韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「タンタラ「カン・ミンヒョク再び歌う、チソンに「10年を越えて私とてくれた"肯定的に回答

2016-04-28 23:40:28 | sbsドラマ
「タンタラ「カン・ミンヒョクが心を変えて食べた。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「タンタラ'(脚本ユ・ヨンア・演出ホン・ソンチャン、イ・グァンヨウン)4回でチョン・ハヌル(カン・ミンヒョク)がチョン・グリン(ヘリ)の説得に、最終的に歌手の夢を継続することにした。

この日のチョ・ハヌルはシン・ソクホ(チソン)から自分が子供の頃シン・ソクホと書いた契約書を受けて涙をソトアトジ万曲をするという考えはなかった。

しかし、TVでイ・ジヨンを見るなり、「なぜ私子あそこか」とショックを受けた。これチョン・グリンは、「お前の歌しろ」と言って、チョ・ハヌルは、「じゃあ姉が怪我をしてソクホ兄が触れた」と内心を表わした。

これチョン・グリンは "それから私はいく」とし「私の両親亡くなり、ここ来た時、死んだ息子に代わってきれいな娘きたお前ならせてくれた家庭教師させながら大学も送ってくださった。しかし、私はあなたの障害であれば、独立したい」と述べた。結局チョ・ハヌルはチョン・グリンをつけつかみ "行こう、ソウル。私の歌よ」と語った。

以来、チョ・ハヌルはシン・ソクホと会った屋上の手すりでハヌルの兄に「ソクホ兄を送ってくれてありがとう」としシン・ソクホに電話して「10年を越えて、あなたが来てくれた。今、私は行く」と述べた。
コメント

「グッドミブル」イ・ジヌクムン・チェウォン、非表示にすることができない愛」のようないよう」

2016-04-28 23:40:13 | mbcドラマ
「グッバイミスターブラック」イ・ジヌクがムン・チェウォンの心を表現した。

4月28日放送されたMBC水木ドラマ「グッバイミスターブラック」14回(脚本ムン・フイジョン/演出ハンギムソンウク)でチャ・ジウォン(ブラック/イ・ジヌク)とキム・スワン(ムン・チェウォン)が別れた後も、お互いに対する愛情を表わした。

キム・スワンは、自分の父親がバックは、図(チョン・グクファン)であるという事実にチャ・ジンウクに別れを告げた。株主総会の日のバックは、図娘出席したキム・スワンはミン・ソンジェ(キム・ガンウ)にユン・マリ(ユ・イニョン)の離婚訴訟の事実を知らせ不正事件について圧迫するインタビューを進行した。

株主総会が終わった後、チャ・ジウォンは、キム・スワンに「この世にいないと思ったあったよ。キム・スワン記者様素晴らしかった」と白鳥のネックレスをプレゼントした。

キム・スワンは「私のためでは利用ごとにしないでください。あきらめずに」と呼びかけたチャ・ジウォンは「お前も私を待たない。今、私は待ってる」と切ない心を表現した。

その日の夜のチャ・ジウォンは、バックは、図の家に隠れて入ってキム・スワンに「ごめん。私はあなたの釘待ちない。時間がない。私と一緒にいよう。行こう」と語った。
コメント

「タンタラ「チソン探偵変身、カン・ミンヒョクに囲まかぶせホ・ジュンソク秘密が明らかに出そうか

2016-04-28 23:34:13 | sbsドラマ
「タンタラ「チソンがカン・ミンヒョクのために探偵に出た。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「タンタラ'(脚本ユ・ヨンア・演出ホン・ソンチャン、イ・グァンヨウン)4回でシン・ソクホ(チソン)がチョ・ハヌル(カン・ミンヒョク)を痴漢で作成されたイ・ジヨンを訪ねて行った。

この日キム・ジュハン(ホ・ジュンソク)とイ・ジヨンの間にある種の取引あったという事実に気づいたシン・ソクホはイ・ジヨンが所属するトゥインクルを訪ね兆空を言及してイ・ジヨンと話を交わすようになった。

イ・ジヨンはシン・ソクホにとげを立てて自分自身を守るしようとしたシン・ソクホは「底円因果応報というのがあったよ。もっと大きく傷つける前の機会を与える」と彼を説得しようとした。
しかし、イ・ジヨンは「傷のない戦争がどこにあるの。戦って見なければなら知っているだろう、誰が勝つかは」としシン・ソクホは、「これだけ注意してください。私は明らかに機会を与えただろう」と言って、それシン・ソクホが登場し、二人の会話を壊した。

シン・ソクホはキム・ジュハンに「告解社が思ってきたが、金が落ちてしまう」とし「チョン・ハヌル、イ・ジヨンその何日あったのか先に行く」と尋ねた。シン・ソクホは「その日の犯人がチョン・ハヌルではないことを知ってきたものである。なぜそうした、誰。なぜそうしたチョン・ハヌルに知らせる」と犯人を尋ねキム・ジュハンは「頭が悪くて答えを探せない。考えたらその時言われたい」と当意即妙に答えた。

しかし、シン・ソクホは「私かい。吸着前に吹きなさい。食いつくない置くこと知っている?」と彼圧迫しキム・ジュハンは「兄がブルドッグの件知る今は狂った犬のようだ」と応酬した後、振り返った。
コメント

「グッドミブル」ユ・イニョン、キム・ガンウ離婚訴訟」が正しく後頭部」

2016-04-28 23:34:02 | mbcドラマ
「グッバイミスターブラック」キム・ガンウがすべてを失う危機に瀕している。

4月28日放送されたMBC水木ドラマ「グッバイミスターブラック」14回(脚本ムン・フイジョン/演出ハン・ギムソンウク)でユン・マリ(ユ・イニョン)がキム・スワン(ムン・チェウォン)を呼び出した。ユン・マリは「お願いがある。ぜひ聴いてほしい」と話した。

キム・スワンは、バックは、図(キム・グクファン)の家に入って、株主総会までに出席した。しかし、ミン・ソンジェ(キム・ガンウ)が会場となってチャ・ジウォン(イ・ジヌク)が5年前にタイのガス開発事業の不正を暴露しましょうキム・スワンは「パンダのキム・スワン記者だ」と言って立ち上がった
キム・スワンはその間ユン・マリの離婚訴訟の記事を出しミン・ソンジェに「就任希望とすぐ忙しくなるようだ気持ちがどうなのか。5年前、タイ事件犯人も探しユン・マリ理事長との離婚訴訟も希望。ああ、離婚訴訟の記事は釘見たの」と言ってミン・ソンジェを当惑させた。

キム・スワンは「離婚後の財産の分割をすると、会社経営と株式に大きな影響を与えるようだソヌグループ掌握可能ハゲトニャ」と尋ねユン・マリの弁護人は「すでに処分禁止の仮処分申請をしておいた状況である。本人の財産をユン・マリ理事長の同意なしに処分することができない」と警告した。

ミン・ソンジェはすべてを失う危機に瀕している。
コメント

「グッドミブル」イ・ジヌクの反撃、キム・ガンウ - キム・グクファン後頭部た

2016-04-28 23:30:01 | mbcドラマ
「グッバイミスターブラック」イ・ジヌクの反撃が始まった。

4月28日放送されたMBC水木ドラマ「グッバイミスターブラック」14回(脚本ムン・フイジョン/演出ハン・ギムソンウク)でソヌグループ新会長選任のための株主総会が行われた。

メディアでは、チャ・ジウォン(ブラック/イ・ジヌク)、ミン・ソンジェ(キム・ガンウ)、バックは、図(チョン・グクファン)のソヌグループの新しい所有者が誰になるか高い関心を見せた。

チャ・ジウォンは、バックは助けの手を握る代わりに5年前ソヌグループのガス開発入札不正を抜け出すことにした。しかし、株主総会の日キム・スワン(ムン・チェウォン)が、バックは助けに現れチャ・ジウォンは、キム・スワンこのバックは、図娘であることを知った。

バックは、図は、ミン・ソンジェに「チャ・ジウォンをスライドさせてやる。チャ・ジウォンが私を絶対に攻撃することができない強固な盾、私の娘」と呼ばれ脅迫し、自分が何をしたいもらうと述べた。バックは、図は、チャ・ジウォンにも「私は必要に応じて先に行く」と言った。

このような中でミン・ソンジェは、一般株主の株主総会への出席を阻止し形勢はチャ・ジウォンに不利になっていった。さらに悪いことミン・ソンジェはバックは、図に「ソヌグループは、私が持って複合カジノリゾートせたい」と連絡した。バックは、図では株主にミン・ソンジェを押すと言っ文字を回した。
チャ・ジウォンは、自分に発言の機会が来ると、 "文字はよく、それらを確認したのか。私を含め何人かの方が、文字を受け取っていないようだ。その文字が本当に気になる。すでに株主の方々の心は決まったようだから、私の発言は、ここで終わらせる」と言って皆を驚かせた。

株主総会の投票が始まった次期会長はミン・ソンジェで決定された。しかし、ミン・ソンジェが所感を語るの間のチャ・ジウォンが用意した資料が公開された。大画面に公開された資料のすべてが驚きチャ・ジウォンは、「5年前、タイガス開発入札書類の記憶のか」と尋ねた。

チャ・ジウォンは、「ミン社長がやるべきことを申し上げるのだ。この材料は、外部に流出されると、大きな波紋を呼ぶのだ。この場にいる誰かは責任を負わなければならない。5年前、タイのガス開発事業に関連する誰もが。ミン・ソンジェ会長、ソヌグループ会長として初めてなければならないことは、この悪質な日を計画して主導した人が誰なのか明らかにすることだ。忘れない。ここに私たちのすべてがこの事件から自由ではない」と述べた。
コメント

「タンタラ「チェ・ジョンアン、チソン望むヨトネ「新郎ならともかく、"満足げな微笑

2016-04-28 23:14:34 | sbsドラマ
「タンタラ「チェ・ジョンアンがチソンの本音を現わした。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「タンタラ '(脚本ユ・ヨンア・演出ホン・ソンチャン、イ・グァンヨウン)4回で開き、ミンジュ(チェ・ジョンアン)がシン・ソクホ(チソン)の心を表わした。

先に合わせた与えるシン・ソクホが作るアルバムに投資したが、結果が出なくて代表に小言を聞かなければならた。ヨ・ミンジ与える代表のせきたてるに、最終的に「メンバー構成がうまくいかないようだ」とし、バラードデュエットかという問いに、バンドと告白した。

これ代表はギルギルイ日走っ合わせた与えるすべてのことを裏返し書きながらまでシン・ソクホを保護した。これを知ったチャン・マンシク(チョン・マンシク)は、以上のミンジュに「何を君だかぶって騒動のか」とし「ラグーンは、4人の息子もなるのか」と尋ねた。

彼の言葉にミンジュは「私の息子であれば、金が落ちてしまう。新郎ならともかく、 "と微笑んでシン・ソクホの心を素直に表わした。
コメント

「タンタラ「チソンカン・ミンヒョク囲ま書いたと確信、真実究明出た

2016-04-28 23:02:58 | sbsドラマ
「タンタラ「チソンがカン・ミンヒョクが濡れ衣を書いたことを確信していた。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「タンタラ'(脚本ユ・ヨンア・演出ホン・ソンチャン、イ・グァンヨウン)4回でシン・ソクホ(チソン)がチョン・ハヌル(カン・ミンヒョク)を痴漢で香ばしいイ・ジヨンが自分の前所属事務所にいるという事実を知ることになった。

この日のこの日、チョ・グリン(ヘリ)はシン・ソクホにK-POPに行く理由がセクハラ被害者ジヨンからとしチョン・ハヌルが不当に濡れ衣を書いたと述べた。

ジヨンと弟、チョン・ハヌルが一緒に使っていたアジトにチョン・ハヌルが夜遅く忘れてしまったものは、探しに行ったジヨンが破壊される様子を見たこと。しかし、チョン・ハヌルは誰かの襲撃を受けて精神を失い、ジヨンの申告により、痴漢に追い込まれたことがチョ・グリンの説明。


これに加えてシン・ソクホはキム・ジュハン(ホ・ジュンソク)がジヨンが所属された事実をくらましものまで知った後すぐに事実確認に乗り出した。すぐにシン・ソクホはイ・ジヨンが釜山でのテジクッパというニックネームを持つようになった、8年の間に練習生としてデビューを準備してき元ルナがパートを分けることに不満を持って出て行きイ・ジヨンがルナと呼ばれる活動名を持つようになったということが分かった。

シン・ソクホは8年練習生がいくという言葉にキム・ジュハンが簡単に契約解約をしたということと、瞬く間にガールグループ桁を横取りしたイ・ジヨンの間に秘密があるという事実を知っているチェトゴルナはシン・ソクホと会って"キム・ジュハン取締役がイ・ジヨンに押されたのがあるだろう」と皮肉つけシン・ソクホの注目を集めた。
コメント

「グッバイミスターブラック」ムン・チェウォン、チョン・グクファン実の娘のアイデンティティを受け入れた

2016-04-28 22:56:38 | mbcドラマ
「グッバイミスターブラック」のムン・チェウォンが自分のアイデンティティを受け入れることを決めた。

28日夜放送されたMBC水木ドラマ「グッバイミスターブラック」(脚本ムン・フイジョン演出ハン)14回では、キム・スワン(ムン・チェウォン)が自分の父親であるバックは、図(チョン・グクファン)の家に入って、自分の決意を語る姿が描かれた。

キム・スワンは「この家に入ってきて生きる」と述べた。キム・スワンはこれに対して、「どうせ秘密守られアンウシルだろうし皆知っているとき、私は行くところがないように思えるぬいぐるみ」と現実を受け入れるという強い姿を現した。

バックは、図では「やはり私の娘だよ」と笑って "はい、今は私恨めしいだろう。しかし、時間が経過すると、私は、なぜこうだったのかだ知るようになることだ」と述べた。

続いてキム・スワンは、バックは、図に「ウニョンという名前で召されるのなら、それに見合った待遇してくれ」と苗の要求条件を掲げて視聴者たちの緊張感を増幅させた。スワンは、最終的に「ブラック」のチャ・ジウォン(イ・ジヌク)を支援するために、バックは、図の実の娘としてソヌグループの株主総会に出席したいし、影響力を行使する見込みである。
コメント

「グッバイミスターブラック」イ・ジヌク、ムン・チェウォン出生の秘密を知った」驚愕」

2016-04-28 22:55:43 | mbcドラマ
「グッバイミスターブラック」イ・ジヌクがムン・チェウォンの秘密を知った。

4月28日放送されたMBC水木ドラマ「グッバイミスターブラック」14回(脚本ムン・フイジョン/演出ハン・ギムソンウク)でチャ・ジウォン(ブラック/イ・ジヌク)がバックは、図(チョン・グクファン)を打つことにした。

ゴ・ソンミン(イ・ウォンジョン)は、チャ・ジウォンにソヌグループ会長になるために、バックは助けの手をキャッチと勧めましたが、チャ・ジウォンは「反対だ。代わりに、5年前のガス開発入札不正打撃者」と語った。ゴ・ソンミンは「お前が会長になる前に、ソヌグループが一発で飛ぶことができる」と驚いたがチャ・ジウォンの意味はしっかりした。

キム・ジリュン(キム・テウ)もこれを支持したがチャ・ジウォンに「思わぬ変数が起こるか分からないから、心しっかり食べなければならない」と述べた。

チャ・ジウォンは、「恐怖与えないでください。スワン(ムン・チェウォン)大丈夫。バックは、図に知らせるなぜ行ったのか尋ねたところ答えないよ。父の話を聞いか。それも私に言っていないよ」と尋ねた。これキム・ジリュンは「スワンが押し出しでたら問うと」と答えを避けた。

以来、ソヌグループ新会長選任のための株主総会が行われた。バックは、図では、株主総会の日、キム・スワンを連れて来て、「私の娘ぺク・ウンヨンである」と紹介した。チャ・ジウォンは思わぬキム・スワンの登場に大きく驚いた。
コメント

「タンタラ「カン・ミンヒョク性的虐待事件後、隠れた秘密は?チソン感た

2016-04-28 22:51:28 | sbsドラマ
「タンタラ「カン・ミンヒョクが痴漢に追い込まれた事件にどのような秘密があるか。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「タンタラ '(脚本ユ・ヨンア・演出ホン・ソンチャン、イ・グァンヨウン)4回でシン・ソクホ(チソン)がチョン・ハヌル(カン・ミンヒョク)が痴漢に追い込まれた顛末について聞くされた。

この日のチョ・グリン(ヘリ)はシン・ソクホにK-POPに行く理由がセクハラ被害者ジヨンからとしチョン・ハヌルが不当に濡れ衣を書いたと述べた。

ジヨンと弟、チョン・ハヌルが一緒に使っていたアジトにチョン・ハヌルが夜遅く忘れてしまったものは、探しに行ったジヨンが破壊される様子を見たこと。しかし、チョン・ハヌルは誰かの襲撃を受けて精神を失い、ジヨンの申告により、痴漢に追い込まれたことがチョ・グリンの説明。

これに加えてキム・ジュハン(ホ・ジュンソク)がジヨンが所属された事実をくらましものまで知ったシン・ソクホは「キム・ジュハンが隠しているというのか。どうやら私は知っているもたらした」と直接出て事件の真実を学ぶた。
コメント