韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

ドラマ『ありがとうございます』 水木ドラマ1位浮上! 

2007-04-28 21:24:29 | Weblog
<AGBニルスンメディアリサーチ>調査…視聴率17.2%

MBCミニシリーズ『ありがとうございます』が、水木ドラマ視聴率1位になった。視聴率調査会社<AGBニルスンメディアリサーチ>の調査結果によると、25日放送されたMBC水木ドラマ『ありがとうございます』は17.2%の視聴率を記録、11.2%と7.7%を記録したSBS『魔女ユヒ』とKBS『魔王』を押さえトップに立った。

去る3月21日、一斉に放送を開始した3つのドラマは、ストーリー中盤となってドラマPRやスターキャスティングなどの作品の外的な要素ではない作品そのもので、視聴者たちに評価を得ているもの。

ドラマ『ありがとうございます』は、大げさになり過ぎない人物たちを立体的に描き、穏やかにストーリーを演出し、ドラマが進むにつれて視聴者たちの関心を集めている。またドラマではあまり描かれなかった“エイズ”や“シングルマザー”を素材にし、そこにある人間の感情を細かく描くことで、新鮮な面白味と暖かい共感を与えている。

『魔王』はドラマ放送前、『復活』のパク・チャノンPDと作家キム・ジウのコンビがタッグを組むという点や、ルーキーチュ・ジフンが『宮』に続いてドラマ出演するということなどで高い期待を集めた作品。しかしミステリーの特性上、ドラマが多少複雑に展開されて、相対的に見どころが少ないという点のため、視聴率を上げられず7~8%台で足踏み状態となっている。

『魔女ユヒ』はドラマ序盤に視聴率1位を占めていたが、青春男女の恋愛模様だけでストーリーが展開されながら、若干勢いが落ちた様子だ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ペ・ヨンジュン主演MBC『太王四神記』、7月に放送延期

2007-04-25 14:53:49 | Weblog
国内ファンだけでなく海外ファンからの期待が集まる中、5月にそのベールを脱ぐとされていたペ・ヨンジュン主演のドラマ『太王四神記』の放送が延期されることが決定した。これまで5月28日に初めて電波に乗る予定だと報道していた数多くの報道機関も、このような知らせに若干戸惑った雰囲気だ。高句麗広開土大王の一代記を描く『太王四神記』は、キム・ジョンハクプロダクションが3年前から企画して“韓流スター”ペ・ヨンジュンを主人公にキャスティングしたことに続き、済州道に超大型セット場を完工するなど、制作段階から数多くの話題を呼び、小さな素材1つ1つにしても多くのマスコミ関係者らは神経を尖らせてきた。

MBC関係者は「とても期待が高く、またブロックバスター級の作品なので、オーディオやコンピュータグラフィックなどの仕上げ作業に思ったより多くの時間を費やすことになった。ファンの期待に応えるためにも、ドラマの完成度を高めに放送延期して準備する時間が必要だった」と経緯を説明した。このようなMBCとキム・ジョンハクプロダクションの決定によりドラマ『太王四神記』は、当初発表された5月末ではなく7月初めに放映される予定となった。

ドラマ『太王四神記』の放送延期は、後半の編集作業のほかにも、制作段階で済州島現地の状況によって撮影が調整された点や、助演俳優の負傷なども多少影響を及ぼしたことと見られている。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コンユ、ユン・ウネの「コーヒープリンス1号店」キャスティング

2007-04-09 23:12:15 | Weblog
コンユがユン・ウネのパートナーで1年ぶりにドラマに復帰する。

コンユは5月から放送予定のMBC新週末ドラマ「エアシティ」の後続で放映予定の「コーヒープリンス 1号店」出演を決めて、すでに女性主人公役で出演を決めていたユン・ウネと共演することになった。コンユのドラマ出演は昨年のドラマ「ある素敵な日」以来1年ぶりのこと。

「コーヒープリンス1号店」でコンユが演じるのは’コーヒープリンス1号店’の社長役。テコンドー師範の経歴を持つ天下無敵の’タフガール’コ・ウンチァン(ユン・ウネ)とロマンスが芽生える人物。

ここにイ・ソンギュン演じる映画音楽芸術家が登場、ユン・ウネ、コンユと三角関係になる。

華やかなキャスティングで期待を集める「コーヒープリンス1号店」は7月の放送予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユン・ウネ、次期作は7月放送予定の「コーヒープリンス1号店」

2007-04-04 23:05:42 | Weblog
ユン・ウネが時期作を決めた。

昨年のMBCドラマ「宮」に続き、KBS2「ぶどう畑のあの男」でも人気を集めて、時期作が期待されていたユン・ウネがMBCで7月から放送予定の「コーヒープリンス1号店」出演を決めた。

「コーヒープリンス1号店」は現代人の必須空間になったコーヒー専門店を背景にした青春メロドラマで、ユン・ウネはテコンドー師範の経歴を持つ天下無敵の’タフガール’コ・ウンチァン役を演じる。ウンチァンは天性の味覚も持ったそして生活力の強いコーヒー専門店の従業員だ。

ユン・ウネは今度の役は今まで自分が引き受けて来たどんな役よりも自分の才能を生かすことができる作品と評価して喜んで出演を決めたという話。

「コーヒープリンス1号店」は5月から放送予定の「エアシティ」の後続で7月からMBC週末ドラマとして放送される予定。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加