札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

ニューウエイズジャパンが経済産業省から3カ月間の一部業務停止命令

2008-02-21 20:07:35 | 悪徳商法
MLM(multi lebel marketing)いわゆるマルチ商法の企業「ニューウエイズジャパン」が経済産業省から3カ月間の一部業務停止命令が出されました。
(以下↓
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200802200447.html
↑からの記事です。)
↓↓↓↓↓↓↓
うその勧誘で美容製品販売 米系「ニューウエイズ」処分
2008年02月21日00時52分
 「市販の化粧品には毒が入っている」「人に紹介するだけで収入が得られる」などと一部の会員が虚偽の話をして、多くの消費者に商品を買わせたなどとして、経済産業省は20日、米国に本社を持つ美容製品・健康食品販売大手「ニューウエイズジャパン」(横浜市)に対し、3カ月間の一部業務停止命令を出した。全国の消費生活センターに約3年間で3千件以上の苦情が寄せられていたという。
 消費経済対策課によると、ニューウエイズジャパンの一部会員が「市販の化粧品を使うと毒がたまる。がんになる。うちの商品だけが安心で、アトピーも治る」などと言い、自分たちで作ったビデオを見せて数十万円の化粧品、栄養ドリンクなどを買わせた。購入者には「友人を紹介すれば収入がある。会社が家や高級車を買ってくれる」などと言って勧誘活動をさせたりした。
 05年ごろから「症状が治らない」「約束されたはずの収入がない」とする苦情が増えた。昨年夏に同課が立ち入り調査。商品の効能説明に裏付けはなかった。また、友人が同社の商品を買って初めて、勧誘者の収入になる仕組みだったことが確認された。
 同社は約49万人の会員がおり、年間売り上げが約598億円。会社としてこうした勧誘活動は進めていないといい、「処分を重く受け止め、法令順守に取り組みたい」との談話を出した。
↑↑↑↑↑↑↑
(以上)
私はMLMの事にそれほど詳しい訳ではありませんが、2年ほど前にネット上に蔓延している怪しい儲け話に遭遇してから色々調べています。
某MLMの説明会に潜入した事もあります。
そんな事から、それなりに素人で部外者なりに知る事となりました。
数ヶ月前からネット上で、MLM業界への見せしめとして、大手MLM業者に処分が下る、それにはニューウエイズが可能性大などと、うわさが飛び交っていました。
どうやら、そのうわさは正しかったようですね。
私はMLMそのものを否定するつもりはありません。
一つのマーケティングシステムとして、理解しています。
ただ、システムがシステムだけに、商品の良し悪しよりも金儲けのためにダウンラインを付ける事に懸命になるディストリビューター(勧誘者)の強引な非道徳な勧誘に対して、よく問題になる訳です。
mixiをはじめネット上にも、会社名やシステムを隠して勧誘する業者がなんと多い事か・・・!!!
今回のニューウエイズに対する処分が、ネット上で勧誘しているMLM業者に今後どのような影響があるか、注目していきたいと思っています。
mixi上においてよく見かける業者は「グローバルレボリューション」ですが、勧誘方法も含めて↓
http://psychoinfo.blog106.fc2.com/blog-entry-19.html
↑に詳しく書かれています。
その他mixi以外では、「ハーバライフ」のディストリビューターの広告がよく見られます。
一時期mixiにおいても、けっこう勧誘していたという話もあります。
ハーバライフについては↓
http://sachi3.fc2web.com/
↑に詳しく書かれていますので、関心ある方は読んでみてください。
また、今回のニューウエイズの処分に対するNHKのニュースがyoutubeで見る事ができます。↓
http://www.youtube.com/watch?v=zchwrCOczgs
↑NHKの報道によると、一月に10万円の利益を出しているディストリビューターは、たった1パーセントほどだとの事です。


にほんブログ村 札幌情報

コメント (2)

肉もどき

2008-02-15 16:57:58 | 医療・健康
この前自然食品店で、50センチ近くもある十勝産の長芋を買いました。
一人暮らしだとこれだけのものを食べるのに、たぶん十日ぐらいかかったような気がします。
千切りにしたり、煮物にしたり、油でいためたりなど・・・。
今朝、弁当のおかずにと思い、その残りの長芋を油でいためてみようとすると、ほんの少ししか残っていませんでした。
フライパンに油を入れてしまったし、どうしようかと思いましたが、そうそう、肉もどきがある事を思い出し、それと一緒にいためる事にしました。
「肉もどき」、これはグルテンで作られた、それこそ肉のような食管で、それを水で戻し柔らかくして使います。
前に大豆で作られた肉もどきを自分で料理した事はあるのですが、このグルテンの肉もどきは今回初めて買いました。
本当は揚げ物にした方がいいのですが、一人分だと油がもったいないという事もありますが、全盲の身では万が一の事を考えて、これまで揚げ物だけはした事がありません。
ですから、少々油を多めに入れて、それで満足しています。
さて、今回長芋とその肉もどきの油いためですが、味見してみるとなかなか美味しくできました。
玄米ご飯とそれをおかずに、それが今日の昼の弁当です。
さて、昼早速期待して食べました。
しかし、時間が経ってしまったせいか、少し硬くなってて、今朝食べた時のようには美味しくはありませんでした。
まぁ、それでもそこそこの味ですから、それなりに美味しく食べました。
とはいうものの、なるべくなら作りたてを食べた方が良さそう、そう思いました。
はい、という事で、私の今日の弁当でした。



毒入りギョウザ

2008-02-07 16:29:20 | 医療・健康
中国製冷凍食品の毒入りギョウザが、相変わらずニュースを騒がせていますね。
まぁ、私はめったに外国製の冷凍食品を買う事はありませんが、業務用として中国製加工食品が出回っていますので、外食の際には知らず知らずに口にする事は十分考えられます。
人事ではありません。
今回は残留農薬では無さそうですので、問題は複雑です。
しかし、今日では農薬や食品添加物などは当たり前に口にしていますので、今回の毒入りギョウザの問題が解決したからとて、食の問題の根本が解決する訳ではありません。
日本人一人当たりの食品添加物の摂取量は、年平均4キロとも5キロとも言われています。
証明はされていないものの、これらが原因で病気になる可能性は、十分考えられる事です。
前にも書きましたが、阿部司著「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」を読むと、ここまで添加物だらけなのかと愕然としてしまいます。
(以下↓
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31613604/
↑からの引用です。)
↓↓↓↓↓
書籍紹介
添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。食品製造の「舞台裏」は、普通の消費者には知りようがありません。どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、想像することさえできないのが現状です。本書は、そんな「裏側」を告発するはじめての本だと思います。
目次
序章 「食品添加物の神様」と言われるまで
第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品
第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?
第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある
第4章 今日あなたが口にした食品添加物
第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!
第6章 未来をどう生きるか
↑(以上引用終わり)