韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

'駆使市'時限付きのカン・ジファン、過去のキム・ハヌル共存異色の試み"新鮮な衝撃"

2006-12-28 16:36:58 | mbcドラマ
" 新鮮 な衝撃である。"

キム・ハヌル、カン・ジファン、チョン・ヘヨン、ユン・ヒソク主演のMBC水木ドラマ『90日、愛する 時間 』は、現在と過去の出会いという 異色 の 試み で、視聴者たちの視線を捕らえた。

90日、愛する時間』は、27日の放送で、死を控えたジソク(カン・ジファン)がジョンラン(チョン・ヘヨン)ヘジンと一緒に学生時代を過ごした、済州道を見つけて昔の 思い出をたどる場面が盛られた。


特に、娘ヘジンと母校を訪れたジソクが キャンパスを散策中、過去のミヨン(キム・ハヌル)と出会う場面は、視聴者たちにとって、新鮮な悲しみを感じさせた。

また、済州島のあちこちでジソクの目に、過去のミヨンが踏まれる場面はそれほど未然にジソクの懐かしさが切実であることを示すのに十分だった。

終始一貫してこのような形式の進行は、メロドラマ特有の陳腐さを完全に覆したのはもちろん、視聴者に新鮮な衝撃に迫っては 評価 する。

この日の放送を見た視聴者たちは、" ドラマ を見ながら、このような衝撃を受けたことがあったと思う"と述べ、" 期待 を完全に覆した13回だった""まだ 胸 がモクモクハダ""純粋な愛が心を鳴らす。 生涯 最高のドラマだ"などの賛辞を惜しまなかった。

また、最終回までわずか3回のみを残した90日、愛する時間』がジソクの死の前で四 人の男女 の愛をどのように締めくくりのかが気になる視聴者も少なくなかった。
コメント

'駆使の時は'キム・ハヌル - カン・ジファンの胸切ない時限付きの愛』の視聴者心の琴線響き'

2006-12-21 16:32:42 | mbcドラマ
"ありがとう、愛してるって言ってくれて.."

キム・ハヌル、カン・ジファンの胸に切々とした演技が視聴者たちの心を鳴らした。

MBC水木ドラマ『90日、愛する時間』は、20日の放送で、ジソク(カン・ジファン)とミヨン(キム・ハヌル)は、それぞれの家がある状態を一時的に抱いて最後の逸脱に愛の1つを解く内容を描いた。


東海の浜に去ったジソクとミヨン。 病状が悪化なっているジソクは、一粒の残りの薬を食べてミヨンと一緒にいる間だけは倒れないようにしてくれと祈る。

しかし、雪の積もった道に向かっていた車が急にピットに抜けながらジソクは、ますます精神が錯乱なっていく。 私の愛も受けが、その前には絶対に死ぬな愛してる!

ミヨンは意識を失ったジソクを抱きしめて"まだ私は、お前ちゃんと愛してくれないできなかった。私の愛も受けが、その前には絶対死なないよ。愛してる"という言葉で10年間サクヒョオン感情を吐き出した。ジソクは、かすかハゲナマミヨンの心を聞き、最初に幸福感を感じた。

二人の切実さはアメリカにいたジソクの娘ヘジンの帰国、ひたむきなジョンラン(チョン・ヘヨン)とテフン(ユン・ヒソク)の愛が介入され、ピークに達した。

東海旅行という逸脱し、電話でお互いの安否を確認する二人は、ジソクがこの世を去る前ナマお互いの愛を確認した幸福感が、これさえやめなければならない状況に涙を流してしまった。 もしかしたらお互いの息の音が聞こえるか携帯電話を付与を握ったまま。

この日の放送を見た視聴者たちも、ジソクとミヨンの胸の切ない愛に涙をこらえることができなかった。 時限付きの愛が切ない言い尽くせないが、ジョンランとテフンの状況を見れば応援することもできない立場だ。

ジソクとミヨンの運命的な、時限付きの愛が大詰めに向かって駆け上がっている中で、君の主人公たちの歩みに視聴者たちの少なからぬ疑問が高まっている。
コメント

『黄真伊』ハ・ジウォン、男装で『茶母』チェオクを連想させるようにして

2006-12-15 17:10:07 | kbsドラマ
                 
"『 茶母 』を思い出した!"

『 黄真伊 』ハ・ジウォンが、『茶母』を連想させる姿で違った楽しみをプレゼントした。

KBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は14日、身分の壁を越えて人々の目を避けて逃走、一緒に暮らしを調えた黄真伊(ハ・ジウォン)とキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)の幸せを描いた。

ジ二は、ジョンハンと逃げるの過程で、男装も辞さないした。 特にナムジャンハンジニの姿は、まるで『茶母』の女刑事チェオクを連想させるようにして視聴者たちの熱い反応を呼び集めた。


この日 の放送 を見た視聴者たちは、"『黄真伊』を見て途中、突然『茶母』を得た"としながら、"久しぶりに『茶母』のチェオク、これを見ることができてとてもよかった""ハ・ジウォンは、ファンジニも似合うがナムジャンハン姿もよく似合う"など、『茶母』と関連し、少なからぬ反響を見せたりした。

一方、黄真伊はキム・ジョンハンと逃亡生活を調えた幸福の中でも、過去への未練を捨てることができなかった。この日の放送では、キム・ジョンハンが 釣り を離れた間に 洗濯物 をノルドンジニがホトグヨクジルをして 妊娠 への間接的な予告をした。
コメント

妊娠中の黄真伊"ファンジニもキム・ジョンハンも、ビョク・ギェスもすべてエダルポラ"

2006-12-15 17:06:41 | kbsドラマ
"3年を一日のようなダルポに一度松島に下りビョク・ギェスも、ジニも決めたことも、みんな悲しい"。

ハ・ジウォン主演のKBS 2TV水木史劇『黄真伊』(脚本ユンソンジュ/演出キムチョルギュ)14日の放送を見た視聴者の反応である。

この日はジニ(ハ・ジウォンの方)とキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)が逃げを打って貧しいが幸せに夫婦の縁を結んで住んでいる姿が放送された。 しかし、ふとふと芸人の道に対する懐かしさと苦しむ民と賃金を助けたいと思う気持ちで葛藤したりした。

ビョクギェス(リュテジュン分)は、ファンジニが消えて3年の間、一日のようなダルポに一度松島に降りてきてジニを訪れた。

この姿を見た視聴者たちの愛を育てているが、ふと寂しそうなジーンと定めた、ビョクギェス皆悲しく見えたという文を残した。

このドラマの掲示板には"本当に多く残念だった。 3年を一日のようなダルポに一度松島に下りビョクギェスの心"、"一人の芸人として、守ってあげたいと思ったが、生涯のなりにその座を奪われたビョクギェス。 その痛みが感じられる"、"黄真伊とてもおもしろい。 俳優たちの演技もすごい"、"やっぱりハ・ジウォンは、千の顔が正しい"、"俳優たちも頑張れ"などの文が発行された。

また、"決めたとジニがお互いをそっと抱えながら幸せなのかと問う場面は美しくて悲しかった"、"ジニがミョンジュシルをはじく場面本当に良かった"などの文も上がってきた。

一方、お腹の子供を持つ陣は、その子供を産むことを決心した。
コメント

黄真伊、決めたと逃走の暮らしチャリョトジマン芸人の未練より大きくなって

2006-12-15 16:57:35 | kbsドラマ
                
逃走の暮らしを取り戻したファンジニとキム・ジョンハンが幸福の中でも、過去への未練を捨てることができなかった。

KBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は14日、身分の壁を越えて人々の目を避けて逃走、一緒に暮らしを調えた黄真伊(ハジウォンの方)とキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)の幸せを描いた。

二人は、ぼろぼろの家とつらい農作業でも、お互いに対する愛で克服して、美しい愛情を表現した。



しかし、時間が経つほど芸能人の食ジュチェチな黄真伊と、世の中の不条理を根絶しようとするキム・ジョンハンのニーズも比例していった。

ジーンは糸巻きを結びながら、自分も知らないまま、その部屋に、まるで琴をトィンギドゥト指を置いて眺めていたジョンハンを残念にした。 また、風にフンナルリヌン洗濯物の山を眺めながら踊りを想像するなど、ジニは、芸能人の過去をおくことができなかった。

キム・ジョンハンも、ファンジニと別段差がなかった。

キム・ジョンハンはするたびに力に暗い両班たちと大変な戦いを繰り広げている中宗を思い浮かべて大変だった。

一方、この日の『黄真伊』は、母の現金(ジョンミソン分)を探して出たジニと彼女を追うビョクギェス(リュ・テジュン)の話が電波に乗った。
コメント

『黄真伊』ハ・ジウォンホトグヨクジル、キム・ジョンハンの子供を持った

2006-12-15 16:55:35 | kbsドラマ
           
ファンジニ がキム・ジョンハンの子供を持った。

KBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』は、14日放送分からの身分の壁を越えて世界の目を避けて逃亡生活を調えた黄真伊(ハ・ジウォン)とキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)の物語を描いた。

特にキム・ジョンハンこの釣りを離れた間に 洗濯物をほしているジニが嘔吐をして妊娠への間接的な予告をした。


このようなジニを見たキム・ジョンハンは、子供を持ったという考えはできないまま、彼女が芸人の夢を描いたと考え、自責する。

一人きりの谷がに出たジ二は、母の現金(ジョンミソン分)の"女は古くから愛する人のためにバプジトゴ子供を産んながら生きていかなければ幸せだ"という言葉を思い浮かべながら、子供をよく育てることを誓った。

一方、この日の『黄真伊』は、母の現金(ジョンミソン分)を探して出たジニと彼女を追うビョク・ギェス(リュ・テジュン)の話が電波に乗った。
コメント

『黄真伊』キム・ジョンハン、ジ二を助けて石膏の大罪

2006-12-14 16:48:38 | kbsドラマ
            
            
            
キム・ジョンハン(キム・ジェウォン)が黄真伊(ハ・ジウォン)を生かして、石膏の大罪をした。

ハ・ジウォン主演のKBS 2TV水木史劇『黄真伊』(脚本ユンソンジュ/演出キムチョルギュ)13日の放送で仁は師匠ベクム(キムヨンエ分)の死で精神がオンジョンチことができなかった。

挙句の果てに王の前で行われた進研で鶴踊りを仕上げることが出来ずに倒れてしまった。 これに決めたはジニを抱えて部屋に連れて行ってジニを休ませていた。

これを見たの設定の代わりには、白昼そのものマンチュクハンジトイニャミョキム・ジョンハンをパジクさせてジニを殺すことを州庁した。 しかし、決めたはジニを松島に回してボネミョすべての責任は自分が沈むことにした。

キム・ジョンハンは、王の前には、石膏の大罪をした。 雪の降る夜の素足に頭を外し、官服を返上したなの賃金は、最終的に許していた。

なは"一人の芸人を気にかけてから一日である"と言われて賃金を感動させたのだ。

王の許しを受けたキム・ジョンハンは、その道ビョクギェス(リュ・テジュン)には、"これ以上ジニをいじめないでください。 私は私の生涯最初に心に抱いた女を下に置くことしかできなかった。 彼女はこれにならない人だから..."と初めてビョクギェスに自分の本音を現わした。

このようなキム・ジョンハンの決定にもかかわらず、最終的に決めたは廃人になったジ二を訪ねた。

世の中が許可されていない愛をすることになったキム・ジョンハンとジ二の未来に臨む荒波に視聴者たちは神経を尖らせている。
コメント

『黄真伊』ベクム失った悲しみに自殺未遂"人間的な魅力を再発見"

2006-12-14 16:44:34 | kbsドラマ
             
             
ファンジニがベクムルを失った悲しみに自殺をしようとしようとした。

13日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ『黄真伊』で黄真伊(ハ・ジウォンの方)がベクム(キム・ヨンエ)の自殺を記憶して出すことができずにダンスの練習のためにベクムルを探してジョンハン(キム・ジェウォン)をはじめとした周辺の人物たちを残念にした。

この日の放送分ではベクムエの黄真伊の感情がただの憎しみではなく、『愛と憎しみ』であったという事実があちこちで明らかになった。



黄真伊は、自分自身を教坊に入るゲクム助けてくれた、ダンスをとても愛していたベクムルルたたえ彼と同じ方法で生涯を終えるために、崖に足を移した。

しかし、決定的なタイミングで現れたキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)黄真伊の腕をつかまえて、放送の有終の美を飾った。

この日の放送を見た視聴者たちは、"ファンジニの人間的な魅力が明らかになった一回だった"とし、精神異常症状まで見える黄真伊の切なさを隠せなかった。

一方、視聴率調査会社TNSメディアコリアによると、『黄真伊』は、13日の放送で全国基準22.9%の視聴率を記録した。 過去7日放送の24.8%より1.9%ポイント下落した数値だ。
コメント

『黄真伊』ハ・ジウォンの精神て廃人になった

2006-12-14 16:39:50 | kbsドラマ
            
            
『黄真伊』ハ・ジウォンが、廃人になった。

KBS 2TV 水木ドラマ 『黄真伊』の13日の 放送分 で、黄真伊(ハ・ジウォン)は、ベクム(キム・ヨンエ)の死を認めることができずにグリウォハダ最終的に精神を置いてしまった。

この日、ファンジニは、中宗の20年の治世を記念する 宴会 でもビョク・ギェス(リュ・テジュン)の" 師匠 を殺して作成された踊りである。 師匠を生かすことができたにもそうでした。 今見ている踊りは、この世 で一番強いのダンス"という名前の毒舌に耐えられずにダンスを踊ったのうちに倒れた。



ジ二は、また教坊でいきなり修練服を着て表示されて行数ベクムルル探しの同僚たちを驚かせたりベクムウイ部屋に入って現金(ジョンミソン)の前で師匠を捜すなど、罪悪感に悩まされた。

結局、ジニは、ご飯も 食べていないまま、数日間、自分の部屋に隠れ潜んでは、人々に会うことも、 話を共有もしない状態 でも早いベクムガ自殺を選択した断崖では、彼女を順に処理する。

一方、この日KBS 2TV『黄真伊』は22.8%(TNSメディアコリア基準)の 視聴率 を記録した。
コメント

ファンジニ - キム・ジョンハン、少しの間でも夫婦のように

2006-12-14 16:36:14 | kbsドラマ
'少しの間でも夫婦のように!

黄真伊(ハ・ジウォン)にこれ以上の芸人の道は幸せではなかった。

ハ・ジウォン主演のKBS 2TV水木史劇『黄真伊』(脚本ユンソンジュ/演出キムチョルギュ)が13日の放送で仁は師匠ベクム(キムヨンエ)の死で廃人になった。

挙句の果てに王の前で行われた進研で鶴踊りを仕上げることが出来ずに倒れてしまった。 ジニは松都に降りてきてご飯も食べずに酒を汲んで飲んでいるが、自殺までもした。

ジ二は、自分がベクムエゲ何をしたかと思うし、死んだ師匠に"足手が自分のものではないようだ。 ダンスの義理の息子が一つも思い出せない。 手琴行で遊ばない"と嘆いた。 そしてベクムガ離れて死んで、その崖に登って、"私もやめ師匠様のもとへ行く。 そこへ行けば再びダンスを踊ることができそうだ"とし、崖下に身を投げようとした。

その刹那キム・ジョンハン(キム・ジェウォン)がジニを捕獲した。

そのときにジョンハンは考えた。 "この女性に芸能人の長さ以上の喜びはないなら..苦痛だけなら少しの間でもが浅いの愛でジニを務め、二分からない"と言葉だ。

この日放送された予告編では、ジニとジョンハンは逃げ去り、いつもの夫婦のように普通に生きてみようと思った。 平凡な夫と妻の天候ストリップを付けながら幸せにする姿だった。

しかし、離島長続きすることができない見通しだ。 ビョクギェス(リュ・テジュン)のこだわりは、ますますひどくなって挙句の果てに人々を解放ジョンハンとジ二を倒してドゥルイリョする。

果たしてジニの愛はどうなるのか、ジニはベクムウイ死に対する罪悪感を払い落とし、真の芸人として生まれ変わるになるか帰趨が注目される。
コメント