韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

『黄真伊』ハ・ジウォンとキム・ジェウォン、遂にラブシーン!!

2006-11-30 21:52:52 | kbsドラマ
相手は、しつこくファン・ジニに求愛して来たピョク・ゲスでもなく、黙々と傍で守って来たイセンでもない。まさに“水の様な男”キム・ジョンハンだった。KBSドラマ『黄真伊』は、これまでハ・ジウォンの初恋キム・ウノ(チャン・グンソク)とのキスシーンや、護衛武士イセン(イ・シファン)とのキスシーンを演出し、ピョク・ゲスにそば仕えをする侮辱を負わされる場面はあったが、本格的に愛情を交わしあうシーンは初めて。

製作社オリーブナインは「演技者の露出や行為の度合いは、放送の限界があり無難に演出した」とし「しかしその雰囲気は、二人の男女の実感の出る演技と幻想的な演出で、かなりの見物となった」と期待感を表した。また「ドラマ上ではあるが、ファン・ジニとキム・ジョンハンの二人の恋人がどれ程長い間、痛切にお互いを思慕して来たのか。深く愛し合いながら、本音を語ることもできず、むしろ愛するから去らざるを得なかった二人が一つになる場面なので、エロティックであるより、胸がジーンとする程、感動的な場面」と伝えた。

30日に放送されたこの場面は、28日夜から29日夜明けにかけて京畿道坡州のセット現場で撮影が進行された。たいてい放送日の数日前に撮影されるのが通常だが、この場面は放送直前に撮影が完了した。それほど“どの様にこの絵を描くべきか、一番苦心したシーン”だったという。ハ・ジウォンは「初恋キム・ウノ(チャン・グンソク)とのキスシーンは楽しかったが、今回の愛情シーンは真剣でした」と所感を語った。一方“幸運男”キム・ジェウォンは、ハ・ジウォンとの愛情シーンの撮影直前に、ブヨン(ワン・ビンナ)との“愛情ミスシーン”まで撮り、楽しい悲鳴を上げたという裏話。ファン・ジニに、心をいため気をもんだキム・ジョンハンが、ブヨンの露骨な誘惑に押され、服の紐を解き関係を持とうとした時に理性を取り戻した。一方ファンたちは、ドラマでファン・ジニとキム・ジョンハンのラブストーリーが、何処まで続くかに関心が集まっている。
コメント

'駆使の時』の視聴者が鳴って、キム・ハヌル一言"のおかげで、死ぬ前に私は探してくれて.."

2006-11-30 16:23:43 | mbcドラマ
"おかげで、死ぬ前に私は探してくれて.."

キム・ハヌルの最後の一言が、視聴者の胸に響いた。

29日放送されたMBC水木ドラマ『90日、愛する時間』は、ジソク(カン・ジファン)の時限付きの人生を知ることになったミヨン(キム・ハヌル)のエクルヌン悲しみが込められて視聴者たちの涙腺を刺激した。

ただちに表示されて3カ月ぶりに生きようは初恋のジソクのニーズに少しずつ揺れてたミヨンはトックから砥石が膵臓癌にかかって3ヶ月しか生きられないという事実を聞き、マンヨンジャシルヘする。

ミヨンはヌンムルボムボクイン顔のまま、ジソクに電話をかけた。 そして、聞こえてくるのは、ジソクの声"ありがとう、電話してくれて.."

その言葉にミヨンは、スタック息ぽんと鳴る。 何があっても、ジソクに住まなければならない理由が分かるようにしてくれと思った。 また、ジソクの残りの人生を一緒にしたいという思いが切実だった。

この日の予告編で、ミヨンはジソクに会って"おかげで、死ぬ前に私は探してくれ"と伝える。 3ヶ月しか残っていない2人の時限付きの愛が、今はどうすることもできなくなった。

この日の放送を見た視聴者たちは、"ドラマ見てる間ずっと涙が止まらなかった""一試行目を離すことができなかった""俳優たちヌンドンジャマン見ても涙が出てこようとする""悲しい愛のですが、うらやましいカップルだ""セリフ一つ一つに胸がどんなに痛いか.." など二人の時限付きの愛について切なさを隠せなかった。

これらは"ジソクとミヨンの現在の状況を置いてみると'不倫'に相当するが、過去二人の悲しい別れを知る上で切ないだけにするだけだ"と口をそろえた。 また、実際のか演技なのか見分けるようにするキム・ハヌル、カン・ジファンの涙の演技に拍手を送る視聴者たちも少なくなかった。
コメント

黄真伊ハ・ジウォン、キム・ジョンハンからウノ道令様々な"どうしてそんなに似ていたのだろうか"

2006-11-30 15:02:36 | kbsドラマ
"一挙手一投足どうしてそんなに似ているのだろうか。"

ファンジニ がキム・ジョンハンと似ているウノ道令を回想しながら心を痛めていた。

KBS 2TV『 砂あらし が'29日の 放送分キム・ジョンハン(キム・ジェウォン)は、かなわぬ恋に心を痛めるジニ(ハ・ジウォン)を上にした。

キム・ジョンハンは、"本当には、 私達の方だ"とし"それまでどうぞ 勇気を失わないようにしよう"とし、ジニの心に響く。


ジ二は、その 瞬間 ウノ(チャン・グンソク)を感じる。

しかし、以内に、" 一度 の場合になった""もうする仕業モトドゥェンダ"と自らをダグチョトダ。

一方、 この日 の放送は、ジニがキム・ジョンハン目の前でこの世(イシファン)にキスをする場面でクトイナ先の話に気がかりなことが増幅されている。
コメント

ファンジニハ・ジウォン"この世を寄付にする"

2006-11-30 14:59:09 | kbsドラマ
"この世の 寄付 としたい。 "

KBS 2TV『黄真伊』の29日の放送分で、黄真伊は、"安心感のように生きたい"と話してこの世(イシファン分)を寄付とすることに決心した。

この世は、ファンジニに徐々に恋慕の情を感じるようになって花魁という身分のために多くの傷を受けてきた黄真伊も先頭を受けることができるの存在は、この世が資格があるという考えをするようになること。



ファンジニが、"寄付をするか? なれるんだろ? "と聞くと、この世には"君が良ければ私は悪いことはない"と答えた。

この時ジニはキム・ジョンハンが来るのを見ては、意図的にこの世に近付いてキスをし、これをジキョボゲドゥェンギムジョンハンは切ない眼差しを送った。

一方、来る30日、16回放送分ではキム・ジョンハンがこの世を寄付にはちゃいけないと一陣を訪ねる。

キム・ジョンハンは、"ジニを得るためにも捨てる"とした自分が間違ってなのかと尋ねてジニはキム・ジョンハンになろうと痛恨の問いを投げる姿が 電波 に乗る予定だ。
コメント

ジニに不名誉なビョクギェス"黄真伊を粉々にブスォボちゃうよ!"

2006-11-30 14:54:52 | kbsドラマ
"黄真伊を粉々にブスォボちゃうよ!"

ビョクギェス(リュテジュン分)をしっかりと薬が上がった。

ハ・ジウォン主演のKBS 2TV水木史劇『黄真伊』(脚本ユンソンジュ/演出キムチョルギュ)30日の放送で、黄真伊(ハ・ジウォン)は、ビョクギェスに洗うことができない恥辱を抱かせた。

黄真伊はビョクギェスの心を見抜いて祖'青山里ビョクギェスヤ'をウルプジョリョビョクギェス馬を落とした。



続いてジニは"心は後ろにいるのにアプマンゴに行こうとする"とあざ笑いビョクギェスを嘲笑した。

ビョクギェスは、ジーンの前に加えることができない恥辱を受け分を飲み込むことができなかった。

ビョクギェスは、ジョンハン(キム・ジェウォン)に、"私は本当に心を得ようとしたこれは、黄真伊ひとつしかないのに、本当に大変だ。 なぜこのように私の心を分かってくれないのか分からない"と本音を打ち明けた。 なはビョクギェスに"本気がなければ絶対に人の心を得ることができない"と厳しい忠告を与えた。

仕方なく、何の所得もなく、都に戻ったビョクギェスは、芙蓉(ワングビッナ分)に、"黄真伊を粉々にブスォボ見せする"とし、これをひいた。

一方、ビョクギェスを崇拝することになった単芯(イイネ分)は、ホトグヨクジルをしてビョクギェスの子供を妊娠したという点を推察させた。
コメント

'おばさんパーマ' チェリム,オ・ダルジャで完壁変身

2006-11-27 16:18:05 | kbsドラマ
チェリムが 2年余りぶりに公開石像に姿を現わした.
チェリムは KBS 2TV 'ファン・ジニ' 後続で来年 1月 3日最初放送される水木ミニシリーズ 'オ・ダルジャの春'(シナリオ姜ウンキョン,演出異才上) 出演を控えて去る 25日このドラマのシナリオ練習場に姿を現わした.

'オ・ダルジャの春'はホームショッピングで勤める 33才の 'オ・ダルジャ’を中心に,仕事では徹底的なプロだが相変らず愛を夢見る 30台独身女性たちの仕事と愛を現実的ながらも愉快に描き出す作品.

チェリムがドラマの中演技する 'オ・ダルジャ’は豪宕でさばさばする性格のホームショッピングチャンネル MD.子である代行業社フリーランサー 'カン・テボン(イ・ミンギ)と呼吸を合わせる予定だ.
コメント

チェリム、来年1月ドラマで国内カムバック

2006-11-24 16:32:21 | kbsドラマ
タレントチェリムが2年ぶりにKBS2の新水木ドラマ「オ・ダルジャの春」出演を決めて、国内活動を再開させる。

2004年のドラマ「オ必勝ボン・スニョン」を最後に中国活動に力を注いできたチェ・リムは来年1月ドラマ「ファン・ジニ」の後続で放映される KBS2ミニシリーズ「オ・ダルジャの春」を通じてカムバックする。

今年3月歌手イ・スンファンとの離婚を経験したチェリムは明るいキャラクターで国内ファンのもとに帰ってくる予定。

チェリムのパートナーにはイ・ミンギがキャスティングされて年上女-年下男カップルを演じる。

「オ・ダルジャの春」は愛に飢えた33歳のオールドミスオ・ダルス(チェリム)が最高の浮気者に振られた後、復讐を計画して恋人代行業社テボンと契約恋愛を結ぶ話を愉快に描く作品で、来年1月3日の初放送予定。

コメント

黄真伊、ギム・ジョンハンへの愛様々な本格メロライン

2006-11-24 14:43:28 | kbsドラマ
            
ファンジニがキム・ジョンハンに対する愛を感じ始めていた。

KBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は、23日の放送分で、黄真伊(ハ・ジウォンの方)がキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)からの本気を感じ、自分の心を開いて内容が描かれている。

ジニはこの日の放送で剣舞を踊ったのブイヨン(ワン・ビナ)の計略に陥ったが、剣舞と鶴踊りをソクオノン天才的な踊りを披露し、危機から抜け出す。 ベクム(キム・ヨンエ)は、ジニを立派な踊り手に再作成された人がキム・ジョンハンと判断、キム・ジョンハンに"遊女には真心をくれる人は危険である。 ジニの人生の中で抜けてくれ"とお願いする。 これキム・ジョンハンもジニの未来のためには、ベクムウイ言葉が正しいと思うし、自分の出世のためにジ二を使用したかのように行動する。



ジ二は、このようなの心の傷を受けて母親の現金(ジョンミソン)の懐に抱かれ、昔死んだ初恋キム・ウンホ(チャン・グンソク)とキム・ジョンハンを比較した。

ジ二は、"気持ち書くの(亡くなった)そのこれをどのように似ているのだろうか。 たての塗布を受けた場合は、(なの)そのような姿がじゃないか"と言いながら、"なを用いたベクムボダ定めたより怒りを感じる。 絶対否定をしない。 弁解の一言もしない"と残念がった。

ジ二は、続いて"(キム・ジョンハンは)大人なのでそうなのか? 花魁と真心をナヌォソンも無駄だということを知っている大人である。 それが異なっている。 その人(キム・ウンホ)し、それが一番大きく異なっている"と定めたの愛情を表現した。

一方、KBS 2TV'ファンジニ'はこの日、ジニの心を得るために、単芯(イイネ分)を利用するビョクギェス(リュテジュン分)とジ二の復讐心を胸に深く刻まれた芙蓉の物語が電波に乗った。
コメント

黄真伊踊っていなかった理由もまた踊ったの理由も『初恋ウノ'

2006-11-24 14:37:30 | kbsドラマ
          
          
ファンジニが天才的な踊りを披露してベクムワ梅香、そしてブイヨンをひざまずくした。

KBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は、23日の放送分で、黄真伊(ハ・ジウォン)が剣舞を踊ったの仁を湿らせるための策略を使ったブイヨン(ワン・ビナ)で剣を逃す危機を迎える。 これにファンジニは、再度、真剣を抜いて梅香(キムボヨンの方)に学んだ剣舞とベクム(キム・ヨンエ)の伝説的な鶴踊りをソクオノン幻想的なダンスを披露した。


ジンは、ダンスをしながらウノを思い浮かべながら、"思い出すの高野山てしまった。 あなたの前で踊って楽しかった記憶を思い出された。 このダンスをあなたに捧げる"と心の中で​​叫んだ。

ジニはこれまでベクムワ両班たちの計略で、自分との愛が折れてしまったまま死んでいったキム・ウンホ(チャン・グンソク)との枠組みのためにダンスを一切踊らないしなかった。 キム・ウンホがジニの踊りを見て、"ダンスがあまりにも剛、他の人の前で踊ることが良いだろう"と言ったからだ。

結局、黄真伊を踊るように一人も、再び回復感あふれる踊り手で作ったのも初恋キム・ウンホになったこと。

一方、KBS 2TV'ファンジニ'はこの日、ジニの心を得るために、単芯(イイネ分)を利用するビョクギェス(リュ・テジュン)とジ二の未来のために彼女を利用した嘘をキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)などの話が出てきた。
コメント

黄真伊、キム・ジョンハンの初恋ウノの姿ギョプチジャ涙を流した

2006-11-23 13:13:35 | kbsドラマ
             
ファンジニ がキム・ジョンハンからの初恋ウノを感じて涙を流した。

22日 放送 されたKBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は、ジョンハン(キム・ジェウォン)がジニ(ハ・ジウォン)に落ちるガードの代わりに防いでジンを入手する 場面 が放送された。

意識を失ったジョンハンが一晩中 看護 したジニは、 自分 を 救ってくれたお礼に決めたのチェボを助けるために、琴の演奏をして決めたの姿から、かつて初恋のウノ(チャン・グンソク)の姿が重なり涙を見せた。

この場面について、 視聴者たちは、"昔の 恋 に苦しむジンの姿が悲しい""ウノが定めたに戻ってきたようだ""ファンジニが泣く姿のように涙を流した"とし、数年が過ぎても初恋を忘れることができなかったファンジニの涙を惜しんだ。

一方、この日の『黄真伊』は、宴会での群舞を踊ったファンジニが 仲間 たちの裏切りに踊りが違って慌てているのが 最後の 場面で放映されて視聴者たちの注目を集めた。
コメント