カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

チョンウチはカン・ドンウォンに決めた!

2011-03-31 19:51:35 | チョンウチ

祝『チョンウチ』公開 

 

ということで

過去記事からチョンウチシリーズ

掘り出しますよ

 

な~るほどザ・チョンウチ 

 

2年ぶりにカメラの前に現れたウォンくん大人っぽくなって素敵でした 

 

 


チェ・ドンフン、“一言でムチャクチャ?...チョンウチはカン・ドンウォンに決めた!”

2009.12.21 ホン・スギョン記者

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=22050&contcode=020401

 

-青少年観覧不可の映画を作った監督がどうして、12才観覧可の映画を作る気になったのか。

私の意志ではなかった。 <チョンウチ>を子供の映画として作ろうと思ったのではないが、作っていくうちに、少し純粋になったようだ。 <チョンウチ>で笑ったのが、今までだいたい120回は見たが見る度にだんだん少年になっていく。 それで少年好みの映画だと思った。 成人の映画を作っていたのに、突然子供の映画を作ったと失望する人々もいるだろうが、厳格なおとなも子供のような時があるのだから。

-おいたちにはなして聞かせた物語が原案だといった。 本当に<チョンウチ前>が原作ではなかったのか。

おいたちに聞かせたのはもっと純粋だった。 チカチカポンという少年が美しい少女を悪魔から救う話だった。(笑い) <いかさま師>を終わらせて<火山高2>を準備するつもりで、友人と草稿を一緒に作った。 とてもあきれる話だったが、シナリオを作るうちにSF的な話の楽しみを感じた。 多分その影響もあったようだ。

-では、チョンウチは正確にはいつ心に入ってきたのか?

幼い時からチョンウチが好きだった。 <いかさま師>の前に映画化を考えたがどう解釈すべきか漠然としていた。 チョンウチがとても魅力的なキャラクターなのでそこから抜け出そうとしたが、ある日‘なぜ抜け出るだろう? 撮ればいいじゃないか’と発展したようだ。

-原作が影響を及ぼした部分はあるか?

宮廷のシーンだけそのままだ。 脚色というより全部想像して作ったのだ。 <チョンウチ前>の原形だけを反映した。

-その原形というのは、チョンウチのキャラクターか?

そうだ。 一言でムチャクチャ. 大義とは全く関係ない、本当に極めて個人的な欲望だけのキャラクターだ。 悪いことをしていたずらだけする。

-シナリオを完成する前からカン・ドンウォンに決めていた。 彼を選らんだ特別な理由があるならば?

カン・ドンウォンと私席で初めて会った時にとても素晴らしかった。 二回目に会った時は妙な遊び心を発見した。 <いかさま師>の舞台挨拶で回るときに<私たちの幸せな時間>チームと大邱(テグ)で会うことがあった。 夕方、釜山(プサン)に集まって一緒に酒を飲んだが、カン・ドンウォンがどんな人間なのかとても気になった。 また、妻が<あいつ声>のプロデューサーだったがカン・ドンウォンがとても素晴らしいだけでなく、少し少年のようだったと言った。 結果的に、映画を見たら‘カン・ドンウォンでなければ誰がチョンウチをするのだろうか’という気がする。 シナリオ上のチョンウチとカン・ドンウォンのチョンウチを見ると、彼のほうがおもしろい。 それで信じて行った。

-<犯罪の再構成>と<いかさま師>はセリフが強く残る映画だった。 <チョンウチ>ではセリフよりシーンを残そうと思う欲が見える。

以前の映画のセリフが良かったというよりは俳優たちがうまく演技したようだ。(笑い) <チョンウチ>はファンタジー映画だからある程度スペクタクルが必要だったし、それで場面を長く引っ張っていった。 以前には場面がとても短くてとても多くのシーン(Scene)だったとすれば、今は長いシークエンス中にずっと続くシーンがある。 以前には次のシーンが今のシーンの後に出るが、<チョンウチ>の場合はシーンが物理的にもつながる。 短いシーンを続けて進めるのもおもしろかったが、シークエンスを構成してシーンをとても長く引いてみたかった。 空間はどんどん変わるが話はいつも同じ、そのような演出をしてみようと思った。

-その上始めと終わりを飾るナレーターがいるから弁士のいるモダン劇の感じもする。

そのような感じが欲しいと思った。 現代の映画では表現するのが難しい部分だが劇の中の話し手(誰なのかはスポイラー!)と言ってもかまわないキャラクターであった。 多層的な話の形式が好きなので。

-映画の中の世界はどのように設定したのか?

2年半前に決めたので記憶がぼうっとする。 チョンウチは何でも積極的にするキャラクターではない。 反対に何もしない。 彼が劇中でしたいことは大切な争いの笛を探すこととは何の関係もない。 チョンウチは導師の象徴の青銅の剣と鏡を持ちたいという欲があるだけなのに、それを探して笛の話に割り込むのだ。 一つの巨大な騒動劇のように見せたかった。 なのでチョンウチは何もせずに、遊びたいがやむを得ず妖怪を捉えなければならないということだ。 チョンウチのキャラクターのために全ての話が作られることになった。 チョンウチを遊べないようにしようとドラマを組んだ。(笑い)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォンと映画を撮りたい

2011-03-30 16:30:29 | その他

ヨロブン アニョハセヨ~ 

 

韓国語のお勉強は進んでますか 

 

韓国語のお勉強は

韓国語教室に通うのが一番の近道かもしれません 

しか~し 

 

時間がかかる、お金がかかる 

いかにしてお安くキョ~ミを持って頑張れるか

 

そこでです

 

昨日から始まったN〇Kのテレビでハングル講座はいかかでしょう 

毎週火曜日、23時N〇K教育テレビ(再放送土曜日、朝6時半)

今年度は超新星がレギュラーです

★訂正です! ネット確認したところ 再放送は土曜日6時からでした

ゴメンナサイ!番組表での確認お願いします~

http://www.nhk.or.jp/gogaku/hangeul/tv/

 

一度お試しください

なかなか固くなった頭の中にハングルは入ってこないけど

ドンくんに会ったときに、挨拶だけでもできたら… 

ガンバロー 

 


 

'告白'中島 哲也監督"カン・ドンウォンと映画を撮りたい"

2011.03.25 翻訳サイト使用

http://osen.mt.co.kr/news/view.html?gid=G1103250061

 

 [OSEN=チョ・ギョンイ記者]

映画‘告白’を通して韓国の観客と会う中島 哲也監督が一緒に映画を撮りたい韓国の俳優でカン・ドンウォンを挙げて話題を集めている。

映画‘告白’を通して独創的な感性と独特で繊細な映像美を披露して絶賛を受けている中島 哲也監督が一緒に映画を撮りたい韓国の俳優でカン・ドンウォンを挙げた。  彼は“韓日合作映画を演出するとしたら、韓国俳優の中で誰と最も一緒仕事をしたいか”という質問に“韓国には立派な俳優がとても多い。 あえて1人を挙げろと言うならカン・ドンウォン氏だ”と答えた。 続いて、“妻が熱烈なファンだ”と、日本国内の韓流ブームを実感できる気のきいた理由も付け加えた。

また、国籍に関係なしで最も視線を引き付ける監督ではイ・チャンドン監督を挙げた。 彼は“‘オアシス’‘密陽(ミリャン)’のように、どうしたら人間をあのように深く描くことができるのか私には想像もできないことだ。 ぜひ一度お会いして、映画を作ることについて色々教えていただきたい”と、イ・チャンドン監督に対する絶賛を惜しまなかった。

映画‘告白’は13才中学生らのいたずらな殺人、彼らに対する、娘を失った女性教師の復讐、そして事件を取り囲む、彼らの残忍な告白を描いた映画. 国内にも多くのファン(パン)を持っている‘下妻物語’ ‘嫌われ松子の一生’等で独創的で感覚的な演出の実力を認められている天才監督‘中島 哲也’がメガホンを取ってより一層期待されている。 3月31日に封切りする。

crystal@osen.co.kr

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『チョンウチ』トップスター大挙出演で興行成功!

2011-03-29 19:51:10 | チョンウチ

『マジック』の記事をアップしてから 

 

『マジック』が気になって気になって 

また、見始めました 

 

ストーリー的には少し暗いのですが

『マジック』のドンくん大人っぽくて好き 

でも、やっぱり若いね~

 

毎日少しずつニマニマしながら見ます~ 

 


トップスターの大挙出演、興行成功するだろうか?

2011.03.29 翻訳サイト使用

http://osen.mt.co.kr/news/view.html?gid=G1103290033

 

[OSEN=チョ・ギョンイ記者]

トップスターたちがひとつの作品で出会って、一流の演技力を披露している。 観客はひとつの作品で有名な俳優たちの演技を全てみることができるので良いが、製作会社の側からみると、トップスターたちのギャランティーが重くのしかかる。 このように作品にトップスターを大挙キャスティングして、利益分岐点を超える興行ヒットを飛ばすことはたやすいのだろうか。

トップスターが集団で出演して興行ヒットを大きく飛ばした代表的な映画は‘チョンウチ’だ。 2009年末に封切りした‘チョンウチ’は、カン・ドンウォン、キム・ユンソク、イム・スジョン、ユ・ヘジン、ヨム・ジョンアなどが出演して星の饗宴を思わせた。 この作品は600万観客を動員して興行に成功した。


その次は2010年9月に封切りした映画‘無籍者’がある。 この作品には韓流スターらが大挙出演して目を引いた。 ソン・スンホン、チュ・ジンモ、チョ・ハンソン、キム・ガンウなど国内だけでなくアジアで多くのファンを持つ美男スターたちが出演した。 だが、この作品の興行成績は良くなかった。 この作品は150万観客を動員しただけで終わった。 俳優たちの名声に比べて情けない成績だ。

今年の映画‘マイ ブラック ミニドレス’(原題)がそのバトンを受け継いでいる。 ユン・ウネ、パク・ハンビョル、ユインナ、チャ・イェリョンなど、トレンドを導いて広告市場でも、スター性の面でも羨望される俳優が一つになった。 しかし、この作品は3月24日封切りして、現在18万観客を越えてオフシーズン市場で苦戦を強いられている。 アカデミーの恩恵を受けて作品性で勝負する‘ギングススピーチ’が、目につくスターが一人もいない中堅俳優らが出演して内容で勝負する‘あなたを愛しています’に押されている。  

真のトップスターのキャスティングを誇る映画が現在、準備に拍車をかけている。 ‘チョンウチ’でトップスターの大挙キャスティングで成功したチェ・ドンフン監督の四作目の作品‘泥棒がはいる’(仮題)で、豪華キャスティングをみせた。 キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、キム・ヘスク、オ・ダルス、キム・スヒョンまで総7人の俳優たちがこの映画のために集まった。 俳優一人一人のネーム バリューだけでも期待できる韓国映画界の最高のスターたちの出会い。 これに俳優たちの演技の饗宴とともに興行にも関心が集まっている。

crystal@osen.co.kr

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『チョンウチ』公開決定!・『義兄弟』DVD発売決定!

2011-03-28 16:43:52 | チョンウチ

 『チョンウチ』公開決定 

 

待ちに待った公開が決まりました

ついに大スクリーンでチョンウチに会えます  うれしい

クリックぴあ映画生活に紹介されている内容は…

 

『チョンウチ 時空道士』(仮題) 

 2011年7月31日公開

配給ツイン

 

まだ、詳しいことについてはありませんが

え~時空道士  笑

という点を除けばビックニュースです 

 

まだまだ、日本中が大変な状況ですが

チョンウチ、希望の光です 

 

 

 

 


 

『義兄弟』 DVD発売決定

 

DVD情報クリック

2011年5月27日発売

韓国語原題:義兄弟
英語題:SECRET REUNION
監督・脚本:チャン・フン『映画は映画だ』

価格:4,935円(税込)
仕様:豪華版2枚ディスク
・本編ディスク:本編、オリジナル予告、日本版予告収録予定
・特典ディスク(仮):カン・ドンウォン来日時舞台挨拶、カン・ドンウォン来日時記者会見、カン・ドンウォン来日時インタビュー、韓国版メイキング、フォトギャラリー風etc 収録予定



『義兄弟』DVD発売記念パネル展の開催

【日時】2011年5月26日~6月9日
【場所】タワーレコード渋谷店4F下りエスカレーターホール
※日時、場所は変更される場合がございます。ご了承ください。

 

 

ドンくん、公益勤務の前にたくさんプレゼント置いていってくれてありがとう 

ヌナはうれしいですー 

 

  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『マジック』 ドンウォンが最高のプレーボーイに

2011-03-27 22:59:41 | マジック

昨日の夜からパソコンが使えなくなり 

ついにウィルスにやられたか 

 

 

…と思って大型電気店に修理をしに行きました

 

ところが

 

電気店ではフツーに開けたー 

昨夜から今朝、どうやっても開けなっかったのにナゼ~~~ 

 

「よかったー」

と言って帰ってきたけれど、恥ずかしかったー 

 

電気店のお兄さんに

パソコンに貼ったドンくんシールとドンくんの壁紙を自慢しに行っただけでした~ 

 


 

‘マジック’カン・ドンウォン、歴代のSBSドラマで最高のプレーボーイのキャラクターにぴったり

ニュースエン2007.08.24 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=1032&newsid=20070824111810809&p=newsen

歴代SBSドラマの中で最高のプレイボーイを演じたのは誰だったのだろうか?

 1位に選ばれたのは、カン・ドンウォンが演じたチャ・ガンジェ。 

 SBS 'マジック'に出演したカン・ドンウォンは1,203票を得て1位に選ばれた。 カン・ドンウォンはドラマの中で、成功のために愛する女性を捨てるが、全てを失ったときに再び愛した女性に執着する役を演じた。二人の女性を手玉に取るカリスマ性を表現した。

2位には “帰ってきたスネさん”で ユン・ダフン が演じた、亭主関白で自己中心的で常に妻を見下している夫、ユン・イルソクが、パク・ジニとの温泉でのキスシーンで1,097票を獲得し選ばれた。

 


<写真提供= SBSi>

そして、3位にはクォン・サンウが選ばれた。クォン・サンウは、“ただいま恋愛中”で、自分の唯一の才能・女性を虜にする魅力を生かして、成功するという野心を抱くユン・ホジェを演じて418票を獲得し、ランクイン。

その他には“ルル姫”のチョン・ジュノや“マイガール”のイ・ジュンギ、“ラブストーリー”のソン・スンホンなどが選ばれている。

[ニュースエン エンターテイメント部]

記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com

 

 

『マジック』のドンウォンくんのKOOLさにドキドキしました~ 

それまでとは違う冷たさにしびれます

強引なキスシーン、やるなドンくん  

 

 『マジック』あらすじhttp://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0146.php

SBSドラマ 16部作 韓国放送日2004年8月28日~2004年10月

Sチンピラの父に育てられたガンジェは、ひょんなことがきっかけで知り合ったマジシャンの親子、イ・デ ヘとソンモにマジックを習う。デヘに深い愛情を受けたガンジェは、彼を心から尊敬し、実の父親以上に慕う。それとは反対に、デヘの息子ソンモは、マジックに人生をかける父親に愛憎を抱きながら暮らしていた。ソンモは自分を生き別れた実の兄だと勘違いするダニョンと一緒に暮らすことになるが、彼女はガンジェと恋に落ちてしまう。
ダニョンの義理の姉ヨンジンが、ガンジェに想いを寄せることで、ドラマは複雑な人間模様を織り成していく。

 

 

17日SBSドラマ┃16部作┃韓国放送日2004年8月2804年10月17日

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『1%の奇跡』のおじいさん『超能力者』にも

2011-03-26 11:30:11 | 1%の奇跡

『1%の奇跡』のドンウォンくんはスーツがよく似合っていてカッコイイ~ 

 

23歳くらいの時に30歳くらいを演じてたんです

ドンくん大人っぽくて素敵 

 

『1%の奇跡』ドンくん演じるチェインのおじいさん

チェインが困っているときに老眼鏡の上から見てウシシ、いヒヒと笑うおじいさん 

イジワル~ 

 

『超能力者』でまたドンウォンくんと共演しています

7年たってあまり変わって無いけどズラになった 

 

大魔王なところにどきどき

 

大魔王がまめにタヒョンに会いに通う姿がかわいい

 

大魔王がたまに笑うともうたまりません

 

 

 http://www.imbc.com/broad/tv/drama/onepro/concept/index.html 

<1%の奇跡>は今までの日曜の朝ドラマでみせてきた家族中心のコミック劇中心から脱皮した、ハイティーン ロマンス小説や少女漫画などで見られるロマンスを導入したロマンス劇場という新しいジャンルをリリースする。 

<1%の奇跡>はドラマの題名で、このドラマの原作の小説の題名でもある。 この原作はインターネット小説ですでに証明された反応を持っている。ロマンス小説の長所を全て含んでいる。 

このドラマは20代女三人と30代男三人の純粋な恋愛物語で、どんな年齢層の女性でも喜んで見るくらいおもしろいロマンス ドラマだ。

 

 


 

超能力者ピョン・ヒボン、カン・ドンウォン、キム・ミンソク監督との特別な縁 

2010.11.02 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/press/view.html?cateid=1065&newsid=20101102133815247&p=newswire 

(ソウル=ニュースワイヤー)

スター性と演技力を同時に備えた俳優カン・ドンウォン、コスとの出会い、'超能力者とその能力が通じない男の対決'という新鮮な設定、期待の新人キム・ミンソク監督のデビュー作として注目されていている<超能力者>絶対的存在感をみせる俳優、ピョン・ヒボンの登場で話題を集めている。

 

 


各種アンケート調査で1位を席巻して熱い話題を集めている<超能力者>がカン・ドンウォン、コスに続く絶対的存在感をみせる俳優の登場で話題を集めている。 その主人公はまさにピョン・ヒボン! 韓国映画史に一線を引くほどの完ぺきな演技力と共に大韓民国最高の監督たちがいつもキャスティング上位に上げる俳優の彼が<超能力者>でもその存在感を表わした。 <超能力者>ピョン・ヒボンは'超人'(カン・ドンウォン)'キュナム'(コス)の運命的出会いの決定的な役割をはたすだけでなく'キュナム'がすべてのものをかけて'超人'を追撃する理由をもたらす重要な人物だ。 小さくて静かな質屋の'ユートピア'の社長'ジョンシク'に扮した彼は'キュナム'の新しい職場の上司で彼に仕事のノウハウを教える。 初めのうちは警戒していた'ジョンシク'は欲がなく純粋な'キュナム'にまるで息子のように接して幸せな毎日を送る。 小さい役なのにピョン・ヒボンが気軽に出演を受けたわけは<超能力者>チームとの特別な縁のためだ. <グエムル>の助演出で現場をかけずり回ったキム・ミンソク監督を見た彼は'キム・ミンソク監督は<グエムル>の時現場を縦横無尽だった。 すぐに監督としてデビューすると思った'と監督の才能に早くに気づいていた。 そのためキム・ミンソク監督の出演要請をすぐに受けた。 また、彼はドラマ'1%の奇跡'でカン・ドンウォンのおじいさんとして登場、彼の新人時代を共に過ごした特別な縁を持っている。 このように<超能力者>に時別の縁を持った大韓民国最高の俳優、ピョン・ヒボンの登場で映画に重量感を加える<超能力者>で多くの観客と出会うために後半作業に拍車をかけている。

カン・ドンウォン-コスの出演とハリウッドSF映画の中に登場する主人公でない、より現実的な'超能力者'とその能力が唯一通じない男の対決という独特の設定で注目されていている<超能力者>現在は後半作業中であり20101110日観客に公開予定だ。

出処:映画会社家

報道資料通信会社ニュースワイヤー(www.newswire.co.kr)配布

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

威風堂々な彼 カン・ドンウォン

2011-03-24 22:01:31 | 威風堂々な彼女

ドンウォンくんデビュードラマ『威風堂々な彼女』過去記事から…

 

ぺ・ドゥナ演じる頑張って生きるウニを応援しました

ドンくん初々しいね 

 

 

 


 

"威風堂々な彼"カン・ドンウォン

日刊スポーツ2003.04.27 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=100030&newsid=20030427120254340&p=ilgansports

<威風堂々な彼女> ‘威風堂々な彼’も1人いる。 カン・ドンウォン(22)だ。 CFモデル出身の彼は<威風堂々な彼女>で俳優としてデビューをして多くの女性視聴者たちの愛を一身に受けている。 “カン・ドンウォンを見るためにこのドラマを見ている”という女性視聴者たちが多いのが現実だ。 カン・ドンウォンは現在<千年之愛>の、キム・ナムジン、<ラブレター>の、チョ・ヒョンジェなどと共に最も脚光を浴びているニューフェースの男優だ。 劇中でキム・ユミとペ・ドゥナの二人から‘ステレオ’の愛を受けているカン・ドンウォンは独特の慶尚南道(キョンサンド)なまりを使って新人とは思えない自信あふれる演技を披露して好評受けている。 実際に釜山(プサン)出身のカン・ドンウォンは漢陽(ハンヤン)大安山キャンパス機械工学課に在学中であり、カツオウドンとLGサイアンCF,チョ・ソンモのミュージックビデオ<誓い>等で顔を知られた。 路上キャスティングされた彼は2000年7月からモデルとして活動している。 自ら挙げたチャームポイントは遊び心がありながらも愁いに満ちた瞳. サッカー選手が夢であったという彼はウォンビンと共に芸能人サッカーチーム‘ウィーナス"で活躍している。 実際の性格は劇中のように無愛想な慶尚道(キョンサンド)の男そのものだ。

 キム・ポムソク記者kbs@dailysports.co.krCopyrights

 

 

威風堂々な彼女 威風堂々なネタばれ…

 ある夫婦の元に、子供を身ごもった女性が現れる。その女性は、女の子供を産むと同時にこの世を去ってしまった。夫婦は仕方なく、その子供を同時に生まれた子供と双子として育てることにする。
たくましくて元気が良いウニ(ペ・ドゥナ)と、勉強が出来て大人しいクミ(キム・ユミ)、ふたりは自分達が双子であることを疑わず成長する。 ウニがはじめて好きになった男の子がジフン(カン・ドンウォン)。二人の思いは通じかけるが、自分もジフンを好きになってしまったクミに邪魔されてすれ違ってしまう。
そんなある日、テソン食品の会長が現れ、ウニかクミのどちらかが自分の息子の子供であると言う。母ギルリョは、クミが会長の孫娘だと言って手放すが、本当の娘はウニであった。ウニは、事実を知らずに貧しいながらもたくましく成長する。
ウニはひょんなことから、つぶれそうな会社カイン食品に就職することになる。しかし、カイン食品の後継者インウ(シン・ソンウ)は、つぶれかけた会社を自分に押し付けた父を憎み、会社を再建させようという努力を見せない。みかねたウニは、あの手この手で営業作戦を開始。インウは、そんなウニの姿を見て心を動かされる。
ウニこそが本当の孫娘だと知ったクミは、自分の座を奪われまいと、ウニを妨害する。シングルマザーとしての子育て、母の病気、借金、クミの妨害にも負けず明るく逞しく生きるウニだが、しかし、とうとう自分の出生の秘密を知ることに…。

■2003年製作 MBC TVドラマ 60分×20話
■放映時期:2003年3月12日~2003年5月8日
■平均視聴率25%(当時1位)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォンの三大デマ

2011-03-23 22:44:16 | その他

長年愛用していた卓上鏡が自分の不注意で割れてしまった 

 

地震で落ちて割れてしまったマグカップ  のこともあるので

この際、しまってあったドンくんミラーを使うことにしました

 

お風呂上りに、朝化粧のときに 

いつもお気に入りのドンくんを見ることができてシアワセ  

新大久保で自分のチョイスで作った鏡なのでお気に入り

 

気持ちよく1日が始まります 

 


 

カン・ドンウォン‘3代デマ’を説明“ゲイ説? 経歴が出た”(俳優探険)

2010.11.17 翻訳サイト使用

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201011170758291003

[ニュースエン文ホン・ジョンウォン記者/写真チョン・ユジン記者]

“正確なことが明らかになればよいが、人々がどう思おうが関係ありません。”

トップスターカン・ドンウォン(29)は自身を囲んだうわさに対してクールな反応を見せた。 その一方で“100回話しをしても効果がない”という‘あきらめた心情’を表わした。 彼は公益入所を控えて自身を取り巻くうわさに対して明らかにした。 最近ニュースエンとのインタビューでゲイ説財閥2世説広告業界いじめ説など‘3代デマ’をこれまで以上に詳細かつ率直に明らかにした。

‘ゲイ説’はいつからかカン・ドンウォンに付いて回った強力なうわさ. ‘父親財閥説’は父親の肩書が副社長という事実が知られて‘カン・ドンウォンは財閥2世’といううわさだ。 ‘広告業界いじめ説’も事実ではない。 カン・ドンウォンはただ広告関係者が彼と相談なしでコンテを変えるのが嫌いで、彼が望むビジュアルができなくてCFをあまりしないだけだ。 カン・ドンウォンは“人々が事実を信じなくてもかまわない。 だが、家族に誤って知らされるのは望まない”として家族への愛を表現した。

ゲイ説

”ゲイ説にはいくら違うといっても効果がありません。 信じないんですよ。 ゲイ説は、思う通りに考えたら良い! 思う通りに考えて、今では経歴になったようです。 多分私が後日愛する女性と結婚すると、その時はまた‘偽装結婚’と噂になるでしょう。(ハハ)”

ずっと前に、彼がガールフレンドを公開したことがあるのに消えないゲイ説. 彼の理想は自分の世界を持っていて、主観がはっきりしている女性だ。 また、お互いにインスピレーションを与えることができる女性が良いと。 カン・ドンウォンは過去ニュースエンに“家庭的な父親の姿を見て育った。 お父さんのDNAを受け継いで、私もうまく表現できなくて無愛想だが家庭的だ。 それで前のガールフレンドに愛していると言わなかったが最大限合わせようとした。 後日、子供たちとたくさん話をしたい”と話したことがある。

財閥2世説

”財閥2世説が続いています。 父親は財閥ではないと言っても人々は信じません。 父親は会社で給料をもらう副社長です。 それなのにまるで財閥のように知られました。 財閥でなく平凡な会社員です。 だから当然私も財閥2世ではありません。 父親財閥説が2~3年前から出ていますが全く事実ではありません。 副社長になって2~3年くらいにしかなりません。 本当は家族の話をするのも嫌いなのにすでにお父さんは知られて。”

カン・ドンウォンの父親はカン・チョルオ(61)氏. カン・チョルオ氏の名前はインターネット ポータルサイト人物欄に企業家として載っている。 1986~1997年起亜(ヒョンデ)重工業研究所、生産技術、PM担当、1997~1999年釜山(プサン)産業機械営業担当を経てSPP重工業副社長ちして在職している。

広告業界いじめ説

カン・ドンウォンは3代デマの中で‘広告業界いじめ説’に対して最も詳しく説明した。 彼の演技哲学、性格と最も密接にかかわっているためだ。 ‘広告業界いじめ説’は演技哲学だけでなく、お金よりもっと重要なものがあるという彼だけの信念、彼の幸福につながる。 広告関係者がカン・ドンウォンに似合わないコンテのCF出演を提案したり、コンテを変えるのを彼と相談しないことに対して屈辱を感じて広告界と疎遠になったというのが彼の説明だ。 出演依頼が入ってきてもコンテが気に入らなければ出演しない。 現在のカン・ドンウォンは南陽乳業フレンチカフェなど彼のスター性に比べて少ない本数の広告モデルで活躍中だ。

“広告業界関係者が私と仕事をするのを敬遠するようだったり。 自らしないこともあって。 私によく合うコンテがあまりない。 広告も一つの作品だと思うので、本当にうまくやりたいがそれが思うようにいきません。 良いコンテならばいつでもやりますが。 私が光らなくなります。 演技の他の仕事をする時は疲れます。 演技者としてではない自分を使う時に最も疲れます。 私は天を仰いで恥じることが少しもありません。 私は約束を守るのに(広告業界関係者たちが)約束を守らないとが問題だったのです。 仕事をする時一番屈辱感を感じる一つが私は個人で、巨大企業と仕事をするのだといいます。 こちら(広告業界)は私との約束であれ何であれ上からみて…約束なんて全く気にしないから。 しない人もいます。 とても良い気持ちで作業が終る時もあります。 すっきりと作業が終わって本当に気持ちの良い時もあります。 ところがそうではない時にうわさ(いじめ説)が出る。 コンテになかったことをこうしようという会議もなく、聞くこともありません。 ‘無条件にしろ’だから。 そういう時に怒ります。 何が間違いなのか自分の間違いというにもちょっとどうかと。 私も間違っていなくて。 結局、私は選択をしたのです。 自分が少し幸せだったらよいと思うことに。 幸せにできるものだけするということです。”

彼は“お金ではない、自分がしたい仕事をする時が一番幸せだ”という心情を打ち明けた。 特にカン・ドンウォンは演技する時が一番幸せだ。

“私は映画の現場では疲れるが…一日二日だけ苦労してCFをとれば何億ウォンも儲けることができるという方もいますが。 良くないものができると1年は続きます。 1年間TVに私の顔を売るのだから。 絶対一日二日だけと計算してはいけません。 もしそのように考えてCFを選択する後輩がいるならば本当にバカなことだと、絶対そうしてはいけないと話してあげたいです。 私がそうである理由はかなり単純です。 お金が私を幸せにするとは考えないからです。 したい仕事をする時が一番幸せです。”

ホン・ジョンウォンman@newsen.com /チョン・ユジンnoir1979@newsen.com

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『カメリア』 アジア映画の新しい道を提示

2011-03-22 20:19:49 | カメリア

昨年の釜山国際映画祭の閉幕作品の『カメリア』

オムニバス映画(3本立て)の1本が『love for sale』です 

 

 

韓国、日本でまだ一般上映されていません 

日本では、東京国際映画祭で上映されました 

映画祭って以外にたくさんあるんですねー

上映されていない作品もまだまだ観るチャンスはあるかも知れませんね

 

 

最近では珍いドンウォンくんのラブストーリー 

これがいいですよー

ドンくんラブストーリーいけます

素敵 

自然な恋愛のかわいい様子がみられます 

ヘギョちゃんとお似合いで妬けます 

 

 

ちょっとショックなシーンもあり… 

 

日本上映が待たれる作品です

 

 


 

 アジア映画の新しい道を提示する作品<カメリア>

2010.10.14 翻訳サイト使用

http://piff.cine21.com/2010/article_view.php?article_id=63089&mm=006010002

 


<カメリア> Camellia

サングスファン、行定 勲、ウィシツト サーサナチェン/韓国、日本、タイ/ 2010年/ 138分/閉幕作

韓国、日本、タイなど3ヶ国で最も活発な活動をしていたり注目されている監督3人が集まって作ったオムニバス映画で、釜山(プサン)ですべての製作過程が行われた。 背景は韓国の釜山(プサン)だが、‘愛’を主題にした三監督の話が過去、現在、未来を視点に多様に繰り広げられる。

ウィシツト サーサナチェン監督の<アイアン プッシュ>は任務中に愛に陥った女装秘密捜査官アイアン プッシュの話を描いている。 ウィシツト サーサナチェン監督はタイの独特のキャラクターのアイアン プッシュをキーに政治功的な感性で再解釈している。 行定 勲監督の<カモメ>は映画の撮影中にカメラに映った女性と超現実的な出会いをした撮影監督の話を描いた作品だ。 行定 勲監督は時空を超えた愛の物語を繊細に表現している。 サングスファン監督の<ラブ フォーセール>は‘愛の記憶’を売り買いする未来の釜山(プサン)で真の愛を探しに出る男の話だ。 SF素材の話だがサングスファン監督は夢幻的な雰囲気を極大化させながら‘愛の意味’を全く新しく解釈する。

アジアの三人の監督とスタッフらが集まって作った<カメリア>はアジア映画の新しい道を提示する作品だ。 それぞれ違った製作過程と感性だが、共同作業を通じてお互いに刺激と励みとなる経験を共有して風変わりで新しい作品を作り出した。

文キム・ジソク プログラマー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『超能力者』キム・ミンソク監督インタビュー

2011-03-21 18:19:53 | 超能力者

『超能力者』は4月に映画祭で上映予定です 

 

映画祭で日本語字幕が付くので

一般上映されるといいな~  

別府八湯★日韓次世代映画祭

 

韓国版DVD英語字幕…にんにんは韓国語も英語も少々苦手ですが

ドンくんを何度も観ています 

 

ドンくんの笑いが怖いよ~  

『超能力者』に登場する外国人労働者が本当に韓国語が上手なんです 

外国人が韓国語を話すのはとっても不思議な感じがします

なんで、そんなに上手なのー 

 

そして、オドロキの結末… 

おたのしみデス 

 


 

超能力者'キム・ミンソク監督"カン・ドンウォン-コス、キャスティング幸運だった"(インタビュー)

 2010.11.22 翻訳サイト使用

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2010111712011394260

[スポーツトゥデイ コ・ギョンソク記者]

映画'超能力者'が封切り2週で全国160万観客(配給会社集計基準)を突破した。 新人監督では異例な結果だ。 'カン・ドンウォン、コスの'ツートップの興行カードが'超能力'という題材とぴったり合った結果だ。

'超能力者'封切りと共にアジア経済スポーツトゥデイと会ったキム・ミンソク監督は映画に対する熱い関心にも"批判されるのではないかと怖くなる"と話した。 キム監督自ら認めたように'超能力者'とは"好みが大きく分かれる映画"であるためだ。 100万観客を動員できなくて結局記憶から消えた新人監督が多くいるという点を考えると彼のスタートは'封切り初めの週で100万'という結果だけみても十分に成功だ。

"事実この映画は純製作費が29億ウォンです。 何百億ウォンが入る映画と差があります。 題名だけみて空を飛ぶ主人公とか派手な特殊効果を期待すると明らかに失望します。 想像とは違っても'おもしろい'という感じだけ持ってもらえればという気がします。"

映画'超能力者'はあらすじは単純だ。 超能力を持っている者と超能力が通じない者の対決だ。 ボルトとナットでもあり磁石の両極でもあるが、結局共存できない矛と盾だ。 キム・ミンソク監督は"会ってはいけない二人が出会い、自分について悟り、生まれ変わる話を描きたかった"と説明した。

'超能力者'はハリウッド スタイルの英雄物語とは全く違う。 二人の主人公の対決が反復的に繰り広げられるのもこのためだ。 彼は"超能力というSF素材を取りあげたが、中途半端にはならなかった"と言って"ハリウッドのようにできないならば善悪についてありふれた感じにしたくなかった"と話した。

'超能力者'のシナリオ原稿はスクリーンの映像よりはるかに暗くて重かった。 これを緩和したのが二人の'美男'俳優のキャスティングと、二人の外国人俳優の出演だ。 劇中で外国人二人は驚くほど当たり前のように韓国語の演技をする。 時々は韓国人が驚くほど自然な発音で吹き替えを疑うほどだ。

 

 

映画'超能力者'撮影現場のカン・ドンウォン、キム・ミンソク監督(右側)


"初めは超人のキャラクターは今よりもっと理解するのが難しくて怪物のように奇怪な人物でした。 キュナムも今のように明るいキャラクターではありませんでした。 ところが多くの観客に分かってもらうためにはもう少し変えなければなりませんでした。 外国人二人のキャスティングは非常に大変でした。 笑いの場面を彼らにやってもらいたかったのです。 でも、外国俳優が多くもないうえに韓国語の笑いのニュアンスをよく生かす俳優がいなかったんですよ。 100人余りを見て二人に会うことができました。"

トルコ出身のエネス カヤは韓国生活だけ8年目の漢陽(ハンヤン)大卒業生で過去1年間はサッカーチームFCソウルのギネシュ監督の通訳をした。 ガーナ出身のアプタタは現役の医大生で韓国滞在期間がまだ1年6ヶ月にしかならないが当たり前のようになまりの演技をこなした。 エネス カヤの場合目鼻立ちがはっきりしたハンサムなので、外国人労働者に見せるためにわざわざひげを伸ばしたという。

キム・ミンソク監督は高速道路に乗って監督デビューを無事に到着した忠武路(チュンムロ)の'良い例'だ。 大田(テジョン)で大学に通って考古学を専攻した彼は卒業後映画を撮るという一念で無謀にソウルにきて短編作業をして2004年短編'オールドボーイの思い出'で注目された。 以後キム・ジウン監督の'甘い人生'と'良い奴、悪い奴、変な奴'そしてポン・ジュノ監督の'グエムル'の助監督を経た後すぐに監督で忠武路(チュンムロ)に入った。

"'奴奴奴'の後半の作業頃に超能力者という素材を思いついてシナリオの作業に入りました。 助手をした三作品全てが、既存のジャンルの映画ではないので私もやはり似た脱ジャンルの映画を作ることになったみたいです。 運良く同じ製作会社の作品の'チョンウチ'を準備しているカン・ドンウォン氏が事務室を行き来して、私が作ったシナリオ草稿を見て出演するといいました。 その後にコ・ス氏がまた、シナリオを見て一度で出演を決めました。 運が良かったです。"

キム・ミンソク監督は次期作の質問に"メカニック物や探偵物を考えている"と答えた。 大作でも低予算映画にしてもその中で自分だけの話をつくりたいということだ。 '超能力者'が興行に成功したなら続編をとるかという質問には"後の話よりは前の話を撮ってみたい"と笑ってみせた。 真剣だがいたずらっ子の少年のような新人監督の微笑であった。

 

 

スポーツトゥデイ コ・ギョンソク記者kave@スポーツトゥデイ写真パク・ソンギ記者musictok@<(c)アジア経済&おもしろいニュース、楽しい一日"スポーツトゥデイ(stoo.com)">

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加