さきたま自然日記(別館)

埼玉中心になんでもありの写真日記です。
花鳥風月、自然を中心に撮ってます。

ミドリシジミの色は構造色

2022年06月26日 | 昆虫

一昨日からの猛暑日、今週いっぱい続きそうな気配で、昨日はさすがに、夜もエアコンがフル回転!! 突然の気温変化に身体がついていきません。

この炎天下では、外に出かける気も失せ、しばらくは在庫からの投稿になりそうです。

 

暦が前後しますが、今回は6月2日、5月29日に続いて2度目のミドリシジミ探しの記事です。

この日も現地午前7時過ぎから、林の中を歩きます。この日見つけたのは3頭の雄だけ。やはり少ない!!

どの子も完全に翅を開いてくれませんでした。

この子も半開き!!

全て雄だけで、結局この日も雌の姿は確認できませんでした。

光の具合で緑や青色に見えるミドリシジミの翅の色ですが、蝶の多くは、「構造色」と呼ばれる光のしくみを利用しています。

「構造色」のことは、以前にも書いたのですが、その物質自体には色がないのに,光の波長によって微妙に発色する現象のことを云います。

シャボン玉などの表面の色難度が典型的だそうです。鳥の仲間ではカワセミが代表選手ですが、ドバトの首筋などが光の具合で虹色に見えるのもそうですね。

蝶の場合は、翅の鱗粉がその作用をしてるようです。試しに、上の写真を大きくトリミングして鱗粉の様子を見ると・・・規則正しく並んでます。

蝶の世界も不思議なことがいっぱい

キマダラセセリです。

その後この林には行けてないので、ミドリシジミの羽化の様子が分かりませんが、例年通りたくさん羽化してくれてるといいのですが・・・・

 

 

 

コメント (15)

アジサシも途中下車!

2022年06月24日 | 野鳥

6月10日、久しぶりのI沼です。2週間ぶりかな。

この日は、ヨシゴイが元気な姿を見せてくれたのですが、杭にはコアジサシより一回り大きな鳥が・・・アジサシ(鯵刺)です。

コアジサシの全長:約25cm、体重:約50~60g、翼長:約170~80cm。(個体差あり)
アジサシの全長:約35cm、体重:約130g、翼長:約270~280cm。(個体差あり)  体重は倍ほどあるんですね。

アジサシ(鯵刺)、日本では春と秋に立ち寄る渡り鳥ですが、最近は国内の一部で繁殖も確認されてるようです。

各地の海岸や河口では大きな群れでやって来ることもあるようですが、この沼では時々立ち寄ってくれるだけ。この沼の貴重品です。(笑)

ところで、アジサシの仲間は広義ではカモメの仲間に近いのですが、全世界には40種類ほどいるそうです。

そのうち日本で確認されるのは約20種類ほど(日本鳥類目録第7版リスト参照)で、結構たくさんいるんですよね。

アジサシは、コアジサシに比べてゆったり飛ぶため、一目で区別がつきます。

珍鳥のハシブトアジサシとよく似てますが、大きく切れ込んだ尾羽が特徴です。

アジサシの上を飛ぶのはムクドリ。

ちょっと気になるようです。

一方のコアジサシも負けじと飛んでますが、こちらは「スィ~スィ~」って飛んでる感じですね。

この日確認できたアジサシは4羽ですが、この後、すぐに抜けてしまったようです。

この沼には、他にハジロクロハラアジサシやクロハラアジサシも姿を見せたみたいですが、すぐに抜けてしまったとか・・・・

やっぱり、毎日観察してないと、出会いが難しいですね。

 

 

 

 

コメント (12)

アジサイいろいろ(パートⅠ)

2022年06月22日 | 

先日、このブログに載せた指扇氷川神社のアジサイの花、たくさん撮ってきたので2回に分けて紹介しますね。

花の名前は不明ですが、どの花もそれぞれ特徴があって、我こそは!!と競い合って咲いてるようです。

 

 

こんなに綺麗なアジサイの花ですが、このアジサイの葉には毒の成分は不明だそうですが、嘔吐作用のある物質が含まれてるとの事。

過去には料理に添えられたアジサイの葉を食べて、食中毒症状が出たそうですが、確かに、アジサイの葉はオオバに似てますから要注意ですね。

 

いかがでしょう。

この神社には、果たして何種類のアジサイが植えられているのか分かりませんが、今回も全種類撮れませんでした。(一部立ち入り禁止の場所もあるので・・・)

・・・・・・続く!!

 

 

 

コメント (14)

ヨシゴイの動きが活発

2022年06月20日 | 野鳥

6月10日、ほぼ2週間ぶりにI沼に出かけてみました。

少しご無沙汰してる間にヨシゴイ(葦五位)もすっかり、この沼の環境に慣れたのか、行動も徐々に大胆に!!

この日は葦の茂みから出てきて、大サービス!! 子育ても順調なようです。

お得意ポーズも!

この写真では少し分かり難いかもしれませんが、ヨシゴイの目の位置は、他の鳥と違って少し正面を向いています。

首を伸ばして警戒する時、敵を捕捉しやすいとか・・・餌を捕る時も距離感がとりやすいのかもしれませんね。

突然大きな欠伸?

後ろを向いたかと思うと・・・・・

茂みの中へ?

やはり周りが気になるのか??

今度は、こんな所まで下りてきます。器用に細い葦の茎に摑まってバランスをとってます。

ちなみに、ヨシゴイの体重は100~130gぐらい。こんな細い葦の茎でも大丈夫!!

すでに雛が誕生してるのか?餌を捕るために葦の茂みと隣の田圃をさかんに行き来します。ヨシゴイの雛の成長は早いので、近いうちに雛も見れそうです。

幸いこの日はヨシゴイ三昧。  たくさん撮ってきたので、面白そうな仕草を少しずつアップしていきますね。

 

 

 

 

コメント (17)

3年ぶりのミドリシジミ(緑小灰蝶)

2022年06月18日 | 昆虫

5月29日、そろそろミドリシジミが羽化する頃だろうと、早朝からA公園に出かけてみます。

2019年の台風の影響で、公園は長く閉鎖されていたため、3年ぶりのミドリシジミ探しです。

ここで観察できるのは、午前9時ごろまで。 この時刻を過ぎると高い樹の上に移動してしまって、見つけるのが大変なんです。

午前6時半ごろ到着して林に入るも、ミドリシジミは一向に見つかる気配がなく、同じように訪れていた愛蝶家の人たちも????

そろそろ諦めかけていた午前7時半過ぎ、愛蝶家の一人の方が1頭のミドリシジミ(緑小灰蝶)が見つけたようです。

チョコッと便乗させていただいて・・・・羽化したばかりの綺麗な雄ですが、この日のレンズ100ミリマクロでは厳しい距離です。

少し回り込んでみると・・・・太陽の光を全身で受け止めて、少しずつ翅を開いてくれます。

ちなみに、ミドリシジミは埼玉県の「県蝶」なんですよ。

コミスジ(小三條)

イチモンジチョウ(一文字蝶)

ミドリシジミを探して草藪を覘いて回ってると、こんなハデハデの蛾を見つけました。蛾はどうも苦手なのですが・・・・

後で調べてみると・・・・ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)?のようです。

結局、早朝2時間ほどかけて見つかったミドリシジミは1頭だけ。こんなことは今まで初めてです。

まだ羽化の時期に早かったのか?? 台風被害の後、激減したのか?? 後日、もう一度来てみたいと思います。

コメント (18)