札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

キリスト教教派間の溝

2017-10-31 23:59:59 | キリスト教
今日のキリスト教、特にプロテスタント内の教派間の溝は、地域性や年代によって、少しずつ変わってきているように感じます。
私は1990年代半ばから10年ちょっと、通っていた自分の教会に留まりつつも、聖霊運動に片足突っ込んでいました。
当時の私の印象として、1990年代ぐらいまでは、聖霊派と非聖霊派間に、はっきりした溝が在りました
聖霊派の人達が「非聖霊派」の事を、「福音派」と呼んでいたほどです。
もちろん非聖霊派=福音派ではないのですが、当時私も知らず知らずにその様な意味合いで使っていた事もないでもないです。
それがリバイバルミッションが全盛期の頃、そして聖霊運動の「第三の波」の存在が目立ってきました。
その後は福音派と聖霊派がお互い接近し合ってますが、それらの教派は「逐語霊感説」という聖書解釈で纏まれるのかもしれませんが、やはり当然リベラル派からしてみれば、逐語霊間説は受け入れがたいので、そこにまた溝が出来てしまっているというのが、私の印象です。
数年前札幌で、フランクリン・グラハムを呼んで、超教派で集会が行われました。
決起集会が行われていた頃、うちの教会に関係者がレーナ・マリアを伴ってアピールに来ましたが、自分としては違和感があったし、うちの教会がその集会に曲がりなりにも関わったのに対して、私はかなりの躓きになってしまいました。
2013年10月6日の記事、コメントも含めて参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52385006.html
この事で、私は8ヶ月ほど教会に行かなかったほどです。
案の定といいますか、うちの教会員がフランクリン・グラハムがどのような人物なのか知らないでその集会に行き、違和感を感じて帰ってきました。
やはり、リベラルな立場とファンダメンタルな立場では、纏まりようがないというのが、私の率直な感覚です。
とはいえ、纏まる事が出来なくても、お互い足の引っ張り合いはすべきではないでしょうね。
カルト化した教会は、また別な話しですが・・・・。
今では私もそれらの違いをそれなりに理解しているので、ファンダメンタルなクリスチャンの人達と議論するつもりもないし、ネット上においても、わざわざそこに出向いていちゃもんをつける事もしません。
リベラルな人達が集う所に、ファンダメンタルな立場の人が現れて議論をしてきたりすれば、当然激しい言い争いにもなるでしょうし、また逆もありです。
それだけに、たまにありますが、私のこのブログに反論するコメントが書き込まれれば、それを排除はしないものの、それ相応に私の立場は表明します。
相手が何時までも反論してきて終わりが見えないようだと、私のブログでなく他でやるよううながしますし、実際そういうこともありました。
立場の違うクリスチャンに対して、普段真面目そうな、女性であれば、普段優しそうな姉妹が、いきなりヒステリックになるなんて事もしばしば見られます。
はなはだしいものになれば、お互い悪魔・サタン呼ばわりです。
意外とその様な人は、自分の信仰に自信が無い、だから人に指摘されると揺らいでしまうのかもしれません。
ヨハネ 21章
21節: ペテロはこの弟子を見て、イエスに言った、「主よ、この人はどうなのですか」。
22節: イエスは彼に言われた、「たとい、わたしの来る時まで彼が生き残っていることを、わたしが望んだとしても、あなたにはなんの係わりがあるか。あなたは、わたしに従ってきなさい」。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスラエルビール】 マカビー 330ml
価格:490円(税込、送料別) (2017/7/22時点)





霊波之光のマダム達1年4ヶ月ぶりに来ました・3 (今回はまずはここまで。)

2017-10-24 23:59:59 | 宗教・カルト問題
前回の続きです。
2年前にも言われましたが、
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52453831.html
確か7月8日だったかが、祈願を受けるのは何時もは有料だけど、この日だけは無料で祈願が受けられるから、前に行った、札幌市厚別区青葉町に在る、彼らが教会としている、霊波之光の札幌支部に行かないかと、言われました。
前と同様、その日は平日だけに、仕事を休む訳にはいかない事を言うと、朝早く言って、仕事を始める時間までには、ここ当鍼灸院に戻ってこれると、彼女達は言いました。
もちろん断りました。
ところでこの前、中央区南20条西13丁目、西屯田通沿いに有る、霊波之光の施設である、いわゆる
札幌中央実践者センター参拝所
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13145854698
の前を通りましたが、門は開いてなく、相変わらず人がいる感じはなさそうでした。
という事で、今年4月から5月にかけて4回ほど彼女達お見えになりましたが、今回はこんな感じです。
また何か動きがあれば、様子を見ながらではありますが、霊波之光シリーズを、再開するかもしれません。



霊波之光のマダム達1年4ヶ月ぶりに来ました・2 (続き)

2017-10-21 19:11:41 | 宗教・カルト問題
前回の続きです。
今回は、Aさん
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52452393.html
は、確か4月29日に一度来ただけで、多くの場合Dさん
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52452809.html
それとEさん
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52452919.html
とで二人で来た事が殆どだったかと思います。
お二人とも前に来られた事はありませんでした。
そして、私の仕事が日曜日休みなら、札幌市厚別区青葉町の、霊波之光の教会に行かないかと誘われましたが、当然私は自分の教会に行かなければならないからと言って断りました。
またある時は、霊波之光の名言集とでもいいますか、「聖訓」と呼ばれる点字の小冊子を持って来られました。
ざっと読みましたが、すぐ飽きてしまいました。
彼らにとっては、ありがたいお言葉なんでしょうけどね。
今度来られたら返さなければと思ってますが、しばらく来られてないので、それまで無くさずに大事にとっておかなければなりません。(笑)
と、長くなりそうなので、次回に譲ります。
(続く。)




霊波之光のマダム達1年4ヶ月ぶりに来ました (霊波之光シリーズ再開)

2017-10-14 23:59:59 | 宗教・カルト問題
2016年12月6日に
「霊波之光信者のマダム達が来なくなってから1年」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52470877.html
として書きましたが、マダム達、今年の4月10日に久しぶりに来られました。
1年4ヶ月ぶりというところでしょうか。
(以下Twitterからです。)
 
 ↓

4月10日
1年4ヶ月ぶりに霊波之光のおばさん達来た。
まだ懲りてなかったのかな。(笑)
霊波をブログネタにしたが、おそらく教団関係者は呼んでいるものと思う。
こちらのコメント欄の書き込み、IPアドレスからして、例波教団関係者と思われる。
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52454304.html
もし教団関係者からお叱りを受けていたとしたら気の毒だと思ったが、そこまでいってなかったのかな?
それにしても新宗教の勧誘に来るのはおばさんばかり、若いお姉ちゃん信者来てくれないのかな?(笑)

4月24日
 
1年4ヶ月ぶりに霊波之光のおばさん達来た事を、2週間前に書いたが、教また来た。
こっちもそろそろ本気モードにならなければならないかな。
もうおばさん達はいいから、若いお姉ちゃん信者来てくれる事を期待したい。(笑)
 
4月29日

24日に、霊波之光のおばさん達また来た事を書いたが、さっきまた来た。
そろそろまたブログで、霊波シリーズ再開する事になるかも。
それにしても毎度の事だが、もうおばさん達いいから、どうせなら若いお姉ちゃん信者に来てもらいたいものだ。(笑)
 
5月30日 

昨日一月ぶりに霊波之光のおばさん達来た。
これから患者さん来ると言っても、話を続けなかなか帰らない。
何時もと違い白衣着ているのだから、忙しい事を分かってもよさそうなのに
毎度の事だが、もういいかげんおばさんはいいから、若いお姉ちゃん信者来てもらいたいものだ。(笑)
 
(↑以上Twitterからです。)
相変わらず品の無い書き方ですいません。(笑)
前にも書きましたが、私が勧誘を受けた事をブログのネタにして書いてしまって、彼女達、関係者からお叱りを受けていないかと、もしそうならちょっと気の毒な気もしましたが、また来られたという事は、そこまでいっていなかったのかもしれません。
いや、もしかしたら裏が在るのかもと思いつつ、これまで様子を見てました。
という事で、また霊波之光シリーズを再開しましたが、いざ書くとなると長くなってしまいがちなので、今日のところはこのへんにしておきます。
(続く。)
えぞ鹿肉生ハンバーグ 150gx10枚(冷凍)

えぞ鹿肉生ハンバーグ 150gx10枚(冷凍)
価格:3,888円(税込、送料別)




がん治療に対する鍼灸治療

2017-10-11 19:29:10 | 医療・健康
鍼灸治療のがんに対してということで、2014年10月4日に、「鍼灸専門外来を大学病院に開設」としての新聞記事を、取り上げました。↓
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384718.html
新聞記事本文はこちらです。↓
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20100714153556446
その時にも触れましたが、私としては思うところもないではありませんが、それはそれとして、鍼灸治療の効果がそれ相応に認められたという意味で、有意義なことです。
私が所属している、経絡治療による鍼灸の研究団体である「東洋はり医学会」の初代会長であられた故、福島弘道(フクシマコウドウ)先生は、皮膚がんになった時、抗がん剤の副作用に苦しみ「これではがんが治る前に体が持たない・・・」と思い、主治医と喧嘩して、退院手続きもせずにスリッパのままで病院を飛び出し、その後は自分の体に命がけではりをしてがんを治したという事を、よく講義の中で言っておられました。
抗がん剤の副作用による免疫力低下に対しては、私がここで言うまでもなく、よく言われていることでもあります。
とはいうものの、私の立場では、当鍼灸院に来られた患者さんに対して、抗がん剤を止めるように言う立場にはないことは、言うまでもありません。
実際、抗がん剤治療をはじめとしての現代医療でがんを克服した人も、いるにはいることも事実です。
しかし、私の臨床経験からして、抗がん剤に対する副作用が、鍼灸治療によって軽く住むということも、自信を持って言えます。
ただ、それは「気」を重視したはりでなければなりません。
多くの鍼灸師は、現代医学に基づいたはりをしています。
少数派ではありますが、伝統的な東洋医学の理論に基づいたはりでなければなりません。
それはそれとして、緩和ケアという意味合いからだと、現代医学に基づく刺激治療的なはりでも、それなりの効果はあるとは思いますが、一応 その事を付け加えておきます。

P.S: さらに今後は、「びわの葉エキスによる温灸」の応用もしていくつもりです。