葬儀屋日記 byノブアキ

つれづれなる葬儀屋さんの日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

壊すなら作ることも忘れないでほしい

2010年02月07日 | 日記
直葬ブームや、葬式批判が世の中に溢れて来ているようです。
ただね、なんとなくですよ・・・

人それぞれの価値観だから、葬式をしないのも良いと思います
批判しても、それでも良いと思います

ただね、お母さんが亡くなって別れの場を精一杯やってあげたいのに
そんなの無駄じゃないって言わないでほしいんです

お坊さんが、みんなみんな金の亡者みたいに言うのは
ウチの近所の正専寺さんに会っても、そういえるのですか?
と問いかけたいのです

いままで、人間の世の中でずっとずっと同じ形で続いてきた
葬るという文化を合理的な理由だけで、否定して欲しくないのです

もし、ウチのお袋が死んだなら僕が知らない人も会葬にくるでしょう
でも、あんなやつ知らないとは言いたくないのです
お袋のために来てくれてありがとう、上の部屋に通夜ぶるまいがあるから
どうぞ供養ですから召し上がってくださいってそう言うと思うんです

お袋のために来てくれた、そう思ったら大事にしないわけには行かないのです
なんだかんだとケンカはしても、60過ぎのお袋は愛しいもんです
送るのだったら、精一杯お袋が好きだった食べることを
皆さんに、一緒に供にしていただきたいって思います。

手塚治虫先生のブラックジャックには、こんなセリフがありました

「私なら、母親の値段は100億つけても安いものだがね」


親の弔いに幾ら出すかなんて、一人一人の気持ちじゃないかと
思います。安くたって高くたっていい

でも、後悔だけはしてほしくない。本当の本当に一回しか出来ないものだもの

そういったモノを壊して行く

無駄無駄無駄無駄と唱えるのであれば
代わりの意見を出すべきじゃないかとそんな風に思います

壊すのだったら作って欲しい

文化や道徳を壊すのは、作ることよりも全然簡単なのでしょう
でも、僕らは作らなくてはなりません。

それは、無駄かもしれませんが
人によっては、幼稚でたどたどしくて
ひどく不完全なものかもしれませんが

意味のない、形骸化したものかもしれませんが

僕は作るか守るかしていきたいと思います
100年残る生き方を、バカバカしく見えるかもしれませんが
していかなければなりません。

僕の通う、腕の確かな接骨院の先生が

仕事で壊れた僕の腰を直しながら
「社長さ、、物事の本質ってのは昔かっら、あんまり変わらねぇんだよ。
だから、どの仕事でもぶっ壊すんだったら、本質をつかむまで否定しないでよーくみてごらん
壊すのも否定するのも、いつでもできるんだからさ」

そう言ってくれました。

僕らはきっと、言葉と論理だけじゃ済まない世界に生きています。
カラダをつかって、通して体験しないとわからないことばかりじゃないでしょうか

弔い事は最たるものです。

そう思うんですけどね・・・・・どうなんでしょ?
コメント

食えない商売

2010年02月02日 | 葬儀特集の感想
今年に入って、都内の葬儀屋さんが何社か廃業したらしいです。
世間の印象とはちがって、真面目にやっている所はそんなに儲からないようで
この直葬ブーム、家族葬ブームで単価が下がってやっていけなくなったようです。

生活に困窮している人が、お葬式を出来ないという問題ではなくて
所得の多い層が、お葬式にお金を掛けなくなってしまいましたから
仕方の無い事でしょう。

もともと労働時間や必要な設備の維持費で考えれば、そんなに儲かる商売ではありません

お金が掛かるのも、もっとわかりやすく伝えていかないと
なんでこんなに掛かるのか、一般の皆さんには理解するのが
難しいのではないかと思います。

その為に「葬儀のお金の話し」という小冊子を執筆しています
出来上がったら皆さんにお知らせしますね
コメント (2)

雪が降り始めました

2010年02月01日 | つれづれ日記
窓の外では雪が降り始めました
積もってくれたら綺麗で嬉しいけど
社員さんの仕事が大変になるから積もらないとイイなあ
コメント