韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「プロデューサ」ストレート純情男キム・スヒョン、コン・ヒョジン向け全力疾走」女心振る」

2015-05-31 15:01:50 | kbsドラマ
「プロデューサ」キム・スヒョンが大事故をしながら「直進純情男」に登板、女心をときめかせた。

過去30日放送されたKBS 2TVグムト芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)6回は「放送事故の理解」という副題で電波に乗った。

6回では、タク・イェジン(コン・ヒョジン)のぺク・スンチャン(キム・スヒョン)の心が明らかになり、視聴者をときめかせたが、特に年下の男スンチャンの直進魅力は、視聴者の心を揺れ打つた。

スンチャンはイェジンの告白を独自編集したとジュンモ(チャ・テヒョン)に「卑怯だと思う」と石直球を投げたところ小心複数笑いをかもし出した。アメリカーノにシロップを入れ、というジュンモの注文砂糖爆弾アメリカーノをかけネトゴ、ジュンモがおかしくかと問う場面は面白くない答えるアマガエル反抗の姿を明らかに爆笑を誘発した。
そうすればイェジンに「先輩」と呼ぶ同期を羨望するスンチャンの姿は可愛い魅力を吹きだした。スンチャンは「先輩」と呼んだがもぎこちないしたか」さん」の字を付けた引き続き「先輩」呼ぶしようとした。そして、最終的には自分の心を予診に露出奇襲抱擁直前 "先輩。私も申し訳ありません」と「先輩」呼ぶに成功してときめきを爆発させた。

また、イェジンを向けた気持ちを隠さないスンチャンの姿は視聴者をドキドキした。スンチャンは編集中イェジンに駆け付けもう一度「私申し上げたじゃないですかどんな話を誰ハンテラド打ち明けたいと私は人がいない場合は私に希望と」ともう一度言って頼もしい姿を現わした。

だけでなく、帰るイェジンを発見しようハンバーグ笑顔を作ったまま彼に走り、かというと、「先輩もきれいおら」と石直球告白をするなど、自分の気持ちを隠さない「ストレート純情男」の魅力を表わした。


何よりも、スンチャンは奇襲抱擁で、自分の心をイェジンに伝え、視聴者の心をバット質にした。彼はジュンモに傷ついて涙を流しているイェジンに向かって「先輩...私も申し訳ありません。私も事故塗りつもりなので」と線リンゴ後奇襲上抱擁をして大事故(?)を打ち、視聴者の心を強打ダウン座らせた。

このようにスンチャンはイェジンの自分の感情を隠さない直進純情男の魅力を吐き出して、視聴者の広大を自然に上がるようにした。特にベクスンチャン駅のキム・スヒョンは、瞬間のときめきを刺激する目つきとディテール手煙、状況に応じて変化する微細な表情で視聴者たちのときめきを倍加させた。

「プロデューサ」6回を介して、キム・スヒョンストレート純情男の魅力に接した視聴者たちは "'プロデューサ」キム・スヒョン、大事故疲れる!私の心に火をピョトオ "、"「プロデューサ」キム・スヒョン、コン・ヒョジン向け直進とても素晴らしい!」、「「プロデューサ」キム・スヒョン本当のときめきポイントを知っているように..代謝にときめいて目つきにときめいて手の大きさにときめいて...ワクワク立って眠ることがないと "、"「プロデューサ」毎回レジェンド更新!核クルジェム!」などの反応を見せた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「愛するウンドン」ペク・ソンヒョン、ユン・ソフィ探しふん爆発...家族」メンブン」

2015-05-31 10:57:39 | ドラマ
「愛するウンドン」ぺク・ソンヒョン劇中無謀コミックダンス視線をひきつけた。
30日の夜放送された総合編成チャンネルJTBCグムトドラマ「愛するウンドン」(脚本ぺク・ミギョン・演出イ・テゴン)2回では、10年前に別れた初恋チ・ウンドン(ユン・ソフイ)と再会したパク・ヒョンス(ペク・ソンヒョン)の話が描かれた。
この日の放送で偶然再会したた棟と縁を継続することにしたパク・ヒョンスは上を脱衣したままジヌションの「電話番号」を口ずさみながら踊る姿に爆笑をかもし出した。
あふれ興を主体していないよう朝食中の家族の目を気にせずにパフォーマンスを繰り広げた彼を見て妹パク・ヒョンア(キム・ユンソ)は、「兄があのようになったのは多王オクボンから」と彼は端役俳優として出演したミスをやった作品を言及した。
パク・ヒョンアは「王オクボンではなく、ワンボンオク」と指摘するヒョンスモデル(イヨウンラン)の言葉に「まぁ、そのドラマカイゴてから変だ」と舌をけっ、ヒョンスブ(チョン・ドンファン)も「ただ会社や入るべきでは雲をのみを持ってある。私にあの子の才能がない」と否定的な反応を見せた。
これ懸垂運転」父なる神観世音菩薩」と呟いた夫から「どうぞだけしよう」という虐待を聞いて、「あなたが局長促進されたことがある人のおかげだそうか」と空しさを表出した。
すると懸垂部」だからそれ一体誰のおかげか。ソースを知っておく必要私に感謝していないか」と猛攻をファー腫れ、"宗教も漁場管理のか」と妻を非難した。
しかし、ヒョンス運転」融合的な宗教観にクチナシ」と「私はイエスや仏陀なら、あなたのすぐ切る」と脅すあげる夫の言葉に鼻をキョトゴ、「イエス仏は、誰にでも行分かる」と最後まで言い返すして笑いを抱かれた。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」コン・ヒョジン、チャ・テヒョン傷ついてキム・スヒョンに癒された

2015-05-31 10:41:06 | kbsドラマ
「プロデューサ」チャ・テヒョン - コン・ヒョジン - キム・スヒョン - アイユが各自の心を表わし正方形ラブラインに火をつけた。

過去30日放送されたKBS 2TVグムト芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョミンス、ソスミン)6回は「放送事故の理解」という副題で電波に乗った。

回放送はラ・ジュンモ(チャ・テヒョン) - タク・イェジン(コン・ヒョジン) - ぺク・スンチャン(キム・スヒョン) - シンディ(アイユ)に突然行われた「事故」について描かれた。ジュンモは25年の間に友達に過ごしてきたイェジンとの関係が歪むことが嫌いイェジンの告白を、独自の編集した。

イェジンはこの事実を知っている大きな傷を受け、ジュンモは「事故じゃないよね?本気だったの?ところで知ったかぶりするとお前ナナ余計に厄介になることもあって..私たちは今いいじゃんやすく」というイェジンの告白をただの事故で片付けて意図せずイェジンに傷を与えた。
一方、イェジンとスンチャンはお互いの呼称が変わる微妙な関係の変化が描かれた。イェジンはその中に「ムンコク」と保存していたスンチャンの電話番号を「ベクスンチャン」に変えて保存した「スンチャンあ〜」と呼んで多情多感な姿を現わした。
また、スンチャンは思わず自分の心を表わしてイェジンのそばにとどまった。彼はイェジンにきれい話し、イェジンが負傷したという知らせに一気に緊急治療室に走っていった。一方、ジュンモは中には、イェジンを心配してイェジンが好きなスンチャンを気に書きながらも継続してイェジンに傷を与えることを言って視聴者たちの切なさを催した。
ジュンモはイェジンが怪我をしたという知らせに、現場踏査中間にソウルに上がってきた。彼は実際に怪我をしたイェジンを見ては腹立たしい心に「シンディは?シンディケガをしたと!なぜ他人のプロ出演者を..」とイェジンの中を傷付けた後、「あなたは子どのだらしないと!私は一日君事故塗り知っていた。どこを見てどのようにどこがどうケガや?」と言われ、最終的にイェジンを寂しくさせた。
傷ついたイェジンを上にするのはスンチャンの分け前だった。スンチャンは感情に素直になれなかったジュンモに傷を受けた予診をジュンモが上だった方法で慰めた。涙を流すイェジンを自分の懐に引き寄せ奇襲抱擁をしてときめき指数を高めたもの。

そうすれば「ポーカーフェイス」氷のプリンセスシンセもスンチャンの自分の心を完全に隠さことができず、見る人の心をドキドキした。舞台リハーサル動線の点検のため現れたスンチャンを見て自然に出てくる笑いを隠せなかった。続いてマイクをフィラーはスンチャンの手に緊張するかと、リフトを初めてターボはスンチャンが自分の腕を必ず握る者の心臓がキュン落ちたような顔をして、すでにスンチャンの愛が始まるたことをもう一度表わした。
このように「プロデューサ」6回では、ジュンモ - イェジン - スンチャン - シンディの関係に微妙な変化が検出され、今後四人がどのような話を描いていくのか気になっせた。視聴者たちは「「プロデューサ」誰誰とつながるか感がない取れる!この正方形ラブラインの勝者は誰か不思議"、"「プロデューサ」チャ・テヒョンがコン・ヒョジンが好きなのだが..自分の心を知らないのかそれとも知らないふりをするのか"、"「プロデューサ」チャ・テヒョン - コン・ヒョジンの演技に感情移入..チャ・テヒョンの決定が現実的ではある"、"「プロデューサ」アイユシムクン表情に私シムクン"、"「プロデューサ」キム・スヒョンはチャ・テヒョン - コン・ヒョジン - アイユ誰と貼りおいてもケミ爆発ね"、"「プロデューサ」今日リフト新くすぐるときめきときめき演出大当たりだった」など熱い反応を見せた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「愛するウンドン「ペク・ソンヒョン、ユン・ソフイ、10年ぶりの再会終わり第二別れ

2015-05-31 08:33:51 | ドラマ
「愛するウンドン」ペク・ソンヒョン、ユン・ソフイが10年ぶりに再会した喜びをまだだ享受も前に再び別れの痛みを経験した。

30日の夜放送された総合編成チャンネルJTBCグムトドラマ「愛するウンドン」(脚本ぺク・ミギョン・演出イ・テゴン)2回では、奇跡的な出会いで胸躍る恋愛を始めたパク・ヒョンス(ぺク・ソンヒョン)とチ・ウンドン(ユン・ソフイ)が思わぬ事故に戻って別れる姿が描かれた。

この日の放送で27歳の青年になったパク・ヒョンスはまだ有名俳優になることを夢見て公益勤務要員として過ごしていた。当代のトップスターイ・ソクテ(チャン・ギヨン)を後任に受けたパク・ヒョンスはペンジル距離彼の代わりに爆弾業務に苦しめられ、面倒つけて不法駐車の取り締まりを始めたが雨道に倒れたた銅と再会した。

最初の出会いの後、10年が過ぎ、23歳の女性がされたた銅はずば抜けた美貌でパク・ヒョンスの心を奪ったし、「幼いだけの子供の子供が女の子になって戻って自分の人生に現れた」とときめいたパク・ヒョンスは、積極的なダッシュ終わりに彼の人友達桁を横取りした。
嫉妬心を呼び起こすためにボーイフレンドがいるふりをしていたチ・ウンドンは、「あなたに速度を合わせたい」と忍耐を発揮していたパク・ヒョンスに、まず一歩近寄った、雨を避けようと入って立っていた公衆電話ボックスの中で「速度をより私のも大丈夫」と言って、最初のキスを許した。

チ・ウンドンと再び会った後から俳優としての仕事も徐々によく放出される始めたのパク・ヒョンスは、所属事務所から「元イ・ソクテの分け前なのにまだ服務中だ君くれるだろう」と初恋を釘忘れる男の役割を渡し受け、彼は「オーディション章に沿ってもなるのか」と尋ねるのガールフレンドに「君がいれば、より上手にできそうだ」と笑って見せ手を握った。

この時、パク・ヒョンスは指先に感じられるリングの存在にカッとする性質を表わし、建て同意手でこれを取り外し湖畔に投げてしまった。しかし、すぐにこのリングが建てた同意母が残してくれたことを悟った彼は迷わず湖に飛び込んだ、自分を心配しているた同意呼出しを後にしたまま、ついにこれを再び見つけた。
以降芝生畑に疲れて横になったパク・ヒョンスはびしょぬれ状態でチ・ウンドンと向き合う見て、「ここで待っていろ」と言われたチ・ウンドンはしばらく席を離れた。

しかし、これは、しばらくはなかった。ぶるぶる震える体を取りまとめルミョ夜遅くまで犯した同待ったパク・ヒョンスは、交通事故のために最後まで戻らなかった彼と二番目の別れを迎えた、 "はのこのは待ってと言った」という言葉だけを繰り返して切なさを催した。

来る6月5日の夜に放送される3回チ・ウノという仮名で活動中の30代のパク・ヒョンス(チュ・ジンモ)と自伝代筆作家ソ・ジョンウ(キム・サラン)、そしてチ・ウノに片思いする調書領(キム・ユリ)などが登場して物語を導いていく予定である。

チ・ウンドンと二回の別れを経験した後、運命のような第二の再会を待っているチ・ウノと、事故ですべての記憶を失って生きていくソ・ジョンウがどのような風変わりな展開で注目をひきつけ結ぶか、期待感が集められる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」ミョンブルホジョンコン・ヒョジンこれで「ボールアセンブリボールアセンブリ」ね

2015-05-31 08:27:47 | kbsドラマ
「プロデューサ」コン・ヒョジンがわっぱの出口のない磁石の魅力で視聴者たちの共感、感情、没入度を最高値に引き上げた。

5月30日放送されたKBS 2TVグムト芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)6回でタク・イェジン(コン・ヒョジン)はラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)が「1泊2日」の字幕事故で苦しんでいる姿に、彼なでだったの大きな悟りを得た。

ジュンモは、彼はすでにラインを見ないことにしたことを知ったイェジン前線を見た人にアフター申請をしたと嘘をし、彼をあまりにもよく知っているイェジンはただ息にジュンモが自分の飲酒告白を知っていてわざと知らないふりをしている事実を把握したこと。

過去の放送でミュージックバンクPDのイェジンは屋台で不本意ながら25年られる「1泊2日の「PDとジュンモに愛を告白、この様子を横から見ていた新入ペディア後輩ぺク・スンチャン(キム・スヒョン)の心にも穏やかな波を起こした。
イェジンは「私の問題である可能性があり悩ます。事故は私締め切って善後策はあなたにむかっするよう形だったから」とし「今、どんな男ハンテカインだろよりとても誇り上で、恥ずかしいば?これはあなたそう作ったよ」と言いながら、自分が事故を収拾すると宣言してジュンモの心を揺さぶっておいた。

ジュンモとの戦いの後、職場に戻ったイェジンは家庭の月特集「ビッグショー」の共同演出を引き受けて撮影現場を陣頭指揮した。衣装問題でもめがあった歌手シンディ(アイユ)と再会し、舞台装置とシンディが衝突打とうとする危機の瞬間、彼求めようと体を放ったシンディを穴に陥れる不合理事故につながって切なさを催した。

自分も腕が負傷した状態でスンチャンと一緒にシンディを訪ねイェジンは何気ないふりを平然と対処しましたが、病院に駆けつけたジュンモが自分の心を隠して、むしろ自分のプログラム出演者であるシンディを心配しよう悲しみが爆発するであろしまった。病院のベンチに一人座ってトーク裂けてしまった涙に曇っ感じてイェジン前に現れた人は、すぐに相違はなく、後輩スンチャン。


イェジンはスンチャンが差し出したハンカチに顔を埋めて、「君はなぜ必ず私は買い時だけみると?が。私を一人でいよう。ごめん今日」と泣き混ざった言葉を吐き出す、見る人の心を不織布にした。イェジンの言葉のようにイェジンが事故を打つたびに、彼見守ったスンチャンは「私も申し訳ありません。私も事故塗りみたい。」と泣いている予診を抱えたし、驚くイェジンの姿でエンディングを迎え、今後どのような話が繰り広げられるのか気がかりなことを刺激した。

視聴者は、このようなイェジンの姿に一緒に泣いて一緒に笑った。一寸先も予測できない主人公の正方形ロマンスが繰り広げられている「プロデューサ」でコン・ヒョジンは、代替不可演技力でタク・イェジンの魅力を精一杯引き上げて視聴者たちの大きい呼応を得ている。何よりも、表面には強く見えるが、中身はか弱いどたばたタク・イェジンはコン・ヒョジンの表現力に最大限にされているが、代謝から手振り、目つきに至るまで可愛らしさがぷんぷん漂う磁石のような魅力を発散していること。
放送後視聴者たちは"タク・イェジンがボールアセンブリとボールブリがタク・イェジンイネ。どうしてあのような演技をよくするのか"、"ボールブリボールアセンブリにはすべて理由がある」、「チャ・テヒョンとキム・スヒョンの両方を病院にかかってくるようにする磁石女。事故束があのように愛スロオミョンどうして"、"コン・ヒョジンすべての俳優たちとケミが最高。ケミの女神"、"前タックイェジン応援します。まるで自分の姿を見ているよう」、「コン・ヒョジンは本当に代替不可の女優。出口のない魅力最高」など好評を示した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」キム・スヒョン、傷ついて泣いコン・ヒョジン輝いた...三角関係の開始?

2015-05-30 23:16:52 | kbsドラマ


キム・スヒョンがコン・ヒョジンを包ん抱いた。

タク・イェジン(コン・ヒョジン)は5月30日放送されたKBS 2TV芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)5回で、シンディ(アイユ)を入手しようと腕を傷つけるた。

一歩遅れてこのニュースを知ったとジュンモ(チャ・テヒョン)は、急いでタク・イェジンがある病院にかかってきた。ラ・ジュンモはタク・イェジンを見た後に心配とは違って、「君はなぜ他人のプログラム出演者を傷つけるのか」とぶっきらぼうに言っタク・イェジンは大きくソウンヘた。

以後タク・イェジンは一人ベンチに座って涙を流しぺク・スンチャンがタク・イェジンの続いた。タク・イェジンはぺク・スンチャンに「なぜ私は事故を起こしてそのとき..が。私は今日一人にしてくれ。ごめん今日」と彼をプッシュた。

しかし、ぺク・スンチャンは「先輩、私申し訳ない。私も事故塗りみたい。」と言った後コン・ヒョジンを手にした。これコン・ヒョジンは、驚いたよう妙な表情を浮かべた。

ぺク・スンチャンはラ・ジュンモに酔った勢いでタク・イェジンを向けた自分の気持ちを告白した状況。これタク・イェジンを挟んでラ・ジュンモとぺク・スンチャンが三角関係を成すかどうかに関心が集められた。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」アイユ、キム・スヒョンと密着スキンシップに「ドキドキ」

2015-05-30 23:13:55 | kbsドラマ
アイユはキム・スヒョンと密着スキンシップドキドキ心を隠せなかった。
シンディ(アイユ)は、5月30日放送されたKBS 2TV芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)5回でぺク・スンチャン(キム・スヒョン)に関心を示し密かに彼に会うことを願った。
以降シンディの風通りぺク・スンチャンがシンディに舞台動線を知らせた。ぺク・スンチャンはシンディを連れてリフトを取りリフトが揺れるシンディの体をつかんだ。これ二人は密着スキンシップをすることになった。
ぺク・スンチャンを密かに心に置いているシンディはドキドキ心を隠せなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」イケメンイ・スンギ「ユ・ジェソク、ショーンと寄付バトル"爆笑

2015-05-30 23:11:13 | kbsドラマ
イ・スンギがトップスターとして登場した。

シンディ(アイユ)は、5月30日放送されたKBS 2TV芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)5回で同僚イ・スンギと向き合った。

イ・スンギはシンディに会おううれしいし、シンディも同じだった。シンディはイ・スンギに正しい青年のイメージで買うことが疲れていないかとしたイ・スンギは合っていると答えた。

以来、二人は一緒にスタジオに向かった。そんな中、イ・スンギは、床に倒れた赤ちゃんを見て走って起こしてくれイメージを守るために努力する姿に笑いをかもし出した。

これを見守ったシンディは、イ・スンギにストレスはどのように解くか尋ねイ・スンギは "会議がある。ユ・ジェソク兄が会長であり、オプション兄が会員である。ユギギョン奉仕活動して寄付バトルをして、ストレスを緩める。今回ション兄がCFを撮影した巨大寄付した私意気​​込むしようとする」とフンナム青年のイメージを表わした。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」コン・ヒョジン"チャ・テヒョン良い理由?説明ない」

2015-05-30 22:56:14 | kbsドラマ
「プロデューサ」コン・ヒョジンがキム・スヒョンの前で再びチャ・テヒョンを向けた心を告白した。

30日の夜放送されたKBS2グムト芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン・演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)6回でタク・イェジン(コン・ヒョジン)はラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)が自分の告白をすべて覚えていることが分かった。

この日タク・イェジンは、自分が酔ったままラ・ジュンモにした告白をラ・ジュンモが記憶することを気付いた。これラ・ジュンモはタク・イェジンに「お前それ事故じゃない。本気じゃない」と本気もない言葉をしタク・イェジンは傷を受けた。

こうした中ぺク・スンチャンはタク・イェジンに一緒に夕食を食べようとしながら、あれこれ話を交わし、ぺク・スンチャンはタク・イェジンに」ラ・ジュンモ先輩がなぜ良いか」と尋ねた。これタク・イェジンは "まあ、私は誰もいいときなぜいいかの説明がされていなかったよ」ともう一度告白した。

続いて「ジュンモハンテ私満々で飲み友​​達とよくような時間が長く、長い話をする必要ないから楽。ぴったりそこまで行ってみて。きれいジンないかを見て」と不機嫌にした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロデューサ」コン・ヒョジン、線引くチャ・テヒョン傷...涙浮かべ

2015-05-30 22:50:01 | kbsドラマ
「プロデューサ」コン・ヒョジンが自分に線を引くチャ・テヒョン傷受けた。
タク・イェジン(コン・ヒョジン)は5月30日放送されたKBS 2TV芸能ドラマ「プロデューサ」(脚本パク・ジウン/演出ピョ・ミンス、ソ・スミン)5回でラ・ジュンモ(チャ・テヒョン分)の母親からラ・ジュンモが線を見るように説得させろという電話を受けた。
これタク・イェジンはラ・ジュンモに線を見たか尋ねなさいジュンモは線を見た横たわっていた。タク・イェジンは何か奇妙な気配を知っているチェトゴラ・ジュンモに「お前に聞いたなあ、私は話をして。私は屋台で一話」と語った。
タク・イェジンは「だから私に線引くんじゃない。ガールフレンドない隙につくかと思って見ることもない線、もないアフターたとして」と傷ついた心をさらけ出しなさいジュンモは「ない。一人で先には。事故じゃない。それはないです?本気だったの?ところで私が知っているふりするとお前ナナぎこちないなって。そして、私たちいいじゃん、今。楽」と、これをオムルチョク渡そうとした。
これタク・イェジンは「私の問題であることが悩ます。事故は、私は締め切って善後策はお前に求める格好だった。申し訳ありませんように素晴らしいことだ。近いうちに善後策も私がいる。そうだね。事故だ、本気ではなかった。私は狂った。あなた本歳月がオルマンデ。ところでどんな男ハンテカインよりもプライド上で恥ずかしい。これは君が作ったよ」と言いながら涙を浮かべた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加