さっちゃん 空を飛ぶ

認知症で要介護3の妻との楽しい日常を 日記に書き留めたいと思います

さっちゃんも僕もなんとか無事に今年を終えられそうです

2017-12-31 23:02:41 | 病気やら体調やら
熊本の実家にいます。
父が20年近く前に亡くなり、
母と甥っ子家族が住むようになり、
そのうち、母が認知症になりました。

僕はさっちゃんとともに会うことが親孝行と思って、盆暮れに足しげく帰省することになりました。
母が亡くなってからも、唯一の肉親ですから同様に帰省を続けています。

さっちゃんにとっては旦那の親戚ですから、以前から気苦労はあったようです。
人一倍そんなことには気を遣うたちでしたから。
認知症になってからもその点は同様、否、これまで以上に気になるようです。
生活環境が住み慣れた我が家と変わるのもさっちゃんにとってはきついことなんでしょう。
「早く帰ろう」
「いつ帰るの?」
とばかり、繰り返します。

我が家にいるとき以上に、僕だけが心の拠り所になるようです。
同じ家の中でも、1時間でも2時間でも離れていると、
「何をしてるの?」
「なんで戻ってこないの?」
不安な顔で、怒ります。

そんな様子ですが、まずまずの大晦日を迎えました。
体調もさほど悪化せずに大丈夫。
さっちゃんも昨日も今日も、時々「吐きそう」と言ってましたが、吐くことはありませんでした。
僕も疲労感はありますが、熱も出ず、わずかずつ快方に向かっています。

来年はどんな年になるんでしょう?
どんな年でも、さっちゃんとともに歩んでいく気持ちに変わりはありません。
コメント

昨日はさっちゃん、今日は僕が大変でした

2017-12-29 20:49:41 | 病気やら体調やら
一昨日熊本に着いた日から、僕の体調はあまりよくありませんでした。
「疲れた」「疲れた」を連発!
肉体的によりも精神的ストレスの影響が大きいような気がします。

まあ、それはともかくとして、熊本に着いたのですから、のんびりと出来、体調も回復するはず。

昨日は午後から銀行の用事があったのでバスで熊本中心街に出掛けます。
でも、やっぱり体調はいまいち。

そんな中、体調に問題ないと思っていたさっちゃんが吐き気に襲われます。
デパートのトイレに行って「少し吐いた」よう。
そのまま買い物もせず、二人とも帰宅。

僕は頑張って、それからプリン(実家で飼っているチワワ)を散歩に連れて行きました。
帰ってみると、さっちゃんが吐いていました。
レジ袋に上手にためています。
それからもときおり吐き続けます。
途中僕は夕食を食べました。お酒も。
でも、さっちゃんは何も食べず、ベッドの上。

4回目は20:10。

20:30に5回目。
このあたりからは緑色の液だけ。
内容物はどんどん減って来ていましたから。

何時吐くのかが分かりませんから、緊張しながら、さっちゃんの様子を見守り続けます。
布団を汚すわけにはいきませんからね。

吐瀉物の色が緑色になる理由は胆汁が混ざるからのようです。
さっちゃんに酸っぱいか? 苦いか? 聞きますが、よく分かりません。
酸っぱかったら胃液、苦かったら胆汁の可能性が高いから。

21:40に6回目。
22:00には大便をしました。
下痢はしてないようです。

0:35には水を少し飲みました。5ccほどだと思います。
水を飲むまでにはなりましたが、まだまだ吐きそうな雰囲気があります。

僕もこのころから寝てしまいました。

3:40、水を飲みました。20ccほど飲んだと思います。

その後、ぐっすり眠りました。

翌朝、さっちゃんは回復している感じでしたが、僕が駄目。
結局、僕は夕食までずう~っとベッドの上でした。
熱はないのですが、頭痛と疲労感でした。
さっちゃんも僕が寝てるので、一緒に寝てます。
起きて動かれると、僕も起きないわけにはいかないので、寝ていてくれて助かります。

今日はさっちゃんも僕も夕食を食べました。

明日からは大丈夫でしょう。
コメント

旅の途中、大阪駅でさっちゃんがはぐれて行方不明に!

2017-12-26 22:18:33 | 今日のビックリ
お、お、お、お、お、驚いたって
慌てようたって
とにかく、どうしようもない!

目の前からさっちゃんが消えちまった!

大阪駅の5番ホーム、「△11」印の場所で待っておくようにさっちゃんに告げ、僕は朝食を買いに行きました。
それが、9:20。
9:26に戻ってくると、さっちゃんがいない! 
そこに置いていた僕のザックもろとも!

あ~あ! やっちゃった!
僕にはすぐ分かりました。
9:24発の快速網干行に乗っちゃったんだ!
悔やんでももう遅いんです!
その列車が入って来ること、それには乗らないこと、僕たちが乗るのは9:30発の新快速なこと。
ちゃんと言っとけばよかった!

僕はすぐに行動開始!
まずは周辺の確認。
いません。

近くにJRの方がおられましたから、その方に話しました。
彼はすぐに別の列車に乗るらしく、駅の改札で相談するよう教えてくれました。

さっそく東口の改札口で優しそうな女性職員に相談。
僕の妻は認知症で、十中八九9:24の網干行に乗っていると告げます。
その電車を調べてほしいと要求するんですが、
「それは出来ません」の一点張り。
車掌さんは車掌室を離れられないんだとか。
え~~え? そんなことないんじゃないの? と思いつつ、それ以上要求できない僕。
「駅員さんに調べてもらえないんですか?」とも聞きましたが、
「電車を停めて調べることになっちゃいますが」と。
本当はそうしてもらいたいくらいですが、あまりにも大ごとのようで・・・・

各駅への情報伝達も10時になってから、などと悠長なことを言ってます。
とりあえず、大阪駅での構内放送で呼び出しをかけてもらいました。
でも、絶対に大阪駅にいるはずはありませんよね。
万が一いても、放送内容に反応してくれるとも思えません。

あの電車で終点の網干まで行って、そこで保護されればいいですが、
切符を持ってないさっちゃんが強引に駅の外に出てしまうことだってあるでしょうし、
東京方面へ帰っちゃうことだってあるかもしれません。
今晩予約してある広島県呉市のホテルには泊まれなくて、僕ひとり大阪市のどこかで泊まる可能性も考え始めてました。
それだって、遅くになってでも、さっちゃんが見つかればいいんですけどね。

10時少し前には、すべてのJR西日本の駅への連絡(迷子の捜索連絡のようなものでしょうか)をしてくださいました。

更にいろいろと出来る範囲でしていただいて、10:23過ぎ、
「尼崎駅で該当者がいるようですよ」と。
実にほっとした気分、というか
思いがけず幸運に見舞われたというか
嬉しくてたまらない気分でした。

10:30発の新快速で大阪駅を出て、次の駅が尼崎。
すぐに到着。

教えてもらっていた東口へ行くと、さっちゃんがいました!
僕のザックも足元にありました。

さっちゃんに近づき、頭を抱きかかえてあげました。
言葉もありません。
さっちゃん、ちょっと涙ぐんでます!
さっちゃんの不安や恐怖はいかほどだったでしょう!

あ~あ! 良かった! 良かった!

さっちゃんに聞くと、尼崎駅ですぐに降りて、そのホームで待ってたらしいんです。
なかなか会えないんで、自分で判断して、改札に来たんだとか。

まあ、いろいろと突っ込みどころ満載のさっちゃんの大阪と尼崎での判断ですが、
さっちゃんとしては百点満点の結果だったと思います。
誉めてやりました。

1、2時間たって、もっと詳しく聞こうとしたんですが、
もう、詳細は忘れてしまったようですね。
僕も詳しく聞くのは諦めました。
コメント

さっちゃんは僕と旅行中!

2017-12-25 22:36:24 | 旅行
23日の晩に東京駅を「ムーンライトながら」に乗りました。
これまでもたびたび実行した僕たちの旅パターン。

さっちゃんが認知症になってからは初めてでした。
以前も同様の旅をしたことはほとんど覚えていないみたい。
いきなり、夜の夜中に電車に乗って、どこか知らないところに運ばれて行く。
そんな印象でいるんでしょうかね?

パソコンの電源コードを自宅に置いたままにしてきて、パソコンがすぐ使えなくなりました。
今日、ケーズデンキで購入できて、やっとパソコンが使えるように。

明日は移動日ですが、24日からのことはおいおい。
コメント

昨晩はいろんな記念日で御馳走を食べました

2017-12-23 19:25:13 | 食事・食器
昨晩はサンマルクで季節のフルコースをいただきました。
と言うのは、二ヵ月遅れなんですが、
さっちゃんの誕生日と喜寿のお祝い
僕たちの結婚記念日のお祝いをしたのです。

ワインも店でいちばん高価な赤をボトルで頼みました。
ワインのことはよく分かりませんが、美味しいワインでしたね。


▲メインディッシュの時ですね。フラッシュは焚けませんから、暗めの写真です。
コメント

山の会の例会は忘年会だったんですが・・・・

2017-12-21 22:35:16 | 例会
昨日は山の会の例会でした。
さっちゃんも僕と一緒に参加。
いつもより少し早めに終了して、居酒屋へ移動しました。

4人がけのテーブル3つに並んでみんなが座ります。
さっちゃんのテーブルにも岩トレで一緒に行ってくれている女性二人が一緒でした。
ですから僕も安心して、隣りのテーブルで山の話題に熱中できます。

時々、さっちゃんの様子を眺めるんですが、よく食べて飲んでるみたいです。
先月と比べても表情が楽しそうでした。

お酒(黒糖焼酎「弥生」のオンザロック)も普通に進んでいます。
1杯目は僕より早く飲み干してます。
2杯目を僕と同時に追加注文しました。
さすがに3杯目は僕だけの追加でしたが、普段の家での酒量と比べると、3~4倍でしょうか?

居酒屋を後にする頃には、ちょっとふらふらした感じ。
気持ちが悪く、「吐きそう」とも。
電車内は夜中にもかかわらず、超満員!

吉祥寺駅ではトイレを探してあちこち歩きました。
駅員さんに聞いて、それでも分かりにくかったトイレでしたが、さっちゃん駆け込みます。

それからも乗り換えますが、人ごみや電車の揺れにさらにやられたんでしょうか?
立川駅の手前で吐きました。
持っていたレジ袋で受けます。

青梅線に乗り換えてからも吐き、別のレジ袋で受けます。
拝島駅に降りて、そのホームでも吐きました。

タクシーで帰りたかったのですが、タクシーはいなくて、人はたくさん並んでいます。
仕方なく歩いて帰ったんですが、それが良かったのかな?
だんだん納まったよう。

帰宅後はすぐに布団へ。
ティッシュと洗面器をすぐ横に置いておきましたが、何事もなく眠ってましたね。

ただ、今日は昼過ぎまで熟睡。
僕も同じく。(昨晩は2時に寝ましたから)
僕ひとりで朝食(昼ですけれど)を作り終わったころ、さっちゃんも起き出してきます。
まだ、「ちょっと気持ち悪い」と言ってましたが、
僕も二日酔い気味でしたから、同じなんでしょう。

若いころは底なしな感じで、僕よりも強かったさっちゃんですが、
どんどん弱くなってますね。
外ではあんまりたくさん飲ませないようにしなくちゃ!
だけど、楽しそうに飲んでましたよ。
コメント

デイサービスはさっちゃんのためだけではなくて、僕のためでもあるんですね

2017-12-19 21:48:59 | デイサービスや介護
さっちゃんのデイサービスのパターンが今回も繰り返されましたね。
前日は行くことをちょっと嫌がります。
でも、当日は当たり前のように出発。
帰って来るときは笑顔で、「楽しかった」と言います。

でも、今回とりわけ僕が感じたのは、さっちゃんのデイサービスは僕のためでもある、ってこと。
さっちゃんと一緒にいるときはどうしてもさっちゃん中心に思いを動かし、行動もとります。
どこかしら気を張っているんです。

それが、さっちゃんがデイサービスに出かけた途端、僕だけの時間になります。
何でも好きなことが出来るんです。
まあ、好きなことと言っても普段とそれほど変わりませんがね。

今日、何をやったかと言えば、まずは洗濯をしました。
普段はさっちゃんと一緒にします。
今日は昨晩のお風呂の残り湯を使いたかったこともあって、僕ひとりで洗濯。
実に気楽に出来ます。
それからは朝刊を読んだり、パソコン作業をしたり、いつもとさほど変わらないんですけどね。

さっちゃんと一緒に過ごす時間も僕は大好きなんですけど、
やっぱり気を抜いてリラックスする時間も大切ですね。

今日、富山に住んでいるK井さんからさっちゃんへのプレゼントが送られてきました。
可愛いポーチです。刺し子模様の入った心のこもったプレゼント。
お手紙も同封されていました。さっちゃんと僕に1通ずつ。
その中の文章。
『先日は久しぶりの再会でとっても楽しかったです。(中略)あの時、◎◎さん(さっちゃんのこと)は私に「あれから東京に戻ったのかと思った。まだ富山にいるの?」と話しかけてきました。覚えていてくれたんだ。私のことも、富山(立山室堂)のことも。一瞬のことかもしれませんが、嬉しかったです。』
さっちゃんも本人を前にすると、記憶が鮮やかに(とまでは全然言えないんでしょうが)蘇るんでしょうか?
こんなことを知ると、僕も嬉しいですね。
コメント

不便でも、非効率でも、さっちゃんと一緒に買い物に行くのが・・・・好きなのかな?

2017-12-16 22:12:27 | 買い物
今日もとりわけ何もない日なんですが、
何にもしないでぼ~っとしてるわけにもいかないんで、
それなりにはいろいろありました。

僕が病気でもして、何にも出来なくなる状況はありえるでしょうけれど、
それはそれでぼ~っとなんか出来ない!
逆に、気苦労、気遣いばかりが増えて、フラストレーション、ストレスが半端なさそう!

朝食のあと、お昼くらいに、近くの(と言っても歩けば30分以上かかるんですが)島忠に出かけました。
店内改装とかで、安売りをしているとのチラシが入ってたんです。
主夫してますもんね~っ!

ひとりで自転車乗って買い物してくれば、楽ですし速いんですけど、
さっちゃんの運動やら気散の必要ありますから、二人で出かけました。

往きは自転車の後部座席にさっちゃんを乗せて、
(一般道では乗せませんよ。ルートのほぼ9割は多摩川の土手でしたから、そこでだけ)
帰りは荷物を座席に積んで歩いて帰ります。

さっちゃんは往きでも「一人で自転車で行った方がいいんじゃないの?」と言いました。
僕は「さっちゃんと散歩したいんだよ」と返事。
帰路もさっちゃん、また言います。
「私はひとりで帰れるから、自転車こいで先に行ったら?」と。
後部座席に大きな荷物を積んであるのですが、僕が自転車を押して歩いているんです。
僕はまた言います。
「散歩したいんだから歩かせて」と。
でも、もうひとつ内心では
「さっちゃんがちゃんと帰って来れるか不安なんだよ」と、言ってます。
実際その後、土手から離れる場所を通過しそうになっちゃいましたしね。

とは言っても、さっちゃんにも時々手伝ってもらいました。
まあ、僕の意図がなかなか伝わらないという、まどろこしさはあるんですが。
コメント

これって何? キウイだよ。 これ何? キウイ!

2017-12-15 18:22:08 | 忘れる
今日も秋川ファーマーズセンターへ野菜を買いに行きました。
西の空に少しだけ青空が見えるだけで、曇天。
でも、雲間から薄っすらと陽が射してくると、意外に暖かく感じます。
さっちゃんは最初は手袋もウールキャップもしてましたが、途中で外します。

今日のお買い物一覧。
セロリ、ワサビ菜、聖護院大根、カーボロネロ、二十日大根、人参(ベーターリッチ、甘みが強くくせがない)、トマト、ブロッコリー、白菜漬物、高瀬田んぼのまゆ玉(米粉のおまんじゅう)

買い物のあと、センターの食堂で昼食。
僕はカツカレーライス、さっちゃんはカキフライ定食。
カキフライ定食には果物のデザートが付いていました。
さっちゃんがその果物を指して僕に聞きます。
「これって何?」
「キウイだよ」と、僕は答えます。
さっちゃんは最初のひと切れを食べます。
1分後くらいでしょうか? ふた切れ目を口にする前に、再びさっちゃん。
「これは何?」
「キウイだよ」と、もう一度僕は答えます。
さすがに3切れ目では聞かれませんでしたけれど、もし聞かれたら同じように淡々と答えるでしょう。

さっちゃんは関心のあること、気になること、知りたいこと、は繰り返し聞きます。

帰りにはほぼ快晴のような空になってました。
往復4時間ほどの散歩です。
コメント

ケアマネージャーさんが我が家に来て、ちょっと話しました

2017-12-14 17:39:50 | デイサービスや介護
今日はお昼前にさっちゃん担当のケアマネージャーさんが我が家に来られました。
来月のサービス利用票を確認するために来られたのです。

ついでに、さっちゃんのデイサービスでの様子を聞いたりもしました。
施設内ではさっちゃんの笑顔が印象的なようです。
運動の方はしっかりやってるのは当然として、歌もよく歌ってるとか。
家ではテレビの歌番組を観たりしながら、昔の歌とかを僕が大きな声を出して歌ってしまいますから、
さっちゃんが歌うことはほとんどありません。
昔は「家で一人の時はよく歌ってるよ」と言ってましたが。

ただ、塗り絵とかは苦手なようですね。
そんな作業も少しは出来るようになってくれればいいのですが。

デイサービスでの活動はスタートとしては順調だと思います。
予想以上かもしれません。
そんなこともあってか、いま週に一回なのを二回に増やしては?と、ケアマネージャーさんは提案。
さっちゃんも「かまわないよ」と言いますし、僕もその方向で考えたいですね。
急ぐことではありませんから、来月になってから考えようと思います。
コメント