カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

韓国映画「私たちの幸せな時間」が日本でも映画化へ!

2016-08-15 22:56:52 | 私たちの幸せな時間

 映画「私たちの幸せな時間」が日本で映画化! 





ユンスの人生の悲しさを



ユジョンの人生への絶望を



演じる俳優さんは誰でしょう?





ユンスがユジョンに出会って生きたいと思ったときは…





 

何度見ても泣けるTT






 

 


 

韓国映画「私たちの幸せな時間」が日本でも映画化へ!

WoWKorea記事より

http://kt.wowkorea.jp/news-read/8032.html



コン・ジヨン作家の小説がもととなった映画「私たちの幸せな時間」が日本でも映画化されることになりました。

コン・ジヨン作家は12日、MEGABOX COEXで行われた映画「恋人」GVイベントで「最近“私たちの幸せな時間”の映画制作と関連し、日本映画会社側と契約を締結しました。」とし「来年頃に成果がでるはずです。」と答えました。

続けて「“私たちの幸せな時間”以外にも“高く青い梯子”、“愛のあとにくるもの”が韓国で映画制作される予定です。」と明かしました。

コン・ジヨンは韓国を代表するベストセラー作家です。1988年【創作と批評】に「日の上る夜明け」を発表した彼女は「サイの角の如く一人行け」「くじら」「ポンスニ姉さん」「愛のあとにくるもの」「私たちの幸せな時間」「楽しい私の家」「トガニ」など多数の作品を発表しています。

中でも「サイの角の如く一人行け」「私たちの幸せな時間」「トガニ」は映画化されており成功を収めています。カン・ドンウォン、イ・ナヨン主演の「私たちの幸せな時間」は2006年313万人を動員しました。コン・ユ、チョン・ユミ主演の「トガニ」は2011年466万人を集め、教師による生徒への性的暴力という内容を扱ったことから、社会的な問題提起を行うまでになりました。


コメント (5)

注目を集める'私たちの幸せな時間'ビハインドカット

2014-01-28 20:59:14 | 私たちの幸せな時間

「私たちの幸せな時間」(ウヘンシ)に出演していた女優ユン・ジョンリョンが注目される中

 

「ウヘンシ」のビハインドカットに注目が集まっている

 

 

 

 

 

 

泣いたよね~~~~ 

 

 

 

彼女と暮らしているころは本当に幸せそうだった・・・

 

 

彼女のために事件に巻き込まれてしまった・・・

 

 

 

後ろに彼女が乗っているシーンもあったのですねー 

 

こんなシーンも 

 


 

ユン・ジョリョン、映画'ウヘンシ'ビハインドカット見ると…'カン・ドンウォンのそばで横になった清純な女性'

2014.1.27 翻訳サイト使用

http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=413561

 

 


▲ユン・ジョリョン

キム・ジンピョの妻であり女優であるユン・ジョリョンの映画'私たちの幸せな時間'出演ビハインドカットが話題だ。

ユン・ジョリョンは26日放送されたMBC '日曜夜-パパどこ行くの2'に新しく出演するキム・ジンピョと娘キュウォンが出る場面で一緒に画面に姿を表わして視聴者たちの熱い関心を集めた。

特にカン・ドンウォンの初恋で出演した映画'私たちの幸せな時間'(2006年封切り)ビハインドカットが再び注目されている。

当時ユン・ジョリョンは死刑囚カン・ドンウォン(チョン・ユンス役)の初恋ミンオク役で出演した。 出演量は多くなかったが、ユン・ジョリョンは清純な容姿で強烈な印象を残した。  

公開されたビハインドカットでユン・ジョリョンはカン・ドンウォンのそばで横になって眠っている。 8年前に撮影された映画なのにユン・ジョリョンは今と似ている清純可憐な容姿を誇って見る人々の視線を一気にひきつけている。

2008年キム・ジンピョと結婚して息子(ミンゴン)と娘(キュウォン)がいるユン・ジョリョンは去る2002年MBC '目標達成土曜日-愛情万歳' 2期で放送活動を始めた後色々な作品に出演して演技者としての地位を固めた。

コメント (2)

カン・ドンウォン「二十回以上再撮影しても本物の演技を習った幸せな時間」

2012-11-02 20:56:04 | 私たちの幸せな時間

[カン・ドンウォン公益解除予定日まであと10日!!]

 

 

カウントダウンもいよいよ秒読み(?)に入りましたー 

成長する俳優カン・ドンウォンの第二ステージの始まりです

 

 

どんな幕開けなのか

どんなステージが見れるのか

「私たちの幸せな時間」のはじまりです 

 

 

 

 

 


 

<過去記事>

カン・ドンウォン"二十回以上再撮影しても本物の演技を習った幸せな時間"

2006.9.5 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20060905181406095

'私たちの幸せな時間'死刑囚役

依然として照れ笑い…

"美男を脱ぐように"監督苛酷な要求…地獄で出会ったと思い演技

カン・ドンウォンはずっと照れ笑いをした。 話は短く語尾を濁した。 '~です' '~だ'で終わらなければならない部分には間違いなく照れた微笑があった。

14日公開する'私たちの幸せな時間'を含め今まで主演した映画だけ4編. インタビューに慣れたはずだが彼は今まさにデビューしたての新人俳優のように依然として恥ずかしさを隠せなかった。 しかし"良い評価…お願いします"と恥ずかしそうに言った少し短い初めての言葉でどんな雄弁家の話よりより大きい真心が感じられた。

カン・ドンウォンは美男俳優。 だが、その呼称がうらやむ勲章であり、同時に脱ぎ捨てるのが難しいものとして作用した。 カン・ドンウォンにコン・ジヨンの同名ベストセラー小説の映画'私たちの幸せな時間'は'花'という修飾語を外すのに十分な作品だ。

死の影に包まれた小説の中の死刑囚ユンスはカン・ドンウォンの低い慶尚道(キョンサンド)なまりと涙をためた目がスクリーンに現れる. ユンスが生きる意欲をなくした大学教授ユジョン(イ・ナヨン)とためらいながらお互いの痛みをわける過程も彼の繊細な演技で生命を得る。

"青春スターカン・ドンウォンを真の俳優にしたかったし、結局そうなった"というソン・ヘソン監督('パイラン' '力道山'演出)の言葉は自分の俳優に対する形式的な称賛を越える。 "大変な場面があまりにも多かったが良い作品のために一生懸命に演技しました。"

几帳面で有名なソン監督が現場を指揮して'OKサイン'が出る時まで二十回以上の演技を繰り返す場面がたびたびあった。 しかし4ヶ月間の撮影期間は'カン・ドンウォンの幸せな時間'だった。 "ソン監督が演技の基本構成を整えて下さりながらもその中から自由に遊べるようにして下さったため"だ。 "それでも最後の撮影時はとても良かったです。 今はゆっくり休むことができるという気がしますので。"

彼はユンスが命を奪った家政婦のお母さんと面会する場面が最も演技するのが難しかったと振り返る。 "誰にでもある状況ではないでしょう。 ただ地獄で出会ったと考えて感情移入をしました。"が場面を演技しながら彼は許すという意味をもう一度再確認することになった。 あるお母さんが自分の娘を殺した死刑囚を戸籍に移した場合もあるというのに自身はささいなことに怒って生きているのではないかという考えからだ。

映画の主な素材として登場する死刑制度に対する質問に彼は"とても悩む問題"といった。 "被害者の立場になってみることができない状況で廃止を云々するのは簡単ではない"という理由からだ。 しかし彼は"明白な誤審によって処刑になった事例もあって、人間が人間を審判できるかを考えるなら慎重に悩むべき問題"と用心深く話した。 "敏感な問題を扱うだけに映画をメローよりはヒューマンドラマとして見てほしい"とも言った。 "男女間の愛よりより大きい人間の愛に焦点を合わせた作品です。"

彼は封切り日という審判の日を待ちながらも心は楽だ。 あまりにもおもしろく演技に最善を尽くしたという考えからだ。 "作品も満足するが撮影過程がとても良かったです。 演技もたくさん習いましたし。 観客がどれくらい来て下さるかは別に気にならないほどです。"彼の慎ましい自信のとおり'私たちの幸せな時間'は観客に幸福を抱かせるもう一つの'俳優'を作った。

 

コメント (6)

死刑囚を扱った'ウヘンシ'…現実と違う点は?

2012-10-23 19:17:38 | 私たちの幸せな時間

今日は大荒れのお天気でした 

こんな時ソウルはどうなんだろう?って思ってしまいます

 

 

今日のソウルは

 

 

晴れ 

 

最高気温13度

最低気温6度

 

 

今日のソウルは寒そうですね~~~ 

相変わらず、朝はホットコーヒー片手に出勤しているのでしょうか?

 

夕飯はテジクッパを食べているのでしょうか ?

風邪はひいていないでしょうか?

 

 

 

明日からソウルも20度くらいになるようですが

寒い夜、ドンくんはどう過ごしているのでしょうか・・・ 

ゆっくり過ごせているでしょうか?

 

 

 

きっと、充実した時間を過ごしているんでしょうね 

 

 

 

 

「パンを召し上がれ~。」 「ボク、パン嫌いなんですけど。」

 

「もっと召し上がれ!」

 

「パンの食べ過ぎで太っちゃいましたよ~~」

 


 

<過去記事>

死刑囚を扱った'ウヘンシ'…現実と違う点は?

製作会社・法務部関係者"実際とほとんど類似"…人権団体"その時その時違う問題"

2006.9.19 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/society/media/newsview?newsid=20060919100014743

 

"本映画は現在の法体系の反映ではなくフィクションです。"

封切り初週120万観客を動員して'ポスト怪物'とまで呼ばれている映画'私たちの幸せな時間'(略称'ウヘンシ',監督ソン・ヘソン、製作LJフィルム)の最初の部分にこのような内容の字幕が浮かび上がる。

このような字幕がなくても今日の韓国の観客の中で映画の内容をそっくり実際の状況と信じる人は多くないのにあえてこのような字幕を入れた理由は何だろうか。 また高い塀の中の死刑囚の実際の状況は映画の中の姿とどれくらい同じでどれくらい違うのだろうか。 映画に対する関心が高まるほど、一般の観客の気がかりな点だ。

 

 

▲映画'私たちの幸せな時間'一場面

これに対して製作会社であるLJフィルムと法務部側では"フィクションの部分はフィクションで、死刑囚の生活描写自体は実際とほぼ類似している"と口をそろえた。 案内字幕は'フィクション'という点を再確認する程度の意味というものだ。

LJフィルム関係者は"映画製作過程で法務部と刑務所の検証を経た"として"実際と違った部分は死刑囚がユンス(カン・ドンウォン)のように多くの時間手錠をかけて生活しないという程度"と話した。 映画の中のソウル拘置所の場面は実際に青松刑務所で撮影されて臨場感を高めている。 映画のエンディング クレジットには法務部校正施設が'撮影地'に出てきて、男女主人公であるカン・ドンウォン・イ・ナヨン氏は法務部の校正広報大使に委嘱された。

法務部関係者が指摘した三つの違う点

メディアオヌルが法務部と校正施設関係者たちに広く立場と意見を聞いたところ少しずつそれぞれ違う言及があったが"だいたい映画と実際が似ている"という意見に集約された。 映画を試写会で観覧したという法務部関係者A氏は"ドラマという点を勘案して見た時、死刑囚の生活描写は実際と似ている"と話した。 また他の関係者は"原作同名小説の作家であるコン・ジヨン氏が(死刑囚が収監された)状況を綿密に把握した"と伝えた。

A氏は映画が現行の法体系と異なった部分を三つ程指摘した。

第一に拘置所内の相談室で外部の人(ユジョン・イ・ナヨン)と1対1で長時間話をする部分だ。 校正委員、宗教委員などが服役者に会って話をするが、相談室には厳選された相談員だけが制限的に入るということだ。 A氏はメロドラマのための設定として見ると話した。

二番目、懲罰房(ユンスが懲罰を受けて受容された独房)の描写だ。 映画では便器が開放された部屋でからだが縛られたユンスがうつ伏せになった状態でご飯を食べる。 A氏は現在の校正施設では懲罰房であってもお手洗いにドアが付いていて食事や用便時などには手を解くと話した。

三番目、死刑が執行される現場には聖職者と検察などが制限的に入るだけだといった。 死刑囚の心理的動揺を防ぐために家族も入室や見学を許可しないので、ユジョンのような人は言うまでもないということだ。

そして最も基本的な違いに現在の韓国では死刑が10余年間執行されていないという点が違う。 1948年政府樹立以後998人の死刑執行があったがキム・ヨンサム政府末期である1997年12月30日23人が処刑されて以後10年間執行されていない。 9月現在の韓国の死刑囚は64人と知らされている。

死刑囚独居受け入れ・手錠使用には少しずつ意見が違って

製作会社、法務部と校正施設関係者、人権団体関係者の間に互いに交錯する部分があった。 死刑囚の独居受け入れ(単独で受容されること)と手錠をかける可否がそれだ。

死刑囚は一般的に独居受容されるという通説がある。 映画の中のユンスは他の服役者の多数と同じ部屋を使って一緒に運動をしたりする。 これに対してA氏と違う関係者たちの話を総合すれば"独居受け入れが優先的な原則だが、自害や無法な振舞い、心理的動揺を防ぐために相部屋を主にして、特別な場合だけ独居受け入れをする"ということだ。 A氏は死刑囚の相部屋はどうしても強力犯などは避けると付け加えた。

 

 

▲映画'私たちの幸せな時間'一場面

ただし死刑囚は死刑が執行される前までは身分が'未決囚'に準ずるので、既決囚に付与される教育や職業訓練、再社会過程から除外されるという。 そのうえ運動もほとんど別にするのでどうしても他の一般囚と密接な交流を持つことは難しいと話す関係者もいた。

手錠に対しても言葉が若干交錯した。 ユンスは房内では手錠を解いて生活して、ユジョンに会う相談時間や運動時間はずっと手錠をかけている(一部場面では解く). A氏はこれに対して"死刑囚だけでなく重刑を受けた服役者は自害などを憂慮して受け入れ初期には手錠をかけて一定期間が過ぎれば解除する"として"だが、収容者の人権の次元で手錠など戒具使用は厳格な制限を加える"と話した。 いつどこで手錠をかけると一律的に言うことは難しいということだ。

また、ユンスのように宗教委員に会って相談をするほどならばすでに心理的安定状態にあるので相談時間には手錠を解くという意見もあった。 若干の違う意見があるが大きい枠では映画が現実からかけ離れていないという話に集約される。

人権団体関係者"裁量によりその時その時違うのが問題"

反面オ・チャンイク人権実践市民連帯事務局長はこれまで服役者の人権と処遇が改善されてきたという点はうなずきながらも法務部・校正施設関係者たちの言及にクエスチョンマークを付けた。

"映画内容は分かるが観覧はまだしていないので全般的に何が実際と違うと話すことは難しい"と前提にしたオ局長は関係者たちの話を伝えるとすぐに"典型的な説明"と答えた。 現行の法体系や規定には独居・相部屋や戒具使用の有無に対して'することができる'というふうにされているので、そのようにしたからといって法規定違反ではないが、機関の裁量により千差万別でその時その時違うのが現実でありそれが問題だ。

オ局長は"機関ではいつも戒具使用を厳格にすると公言するが、実際に最近平沢(ピョンテク)集会の時だけでもどんな警察署留置場では連行者に手錠をかける"として'公式立場'と'実際の現場'の差を強調した。

オ局長は"最近は分からないが、3年前には死刑囚は独居が一般的であったしまだ大法院確定判決を受けていない未決囚もそうした。 同じ部屋を使う他の服役者が耐えられないという点もある"として"死刑囚の中には修道者のような変わった人もいるが、身分上これ以上恐ろしいものがない人々なので今でも校正施設では特別管理対象"と話した。

一編の映画が社会的に死刑制度存廃問題と服役者受け入れ現実に対する関心を広めるのか注目される。

 


 次は追加的に法務部と校正施設関係者たちの話を総合した死刑囚関連問答だ。

Q. 死刑囚は映画の中のように簡素な服に真っ赤な名札をつけるのか。
A. そうだ。 四種類の名札の色がある。 一般収容者は白色、麻薬犯は青色、死刑囚は赤色だ。 特定強力犯は黄色で、使わない場合もある。

Q. ユンスは監獄部屋にユジョンが写してくれた写真などを貼っていたが、そのようなことも許されるか。
A. 許される。

Q. 相談時間に修道女とユジョンがユンスに食べ物を渡すけれど。
A. 簡単な茶菓は可能だ。

Q. 映画の中でユンスは食事途中に突然死刑場に引きずられて行くが、実際にそのようにするのか。
A. そうだ。 死刑囚には執行事実を絶対に事前に知らせない。 途方もない心理的動揺があるためだ。 家族にも事後に通知する。 したがって死刑囚は毎日最後か分からないという準備をするはずだ。 今は死刑が事実上されないのであまりできないが。

Q. 死刑執行現場には誰が入室するのか。
A. 検察と刑務官、関連機関などが入室する。 死刑囚の信仰により宗教委員が入って生の最後を導くことができる。

Q. 死刑囚は未決囚に準ずる身分と見なすのか。
A. 死刑囚は死刑という刑を執行してこそ'既決'になるためだ。

 

コメント (4)

カン・ドンウォンに今会いに行きます

2012-10-21 20:35:13 | 私たちの幸せな時間

今朝はちょっと肌寒いくらいでしたが気持ちの良い秋晴れでした 

待ち合わせの時間に遅れないように朝から忙しい

 

 

乗車駅に到着した電車の中から手を振るドン友さん 

これからドンくんに会いに行きます

 

 

駅から歩く足取りも軽く走り出したくなるほど

今年はどんなドンくんが待っているのか楽しみです 

 

 

「千葉市民ギャラリーいなげ」で開催中の

『Ayumi.F 鉛筆画展 光と影』

最終日にやってきました

 

 

そこには、とても素敵なドンくんが待っていました 

鉛筆だけで描かれたとは思えない質感・・・

今にも動きだしそうなドンくんの表情・・・

 

ドンくんへの愛がいっぱいの幸せな空間

Ayumiさん、素敵なドンくんをありがとうございました

一週間お疲れ様でした 

 

 

私たちの幸せな時間でした・・・ 

 

 

 

「あなたに会うために来たのよ。」

 

「こまうぉ~。」

 

「本当に、今日は会えて嬉しかったよ。」

 


 

<過去記事>

イ・ナヨン、カン・ドンウォン、"今会いに行きます"

2006.1.26 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20060126104811296&path=%2Fv%2F§ionName=v 

イ・ナヨンがいよいよカン・ドンウォンに会いに行く。

イ・ナヨン、カン・ドンウォン主演の映画'私たちの幸せな時間'が23日京畿道(キョンギド)果川(クァチョン)近隣の街路樹道でクランクインした。 コン・ジヨンの同名小説を映画化する'私たちの幸せな時間'は三人を殺害した死刑囚と3度の自殺を試みた女との出会いを扱った映画. 'パイラン','力道山'のソン・ヘソン監督が演出する。

初めての撮影の方は劇中ユジョン(イ・ナヨン)が死刑囚ユンス(カン・ドンウォン)に初めて会いに行く場面. '分かる女'以後1年余りの間長い休息を送ったイ・ナヨンは久しぶりの撮影に多少上気したようだったが表情はいつものように真剣だった。 イ・ナヨンはソン・ヘソン監督と作品に対して絶えず討論してユジョンのキャラクターに没頭してきた。

カン・ドンウォンもまた、現実感ある死刑囚の演技のために慶尚道(キョンサンド)なまりの演技まで自任した。 カン・ドンウォンは爆発する内面を引き出すためにユンスのように泣き喚いて大騒ぎをするなど不断に努力する姿を見せた。

映画'私たちの幸せな時間'は来る4月クランクアップして秋夕(チュソク)シーズンに公開する予定だ。

 

コメント (6)

小説「私たちの幸せな時間」が英国で出版される

2012-09-15 20:30:38 | 私たちの幸せな時間

今日からのカン・ドンウォン祭は

「私たちの幸せな時間」と「チョンウチ」です 

 

 

両方とも好きな映画です

ドンくんの映画で好きじゃない映画は無いんですけどねー

 

 

ウヘンシは大判タオルを持って思いっきり泣きましょう 

悲運のユンスをドンくんが演じるから

 

 

よけい涙が出ます

 

 

 

 

こんなに心を開いたユンスなのに・・・

 

トガニも涙涙・・・ 

 


 

<過去記事>

コン・ジヨン'私たちの幸せな時間'英国でも出てくる

2011.10.21 翻訳サイト使用

http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20111021_0009521263&cID=10105&pID=10100

 

 

作家コン・ジヨン(48)氏の小説'私たちの幸せな時間'が英国で出版される。

21日コン氏の海外版権を管理する著作権輸出会社KLマネジメントのイグヨン(46)代表によれば、'私たちの幸せな時間'の版権は今月中旬フランクフルト図書展期間に英国出版社ショートブックスに売れた。 2013年春、出版される予定だ。

イ代表は"ショートブックス側が社会的な問題などこの作品に大きな感動を感じたと話した"として"あたかもカミュを読むような気がするという所感を明らかにした"と伝えた。

英国は日本、イタリア、フランスなどに続きこの小説を出す11番目の国になった。

'私たちの幸せな時間'は男性死刑囚と自殺を図る女性大学教授が互いに交流しながら繰り広げられる話だ。 死刑囚と死刑制度の問題点を喚起したという評価を受けた。 2006年映画俳優カン・ドンウォン(30)とイ・ナヨン(32)主演の映画として作られた。

イ代表は"国内で社会的な問題に浮び上がったコン氏のもうひとつの作品である'トガニ'も映画興行などの影響で海外で関心を集めている"と報じた。

 

コメント (4)

9月1日

2012-09-01 21:14:23 | 私たちの幸せな時間

 今日から9月です

9月というのにいつになったら涼しくなるのかと思う毎日・・・

いつまでも暑くてバテバテですー 

 

 

今日は毎月1日の映画の日で映画を見られた方も多かったと思います

何の映画を楽しんだのでしょうか?

 

 

そして、防災の日・・・

東北大地震のあまりの被害の大きさの戦慄は昨日のことのようです

最近、一時より地震が少なくなり油断していませんか?

 

 

備えあれば憂いなし 

 

 

暑い暑いと言って映画館に避難できるのは幸せなのかもせれません 

 

 

 


 20代俳優のカリスマの消失、原因は?

2012.8.30 翻訳サイト使用

 http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201208301031251123&ext=da

 

今まさに花が咲き始めた20代の男性俳優がインタビューの中でこのような話をした。

"チョ・インソンやカン・ドンウォン先輩たちが私の年の時に主役を演じて見せたカリスマがなぜ私にはないのだろうか。 私が幼かった時見た彼らは重みのある感じだったのに、どうして私は以前の彼らの年齢になったが重みが違うのか。"

顧みればチョ・インソンが'バリでの出来事'や'春の日'に出演した時の彼の年齢はわずか二十三四程度であった。 カン・ドンウォンが映画'私たちの幸せな時間'に出演した時も彼の年齢はわずか二十六. さらにさかのぼってみればイ・ジョンジェが'砂時計'に出演した時の彼も20代はじめであり、仲の良い同い年の俳優チョン・ウソンと'太陽はない'をとった時も二十代半ばに過ぎなかった。

この20代男性俳優の話のように過去のかれらに比べて今日の20代俳優の中でカリスマを備えた俳優は指折り数えるほどだ。 彼の悩みはもしかしたら20代俳優全体の悩みであるかもしれない。

しかし20代俳優のカリスマの消失が彼らだけのせいとは言えないという指摘もある。 この20代俳優は"俳優の寿命が伸びたので男たちが見せる男性美やカリスマは三十を越えなければ出てこない"と自らをなぐさめていた。 '泥棒たち'で千万俳優隊列に上ったイ・ジョンジェ本人は"俳優のカリスマは作品とキャラクターが作ってくれることが大きい。 'ビート'という作品がなければチョン・ウソンの憂いに満ちた素晴らしい男性の魅力は作られなかっただろう。 'ビート'という作品があったので今のチョン・ウソンがいるのだ。 そのような作品が以前には多かったがこの頃は少なくなったことは確かだ。 興行になる作品中心に製作される環境の変化も大きい。 興行は面白味と直結して在米中心に行って見たら重量感が感じられるキャラクターがたくさん出てくることができないようだ"と解釈した。

時代が変化し、大衆が願う偶像の姿が変化したのも大きいだろう。 スターの神秘主義マーケティングが次第になくなって身近な魅力を好む雰囲気も一助となったと見る。 しかし現在でもドラマ'太陽を抱いた月'のキム・スヒョンのように今日20代俳優中でも独歩的な存在感とカリスマを見せて活躍する人が明らかにいる。 私たちがよく知らない20代の俳優の中に十分に潜在力を備えた人もいるということを示す。

ある映画監督は"監督のせいも大きい。 監督が若い俳優を支えることができないのではないか。 若い監督が若い俳優と共演して新しいシナジーを創造するべきなのに名のある監督は名のある俳優とだけ作業をする雰囲気では20代のカリスマは再現されにくい"と分析した。

また"近ごろ発展したアイドル産業のせいで、過去とは違って美男の需要が増加した。 かれらが俳優と認められるためには卵から目覚めてくる作業が必要だ。 本当に大衆に刻印されることができる明確な作品をしなければならないという話しだ。 そのような機会をつかむ若い俳優はどんな隊列に上って自分の魅力を発散できる出口を探すのか、この頃は過去のイ・ジョンジェとチョン・ウソンが活動した時とは違い競争が激しくなってなかなかそのような機会をつかむのが難しい雰囲気もある"と伝えた。

[写真=ドラマ'バリでの出来事',映画'ビート','ウヘンシ','太陽はない'スチール

 

コメント (2)

カン・ドンウォン夏ファッション

2012-08-03 21:57:59 | 私たちの幸せな時間

今年のソウルの夏は日本と同じで猛暑と伝えられています 

今年のドンくんの夏ファッションはどんなかな~?

 

 

ドンくんもこんなに健康的な時があったのですね 

ぽっちゃりしていてかわいい~~

 

 

髪型のせいか少年っぽい・・・ 

 

 

 

「夏はやっぱりノースリーブだと思いますよ!」

 

「えっ!腕が太い人はどうしたらいいかって…」

 

「監督みたいにかくすことですね~~」

 

 


 <過去記事>

カン・ドンウォン'今年の夏ファッション提案'

2006.8.8 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20060808194709817

 

8日午後5時30分ソウル市、中区(チュング)、小公洞(ソゴンドン)ウェスティン朝鮮ホテルで映画'私たちの幸せな時間'(ソン・ヘソン監督、LJフィルム製作)製作報告会が開かれた。

モデル出身で優れたファッション感覚を自慢するカン・ドンウォンは暑い天気に合うようなすっきりしたノースリーブの上着と9分ズボンを履いて参加して目を引いた。

'私たちの幸せな時間'は生きていることが耐えられなかった二人の男女が一週間に一回'出会いの部屋'で会っていくうちにおきる奇跡のような変化を描くヒューマンメローで来る9月14日公開予定だ。

 

 

コメント (2)

世界にひとつだけの台本、ドンウォンバージョン

2012-07-16 21:42:00 | 私たちの幸せな時間

楽しかった三連休も終わり・・・

いつもの土日お休みにさらにもう一日お休みって得した気分でした

さて、明日からまた頑張りましょうかね 

 

 

今日は、「青い塩」と「ワンドゥギ」を観ました

いい映画を二本も観れてとっても良い気分です

充電完了(^^ゞ

エネルギー満タンです! 

 

 

観終わった後に良い気持ちになる映画が好きです 

 

 

「義兄弟」とか・・・ 

 

 

 

 

「ウヘンシ」は辛く悲しい映画だけど好きな映画です

よく、辛くて観れないと聞きますが

私は、好きです。何度も観ています。

 

ドンくんがこんなに一生懸命演じた映画だから 

 

 


 

<過去記事>

'私たちの幸せな時間'カン・ドンウォン、本格撮影開始

2006.3.7 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/press/newsview?newsid=20060307182217138

 

三人を殺害した死刑囚と3度の自殺を試みた女の出会いを扱ったヒューマン メロー(以下'ウヘンシ')にカン・ドンウォンが本格合流して撮影が進行中だ。 イ・ナヨンより遅く撮影を始めたカン・ドンウォンだが、すでにキャラクターに没頭した姿と一層深くなった感性を見せて監督および製作スタッフの期待を満たしている。

カン・ドンウォンが演技する'ユンス'は不遇だった幼い時期を送って底辺人生を過ごして死刑囚になった男だ。 若くして耐えられるのも難しい波乱の多い人生を体験した後、世の中に対する嘲笑と怒りに埋もれてただはやく自身を殺してもらうことだけを待っている死刑囚だ。

 

 

カン・ドンウォン撮影の序盤部分は'ユンスの過去の場面'だ。 原作小説では'ブルーノート'で紹介される場面だ. 不遇な幼い時期を送って荒々しく生きた青年'ユンス'に少しの間だけでも幸福が宿った短い瞬間を含んで遠からず自身の運命を殺人者であり死刑囚で翻す途方もない事件を体験する直前までの話だ。

イ・ナヨンより遅い撮影日程が決まっていたカン・ドンウォンは映画クランクイン時点から着実に現場を見守りながら雰囲気を学んだし、撮影準備をしてきた。 ついにカメラの前に立った彼の姿はすでに悲運の男'ユンス'そのものであった。 美男スターカン・ドンウォンではない、顔とからだあちこちに貧しくて不幸だった成長期が作り出した悲しみと陰がにじみ出るユンスにぴったりと近づいている姿だった。

カン・ドンウォンが自分で完成した、世界に一つだけの'ドンウォン方言バージョン シナリオ'

今回の映画に格別の愛情を持ってキャラクター分析をしてきたカン・ドンウォン. 彼は自身がより自然に投影された'ユンス'を作るために自身と同じ'慶尚道(キョンサンド)出身'として人物の設定を修正することを提案したし、ソン・ヘソン監督は彼の提案を喜んで受け入れた。

ところで、デビューした後慶尚道(キョンサンド)方言を標準語に直すのに努力してきた彼がまたなまりに戻ることは簡単ではない。 懇意な故郷の友人と先輩後輩を先生として電話とメール等を通してコーチを受けながら、シナリオに自分でぎっしりといっぱい詰めるようにセリフを直して書いた。 そのようにして世界に一つしかない方言バージョン シナリオが完成された。 名付けて、ドンウォン方言台本! カン・ドンウォンは撮影現場でこの台本を手放さないのはもちろん日常会話も方言でしながらキャラクターへの没入を維持する熱意を見せている。

"撮影会場にいることだけでもときめいて幸せだ"としてどんな時より楽しく撮影に集中しているカン・ドンウォン. 彼は少し後に、'ユンスの過去'撮影が終わってまもなく続く'ユンスの現在'部分の撮影のために永く守ってきた長い前髪も短く切る予定だ。 'ユンスの現在'には死刑囚になったユンス、そしてユンスとユジョン(イ・ナヨン)の出会いが撮影される。 彼のトレードマークになっているヘアースタイルを短く変えることに対して周辺がさらに驚く反応を見せているが、'ユンス'にさらに近く近付きたいカン・ドンウォンはかえって期待感がより大きい表情だ。

世の中から捨てられた絶望と憎しみ、人生に対する冷たくて毒気幼い感じから子供一緒にきれいな純粋さまで、両極端を行き来する立体的な演技を見せるために真心と熱意をつくすカン・ドンウォンの姿、映画が期待される理由だ。

世の中を恨んで憎悪しながら死だけを思う二人の男女が一週間に一度刑務所'出会いの部屋'で会ううちにお互いを通じて変わる過程を美しく描く映画は5月クランクアップして秋夕(チュソク)シーズン公開する予定だ。

 

コメント

‘カン・ドンウォンの涙’その魔法のような魅力

2012-06-21 21:03:31 | 私たちの幸せな時間

「私たちの幸せな時間」は

カン・ドンウォンの魅力再発見と言われます 

 

 

 

つらい映画だけど、好きな映画です 

 

 

ク・ヘソン監督こういう撮り方うまいよね 

鏡を使うとか・・・

 

 

ペアルック←ちと、古い?

とーってもお似合いなのに姉弟に見えちゃいます 

 

 

あまりに雰囲気が似すぎているせいでしょうか?

小顔なところも似ている・・・

 

 

 

やはり、韓国では「デュエリスト」は残念な映画なんですね 

 

ドンペンにはたまらなく美しい映画なのに・・・ 

 

 


 <過去記事>

‘カン・ドンウォンの涙’その魔法のような魅力

2006.9.6 翻訳サイト使用

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=1032&newsid=20060906143021088&p=segye

カンドン・ウォンが'オオカミの誘惑'の光栄を再現するものと見られる。 2004年'オオカミの誘惑'のチョン・テソン役で'女心'を捕えて一気にトップスターの席に上がった彼が今回は新しい映画'私たちの幸せな時間'(ソン・ヘソン監督、以下ウヘンシ)の死刑囚'チョン・ユンス'を通じて女性ファンたちの涙腺を刺激して、また最高の'興行キーワード'として浮上する見通しだ。

 

 
4日ソウル、鍾路(チョンノ)、ソウル劇場で開かれた'ウヘンシ'記者試写会で公開されたカン・ドンウォンの新しい姿と映像は昨年'デュエリスト'で見せたちょっと残念な姿を洗い流して彼の魔法のような魅力をあらためて実感させた。

試写会の途中カン・ドンウォンが見せた痛々しい姿と目つきにあちこちで涙を流す姿が見られた。

製作スタッフはこのような反応に"世の中から捨てられた者の絶望から、希望のない人生に反抗する粗野な態度、より弱い内面の傷、子供のように明るい姿まで複雑で多面的な感情を消化したカン・ドンウォンの演技が通じたようだ"として喜びを表わした。

演出を引き受けたソン・ヘソン監督も"ハンサムなカン・ドンウォンが死刑囚ユンス役を表現するからより一層胸が痛い"として"カン・ドンウォンが美男という話をたくさん聞くがこの映画を通じてもう美男という話は出ないだろう。 代わりにカン・ドンウォンを俳優として認識することになるだろう"として彼の演技力に対して惜しまない拍手を送った。

少女漫画の主人公のような容貌の魅力で女心をひきつけたカン・ドンウォンが内面の深さまで加えてアップグレードされた姿で現れた'ウヘンシ'は死刑囚ユンスと三度の自殺を試みたユジョン(イ・ナヨン)が偶然に刑務所の出会いの部屋で会ってお互いの傷を理解して変わっていく過程を描いたヒューマン メロー物で来る14日封切りする。

 

コメント (6)