カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

カン・ドンウォンの‘悲しい目’を作ったヨジャ

2011-08-31 18:40:12 | デュエリスト

忘れがちですが

ひとつの作品は、いろいろな人の手によって作られているということ

いろいろな、スペシャリストがいるということ

あらためて知りました

すごいな~~~   

 

 

今やっている仕事でも、主婦業でも、子育てでも

スペシャリストになりたいですねー 

 

 


<過去記事>

カン・ドンウォンの‘悲しい目’を作ったヨジャ

2006.09.12 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/culture/art/view.html?cateid=1021&newsid=20060912183618888&p=m_daum


今年で11年目忠武路(チュンムロ)最高のメイクさんとして活動しているファン・ヒョンギュ(48)氏が映画'刑事'で再び実力を発揮した。 スタイリッシュという面で彼女と共通点を持ったイ・ミョンセ監督と手を合わせたおかげであろうか。 主演俳優たちの顔にあらわれた彼女の筆はそれまでのどの時より光っているという評価だ。

 

映画'刑事'で'悲しい目'で出演した俳優カン・ドンウォン. メイクさんファン・ヒョンギュ氏は"'悲しい目'のイメージはしっとりとした感じを表現した"と話した。 [写真提供=映画関係者]

 

特に'悲しい目'の役を受け持ったカン・ドンウォンの扮装はファン氏の格別の努力が伺える部分だ。 彼女は"'悲しい目'のイメージはしっとりとした感じを表現した"として"このために縁がでない自然な茶色のトーンが表現されるカラーレンズを使った"と説明した。 このレンズはカン・ドンウォンの瞳孔をより大きく見えるようにして深い悲しみを持ったカン・ドンウォンの目を効果的に見せた。

白色に近いカン・ドンウォンの皮膚のトーンはやはりファン氏の作品だ。 彼女は"冷静だが内面に悲しみを大事に持っているキャラクターを表現するためにカン・ドンウォンにこういう皮膚のトーンを使った"とした。 悲しみが溶けている目と青白い皮膚、ここに激しい動きにもかかわらず絹のように流れる髪の毛が'悲しい目'カン・ドンウォンを作ったのだ。

ファン氏は扮装を自身で十分消化して演技した俳優カン・ドンウォンをほめるのも忘れなかった。 彼女は"イ・ミョンセ監督が'悲しい目'という人物に対して話した時に最初に浮び上がった俳優がカン・ドンウォンだった"として"カン・ドンウォンの目は冷たく見えるけれども'悲しい目'が抱いている悲しみを表現するのに適した深い感じがある"と話した。

カン・ドンウォンだけでなく映画'刑事'に登場する独特のキャラクター一つ一つがファン氏の指先で作られた。 'アン刑事'役のアン・ソンギの荒っぽい頑固さはファン氏と扮装チーム陣が特に精魂を込めた作品だ。 アン・ソンギの変形した鼻の扮装はベテラン刑事の'アン刑事'のキャラクターに吸引力を加えた。 また、女主人公ハ・ジウォンに男性の皮膚の色に近い赤銅色をさせたのも荒っぽくて激しい女刑事の役を表現するのに効果的であったという評価だ。

 

映画'シルミ島'(左側)と'刑事'に出演したアン・ソンギ. '刑事'でアン・ソンギは荒っぽく頑固な扮装をして熱演した。 アン・ソンギの鼻はやはりファン・ヒョンギュ氏の作品. [写真提供=ハンマック、映画関係者]

 

映画'刑事'撮影現場でファン・ヒョンギュ氏が俳優ハ・ジウォンに化粧をしている。 [写真提供=映画関係者]

 

ファン氏をはじめとする扮装チームは人物の扮装だけでなくキャラクターを生かす小道具も製作した。  ミシンでは表現できない曲線を作り出すためにファン氏と扮装チーム陣は自ら針仕事をした。

ファン氏が参加した映画のすべての場面はこのように徹底した準備を経て完成される。 さらに彼女は"カメラをさっと過ぎ行く人物の足にさえ扮装が必要な部分"と話すほど。 土が付いた足、傷ついた頬など映画で演出されるすべての場面がファン氏の助けを経て作られた作品である。

映画扮装分野最高専門家と指折り数えられるファン氏は実は大学で新聞放送学博士課程を終了している. だが、10年余り前果敢にメイクさんとして第2の人生を始めた彼女が今の最高位置にまで上がったのには自身の明瞭な扮装哲学が一役かった。 "私は扮装が目立つのは好きでありません。 内面から沸き出る人物の表情を見たいのです。 私の扮装が俳優に自然に溶け込むよう願います。"

 

メイクさんファン・ヒョンギュ氏. 彼女は明瞭な扮装哲学を持っている。 "私は扮装が目立つのは好きではありません。 私の扮装が俳優に自然に溶け込むよう願います。"

 

ファン氏は最後にメイクさんを夢見る人たちに実務と人間関係を重要視しろとの助言を忘れなかった。 彼女は"学校で習った扮装技術は現場で多く見ても15%程度しか使わない"として"扮装には応用力と創造力がたくさん要求されるから直接体験するのがとても重要だ"と話した。 彼女は引き続き"体験を通じて扮装をはじめとするすべての映画製作過程が人関係の中で進行される作業という事実も習うことができる"と付け加えた。

このように最高のメイクさんファン・ヒョンギュを作った原動力は理論よりは仕事に対する情熱と人々との関係だ。 自身の適性に正確に合うものを選択してそれを楽しんでいるから実際の年齢よりはるかに若く見られるという彼女. 彼女は今この瞬間もパク・クァンス監督の映画'コンテナの男'で扮装を担当して俳優、製作スタッフらと共に息を合わせている。

キム・ミニョン通信員

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォンの「あいつ」の声に満足

2011-08-30 20:54:13 | あいつの声

過去記事の中にひとつでも、なるほど・・・

と思える内容が欲しい

ドンくんのことがもっともっと知りたい 

 

 

ドンくんの過去を掘り起こしている毎日

最近ではなかなかいいものに出会えなくて

 

掘ったら、宝物でてこないかな~

お宝写真とか・・・ 

 

 

チャンソクさんの写真みたいな~~~ 

 

 

 


 <過去記事>

パク・ジンピョ監督、"カン・ドンウォンの'あいつ'の声に満足"

2007.01.22 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=1034&newsid=20070122180011698&p=joynews24

"カン・ドンウォンの声は私たちの周辺の平凡な人のように感じられるように演技したのです。"

パク・ジンピョ監督がカン・ドンウォンの声の演技に対する演出意図を明らかにした。 パク・ジンピョ監督は22日午後ソウル、龍山(ヨンサン)CGVで進行された'あいつの声'(監督パク・ジンピョ、製作映画四集)のマスコミ試写会で"できるだけ私たちの周辺の誰かのように感じられるように演出した"と話した。

'死んでも良くて'(私の愛私のそばに),'君は僕の運命'のパク・ジンピョ監督が演出した'あいつの声'は15年前世の中を沸きたたせたイ・ヒョンホ君誘拐事件を映画にした作品だ。 久しぶりに演技に復帰したキム・ナムジュと演技派俳優ソル・キョング、トップスターカン・ドンウォンの声の演技で話題を集めた。

パク・ジンピョ監督はカン・ドンウォンが演技した'あいつ'の声が緊張感が落ちるという指摘に"意図したことだ"と明らかにした。

 

 

 

"あいつの演技に対して緊張感が感じられなかったならよいのです。 本来、実際はあいつは私たちの隣の人、平凡な人で描写したかったです。 怒りと感情を入れれば普通のスリラーと同じであるだけでしょう。 実際犯人の音声も物静かで冷たいということがありました。 語り口や言い方を変えないで映画的に見る時とても満足な演技と考えます。 映画に多くの役に立ちました。"

カン・ドンウォンの声の演技に対して満足感を伝えたパク・ジンピョ監督の対国民現象手配劇'あいつの声'は来る2月1日開封される。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォン祭、次は『あいつの声』

2011-08-29 21:29:50 | あいつの声

 カン・ドンウォン祭part1も、今週の『義兄弟』で終わり・・・

つづいて、来週は『あいつの声』の上映です 

 

 

ドンウォンくんが冷酷な犯人の声だけの出演で話題になりました 

 

日本では、衛星劇場で6月TVで初放映されました

映画館では上映されていなく

DVDにもなっていない作品なので

はじめて観るという人も多いと思います・・・

 

 

ストーリー的には悲しいお話ですが、悪役のドンウォンくんに注目デス 

 

 

「見るなー見るなよ!こわいアジョシがいるから・・・」

 

「こわくないですよー!」

 

こわいわ~

 

 今日、『義兄弟』を観に行ってきました 

 

じっくり、見ました

じっくり、楽しみました

じっくり見てもやっぱり、ジウォナ~かっこよかった 

 

月曜の昼上映のせいか1/4ぐらいの入りでした・・・

 


<過去記事> 

'あいつの声'カン・ドンウォン、演技変身が期待される俳優1位

2007.1.17 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/press/view.html?cateid=1065&newsid=20070117170217936&p=newswire 

(ソウル=ニュースワイヤー)

誘拐犯に息子を奪われて執拗な脅迫電話に苦しめられた両親の血がにじむ44日間を入れた映画 < あいつの声 > の誘拐犯'あいつ'役に悪役演技に初めて挑戦するカン・ドンウォンの変身がネチズンをひきつけた。ポータルサイト エムパスで1月10日~17日まで進行された' 2007年、演技変身が最も期待される俳優は?'という質問で2位のパク・ヘイルを4倍以上の圧倒的な票差をつけて1位になった。 < 1番街の奇跡> 、イム・チャンジョン、 < 極楽島> の、パク・ヘイル、 < サランバン選手とお母さん>の、チョン・ジュノなどそうそうたる競争相手を引き離した今回の結果は、2007年上半期最高の期待作に浮上した映画 < あいつの声 > で冷酷な誘拐犯に変身したカン・ドンウォンに対するネチズンらの高い関心を立証した。

映画 < オオカミの誘惑 >、 < 刑事 >で 美しかったのはもちろん、殺人罪を犯した死刑囚< 私たちの幸せな時間 > の姿さえも美しかった彼から、幼い子供の命を引き換えに残忍な脅迫をする知能的な誘拐犯を連想することは容易ではない。 しかし最近公開された < あいつの声 > 予告篇を通じて、カン・ドンウォンは実際の犯人の語り口と冷酷さを完ぺきに再現したという評をすでに受けている。さらに両親役を担ったソル・キョング、キム・ナムジュの感情移入を助けるために自身の出演がない日にも補助出演を自ら要望、毎回現場に直接出てきて脅迫電話をしたカン・ドンウォン. 若い後輩の格別な情熱に感動したソル・キョングとキム・ナムジュは'電話の脅迫が本当だと実感できるほど上手で、後には撮影ではない時でもカン・ドンウォン氏の声を聞くと、とても憎くて怒りが込み上げた'として彼の演技に逆説的な賛辞を送った。

カン・ドンウォンの悪役変身がより一層期待感を高めている映画 < あいつの声 > は昨年1月公訴時効が満了した永久未解決実話'1991年イ・ヒョンホ君誘拐事件'がモチーフ.2月1日封切り、実話に基づいたノンフィクションドラマと訴える力を持つ俳優たちの演技のアンサンブルで大きな感動をプレゼントする予定だ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛を売る悪い男カン・ドンウォン

2011-08-28 16:45:18 | カメリア

 

カメリアHPより 

Introduction―イントロダクション―

いつの世も、人が望むものは人の変わらぬ愛である―。

オムニバス映画『カメリア』は、時空を超えて愛を求めた男たちの切ない愛の物語。素性を知りながら愛する人を待ち続けたスパイ、淋しげな見知らぬ少女にほのかな恋心を抱くカメラマン、引き裂かれた愛を取り戻そうとする青年。過去、現在、未来と時を隔てた三者三様の愛が釜山を舞台に錯綜する。

愛を追う男たちの涙は美しい―。

1996年に創設され、いまやアジアで最も注目される映画祭に成長したといっても過言ではない韓国の釜山国際映画祭。その映画祭と、会場である釜山広域市では長年、釜山を舞台にした映画をつくりたいという思いがあった。2009年、両者の思いは〈釜山プロジェクト〉として具体的に動き出した。

オムニバス映画『カメリア』の舞台は釜山、テーマは「愛」。その2条件の中で監督たちに自由に撮影してもらう。監督は釜山国際映画祭と縁のある3人の映画監督を選び出した。その3人とは、映画「怪盗ブラック・タイガー」などで日本でも知られるタイのウィシット・サーサナティアン、日本の行定勲、韓国は「地球を守れ!」でモスクワ映画祭ほか各国映画祭で賞に輝く実力派チャン・ジュナン。個性の違った3監督が、それぞれの釜山をスクリーンに映し出す。

サーサナティアン監督の「IRON PUSSY」は、1970年代の釜山にやって来たタイのスパイの悲恋物語。女装してスパイ活動をするアイアン・プッシー(ミシェル・シャオワナサイ)と韓国人のジホン(キム・ミンジュン)との結ばれぬ愛をコミカルに描く。暑い国出身の監督ならではの豊かな色彩に彩られた物語は、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがある。

圧倒的な完成度で魅了するのは、行定監督の「Kamome」だ。映画をこよなく愛する昔気質の撮影監督が、不思議な少女と出会い、ほのかな恋心を抱くファンタジー。少女を演じた吉高由里子の透明感ある美しさと、撮影監督を演じた名優ソル・ギョングの視線、仕草、涙といった演技の一つひとつが心に沁みる。観光名所としての顔とは異なる夜の釜山の町並みは、どこか懐かしくやさしい気持ちにさせてくれる。日本人監督ならではの情緒が滲んだ作品に仕上がっている。

未来都市・釜山では記憶の売り買いができる――。チャン・ジュナン監督はそんなSFタッチの「LOVE FOR SALE」を撮り上げた。主演は釜山出身のカン・ドンウォンと、ソン・ヘギョ。ドンウォンが軍に入隊して間もなく1年になるだけに、本作はファンにとってはうれしいプレゼントに違いない。ストーリーも最近のドンウォン作品にはない恋愛モノだけに、ファンには見逃せない1本となっている。

個性溢れる監督たちがとらえた釜山を通して、 私たちはどんな釜山を発見することが できるだろうか。

©2010 DEAR JOHN, LLC. All rights reserved.

 

 

 

ドンく~んやれば出来るじゃないの~ 

しか~し、ちょっとやり過ぎじゃないですか

恋するジェイかわいいけど妬けますー 

 


 

ちょっとネタばれ・・・

愛を売る悪い男カン・ドンウォン、ソン・ヘギョ・・・その愛に復讐する女

2011.8.23 翻訳サイト使用

http://www.vop.co.kr/view.php?cid=A00000426047/

 

 

カン・ドンウォンとソン・ヘギョのキスシーンで話題になっている映画'ラブフォーセール'は昨年釜山(プサン)国際映画祭閉幕作に選ばれて話題になった釜山(プサン)プロジェクト'カメリア'の3番目のオムニバス映画だ。

カン・ドンウォンとソン・ヘギョ主演のラブフォーセールはチョン・ジュナン監督の作品で愛の記憶を売買することができるという奇抜な想像力から出発した。

未来を背景にする映画'ラブフォーセール'でカン・ドンウォンは濃厚なアイシャドーで夢幻的な雰囲気に変身しただけでなく愛する女を捨てて愛の記憶さえ売ってしまう悪い男に変身した。 カン・ドンウォンに捨てられた女性がソン・ヘギョだ。

愛に生きることが産業化される中で、お互いの記憶をなくして致命的な愛に入り込むことになる恋人に関する話を描いている映画'ラブフォーセール'は愛の物語というよりは愛と離別、執着が産むことになる関係の結末を見せる映画だ。

映画'ラブフォーセール'でカン・ドンウォンとソン・ヘギョは全て1人2役を演じている。

愛し合う時期の男女のいろいろな愛情の姿を見せるソン・ヘギョとカン・ドンウォンは皆がよく知る完璧な男、完璧な女の姿で視聴者たちの目を楽しませる。

しかし愛した女を捨て、愛した記憶さえ売ってしまったカン・ドンウォンの姿は冷たい悪い男で全く違う姿を演技する。

ソン・ヘギョやはり万人の女性の姿で、裏切りに合って傷ついた後復讐を誓う女性に変身して冷たい姿を披露する。

かなりネタばれのためカット、見てのお楽しみ・・

インターネット上ではソン・ヘギョとカン・ドンウォンの美しい恋愛時期の場面が話題になっている。

かなりネタばれのためカット、見てのお楽しみ・・

カン・ドンウォンとソン・ヘギョの風変わりな姿を見ることができる映画'ラブフォーセール'は11月(韓国)封切り予定だ。

 

ラブストーリーのドンくん見たかったけど・・・

キスシーンは複雑です~

ああぁあぁ~~~~ 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォンの力

2011-08-27 15:32:27 | 超能力者

今日から、カン・ドンウォン祭part1も最後の『義兄弟』です  

 

すでに、4月の『チョンウチ』前売りから始まっていたようなウリ☆カンドンウォン祭・・・

 

 

まだまだ、ウリ☆カン・ドンウォン祭は続きますよ~~~  

 

『あいつの声』、『カメリア』、『超能力者』!!!

 

 

 カメリアHPが更新されています 

 

 

 

「チャンソクさん、今日から『義兄弟』ですよ!キメテきてくださいよ!!」

 

  

「いいですねー!そのくらい決めないとー!!」

 

「どうだ~!

チャンソクさん、頑張りすぎて目の下にクマが・・・

 

 

  お土産にいただいたにんにんTシャツ~

開けてビックリ!最高にウケました 

ドンくんファンミに来て行ったら目立ち過ぎ?

 


<過去記事> 

カン・ドンウォンの力、スターキャスティング無用論寝かした

 2010.11.18 翻訳サイト使用

 http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2010111809224083030&type=1&outlink=1

 


カン・ドンウォンの力! カン・ドンウォンが主役を演じた映画'超能力者'が封切り1週間で100万観客を突破した。 初めの週末が過ぎても着実に観客追求をしながら興行巡航中. 冷たい11月伝統の劇場街オフシーズン、外国人労働者が大挙登場する映画の灰色の光の雰囲気を越えた成績だ。 その中に俳優カン・ドンウォンがいた。

'超能力者'は目で相手の心を動かすことができる特別な能力を持った超能力者(カン・ドンウォン)が自身の能力が通じないキュナム(コス)に出会って広げられる対決を描いた。 カン・ドンウォンは超人の役割で登場、美男容貌とは距離が遠いもじゃもじゃな頭、血走った目、ぶかぶかな無彩服でスクリーンにいたがファンたちの支持は終始一貫している。

'超能力者'は製作段階からカン・ドンウォン、コ・ス二美男俳優の出会いで関心を集めた。 特にカン・ドンウォンは昨年末封切りした'チョンウチ'で610万観客を、今年のはじめ封切りした'義兄弟'で546万観客を集めて最高話題の俳優にいる状況. ここに'超能力者'がカン・ドンウォンの軍服務前最後の作品になるという便りが知らされて映画ファンの関心が急騰した。

'超能力者'のある関係者は"初めての週100万観客突破にカン・ドンウォンという俳優の力が大きく作用したことは事実"としながら"前の二つの作品が成功して俳優に対する期待値が高かったし、美男俳優としも話題になった"と説明した。

'超能力者'はマーケティング過程で。 '美しいキャスティング'というアンケート調査結果を積極的に活用し、俳優カン・ドンウォンの入隊前最後の作品という点もまた、大きく取りあげられた。 "カン・ドンウォンがまさに超能力者","カン・ドンウォンを見に劇場に行く"という女性ファンたちの文がインターネット掲示板に登場するほど反響を起こした。

カン・ドンウォンのこのような興行パワーは最近トップスターを起用した作品がつづけて興行不振で'スターキャスティング無用論'まで出てくる状況の中でより一層目を引く。 ある芸能界関係者は"市場が冷却されれば興行が成功するかどうかにより一層神経を尖らせるものだ"としながら"カン・ドンウォンのこのような今年3回目の興行成績が語るのは'それでもやはり通じるスターがいる'ということだ"と首を縦に振った。

美男であることを越えて、雰囲気の良いよい俳優を越えて、観客にも製作者にも信頼できる俳優になったカン・ドンウォンの成長を実感させる。 ただし、韓国映画の名実共に要になったカン・ドンウォンが'超能力者'を最後に18日入隊、スクリーンで見られないということは多少物足りなさを感じる。 2年後、より一層成長した姿で戻る彼を期待することが慰めになるだろう。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

『義兄弟』は面白い

2011-08-26 17:53:08 | 義兄弟

今日のランチは 

サッポロビール千葉ビール園でジンギスカンでした 

 

まいう~~ 

 

とっても柔らかいラム肉でほっぺが落ちてしまいました 

 

 

ドンくんは、ジンギスカンを食べたことあるでしょうか 

私が食べさせてあげる

 

あ~~~~~ん 

 

 

 

「わぉ~~~!!うまそ~!!」

 

さすがビール工場、中生でこの大きさ!

にんにんは運転手なのでビールは見てるだけ~

 

食べ放題メニュー 

 

東京湾が展望できる~向こうの船はビールをどこに運ぶのでしょうか?

 

サッポロビール園に行く途中、トラックが飛び出してきて死ぬかと思った・・・ 

自分がジンギスカンになりそうでした 

 

車って急ブレーキかけてもなかなか止まらないデス 

 

 


<過去記事>

<義兄弟>商業映画が整えなければならない面白味と感動

2010.1.20 翻訳サイト使用

http://news.maxmovie.com/movie_info/sha_news_view.asp?newsType=1&newsSub=1&mi_id=MI0087247761&contain=&keyword=&page=1#


 

[マックスムービー=キム・ギュハン記者]

結論から言えば<義兄弟>はおもしろい。 2時間に近いランニングタイムがどのように過ぎたのかさえ分からないほど吸引力が強い。 チャン・フン監督はソウルの真中で果たしてああしたことが起きるだろうかという疑問を持たせないほど話の均衡を合わせた。 彼はすべての場面に途方もない精魂を込めて、エンディング クレジット(エンドロールの字幕)が上がる時客席から真心に充ちた拍手を受けた。

感動の涙は最高のカタルシス(魂の浄化)だ。 <義兄弟>は<映画は映画だ>の評壇と観客の支持を受けたチャン・フン監督が決心して作った映画だ。 序盤手に汗を握る追撃シーンも韓国映画史に残る程圧巻だ。 スケールは違うが<アルティメータム>と比較しても決して遅れをとらない。 商業映画であれば整えなければならない面白味を最後までのがさない<義兄弟>が残す波紋は強烈で重い。

ひとりの熱い心が政治家の雲をつかむような話より胸を刺激する時がある。 チャン・フン監督はアクション場面に劣らず、彼らの話に多くの時間を割いた。 二人の男がお互いを理解することになる過程の中で映画は胸が痛くて言葉で言い表すことが難しい気持ちを感じさせてくれる。 ユーモアと人間味あふれるエピソードが重い話をすんなりと受け入れるようにする。 生まれたところは違うが熱い心を持った二人の男が観客の心に響き笑わせる。 無理やり感動のために作った状況がなくてクライマックスに近づけば感動が増幅される。

観客を一度も失望させたことがないソン・ガンホの底力と大先輩に少しも押されない演技力を見せたカン・ドンウォンの演技の呼吸が印象的だ。 現実でも‘ハンギュ’という人物が存在するように感じさせるソン・ガンホの生活の演技はどんな賛辞をしても惜しくない。 鹿のような目の裏に悲しさと涙を隠している‘ジウォン’役はカン・ドンウォンという俳優と出会って生命力あるキャラクターに完成された。 非常に複雑な感情を持ったキャラクターを几帳面ながらも繊細に表現しやり遂げる。

今まで、南北問題を扱った映画がたくさん製作されたが南派工作員を正面から扱った映画は多くなかった。 <義兄弟>は南派工作員を主人公に出したが、その話法は今まで出てきた映画とは違う。 映画の中心は南派工作員の業務遂行とそれに伴った冒険でない。 この映画の魅力は誤った取り扱いをすると爆弾になり得る論争的な素材を愉快に表現して観客の前に出したということだ。 問題意識が含んでいる多層的なプロットを自然に一つの話に縛っていく監督の手並みが優れる。

韓国の人々が持っている北朝鮮に対する恐れは思ったよりとても大きい。 そのような理由のためなのか分からないが<義兄弟>も分断の現実を正面から眺めないで迂回的に扱う。 現実では絶対に起きない状況の中でチャン・フン監督が言いたかったことはコミュニケーションだ。 敵だという概念を忘れた時韓国、北朝鮮の人は同じ血でつながった友人であり兄弟という事実をカメラは彼らの心理変化を通して証明する。 それだけでも財布を開くには充分だ。 <義兄弟>はお決まりの重さに踏み付けられないで、真に美しい情緒的響きを提供する。 商業的に成功する可能性を高めるためにチャン・フン監督が選択した結末は<共同警備区域JSA>に次ぐ反応を起こすものと見られる。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

『義兄弟』カン・ドンウォンがモデルに見えないように・・・

2011-08-25 15:37:40 | 義兄弟

ジウォンはヨレヨレのTシャツを着ていても・・・

Tシャツが汗で汚れていても・・・

かっこいい~  

 

 

絶対、汗の臭いなんかしない・・・

汗だっていい匂いがするんです~ 

きっと 

 

 

 

「ドンく~ん!!王子~!!」

 

「チャンソクさん、なんですか?」

 

「プレゼントです~~!受け取ってくださ~い~!」

 


<過去記事>

チャン・フン監督"カン・ドンウォン、モデルのように見えないように…"

2010.1.5 翻訳サイト使用

http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=701100&g_serial=467894

 

映画'義兄弟'のチャン・フン監督がカン・ドンウォンの南派工作員のビジュアルを作るのに格別の努力をした理由を明らかにした。

チャン・フン監督は5日午前11時ソウル、中区(チュング)プラザホテルで開かれた映画'義兄弟'製作報告会で質問に答えた。

 

 

 

チャン・フン監督は"'映画は映画だ'という現実基礎の映画でなく、2人の俳優のビジュアルに黒い色と白色で色を区分して差をつけた"と話した。

チャン監督は引き続き"'義兄弟'は日常的な感じを与えたくてビジュアルに多くの差を置くことはなかった"として"だが、カン・ドンウォンはどうしてもモデルのように見えることがあって、もっと平凡に見えるようにしようと気を遣った"と付け加えた。

一方'映画は映画だ'に続き二人の男の話を演出することになったことに対して"二人の男の話にこだわっているのではなくシナリオを見ておもしろくて演出を決めた"としながら"次の映画は女優と作業をしてみたいが望みどおりなるかは分からない"と明らかにした。

映画'映画は映画だ'に続くチャン・フン監督の2番目作品の'義兄弟'は罷免された国家情報院要員と捨てられた南派工作員の人生をかけた最後の選択を扱ったアクションドラマ物で来る2月4日開封される。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ソン・ガンホ+カン・ドンウォン、予想できない'最高のコンビ'

2011-08-24 18:08:04 | 義兄弟

『義兄弟』 は良い映画ですー 

 

と~っても面白い! ドンくんがカッコイイ!

 

ドンくんが生涯初の主演男優賞を受賞した映画ですー 

これから次々にいただくでしょうが・・・

 

日本の舞台挨拶でドンくんに会えた映画ですー 

 

また、スクリーンで観ることができます~ 

 

 

~~~ ・・・

 

 

〇〇年前の高校の同級生からメールがきました 

韓国で同期会をしようと 

企画、ガイドにんにんで・・・ 

 

実現するでしょうか・・・

 

 

「ドンウォン何してたんだ、遅いじゃないか~!隣空いてるぞ!」

 

「お待たせしました!」

 

「ドンく~ん、義兄弟が始まっちゃいますよ~!あ、ポップコーン食べます?」

 

チャンソクさんの帽子って普通サイズですよね?

 


 <過去記事>

ソン・ガンホ+カン・ドンウォン、予想できない'最高のコンビ'作り出す

2010.01.22 翻訳サイト使用

http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailArticleRead.do?movieId=50265&articleId=1458936&type=all&t__nil_ArticleList_all=text 

[OSEN=チェ・ナヨン記者]誰が彼らを似合わないといったのか。

映画'義兄弟'が試写会後良い反応を得ている。 ソン・ガンホ、カン・ドンウォンが主役を演じて'映画は映画だ'で演出力を認められたチャン・フン監督がメガホンを取ったこの映画はソウルの真中で起きた謎の銃撃戦で初めて出会った二人の男、国家情報院要員ハンギュ(ソン・ガンホ)と南派工作員ジウォン(カン・ドンウォン)が6年後お互いの身分を隠して各自の目的のために一緒に住む話だ。

映画は韓国、北朝鮮、北脱出者問題という重たい素材を描いているが、とても感傷的だ。 時間が経つほど友人としてお互いを理解していく二人の男の姿が描き出されて映画のあちこちに染み出る感情とセリフは'人間的'な価値を強調する。

コミックとアクション、分断ドラマは多様なジャンルのバリエーションに障害のなさを見せる。 どんどん変わる映画の雰囲気にはらはらするジェットコースターに乗っている感じをするがカットとカット、シーンとシーンのリズム感(特にアクション場面)がこれを生かす。

何よりもこの映画はソン・ガンホとカン・ドンウォンという、誰も予想できない最高の調和が作り出した作品だ。

大衆に信頼感を与えた'ソン・ガンホ式ユーモア'は映画'殺人の追憶'の時のように予想できないあらすじの弛緩と緊張をもたらす。 カン・ドンウォンは真剣でありながらも暖かい魅力的なキャラクターを落ち着いた演技で生かす。 良い所は、どの映画よりもまっすぐでハンサムな容貌が光る。 だが'オオカミの誘惑'での傘の場面のようなファンタジーではない。

慣れたソン・ガンホの魅力と成熟したカン・ドンウォンの才能が信じられない程最高の調和を作り出した。 容貌と演技パターン、大衆の知っているキャラクターが全然別の二人だが、不協和音になるだろうという憂慮は最高のコンビ プレーという好評に変わった。 台本を持って遊ぶような老練な先輩ソン・ガンホと黙々とただ最善を尽くす後輩カン・ドンウォンが刑事物の'日々が-生真面目'のコンビを連想させる。 個性的なコンビ キャラクターがソン・ガンホとカン・ドンウォンという2人の俳優によって新鮮さをかもし出す。

映画雑誌'シネ21'のイ・ファジョン記者は"ソン・ガンホとカン・ドンウォンは切り離しておけばしっくりくるが、二つの和音を見るのはとても新しい経験だ。 ソン・ガンホの個人技が、カン・ドンウォンの本気が気持ち良くて感動的だ"と評した。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

前国家情報院職員と北朝鮮スパイの奇妙な縁

2011-08-23 18:53:49 | 義兄弟

夏休みも終わってしまいますね~ 

ドンウォン祭の夏でした  

暑くて暑くて、熱い夏でした・・・ 

 

朝夕少しずつ涼しくなり 

 

 

『カメリア』の秋がきます!! 

 

 

 

「ド~ンくん!王子~!ちょっと来て下さ~い!!」

 

 

「なんですか?チャンソクさん・・・ 」

 

「一緒に遊ぼうよ~~気持ちいいよ~!!」 「パダ~~~!」

 

コ・チャンソクさん見てたら歯医者の予約忘れるところでした  

 


<過去記事> 

[義兄弟2]前国家情報院職員と北朝鮮スパイの奇妙な縁

2010.1.18 翻訳サイト使用 

 http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailArticleRead.do?movieId=50265&articleId=1458218&type=all&t__nil_ArticleList_all=text

 

1.ハンギュのオフィス場面を、両水里(ヤンスリ)のセットで撮影した。 野外撮影ができない梅雨期には主にセット場のスケジュールにして室内で撮影をした。 オフィス室内場面を何日もの間続けてとらなければならないとなると、人物の感情のラインに変化がある時には若干負担になった。

2.工場で感情的に争うハンギュとジウォン. 彼らの前に再びベトナム組織の男たちがいきなり現れる。 二人が男たちを後にしたまま歩いて対話している。 何の対話をしているのか?^^

3.エンディング事故場面でジウォンを追うハンギュ. 鍾路(チョンノ)で走る車を止めて撮影を進行した。 都心のまん中で車両事故場面を撮るというのは容易ではないことだ。 写真の車両はすでに破損した後だが、本当に衝突場面を撮る時には自動車アクション チームがケガをするのではないかと思って心をたくさん痛めたのを思い出す。 ソン・ガンホ先輩は負傷で脚の痛みが激しかったのに、何回も一生懸命走られなければならなかった。

4.またスパイ‘影’を追うハンギュの自動車追撃シーン. ソウル、佳佐洞(カジュヮドン)撤去地域で撮影をした。 まず住宅街の空間のあたえる感じがしっくりきた。 そして住民と撤去の人夫が入り乱れている風景がとても韓国らしい空間という感じがしてこちらを撮影地に選択した。 ソン・ガンホ先輩とともに車両追撃場面を五日間とったが、セリフは多分“ウ!!!” “ア!!!”のような感歎詞が大部分だったようだ。

5.オフィス内部. 共に過ごして初めて一緒に心を開いて酒を飲むハンギュとジウォン. イ・モケ撮影監督が二人の人間的な感情がよく見えるようだと特別に好んだ場面だ。

文チャン・フン監督|写真提供ショーボックス(株)メディアフレックス

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォン祭『M』

2011-08-22 17:31:06 | M

昨日、カンドンウォン祭『M』に行ってきました  

 

 

初日は、ほぼ満席と聞いていたので

一時間前に着くように行ったのにそれほど混んでいなかった・・・ 

半分いえ、三分の二くらいの入りでした

 

男性の方も数人いらっしゃいました

みょんみょんワールドのファンかな?

ドンくんファンならちょっと怖い 

 

 

『M』の予習?復習?をしっかりして行ったので楽しめました~ 

 

ミミが悲しい~~~ 

悩めるミヌ氏が辛いです・・・

 

みょんみょんは芸術家ですねー

 芸術といえる凝った作りの映画を楽しみました

 

 

ほぼ全員プレゼントのクリアーファイル、ポストカード、トレーディングカード 

宝物です・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、カメラを忘れてしまいました 

パボ!パボ!!オットケ~~~

携帯で激写のため手ブレ、画質ともに最悪です~ 

 

 

なんと!!赤ジャケットがズボンをはいていました!

今度は黒コートの中が寂しい・・・これだとボタンを閉めたほうが~?

開けてと言ったり、閉めてと言ったりゴメンンサイm(__)m  

 

ドンくん掲載の雑誌、義兄弟DVDなどが並んでいます~

『M』のパンフレットもありました! 

 

雑誌の上を見てもドンくんがいます~

シネマート六本木さん、ドンくん映画館になっていますー

 

新たなパネルも展示されていました~ 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加