カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

親しくなればそばにいても気楽なスタイルのカン・ドンウォン

2018-04-24 21:35:14 | ゴールデンスランバー

キム・ウィソンさんと海外旅行!! 

 

 

ドンくんが!!! 

 

 

 

誰かと一緒に旅行に行くタイプじゃなかったはず…

 

 

 

よほど気が合った?




ドンくんも大人になった?





ハリウッド俳優だからー 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

'ストレート'キム・ウィソン、"カン・ドンウォン、芸能人としての明るさはないスタイル"

2018.4.23 翻訳サイト使用

'ストレート'キム・ウィソンがカン・ドンウォンに対して言及した。

 過去に放送されたMBC 'セクションTV演芸通信'では映画'ゴールデンスランバー'に出演したカン・ドンウォン、キム・ソンギュン、キム・デミョン、キム・ウィソンとのインタビューが進行された。

 この日カン・ドンウォンはキム・ソンギュン、キム・デミョンと同い年としながら"毎日団体カカオトーク部屋で話をする"と話した。

 

 

 

続けて彼は"キム・ウィソン先輩と撮影が終わって海外モクバン(グルメ)旅行してきた"と格別な親密なよしみを表わして目を引いた。

 これに対しキム・ウィソンは"(カン・ドンウォンは)あまりにもよく食べたよ。 三食をたくさん食べる姿を見た"としながら"芸能人としての明るさはないスタイルなのに少し親しくなればそばにいても気楽なスタイル"とカン・ドンウォンに会って感じた率直な考えをいった。

 一方、キム・ウィソンが出演中であるMBC '探査企画ストレート'は毎週日曜日夜11時5分に放送される。

 

コメント

カン・ドンウォン シンガポール 英語インタビュー

2018-04-16 23:37:14 | ゴールデンスランバー

ドンウォンくんと言えば

 

 

まったりハングルのイメージなのですが…

 

 

 

 

流ちょうな英語を話してる!!! 

 

 

 

 

 

ハリウッド映画に主演するのだから

 

 

 

当たり前なんですけど

 

 

 

 

なんだか違和感?

 

 

 

 

 

想像を超える語学力にオドロキ!!! 

 

 

 

 

Interview: Gang Dong Won Talks About Hollywood Debut & His Favourite Singaporean Dishes

 


 

Gang Dong Won Met with Lucky Singapore Fans in an Intimate Setting

 

 

Top Korean actor Gang Dong Won was in Singapore earlier this week for an exclusive Fan Meeting with his fans that was held at the SPH News Centre. This was his second visit to Singapore, the first being in January last year when he visited to promote his film “Master” with co-star Kim Woo Bin.

Prior to the fan meeting, Gang met with local media and shared about his current and past works, as well as what he enjoys doing in his free time.

 

 

 

It is common to hear actors talk about their work as an actor, but how often do we get to hear them mention their favourite films? Gang revealed that his personal favourite is “Eternal Sunshine of the Spotless Mind”, a romantic science-fiction movie starring Kate Winslet and Jim Carrey. He also shared that is always busy but when he does have some leisure time, he enjoys spending it by having a meal with friends.

 

 

Later that evening, 100 lucky fans had the opportunity to attend an exclusive fan meeting with Gang Dong Won. The actor revealed that he finds Singapore more familiar this time as compared to his previous visit, and impressed fans with his knowledge of a variety of Singaporean dishes, such as pepper crab, prawn paste chicken and chicken rice.

He sent fans into fits of laughter when he used the Singlish term “Paiseh!”, and even took it a step further when he revealed that during this trip, he had learned to order coffee the Singaporean way, mentioning terms like “kopi-o-peng-gau-kosong” and “kopi-si gau-siewdai”!

 

 

 

Gang shared that he makes it a point to take on a variety of characters to allow himself to grow and develop as an actor. Known for being very dedicated to his work, he expressed his wish of being able to put even more into his craft.

The actor spoke in excellent English throughout both the interview and the fan meeting, showing that his diligence in learning the language for his movie roles has paid off. When asked about how he has managed to improve his English so quickly, he said that he lived with his English tutor for three months to speed up the learning process.

 

 

Despite being known for his rather quiet demeanour, Gang showed his playful side by making jokes throughout the Fan Meeting. He revealed that whenever his movies are given high ratings by viewers, the cast and crew will drink to celebrate, and when the movie receives not-so-high (average) ratings, they will drink to drown their sorrows!

When asked about his character as a surfer in his upcoming Hollywood debut in the film “Tsunami LA”, Gang described him as a very strong, kind and warm person. He said he was pressured because it is his first time in an English-speaking role, but nevertheless, he is excited as he loves being challenged.

 

 

Fans were then treated to an interactive game session, where they had to guess what Gang would choose between two things, such as his preference for wine or soju. This unique game was a pleasant experience for all the fans, as everyone present had the chance to get involved!

The intimate session came to an end after Gang expressed his gratitude in being able to visit Singapore for the second time, and he hopes fans will continue to show their support for his work, assuring them that he will return again in the near future.

 

Interview: Gang Dong Won Talks About Hollywood Debut & His Favourite Singaporean Dishes

 

We are beyond excited for his upcoming Hollywood debut in “Tsunami LA” and look forward to seeing him again on the big screen soon. Be sure to check out the group interview we had with him last week!

 

コメント

カン・ドンウォン"キム・ウビンとずっと連絡…ゆっくり健康回復中"

2018-04-08 22:02:55 | ゴールデンスランバー

ウビンくん回復しているようで良かったー

 

 

 

ドンウォンくんのためにも頑張って!

 

 

 

 

また、二人の共演見たいです 

 

 

 

 

 

ドンウォンくんにお願い 

 

 

 

 

 

日本でももっとプロモーション活動してください

 

 

 

 

 

 





カン・ドンウォン"キム・ウビンとずっと連絡…ゆっくり健康回復中"

2018.4.8記事 翻訳サイト使用

 

俳優カン・ドンウォンがキム・ウビンの健康状態を言及した。 

5日台湾ETトゥデイの報道によればカン・ドンウォンは映画'ゴールデンスランバー'のプロモーションのためシンガポール、マレーシア、タイなどを訪問して多くのメディアとインタビューを持った。 そのうちのシンガポールメディアToggleとインタビューが4日公開された。 

報道によればカン・ドンウォンは過去映画'マスター'でフィリピンを訪問した当時のことを尋ねるとすぐに"そちらの方は私をよくご存知なかったよ。 有名ではない"としながら"さらに熱心に仕事をしなければならない"と冗談を付け加えた。

続けて彼は'マスター'に共に出演したキム・ウビンの近況にも言及した。 カン・ドンウォンは"(キム・ウビンと)ずっと連絡をしてきた"としながら"ゆっくり健康を回復している"とキム・ウビンの健康状態を伝えた。

俳優キム・ウビンは昨年5月、咽頭癌の闘病の事実を知らせた。 キム・ウビンは活動を全面中断、治療に集中している。


コメント

タイ イベントのカン・ドンウォン

2018-04-04 23:33:37 | ゴールデンスランバー

【画像】


コメント

シンガポール イベントのカン・ドンウォン

2018-04-03 22:22:59 | ゴールデンスランバー

【画像】

 

コメント

カン・ドンウォンXユン・ゲサンXハン・ヒョジュ出演したが、損益分岐点を越えられず

2018-03-10 22:31:12 | ゴールデンスランバー

終わった…

 

 

2月14日公開から1か月も過ぎないうちに… 

 

 

 

 

「ゴールデンスランバー」の映画館での上映が終わった

 

 

 

 

日本から応援しているだけなのが残念

 

 

 

少しでも多くの人が VOD,IPTV で観てくれるといいなぁー






「え、上映おわり?」

 

 


 

映画'ゴールデンスランバー',カン・ドンウォンXユン・ゲサンXハン・ヒョジュが出演したが…観客数'惜しくも',損益分岐点を越えられなかった

2018.3.10 翻訳サイト使用

映画'ゴールデンスランバー'が封切り一ヶ月がすぎVOD,IPTVに公開されて話題を集めている。 'ゴールデンスランバー'は豪華キャスティングで封切り当時注目を集めた。

映画'ゴールデンスランバー'は去る2月14日封切りした。 'ゴールデンスランバー'は130万観客数を突破した。 しかし損益分岐点を突破できない惜しい興行スコアをおさめた。

 

 

 

'ゴールデンスランバー'は同名の原作小説が大きな愛を受けた作品だ。 日本で映画化された。 平凡な男がテロ犯として寃罪をこうむって世の中に追われる映画は爽快な追撃シーンで注目をあびた。

特別出演もまた派手だ。 ユン・ゲサン、チョン・ソミン、キム・ユジョンが特別出演して映画'ゴールデンスランバー'を輝かせた。 特にチョン・ソミンは爽快なアクションを披露して普段の愛らしいイメージと違った強烈な場面をプレゼントした。

'ゴールデンスランバー'は封切り当時興行に惜しくも失敗した。 VOD,IPTV市長で'ゴールデンスランバー'が一歩遅れて愛されるだろうか? '友情'と'善意'を主題にした映画'ゴールデンスランバー'に映画ファンたちの視線が今一度集まっている。

コメント (2)

カン・ドンウォン"'4大公共財'のニックネーム? 恥ずかしいが嬉しいです"

2018-03-08 21:28:48 | ゴールデンスランバー

 ファンサービスが日本と違うー!

 

 

 

サインもするし、プレゼントも受け取る!

 

 

 

 

 

日本は近寄ることもできないのに…

 

 

 

 

 

この報道陣の迫るマイクすごいー!

 

 

 

 

 

カン・ドンウォン'ゴールデンスランバー'台湾プロモーション行事会場、'ハンサムと愉快さまで持っている男'

 

 


 

カン・ドンウォン"'4大公共財'のニックネーム? 恥ずかしいが嬉しいです"

2018.3.8 翻訳サイト使用

カン・ドンウォンが台湾を訪れた。

 7日台湾ETトゥデイは映画'ゴールデンスランバー'のプロモーションのため台湾、タイペイを訪れたカン・ドンウォンのニュースを伝えた。 カン・ドンウォンのデビュー15年以来初めての台湾訪問だ。 カン・ドンウォンは"(台湾訪問は)デビュー後初めてで生まれて初めてだ"とし、台湾の食べ物が楽しみだと明らかにした。 そして"機会にあれば良いところに行って酒を一杯飲みたい"という気持ちも表わした。

一方、この日カン・ドンウォンは自身に向けた中華圏メディアの熱い取材に驚きを隠すことができなかった。 カン・ドンウォンは現地の多くのマイクが自身に向かうとすぐに"皆さんに包囲された気持ちだ。 不思議だ"と話した。

この記者会見で'4大公共財'というニックネームに対する気持ちを尋ねられるとすぐに"本当に恥ずかしい"としながらも"そのような声を聞けば嬉しい"と率直な内心を明らかにした。 ニックネームのために結婚できないか心配はないかとの質問に"それはちょっと良くないようだ"と冗談を言った。

 日本の同名小説を原作にしたカン・ドンウォン主演の映画'ゴールデンスランバー'は台湾で9日封切りする。

 

コメント

'ゴールデンスランバー' [頑張って]ミュージックビデオ

2018-03-05 21:51:23 | ゴールデンスランバー

 

'ゴールデンスランバー' [頑張って]ミュージックビデオ

 

 

コメント (2)

'ゴールデンスランバー'カン・ドンウォン、大学生野球ジャンパーも'きらきら'

2018-03-04 21:16:56 | ゴールデンスランバー

 またまた名場面の誕生?





'オオカミの誘惑'の傘登場シーン



'1987'のマスク 登場シーン





そして





'ゴールデンスランバー'の野球ジャンパーを着てカメラを振り返るシーン






ドンウォンくんに振り向かれたら



シアワセー 





永久保存版ですねー







「チョージャン!」

 

 


 

'ゴールデンスランバー'カン・ドンウォン、大学生野球ジャンパーも'きらきら'

2018.2.26記事 翻訳サイト使用

 

'ゴールデンスランバー'カン・ドンウォンの宅配運転手ユニフォームに続き大学生野球ジャンパーファッションが公開された。

'ゴールデンスランバー'は光化門(クァンファムン)で広がった大統領候補暗殺事件の犯人にされた一人の男の逃走劇を描いた映画だ。 カン・ドンウォンをはじめキム・ウィソン、ハン・ヒョジュ、キム・ソンギュン、キム・デミョンまで忠武路(チュンムロ)の実力派俳優のシナジーがあらわれる中で'ゴールデンスランバー'のカン・ドンウォンが温かさを一層加えた大学生野球ジャンパーファッションで話題を集めている。

'ゴールデンスランバー'で一瞬で暗殺犯にされた宅配運転手コンウ役を担ったカン・ドンウォンが劇中宅配運転手ユニフォームに続き大学生野球ジャンパーファッションまで完ぺきに消化して注目を集める。 過去の回想場面の中で野球ジャンパーを着たカン・ドンウォンは現実の大学生の先輩のような姿で生き生きとして温かい雰囲気を発散して老若男女観客の心を揺さぶった。

特に、'オオカミの誘惑'の傘登場シーン、'1987'のマスク 登場シーンで数多くの女性の心を揺さぶって名場面を誕生させたカン・ドンウォンが今回の'ゴールデンスランバー'で野球ジャンパーを着てカメラを振り返るシーンを通じてもう一度新しい名場面を完成したという話だ。

 

 

コメント

タイムワープ非現実的な容貌に隠された、俳優カン・ドンウォンの真価

2018-03-03 22:28:37 | ゴールデンスランバー

 タイムマシンに乗ってドンウォンの新人時代に行ってみる!

 

 

 

 

 

ぜんぶ知ってる 

 

 

 

 

 

 

私が韓流にハマったキッカケですからw


 

 

このころ何やってたかなー?

 

 

 

 

 

韓国ドラマ見まくってましたねー



 

 


 

[スターのタイムワープ]非現実的な容貌に隠された、俳優カン・ドンウォンの真価

2018.3.3 翻訳サイト使用


'スターのタイムワープ'はスターの過去から現在まで多様な姿を見ることができるコーナーです。 新人時代から現在の姿まで、私たちが知らなかったスターのその時その時代にタイムマシンに乗って戻ってみます。 

 


俳優カン・ドンウォンは美男の代名詞です。 特に2000年代に始まった'美男'熱風の主役でしょう。 現在は? 忠武路(チュンムロ)の代表的な働き手のうち1人です。 カン・ドンウォンのいないスクリーンを想像することはできません。 '烏骨鶏'の声を聞いた学生時代から現在に至るまでカン・ドンウォンの挑戦の歴史を調べましょうか。


★カン・ドンウォンの'ポシレギ'時代

 

最近、小さくて可愛いことを称する時'ポシレギ'というそうです。 デビュー前のモデル時代のカン・ドンウォンを見ればこの単語を使うことになります。 今は成熟美が感じられる濃い容貌だが、学生カン・ドンウォンとモデル カン・ドンウォンはなぜ'美男'といったのか分かりそうです。

高等学校を卒業したカン・ドンウォンは漢陽(ハニャン)大学ERICAキャンパス機械工学課に進学しましたが。 以後路上キャスティングを通してモデルでデビューしました。 韓国人モデル初のパリ プレタポルテに立ちました。 万一、モデル活動を継続したとすれば、世界的なモデルになったかも知れません。 だが、カン・ドンウォンの目は他の所に向かいました。

 

★カン・ドンウォンを毎週見ることができたその時その時代

 

2003年'威風堂々な彼女'を通じて威風堂々としてブラウン管に入城したカン・ドンウォンは初めから主演席を横取りしました。 以後'1%の奇跡'はカン・ドンウォンを本格的に知らせるキッカケになりました。 礼儀をわきまえない傍若無人の財閥2世の役をぴたりと消化しました。 事実この時まではカン・ドンウォンは演技できないという'イメージ'がありました。 まだ直すことが出来なかったなまりととてもハンサムな容貌のためです。

 

 

以後SBS 'マジック'(2004)以後カン・ドンウォンのドラマ出演は14年の間一度もありません。 カン・ドンウォンを毎週居間で見ることができたこの時期が懐かしいです。

 

★スクリーン進出、伝説になった'オオカミの誘惑'


以後'彼女を信じないでください'でスクリーンにデビューしました。 写真を見れば分かるだろうが本当に壊れました。 素朴な田舎の薬剤師で出てきたのですが、容貌を下ろして演技に情熱を傾けたカン・ドンウォンの覇気がより増して大きい笑いを与えました。

しかし今のカン・ドンウォンを作った映画はまさに'オオカミの誘惑'です。 インターネット小説を原作にしたロマンス映画でカン・ドンウォンはただワンシーンで観客の心を盗みます。 雨が降る日の傘の中の微笑みは以後何度もパロディなって韓国映画界に久しく残る名シーンになりました。 もちろんカン・ドンウォンの漫画のような顔おかげです。


★カン・ドンウォンもバラエティーに出演したことがある

 

 

カン・ドンウォンが'無限に挑戦'でも'ランニングマン','一食下さい'や'知ってるお兄さん'に出演するのを想像することができますか? だが、カン・ドンウォンも新人時代にはバラエティー常連客でした。

最初の写真はキム・ヨンマンが進めた'ブレーン サバイバル'であり、2番目はKBS '皿カラオケ',三番目と四番目は'女傑シックス'です。 よくあることではなかったが、引き受けた任務を誠実に遂行しました。 MBC '遊びにきて'に出演しては踊ったりもしました。


★が男の変身は無罪

 

'マジック'以後カン・ドンウォンのフィルモグラフィーには変曲点が訪ねてきました。 実験的な挑戦の先に立ったと考えられます。 イ・ミョンセ監督の’刑事-Duelist'や'M','超能力者'が良い例です。 デビュー以後一度も助演で出演したことがないカン・ドンウォンが声だけで出演した映画もあります。 まさに'あいつの声'です。

同時に'興行保証小切手'と位置づけられました。 '私たちの幸せな時間','チョン・ウチ','義兄弟'などが成功してカン・ドンウォンを最高の位置にのせました。

この時から見える特徴は絶対に似たキャラクターを相次いで引き受けないという点です。 観客の涙鼻水をぐっと引き出すと突然誘拐犯の声で登場して、そうしながらもやっかい者チョン・ウチで笑いを与えました。

 

★唯一の空白期-兵役

 

このように毎年ひと作品以上封切りして観客に会ったカン・ドンウォンに唯一の空白期が訪ねてきます。 まさに軍隊です。 当時カン・ドンウォンは007作戦を連想させる極秘入隊で話題になりました。 後ほど明らかにしたことはすごいことでもないので知らせたくなかったといいます。 写真は以後陸軍訓練所が公開したものです。


★忠武路(チュンムロ)の牛(?)になったカン・ドンウォン、変身は続く

 

招集解除以後カン・ドンウォンは本当に牛のように仕事をしました。 変身を休まなかったんですよ。 できない職業がないほどです。

'群盗'では悪役でしたが。 本当に悪い人だったのに容貌のために憐憫されるという観客の評が列をなしました。 かえって劇中カン・ドンウォンを殺したハ・ジョンウ(主人公)が憎く見えます。 '黒い司祭'では時ならぬ後光論議(?)を作ったりもしました。 ある場面でカン・ドンウォンの後に後光があったという証言があったが分かってみれば違いました。

'隠された時間'のように独特な ジャンルにも挑戦が止まりませんでした。 'ゴールデンスランバー'では平凡で人間味ある宅配運転手に変身しましたし。 もう彼はもっと広いところを眺めます。 ハリウッド災害映画'津波LA'の撮影を控えています。 自身を'ハンサムな俳優'に閉じ込めないで壁をぶち壊して絶えず努力した結果でしょう。

後日、カン・ドンウォンの全盛期あるいはリーズ時代がいつだと確定できる人が誰がいましょうか? それはおそらくカン・ドンウォンだけが可能でしょう。

 

コメント