気楽にとり(鳥&撮り)歩き

2015年夏にデジイチを購入して本格的に鳥見をはじめました。近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

ハッカチョウ、増えています

2017年05月28日 | ハッカチョウ
以前よりハッカチョウの姿を見かける場所と回数が増えてきました。 今年の冬には、狭い我が家の庭先にも食べ物を探して飛来。 確実に兵庫南西部で数を増やしているようです。 よくこんな目つきになりますが、瞬膜でしょうか?? 原産地は中国南部からインドシナ半島のあたりだそうです。 元々は飼育されていたハッカチョウが逃げ出したか放鳥されて、 環境に適応し、じょじょに数を増やしていった . . . 本文を読む
コメント (1)

エナガの親子

2017年05月27日 | エナガ
エナガの親子の群が、ジュリージュリーとにぎやかにさえずりながら梢を飛び交っていました。 アイリングが白っぽい親鳥。 自分で餌がとれるまでに成長した子供たちですが、まだまだ親鳥は心配そうです。 まぶたの赤い幼鳥たちは、高い木の上にいました。 もう「団子」にはならず、各自が自力で食べ物を探します。 カシャカシャというカメラの音が気になる様子。 幼鳥は好奇心旺盛です。 親 . . . 本文を読む
コメント (2)

キビタキ、こんな所で

2017年05月25日 | ヒタキの仲間
先週からまとまった時間がとれず、こまぎれの短時間、近場で探鳥しています。 出会うのはお馴染みの野鳥ばかりですが、19日に街中の公園で綺麗なキビタキに遭遇しました。 もうお山に行ってしまったと思い込んでいたので、思いがけずうれしい出会いとなりました。 これは、キビタキのメスでしょうか? GW明けに、別の街中の公園で写しました。 キビタキ(黄鶲)  Narcissus . . . 本文を読む
コメント (4)

子スズメ、チュンチュン

2017年05月23日 | スズメ
近年、スズメの数が減っているという話を聞きますが、我が家の近所ではたくさんのスズメが暮らしています。 この春にも公園や田園地帯、野原でスズメの巣立ち雛を何羽も見かけました。 この白い花は野バラでしょうか? 大きな株の中に10羽近いスズメが止まっていました。 写真で確認すると、どれもみな巣立ち雛のようです。 まるで保育所のようです。 枝の上で、親スズメが餌を運んでくるのを待っていました。 . . . 本文を読む
コメント (4)

コアジサシ飛翔

2017年05月22日 | アジサシ
今年もコアジサシの群が繁殖にやってきました。 撮影時には、十数羽が海上を飛び交っていました。 繁殖地に適した自然環境が減って、コアジサシは環境省の日本版レッドリストに掲載されています。 撮影地は海辺の公園に造られた小さな人口浜ですが、毎年のようにコアジサシの群がやってきます。 そろそろ営巣を始めた頃ですが、適度な距離を保って見守っていきたいです。 コアジサシ( . . . 本文を読む
コメント (10)

ヒクイナ、カルガモ親子

2017年05月20日 | クイナ
カルガモの親子を眺めていたら、キョッキョッとヒクイナが出てきました。 去年と同じ場所で2度目の遭遇です。 http://blog.goo.ne.jp/romeo135bb/e/61279e215ffa703c47b055f770c6042a お尻のあたりの羽色は白黒縞模様。 ほとんど後姿の写真ばかりでしたが、この角度から撮れたのはうれしいです。 この後、茂みの中に姿を消しました。 ヒク . . . 本文を読む
コメント (6)

お一人様のチュウシャクシギ

2017年05月19日 | シギの仲間
みなさまのブログを拝見すると、群れを撮影した写真がたくさん掲載されています。 今年はチュウシャクシギの飛来数が多いのでしょうか? できれば私も群れを写したかったのですが、今回の撮影時には一羽だけでした。 飛んだり歩いたり、せわしなく水際を移動していました。 q チュウシャクシギ(中杓鴫)Whimbrel 全長42cm  今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがと . . . 本文を読む
コメント (2)

シロチドリ、トウネン

2017年05月18日 | チドリの仲間
5月上旬に撮影したシロチドリ。 干潮時の岸辺で5羽が採食していました。 この2羽はメスでしょうか。 オス 写真を拡大してみたら、ゴカイのような生物を食べていました。 細長いゴカイのような生物をひっぱりだしています。 手前にいるのはトウネン。 シロチドリ(白千鳥)Kentish plover 全長 約17㎝ トウネン(当年)Red-necked Stint 全長 約 . . . 本文を読む
コメント (4)

カルガモの雛、元気に育っています

2017年05月16日 | カモ 第2シーズン
週末にカルガモの雛たちの様子を観に行ってきました。 嬉しいことに7羽ともすくすく育っていました。 用心深くて子供たちをしっかり見守っている賢いおかあさん鴨。子育てのベテランなのでしょうか。 食事時になると、子どもたちを人の近くに連れてくることが多いです。 人間のそばならトビやカラスなどに狙われにくいと知っているかのようです。 体は小さいですが、足が太く水かきもなかな . . . 本文を読む
コメント (4)

アマサギ

2017年05月15日 | サギの仲間
水を張った田圃にアマサギが5羽。 毎年この時季になると、繁殖のためにやってくる夏鳥です。 前後から車が来ていないのを確認しつつ5分弱でバチバチ連写しました。 後から写真で綺麗な飴色の羽を見ると、もう少しゆっくり観察したかったと思うのですが、 農作業のじゃまにならないことが最優先。 アマサギ(猩々鷺、飴鷺) Cattle egret 全長約50㎝  今 . . . 本文を読む
コメント (6)

バン 真昼の決闘

2017年05月13日 | バン
葦の葉の向こうで、バンが激しく争っているのが見えました。 右にいるメスをめぐって、オス同士が争っているのでしょうか? 激しい蹴り合いが続きます。 時々、相手の頭部めがけて喰いついたりもしていました。 ♪ケンカをやめて~二人を止めて~私のために争わないで~もうこれ以上~♪ 参戦するんかい!^^; 雌雄同色なのでわかりませんが、メスがペアのオスに加勢したのか? オスが三羽だっ . . . 本文を読む
コメント (8)

夏羽のトウネン

2017年05月12日 | シギの仲間
スズメほどの小さなシギ・トウネン。 春と秋、渡りの途中で日本に立ち寄る「旅鳥」です。 一羽だけが水際でちょこちょこ採食していました。 英名Red-necked Stintの通り、夏羽は橙色の首元が鮮やかでした。 鳥の正面顔もユニークで印象が違って見えますね。 トウネン(当年)Red-necked Stint 全長 約14cm シギの群を期待していましたが、一羽だけ . . . 本文を読む
コメント (2)

キビタキ 高い木の上に

2017年05月11日 | ヒタキの仲間
GW前、公園で写したキビタキ。 高いクヌギの木の上に2~3羽、飛び交っていました。 野鳥たちはクヌギの花によってくる虫を食べているのでしょうか? キビタキのメスでしょうか? あるいは、オオルリのメスかもしれませんね?。 ソングバードさんよりコメントにて、「オオルリのメスでは?」と教えて頂きました。 「喉が白っぽく見えるのと、尾羽の赤褐色が強いように思えます」とのことです。 ソ . . . 本文を読む
コメント (2)

カルガモの赤ちゃん

2017年05月09日 | カモ 第2シーズン
カルガモの赤ちゃんが7羽誕生していました。 ふわふわの雛も可愛らしいですが、おかあさん鴨の幸せそうな表情も印象的でした。 一羽でも多く、無事に育ってほしいと願わずにいられません。  今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。 ↓ポチッと押して頂けると励みになります。 どうぞよろしくお願いします。 . . . 本文を読む
コメント (8)

チュウシャクシギ、干潟でお食事

2017年05月08日 | シギの仲間
河口近くの干潟で2羽のチュウシャクシギが食べ物を探していました。 かなり距離があったので、写真を見るまでカニがいることに気づきませんでした。 さて、カニを獲って見せてくれるのかどうか? クチバシをずぼっと泥の中に差しこみます。 手前でカニもお食事中です。 大きすぎるせいでしょうか?カニには見向きもしません。 まるで剣で刺すような角度でクチバシを差しこんでいました。 こういう瞬間 . . . 本文を読む
コメント (6)