さっちゃん 空を飛ぶ

認知症で要介護3の妻との楽しい日常を 日記に書き留めたいと思います

夕方、お風呂に入りました

2018-06-06 22:04:53 | 風呂
今日は一日じゅう雨。
買い物しなければならないモノもなくはなかったんですが、
「まあ、いいだろう」と出かけませんでした。

それで夕方、湯船にお湯をため、入浴することに。
入浴自体はいつもと同じ。

なぜ夕方かと言うと、
夕食食べてからだと、さっちゃんはすぐに眠たくなってしまうんです。
いったん「もう寝たい」となると、よっぽどでないかぎり無理にお風呂に入らせることは出来ません。

こんな時間に入浴するのもいいものですね。
これからもチャンスがあればそうしたいです。
コメント

石鹸でもシャンプーでも、さっちゃんは顔を洗いました

2018-05-25 23:11:14 | 風呂
今日はいろいろとこのブログに書きたいことが多かったですね。
今日の第三弾はお風呂場でのこと。

さっちゃん、タオルに石鹸で泡立て体を洗います。
そのタオルで顔もこすって洗ってしまいました。
まあ、これはこれで構いませんがね。

いつもなら次に洗顔フォームで顔を洗ってもらうんですが、今日はそれはいいことに。
で、手のひらにシャンプーを出して、次は洗髪です。
僕は「ここを洗うんだよ」と、頭を触ります。
なのに、さっちゃんシャンプーを手のひらで泡立てて顔を洗い始めました。

あらあら、二度目の洗顔。
まあ、これも構いませんけどね。

シャワーで顔のシャンプーを洗い流して、もう一度同じことを。
今度はきちんと洗髪してくれました。

さっちゃんと一緒にお風呂に入っていると楽しいことがたくさんあります!
コメント

8日ぶりにお風呂に入りました

2018-05-14 22:28:36 | 風呂
さっちゃん、尾瀬では3日間よく頑張って歩きました。
滑って尻もちもたくさん搗きましたし、
薄くなった雪も数え切れないほど踏み抜きました。

そんな様々な条件が重なってるんでしょう。
翌日から脚、腰、お尻が筋肉痛。
少しずつ酷くなり、水・木・金あたりが筋肉痛のピーク。
その後も痛みは急には収まりません。
今日もまだまだ大変です。

とは言え、今日の昼、さっちゃん8日ぶりにやっとお風呂に入りました。
ここまでは「痛い」とか「眠い」とかで、なかなか無理に入ってもらうことも出来ませんでしたから。

しばらく入浴していなかったので、
さっちゃん、入浴の要領を少し忘れてしまってます。
まあ、やってるうちに思い出しては来ますけど、
タオルに石鹸をぬりつけることなんか、なかなか思い出すことが出来ませんでしたね。
コメント

なかなか洗ってくれません

2018-01-22 22:19:35 | 風呂
昔から一緒にお風呂に入ることが多かったんですが、
さっちゃんが認知症になってからは必ず一緒に入浴します。
今日も一緒に入りました。

僕は湯船につかりながら、さっちゃんに指示出しします。
「石鹸で体洗いな」
「洗顔フォームで顔を洗いな」
「シャンプーで髪の毛ね」
とか、手で体を、顔を、髪の毛を、触って指示するんです。
そうしないと、石鹸や洗顔フォームで髪の毛を洗ったりしちゃいますから。

今日は、手に石鹸を付けて体を洗うという、簡略な方法でしたんですが、
なかなか、あそこを洗いません。
「※★◇!を洗わなきゃ!」と僕が言うと、石鹸を付けて顔を洗います。
「顔は洗ったよ」「※★◇!まだ洗ってないよ」
さっちゃんはまた石鹸を掌に付けて足を洗います。
「そこじゃないよ。※★◇!だよ」
さっちゃん、再び掌に石鹸を付けて、また顔を洗います。
「あれれ、顔は3回も洗ったよ」
「※★◇!だからね。おしっこやウンチの出るところだから、綺麗にしなくちゃ」
さっちゃん、「分かってるよ」と言いながら、やっとちゃんと洗ってくれました。

タオルに石鹸を付けて体を洗うと、※★◇!もちゃんと洗っています。
掌に石鹸を付けて洗うと、ちゃんと場所を意識しなくちゃならないんでしょうね。
さっちゃんには少しハードルが高くなるみたいです。
でも、ちゃんと僕の言うことを面倒くさがらずに聞いてくれます。
僕もあんまりしつこく言うのは良くないなあと反省しました。
思うようにしてくれないと、だんだん僕の声も大きくなってしまいますし。

注)※★◇!ですが、「おしり」と言いました。でも、意味するところは文中にある通り。さっちゃん、本当に「おしり」だけを洗ったりもしました。
コメント

お風呂に入っても、着替えには無頓着のようです

2017-11-09 22:53:00 | 風呂
夕食前、さっちゃんは「お風呂には入んないで、すぐ寝る」と言ってました。
でも夕食後、食器を洗ってくれた後で、「お風呂に入る」と言うではありませんか!

前言を忘れちゃって、いい結果のこともあります。

今晩のことはともかくとして、
さっちゃんはお風呂に持っていく着替えを揃えるのが苦手。
パジャマと着替えのパンツ(パンティー?)を持っていけばいいだけなんですが。

結局、だいたいいつも僕が「このパジャマを持っていきな」と渡します。
パンツはさっちゃんがお風呂場に入った後で、着替えのパジャマの上にそっと置いておきます。
と言うのも、パンツを最初に渡しておくと、どこか別の場所に置いてしまって、
前と同じパンツをそのまま穿いてしまうことが何回かあったからです。

今晩はさっちゃんが自分から「お風呂に入る」と言い出したので、僕は嬉しかったですね。
コメント

あ、あ、あ、あ、あっ! 違う! 違う!

2017-10-12 23:24:05 | 風呂
尾瀬から帰って来て、ずいぶんと久し振りにお風呂に入りました。
さっちゃんも、僕も。
先週はまずさっちゃんが体調を崩し、入れ替わりで今度は僕が崩しちゃいましたから。

尾瀬から帰って来て、二度目の入浴の際のことです。

さっちゃんの入浴時には僕も一緒に入ることにしています。
どうも、ちゃんと自分の体を洗えていないように感じるからです。
石鹸と、洗顔フォームと、シャンプーを使います。
体はどれ、顔はどれ、髪の毛はどれ、とはっきりと分かってないようなんです。

この日はいきなり髪の毛を濡らして、洗髪をスタートさせてました。
髪の毛にシャンプーをかけてやります。
自分ではどれを使うのか分かっていません。

「じゃあ、次は体を洗おう」と、白い石鹸を渡します。

次に、
「顔を濡らしてね。顔を洗うから」と洗顔を促します。
さっちゃんはそうします。
「手のひらを出して」と、手の平に洗顔フォームをのっけます。
「顔だからね、顔」と、それでどこを洗うかを再確認!
でも、
「あ、あ、あ、あ、あっ! 違う! 違う!」
僕は思わず叫んじゃいます。
さっちゃんは泡立った洗顔フォームまみれの手の平を髪の毛へ持って行ってしまいました。

まあ、大したことではありません。
笑い話のようなこと。
楽しくもあります。
もう一回、髪をお湯で流して、洗顔フォームを再度手の平へ。

今度は無事に終了。

さっちゃんは昔からお風呂にはさほどこだわらない方。
でも、入浴後はさっぱりした気分で気持ち良さそうです。
コメント

下山後、入浴して汗を流すのは気持ちいいんだけど・・・・

2017-07-21 17:20:54 | 風呂
一昨日下山した時のこと、バス停のすぐ前に入浴できるところがありました。
バスまでの時間もたっぷりありましたから、当然入浴して、さっぱりと汗を流しました。

さっちゃんにも着替えを持たせていましたから、二度三度と言い渡して、これとこれを着替えるんだよ、と言っておきます。

蛇口を見ると、「あちゃ~! こりゃ駄目だ~!」と思ってしまいます。
お湯が出る栓と水が出る栓が別にあって、それぞれの量を自分で調節して、適温にするタイプの蛇口なんです。「さっちゃんにはこの調節は難しいだろうな~ぁ」と思ってしまいます。まあ、大きな湯船から直接お湯が汲めるし・・・・

洗剤もボディーソープ、シャンプー、コンディショナーの表示。これじゃあさっちゃんには分からない。近くの文字が見えにくいというのもあるのですが、見えても理解できないでしょう。
泡がたちさえすれば、どれを使っても綺麗にはなるから、いいか、と思うことに。

さっちゃんが僕の後にお風呂から上がって来ました。あ~あ! 長袖のTシャツに着替えていません。何とパンツも着替えていません。パンツは再度穿いてはいないのですが、CWXをじかに穿いてしまっています。CWXも汗びっしょりなのに。

バスの乗客は7、8人しかいませんでしたから、最後尾の席でロングTシャツは着替えることに成功。でも、パンツまでは無理です。

汗臭くもありませんし、髪も洗ったようですから、気持ちはよくなってるんじゃないかな?
コメント

さっちゃんが朝風呂に入りました

2017-07-13 11:45:25 | 風呂
朝起きると、「あつい、あつい」とお風呂にいるので、
布団の上が暑くて、お風呂場で寝たいのかな? とか
湯船に水をためてつかりたいのかな? とか想像しました。
「シャワーを浴びたら?」と聞いてみるのですけれど、
どうも、微妙にそんなことではないようです。

だんだん分かって来たのは、「入浴したい」ということ。
ですから、お湯をためて、結局、僕も一緒に朝風呂に入りました。
気持ちいい~!

ここのところ、僕は夜に入浴していましたが、
さっちゃんは「眠い!」と、すぐ寝てしまっていたのです。
手を引っ張って、体を起こしてお風呂に入ってもらおうと、したりもしたのですが、
眠い、眠い、と、嫌がっていたのです。
でも、やっぱりお風呂に入りたくなったみたいで、朝風呂ということに。

体が気持ち良くなることは、いいことですね。
コメント