カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

『義兄弟』コ・チャンソク「ベトナム人ではありません」

2011-04-30 20:55:07 | 義兄弟

日韓交流映画祭の報告を読み

ゲストでいらしたコ・チャンソクさんがどうも気になってしょうがない  

 

というわけで

 

いろいろ記事を探してインタビューがあったので紹介します

韓国の俳優さんには個性的な魅力の方がたくさんいるのですねー

 

 

 

 


<過去記事>'

'義兄弟'コ・チャンソク、"あのベトナム人ではありません" [インタビュー]

2010.02.26  翻訳サイト使用

http://movie.daum.net/movieperson/ArticleRead.do?personId=5449&articleId=1463410&type=total&t__nil_ArticleList_all=text

 

 

[OSEN=チョ・ギョンイ記者] 400万観客突破を目前にある映画'義兄弟'に出演場面が何シーンにもならないが最もインパクトのある助演で観客を笑わせている俳優がいる。 まさに映画'映画は映画だ'でポン監督役で顔を知られたコ・チャンソクだ。 コ・チャンソクは劇中でソン・ガンホと対立するベトナム人の ボスとして出演した。 ソン・ガンホに劣らない才気あふれる演技で劇に活力を吹き込んだ。

コ・チャンソクは"何日か前に路を歩いていて'ベトナムの人だ!'と周囲から言われました。 実は、私は初めは私に対する声とは気付かずにそのまま歩いていきましたが'何だろう?'ともう一度考えてみると私のことをだと分かりました。 あのベトナムの人ではありません(笑い)."といいながら温かい微笑を浮かべた。 '義兄弟'で観客らに大きい笑いをプレゼントしているコ・チャンソクとの対談だ。

-映画'義兄弟'を見て、あなたが演技した部分で多くの観客たちが爆笑をした。 あなたがみた感想はどうか。

▲実は、昨日見た(2月24日). 映画'素足の夢'の撮影が海外で終わってからいくらも経たなかったし韓国に帰ってからみようとしたが恥ずかしくて見れなかった。 '食客' 'ハーモニー'は全て見たが'義兄弟'を見るのはとても恥ずかしかった。 ところが周囲からの話がたくさん入ってきて、今日のインタビューもあってそれで家内と昨日の夜10時に行ってみたが、映画は全体的にとてもおもしろかった。 だが、家内と出て来るときに話したが、私が出ている部分がおもしろいと周囲で話をしていたが、私がした演技なのですでに知っていたし、家内と私と二人で'どうしておもしろいのだろう?'と言った(笑い).

-映画が興行になって周囲でもさらに多く知られたようだ。

▲もちろん、映画が興行になって気持ちがとても良い。 だが、私が昼間に歩き回ることがあまりなく、家にいるか練習室で練習してからいつも行くマッコリ家でマッコリを飲んむ、前と大きく変わったようには思わない。 ただ、何日か前に道を歩いていて'ベトナムの人だ!'という言葉を聞いた。 初めは私に話していると分からなかった。 特別考えなかったがちょっと考えてみると、私がした役がベトナム のボスだった。

- '映画は映画だ'の後で'義兄弟'では出演の量も多くなかったがチャン・フン監督の出演依頼に快く応じたと聞いた。

▲事実チャン・フン監督が'義兄弟'をすぐに撮るといった時は心配になった。 '映画は映画だ'が終わってから、とてもはやくて誰が見ても準備期間が短いと心配をした。 だが、幸いソン・ガンホ、カン・ドンウォンがキャスティングされたという話を聞いて、まず祝った。 自分の役についてはシナリオを初めて見た時には、私には多くの出番はなかった。 しかし、監督が'小さい役だがやってくれたら良いな'と'私はいいですよ'と言って引き受けることになった。 実際にすると決めてから一週間後にシーンをもう一つ増やして下さった(笑い).

-撮影前にベトナム語も一生懸命勉強したと聞いた。

本来シナリオ上では片言の韓国語を話すベトナム のボスであった。 ところが撮影前に分からなくてベトナム語を少し習った。 撮影に現場に行ったら監督が'ベトナムの言葉を話すのはどうか'と突然変わった。 '黙れ' 'サッカー引き分けにしてくれ' '次に会えば黙ってはおかない'程度のセリフをベトナム語で話した。 だが誰が見ても私がベトナム人ではないことを観客も知っているはずなのに、ベトナム語だけ話せば人物に対する親近感が無くなると、一言程度の韓国語を話せば良いのではと監督に聞いたら、一理あるといってとった場面が'死ねこのやろう'だ。

- '死ねこのやろう'が名セリフになるほど多くの笑いを伝えている。

▲事実そこで笑わせる意図は全くなかったし、計算をしたのは観客に親近感を得たかったことだ。 いくら悪役でも観客にはやく共感を得ることが重要だと考える。 それでその一言は韓国語にしたのだ。 ところが、昨日映画を見ていてもなぜその部分でたくさん笑うのかが私はよく分からない。 恐らくベトナムの ボスがベトナム語を話していて、韓国語を突然話す意外性のために笑ったようだ。 意外性があって観客が喜んで下さるようだ。 前もって知っていたためか別に笑わなかった。

-ソン・ガンホと工事現場で戦うシーンもあり、対立する構図であった。 共演した感想は。

▲ソン・ガンホお兄さんが素晴らしいと思ったのは、監督を100%支持をするということだ。 事実実際に映画撮影に入れば言いたいことがたくさんある部分もあるのにソン・ガンホお兄さんが'監督の話が合っている'と手をあげて支持をする。 演技が上手なのも素晴らしいが演技だけ上手にするのではなく撮影に入れば監督を100%支持をするということが素晴らしかった。 監督を徹底して支持して信じる姿、監督が考えるのを広げるようにする姿が素晴らしかった。

- '映画は映画だ' '義兄弟'ひきつづき二編をチャン・フン監督と一緒に作業した。

▲チャン・フン監督の魅力は'賢い'というそんなことよりは俳優に信頼をあたえる監督だ。 俳優に監督があたえる信頼は絶対的でなければならないと考える。 演技をするのに大きい要素だ。 '女優に服を脱げ' '赤くなって脱いで走って'といくらシナリオがそうでも監督に対して信じていなければできることではない。

▲また、視線が客観的だ。 自身の映画に対して客観的な視線を維持する人だ。 チャン・フン監督は今の明るいトーンよりは暗いトーンがもっと自分の指向に合う人なのに'映画は映画だ' '義兄弟'を見るとある線以上は越えない。 それがすごいことだ。 それでチャン・フン監督の次の作品がさらに期待される。 チャン・フンの本来の指向で映画を作ればどうなのか。

-コミカルなイメージが強いが実際の性格は

▲もとの性格が誇張されて快活だったり、憂鬱だったりということではない。 いつも一緒の人々とだけ一緒にいたためか顔をちょっと分けることはある。 その他に、昔は私の妻の面白い人1位がイ・ホンリョル、私が2位だった。 以前にはそういう話もたくさん聞いておもしろくしようとしたがこの頃は'やめろ'という(笑い).

-もう映画'素足の夢' '血闘'で主演俳優になった。

▲実際、私は主演、助演、端役につて深くは考えない。 今回'義兄弟'でも話は特別出演だったが私は7回目ならば7回目の役、17回目ならば17回目の順で良いといった。 主演、助演、端役こういう言葉がそれとなく俳優の足かせになる。 大きい役でも小さい役でもコ・チャンソクという俳優と合う感じがするなら作品に参加する。

-出演料もたくさんもらったようだ。

▲'映画は映画だ' '義兄弟'で人々がたくさん知って下さり、実際、そのような誤解が少ある。 だが、その二つの映画ではあまり出演する量が多くない役なので出演料というほど受けてはいない。 '素足の夢' '血闘'からは少し出演料というものを受け取った。 演劇を製作した時期の借金が残っているので、少しずつ儲けてずっと返していかなければならない(笑い).

-親しい知人たちは

▲その方たちは私をどう思っているか知らないがオ、・ダルス先輩とはドラマも一度したし大学路(テハンノ)でしばしばマッコリを飲む方だ。 顔の大きさも似ていてかなり気楽だ(笑い). この頃は'素足の夢'で東ティモールで一緒に苦楽を共にしたパク・ヒスンとしばしば会う。 映画'血闘'も一緒にすることになってほとんど毎日会う。 年齢は同じだが私が演劇の10年後輩だ。 パク・ヒスン先輩が88度で私が98年度入学生だ。 釜山(プサン)で貧乏生活を家内として遅れて学校に入学した。 パク・ヒスン先輩とマッコリを飲みながら主に作品の話をたくさんする。

-今後の抱負は。

▲その間、他の人はどのように見るか分からないが私は楽しく生きた。 40年は分からないが20年はおもしろく演技をした。 他の人が見て苦労したというかも知れないが私はそうではなかった。 もちろん家内は苦労を途方もなくしたし、周囲に被害も多くあったが私は映画を撮ってとてもおもしろかった。 今後も俳優としておもしろく生きるのが目標だ。 もう一つあるならば観客が演劇や映画を見た時、それを見るために注いだエネルギーが惜しくない俳優になれば良いし同僚たちに愛されて認められる俳優になることが現在の目標だ。

crystal@osen.co.kr

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日より『チョンウチ』第1弾前売券発売開始!!

2011-04-29 21:57:05 | チョンウチ

シネマート新宿に行ってきました 

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20110423_7237.html

 

『チョン・ウチ 時空道士』の劇場前売券5種類のうち2種GETです 

前売り特典の写真は3種ありましたが2種選んでいただきましたー 

 

そのあと、紀伊国屋書店でドンくんの出ている韓流雑誌を買い、新大久保へ 

 

ドンくんグッズを3点買って大満足 

(ドンくんケース入りあぶら取り紙、イニシャルストラップ、写真)

 

そして、万能の素と辛ラーメンとお菓子 

 

最後はサムギョプサルとチーズプルダックで生ビール

チョンウチにかんぱ~い 

 



4月29日(祝・金)より第1弾前売券発売開始!!
前売特典⇒写真(3種のうちから1種を選択・限定数)
※前売券の絵柄はaとdの2種(縦バージョンと横バージョン

 

5月21日(土)より第2弾前売券発売開始!!
前売特典⇒ミニポスター(限定数)
※前売券の絵柄は bとcが追加(絵柄は後日発表いたします!この時点で選べる絵柄が4種)

6月18日(土)より第3弾前売券発売開始!!
前売特典⇒予告篇DVD(限定数)
※前売券の絵柄は eが追加(絵柄は後日発表いたします!この時点で選べる絵柄が5種)

【公開日程】
シネマート新宿にて7月2日(土)公開
シネマート心斎橋にて7月9日(土)公開 

 


<過去記事>

今年前半期インターネットユーザー最高の映画は? 'チョンウチ' 1位

2010.06.16  翻訳サイト使用

http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailArticleRead.do?movieId=46005&articleId=1482672&type=all&t__nil_ArticleList_all=text 

[OSEN=チェ・ナヨン記者]今年前半期インターネットユーザーに最も人気があった映画は何だろうか?
コムTVが上半期に上映された映画の中でダウンロードと再放送サービスでインターネットユーザーに最も愛された映画Top10を集計した結果チェ・ドンフン監督の'チョンウチ'が1位を達成し、韓国映画9編が名前を連ね強大な力をみせた。

上半期には韓国映画が大きく笑った。 Top10の集計結果、ヴァンパイア症候群を起こして話題を集めた'ニュームーン'を除いて'チョンウチ','白夜行-白い闇の中を歩く','清淡菩薩'など韓国映画9編が上位にランクされる快挙を上げた。

インターネットユーザーの最も多い愛を受けて1位になった'チョンウチ'は6百万以上の観客を動員して興行に成功した映画で、'美男'カン・ドンウォンが朝鮮時代の悪童導師に変身して世の中を惑わす妖怪と戦う活躍を描いた。

'白夜行-白い闇の中を歩く','清淡菩薩'に続き去年1300万余観客を動員した海洋映画'海雲台(ヘウンデ)'が4位に上がって相変わらずの観客力をみせた。 釜山(プサン)、海雲台(ヘウンデ)を襲った津波を素材にしたこの映画は昨年1000万観客を突破した最高の韓国映画らしく今年もオンラインで人気強勢を続けた。

6位を占めたソン・ガンホ、カン・ドンウォン主演'義兄弟'は罷免された国家情報院要員と捨てられた南派工作員の運命的出会いを描いた作品で去る2月封切りして550万人余りの観客を動員した。 'グッドモーニング プレジデント','ニュームーン','シークレット','ハーモニー'が7位から10位まで飾った。

また、上半期には容貌と演技を兼ね備えたトップスターの熱演作品が目立ったこと、温かい感動と楽しさをあたえる映画が口コミでネットに広がったのが特徴として見ることができる。

nyc@osen.co.kr

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ドンウォン、ライバルはヒョンビン、チョ・インソン?

2011-04-28 20:08:34 | チョンウチ

最近、気候が良くなって暖かいせいか、眠くて…疲れる… 

そんなことありません???

 

新年度の疲れが一気に出たのか 

明日からの休みで気が緩んだのか 

 

ゴールデンウィーク、まずは休養かな 

 

 

でも、チョンウチ前売り券をゲットしてから~ 

 

ねっ 

 

この時の半ズボン姿カッコかわいくて大好き~❤タペストリー飾ってあるよー

この髪型とっても似合ってるねー!

 


 カン・ドンウォン、"私のライバルはヒョン・ビン-チョ・インソン"

2009-11-16 翻訳サイト使用

http://sports.chosun.com/news/ntype2_o.htm?ut=1&name=/news/entertainment/200911/20091117/9bq31011.htm

カン・ドンウォン映画'チョンウチ'製作報告会で明らかにした

 

 

◇トップスターカン・ドンウォンが16日開かれた映画'チョンウチ'の製作発表会で独特の半ズボンの衣装で登場、目を引いた。
 <チョン・ジェグン記者cjg@sportschosun.com>

 

"ヒョン・ビン、チョ・インソンがライバルだ。"

 大韓民国代表美男カン・ドンウォンがライバルにヒョン・ビンとチョ・インソンを挙げた。 カン・ドンウォンは16日午前ソウル、狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた映画'チョンウチ'(監督チェ・ドンフン)製作報告会で"ヒョン・ビン、チョ・インソンがライバルです。 容姿に自信があるというよりは私の長所を武器に最大限押していきたい"とライバルに対する自信を見せた。 引き続き"訂正する。 そのように容姿に自信があるわけではない。 しかし今回の映画は自信がある"と付け加えた。

 彼はヒョン・ビン主演の'私は幸せです',キム・ボム主演の'飛翔'など美男が出演してほぼ同じ時期に封切りする映画に対しても"自信がある。 プレッシャーにならない"と明らかにした。

 美男という修飾語に対して彼は"'美男'という言葉も'よくできた'という言葉もみな良い。 良い言葉に似てるのは良い"として"美男の修飾語が演技をするのに支障になると考える人がいるならそれを破るのがまた、私には楽しみになる"と説明した。

 'チョンウチ'で導師チョンウチ役を担ったカン・ドンウォンは500年の間封印されて現代に解放された自由奔放な導師役を担った。

 映画はチョンウチが現代で妖怪を倒し、また導師ファダム(キム・ユンソク)と全面対決をするという韓国型ヒーロー映画だ。

 '犯罪の再構成' 'いかさま師'等を演出したチェ・ドンフン監督は"韓国の人々が目で見ることができなかったが、記憶と想像力をまた呼び起こす軽快な娯楽映画になるのを切実に望む"として"アクション映画的性格があってその場面を実現するのが大変だった。 カン・ドンウォン氏がワイヤーにとてもよく乗って危険な場面をたくさん要求したが、大きい事故なく無事終わって有難かった"と伝えた。

 カン・ドンウォン、イム・スジョン、キム・ユンソク、ペク・ユンシク、ユ・ヘジン主演の'チョンウチ'という12月23日(2009)封切りする。

 一方、カン・ドンウォンはモデル時期から友人であったチョ・ハンソンの結婚に対しては"結婚するという連絡はなく記事で見た。 連絡しなくなって数年になるがお嫁さんと一緒に会いたい。 結婚おめでとう"と挨拶をした。

 <パク・ジョングォン記者jkp@sportschosun.com>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォン French Cafe 過去CF

2011-04-27 20:56:59 | その他

 フレンチカフェの新CMで動くドンくんを見て元気が出た~ 

何度も何度もみてニンマリ 

そして、今日もまた見てニンマリ 

 

それから You Tube をうろうろしてドンくんの姿を探したよー 

カン・ドンウォンに会いたい~ 

 

 

Kang DongWon CF French Cafe - Cafe mix

 

Gangdongwon-CF「French cafe」30ver.

 


カン・ドンウォンがファッションショーに立たない理由は?


2007.08.17  翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=100030&newsid=20070817155716068&p=etn

 

最近、俳優や歌手のファッションショーの舞台への進出が急増するなか、本来のふる里であるファッションショーの舞台をあえて敬遠するモデル出身の芸能人がいて目を引きます。

その代表的なスターがまさにカン・ドンウォン氏です。 俳優としてデビューする前は嘱望されるモデルだった彼が俳優として本格的にデビューしてからはファッションショーの舞台に一度も立つことがない理由はなぜでしょうか?

それはまさにモデルという職業に対する自負心のためといいます。 カン・ドンウォン氏はモデル時代にフィッティングのため早目にファッションショーの会場にきて準備をする専門のモデルとは別に、ショーの直前に到着して特別待遇を受けて舞台に上がり大きな注目をあびる芸能人を見て不快な思いをしたので自分が俳優になってからは絶対にファッションショーの舞台に立たないということです。

 

※参考写真

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンチカフェ カフェミックスTVCFカン・ドンウォン編

2011-04-26 17:56:50 | CM

フレンチカフェの新しいTVCF

今回は、かわいいドンウォンくんです 

 

すっごくCOOLでかっこいいかと思うと 

かわいいんだから 

 

もう、食べちゃいたい~ 

 

 

フレンチカフェ カフェミックスTVCFカン・ドンウォン便

 

 

うっとりな美しい横顔 

 

かわ~い~い 

 

もうこれで終わりと思っていたのに、喜ばせるのうまいんだから~ 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『義兄弟』緊張と笑いのスタジオ撮影

2011-04-25 19:41:36 | 義兄弟

ガンホさんの笑いは、他の人を幸せな気持ちにしてくれる 

ドンウォンくんも幸せになったかなー 

ドンくん、少し変わった感じがするのは

ガンホさんの影響かなー 

 

 

DVDレンタルで『成均館(ソンギュンガン)スキャンダル』見始めました…

やばっ  ゆちょんカッコイイ 

流し眼色っぽい~

惚れそう 

 

 

いやいや、ドンくんにはかなわないから~ 

   

 


 緊張感と笑いが共存したオフィスのスタジオ撮影

奇跡の出会いとばかり思った二人の男の危険な義理を表現!

http://movie.daum.net/moviedetailStory.do?movieId=50265 翻訳サイト使用

 

都心の中の謎の銃撃事件の後、6年後偶然に再会した‘ハンギュ’と‘ジウォン’。

二人はそれぞれの目的を隠したまま‘ハンギュ’の事務室であり住居空間のオフィスを拠点に危険な同居を始める。

このオフィスは両水里(ヤンスリ)総合撮影所内に建てられたセットで、二人がお互いを警戒しながら同居を始める場面から、時間が過ぎて徐々に理解していく過程が最も克明に見られる空間だ。

アクションシーンや外での撮影が多くてオフィスの スタジオ撮影の回数が相対的に少なかったせいで俳優とスタッフはタイトなスケジュールを消化しなければならなかった。

早く進行される撮影スケジュールのために、スタッフはソン・ガンホとカン・ドンウォンが時間の流れに伴った感情の変化を捉えにくいのではと心配した。

しかし、2人の俳優は集中力を発揮して短い撮影期間にもかかわらず、変化する二人の微妙な心理状態と関係を完ぺきに表現した。

それだけでなくソン・ガンホとカン・ドンウォンはカットの後、タイトな撮影の日程で緊張感が漂う撮影所の雰囲気を和気あいあいとさせる余裕まで見せてくれた。

 ソン・ガンホは忠武路(チュンムロ)のベテランらしくリーダーシップと包容力を遺憾なく発揮して笑いあふれる現場雰囲気を作り出し、カン・ドンウォンはセットの一角でギター演奏を披露してスタッフたちの注目を集めた。

このように緊張感と笑いが共存したオフィスの セットシーンは、なじめないとばかり思っていた二人の男、‘ハンギュ’と‘ジウォン’の変化する関係を見ることができる重要な鑑賞ポイントになるだろう。

 

※参考写真

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『義兄弟』工場での撮影秘話

2011-04-24 20:13:16 | 義兄弟

最近ドンウォン欠乏症だったのが 

一気に解消で~す  

 

義兄弟のDVD発売、写真展

チョンウチの上映、前売り券販売

 

楽しみいっぱい~  

 

 

今日は、3D『答の上のラプンツェル』を観ました

3Dで観て良かったデス 

アパターを観てから

3Dどうなのー 

って思っていたけど

映像とてもキレイだった~ 

 

 


 

グーグル衛星で探した仁川(インチョン)の工場

365日24時間フル稼働工場で手信号で撮影に臨む!

http://movie.daum.net/moviedetailStory.do?movieId=50265翻訳サイト使用

 

映画の中‘ハンギュ’と‘ジウォン’、二人の男の最初の出会いはソウルの真中のアパートで撮影され、二番目の出会いは仁川(インチョン)のリサイクル工場で撮影された。

場所は南派工作員だった‘ジウォン’が身分を隠すのに容易で、‘ジウォン’の正体を調べる‘ハンギュ’が‘ジウォン’の行動を把握できるように外部にオープンになった構造でなければならなかった。

二人の男の偶然な出会いが成り立つ場所と同時に激烈なアクション場面が撮影される場所であるだけに映画の中でも重要だった。

 製作スタッフが適切な場所を探すのは、大韓民国にある工場についての噂が頼りだったが、すべての条件に合う場所を探すことは容易なことではなかった。

工場探しにだけ数日、もしかしてと思いグーグル衛星で検索しているうちに偶然、仁川(インチョン)の一つの工場を捜し出した。

しかし、撮影許可を得ようとしても容易ではない。

鉄骨構造のこの工場は廃棄物リサイクル工場で365日24時間フル稼働されるだけでなく、稼動する間は騒音のために撮影ができなかった。

製作スタッフは誠意を尽くし、工場側は総5日間の撮影を許可をしてくれ、その中の2日だけ工場の稼動を止めるという許可をしてくれた。

決まった時間内に撮影を終えなければならなかった製作スタッフは悩みの末に手信号を決めて撮影を進行した。

工場が稼動している間はすぐに横にいる人でもコミュニケーションが難しい程騒々しいうえに砂ホコリのために呼吸まで困難な状況の中で無事に撮影を終えることができたのは、手信号と目配せだけで一糸乱れずに動くことができた最高のチームワークがあったからだ。

 ※参考写真

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『チョン・ウチ 時空道士』公開&前売券発売決定!

2011-04-23 14:39:26 | チョンウチ

7月2日公開  やっぱり時空道士ですか~ 

 

シネマート新宿&心斎橋にて公開が決定した『チョン・ウチ 時空導士』の劇場前売券を下記スケジュールにて販売!!

4月29日(祝・金)より第1弾前売券発売開始!!
前売特典⇒3種のうちから1種を選択・限定数

5月21日(土)より第2弾前売券発売開始!!
前売特典⇒ミニポスター(限定数)
※前売券の絵柄が追加(絵柄は後日発表いたします!この時点で選べる絵柄が4種)

6月18日(土)より第3弾前売券発売開始!!
前売特典⇒予告篇DVD(限定数)
※前売券の絵柄が追加(絵柄は後日発表いたします!この時点で選べる絵柄が5種)

【公開日程】
シネマート新宿にて7月2日(土)公開
シネマート心斎橋にて7月9日(土)公開

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20110423_7237.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『義兄弟』behind story

2011-04-22 18:26:21 | 義兄弟

テキトーな料理が得意なにんにんです 

 

なすの甘味噌炒めにいつもは豆板醤を使っていたのですが

そうだコチュジャンはどう 

これが

まいう~~~ 

 

そうだよコチュジャンがあったじゃないのー

豆板醤よりまろやかで、コクがでる~ 

 

あっ、もう試していますか 

ホントなんかいろいろ使えそう 

 

 

 

仕事の同僚が万能の素がすごくおいしかったので

次、新大久保に行くときに買ってきて~

…と言っています

 

万能の素はかなりのものです 

 

 


南加佐洞(ナムガジャドン)の狭い路地で撮影されたきわどい追撃シーン

リアルなソウルの路地を貫く!

http://movie.daum.net/moviedetailStory.do?movieId=50265


<映画は映画だ>を通じて映画の本質を貫くリアル アクションシーンで大衆をひきつけたチャン・フン監督. 二番目の作品<義兄弟>ではソウルの旧市街地を疾走する自動車の追撃シーンを披露する。

 撮影はニュータウン開発地域の南加佐洞(ナムガジャドン)で進行された。 撮影当時南加佐洞(ナムガジャドン)は撤去作業が進行するまっさい中だったため、飛散するホコリ、捨てられた食物などの悪臭だけでなく、突然降る雨のために撮影が難しい状況だった。

 だが、チャン・フン監督は映画に映る空間が映画的空間でない人生の空間、実際の空間であることを望んだ、南加佐洞(ナムガジャドン)の狭い路地が複雑ながらも躍動的なソウルの姿を見せるのに合うと判断、撮影を進行した。 特に狭い道路での撮影は速い速度を制御しにくくて事故の危険が高いだけでなく、動く車両の中の人物を撮影するのにも困難がある。

 人物の細かい表情までとらえたかったイ・モゲ撮影監督は車両のボンネットの部分を切断して撮影車に連結、牽引車が入ることができなかった路地でも‘ハンギュ’の表情を捕らえることができた。

この他にもイ・モゲ撮影監督が製作した特殊装備と電気車、ハンディカムなどを活用した南加佐洞(ナムガジャドン)の車両の追撃シーンは<義兄弟>だけにしかない迫力あふれる映像をプレゼントする予定だ。

 

 

※参考写真

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ドンウォン、ウォンビン、ヒョンビン面白写真!

2011-04-21 19:03:01 | その他

今日のニュースにカン・ドンウォンの名前がありました

それがなんと

 

韓国のネットにあげられた面白写真だ~~~

最高に笑える~ 

 

黒い顔でコミカルな表情のクウォン・サンウ 

ひどすぎるー 

 

スパゲッティ頭のカン・ドンウォン 

ド~ンく~んめずらしく大失敗したのー 

 

誰か分からないが多分パク・ヘイル? 

おばちゃん?お笑い芸人? 

 

キスマークだらけのヒョンビン 

キスマークはしょうがないかー 

 

鼻くそをとるウォンビン 

ウォンビン様にもはなくそがあったのですねー 

 

太っているソ・ジソプ 

これじゃあ普通のお兄さんだわー 

 

授賞式で居眠りするチョ・インソンと下着姿のチョ・インソン 

何をしても二枚目だわー 

 

うける~ 

 

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1303367044152667017


 '容姿で大ヒット'モデル出身の芸能人<男性スター編②カン・ドンウォン>

2011.04.21 翻訳サイト使用

http://stylem.mt.co.kr/styview.php?no=2011042109063003660&type=1


モデル キム・ユリが18日、20才の若さで突然死亡して多くの人々に衝撃を与えている。

特に第一次司法解剖でも死亡の原因が明らかにならず、より一層切なさを漂わせている。

彼女は去る2007年スーパーモデル選抜大会でデビューしてソウルコレクションと大邱(テグ)コレクションなど有数のファッションショーの舞台に上がって活躍し嘱望されるモデルだった。

だが、その間彼女だけでなくキム・ジフ、キム・ダウルなど嘱望されたファッション専門モデルらが20代の若さで自ら命を絶って多くの人々に衝撃をあたえた。 派手に見えるがその裏に隠されたモデル社会の劣悪な環境と激しい競争のためであろうか。

実際去る2月5日国税庁が明らかにした芸能人の年平均収入によればモデルの平均収入は1千万ウォンに過ぎないがタレント、俳優などの一年平均収入は3千3百万ウォンとあらわれてモデル社会の劣悪な環境を全て見せたことがある。

このような理由のためかファッションモデルとしてデビューした芸能人が活動の方向を転向するスターが多い。 特にこれらは大きい身長と完ぺきなスタイル比率などビジュアル的な面ですでに立証されていて芸能界に入いりやすいという利点がある。

まず、モデル出身の芸能人の代表的な人物は俳優のカン・ドンウォンだ。 186cmの大きい身長を誇る彼はブラウン管とスクリーンを縦横無尽に多くの作品に出演し、女性たちの全面的な支持を得ている俳優だ。

また完ぺきなスタイルと優れたファッション感覚まで備えた演技派俳優ソ・ジソプもモデル出身の芸能人であり、最近軍隊団体写真の中で優れた姿で話題を集めた俳優チョ・インソンもモデル出身のスターだ。

この他に芸能界デビューとともにスターになった幸運な男子チュ・ジフンと女性たちの永遠のロマンのヒョン・ビン、最近、新郎になったばかりのイ・チョニもモデル出身の芸能人でありチャ・スンウォン、キム・ジェウク、キム・ミンジュン等もファッションモデルでデビューしたスターたちだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加