韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「嫉妬の化身「チョン・ジョンソク - コン・ヒョジン、胸の手術患者で再会

2016-08-31 23:27:16 | sbsドラマ
チョン・ジョンソクとコン・ヒョジンが胸の手術を控えて病室で再会した。

8月31日放送されたSBS水木ドラマ「嫉妬の化身「3回(脚本ソ・スクヒャン/演出パク・シンオ)でイ・ファシン(チョン・ジョンソク)とピョン・ナリ(コン・ヒョジン)は、並べ胸の手術を前置いた。

ピョン・ナリは酒に酔って放送をしオ・ジョンファン(権海孝)に解雇通知を受けたが、イ・ファシンはオ・ジョンファンに反発し、ピョン・ナリの解雇を防ぐ苦しんでいた。その時刻ピョン・ナリは屋台で酒をより飲み、コ・ジョウォン(コ・ギョンピョ)がそのようなピョン・ナリに近付いた。

ピョン・ナリは先にアナウンサーと一緒にいたコ・ジョウォンを見て誤解"好きなアナウンサー、気象キャスターが何人か」と文句をかけて、「私も服を協賛してくれればならないなるのか」と尋ねたが、コ・ジョウォンは「私の友人や恋人でなければ損をしない」と答えた。

その夜、ピョン・ナリはイ・ファシンの車をタクシーのように拾って帰宅した、イ・ファシンはピョン・ナリを素直に家まで送ってくれた。次の日の朝、コ・ジョウォンは、ピョン・ナリに服を協賛してやろうと電話をかけて出会いを求めましたが、ピョン・ナリは、コ・ジョウォンの本音を知らないまま怒って拒絶した。

その日の午後、ピョン・ナリは家族歴に応じた乳がんの定期検診を控えて病院に行ってモンウルを除去する手術を受けなければならないという診断を受けた。医師は「がんではないだけで放っておけば問題生じる。手術して除去しなければならない」と述べた。

ピョン・ナリは、「これ緩和内面それにしても小さな胸より小さく負う。他の人は育てるあれこれ入れる板にもったいないくやしい」と答えて手術日を取った。その時刻イ・ファシンはやはり乳がん1期と診断され、手術日を取るようになった。

シャツピットを生命のように考えていたイ・ファシン。一方、胸をすべて外れたり、部分切除しなければならないという言葉に不満で、何とか傷が残らないようにきれいに手術くれお願いした。また、イ・ファシンは1カ月後のアンカーオーディションに健康診断書を ​​提出しなければするに心配した。

以来、この日放送末のピョン・ナリは、手術を控えて、病院に入院した、同じ病室を使う他の患者が先に来ていると顔色を見てニュースを流した。続いてピョン・ナリがチャンネルを向けようと、イ・ファシン"チャンネル固定」と言って正体を現わした。

ピョン・ナリは横のベッドの患者がイ・ファシンという事実を知って驚愕した。イ・ファシンとピョン・ナリが並んで豊胸手術を控えて病室で再会しつながる展開に興味を加えた。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「ハムトゥト」キム・ウビン、スジに真実を告白「父を守るために... "

2016-08-31 23:21:49 | kbsドラマ
シン・ジュニョン(キム・ウビン)がノ・ウノ(スジ)にひき逃げ事件の真実を発表した。

KBS 2TV水木ドラマ「むやみに切なく」(脚本イ・ギョンヒ演出パク・ヒョンソク、チャ・ヨンフン)17回が31日夜放送された。

病状が悪化するほど、ますます記憶まで失っていくシン・ジュニョン(キム・ウビン)。だから、多くの時間がないと思った彼はノ・ウノ(スジ)に傷を与えまでより必死にユン・ジョンウン(イム・ジュウン)を誘惑した。交通事故の真実を暴くための行動だった。

ずっとすれ違いだけのシン・ジュニョンとノ・ウノ。しかし、シン・ヨウンオク(ジンギョン)は、二人の心を知っていた。ノ・ウノが取ら眠っている家に息子シン・ジュニョンを呼んだシン・ヨウンオクは桁を避けた。ノ・ウノが目を覚ましたとき、彼女を避けなければならないシン・ジュニョンだが、酔って眠っている彼女だからこそのそばに一晩を過ごすことができた。

チェ・ジテ(イム・ジュファン)は、ユン・ジョンウンに「シン・ジュニョンは目的を持ってあなたに接近したことだ」と警告したが、シン・ジュニョンは「意図的に接近したのが正しい」と毅然と受けた。

チェ・ジテに戻ってこい。それとも10年前、交通事故当時の映像を公開する」は、イ・ウンス(チョン・ソンギョン)の脅迫の中でユン・ジョンウンは「私たちの目的が似ている」とし、シン・ジュニョンと手を握った。このうちシン・ジュニョンは、自分がユン・ジョンウンにプロポーズをする場面をノ・ウノに撮影させる残忍な行動をした。

「愛する人がいなかったのか?その人を愛してそういえばしたのか?」というノ・ウノの質問に、シン・ジュニョンは「記憶が出ない。新しい恋を開始するとき、以前の愛の記憶は、きれいに消す方だ」と答えた。この話に傷を受けて席を外したノ・ウノ。

その間点灯カメラの前でシン・ジュニョンはユン・ジョンウンが過去に犯したひき逃げ事件に言及し始めた。そしてシン・ジュニョンはチェ・ヒョンジュン(ユ・オソン)が自分の父親であることを、彼を保つためにノ・ウノに傷を与えるべきを打ち明けた。ノ・ウノはまさにその場面を見ていた。

一方、インターネット上にシン・ジュニョンに関するチラシが広がり始めた。常習麻薬投薬説だった。デマを流布した背後にはすぐにチェ・ヒョンジュンだった。今の家族を守るために自分のもう一つの血縁である息子シン・ジュニョンを崖っぷちに追い込んだものであった。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「W」真犯人キャッチイ・ジョンソク、ハン・ヒョジュと結婚決心

2016-08-31 23:08:58 | mbcドラマ
イ・ジョンソクが劇中真犯人殺害計画を立てハン・ヒョジュと結婚すると決心した。

8月31日放送されたMBC水木ドラマ「W」(脚本ソン・ジェジョン/演出チョン・デユン)12回でカン・チョル(イ・ジョンソク)は、オ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)の手を握ってウェプトゥン世界から現実世界にやってきた。

それ以来、彼真犯人に顔を奪われてしまったウェブトゥーンWの作家オ・スンム(キム・ウイソン)と再会したが、オ・ヨンジュと一緒にした記憶はまだ取り戻せていない状態であった。ウェブトゥーンを介して接したストーリーだけであることをしている状態であること。

以来、オ・ヨンジュは体力的な疲労を感じ、同僚医師カン・ソクボム(カン・ギヨン)と一緒に病院へ向かったが、その間のカン・チョルはオ・スンムはスタジオモニターを分解してウェプトゥンと現実の世界で通じるドアが消える作り、同じ話が繰り返されないようにオフするためのモニタを使用して真犯人に銃を構えた後、「いっそ死ぬのが良くないのか」と挑発した。

しかし、真犯人は自信満々だった。すでにカン・チョルが殺人濡れ衣を着せられたまま逃亡お世話になって主人公の分量を失っており、消滅の危機に置かれているから。

カン・チョルは真犯人の圧迫にも屈せず、現実の世界に残ってオ・ヨンジュと新しいロマンスに突入した。カン・チョルはオ・ヨンジュに、まずデートの申請をするかというキスをするなど、記憶を失う前カン・チョルの心を感じてみようと努力した。

問題は消えていくカン・チョルの手だった。オ・ヨンジュはカン・チョルが消滅なるかと思って心配を表わし、カン・チョルは「両側オ・スンムと話をしてみた。だから分かった。なぜ我々の計画が失敗したか」と述べた。理由は、自分がウェプトゥンの中のキャラクターという事実をまず実現されたキャラクターがカン・チョルではなく、真犯人だった。

城かむ真犯人が屋上からカン・チョルをナイフで刺し育てた当時真犯人と初めて会って、彼になかった顔をしてくれるものであり、真犯人を主人公にして約束したことが分かった。しかしオ・すんムは現実の世界に帰った後真犯人との約束を守らず、これに真犯人に顔を奪われたことが明らかになった。

問題の本質を悟るようにされたカン・チョルは再びオ・ヨンジュに絵を描いてくれと頼んだ。彼は「あなたの父は、真犯人が死ななければなら戻ってくることができているようで、私は主人公の資格がなくなっていつなくなるかもしれない。まだ方法は一つしかない。あなたの父と私は計画したストーリー。真犯人を保持死ぬなければならない。ように私も父も買うことができる」と述べた。

続いて、 "ちょうど父が書いた最後の場面は、変えたいと思う。最後のシーンは、カン・チョルとオ・ヨンジュが結婚して幸せに暮らすだろう。それが一番の文脈のハッピーエンドではないか。読者が悪口をしてもうがしまいが」とし「ここに実現しました。オソンかむ神ではなかった。神と勘違いしたのだ。五つ無決めることができたのは、本人が作成された登場人物の数つだけ。作家は媒介であるだけで、こことそこは独立した二つの世界」と説明した。

以来、カン・チョルはパク・スボン(イ・シオン)の助けを借りて真犯人が隠れているウェプトゥン中の場所と同じ場所の現実の中の場所を訪れた。彼は「私は漫画の中で私を召喚することができる。ここ漫画の中で」と話した以内ウェプトゥンの中に入って来るのに成功した。真犯人と向き合ったカン・チョルは体当たりを開始し、彼を倒すことに成功し、警察に保持渡した。彼は「犯人を捕まえたから、私は消滅するのは遅くなるだろう」とし「拘置所でいくつかの腐っていなさい」と言った。

一方、現実の世界でオ・ヨンジュはモニターの電源をオンにしてカン・チョルがウェプトゥン中で脱お茶などを描いてくれて幻想の呼吸を自慢した。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

嫉妬の化身」チョン・ジョンソク、乳がん検査の痛みに悲鳴爆発

2016-08-31 23:04:48 | sbsドラマ
チョン・ジョンソクが乳がん検査を受け笑わせも悲しい状況を演出した。

8月31日放送されたSBS水木ドラマ「嫉妬の化身「3回(脚本ソ・スクヒャン/演出パク・シンオ)でイ・ファシン(チョン・ジョンソク)は、乳がんの検査を受けた。

イ・ファシンは接触事故のために整形外科に行って、これまで無視してきたピョン・ナリ(コン・ヒョジン)の言葉通り、乳がんの疑い所見を聞いて、乳がん検査まで受けた。

超音波検査の結果、医師は、「超音波で結節が白く見える。組織検査までしなければならない」と述べ、そのためイ・ファシンの検査がより長くなった。イ・ファシンは検査を受け、胸をブラッシング通過機械のための痛みを訴えた。

医師は「痛いほど胸に弾力性があるだろうし痛いほど若いということだ。赤ちゃん産むゴエ比べると100分の1にもならない」とすっきりし述べ、イ・ファシンの痛みをこらえられなくて悲鳴を上げた。

イ・ファシンの悲鳴と一緒に様々なフルーツやクルミが割れ映像がイ・ファシンの痛みを推測することで、笑いを誘発笑わせても悲しい状況を作った。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「ハムトゥト「キム・ウビン、スジ、切ない一晩...いい言葉ず

2016-08-31 22:51:54 | kbsドラマ
シン・ジュニョン(キム・ウビン)とノ・ウノ(スジ)が切ない一夜を一緒に過ごした。

KBS 2TV水木ドラマ「むやみに切なく」(脚本イ・ギョンヒ演出パク・ヒョンソク、チャ・ヨンフン)17回が31日夜放送された。

病状が悪化すればするほど、ますます記憶まで失っていくシン・ジュニョン。だから、多くの時間がないと思った彼はノ・ウノに傷を与えまで必死にユン・ジョンウン(イム・ジュウン)を誘惑した。交通事故の真実を暴くための行動だった。

ずっとすれ違いだけのシン・ジュニョとノ・ウノ。しかし、シン・ヨウンオク(ジンギョン)は、お互いを見つめる二人の心を知ることになった。ノ・ウノが取ら眠っている家に息子シン・ジュニョンを呼んだシン・ヨウンオクは慌てて席を避けてくれた。ノ・ウノが目を覚ましたとき、彼女を避けるシン・ジュニョンだが、酔って眠っている彼女だからこそのそばに一晩を過ごすことができた。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「嫉妬の化身」コン・ヒョジン♥チョン・ジョンソク、微妙なロマンス始まった...」ときめき」

2016-08-31 22:50:17 | sbsドラマ
'嫉妬の化身」コン・ヒョジンとチョン・ジョンソクの微妙なロマンスが始まった。
31日午後放送されたSBS水木ドラマ「嫉妬の化身」(脚本ソ・スクヒャン、演出パク・シンオ)3回では、ピョン・ナリ(コン・ヒョジン)が放送局から解雇された後、イ・ファシン(チョン・ジョンソク)が家に連れて行ってくれる姿が描かれた。
ナリは、お酒を飲ん放送をしたもののためにオ・ジョンファン(権海孝)に解雇された。ファシンはナリを訪ね心配しながらもきつい言葉をし、最終的にはナリはファシンに「記者様の胸にもはや興味はない」とこぼして送った。

最終的にはナリは単独で酒を飲んで失業の痛みを和らげる必要がありました。以後酒に酔った姿でタクシーだと思ってファシンの車を取りファシンはナリを連れて行ってもらおうと、タクシーのふりしたが、実際にはナリはタクシーではなく、ファシンであることを知っていた。

ファシンはナリを家に送っながらナリの衣装まで気を書いた。露出が多く衣装に自分のジャケットを脱いで与え、二人は「これが最後ですね」と述べ、別れを惜しんだ。どうのこうのしながらも妙なロマンスを抱いていた二人だった。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「W」イ・ジョンソク、顔のないギムウイソンと再会 "ハン・ヒョジュの記憶アンナ"

2016-08-31 22:41:51 | mbcドラマ
イ・ジョンソクが劇中の顔のないキム・ウイソンと再会した。

8月31日放送されたMBC水木ドラマ「W」(脚本ソン・ジェジョン/演出チョン・デユン)12回でカン・チョル(イ・ジョンソク)は、オヨンジュ(ハン・ヒョジュ)と一緒に、現実の世界に移動した。

カン・チョルはオ・スンム(キム・ウイソン)に会いたいと話し、オ・ヨンジュは「お父さんが描いたつもりはない。私の父は濡れ衣被せてない。誤解しないではいけない」と述べた後、彼はオ・スンムを連れて行った。

ベッドに横たわっているオ・スンムの顔は、ウェブトゥーンの真犯人に顔を奪われた状態。カン・チョルは「なぜこんなに・マン・ウォーキング」と尋ねオ・ヨンジュは「私も知らない。数時間ならなかった。そこは一ヶ月が過ぎたが。私を乱れている」と述べた後、倒れた。

続いて、精神を取り戻したオ・ヨンジュは、「私を覚えてするのか。今覚えてのか」と尋ね、カン・チョルは「ない。推測は試みている。漫画の中のカン・チョルの心を。オ・ヨンジュさんが変わっていないから、私はすぐに分かるようにされていないか。そのビョンマトような魅力が何であるかを」と答えた。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「W」イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ手を握って、現実の世界に進んできた

2016-08-31 22:20:30 | mbcドラマ
イ・ジョンソクがハン・ヒョジュ手を握って、現実の世界にやってきた。

8月31日放送されたMBC水木ドラマ「W」(脚本ソン・ジェジョン/演出チョン・デユン)12回でカン・チョル(イ・ジョンソク)は、自身がウェブトゥーンWの存在を知っているという事実をオ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)に発表した。

カン・チョルはWコミックを見せて「ここで見た。表情見たら、この漫画は非常によく知っているように見える。ここで見た。オ・ヨンジュさんの夫がぎくしゃくしてぴったり4つしてくれてなくなるだろ。ちょっとみじめな奴上昇。せいぜい結婚しておいて女にので、調整のか」とし「ストーリーがエキサイティングだったよ。鋼がかわいそうだったり馬鹿だったり、私のようだ」と話した。

続いてカン・チョルは、以下の内容を知るまで刺繍をすることができなかったと打ち明けた。彼は「この次のカン・チョルとオ・ヨンジュはどのようになるのか。カン・チョルは永遠にオ・ヨンジュを忘れか。答えてくれ。突然なくなった場合、夫がナニャ」と尋ねた。

この時、カン・チョルとオ・ヨンジュが立っていた後ろに現実への扉が現れた。彼は「答えにくい綿のように出て確認してみましょう」とドアを通って、現実の世界に移動した。オ・ヨンジュは「私は本当にハッピーエンド勝つバー欲だけなのに。私は本当に知らなかった」と明らかにした。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

「明日君と「シン・ミナ・イ・ジェフン台本リーディング、すでに期待される「カップ​​ルケミ」

2016-08-31 10:05:24 | ドラマ
「明日君と「台本リーディング現場が公開された。

ケーブルTV tvNグムトドラマ「明日君と」(脚本ホ・ソンヒェ・演出ユ・ジェウォン)製作陣は31日台本リーディング現場を公開して本格的な撮影を発表した。

「明日君と」は、時間旅行者と彼の若々しい妻が繰り広げる甘く殺伐ファンタスティックロマンス物である。ドラマ「オー私の鬼さん」「高校処世王」などを演出して実力を認められたユ・ジェウォン監督と「太陽はいっぱい」、映画「私の妻のすべて」を執筆したホ・ソンヒェ作家が意気投合した作品である。ここで時間旅行者の妻ソンマリン役は俳優シン・ミナが、時間旅行者ユ・ソジュン役はイ・ジェフンが務めながら、放送前から焦眉の関心を集めている。

このうち29日、ソウル上岩洞で「明日君と「チームは台本リーディングを行った。この日ユ・ジェウォン監督は俳優とスタッフたちに向かって「良い作品を一緒にしてくれて感謝する"は、心からの感想として台本リーディングの序文を開いた。愉快なユ・ジェウォン監督のリードで始まった台本リーディングは感嘆詞が出てくるほどの俳優たちのリアルな演技と呼吸で現場を熱くした。

「ロコ女神」シン・ミナは愛嬌いっぱいながらもしらじらしい演技を広げた、声だけでもガタガタイ・ジェフンは、前作「シグナル」とは、拡張変わった演技色で視線を集めた。特有の愛らしさで武装したシン・ミナと「明日君と」を使用して最初のファンタスティックロマンス水に挑戦するイ・ジェフンの呼吸で仕事への期待感を一層高めた。どう ​​のこうのしながらも、あれやこれやぎくしゃくロマンスを披露するシン・ミナとイ・ジェフンは、来年初めに「三ジェルイェ(世界一番きれいなの略)」カップルで特急「ケミ」を予告している。

この日現場にはユ・ソジュン(イ・ジェフン)の友人であり、同じ会社企画チーム長カン柱駅の川の柱、NGO団体建築チーム長シン・セヨン役のパク・ジュヒ、キム・ヨンジン役のベク・ヒョンジン、ソン・マリン(シン・ミナ)」のライバルのような同級生イ・ゴンスク役のキム・イェウォン、セヨンのお父さんであるシン・ソンギュ役のオ・グァンロック、マリンの母である車副審駅のイ・ジョン、ヅシク駅の趙漢喆など個性の強い俳優たちが一緒にして、現場の雰囲気を盛り上げた。

100%事前製作で行われる「明日君と」は、台本リーディングをはじめと来月クランクインに入って2017年に最初のグムトドラマで視聴者を訪ねる。

韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント

コンユからユ・インナ・育成材まで、「​​鬼」の5人のラインナップ確定

2016-08-29 10:50:58 | ドラマ
俳優ユ・インナビツビ育成材「鬼」に出演する。これにより、主な俳優5人衆が確定した。

tvN関係者は29日OSENに「ユ・インナ出て育成材「鬼」に出演する」と明らかにした。

これにより、ユ・インナと育成材先立って出演を確定したコンユ、キム・ゴウン、イ・ドンウクと演技呼吸を合わせることになった。これらは、本格的な撮影に先立ち、30日台本リーディングを有する。

「鬼」は不滅の人生を終了するには、人間の花嫁が必要な「守ろうとする者」鬼と記憶喪失にかかった」連れて行く者」死神の奇妙な同居を大事にする。

運命と呪いそのどのあたりで出会った鬼と死神がこの世を去る死者を送り出す、神秘的な高騰万悲しく、以上が、美しい日常を描き出す予定で、キム・ウンスク作家が執筆を、イ・ウンボクPDが演出を務める。来る12月放送予定である。
韓国ドラマ ブログランキングへ -->
コメント