって押えられるにも不具,この難易発生した以後新羅は王権強化をはかって仏教を政治的ヘゲモニーで受け入れて王権を中心に中央集権化政策を推進するなど内部的に大きい変化を経験するようになった.

ピダム役で熱演中のキム・ナムギルは “ミシルの遺伝子を受け継いでムンノ-の武技を兼備したピダムが果してどんなに描かれるかキャラクターを取ろうとして作家様と相談してまた一人で多い悩みをしている”と “こんな複雑な人生史を持った人物は初めて経験する.愛情を持って見守ってくれ”と言った.
コメント