韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「ソンコクつかん」ハン・ヘジンXユン・サンヒョン、切ないケミ輝いていた... 嵐展開

2018-03-29 07:55:31 | mbcドラマ
'手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」が初放送から視聴者を魅了した。美しい映像美と俳優たちの好演、目を離すことができない攪拌親和展開で60分をタイト満たした。

去る21日初放送されたMBC水木ミニシリーズ「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」(脚本チョン・ハヨン/演出停止のキム・ソンヨン/制作㈜ナンバースリー・ピクチャーズ歳イオンメディア/以下「手をぎゅっと握って」)は、平和だった日常を住んでいたヒョンジュ(ハン・ヘジン)の前に人生の巨大な渦が吹いドクながら視線をひきつけた。ヒョンジュが自分の母親のような病因脳腫瘍判定受ける一方、夫ドヨン(ユン・サンヒョン)の初恋ダヘ(ユ・イニョン)が訪ねてきて、夫を奪ってと言って現住を挑発したもの。吹き荒れる嵐の展開は視聴者を一瞬間も目を離すことができなくした。

この日ヒョンジュは、自分が母親のような脳腫瘍ではない診断を聞いて喜びに延伸笑顔を浮かべた。通り過ぎる人々とぶつかっても大丈夫と微笑ん体をシャランながら踊りもした。加えヒョンジュの夫ドヨンも一生に一度の大きなチャンスが訪れた。建築家であるドヨンがJQ新築設計という大型プロジェクトの契約を取るようしたもの。

特にこの日はヒョンジュとドヨンの11番目の結婚記念日だった。ドヨンはヒョンジュに結婚指輪と同じことを考慮した申し訳ありませんだと小さなイヤリングをプレゼントした。イヤリングを見たヒョンジュは涙を流した。ヒョンジュは「私は大丈夫の私の母のように生まれて頭の中にしこりが育ってもいないのに」と安堵の涙を流しドヨンは泣くヒョンジュを抱きしめてくれた。ヒョンジュは「私の母のように生きようと、残りの時間を無駄にしない」とし「最後の愛が夫なら、あなたにも申し訳ありませんので、無悲しいから」と寂しくた。夜空を眺めながら一緒にした年月をドゥェジプヌン二人の姿で人生の屈曲を一緒に過ごしてきた夫婦の絆感じられ、視聴者を暖かく染めた。

しかし、平和でのみ行うと思ったヒョンジュの日常は、すぐに粉々た。ヒョンジュに病院に戻ってこいと電話で、ドヨンの初恋であるダヘが訪れたこと。ダヘは「申し訳ない心を持ってイトオヤジ他人の男を抜いていって」と現住を挑発した。さらにダヘは「私、キム・ドヨンさん抜い成し遂げるきた」と爆弾宣言をして現住の心を揺るがした。

さらに、病院に行ったヒョンジュはソクジュン(キム・テフン)に、脳に異常があることの診断を受けた。健康に異常がない診断に走るように喜んでいたヒョンジュは理性を失って怒った。MRIを再撮ってみようではソクジュンにヒョンジュは、腫瘍であればどのよう買うことがあるのか​​と問いただした。ソクジュンは「生死を超越した人のように平気なふりをすることがむかつくならない」と対抗したし、ヒョンジュは分を勝てず部屋を蹴って出て行った。一方、看護師ウンミ(聖霊)とソクジュンの部屋に訪ねて行く過程で、恐怖に包まれてしゃがんだヒョンジュの姿が見る人々を切なくした。

一方、ドヨンはJQ社屋新築の設計を任された記者会見を行った。以後契約書にサインをしに行ったドヨンはJQ、アジア支部の理事になったダヘと向き合って戸惑いを隠せなかった。予想できなかったダヘの登場に苦しんだドヨンは、最終的に現住にすべての事実を告白しJQ新築設計をやめ置くと述べた。自分自身を見つけるしてきたダヘがドヨンの回復との関係という事実にヒョンジュは慌てた。しかし、ヒョンジュはドヨンにダヘが自分自身を見つけるきたという事実を秘密にしたままドヨンのプロジェクトを応援した。しかし、混乱に陥ったヒョンジュガ部屋の中で一人涙を噴き出して視聴者たちの切なさを催した。

そんな中1,2回エンディングでソクジュンが現住を訪ねて目を引いた。病院で戦うように別れたソクジュンが家に見つけてくるヒョンジュは「世界3大人が往診も通うのか」と皮肉った。しかし、ソクジュンは「生かしたくてどのような理由が必要です死ぬ格好ないみるのに」と叫んだ。ソクジュンは「最終的にもう一度問う。生きたい死にたい」と尋ねヒョンジュは「生きたい」と自分の本当の本音を打ち明けた。

この日の放送では、ハン・ヘジンは、4年ぶりの復帰という点が色あせるほど繊細で、爆発的な演技力で見る人々を感嘆させた。特に胸にジーン芯を解放ネドゥト父場(南進状態役)に鬱憤を決めキッチン神の恐怖と混乱にスクランブル座り込んたエレベーター神、見る人の涙腺を刺激した。また、最初の本格的なメロに挑戦したユン・サンヒョンは、温かい眼差しと真央て深みのある演技力で初放送から多情多感な「メローキング」として変身を完全にやり遂げた。

一方、「手をつかん」は、美しい色味と繊細な演出力が光って、視聴者を陥る作った。加えて波打つように自然につながったストーリーは、穏やかが力強く人物たちの感情線を描き出して没入度を最高潮に導いた瞬間も目を離すことができなくした。

「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」は、生活の終わりで突然訪ねてきた愛、ときめいきらびやかな生の最後のメロドラマ。今日(22日)午後MBCを通じて3,4回が放送される.
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「推理2」、クォン・サンウ直感アクション+チェ・ガンヒ生活推理力... 露梁同殺人事件打破

2018-03-28 22:05:06 | kbsドラマ
"お金がなくて窮地に追い込まれた二人が共謀をしたんです。」

21日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王シーズン2」(脚本イ・ソンミン/演出チェ・ユンソク、遊泳は/制作推理の女王シーズン2ドア戦士、エーストリ)7回では露梁同殺人事件のすべての顛末が公開されて新しい寄宿塾エピソードの開始まで発表した。事件解決の興味ジンジンハムと緊張感でお茶の間は推理の世界の中に陥った。

直感とアクションの職人ハ・ワンスン(クォン・サンウ)と生活推理能力者ユ・ソロク(チェ・ガンヒ)は、それぞれの得意を十分発揮して事件の真犯人と共謀者まですべて明らかにした。お金の問題で脅迫を受けた被害者二硫化式(イ・ムンス)の孫イ・インホ(キム・ジンヨプ)は、祖父の特性のために、被害者のマートでものを盗んかかってイム・オチョル(チャン・インソプ)は、和解金の処理のために犯罪を共謀したことが明らかになった。

ワンソルコンビはイ・インホが二硫化式にプレゼントしたフルーツプリントTシャツの特異点と全く似合わない二人が友達のように一緒に歩く姿から推理を続けていった。二硫化式事件当日、特定の果物のみ夜光色付きのTシャツを着ていたせいで、暗い場所でも被害者が手術した福袋動脈の位置に正確にナイフが入ってきたこと。

息が切れる前、被害者が優れていた自分の靴を取ったという事実を知ったユン・ミジュ(ジョー達)は、「良い警官になってたかった私の足を握って死んでいく人も見られなかった」と自分を責めるし総務告示環(チェ・マンフイ)は、「今からでもよく見るとされている、多過ぎていく」と彼女を励ました。過度な競争の中の周辺を見て回る余裕すらない現実を生きる人々に、小さいながらも大きな慰めを伝えた部分であった。

ユ・ソロクも良い警察になるための新たな挑戦に乗り出した。クイック合格の道のために江原道山の寄宿塾に入ることに決定、両親の写真を見て「私、今度は必ず合格するんですよ、本物の警察になるだろう」と言って固い意志を固めた。

しかし、寄宿塾に入所した彼女の受験生活は尋常ではないオーラを運転してきた。完璧な試験準備のために、外部との交流が容易ではないところにある隔離された学院、ここで猫と人が相次いで死んで発見されたもの。

このように、今度こそ合格を念を押したチェ・ガンヒ前再び行われた事件が関心を上昇させている。今日(22日)放送される8回では、本格的な寄宿塾殺人事件が繰り広げられる。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「手をぎゅっと握って「初めての部屋からジーン、ハン・ヘジン復帰してよかった

2018-03-28 22:01:02 | mbcドラマ
俳優ハン・ヘジンが「手をぎゅっと握って「初放送から爆発的な演技力を披露しお茶の間をしっとりがぬらした。

3月21日ハン・ヘジンの4年ぶりのお茶の間復帰作で話題を集めたMBC新しい水木ミニシリーズ「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」(以下「手をぎゅっと握って」)が初砲門を開いた。見るだけでヒーリングになる暖かい映像美と俳優たちの名品演技力が調和した興味深い話が視聴者たちの目と耳をひきつけた。

特にヒロインナム・ヒョンジュ役を演じたハン・ヘジンの優れた感情演技が目立った。生の最後に線ヒョンジュを中心に人物たちの物語が繰り広げられるだけに、ハン・ヘジンは初回から吹き荒れるキャラクターの感情線を強烈ながらも静かに緩急を調節していき極を導いた。夫キム・ドヨン(ユン・サンヒョン)とあれやこれやに過ごす愛らしい姿から、「住んでいた」は、喜びもつかの間、結局時限付き人生を受け入れるれる絶望の瞬間まで極限の状況に直面したナム・ヒョンジュの日常を密度に描き出した。

この日、何よりもヒョンジュが父南進状態(チャン・ヨン)にぎゅっと押してきた感情を爆発させるシーンが視聴者たちの胸をスライスすることした。ヒョンジュは何があるかと尋ね父に向かって、「なぜグロセヨ父。人がそうじゃないですか。セトビョルイお父さんがうまくいっ君嬉しくもあり寂しくもあって。だから、私より気になるんです。父がいつもそんな目で私を見てみるとでしょうか。」とし「何もないんです。何もないのに、父がしきりになぜ... 父ごめんなさい」と鬱憤を吐き出し涙腺を刺激した。

不吉な医師の所見、夫の初恋シン・ダへ(ユ・イニョン)まで現れ敏感になった中で、母親を脳腫瘍で失っていつも時限付き人生の恐怖と恐怖の中で、胸焼けしてきたヒョンジュの複雑な感情が爆発したもの。自分が時限付き宣告を受けても母親のように残り時間を手術や治療に苦痛の中で送信しないであろう心の準備をしてきたが、いざ死の前悲痛な心はどうしようもなかった。放送末尾ヒョンジュはチャン・ソクチュン(キム・テフン)に「生きたい」は、胸の内を難しくナビながら、今後の変化を予告した。

ハン・ヘジンは、いくつかの両家的な感情が混ざったナム・ヒョンジュに完全に没入されて成熟した演技の真髄を正しく示した。時には気後れしない、淡々としながら強引に感じられる法は、従来の時限付きキャラクターたちとは違う新鮮な魅力を感じさせた。このように人物の感情を見る人々に完全に伝達するハン・ヘジンの深い目つきと声は放送が終わった後も濃い余韻を残した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「推理の女王2」イ・ダフイ、クォン・サンウ・キム・テウと過去の歴史からみヒョトナ

2018-03-28 21:58:20 | kbsドラマ
「推理の女王2」のイ・ダフイはクォン・サンウ、キム・テウの兄弟とどのような関係なのか。

21日夜放送されたKBS2水木ドラマ「推理の女王シーズン2」(脚本イ・ソンミン・演出チェ・ユンソク)7回では、刑事ハ・ワンスン(クォン・サンウ)、推理に優れた素質があるユ・ソロク(チェ・ガンヒ)が、様々な犯罪事件を解決する姿が描かれた。

この日チョン・フイヨン(イ・ダフイ)は高位公務員と関係があるし、依頼人に会って、公務員の不倫の事実を写した写真を差し込んケーキを渡した。ヒヨンはベーカリーを運営し、ケーキを焼いていたが、事実上偽善の秘密を勝手気ままにする得体の知れない女だった。

ヒヨンはこの日合コンをさせてくれるという依頼人に「好きな人がいる」と述べたりもした。

このうちハ・ワンスンの家が運営するハエン情危機に包まれた。ワンスン兄ませ勝(キム・テウ)が突然、脱税の疑いで検察の調査を受けたものだった。

支承は、目開けば鼻浸していくような、これらの光景を空しく見守らなければならいた。ニュースでは、ニュースを聞いたのはヒヨンだった。ヒヨンは微妙な笑顔を浮かべて"恐怖モクオトネ、心配しないでください。私は非常に特別なケーキを焼いているのだから」と呟いた。

ヒヨンは果たしてませ勝、ハ・ワンスンの家とどの関連を持っている人物なのか。特にヒヨンが主人公のワンスンと過去の縁を結んでいることが推定される状況では、ミステリー女ヒヨンが今後ワンスンにどのような魔獣を差し伸べるか劇的な展開が注目される。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「推理」クォン・サンウXチェ・ガンヒX博餅は、最強捜査チーム誕生「期待爆発」

2018-03-28 21:49:40 | kbsドラマ
博餅はこのクォン・サンウの上司になった。オ・ミンソクはクォン・サンウに対処できず、他のチームに送り、クォン・サンウは派遣私のチームが一つもないチームに配属される。そのチーム長に博餅は、この発令を受け、クォン・サンウは渋いが、博餅はと挨拶を交わした。有能な人材である博餅はの合流でクォン・サンウ、チェ・ガンヒは強大なチームになった。

21日放送されたKBS水木ドラマ「推理の女王2」ではマート祖父の殺人事件の真犯人をとるソロク(チェ・ガンヒ)とワンスン(クォン・サンウ)の姿が描かれた。ソロクとワンスンは祖父の孫が頻繁に通う江南のクラブで薬物をする孫に会い、その後クラブとは似合わない受験生が登場する。

ソロクは一目でその受験生が殺人であることを調べ、ワンスンはもみ合いの末キラーと孫を検挙した。調査の過程でお金が必要だった孫が祖父の遺産を狙って受験生を買ったことが明らかになった。

ソロクは警察の試験が残り少なくない悩み、キボム(かき混ぜ)は、自分の叔父が寄宿学校をするとし紹介させてくれる。山の中にある寄宿学校に登録したソロクは、携帯電話まで家に置いていくが、まもなく寄宿塾で殺人事件が発生する。

ワンスンはソロクこの手紙一枚残して寄宿塾に行こう、心配された心に鷺梁津をすべて劣るが見つからない。声優(オミンソク)はイノ(キム・ウォンて)にワンスンを果たしできないと文句を言って、イノは完勝を他のチームに送信する。しかし、すべてのチームで完勝を負担し、イノは派遣私は誰もいない2チームに完勝を配属させる。

数日後、神聖(博餅は)が2チーム長に発令受けてきて、ワンスンは城下が来ると渋いし遠慮なく不便気配を示した。城下もワンスンを不便にした。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ソンコクつかん」ハン・ヘジン、脳腫瘍 - 夫奪れる危機まで... 「住みたい」

2018-03-28 21:45:05 | ドラマ
「生きたい」

「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」ハン・ヘジンが脳腫瘍発症の可能性が提起されて、夫が初恋の事紛糾される危機を迎えた。その瞬間、彼は「生きたい」と生の意志を再確認した。

MBC新しい水木ドラマ「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」の初回が21日午後、電波に乗った。「手をぎゅっと握って沈む夕日を眺めてみよう」(以下「手をぎゅっと握って」)は、生活の終わりで突然訪ねてきた愛、ときめいきらびやかな生の最後のメロを描いたドラマだ。

この日の「手をぎゅっと握って」は、病院を出て、「大丈夫です、私の健康です」と絶賛されるナム・ヒョンジュ(ハン・ヘジン)の姿で開始した。遺伝性で、脳にこぶを持っていたナム・ヒョンジュは病院で健康である診断を受けたナム・ヒョンジュは「生かしていただきありがとうございます。神」と喜んだ。

ナム・ヒョンジュは大型契約を獲得して喜んでいた建築家の夫キム・ドヨン(ユン・サンヒョン)にもニュースを伝えて安堵の涙を流した。ナム・ヒョンジュは「医師が私に死刑を下げる母親のように生きようともがい打たない」とし「もし時限なら残り時間素敵な恋をする」と打ち明けた。

しかし、診断が間違っていた。医師チャン・ソクチュン(キム・テフン)は、診断に問題があったことを知っている、ナム・ヒョンジュに戻って病院に来るように通知した。炎こと包まれたナム・ヒョンジュが出会ったのは、夫の初恋シン・ダへ(ユ・イニョンの)。ナム・ヒョンジュは「会ってみたいと会って見」と「申し訳ことはない」と述べ、シン・ダへは「他人の男奪っていってごめんでもしろ」と対抗した。シン・ダへは背を向けるナム・ヒョンジュに「キム・ドヨンさん抜い成し遂げるきた」と宣戦布告した。

炎であることを抑えて、病院を再発見したナム・ヒョンジュは、看護師が医師のオフィスで自分自身を導くと、本当にされていない座り込んしまった。ナムヒョンジュはしこりがない脳腫瘍の可能性がありますので、再度検査を受けるには、医師チャン・ソクチュンにただちに「治療するどの買うことがあるのか」と尋ねた。母を同じ病気で失ったナム・ヒョンジュは「私は医者が知らないことも知っている」と対抗し、「あなたのような患者が問題だ。がんは不治の病ではない」は、チャン・ソクチュンに話を寄せる病院を変えと言って出てしまった。

一方キム・ドヨンは回復を狙う天才建築家としてJQグループ新築社屋設計を引き受け回復を狙うことになった。記者会見まで終え契約書にサインしに行った会った依頼人がまさにグループディレクターであるシン・ダへであり、キム・ドヨンはその場に固まってしまった。

帰宅した彼は、妻に「契約をやめなければならかと思って」とサインをしに支社長に会いに行ってシン・ダへに会ったと打ち明けた。ナム・ヒョンジュは「それはあなたと何の関係なのか」とし「私は大丈夫だ。ダヘが作ってくれた契約であれば、どう。必要だから本社でもOKたことだ。ダヘを愛することがない場合は気にしない」と述べた。ナム・ヒョンジュは「仕事のために会ったかのない忘れて見つけ所属を良いこと"としながらも、「気分があまり良くない」と一人でジャゲトダゴドアを閉ざした。

翌日ナム・ヒョンジュは家に直接訪ねてきた医師チャン・ソクチュンに会った。彼に会っただけでも、ストレスに包まれたナム・ヒョンジュは爆発した。しかし、チャン・ソクチュンは「生かしたくて」きたと"どのような理由が必要です。死ぬ形ないと反論した。チャン・ソクチュンは" 最後に聞いてみよう。生きたい、死にたい」と尋ねナム・ヒョンジュは「生きたい」と答えた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「リターン」パク・ジニ、最後の薬瓶を取り出した... アクベンジョス一堂に

2018-03-28 21:41:07 | sbsドラマ
「リターン」人物の運命が最後まで駆け上がった。

21日放送されたSBS水木ドラマ「リターン」(脚本チェギョンミ演出株ドンミン)31、32回では、ローマ数字殺人事件の真実を暴くための人物たちの物語が描かれた。

キム・ナラ(チョン・ウンチェ)はチェ・ジャへ(パク・ジニ)が過去の子供を失った母親予定へラは事実を知ることになった。しかし、キム・ハクボム(ポン・テギュ)、オ・テソク(シン・ソンロク)、ソ・ジュンフイ(ユン・ジョンフン)のこれまで悪行をすべて知ることされチェ・ジャへ弁護を引き受けた。

このうち、ローマ数字殺人事件の裁判が続いた。チェ・ジャへはチョン・インヒェであることを否定した。検察は、チェ・ジャへがチョン・インヒェで復讐のために事件を計画して殺人を犯したと主張した。

事件と関連し、証人が裁判長に乗り出し、この過程でトッコ・ヨン(イ・ジヌク)はチェ・ジャへ弁護士事務所で消えた薬物六ロニーウムビョンボトルを訪れた。チェ・ジャへがチョン・インヒェであることが明らかにされる危機に処した。

キム・ナラはチェ・ジャへがチョン・インヒェとは無関係であり、検察の推測により、連続殺人犯に追い込まれたと無罪を主張した。キム・ジョンス(オ・デファン)、キム・ドンベ(キム・トンヨン)、テ・ミンヨン(チョ・ダルファン)と共犯というのも事実ではないとした。

裁判の後、判決が続いた。キム・ジョンスは、5年の刑を受けたがチェ・ジャへ、テ・ミンヨン、キム・ドンベは無罪を言い渡された。以後チェ・ジャへは取材陣の前に立って、「再起動」リターンショー」でローマ数字殺人事件真犯人を明らかにする」と述べた。

一方、オ・テソクはキム・ハクボムに殺人汚名を着せた。これオ・テソク、キム・ハクボムはもちろんカン・インホ、ソ・ジュンフイの間は継続して悪くなった。

このときソ・ジュンフイがオ・テソク、キム・ハクボム自白を受け出すための計画を立てた。オ・テソク、キム・ハクボムを別荘に呼び集め、カン・インホも「私のやり方で行うだろう」と脅しを置いた。ソ・ジュンフイはトッコ・ヨンに電話して別荘に向かっていると知らせてオ・テソク、キム・ハクボム自白を受け録音することにしたと伝えた。

放送末尾チェ・ジャへはどこか行くために準備した。彼はロックロニーウムビョンボトルを取り出した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「推理の女王2」皆されたクォン・サンウX博餅は... チェ・ガンヒ寄宿塾で「事件発生」

2018-03-28 21:36:34 | kbsドラマ
クォン・サンウと博餅は、皆になった。

21日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王シーズン2 '7回では、ユ・ソロク(チェ・ガンヒ)が寄宿塾に向かう姿が描かれた。

この日ユ・ソロクは、警察の試験に合格するためにパク・ギボム(かき混ぜ)が言った江原道の深い山里にある寄宿学校に入ることにした。

ユ・ソロクはキム・ギョンミ(キム・ヒョンスク)のお弁当店を臨時休業した後、荷物をまとめてバクギボムに会った。パク・ギボムはちょうど自分の友達も寄宿塾に登録したとしよう学院に行けた。ユ・ソロクはパク・ギボムの友達の車に乗って塾に向かった。

ハ・ワンスンの兄はありませ勝(キム・テウ)は慈善会場で財団脱税の疑いで検察に逮捕された。ハ・ワンスンは兄が財団を運営したばかりの状況で検察の調査を受けなろう困惑した。

ハ・ワンスンは一歩遅れてユ・ソロクが残したメッセージを見て芝峰類説玉寄宿塾に入ったことを知った。ハ・ワンスンはユ・ソロクが心配になって睡眠もしっかり寝なかった。

ハ・ワンスンは系チーム長(オミンソク)により2チームに席を移した。チョー課長(キム・ウォンて)は、2チームに新しい長が来ると話した。ハ・ワンスンとする2チームの新しいチーム長は、本庁から来たオ・ソンハ(博餅は)であった。

ハ・ワンスンはジョー課長に3チームに行かせてもらうたが無駄だった。ハ・ワンスンと優勢する錆チームにつづりでしまった。

寄宿塾に到着したユ・ソロクは何か異様な雰囲気に圧倒された。ユ・ソロクが寄宿塾に入った日の夜ジムで男受講生が死亡する事件が発生した。

韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ソンコクつかん」初めての部屋、ハン・ヘジン、脳腫瘍予告... ユン・サンヒョンXユ・イニョン再会

2018-03-28 21:32:18 | mbcドラマ
手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」のハン・ヘジンが脳腫瘍判定予告を受けた。ユン・サンヒョンは、10年前の初恋ユ・イニョンとビジネスパートナーとして再会した。

21日午後初放送されたMBCの新しい水木ドラマ「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」(以下「手をぎゅっと握って ')では、ナム・ヒョンジュ(ハン・ヘジン)が、母親が死亡した病因脳腫瘍判定を予告受ける姿が描かれた。

この日ナム・ヒョンジュは病院で健康であると診断されて歓呼し、家に帰ってきた。「神生かしてくれて感謝している」とし、かっとしながらもナム・ヒョンジュは健康であることにただ喜んだ。彼は母親の病気であった家族歴がある脳腫瘍を恐れていた。

幸いなことに検診で健康という言葉を聞いたナム・ヒョンジュは夫キム・ドヨン(ユン・サンヒョン)と祝うために束章を見た。その日キム・ドヨンもすべての建築家たちの羨望の対象でJK企業の設計を引き受けることになった。米国のコネがあってこそ除去できるというにくい設計を担当したキム・ドヨンは結婚記念日に合わせて妻ナム・ヒョンジュの贈り物を買いました。

二人は一緒に食事をし、自分たちの仕事を祝った。ナム・ヒョンジュは自分が健康であることを明らかにして涙を流した。ナム・ヒョンジュはキム・ドヨンと結婚当時言った言葉を思い出して、「人生ばかり残ったら、新しい恋をすることだ。あなたとは、あまりにも申し訳ありませんので、無悲しいから」と、もし脳腫瘍判定を受けると、夫を残したいと語った。

しかし、これらの幸運はすぐに終わった。ナム・ヒョンジュはキム・ドヨンの最初の愛シン・ダへ(ユ・イニョン)に会った。シン・ダへは「少なくとも申し訳ない気持ちは持っている必要か。他人の男奪っていっ」と言って "私、キム・ドヨンさん奪に来た」と宣言してナム・ヒョンジュを不安にした。

また、コールバックされて、病院に行ってはチャン・ソクチュン(キム・テフン)から、脳に異常があることの診断を受けた。風変りなチャン・ソクチュンは「生死を超越したような態度を見せるあなたのような患者が問題だ」と述べた。これら戦うようにして別れた。

キム・ドヨンはJKグループの設計を担当して再びスターダムに上がった。過去のスターアーキテクトとしてデビューしたが、床に墜落したキム・ドヨンは記者会見で、完全に復活した。彼は契約書にサインするために会ったJK支社長がシン・ダへという事実を知ってショックを受けた。

とてもナム・ヒョンジュをだますことができなかったキム・ドヨウンは「私が契約やめうとする。本社実にサインしに入ったその場でダヘが座っているとは思わなかった」と告白した。ナム・ヒョンジュは心配したが、通常「それはあなた日何の関係なのか」となかなか来ない機会に会ったキム・ドヨンを促した。一日に多くのことが注がれたナム・ヒョンジュはやめキム・ドヨンを無視して一人で涙を流してしまった。

次の日、ナム・ヒョンジュは家の前に訪れた医師チャン・ソクチュンに会った。チャン・ソクチュンは「生かしたい "と話した。彼にナム・ヒョンジュは「生きたい」と告白した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

初めての部屋「私のおじさん」アイユ、イ・ソンギュン賄賂盗んだ」絡まった悪縁」

2018-03-28 21:27:22 | ドラマ
俳優イ・ソンギュン、アイユが悪縁にからみ付けた。

21日夜に初放送されたケーブルチャンネルtvNの新しい水木ドラマ「私のおじさん」(脚本パク・ヘヨン演出キム・ウォンソク)1回では、パク・ドンフン(イ・ソンギュン)とイ・ジアン(アイユ)日常が描かれた。

ドンフンは平凡だが、無料な日常を送っていた。三兄弟の中で第二が長男のように兄サンフン(パク・ホサン)の娘の結婚式を手にした。

サンフンはパク・ドンフンに彼の妻カン・ユンフイ(イ・ジア)が結婚式に来るか尋ねたが、ドンフンは「出張を行った」と適当に言い訳を挙げた。ユニはドンフンが通っている会社の代表取締役であり、後輩のド・ジュンヨン(キム・ヨンミン)と不倫関係だったドンフンはこの事実を知らずにいた。

同じ会社に勤務しているジアンはパク・パクハン生活に耐えていた。ドンフンが彼に飛び込んだてんとう虫をつかむうとしたが、彼は涼しい顔で自らてんとう虫をつかむゴミ箱に捨てた。

仕事の後で中はレストランの補助アルバイトをし、疲れた体を率いて家に向かった。ドンフンは地下鉄内で彼を見守った。どうしても応じ出なかったし、家に帰ってきたで抱えオフィスで束フムチョオンミックスコーヒーを飲みながら一通りの夜を群れだった。

家には、ヤミ金融イ・グァンイル(チャン・ギヨン)が来ていた。彼は「このように、少しずつ、いつお金をすべてガプニャ」と促した。また、特別養護老人ホームの雨押されこっそりおばあちゃんを連れて出なければならリスクを取ることもした。

ドンフンはそのようなジャンが続い気使われた。複数回話しかけてみようともしたし、ジアンの日常を注視した。しかし、ジアンはそのようなドンフンを無視し続けた。

また、ドンフンの未知のこれからのオ千万ウォンを受けた。そしてジアンがその場面を見たようさらに気になった。ジアンはドンフンに近づいて、「ベゴプンデご飯ちょっと買ってくれ」と言った。また、「焼酎一杯しよう」と提案した。

以後ジアンは、オフィスではドンフンが受け取ったお金を盗んだ。ドンフンは翌日のお金がなくなったことを後になって気付いた。結局ドンフンは、監査にかかっ会社で切られるお世話になった。

韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント