さっちゃん 空を飛ぶ

認知症で要介護3の妻との楽しい日常を 日記に書き留めたいと思います

さっちゃん、玄関のチェーンを外して出て行ってしまいました!

2020-04-09 23:36:49 | 今日のビックリ
さっちゃんの気分はどこでどう変わってしまうのか、まったく見当もつきません。
僕に纏わり付くのはいつものことですし、喋りかけ続ける言葉に途中から不穏な空気、文句や不満の感情が混ざるのも日常です。
気分が転換してしまう理由があると思うのですが、それが僕にはさっぱり分からないんです。

今日も昼前からそんな不穏な感じに移行しつつありました。
新聞を読んでいる僕に、何やらかにやら喋りかけ続けます。
無視し続けると怒りますから、少しはさっちゃんの方を向いたり「うんうん」と返事をしなければなりません。
だんだんとエスカレートしてきて、新聞に集中できないほどに、僕に干渉してくるようになりました。
僕は新聞を持って、ベランダに逃げます。
さっちゃんは窓から僕を睨むように見続けています。
僕はちょっと移動してさっちゃんから見づらい場所へ移動します。
さっちゃんも隣りの部屋の窓へ来て、僕を見ています。
さすがに疲れたのか、さっちゃんがダイニングへ引っ込みました。
僕も寝室に入り、ソファの椅子で新聞を読みます。

さっちゃんは今度は玄関へ行きました。
玄関ドアのカギをガチャガチャさせています。
チェーンも掛けていますから、さっちゃんには開けられません。
ダイニングに戻ったり、ちょっとうろうろしてまた、さっちゃんは玄関ドアをガチャガチャさせていました。

ちょっとの時間が経過して、僕は部屋の中で何の物音もしないので、さっちゃんは何をしてるんだろうと見に行きました。
ダイニングにはいませんし、台所も、トイレも開けてみましたがいません。

その時、玄関ドアのカギとチェーンが目に飛び込んできました。
鍵は開けられ、チェーンは外されています!
「え~っ! そんな馬鹿な! さっちゃんがチェーンを外すなんて!」
でも、現実です。
運よくまぐれのように外れたんでしょうが・・・・

でも、そんなことは言ってられません。
まださほど遠くへは行ってないはず。
無くなってる靴はないので、スリッパのまま外に出ているようです。
財布と携帯だけ持って、僕は外へ飛び出しました。
駅やスーパーへ出かける時の細い路地を見通しました。
いません。
バスに乗る際に通る道路を50mほど先まで行ってみました。
いません。
本格的に自転車に乗って探し回らなくてはいけないと思って、棟の玄関まで戻って来た時、少し先にさっちゃんらしき人物の姿が見えました。
なおもよく見ると、確かにさっちゃんです。
あ~あ、良かった、本当に良かった!
大変なことにならなくて、本当に良かったです。

さっちゃんのもとに駆け寄って、さっちゃんと手をつなぎます。
さっちゃんは驚くでもなく、普通な感じ。
部屋に連れ帰ろうとちょっと手を引くと、少し嫌がるので、部屋とは逆の方向へさっちゃんと歩くことにしました。
さっちゃんとミニ散歩ですね。
さっちゃんはスリッパですし、家の玄関も開けっ放しですから、通常の散歩は無理です。
咲き始めたツツジの花を見せて、「綺麗だね」などと気を逸らせながら、棟の周りを歩いて部屋まで戻って来ました。

さっちゃんはすでに “外に出たい” 強い願望は消え失せているようでした。
ほんのちょっとですが外を歩いて気分も紛れたようです。
でも、外へ出たい気持ちは絶対に残ってるはず。
もともと僕の予定の中にはあったことなんですが、ちょっと遠くのホームセンターまで買い物へ行くことにしました。
多摩川沿いの土手の遊歩道を歩いて、下流へ2kmほどのところにあります。
こんなご時世ですから、遊歩道には散歩する人、ジョギングの人、自転車の人など普段よりは多くいましたね。
学童や学生たちも河川敷の広場で運動していました。

買い物を終えて、チェーン対策を考えました。
今回のことは偶然が重なって開けるに至ったと思っていますが、たとえ偶然でも開けることがあることが判明。
さらに偶然の確率を下げなければなりません。
それで思いついた策がこうです。
チェーンを短くして、穴から出なくすればいい。
短くする方法ですが、ナスカンをチェーンの途中にはめておくと短くなります。
ドアの開け閉めでひと手間かかってしまいますが、しばらくはこれでやってみようと思います。
そのうち、鍵屋さんで相談してみなければと思いますね。
コメント

なんで僕は布団から追い出されなきゃならないんだ!?

2020-01-13 23:55:00 | 今日のビックリ
明日火曜日は丸一日のデイサービスの日、今年最初です(半日のデイサービスは先週ありましたけど)。
火曜の朝はいつもよりちょっとだけ早く準備しなければならないので、さっちゃんには早めに寝て欲しいのです。
ですから、さっちゃんの歯磨きと寝巻きへの着替えを済ませ、9時半くらいから僕も一緒に床に就きました。
1時間くらい添い寝したらぐっすり寝ているさっちゃんから離れて、僕は起きて幾つかの雑事をこなすつもりでした。

ところが、30分くらいして、さっちゃんが何やら喋り始めます。
体も布団から半身を起こしている様子が僕の背中側で察知されます。
そのうち、喋る口調が僕への何か要求になってきた感じがして、僕はさっちゃんに小突かれ始めました。
僕は寝た振りをしてじっとし続けますが、小突く力が強くなり、叩く感じになって来ました。
さっちゃんに叩かれても殴られても蹴られてもまったく痛くはありません。
さっちゃんが意識的に力をセーブしているとは思えませんから、ただ単に力が弱いだけでしょう。

さっちゃんは布団から起き上がってブツブツと僕への文句のようなことを言いながら、隣りの部屋へ移りました。
「トイレかも?」と思った僕は起き上がって、さっちゃんをトイレへ連れて行きます。
でも、トイレには用事がなかったみたいで、また布団の場所まで引き返して来ました。
そしてその布団の前でひと悶着!
さっちゃんが何を怒ってるのか分かりませんが、僕を布団へ入れようとしないんです。
僕を入れまいとするさっちゃんの手を振りほどこうとしましたが、それがさっちゃんの癇癪に火を点けます。

力勝負になると、弱過ぎるさっちゃんに対する理不尽な実力行使になってしまいますから、僕の負けです。
負けてしまった僕は布団に入ることが出来ず、かと言ってすぐに雑事をするわけにもいかず、テーブルに突っ伏して寝る格好。
それを見たさっちゃんが何やら文句を僕に言います。
僕ももう嫌になって、その部屋の灯りを消して、お風呂の前の脱衣場へ行き、真っ暗な床にゴロリと横たわりました。
さっちゃんがここまで来るかな、と身構えていましたが、待てども待てども来ず。
しばらくすると、僕も馬鹿らしくなって、それに寒いですし、テーブルの部屋(ダイニング?)に戻りました。
さっちゃんが布団から出て来る様子はありません。

僕は雑事をこなし、今こうやってブログまで書いています。
さっちゃんは本当に寝たのでしょうか?
多分、寝たんだと思います。

さっちゃんの気分が良くなったり悪くなったり、ほとんどの場合そうなる原因がさっぱり分かりません。
僕の立場から言わしてもらうと、さっちゃんからすごく理不尽な扱いを受けることばかりです。
1時間も2時間も意味の分からない僕に対する文句を言われ続けると、さすがの僕も腹が立ちます。
言い返すにも、何を言われているのかが分かりませんから、言い返しようがありません。

時々、玄関のちょっと外やらベランダやらへ逃げてしまいますが、戻れば元の木阿弥。
それでも最近は僕もずいぶん我慢強くなって、柳のように受け流すことも出来るようになりました。
嵐が過ぎ去るのをただただ待つ、怒ってる時とは真反対の愛すべきさっちゃんの姿を思い浮かべながら・・・・
コメント

行方不明になっていた運動靴がほぼ一ヶ月ぶりに見つかりました!

2019-10-25 23:47:05 | 今日のビックリ
さっちゃんは時折いろんなモノをいろんな場所に置きっぱなしにしてしまうので、
さっちゃん自身はそれをどこに置いたかなんてすぐに忘れてしまいますから、見つからなくなってしまいます。
でも、あっちこっち探せばどちらにしても家の中ですから、いずれは発見されるものです。
そんなモノの中で、たま~に全然発見されずに行方不明、失踪騒ぎとなってしまうモノもあるんです。

今回の行方不明物件は「ワイヤーシューズのスニーカー」。
ほぼ一ヶ月前に見つからなくなってしまいました。
当然、家中を探し回ったのですが、発見できず。
2、3日は探したのですが駄目でしたから、「まあ、いつかどこからか出て来るだろう」と諦めてしまいました。

それが今日、見つかったんです!
それもあまりに目立つ、普通に目に付くはずの場所で!
何故、僕はそれを見落としていたんでしょう?
発見できていなかったことの方が不思議、不可解、ミステリーです。

衣裳部屋のような小部屋、僕たちは物置のように使ってるんですが、そこにあったんです。
さっちゃんの座る椅子の横にその小部屋の戸はあります。
その戸はしょっちゅう開けるんです。
開けたら、すぐ目の下に見える場所にその運動靴はありました。
なんで見えなかったんだろう?!

さっちゃんが最近になってその場所に置き直した、とも想像できますが、まあそれはないでしょうね。
とにかく、よかった! よかった!
コメント

さっちゃんは部屋の中で運動靴を履いて歩き回ります

2019-09-08 22:20:54 | 今日のビックリ
昨日はゆっくりとブランチをいただいたんですが、
その後、お昼頃だったでしょうか、さっちゃんがコーヒーカップに変なことをしていました。
コーヒーカップをティッシュで包もうとしていたんです。
何のためにそんなことをするのか、分かるはずもありません。

ティッシュ一枚ではあまりきちんと包めませんから、
今度は畳んだティッシュをカップの中に仕舞い始めました。
これまた何のためなのか分かりません。

すると今度は、僕とさっちゃんのふたつのコーヒーカップを玄関へ持って行きます。
ちらっと覗いて見ると、靴にカップを入れてるような・・・・
しばらくして戻ってきたんですが、そのカップを僕はさらっと洗ってきました。

続いて今度は、さっちゃん再び玄関へ行って、運動靴を履いて来ました。
椅子に座ったので、僕はその運動靴を脱がそうとします。
その瞬間、さっちゃんの表情が怒りの顔へ変貌。
ヤバイッ! と僕は手を引っ込めます。
まあ、運動靴で歩いてもちょっと床が汚れるだけです。
板の間ばかりでなく、畳の上まで運動靴で歩かれたのには、少々嫌な気持ちになりましたが・・・・

さっちゃんはスリッパでも畳の上をいつも歩いています。
何度注意してもダメですから、今はもう諦めてますけれどね。

だいぶん時間が経過して、「運動靴を脱ごうか?」と脱がそうとしても、何の抵抗もありません。
こうして運動靴事件も何事もなく終了。
コメント

消えていたさっちゃんの夏用スリッパが見つかりました

2019-08-13 23:58:10 | 今日のビックリ
暑さを感じ始めたころでしょうから、6月くらいだったでしょうか?
夏用の部屋履きスリッパを買いました。

さっちゃんはそのスリッパがある種別の意味でとっても気にいったみたいでした。
自分の枕元に置いたり、いろんな場所に仕舞ったりしました。
すぐ目に付かない場所に仕舞われてしまうと、探すのにひと苦労。

いつのことだったでしょうか? 
6月だったでしょうか? 7月に入ったころだったでしょうか?
探しても、探しても、さっちゃんの夏用スリッパが見つからなくなったのです。


そのうち、諦めてしまったんですが、それが今日、あったんです!
食事をするテーブルのさっちゃんの席の後ろ、4つのボックスで出来た小さな家具が置いてあるんです。
そのボックスのひとつ、塩や砂糖やスパゲッティとか、タッパーに入れて保存してある場所。
そのタッパーの上に置いてありました。

さっちゃんは冬用スリッパを文句も言わずに履いていましたが、
今日から再び、夏用スリッパです。
コメント

さっちゃんの切符が自動改札機に吸い込まれ、消えてしまいました

2019-05-20 22:03:36 | 今日のビックリ
一昨日の土曜日のこと、さっちゃんと僕は高崎駅にいました。
八高線の始発に乗って、高崎駅で新幹線に乗り換える予定でした。

在来線から新幹線への乗り換え時間が9分間しかありません。
ですから、久し振りに新幹線の切符(乗車券と特急券)を前日に購入したんです。

高崎駅の八高線ホームは1番線とはいえ、他のホームの端の端。
しかも、ホームの幅を半分にして、取って付けたようなおまけのホーム。
新幹線改札口へ行くには一番遠く、時間のかかるホームなんです。

新幹線の改札口に着くと、さっちゃんに裏の黒い乗車券と特急券を見せ、説明しました。
「これからね、この切符2枚をここに入れるから、向こうから出て来るこの切符を取ってね」
さっちゃん、あんまり分かってなかったんでしょうね。
僕が切符を入れて、さっちゃんの背中を押し、
「さあ、行きな!」ってんで、改札の向こうに行くには行きました。

でも、その先何をすればいいんだか、分かってない。
突っ立ったまんま。
「そこそこ! そこに出てる切符を取って!」
僕がさっちゃんに呼びかけても、さっちゃん、きょとん?
「それだよ! それ!」って、言ってる僕にも突然の衝撃の展開が!

切符が機械に吸い込まれた~ぁ!

予想だにしてなかった事態に、とにもかくにもまずはビックリ!
切符を取るのが遅れたら、こんなことになるんだ!
ここはひとつ冷静になって、このアクシデントを乗り越えなきゃ~ぁ!

まずは僕自身の切符を入れて改札を通過。
駅員さんを探し、「切符が機械の中に入っちゃいました!」
「急いでくださいね! 乗る新幹線がすぐ来ちゃうんです!」

実際、定刻の数分前だったんです。
待つ身にとっては、長い時間。
後で思うと、割とすぐ来てくれました。

吸い込まれた場所のすぐ下に、小さな金属BOXがあって、そこを開けると入ってました。
簡単なんですね。

出て来た切符をすぐに取らないと、有無を言わさず消えてしまう、僕は初めて知りました。
いつも、うるさいなぁと思っていた銀行のATMのように、
「カードと現金をお受け取りください」じゃあありませんが、
「切符を取ってください。切符を取ってください」と大声で連呼すればいいのに、と思いましたね。
いきなり吸い込まれて消えちゃうと本当にビックリしますよね。
銀行ATMに出金したお金が吸い込まれて消えちゃったら本当に驚き、怒りますよね。
実際、銀行ATMのあの呼びかけに長く応じなかったら、どうなっちゃうんだろう?

そんな面白いことを教えてくれたさっちゃんでした。
コメント

うたた寝から目覚めると、さっちゃんが家にいません!

2019-01-09 22:17:12 | 今日のビックリ
今日は今年最初の言語リハビリの日。
前の晩が遅かったこともあって、病院帰りの午後、しばし横になってしまいます。
さっちゃんも僕の隣りで寝ていたはずなんですが・・・・

4時10分ころでした。
僕は目覚めると、さっちゃんは横にいません。
トイレにもいません。お風呂、台所、隣りの部屋、ベランダ、どこにもいません。
玄関のカギは開いたまま。
さっちゃんの靴もありません。
外に出て、すぐ周りを見て回りましたが、いません。

大変です!
4時20分。日没まであとわずか。
部屋着の上に、ジャンパーやだぶだぶのズボンを穿いて、毛糸の帽子をかぶります。
玄関のカギは開けたままにしておきます。
僕が出かけてる間にさっちゃんが戻って来た時のことを考えて。

自転車で外へ。
団地の棟の周りを左回りで回りました。
いません!
この時間ですから、散歩をしに多摩川の土手へ行ったのかもしれません。
でも、何となくそれはないような気もします。
ですからいちばん近い街道に行ってみました。
買い物でスーパーに行ったり、駅へ向かったりする際に横切る街道。

その街道に入ったとたん!
あ~~っ!
すぐ先から見慣れたシャツを着た小柄な人がこちらへ歩いて来てるじゃあないですか!
そう、やっぱりさっちゃんです!
さっちゃんも僕のことに気づきます。
出会うと、さっちゃん、泣きそうな表情。
あ~あ、よかった!
さっちゃんも「よかった!」って言ってます。
心からホッとしたみたい。

一緒に家へ戻ります。
でも、またまたびっくりすることが!
僕たちの棟に入る直前で、植え込みの土の上で、さっちゃんズボンやパンツを下ろすじゃあないですか!
お尻を出して、おしっこ。
そのすぐ後に来た小学生の女の子に見られてましたね。
僕は自転車なので、階段ではない別の入り口から入っていたので、どうしようもありません。

そんなこともあって、夕食の前にお風呂に入りました。

僕はさっちゃんにいろいろと聞きました。
でも、いつごろ、どこまで、歩いていったのか分かりませんでした。
コメント

朝食後、パンの食器をティッシュで綺麗に拭いてました。でも、その行先は・・・・

2018-10-07 13:54:05 | 今日のビックリ
我が家の朝食はワンパターン。
イギリスパンとベーコンエッグ、レタス、トマト。
おかずは二人分一緒の大皿です。
そして、豆から挽いたコーヒー。

食後のことですが、
さっちゃんはティッシュでパンのお皿やおかずの大皿を丁寧に拭きます。
今朝もそうでした。
いつもよりもっと丁寧に時間をかけて拭いていました。

しばらくしてテーブルの上を見ると、パンの皿がありません。
あれっ? と思い、テーブル横のゴミ屑入れを見てみると、
なんとそこに! 2枚のパン皿が!

以前にも1回そんなことがあったので、今回はすぐに発見!
「これはね、ちゃんと洗わなくちゃね」と言って取り出しました。
さっちゃん、何か喋ってましたけど意味不明。
さっちゃんなりの理由はあったんでしょうけどね。

僕が流し場に全部のお皿を持っていきます。
いま午後の2時。
珍しくお皿はまだ洗われていません。
いつもならさっちゃんが洗ってくれているんですけれど。
コメント

さっちゃんは、歯磨きをつけた歯ブラシで・・・・

2018-06-29 22:56:58 | 今日のビックリ
さっちゃんは晩御飯を食べると、とにかく眠たくて仕方ないみたい。
お風呂に入ってもらおうとしても、睡魔にすぐ負けてしまいます。
強引にお風呂に引きずり込むことも出来ませんし・・・・

晩御飯の前に入浴するのもひとつの手なんですが、いつもそう出来るわけでは・・・・

今日もそんな感じでした。
蒸し暑い日が続き、さっちゃんからも汗臭いにおいが漂ってきます。
絶対に入ってもらおうと気持ちを込めて「入るよ」と言います。
「つかるだけでいいから」とも言いました。
さっちゃん、不思議と素直にお風呂へと向かいましたね。

この機を利用して、僕はさっちゃんに歯を磨いてもらおうとします。
でも、いくらそれに誘導しようとしても、反応してくれません。
歯ブラシを手にしてくれません。

お風呂に入ったさっちゃんは簡単に済ますのかと思いましたが、いつも通りに。

お風呂から上がって、僕はさっちゃんに再び歯を磨いてもらおうとします。
歯磨きをつけた歯ブラシを手渡しします。
すると、髪の方へ持って行くではありませんか!
なんと! なんと! さっちゃん、歯ブラシで髪を梳こうとしています!
洗髪したので髪の毛がぐちゃぐちゃになってるんです。
髪の毛を早く梳きたくて仕方なかったんでしょうね。

まあ、この程度のことですから、笑っちゃいました。
濡れたタオルで髪の毛を拭いたので、「ま、いいか」ということに。
それから、もう一度歯磨きを載せて、やり直し。
今度はきちんと歯磨きが出来ました。
コメント

さっちゃん、まさかのものを忘れてきました

2018-05-02 23:20:04 | 今日のビックリ
昨日(火曜日)、デイサービスから帰って来てからのことです。
さっちゃんがなにやら困っているふう。
どうしたんだろうと、聞くと、トレペがうまく止まらないようなんです。

さっちゃんは最近になってパンティーの中にトレペを挟むようになりました。
理由はよく分かりません。
分かりませんが、さっちゃんなりの綺麗に保つための工夫なんでしょうね。

で、どうして上手くいかないんだろうと見てみると、
あれれれ!
ズボンは穿いているのに、パンティーを穿いてない!

家の中をあちらこちら探しましたがありません。
多分、デイサービスの場所で忘れたんでしょう。
「デイサービスでトイレには入った?」と聞くと、
明確ではありませんが、どうやら入ったみたいです。

「電話して聞いてみようか?」と言うと、
「恥ずかしいから絶対ダメ!」とのこと。
パンティーは買えばいいので、聞かないことにしました。
コメント