カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

‘ドキドキ私の人生’台湾で10月3日から公開!

2014-09-30 18:56:20 | ドキドキ私の人生

 台湾で10月3日から公開される「ドキドキ私の人生」のMV




ドンくんのヌードとぽっぽにドキドキ!!! 

 

 

 

 

FS (Fuying & Sam)【想為你做的事】電影「?通?通我的人生」中文宣傳曲MV

 

 

 

 

 

台湾版「ドキドキ私の人生」のチラシ~

 


まぁるくて、かわいい~~~




台湾では、もうすぐ公開ですね 


 

 

 

カン・ドンウォンギャラリーより

 

 


 

‘ドキドキ私の人生’童話のようなタイトル、ハリウッド有名製作スタッフの手腕

2014.9.30 翻訳サイト使用

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201409300811030510

 


'ドキドキ私の人生'タイトル シークエンスにハリウッド専門製作陣が参加した。

映画'ドキドキ私の人生'(監督イ・ジェヨン)が美しい映像美が引き立って見える感性的なタイトル シークエンスで多くの観客の視線をひきつけた。

暖かい感性をそっくり表わしたタイトル シークエンスがハリウッド メディア アート グループIVANISTクリエーティブ ディレクターでありモーション グラフィックデザイナーであるイ・ヒボク代表の作品と明らかになった。



 

空に浮び上がる風船にテス(カン・ドンウォン)とミラ(ソン・ヘギョ)のシルエットが重なって、林の中に立った息子アルムの姿に、大小集まっている村で、夜空の星につながって、まるで一つの童話のように繰り広げられる。 'ドキドキ私の人生'のタイトル シークエンスは観客に深い印象を残した。

タイトル シークエンスを作ったイ・ヒボク代表は'忍者アサシン' 'スピードレーサー' 'スーパーマン リターンズ'など多数のハリウッド映画でタイトル シークエンス作業を引き受け、クモの巣形の3Dで表現した'スパイダーマン3'の映像で大きい関心を集めた。 イ・ヒボクは現在IVANISTで同僚デザイナーらと共に映画タイトルおよび視覚効果、動画パフォーマンスが結合したメディア アート分野で活動している。

映画を見た観客は"オープニングを童話のように表現したのはとても美しかった" "導入部が印象的だった。 まるで小説を広げて初めのページに登場する挿絵を見るように感じる。 映画の全般的な雰囲気をよく出した" "オープニング タイトルから'この映画は本当に良いだろう'という感じがフツフツとする" "童話のように始めるオープニングがとても気に入った"等反応を現わした。

一方キム・エラン作家の同名ベストセラーをスクリーンに移した'ドキドキ私の人生'は身体年齢80才で両親よりはやく老いていく先天性早老症にかかった16才息子(チョ・ソンモク)と33才の若い両親テス(カン・ドンウォン)とミラ(ソン・ヘギョ)の話を描く。 


コメント (2)

'ディテールな男'カン・ドンウォン

2014-09-29 20:13:00 | ドキドキ私の人生

 すっかり秋らしくなってきました

 

キンモクセイの香りが夏の終わりを告げているような…

 

 

 

ドンくんのニュースも無くなってきて

 

哀しい秋…

 

 

 

 

でも、食べ物が美味しい食欲の秋~

 

 

 

 

 

 

 

 


 

[カン・ドンウォン]私のように、私ぐらい

http://magazine.movie.daum.net/w/magazine/film/detail.daum?thecutId=11953



 

音楽の音があまりにも大きいと思った。 当然のことながら、"直接動くのが一番はやい"とインタビューを止めてカン・ドンウォンが立ち上がってオーディオに向かう。 それでも周辺の騒音が消えなかったためカン・ドンウォンは"もう少しインタビューしやすいところを探してみよう"と席を見回す。 自らが集中できる状況を作ろうとする積極的で細心な姿を見ると、カン・ドンウォンについて'ディテールな男'( <シネ21 > 963号)と呼ぶ理由が分かる気がしたた。 場所を再整備して一層快適になったのか。 カン・ドンウォンはいつのまにか軽い冗談とゆったりとした語り口で一座の笑いを誘うことまでする。 "仕事をする時は難しい時もありますが普段はちょっとドジな(?) まぬけな点が多い"としながら"話しが散漫だ"という声を聞いて育った幼い時期まで戻る。 それでは、カン・ドンウォン自らが普段の自身と最も似ていたと話す<ドキドキ私の人生>のハン・テスもこのような姿ということか。 カン・ドンウォンのそばにハン・テスをさっとたててみる。

テスは一目で愛に陥って十七才でパパになった三十三才の家長だ。 '先天性早老症'を病む息子アルムが喜ぶことならば無条件、喜ぶ息子バカでもある。 ガールグループを見てぽかんと笑う時はまちがいなく世間知らずだが実際テスは誰よりも熱い男だ。 "私もそのような気質がある。 いまだによく妥協できない部分があって。 何か一つ始めればしまいまで見届ける方で。 (ソン・ヘギョさんは私に)本人そのまましなさいと言ったよ。 (一座笑い)知人たちもテス役に私がぴったりといって。"今回の作品でカン・ドンウォンは新しく何を付け加えるよりは自分中にある気質と性質を集めて自然に絵を完成するカードを持ち出した。

それもそうだ。 カン・ドンウォンが現実の視空間を背景にパパ役を演技するというのはなかなか想像することができない絵だ。 非現実的な容貌で現実の向こう側の世界から飛び出してきたような劇化された人物( <刑事Duelist > < M > <チョン・ウチ> <超能力者> )を演技してきた前作のためであろうか。 その上この前封切りした<群盗:騒動の時代> (以下<群盗> )では父に向かって庶子の悲感を吐き出したから。 "人々が'似合うのだろうか?'と疑問を持つ時うまくやり遂げるなら、そこから来る快感がもっとあるのだ。 見せつけるようにうまくやり遂げれば良いと。"疑いを信じることで変わる自信はシナリオを読む時からあったようだ。 "最も老いた子供と最も若い両親という極端な状況で話を解くのが良かった。 子供はとてもはやく老いていって幼い両親は自分たちの夢をみな捨ててとてもはやく苦労を始めた。 家族の犠牲を暗く解くのでなく軽快に近づいたのも良くて。 テスがこの映画を明るくする人物という側からキャラクターを捕まえて行った。"

アルムから年をとった自身の姿をあらかじめ見るテスと、テスから若さのさわやかさを夢見みるアルムは鏡のようにお互いを照らす。 そのためかカン・ドンウォンは"観客が自身の青春を振り返ることを願う"という話と共に自然に自身の過ぎた時間を探ってみる。 "振り返ると仕事の記憶しかなかったよ。 (笑い)"と話すがそれは物足りなさよりは疲れないで駆け抜けた自身に対する激励の意味と取れる。 "演技をすることが出来なかった(公益勤務要員である時の)時間が大変だった","今年中にすぐ次作品に入りたい"と伝える程演技に向けた彼の愛情の温度は相変らず熱い。 だから去る一年を全て注ぎ込んだ、子供のような二つの作品( <群盗> <ドキドキ私の人生> )がひきつづき観客に会う今彼の心臓はまた、どれくらい高鳴っているのか。

" <群盗>は痛かった。 本当にみなオールインして作った映画なのに、思ったより観客の反応が良くなかった。 観客の選択を疑ってはいけないと考えると反省もたくさんした。 よく作った映画だが結果的に大衆に近付くことができなかったから。 そういえば本当に熱心にしたが。 さらに熱心にするべきだとの考え、たくさんした。"それだけ<ドキドキ私の人生>に対する彼の風は確実だ。 "論議の余地なくさらに多くの人々に愛されて。 悪口をちょっと言われる映画だったら良いだろう。 (笑い)"

コメント

'ドキドキ'チョ・ソンモク、どこからこのような妖怪が現れたか?

2014-09-27 17:07:40 | ドキドキ私の人生

インタビューを読めば読むほど

 

 

 

ソンモクくんは

 

 

 

13歳の姿をした妖怪なのではないかと思ってしまう 

 

 

 

 

私が13歳の時は何も考えていなかったけど…

 

 

 

 

 

いつか、カン・ドンウォンのような俳優に化けるかな?

 

 

 

カン・ドンウォンになるのはなかなか大変ですよ~ww







「おまえ、なんか怪しいなー?」

「妖怪だろ?」

 

 

 


 

'ドキドキ'チョ・ソンモク、どこからこのような妖怪が現れたか? (インタビュー)

2014.9.27 翻訳サイト使用

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=574243

 

妖怪は妖怪だ。 見れば見るほどまじめな人という思いが頭の中を離れない。 せいぜい13才. もう今しがた中学校に入った青二才に頭が自ずと下がる。 行動の一つ一つ、口から出る単語の一つ一つ落ち着きがたっぷりにじみ出る。 あどけない子供の仮面をかぶっているけれどその内心には永遠を体験した中年の力を持つ俳優チョ・ソンモク. いったい君はどの星からきたの?

キム・エラン作家の同名の小説を原作にした映画'ドキドキ私の人生'(イ・ジェヨン監督、映画会社家製作)で顔は80才、心は16才の少年アルムを演技したチョ・ソンモク. 彼はEBSで端役俳優として活動してアニメーション の吹き替えをしたのが全ての新人の中の新人であった。 そのような彼が'ドキドキ私の人生'が本格的な俳優の火ぶたを切ったドキドキする初めての作品だった。

 

 

 

事実カン・ドンウォン、ソン・ヘギョが夫婦で出演するという便りだけで'ドキドキ私の人生'は制作段階から爆発的な関心を集めた。 一緒に二人の息子で出てくるアルムに多くの人々の関心が傾いた。 いわゆるスター子役と呼ばれる数人の子役俳優に機会があると推測されたがすべての予想とは別になじみがうすい新人チョ・ソンモクがアルムを捉えた。 憂慮するほかはない状況. 筆者は'ドキドキ私の人生'の制作者である映画会社家のイ・ユジン代表に"新人、それも子供なのに早老症を演技できますか?"と差し出がましい心配をいっぱい浴びせた。 そのたびに訳の分からない笑いで"最善を尽くさなければならないですね"と話すイ代表であった。

考えてみると今その笑いの意味はイ代表の自信だった。 運命のように必然のようにチョ・ソンモクはアルムの感情とまったく似ていていたためだ。 神童で通ったキャスティングだったが映画を見たらなぜチョ・ソンモクでなければならなかったのか納得をさせる妙な才能. すべての憂慮をあざ笑うように完ぺきな好演を披露した彼は'ドキドキ私の人生'の真の主人公だった。 大韓民国最高のスターのカン・ドンウォン、ソン・ヘギョも今回だけは喜んで席を渡した。

 

 

 

'ドキドキ私の人生'を通じて初めてすることが多くなったチョ・ソンモクはファンたちの呼応に胸の深いところから心臓がどきどきする気持ちを感じて、その気持ちがとても良かったと親指を立てた。 以後その小さくて可愛らしい口から出た話は口がぽかんと開かれる程かなり衝撃的だった。 中堅俳優より真剣な瞬間だった。

"私が早くから社会で仕事をしてみると実際の精神年令がぴったり私の年齢とは同じ年頃ではないようです。 俳優という仕事が特にそのようです。 子役の友達に会えばパズルが合います。 ひよこの中で私もやはりひよこなら俳優の仕事が出来ないでしょう。 少なくともカラスにでもならなければならないですね。 ハハ。"

果たして13才の少年から出てくることか. 思ったよりさらに早く分別がついてしまったチョ・ソンモクは映画の中のアルムのように立派で重かった。 いや、もしかしたらアルムより深い心を持つ少年ではないかと思う。

"今回の'ドキドキ私の人生'を通じて正規の演技は初めてしてみました。 映画を見て不足している部分が本当に多く見えましたよ。 初めて見た時は涙が溜まるだけで流れる程ではなかったんですよ。 後ほど念入りにその理由を考えてみると私が映画を見て短所だけ探すのにきゅうきゅうとしましたよ。 映画にゆっくり入ってみるべきなのに私の演技だけ見て大きい山を見ることができなかったんですよ。 恥ずかしいです。 へへ。"

 

 

 

初めての作品からすぐに芽が萌え出たチョ・ソンモク. ニコニコ笑って"このような時間が本当に良い"と話す。 他の人に'演技している'と話すことができるようになったのが何よりうれしいと。 目を輝かせて話すその姿が美しいことこの上ない。 ぜひこのまま育ってほしいとお願いすると"努力してみる"と頭をあちこちかくチョ・ソンモクだ。

格別に大人っぽいチョ・ソンモクが唯一子供と同じだった瞬間、正に3ヶ月間パパそしてママにならなければならなかったカン・ドンウォンとソン・ヘギョの初めての出会いだった。 その日を考えるとまだ恥ずかしいのか顔が紅潮するのがまちがいなく少年だ。

"先に(ソン)へギョ姉を初めて見たが目の前に現れたへギョ姉が本当に美しくて話ができませんでした。 本当に、私の知る人の中で最高に美しい姉でした。(笑い) (カン)ドンウォン兄は会うやいなやあまりに大きくて…ククク. それをしばらく聞かなければならなかったのを思い出します。 何よりドンウォン兄が初めての出会いの時にキレイな帽子をプレゼントしてくれたのが一生忘れることのできない意味深いプレゼントになりました。 その時私がアルム役のために断髪もして白髪を作るために脱色をしましたよ。 ドンウォン兄が'おしゃれする年齢なのに'と帽子をプレゼントしました。 本当に私の心を分かってくれてありがとうございました。 フフ."

 

 

 

断髪の苦労を分かってくれたカン・ドンウォンのプレゼント. チョ・ソンモクには感動であった。 小学校を卒業して中学校に入る頃'ドキドキ私の人生'の撮影に入って断髪をしなければならなかった彼は憂いの表情はなかったが色々な面で精神的苦労が激しかった。 白髪のために脱色を五回試みたがその苦痛が話にもならなく痛かったと。 いくら大人っぽいチョ・ソンモクでも脱色だけは今考えてもくらっとする苦痛だ。

"5時間扮装するのもそれなりに我慢したが脱色は本当に大変だったんですよ。 ずっと伸びる髪を脱色するのかと思うと涙がにじみましたよ。 イ・ジェヨン監督や制作スタッフ方々がこのような私の心をよく分かってくれて後には帽子をかぶるコンセプトになりました。 真の幸運でしょう。 学校はどのように通ったかですか? 一日は担任先生が私を呼ばれます。 'ソンモクどこか具合が悪いの?'としながらです。 頭は断髪の上に目はクマがいっぱいでしたから。 夜間撮影して車で眠って再び学校に行って。 そのような生活を3ヶ月間しましたよ。 その時は演技する子役俳優ということだけ話して'ドキドキ私の人生'の撮影中だとは話さなかったんですよ。 秘密にしなければなりませんでした。(笑い)"

平凡でない容貌にあるいはイジメにあわなかっただろうかという心配に、チョ・ソンモクはかえって友達が守って助けて映画撮影を無事に終わらせることができたと感謝の気持ちを伝えた。 後日に友達にカン・ドンウォン、ソン・ヘギョと映画を撮ったと告白すると友達は"嘘をつくな"と信じなかった。

"友達はカン・ドンウォン、ソン・ヘギョが両親になればウォンビンのようにハンサムな息子が出てこなければならないといいましたよ。 初めには皆信じませんでしたよ。 ハハ。 友達が試写会にきて皆一緒に映画を見たがエンディングでアルムがママの膝に横になって離別する姿を報告した友達がため息をつきます。 なぜため息をつくのかと尋ねるとソン・ヘギョの膝に横になることができてうらやましいといいましたよ。 ハハ。 また、ある友達は撮影して苦労たくさんしたと慰労してくれたりもしました。"

 

 

 

友達の話のように特殊メークのために苦労が多いチョ・ソンモク. だが、彼は決して苦労だと話さなかった。 良い機会だと話して自身にこのような幸運がくることになり感謝して幸せだという。 'ドキドキ私の人生'という映画が俳優人生の第一歩になって幸運だったと。

"本当に良い機会でした。 'ドキドキ私の人生'を絶対忘れることができません。 友達は'顔がまともに出てこなくてさびしくない?'と話すが私は全くさびしくありません。 演技ができるだけで充分な時間です。 この映画を通じて私はより一層成長することができました。 まだ幼くて友達と遊びたい心が先だが、だんだん進路に対してもたくさん悩むつもりですよ。 演技を続けたいという考えは変わりません。 私の年齢に合う明るい演技やでなければ物静か演技も良いよ。 じっくり考えてみなければならないですね。 今後さらに努力して良い俳優になるようにします。 見守ってください。 ハハ。 "



コメント (6)

‘ドキドキ’監督“ペ・ヨンジュン史劇-カン・ドンウォンが子供のパパ..快感”

2014-09-26 18:01:17 | ドキドキ私の人生

'スキャンダル'を通じて破格変身を試みたペ・ヨンジュンに次ぐほど前作とは180度異なる



カン・ドンウォンの変身!!!

 

 

 

 

いやー

 

 

ヨン様の「スキャンダル」は衝撃的でした!

 

 

 

 

「スキャンダル」のころは、まだ韓国の時代劇 は一般的ではなく

 

 

韓国の時代劇というものを初めて見ましたから!




しかも…

 

 

 

 

 

気になって「スキャンダル」をレンタルしようと思われる方に忠告!

 

 

 

「スキャンダル」は絶対に家族とは見ないでください!!!

 

 

 

 

一人で見て下さいねwww

 

 

 

ナゼかは、見ればわかります!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

‘ドキドキ’監督“ペ・ヨンジュン史劇-カン・ドンウォン子供のパパ..快感”(インタビュー①)

2014.9.26 翻訳サイト使用

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201409231225341110

 

意図してはいないがどういうわけかいつも変化を夢見た。 そしてその変化にスリルを感じる自分を発見した。

俳優が求める映画監督. 大きい声を出すことも、それでも露骨に優しくなだめてもくれないがその点が他の監督とはまた別のイ・ジェヨン監督だけの魅力だ。 メローの巨匠、俳優を'よく利用する'監督という有名税を振り払って、ソン・ヘギョ、カン・ドンウォンという傑出した大韓民国のトップ俳優らと'暖かい映画'で帰ってきた彼の歩みは新鮮な好奇心を誘うに充分だった。

 

 

 

"運が良いと考えれば私はいつも私がしたい映画だけをしてきたようだ。 わざわざ変わった映画を作ろうと努力したとか、わざわざ大衆性あるシナリオを探すこともなかった。 そのまま瞬間瞬間に最善を尽くして作ったし、ぴったりその時期に必要な映画を公開した。 事実、監督は映画一本をとろうとするなら2年から3年ほどの時間を注ぎ込まなければならない。 その間に頭の中には多様なアイディアがわくが全部作品として表現することはできない。 したいのもみなできない状況で自ら共感できないことは映画で作り難い。 私もやはり同じだ"

同名の原作小説を映画化した'ドキドキ私の人生'でソン・ヘギョ、カン・ドンウォンはイ・ジェヨン監督によってそれぞれ気立ての良いママ、タクシー運転手のパパに扮して、早老症にかかった子供を育てる両親になった。 特にカン・ドンウォンの場合'スキャンダル'を通じて破格変身を試みたペ・ヨンジュンに次ぐほど前作とは180度異なるビジュアルを誇る。 必ず'いつかはあのように使わなくちゃ'と念頭しておいたように異質感はない。

"人々の期待を避ける時かえって快感を感じるようだ"と力強く笑ってみせたイ・ジェヨン監督は"'家族映画をイ・ジェヨン監督がするという話だろう? それではOK見なくちゃ','ペ・ヨンジュンが史劇を?','カン・ドンウォンが子供の父を?'のような反応が悪くない。 他の人々が見ることができないものを見た時、固定観念や先入観が外れた時、安定した選択よりは意外な選択をした時魅力を感じる"と明らかにした。

それなら直接演技する俳優の反応はどうだったのだろうか。 もちろん作品とキャラクターを選択したということ自体が俳優本人の意志だったが経験と適応は現場でするはずだ。 これに対しイ・ジェヨン家督は"カン・ドンウォンの場合、シナリオを読むやいなや'これは私ですか?'と直ちに話したよ。 率直に私も驚いた"として"漠然とある程度隠しておいたメンがあるだろうと考えたりしたがとても自分と似たキャラクターというので、私は間違っていなかった"と話した。

続けて"このように大きい絵を見た後には小さく小さくさせていくのがおもしろいといった。 なまりから始めてキャラクターのディテール一つまで几帳面に取りまとめる姿が俳優カン・ドンウォンに対する信頼を積んだ"として"おもしろいそうなアイディアも多く出した。 私は大きい助けを受けた"と惜しみなくほめた。

イ・ジェヨン監督の独特なことは俳優だけでなく作品自体にもよくあらわれる。 'ドキドキ私の人生'だけ見ても早老症にかかったアルムとその家族の事情はドキュメンタリーとして処理された。 ただし、映画では実際の私たちの隣の話のように見えるようにしたかったというイ・ジェヨン監督はその良く知られていることをTVの中のドキュメンタリーと連結して表現、観客の感動を誘い出した。

"ひたすら悲しそうな話を光る青春と対比させたかった。 笑っているが涙が出て涙が出るのに微笑がうかぶ感じというか? 老人と子供が友人になるようにそういう対比が私たちの人生の色々なメンを見せることができると考えた。 そしてその地点でドキュメンタリーを活用した。 アルムの家族の状況が主観的ということよりは客観的に見られるように願った。 もし別の闘病ストーリーだったら多分この作品を演出しなかっただろう。 それで逆説的に監督の振幅がもっと大きくなかったようだ。"

悲しい話を愉快に毅然と描き出すこと。 これが正にイ・ジェヨン監督のスタイルだ。 映画'人生は美しくて'を言及して"戦争の砲火の中で笑いを失わない内容で風変わりな感動を感じた"と明らかにしたイ・ジェヨン監督は"私が好きなその意外性をアルムというキャラクター自体で説明したい"と伝えた。 すでに顔が良く知られた子役俳優や演技力を認められた子役俳優でない見慣れない少年を捜し出したのもこのためだ。

イ・ジェヨン監督は"年齢は16才なのに顔と身体の臓器は80才の老人で、本をたくさん読んで知能はまた大人っぽい子供を表現しなければならなかった。 それで純粋な、枠にはまった演技をしないような、演技経験がない友達をわざわざ望んだ"として"扮装でさえぎられて表情を読みやすくはなかったでしょうがアルムの目つきだけでも感情を伝える子供であった。 よくやり遂げてくれてありがとう"と愛情を表わした。

コメント

カン・ドンウォン、神秘な悲しい目…悪役も彼がすれば無罪

2014-09-25 18:21:36 | ドキドキ私の人生

スターという言葉が最も似合う俳優はカン・ドンウォンである!





“韓国映画史上最も美しくて魅惑的な悪役の誕生”

 

“強みもカン・ドンウォン、欠点もカン・ドンウォン、カン・ドンウォンの過剰映画” 

 

“どうして(チョ・ユンが)民の敵になれるのか。 このように美しいのに”






時には相手女優まで圧倒してしまう彼の魅惑的なイメージ



いつも映画の中心にいる、カン・ドンウォン






次は、どんな役で現れるのか



いつも期待をさせる…





そして、期待を裏切らない演技






スクリーンで会えるのを楽しみにしています


 

 

 

 

 

 

 


 

カン・ドンウォン、神秘な悲しい目…悪役も彼がすれば無罪

2014.9.25 翻訳サイト使用

http://joongang.joins.com/article/aid/2014/09/25/15487096.html?cloc=olink|article|default

 



単純に言えばスター性とは魅惑する力だ。 人の視線をつかむ力. 存在自体でオーラ(圧倒的気勢)を発する力. そのような魅惑の力が強大な収益を産むところがショービジネスの世界、スター産業だ。 一言で‘スター=魅力資本’だ。

 スターを‘魅惑するもの’という時、それに最も似合う俳優にカン・ドンウォン(33)を挙げるのに特別に意見がないだろう。 彼はすでにただきれいな‘美男’俳優を越えてなんだか現実ではない‘神界’に属したような非現実的な美しさで大衆を魅了してきたためだ。

 今年の夏封切りした‘群盗’は‘魅惑する’者として彼の魅力が精一杯発揮された作品だ。 朝鮮末期貪官汚吏の暴政に対抗した民衆の活躍をウェスタン風に描いた映画だ。 本来観客をひきつけたのは彼が引き受けた悪役チョ・ユン. 民衆の蜂起は後まわしで、庶子という運命のために悲劇的に生きて復讐心に悪行を日常行うチョ・ユンが光った。 誰かの言葉通りいくら悪を演技しても無罪だと信じさせる力のためであろうか。 彼が塗布の裾をはためかせて長い腕と脚で剣を使うシーンはあたかも優雅な踊りと同じだった。

 “韓国映画史上最も美しくて魅惑的な悪役の誕生” “強みもカン・ドンウォン、欠点もカン・ドンウォン、カン・ドンウォンの過剰映画”という評が出てきた理由だ。 “どうして(チョ・ユンが)民の敵になれるのか。 このように美しいのに”というネチズンの観覧表が出てきたりした。

実際に、時には相手女優まで圧倒してしまう彼の魅惑的なイメージは‘悲しい目’という朝鮮剣客として出てきた‘デュエリスト’(2005)をかつて披露したのだ。 ‘悲しい目’は特別セリフもない若い人物でただ美しく存在するだけでハ・ジウォンを愛におとし入れ、観客を熱狂させた。 耽美(たんび)主義者イ・ミョンセ監督は当時“カン・ドンウォンのように魅惑的な容貌の俳優の時は演技をする必要がない。 容貌自体が観客にすでに感情を呼び起こすためだ。 そこで演技をすればややもすると過剰になる”と話した。 “カン・ドンウォンがワイヤーに乗って空上に上がると男蓮の花一つが上がった。 彼のアクションにはやわらかさがある。”彼を‘剣を最もよく使う俳優’に挙げた‘チョン・ウチ’ (2009)の武術監督チョン・ドゥホンの話だ。

 このように違う次元に住むような神秘なイメージとともに極めて庶民的や底辺人生を演技するのも彼の特徴だ。 ‘群盗’に続く‘ドキドキ私の人生’(封切り中)では早老症にかかった15才の息子を持った33才のタクシー運転手テスとして出てくる。 ガールグループに熱狂してくたくたなジャンパー姿にぽかんと笑う普通のパパだ。 ‘群盗’のファンタジーをきれいに取りはらった。 以前にも素朴な田舎の薬剤師(‘彼女を信じないでください’・2004),残忍な誘拐犯(‘あいつ声’・2006),死を控えた死刑囚(‘私たちの幸せな時間’・2006),自己分裂的なヒステリー作家(‘M’・2007),北から捨てられた南派工作員(‘義兄弟’・2010)等を演技してきた。 重複のない多様なキャラクターだ。

知られる通り彼の出世作はハイティーン ロマンス映画‘オオカミの誘惑’(2004)だ。 彼がイ・チョンアの傘の中にすっと入ってきて顔色がやや白く綺麗に笑う場面は今でも韓国ロマンスの名シーンとして広く知られる。 以後キャリアは‘モデル出身元祖美男’というタイトルを自ら熱心に拒否するように見えるほどだ。 以後TV出演をしなかったせいもあるが韓国ロマンスに溢れていた、美男スターならば避けられない‘甘い恋人’ ‘財閥2世’のキャラクターを披露したことがないという話だ。

 一方では神秘と魅惑を渇望する大衆の欲望を満たしていながら(時代劇),他の一方ではそれに徹底的に反する(現代劇)の道を歩いている彼の歩みの後には明晰な自分設計が隠れている。 “人生を1年、10年単位に分けて計画をたてる”という彼は作品ごとに期待値が明確だ。 たとえば“デビュー作は無条件にシナリオだけ見て”(‘彼女を信じないでください’) “今後私が願うものができる力を集中するだろうという計算で”(‘オオカミの誘惑’),“映画的な映画として”(‘デュエリスト’),“あまりにも容貌だけの話なので演技を見せたくて”(‘私たちの幸せな時間’),“なまりが苦しくて声の演技に集中しようと”(声だけ出演した‘あいつ声’),“劇中の人物がぴったり私の年なので”(‘ドキドキ私の人生’)等だ。

 いつのまにかただの美男を越えて存在感ある、忠武路(チュンムロ)の中堅俳優に成長した彼にある女性ファンは‘群盗’のチョ・ユン キャラクターを持ってドキドキ ロマンス史劇を作ってくれと言ったが可能性は低く見える。 私生活をほとんど露出しなく、一般的なスキャンダルの一度もないため“カン・ドンウォンだけはガールフレンドなしで女性ファンの公共財として残ってほしい”という、いわゆる‘カン・ドンウォン公共財論’も出てきた。 容貌とは違い実際の性格は“男中の男、上の者”(ハ・ジョンウ)という彼の答は何だったのだろうか。

 “いたずらなのか真心かわからないがうちの母が聞けばどれくらい空しいか。 私はそのような心がない。”彼の長い間のファンとして一言言うなら、本当に彼らしい無関心な答だ。

ヤン・ソンヒ記者

コメント

キム・オクビンの妹キム・ゴウン、‘ドキドキ私の人生’声の主人公

2014-09-24 20:23:55 | ドキドキ私の人生

 「群盗」から「ドキドキ私の人生」まで続いた嵐が過ぎ去って



静かになると少し寂しいです

 

 

 

 

 

ドンくんはたくさんのシナリオの中から


ワインを飲みながら次の作品を選んでいるころでしょうか?

 

 

 

それとも

 

 

 

休暇を取っているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

「よいではないの~。」

「ダメよ~、ダメダメ!」

 

 

 


 

キム・オクビンの妹キム・ゴウン、‘ドキドキ私の人生’声の主人公

2014.9.24 翻訳サイト使用

http://star.mk.co.kr/new/view.php?mc=ST&no=1235143&year=2014

 

 

女優キム・オクビンの妹であるキム・ゴウンが映画‘ドキドキ私の人生’(監督イ・ジェヨン)の声主人公であることが明らかになり話題だ。

‘ドキドキ私の人生’では早老症を病んでいるアルム(チョ・ソンモク)と手紙をやりとりするイ・ソハという人物が登場して主な役割を担当する。 声で登場してアルムに愛の感情と共に成長痛を抱かせる人物でもある。

少女の中に成熟さがあるイ・ソハの声は映画封切りと同時に話題に上がった。 イ・ソハの声の主人公が‘キム・オクビンの妹’キム・ウゴンという事実が一層話題になっている。

すでに優れていた美貌でネチズンの間で話題を集めたキム・ゴウンもやはりハンイェジョン(韓国芸術総合学校)で演技専攻でお姉さんの後に続いて女優の道を行こうとしている。

一方、キム・オクビンはインタビューで“妹は私よりはるかに清純で善良だ”として女優として妹の将来を期待させたことがある。

 この写真に接したネチズンは“キム・オクビン、キム・ゴウン二人ともとても可愛い” “キム・オクビン、キム・ゴウン声までぶるぶる” “キム・オクビンの妹キム・ゴウン今後を期待する”等の反応を見せた。

コメント

‘ドキドキ私の人生’現場未公開スチール

2014-09-23 21:05:13 | ドキドキ私の人生

 映画のあたたかい現場スチールを見ると

 

 

映画がどれほどあたたかい映画なのかが分かります

 

 

 

 

監督さん、俳優さん、スタッフさんみんな優しいお顔をしています

 

 

でも、撮影前に台本を見るときやモニタリングのお顔は真剣です





早く、映画の中のドンくんのカワイイお顔にドキドキしたい~


 

 

 

 

 

  「ドキドキ私の人生」facebook

https://www.facebook.com/mylife0903

 

 


 

‘ドキドキ私の人生’現場未公開スチール…監督・俳優‘完ぺきなアンサンブル’

2014.9.23 翻訳サイト使用

http://news1.kr/articles/?1870105

 

映画‘ドキドキ私の人生’の和気あいあいとした現場の未公開写真が公開された。

‘ドキドキ私の人生’側は23日午前俳優らとスタッフの自然な姿が入れられた現場未公開スチールを数枚公開して目を引く。

今回公開されたスチールでイ・ジェヨン監督とカン・ドンウォン、ソン・ヘギョは劇中テス・ミラの家で静かに会話をしている。 また他のスチールでは高校生に変身した俳優が制服を着て、監督と共に親しくモニタリングする現場の和気あいあいとした雰囲気をのぞくことができる。



 

一緒に公開された他のスチール カットでカン・ドンウォンは撮影前にバスの中で映画のシナリオを几帳面に分析して、撮影後自分の演技をモニターしている。 映画に対する俳優の情熱がそっくりにじみ出る。

カン・ドンウォンがタクシー運転をするスチールは彼の可愛い表情で見る人々の視線をひきつける。 最後に監督と2人の俳優が明るく微笑を浮かべている姿は映画ぐらい愉快で暖かい現場の雰囲気で温かさをかもし出す。

‘ドキドキ私の人生’はキム・エラン作家の小説を映画化した作品で、先天性早老症という素材を暖かい話にした。 ソン・ヘギョ、カン・ドンウォン、ペク・イルソプ、チョ・ソンモクなどが出演する。

コメント

カン・ドンウォン 「お気に入りデザイナーの服」

2014-09-22 17:52:20 | 2014その他

雑誌SPUR(シュプール)が創刊25周年を記念して

 

 

「SPUR LOVE MODE 100」という100人の動画を作りました

 http://hpplus.jp/spur/25th_anniversary/

 




そのなかにドンウォンくんの動画があります



ドンウォンくんが好きなデザイナーのお気に入りのコレクションを紹介しています


 

 

 

 「お気に入りデザイナーの服」




ドンくんが自分のお気に入りのコレクションを紹介してくれたのは初めてです



とっても嬉しい企画ですね!


 


 

SPUR LOVE MODE 100 俳優 カン・ドンウォン

 

 

 

 

最後に紹介したキャップは今年のセンパで被っていました~

 

 

 

 

 

 

 

コメント

‘ドキドキ私の人生’カン・ドンウォン、未公開スチール公開

2014-09-19 18:43:01 | ドキドキ私の人生

未公開スチールって…

 

 

映画も見てないのに見たことあるような?

 

 

 

 

デジャブ? 

 

 

 

 

ドンくんの演技が好評のようで良かった!  

 

 

 

 

 

そして、映画もじわじわ来てるー

 

 

 

 

 

 

 「ドキドキ私の人生」facebook

https://www.facebook.com/mylife0903


 


 

‘ドキドキ私の人生’カン・ドンウォン、未公開スチール公開‘優しい息子バカ’

2014.9.19 翻訳サイト使用

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=569858

 


俳優カン・ドンウォンが親しい息子バカの姿を表わした。


19日暖かい笑いと感動で老若男女観客の爆発的な好評を集めている映画‘ドキドキ私の人生’(イ・ジェヨン監督、映画会社家製作)は16才子供を持つ分別がないパパテス役のカン・ドンウォンの多様な姿が入れられた未公開スチール6種を公開した。


‘ドキドキ私の人生’は十七の年齢で子供を産んだ幼い両親と十七を控えて八十才の身体年齢になった世の中で最も老いた息子の話を描いた作品. 観客のあふれる口コミと共に粘り強い興行疾走を繋いでいる。

今回公開されたスチールは世間知らずのパパの姿から優しい夫、生計の責任を負う家長の姿までカン・ドンウォンの多彩な魅力が含まれていて目を引く。 TVに出てくるガールグループから目を離すことができない分別がない行動で妻にひどい目にあう可愛いパパの姿、しかし息子アルムをからかう不良学生らの前では不正をこらえないで強固に立ち向かう姿などカン・ドンウォンが演技したテスの魅力がそっくり含まれている。 また、病院のベッドにふせって寝ている妻を見つめるテスの姿には切なさがにじみ出て見る人の心を暖かくさせ、工事現場で仕事をしてしばらく休むテスの姿は家族のためにつらいアルバイトも拒まない家長の疲れが感じられて観客に共感を呼び起こす。


一方大きい振幅の感動と忘れることはできない余韻で読者らをひきつけたキム・エラン作家の小説を映画化した‘ドキドキ私の人生’. カン・ドンウォンとソン・ヘギョをはじめとしてアルム役を担った新鋭チョ・ソンモクからペク・イルソプ、イ・ソンイン、キム・ガプスなど年輪ある俳優の特別なアンサンブルで期待を集める‘ドキドキ私の人生’は先天性早老症という特別な素材と愉快で個性あふれるキャラクター、ユーモアを失わない暖かい話と感動で熱い興行突風を起こしている。

コメント

SGワナビーキム・ジノ‘人々’発売…カン・ドンウォン積極的に応援

2014-09-18 21:01:18 | ドキドキ私の人生

 両手いっぱいのおやつを持って

 

 

MV撮影現場に訪れた!!!!!

 

 

 

 

最近のドンウォンくんには驚かされますー

 

 

 

いろんな面で進化してるのかな?




ドンウォンくんの応援、力強いでしょうね!



何人力?




そして、交友関係広いね~~~~






 

 

 


 

SGワナビーキム・ジノ‘人々’発売…カン・ドンウォン積極的に応援

2014.9.18 翻訳サイト使用

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=569158

 


SGワナビーキム・ジノのためにカン・ドンウォンが乗り出した。


キム・ジノは17日に二番目の正規アルバム‘人々’の発売とともに自身のツイッターを通じてカン・ドンウォンの応援映像を公開した。


ツイッターにキム・ジノは“映画‘ドキドキ私の人生’封切りで忙しい渦中に‘人々’ミュージックビデオ撮影現場にドンウォン兄が訪ねてきました。 良い意味で作られた音楽だと、応援においしいおやつを両手いっぱい、撮影会場にいた学生たちとスタッフに大切な思い出を作ってくれました”という文と共にカン・ドンウォンの応援映像を公開した。

公開された映像の中のカン・ドンウォンは長い間の知り合いキム・ジノに向けた真実の応援のメッセージとともに熱い抱擁をしている。


17日正午公開されたキム・ジノの正規アルバム タイトル曲‘人々’はシンプルなアコースティックギターの繰り返しとテーマ楽器であるウクルレルレの演奏がややもすると重くなりえる人という素材に軽快さを付加して、人々の人生をドラマチックに表現した完成度の高い曲だ。


一方キム・ジノは正規アルバム発売とともに多様な公演を通じてファンたちを訪ねて行く予定だ。

コメント