札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

自家製インスタント味噌汁

2012-02-14 17:00:00 | 医療・健康
2010.8.3に↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3002624
↑「インスタントもどきの味噌汁」として書きました。
あの時は、味噌と昆布茶か粉末昆布をお椀に入れて、そこに熱湯を注ぐというような、単純なものでした。
ただ、これでは出汁が今一なんですね。
この前たまたまラジオを聴いていると、発酵食品の専門家らしい人が、話をしてました。
その人が、自家製インスタント味噌汁の簡単な作り方を、話していたのです。
つまり、容器に味噌と、昆布や鰹節や煮干などなど、出汁を取るためのものを混ぜて入れておくと、発酵が進むことで、麹が時間をかけてゆっくりと出しを取ってくれて、三日どでインスタントの味噌汁になるということです。
ただ白味噌だと、その間冷蔵庫に入れておかなければならないとのことです。
もちろん使用する味噌は、少なくとも防腐剤など、その他保存料に類する添加物が入ってなく、麹が生きている味噌でなければなりません。
私も早速試してみました。
出汁には、昆布の粉末です。
最低三日以上冷蔵庫に入れておきますが、これなかなかいけます。
具には、乾燥ワカメやとろろ昆布、その他、あらかじめネギなどきざんで用意しておいたりです。
まだやってませんが、切干大根もいいと、ラジオで言ってました。
ある意味においては、煮立てた味噌汁だと、麹が死んでしまいますから、この方が麹菌があまり死ぬことなく、摂取することが出来ます。
また、酵素は50℃ぐらいで破壊されてしまうそうですが、まだ熱湯を注ぐだけの方が、酵素もあまり破壊されることなく摂取出来そうです。
市販のインスタント味噌汁は、味噌汁だからといって、けして体に良いものとは言えません。
しかし、この方法で作りおきしておくと、インスタントでありながら、天然の出汁で、そして素材に注意するならば無添加ということで、体に良い味噌汁ということになりますね。
にほんブログ村 札幌情報




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蝦夷鹿肉 | トップ | 初めて天理教の葬儀に参列 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは確かに身体に良さそうですね! (ウリボー2号)
2012-02-14 22:38:20
味噌に混ぜ込む、昆布や鰹節や煮干は、すべて粉末にするのですか?
ウリボー2号さん。 (黒沼一也)
2012-02-15 09:36:41
ラジオでは、粉末にしなければならないようなことは、言ってませんでした。
僕は煮物などによく昆布の粉末を使うので、たまたま手元にあったということですね。
Twitterでも書いたように、昨日は「煮干の日」だったので、煮干を買いました。(笑)
今煮干を粉末にしないでそのままで、試してみてます。
三日後が楽しみです。

医療・健康」カテゴリの最新記事