韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

ストレートなドラマ『オンエア』、人気の秘訣その2

2008-03-29 01:14:33 | Weblog
ドラマ『オンエア』は、ソン・ユナ、キム・ハヌル、パク・ヨンハ、イ・ボムスら豪華キャストを誇っている。『オンエア』は、出演陣ごとに自分ならではの独特のカラーを表現している。スター作家、トップ女優、若いPD そしてマネージャー。彼らは目標に向かっているが、各自苦悩しながら生きている。

初盤ソン・ユナの演技に対して、一部視聴者は「オーバーすぎる」と否定的な反応を寄せた。ドラマの雰囲気のために、少しオ―バーに演じたたという事実が知られながら、否定的な意見は少なくなった。『オンエア』は膨張と戯画化を通じて基本的な楽しさを加えている。プロ精神を持っている4人の個性あるキャラクターを消化しなければならない演技者としては、簡単なことではないことが予想される。そんな点でソン・ユナ、キム・ハヌル、パク・ヨンハ、イ・ボムスら主演俳優の好演は、ドラマの人気を上げる上で、重要な要素となっている。


またドラマ『オンエア』には、多くのトップスターがカメオ出演して、一味違う見どころを提供している。チョン・ドヨン、イ・ヒョリ、イ・ソジン、キム・ミンジュン、カン・へジョン、オム・ジウォン、パク・シヨンらが、友情出演してきた。視聴率を上げるための手段と思う視聴者もいるが、トップスターのカメオ出演は、このドラマが描く素材の特性上むしろ自然な設定と受けとめられている。実際スターとして出演してドラマキャスティングと関連したエピソードを演じることで、リアルな雰囲気が増し、シナジー効果を作り上げている。[
コメント

ストレートなドラマ『オンエア』、人気の秘訣その1

2008-03-29 01:12:28 | Weblog
『オンエア』の初回放送で、劇中トップスターオ・スンア(キム・ハヌル)が演技大賞の共同受賞を拒否するシーンが放送された。オ・スンアは「共同受賞は、信頼性と賞の権威を落とす。それで共同受賞はしない。代わりに受賞する資格が生じた時、私一人で受ける」と受賞を拒否した。『オンエア』は、実際に年末授賞式で度々起る賞捕り合戦を皮肉った。

この他『オンエア』は、放送局と芸能企画社間の授賞式での賞と出演連携取り引き、芸能企画社の有望新人引き抜き、CMと係わった黒い闇取引き、外注制作社の事前制作における葛藤、俳優と作家そしてPD間の気力の戦いなど、放送界と芸能界でタブー視されてきた問題を描いた。ドラマ作家はこれに対して「実際よりも少しドラマ的に誇張して表現された面があるが、放送界と芸能界の実際をそのまま見せてくれているようだ。視聴者も気になる内容を取り上げている」と述べた。

「化粧している人は信じてはいけないそうだ」と、業界でお決まりの表現を使ったり、リアルに表現するため放送界の日本式隠語を区別なく使うなど一部混乱があったが、放送界のリアルな裏話に触れることができるため、それほど問題にならなかった。
コメント

イ・ソジン本当に結婚発表当たる?“きれいな人いるから連れて来ようと” 知りたい事増幅

2008-03-29 00:59:03 | Weblog
イ・ソジンが 'オンエア' カメオツルヨンブンで結婚を暗示する意味深長なせりふを伝えて視聴者たちを興奮させた.

27日放送された SBS 水木ドラマ 'オンエア'(シナリオキム・ウンスク / 演出シン・ウチョル) 8回末尾に放送された 9回予告篇でイ・ソジンは "ところでこれどうするのか私これ終わって他のことしようと.きれいな人いるから連れて来ようと"というせりふを投げたこと.


イ・ソジンは現在放送中の MBC 月火ドラマ 'イサン' 終映後年間であるキム・ジョンウンとの結婚説をドラマ 'オンエア' の中で現実化させたこと.このような設定はドラマと現実の間に妙な連結の輪を作って視聴者たちをもっと熱狂させている.

イ・ソジンが 'オンエア'にカメオに出演するようになったことは 'オンエア'のキム・ウンスク作家,シン・ウチョル PD コンビが作り出した SBS ドラマ '恋人'が縁になった.イ・ソジンは実際年間であるキム・ジョンウンと一緒に '恋人'に出演した事がある.

一方 27日放送された 'オンエア' 8回では台湾で海外撮影踏査を去ったスンア(キム・ハヌル)-ギョンミン(パク・ヨンハ),ヨンウン(ソン・ユナ)-キジュン(イ・ボムス)がジオポンと言う(のは)場所で偶然に会って一緒に時間を過ごすようになりながら妙な感情に捕らわれる姿が描かれた.これと共に登場人物たちのラブラインを少しずつ浮上させて視聴者たちの知りたい事を刺激している.

'オンエア'は 26日放送された 7回を基点で視聴率 20%を越えて大当り行進を引き続いている.
コメント

'オンエア' 現実-虚構はらはら '網渡り'

2008-03-29 00:54:28 | Weblog
SBS 水木ドラマ 'オンエア'が実際状況と虚構の間のはらはらする綱渡るのに盛んでいる.
放送局ドラマ製作過程を素材で三隠 'オンエア'は実際国内芸能界及び俳優たちの過去を連想するようにするせりふなどでこまごましい楽しさを提供している.

27日放送では劇中俳優オ・スンア役を引き受けたキム・ハヌルが自分の出演作 'オない年の家庭教師'を直接言及したし,ドラマの中ドラマである 'チケットツーもっと門'はキム・ウンスク作家の '恋人' シリーズを念頭に置いたように海外ロケになかなかの念を入れることに進行された.


このドラマはその間イ・ボムスがカメオ出演したキム・ミンジュンに '外科医者ボングダルフィ'の 'ボロックボムス'を示して演技指摘をする場面を挿入するうえ,ガングヒェゾングが自分の前作 'ハーブ'を連想するようにするせりふをして話題を集めたりした.

以外にも '楽しさはあるのに深みはない' '名線社だけある' など劇中ソ・ヨンウン作家に零れ落ちる批判は実際ギム・ウンスク作家が '恋人' シリーズを筆を執って一部ネチズンから指摘受けた事案でもある.

マネジメントと俳優の間の葛藤も実際事件及びモデルがいるといううわさが繁茂である位いくつかの事件と類似の様相を帯びている.

このように現実と虚構の間をおもしろく行き交う 'オンエア'は視聴者たちに '彼らばかりのリーグ'を見物する楽しさをプレゼントしてイシュモルイに成功した状態.

一方 27日放送を基点で 'オンエア'はラブモードに突入して視線を集めたりした.その間主人公たちの間の張り切ている神経戦で耳目を引っぱったこのドラマは台湾ロケ撮影分で主人公たちの間の行き違った愛情関係が少しずつ現われるなどまた一つの葛藤軸を形成した.
コメント

‘オンエア’ ラブライン本格化 20%台固めて水木ドラマ1位

2008-03-29 00:48:18 | Weblog
キム・ハヌル、ソン・ユナ、イ・ボムス、パク・ヨンハ主演 SBS 水木ドラマ 'オンエア'が視聴率 20%台に立ち上がって水木ドラマ頂上に上がった.

'オンエア'は 26日終映されたカン・ジファ、ソン・ユリ主演 KBS 2TV '快刀ホン・機ルドン' 以後確かな水木ドラマ強者で浮び上がった.

一方ユン・ゲサン、アラ 主演 MBC 水木ドラマ 'どなたですか'はヒトケタ視聴率で水木ドラマ競争構図でちょっと遠くなる雰囲気だ.


視聴率調査会社 TNSメディアコリアによれば 3月 27日放送された 'オンエア' 8回は全国期与えた 21.2%で前日 7回 20.1%に比べて 1.1%ポイント上昇して東時間帯 1位及び 20%台を引き続いた.これは先週 20日 6回 18.1%,19日 5回 16.7に比べて大幅の上昇勢を見せたこと.

似ている時間帯放送された '快刀ホン・キルドン'スペシャル放送は 8.8%で前日 24回 13.8%に比べて大幅の下落勢を見せた.

MBC 水木ドラマ 'どなたですか' 8回は 9.9%で前日 7回 7.1%に比べて上昇勢を見せた.

'オンエア'は放送街と演芸街をリアルに描いて視聴者たちの楽しさと関心を加えている.この日放送ではキム・ハヌルとパク・ヨンハ,イ・ボムスソン・ユナのラブラインが本格化されながら気を引いた.
コメント

‘オンエア’ 見えるようにないようなラブラインに視聴者知りたい事増幅

2008-03-29 00:43:47 | Weblog
一編のドラマが製作される過程を通じて放送界と芸能界の零れ話たちを実感の出るように見せてくれている SBS 水木ドラマ 'オンエア'が登場人物たちのラブラインを少しずつ浮上させて視聴者たちの知りたい事を刺激している.

27日放送された 'オンエア' 8回では台湾で海外撮影踏査を去ったスンア(キム・ハヌル)-ギョンミン(パク・ヨンハ),ヨンウン(ソン・ユナ)-キジュン(イ・ボムス)がジオポンと言う(のは)場所で偶然に会って一緒に時間を過ごすようになりながら妙な感情に捕らわれる姿が描かれた.



放送初盤からキジュンが過去ヨンウンを片思いした事実は現われた部分.この日チャン・キジュンはジオポンの一茶屋でヨンウンとでくわしたし "こんなにお前会おうとこの家がテングギョッナ見る"と嬉しさを表示した.引き続き彼は "一日が遠いと言って事故の起こるのにシナリオがよく書かれるわけあるのか"と言うヨンウンの泣き言に "今度にも大当りするかな見る.他の作品の時も俳優けがをして放送持ち越されて海外撮影テープ紛失して大騷ぎ起こるなど事故が多くなかったか"と言った.何年の間消息を切って暮したキジュンがヨンウンの仕事を皆分かっていたという事実にヨンウンは驚きを隠すことができなかった.

一方同じ時間各各観光を出たギョンミンとスンアも偶然にお互いを見つけたしギョンミンは "見物のように割だと言う?"と言いながらスンアに手を突き出した.二人は市場を見物して路頭で食べ物を買って食うなど自由で楽しい時間を一緒にした.特にギョンミンに食べ物を食べさせてくれようとしたがギョンミンが口を開ける瞬間自分が食べてしまうスンアのいたずら気幼い姿は高慢で生意気なキャラクターの風変りな面を見せてくれた.

またスンアを調べた人々がいっぱい殺到して周りをくるんで写真を撮り立てるとギョンミンが自分の帽子をスンアに着せてくれた後手を握って走る姿はこの日放送のハイライトと言える書き入れ時.ホテルに帰って来たスンアはギョンミンが脱いでくれた帽子をじっと眺めたしギョンミンはカメラの中に盛られたスンアの姿を注意深く察した.

この日放送の末尾はギョンミンのカメラにあるスンアの写真を見つけたヨンウンが二人が一緒にジオポンに行ったということに妙な嫉妬心を感じてこの時スンアがギョンミンの帽子をかぶって現われながら荒てるギョンミンと驚くヨンウンの姿で飾られた.わざわざ足りないいじくって意味深長なほほ笑みを送るスンアの意図が視聴者たちの知りたい事を加えた状況.

放送後視聴者掲示板には "見えるように見えないラブラインが分かりたい" "ギョンミン-スンア-ヨンウンが三角関係を成すことなのか" "もう 8回分なのに愛情構図がいつ頃明確になるのか"は意見たちが上って来て君の主人公たちの結まれた微妙な感情に強い知りたい事を申し立てた.また一部視聴者たちは "ギョンミンとヨンウンを引き継いでドル" "いいえ,スンアとギョンミンがもっとよく似合う"と言うなどカップル成功に対する個人的な望むことを伝えたりした.

一方この日放送された来週予告篇ではタレントイ・ソジンがカメオにびっくり出演してがっちりしている筋肉を誇示する姿が描かれて来週放送分に対する視聴者たちの期待感を加えている.
コメント

女記者いっぱい食わせたキム・ハヌル…'オンエア' 話題満発

2008-03-28 17:30:21 | Weblog
ソン・ユナとキム・ハヌルの破格演技変身で話題を集めている SBS ドラマオンエアに対する視聴者たちの関心が集中されている.

26日放送分ではキム・ハヌルの劇中せりふが話題になっている.
トップスターオ・スンア(キム・ハヌル)がドラマチケットツーザムーン出演と係わって一女記者とのインタビュー場面.劇中ドラマでオ・スンアの引き受けた配役は実際年は 25歳だが 7歳の知能を持った銀型と言う(のは)人物だ.


女記者はオ・スンアに "ウンヒョングイが 7歳知能を持った精神肢体が当たります"と質問した.ここにオ・スンアは色をなして "精神肢体ではなく '指摘障害'という表現が当たる"と言い返した.

放送が出た後プログラム掲示板にはネチズンの意見が並んだ.
ネチズンたちは 'せりふ一言に気持ちがよくなることは初めてだ' ' オンエアをまた見るようになった' '無知な女記者を酷い目に会わす場面で通快だった' などの意見を見せた.

視聴率調査機関である TNSメディアによればこの日オンエア増えた 20.1%の全国視聴率を記録,同時間帯競争ドラマである KBS 2TV 快刀ホン・ギルドン (13.8%)と MBC どなたですか (7.1%)を大きい差で追い越した.
コメント

‘オンエア’ ぴょんぴょんとはねるせりふ熱戦人気

2008-03-28 17:22:51 | Weblog
27日放送された SBS 水木ドラマオンエア街感覚的なせりふをこぼし出して人目を引いた.

特に主人公スンア(キム・ハヌル)のせりふが引き立った.シナリオを取り囲んだスンアとヨンウン(ソン・ユナ)の摩擦場面.俳優であるスンアはシナリオを直そうと思ったし,作家であるヨンウンはそれを阻もうと思った.機先を制圧のためにただちに言葉からおいて始めたヨンウンは.この時スンアの投げた一言はこうだった.

"ぞんざいな言葉使いにしないでください.四種類(当たり前になって行くの)で打てば私が作家様より一枚上ですよ."
スンアの挑発はここで止めなかった.自分を取材しに来た記者にこんなに言い放ったりした.


"演技力論難私ももううんざりします.記者様も私の演技力論難記事書くことうんざりしましょう?."
ここに負けやしないかヨンウンのせりふ熱戦が始まった.次は気に入らなかった俳優にヨンウンが投げた一言.

"お前耳に太ったの?"
ヨンウンの得意は丁寧でない言葉,無顔週期などだ.そんな彼女も代表であるジミンには大きくした部屋食べた.監督ギョンミン(パク・ヨンハ)に大きい間違いをしたから.

"お前は視聴率製造機ではない.卑劣な言葉製造機なの."
この日放送は鼻先じいんとする感動せりふもお目見えした.本音を打ち明けるスンアに投げたキジュンの一言.

"一緒に行きましょう.カンヌ(映画祭)に行く時です.私が行くことができるようにしてくれますよ.だから私を信じます.私の話,私の判断,私の心,私の嘘まですべて信じなければなりません."

ぴょんぴょんとはねるせりふ熱戦で株価をあげている'オンエア'この日視聴者掲示板には "おもしろい"と言う感想後期が並んだ.
コメント

'オンエア',20% 最初突破..大当り可能性見える

2008-03-28 17:17:38 | Weblog
話題のドラマ SBS 'オンエア'が放送 7回ぶりに 20% 高地を突破して大当り可能性を占うようにしている.

27日視聴率調査会社 TNSメディアコリア集計によれば去る 26日放送された 'オンエア'は 20.1%の自体最高視聴率を記録した.

これとして去る 5日初回 13.4%でスタートを切った 'オンエア'は毎回たゆまぬ上昇を記録したあげく 7回ぶりにいよいよ 20%台視聴率を記録した.

この日放送ではその間目ぼしい作家を演技したソン・ユナの濃い母性愛が現われながら多くの視聴者たちの人目を引いた.

一方この日終映を当たった KBS 2TV '快刀ホン・キルドン'は 13.8%,MBC 'どなたですか?'は 7.1%の視聴率を記録した.
コメント

‘オンエア’ キム・ハヌル高慢続痛み内面演技一品視聴者たち好評

2008-03-28 16:53:44 | Weblog
SBS 水木ドラマ 'オンエア'で高慢で生意気なトップスターオ・スンア役を引き受けて熱演中のキム・ハヌルが真実の内面延期をお目見えして視聴者たちの人目を引いた.

26日放送された 'オンエア' 7回ではマネージャーキジュン(イ・ボムス)と作品の配役問題で口げんかをする中トップスターの他人が分からない苦痛を吐露して涙を流すスンア(キム・ハヌル)の姿が描かれた.

スンアは前所属社社長である真相優(李ヒョンチョルの方)の邪魔でこの中契約にかかって作品の中ドラマである 'チケットツーザムーン’に出演することができない状況に処した.


仕方なくキジュンはスンアが願う精神と意思役目を真相優の方俳優ひったくろうぞ(ハンイェワン分)に譲歩して 7歳知能を持った恩栄が役を引き受けてはいけないかと提案した.その間毎作品ごとに演技力論難に包まれて来たスンアには演技実力を育てて論難も寝かせることができる良い機会と判断したから.

キジュンは "演技欲心ないか,演技力論難うんざりしないか"とスンアを説得したがスンアは "欲心だけ持ってからはもう間も行った"と精神ジチェア役目をやりこなす自分も,したい意志もない"と言い切った.ここにキジュンは "新人俳優は体つきを見せてくれるがスターは自分の魂を見せてくれる"とスンアの自尊心を刺激したしそんなキジュンを黙って睨んだスンアは "私は人でもなくて考えもしなくて買うと思うのか,私もそんな話らを度に死ぬだけ痛い"と涙ぐんだ.高慢さと利いた風が空を突くマックザングサがだキャラクタースンアには期待することができなかった案外の面貌だった.

引き続き家に帰って来たスンアは新人時代撮影現場を盛ったビデオテープとスターになった後の物を交替して見て深い考え込んだ.小さな間違い一つにも "申し訳ない,再びして見る"を連発してどうすることができながった新人時代スンアがいつのまにか国民妖精になって "できない,そのままクンオがザ.私感情演技にならないこと分からないか"と言う言葉だけ繰り返していた.その姿を黙って眺めたスンアの表情には夢を向けて努力した時代と夢をつかんだ後の時間が走馬燈のように擦れて行って未来のどんな変化を予告した.

翌日スンアは雑誌社とのインタビューで新しいドラマで引き受けた役目を紹介してくれと言う質問に "25歳の 7歳知能を持ったとても魅力的なキャラクター"と返事することでキジュンの提案を受け入れた.また彼女は "もう演技力論難うんざりする.いつまで私が国民妖精なのか"と今度機会を通じて本当の演技をする俳優になって見ようとする強い意志を現わした.そんなスンアの姿に嬉しがったキジュンも "私がぜひ間送ってくれる"と自信感を見せた.7年前タクシー費 3万ウォンと傘を貸してくれた縁にまた会ったトップスターオ・スンアとマネージャーチャン・キジュンがその出会いの貴い意味を実現させようと力強い初足を踏み出したこと.

この日放送後視聴者掲示板には "キム・ハヌルの傷つく,しかしか弱さを堅い壁でかけたような内面演技が一品だった" "キジュンに率直に打ち明けたスンアの痛みと間に一緒に行こうということでかばってくれるキジュンの姿が感動的だった"は意見たちが上って来て高慢さと率直さを出入りするオ・スンアと言う(のは)キャラクターの魅力とそれをよく盛り出しているキム・ハヌルの演技を好評した.
コメント