カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

‘スクリーンX’ショーケース開催…カン・ドンウォン主演‘ザ・エックス’を見にきてください

2015-02-04 20:18:25 | The X

 日本にスクリーンXの映画館ができたら

 

 

「ザ・エックス」見れますねー





三面にカン・ドンウォン!





そんな日は来るかなー?





 

 

 

 

 

明日の関東地方は雪の予報です

 

 

 

 

早めの行動で、怪我や事故に注意です!!!

 

 

関東地方は、たったの数センチ積もるだけで毎年大騒ぎです

 

 

 

 

 


 

CJ CGV,‘スクリーンX’ショーケース開催…カン・ドンウォン主演‘ザ・エックス’を見にきてください

2015.2.4 翻訳サイト使用

http://tenasia.hankyung.com/archives/435393

 

 

CJ CGV(代表理事リリック)は来る5日映画振興委員会韓国映画アカデミー(以下KAFA)主観(主管)でCGV弘大(ホンデ)で‘KAFA+ScreenX映画ショーケース’を開催すると4日明らかにした。

スクリーンXは既存の前方スクリーンの他に左右壁面を同時に活用する新概念上映フォーマットだ。 去る2013年釜山(プサン)国際映画祭でキム・ジウン監督の‘ザ・エックス’を通じて初公開されて注目をあびた。

今回の行事はCGVが世界で初めて自主開発に成功した多面上映システム‘スクリーンX’拡散のために企画された。 スクリーンXを活用して製作した新しい映画‘ママ’と‘コククジラ’ ‘ザ・エックス’等3編の短編映画をひきつづき上映する。 スクリーンXに関心がある映画関係者は誰でも出席可能だ。

CGV側は“劇場を越えて新しい観覧文化をリードする新動力を絶えず開発してきた”として“スクリーンXの技術導入がコンテンツのストーリーテリング拡張、新しいジャンル誕生など創作者などの無限想像力を実現することができる多様な方法を開いてくれると期待する”と伝えた。

コメント

‘The X’リレー試写会

2014-03-26 19:39:39 | The X

4月の一か月間、韓国のあるイベントで「The X」が上映されます 

 

 

 

たくさんの人が観て評判になったら

 

上映する機会も増えて

 

 

私たちも、いつか見ることができるかも~ 

 

 

 

 

「The X」は上映する映画館が三方スクリーンと限定されるため

 

日本では上映出来ない幻の映画です 

 

 

 

TOHOシネマズさん、ScreenXの導入お願いしまーす!

 

 

 

 

ScreenXでドンウォンくんのアップを見たーい~~~~ 

 

 

 

 

 

 


 

CJ CGV、国家顧客満足度調査7年連続1位

2014.3.14 翻訳サイト使用

http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201403/sp2014032410051594690.htm

 


CJ CGV(代表理事ソ・ジョン)が韓国生産性本部主管で実施した2014年国家顧客満足度調査(以下NCSI・National Customer Satisfaction Index)で映画館業界1位に上がった。 7年連続だ。

NCSIは国内または、海外で生産されて国内最終消費者に販売されている製品およびサービスに対する満足度を現わした指標だ。 該当製品やサービスを直接使用してみた経験がある顧客が直接評価した満足水準の程度を測定して計量化した。

CJ CGVは“7年連続確固不動なNCSI 1位を守ることができた原動力は革新的な観覧環境造成と絶え間ないサービス品質改善を通した差別化から始まったと評価される”と自評した。

CJ CGVはNCSI 7年連続1位受賞を記念して4月一ヶ月間‘CGV 100倍楽しみイベント’と‘‘The X’全国リレー試写会’等多彩なイベントを開催、顧客に感謝の気持ちを伝える。

‘CGV 100倍楽しみイベント’は4月一ヶ月の間CGVホームページを通じて各顧客に合う最適な特別館と映画推薦、私だけのCGV Secret TIP共有するイベントを通じて、映画観覧券とシネ・ド・シェフ食事券など豊かな景品を贈呈する。 イベント詳細情報は4月3日からCGVホームページで確認することができる。

‘‘The X’全国リレー試写会’はキム・ジウン監督、カン・ドンウォン主演のScreenXの初作品‘The X’を無料観覧できる特別な機会だ。 4月一ヶ月間毎週水曜日夕方8時全国11個のCGV劇場で次々と進行される予定だ。 参加を望む顧客はCGVホームページで3月26日から進行される先着順申請イベントを通じて応募すれば良い。 試写会に参加する顧客全員には映画フィルム ブックマークと公式ポスターなど豊かな景品を贈呈する。 詳しい情報はCGVホームページで確認可能だ。

コメント

<The X>全国リレー試写会決定!

2014-03-19 19:56:29 | The X

4月に韓国で『The X』上映!!

 

来週、<The X>全国リレー試写会日程公開!

 

 

 

 

『The X』を上映できる映画館が限定されるので

 

日本での上映は出来ないようです

 

 

 

4月に韓国に行かれる方は、ぜひ観てきてくださーい!!!

 

 

 

 

「どうしてXは日本で上映出来ないのよ。」

 

「日本には、Xを上映できる映画館がないんだ。」

 

「上映できるようにしてやるわ!」

 

 


 

ScreenX Facebook より

プロジェクト:要員Xを探せ!
全国リレー試写会記念イベント

<The X>共に見たい友人3人紹介すれば?! 3人を選定してCJ ONEポイント1万点を差し上げます:)(3/26発表)

2013年釜山(プサン)国際映画祭に公式招待されたScreenX最初の映画<The X>、今度は全国リレー試写会を通じて皆さんを訪ねて行きます

来週、<The X>全国リレー試写会日程公開!
すぐにこちら、ScreenX ←フェイスブックで!

 

 

コメント (2)

「The X」(ScreenX版)

2013-11-12 23:38:17 | The X

カン・ドンウォン・・・

 

また、消えた・・・   

 

 

 

 

たっぷり充電して・・・ 

 

「わっ!!」 って現れるつもり??  

 

 

 

 

Gang DongWon~映画「The X」(ScreenX版)

 

 

Gang DongWon~映画「The X」スケッチ映像

 

 

 

 

最近のワタシは頑張ってるー

 

24時には布団に入る

 

 

 

寝られないけど、じっとしてるの・・・

 

携帯も開かず、何も考えないようにして

寝れなくても布団の中でじっとしてるの 

 

 

 

それから、8月からずっと歩いてる

 

 

 

おかげで、体調がいいみたい

 

少し、痩せたかなww 

コメント (2)

カン・ドンウォン復帰作'ザ・エックス',世界最初3面予告公開

2013-10-19 20:47:36 | The X

[The X 動画追加]

 

 「 The X 」が汝矣島のスクリーンXで上映! 

 

 

23日から25日って・・・

行けないわ~~~~ 

 

 

 

「 The X 」を観る日は来るのかな~~~  

 

 

 

 

スクリーンXの三面にHIGH CUTドンをアップで映しちゃったらどうでしょう 

 

どこ見ていいか分からなくなっちゃうかな~~~ 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の関東地方は寒かった~~~~ 

 

北の方はもっと寒かったんでしょうね?

 

 

風邪をひかないように注意しましょうね~~~~ 

 

 

 


 

カン・ドンウォン復帰作'ザ・エックス',世界最初3面予告公開

2013.10.18 翻訳サイト使用

http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201310181344511138&ext=da


 

 

CJ CGVが全世界で最初に開発したScreenX(以下'スクリーンX')技術で製作された最初の映画'The X'予告編とスチールが公開された。

公開された写真は'The X'を上映するスクリーンX上映館の実際の姿で、主人公X(カン・ドンウォン)が同僚要員の死骸を発見した後事件現場でガールフレンドミア(シン・ミナ)とぶつかって混乱している瞬間をよく表現した場面だ。

キム・ジウン監督もンタビューを通じてこの場面を'The X'の中でスクリーンXの効果を最も極大化させた場面に挙げている。

スクリーンXの上映館で直接撮影した3面スチールと共に公開された予告編は'The X'予告編が上映されるスクリーンX観内部の姿を実写で撮影したバージョンで、今年釜山(プサン)国際映画祭を強打したスクリーンXの新鮮な衝撃をそのまま伝える。

今回の予告編では3面を活用して単純に広い画角をプレゼントする水準を越えて、映像の流れにより時々刻々変わる躍動的なスクリーンXだけの高い没入感を間接的ながら感じることができる。

スクリーンX実写バージョンで撮影されたスチールと予告編を公開して映画に対する期待感を最高に引き上げている'The X'は観客の声援の中で来る23日から25日ソウルCGV汝矣島(ヨイド)で一般向け試写会をする。

'ザ・エックス'は既存の中央1面スクリーンを通じて映画を観覧した環境から抜け出して上映館左右壁面まで合計3面をスクリーン化、話の空間を拡張させて、感情没入を最大化させる上映方式であるスクリーンXを試した作品だ。

国内を越えてハリウッドでも独自の映像美学を認められたキム・ジウン監督と俳優カン・ドンウォンの初めての出会い、シン・ミナの特別出演で話題を集めた。 第18回BIFFを通じて初めて公開された。

 

 

The X  試写会動画

 

The X  ティーザー予告

コメント

'The X',カン・ドンウォンのセリフの中に込められた監督の気持ち…

2013-10-12 18:15:23 | The X

「The X」の最後のシーン

 

要員Xが背を向けて言うセリフの中に

 

監督の気持ちが込められている・・・

 

 

 

 

カン・ドンウォンの背中越しのセリフ・・・ 

 

 

 

聞いただけで、カッコいい~~~~  

 

 

 

 

 

「The X」をソウルのスクリーンXで見られるかたは

 

 

最後のシーンに注目デス  

 

 

 

 

 

 

 

「どの背中が好き?」

 

 


 

キム・ジウン監督'ザ・エックス',カン・ドンウォンのセリフの中に撮影所感入れた(釜山(プサン)国際映画祭)

2013.10.4 翻訳サイト使用

http://wstarnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=01&c1=01&c2=01&c3=00&nkey=201310041552441&mode=sub_view

 

キム・ジウン監督が映画'ザ・エックス'の撮影所感を明らかにした。

10月4日午後釜山(プサン)新世界センタムシティで映画'ザ・エックス'(THE X、監督キム・ジウン)ガーラプレゼンテーション記者会見が開かれた。 'ザ・エックス'は映画館の3面がスクリーンで体現される世界初の映画で、俳優カン・ドンウォンとシン・ミナ、イソムなどが出演して期待感を高めた。

この日キム・ジウン監督はカン・ドンウォンをキャスティングした理由に"この映画は内容的な部分よりビジュアル的な部分がより大きい部分を占める映画だ。 それでビジュアル的側面で多くの楽しみを提供しなければならなかった。 そうしている間にカン・ドンウォン氏と次期作の話をしている時に事前に呼吸を合わせてみようという意味でキャスティングした"として"実際に目が楽しくなければならない映画なのでカン・ドンウォン氏とシン・ミナ氏など素敵なビジュアルが出てくる俳優をキャスティングした"と付け加えた。

続いて、彼はカン・ドンウォンとの呼吸に"カン・ドンウォン氏も軍隊除隊以後初めての復帰作であり、私もやはりハリウッド作品以後国内初めての復帰作だった。 二人とも現場への適応が遅かっただけに3面を具現しなければならない実験作品なのでちょっと迷った。 さらにカン・ドンウォン氏は'軍隊にいる感じ'といったよ"と笑って答えた。

また、ビジュアル的な映画で監督の意図が入れられたセリフがあるかとの質問には"どうしても3面を同時に撮影しなければならないから大変な点が多かった。 それで映画後半部スクリーンXに愛憎が込められたセリフをカン・ドンウォン氏に与えた"として"カン・ドンウォン氏がすべての任務が終わって背を向けて言うセリフがある。 そのセリフの中に'撮影する時は地獄のようだったがその要員のようにある作戦が終われば次の映画で会うだけで、要員エックスは愛する時は幸せだったようにこのプロジェクトを現実に世界初にやり遂げたとのことに対して満足で良かった'という監督の意向が入れられた"と明らかにした。

一方'ザ・エックス'はいつも完ぺきに自身の任務を遂行するエリート要員'X'(カン・ドンウォン)が正体不明の物を要員'R'に伝達する過程で繰り広げられる事件を描いたアクション スリラーだ。 特に上映の3面を画面に具現する世界最初の技術で話題を集めた。 (写真提供:CJ CGV)

コメント

10月4日センタムシティCGV3館<ザ・エックス>GVノート

2013-10-08 19:37:44 | The X

10月4日センタムシティCGV3館で行われたGVノートが

 

釜山国際映画祭HPに挙げられました  

 

 

 

 

翻訳サイト使用の訳で、読みにくい部分もありますが

 

こんな感じだったのかと

 

読んでいただければと思います 

 

 

 

 

ただ今、ハングルお勉強中です・・・

 

いつか

 

ドンくんのインタビューが分かるようになりたいです 

 

 

 

 

いつになることやら・・・ 

 

 

 

 

最後の質問、良かったですねー

 

勇気あるわーーーーー  

 

 

 

 

 

 


 

GVノート

http://www.biff.kr/kor/html/program/prog_view.asp?idx=10438&c_idx=51&sp%3B_idx&QueryStep=2

ザ・エックスGVノート

10月4日センタムシティCGV3館

 ゲスト:監督(キム・ジウン),俳優(カン・ドンウォン),俳優(イソム)

 モデレーター:ナム・ドンチョル

 通訳:イ・サンヨン

 

 ナム・ドンチョル(以下ナム) : この席にはザ・エックスの監督と俳優が来られました。 キム・ジウン監督と俳優カン・ドンウォン、(観客歓呼)イソムが来られました。 それでは監督と俳優の方が入場します。 拍手をお願いします。 (観客歓呼)ザ・エックスこの映画はスクリーン エックスで初めて世界で初めて作られた作品です。 この作品に対して先に監督から挨拶をお願いします。

 キム・ジウン : ア..私が前に出ながらGV時に再びお目にかかるといった時、私だけくるものと思って表情が良くないようでカン・ドンウォン氏を今日は特別にお迎えしました。 今日飛行機に乗って来られて準備があまりできなったが、こんなものだと思います。 (笑い)とにかく約束を皆さんとしっかり守ろうとしたということです。 さっきも私が申し上げたようにスクリーン エックスという新しいいくつかの投映法でそれを最大限に活用できるそのようなコンセプトで映画を作り、既存の広告やCGがたくさん入っているような映像物やこういうものは十分にこのようなシステムに最大限反映されるシステムであるようだが、私はこのようなシステムでストーリーがある映画として作ることができるのかまた、長編映画として作ることができるのか、このような期待感と可能性を持ってこの映画を作りました とにかく映画をどのように見られたのか分からないが、ある方々は新しいパラダイムを感じただろうし新しい楽しみを受けた場合もあって、ある方々にはあまりなじみがうすいということもあったでしょう。 とにかくおもしろく見て下さればと願います。 それでは私は質問があればその時にまた返事をします。

 ナム : はいそれでは俳優イソムさんが先に挨拶します。

 イソム : こんにちは。 私はザ・エックスでピンゴス役を引き受けたイソムです。 (観客歓呼)私はキム・ジウン監督と先輩と良い作品に参加することになってとても光栄でした。 はい、ありがとうございます。(笑い)

 ナム : はいザ・エックスでミスターエックス役を引き受けたカン・ドンウォン氏の話を聞きます。

 カン・ドンウォン : こんにちは。 カン・ドンウォンです。 うれしいです。 ア.. はいとにかくこのようにお目にかかることになってうれしいです。 上手にできたかできなかったか分からないですがとにかく観客の方々にお目にかかるためにきました。 映画をどのように見られたのか気になります。 良い話を聞けたら嬉しいです。 ありがとうございます。

 ナム : ご質問が多いと思いますが。 そのさっきマイクを持っておられる方に最初の質問受けてみます。 こちらにマイクを受けられた方。

 観客1 : 監督、映画とてもよく出来ていました。 とても期待していた作品だったのでやはり監督の作品は失望させないようです。 監督に

 キム・ジウン : ありがとうございます。

 観客1 : 私が今お尋ねしたいのがスクリーン エックスという技法が一つのスクリーンに見えない両面を見ることができるそのよう技法の映画だと思いますが、実際の撮影の時三個のスクリーンを勘案して演技をして撮影をするには何を重点にとったのか気になります。

 キム・ジウン : ひとまず、すべてのことがみななじみがうすかったんですよ。 撮影機をカメラを三台をリーグをして同時に三台でとればほとんど270度280度なる状況でしょう。 そうなると照明をフルセッティングすべきですると角度が270度だからその空間でとる時残りのステップや装備をその後に隠さなければなりませんね。 そんなことがかなり大変だったしそうするうちに移動をするでしょう。 移動すれば後にあるすべてのステップと装備を同じように移動に合わせて隠れながら移動しなければならないということ、こういうものも既存の映画の撮影現場で見られなかったことでそして後半作業の時もその編集記事をカメラ三台でとったのでソースが三個があることじゃないか。 それで編集を映画に対する編集で悩んだのではなくセッティングで悩んだという何か本当に他の映画でありえないこういうものがおもしろかったようです。 しかし、とにかく私はこの映画を撮りながら初めはアクションやスペクタクルの一シーンでこのような効果があると考えたがとってみると初めのシーン、スクリーン エックスのシーンが初めて出てきたシーンのように若干何かホラーやサスペンサーを誘発しかねない誘導できるそのような雰囲気にもこのスクリーン エックス技法がよく活用されることができるようだ、という気がして、そしてシン・ミナ氏が出てくる部屋のような場合、叙情的で美しい場面もスクリーン エックスにした時はるかにそれが強烈な感じがするという気がしました。 それで初めにはパノラマのようにスペクタクル一シーン、アクションシーン中心に見ることがこのスクリーンエックス技法を最大化することと考えたが、とりながら他の長所も発見したのです。 それで私がこのスクリーン エックスを最も強烈に感じた体験はとりながら、また作ってどんな状況でもどんな空間の中でもその空間の中にぐっと入いるという感じこういう感じがした時一番おもしろかったようです。

 ナム : はいそれでは二つ目の質問を聞きます。

 観客2 : はいこんにちは。 映画とても面白く見ました。 とてもおもしろかったです。 他の映画よりアクション シーンがこのようにはやくて躍動的なのにどのように演出されたのか監督にお尋ねしたいです。 その次の質問は俳優の方はそんなことをしながらどんな点が最も苦心したのか新しいものに対する感想を聞きたいです。

 キム・ジウン : あなたにとって監督はまずフレームという条件に対応しながらシーンを作るでしょう。 どんな条件を持ってシーンを作って図を作ってこうするのか、ある時はもう少し拡張されたイメージをさらに見せてあげたい欲求がでる時がありますね。 そうした時スクリーン エックスで表現できることが無尽蔵だという気がしたので、聞きました。 また、スクリーン エックスの持つ色々な効果のうちで好きな部分がみな違いました。 ある方はその死んでいる幽魂のシーンにスクリーン エックス技法が良いという人もいて私のように叙情的で可愛い場面にスクリーン エックスがはるかに良かったとの感じもあって、代表的にはトンネルの シーンでスクリーン エックス技法が最もよく生きるという方々もたくさんいたようです。 スクリーン エックスの効果をさらに増幅させるものなどの中の一つがこのフォーマットに合うサウンド システムのようです。 音源を追いかけて行くサウンド システムでもっとシーンを効果的に出すことができました。 それで図と音源との動線こういうものを一緒にデザインしたようです。

 ナム : 俳優の方に難しい点がなかったのか今回の撮影を伺ってみます。

 イソム : 私は監督がよく指導して下さって気楽に撮影しました。

 カン・ドンウォン : 私は個人的に演技をほぼ3年ぶりにした作品です。 ア... ウォーミングアップするのに時間がちょっと多くかかりました。 序盤にたくさん迷いました。 実際は終る時まで迷った作品で、あまりにも撮影期間が短かったので、ところで個人的には3年ぶりに演技したことキム・ジウン監督としたことに意味があったようです。 ア... 特にアクションですが、まあいつもどんな映画でもアクションのない映画は殆どないです。 特にアクションが苦心して、まあ走る場面があまりにも多くてそれが大変でしたが。 まあ、どの映画にもアクションは少しずつあるので特に難しいことはなかったです。

 ナム : 俳優カン・ドンウォン氏にはさらに一つ質問をすれば、キム・ジウン監督のザ・エックスに出演をすることになったきっかけはどんなことでしょうか?

 カン・ドンウォン : ただ、監督がしようとそれですると(観客笑い)それしかありません。

 ナム : 質問をさらに受けましょう。 さっきの方マイクを持っていますか? はい手をあげてくださいますか? そちらですぐそばに渡してください。

 観客3 : あなたのスクリーン エックス技法を使った映画だとして入ってきた時からスクリーンが三面になっていたがある部分だけ三面で出てきてある部分は出てこなかったんですが。 なぜそのようにされたのか気になります。

キム・ジウン : オ、私はこの映画スクリーン エックスを初めて依頼を受けた時私は横アイマックスのコンセプトを考えました。 そうすればダークナイトのような場合にある瞬間に例えばバットマンがクモのようにさっとはいあがったみたいな派手なスペクタクルあるアクションシーンをした時アイマックスが横で皆縦でこのように広くなるでしょう。 スクリーン エックスを通じて観客がコンテンツに楽しみと新しい楽しみを感じられるようにしたかったが両側横面にとても気を遣うことがかえって邪魔にならないかと思いました。 それで先立って申し上げたアイマックスコンセプトに受け入れたので最も効果が最大化される地点にハイライト式に活用して作ろうとして、そんなことが長編ならば長編映画に内的リズムに合わせて出てきて入って、ある動機がある脈絡に出てきて入ってした時はるかに効果があったはずなのに今短編で効果を多くくれようとしてみると多分出たり入ったりすることがたくさんさらに感じられた気がします。

 ナム : 次の質問を受けます。 手をあげればマイクが行きますが。 あなたのこちらにおられる方にマイクをちょっとお願いします。

 観客4 : あなたの映画を面白く見ました。 今短編で製作になったが。 長編で製作にできるようで質問をします。

 キム・ジウン : はいその私にだけ質問ですか。 (笑い)カン・ドンウォン氏も迎えてイソムも迎えてるのに私の運命でしょう。 まあなので私はこの技法自体が記者会見の時も話をしたが明確にビジュアルリストには興味を引くことができるそのような技法だという気がしました。 そして今何広告やCGが多いアニメーションはさらに不足がない本当華麗になる活用度の高い完ぺきなシステムだという気がしたし、ところで私がもうこれが単純にビジュアルあるビジュアルに対するどんな進歩してまたは、新しく拡張された領域だけでなくこのシステムを通じてストーリーテラーがこのシステムを持って語ることができることという気がします。 この方式でスペクタクル一部門だけでなくそのようなホラー映画とか多様な技法をスクリーン エックス三面を通じてもう少し強調する事もできる例をあげれば良くファンタジーある映画とかまたは、古典の中でアラビアン ロマンスのような映画そんなに広げられているそのようなイメージをスクリーンに入れることができると考えたしもう少しもう今後コンバート技術が発展すれば限界はあるでしょうが既存のクラシックもスクリーンで活用できる気がします。 それでビジュアル リストに劣らずストーリーテラーもこの方式をさらに興味を持って関心を持てばスクリーン エックスを利用した新しい形態を作り出すことがでるだろうと期待します。 そのような可能性にもノックをしながらこの映画を作ったようです。

 ナム : 時間があまりない関係で最後の質問を受けなければならないようです、俳優の方に質問がある方だけ手をあげられたら感謝します。一番後ろにいらっしゃる方

 観客5 : あの初めにア最後に釜山(プサン)でカン・ドンウォンに会うことができる機会ですが。 お会いできて本当に光栄です。 ファン(パン)カフェにも加入しています。 ア.. 釜山(プサン)を旅行する.. 日程はどうなりますか。 (観客笑い)

 カン・ドンウォン : 今日のスケジュールですか?

 観客5 : ええ?

 カン・ドンウォン : 今日のスケジュールですか? 今日さっき少し前に到着をしたのですがこれが終わればすぐ帰ります。

 ナム : はい残念ですが止むを得ません。 今日はGVは次の上映もあってそれで多くの記者方々が来られたのですが少し短く終わらせる以外はありませんでした。 入場と退場にとても多くの時間がかかる状況ですので。 申し訳ないと思いますが、ここに参加して下さったキム・ジウン監督、俳優カン・ドンウォン氏、イソム三人に熱い拍手をお願いします。 はい、ありがとうございます。

コメント (4)

カン・ドンウォン復帰作'ザ・エックス'はどうだったのか

2013-10-07 18:00:59 | The X

「The X」観たいです~~~

 

ソウルで長く上映されるようにお願いします~~~

 

 

私が行くまで待ってて~~~~~~~ 

 

 

 

 

 

「X」のドンくんとGVの時のドンくん同じ人には見えない~

 

 

メガネに秘密がある??

 

あのメガネをかけると普通の人になるの??

 

 

 

 

まるで、スーパーマンだねwww

 

 

 

 

 

 

※釜山国際映画祭公式HPに「The X」のGVの記録が上がっています。

追って、翻訳をしたいと思います。

http://www.biff.kr/kor/html/program/prog_view.asp?idx=10438&c_idx=51&sp%3B_idx&QueryStep=2

 


 

いろいろ言われて悪いことの多かったカン・ドンウォン復帰作'ザ・エックス'はどうだったのか[シネビュー]

2013.10.7 翻訳サイト使用

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1381109288582960008

ザ・エックス レビュー

 

俳優カン・ドンウォンが参加しないと伝えられた4日映画'ザ・エックス' GVに参加する。

キム・ジウン監督が演出した世界最初の'ScreenX'(以下'スクリーンX')映画'ザ・エックス(The X)'は第18回釜山(プサン)国際映画祭に招待されて4日午後2時センタムシティCGVで記者試写会を進めた。

'スクリーンX'は既に中央1面スクリーンを通じて映画を観覧する環境から抜け出して上映館左右壁面まで3面をスクリーン化、話の空間を拡張させて感情の没入を最大化させる上映方式だ。 3面にあふれる見どころの饗宴はそれ自体がスクリーンに陥らなければならなかった。

'ザ・エックス'のストーリーラインは派手な映像美をたくさん伝えるだけにそれに最適化されたあらすじだ。 特殊任務を遂行する男エックス(カン・ドンウォン)があるカバンを渡す任務を与えられて、カバンを渡しに到着したところで死体を発見する。 わなに陥ったのを知ったエックスはここでロープで縛られているフィアンセミア(シン・ミナの方)を見つける。 自身を攻撃してカバンを奪って逃げるミアを追う追撃戦が始まる。

'ザ・エックス'はスクリーンX上映館を念頭に置いて製作された映画なので絶対的に見ることに重点を置いた。 俳優からモデル出身のカン・ドンウォン、イソムそしてシン・ミナが出演する。 俳優の派手な美貌をスクリーンに移したのと共にバイク アクション、1対10のアクションシーンなど派手なアクションも主をなして観客の魂をさらけ出す。

カン・ドンウォンはその長い腕と脚を振り回して暴漢らとアクションをして、依然として非の打ちどころないビジュアルを誇る。 除隊後初めての復帰作としてファンたちの関心が強かっただけに彼は期待以上の魅力で武装した。 また'甘い人生'以後8年ぶりにキム・ジウン監督映画に出演したシン・ミナはファムファタール(運命の女)に変身を試みた。 網タイツをはいてタバコを吸うなど既存のシン・ミナには見られなかった奇抜なイメージも目を引く。

一つの状況で一つの時点だけを見ることができた既存の映画形式とは話法自体が違った。 同時に多視点画面を見せてある瞬間の色々な人物の顔を見ることができて、左右まで拡張された視野はあたかも映画の中に陥っているような感じまで与える。 先立って3D映画観覧が観客の楽しい遊びになったようにスクリーンXで見る映画は観客にもう一つの楽しみを与えるだろう。

'ザ・エックス'は現在のカン・ドンウォン側、CGVと釜山(プサン)国際映画祭側が誤解を解いて意見調整に成功して予定通りにカン・ドンウォンがGVに参加した。 雑音でさえぎられた映画'ザ・エックス'がベールを脱いで観客の心まで奪えるか成り行きが注目される。 ランニングタイム30分、10月封切り.

 

 

コメント

CGV"俳優カン・ドンウォン様に心より感謝申し上げる"

2013-10-06 18:41:38 | The X

 ドンくん元気出してね!! 

 

群盗の撮影頑張って~~!! 

 

 

 

 

 

'The X' Making Film

 

 

 

「僕は大丈夫だよ。群盗の撮影頑張るからね。」

 

「いやー今回は本当にまいったなー。」

 


 

CGV,'カン・ドンウォン論議'に一歩遅れた公式の立場"観客との約束守ってくれて感謝"

2013.10.5 翻訳サイト使用

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201310060100055170003765&servicedate=20131005

 

カン・ドンウォンの釜山(プサン)国際映画祭不参加問題をめぐりカン・ドンウォンと映画祭側間で葛藤が生じたことについてCGV側が公式立場を明らかにした。

CGV側は5日報道資料を通じて"CGVは大韓民国映画関係者らと映画ファンの最大の祭りである釜山(プサン)国際映画祭で当惑する誤解が生じたことを残念に思う"としてCGVは俳優カン・ドンウォンの招待の件と関連して、偽りを話すどんな理由もないということを明らかにする"と伝えた。

続いて"誤解による不都合にも関わらず今回の招待のすべての過程で真に一貫して観客との約束を守るためにGV行事に参加して下さった俳優カン・ドンウォン様に心より感謝申し上げる"と伝えた。

先立ってカン・ドンウォンはCGVが製作した映画'ザ・エックス'の試写会および観客との対話出席のために釜山(プサン)国際映画祭側と日程を調整して結局不参加を決めた。 カン・ドンウォン側は"釜山(プサン)国際映画祭側でレッドカーペットに参加しなければGVなど公式行事に出てくるなという通知を受けた"と主張して、釜山(プサン)国際映画祭側がこれに反論して論議が大きくなった。

以後カン・ドンウォンが4日進行された観客との対話に参加し、今回の事態は不明瞭な雰囲気に転じたが、両者の葛藤が大きくなるまで何の対応もしなかったCGV側の一歩遅れた立場表明は色々な面で残念な思いがする。

コメント

カン・ドンウォン、BIFFレッドカーペット真実は?

2013-10-05 16:07:43 | The X

 真実を追求するあまり、

誰が主人公なのか忘れ去られている気がする 

 

 

 

真実を追求するために、

誰が悪いのか探し出そうとしすぎている 

 

 

 

そんな中、

観客との約束を守るために出席した

 

カン・ドンウォンは素晴らしかった!! 

 

 

 

 

それで、全て終わりでいいじゃない??

 

 

 

 

 

 

 

 


 カン・ドンウォン、BIFFレッドカーペット真実は? CGV沈黙残念

2013.10.5 翻訳サイト使用

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2013100508540618471&outlink=2&SVEC


 

俳優カン・ドンウォン/写真=イ・ドンフン記者


去る3日開幕した第18回釜山(プサン)国際映画祭(BIFF)が映画祭序盤に不必要な諸説乱舞にまきこまれた。 カン・ドンウォンの釜山(プサン)映画祭公式行事出席の有無について産みの苦しみを味わっている。 両側の真実ゲーム攻防まで広がっている今回のことは映画祭の本質とは関係がないことだけに残念だ。 さらに事態の中心であるCGVの沈黙は納得できない。

4日ナム・ドンチョル釜山(プサン)国際映画祭韓国映画プログラマーはキム・ジウン監督の'ザ・エックス'観客との対話が終わって一時間が過ぎた午後7時に緊急記者会見を持った。 カン・ドンウォンの公式日程不参加と関連して立場を発表した。

先立ってカン・ドンウォンはこの日午後5時釜山(プサン)CGVセンタムシティで予定された'ザ・エックス'観客との対話に参加しないことにしていたが、この日午前参加することに決めて観客と会った。 カン・ドンウォンの観客と対話不参加を置いてカン・ドンウォン側と釜山(プサン)映画祭側は映画祭開幕日である3日から4日まで頭を悩ませた。

内部事情はこうだ.

'ザ・エックス'はカン・ドンウォンが昨年11月招集解除後キム・ジウン監督、シン・ミナ、イソムなどと共にとった短編映画. 秘密要員Xが任務遂行のうちにミアに会いながら危険に陥る話だ。

CJ CGVがスクリーンを既存中央一面だけ使うのでなく左右壁面まで3面をスクリーンに活用するスクリーンX技術を使って企画、製作したプロジェクトだ。

当初カン・ドンウォンはキム・ジウン監督が次期作に準備した日本アニメーション'人狼'実写バージョン出演を議論していた。 ちょうど招集解除したばかりのカン・ドンウォンとキム・ジウン監督は'人狼'に先立ってあらかじめ呼吸を合わせようという考えで'ザ・エックス'を一緒にすることになった。

カン・ドンウォンとしては'ザ・エックス'が招集解除後復帰作というよりはキム・ジウン監督と作業のためのテストだったわけだ。 'ザ・エックス'はCGVがスクリーンX技術を活用して劇場で3面広告をするための作業の一環だったのでカン・ドンウォンとしては復帰作という意味がなかった。

レッドカーペットの波紋の種は'ザ・エックス'が釜山(プサン)国際映画祭ガーラプレゼンテーションに招待されて始まった。 カン・ドンウォン側では'ザ・エックス'に復帰作という意味をもって参加しないうえにCGVの新しい技術を実験して広報するためのプロジェクトだけに'ザ・エックス'を説明するのは自身の役割でないと判断した。 それでカン・ドンウォンは'ザ・エックス'と関連して釜山(プサン)映画祭で開幕式レッドカーペットとガーラプレゼンテーション記者会見などには参加しないで、観客との対話にだけ参加することに決めた。

釜山(プサン)映画祭の側ではカン・ドンウォンが映画祭の最も重要なセクションの中の一つであるガーラプレゼンテーション招待作の主人公だけに当然レッドカーペットと記者会見に参加すると思った。

さらにCGVのスクリーンXチームが釜山(プサン)映画祭にカン・ドンウォンが開幕式に参加するように説得しているとずっと話してきたところであった。 CGVスクリーンX側は釜山(プサン)映画祭に映画祭開幕式日である10月3日5時に開幕式場所近隣であるCGVセンタムで'ザ・エックス'技術プレビューをする時にカン・ドンウォンが来る予定でカン・ドンウォンが技術プレビューにくれば自然に開幕式にくるように誘導するといった。

カン・ドンウォン側は早いうちから観客との対話だけ参加するという意をCGVスクリーンXの側に伝えたがCGVスクリーンX側は釜山(プサン)映画祭にカン・ドンウォンがレッドカーペットに立つように説得しているといってきた。

このような渦中に映画祭開幕を3日に控えた9月30日CGVスクリーンX側は釜山(プサン)映画祭にカン・ドンウォンが開幕式レッドカーペットに出られないと最終通知した。 映画祭側はあきれた。 そうしながら、CGVスクリーンX側は釜山(プサン)映画祭にカン・ドンウォン側と直接の話をしてみろといった。 一日後スクリーンX側はカン・ドンウォン側に釜山(プサン)映画祭でカン・ドンウォンに レッドカーペット出席と関連して電話をすると伝えた。 両側を仲裁しなければならないCGVスクリーンX側が頭の痛いことを両側に押し付けたのだ。

これまで、カン・ドンウォンの出席と関連して'ザ・エックス'の製作会社であるCGVスクリーンX側とだけ話してきた釜山(プサン)映画祭の側では10月1日初めてカン・ドンウォン所属会社UAAのチェ・ジョンナム理事と通話をした。

ナム・ドンチョル プログラマーは直前に開幕式が開かれる場所から100mも離れていないところで開かれる技術プレビューに参加しながらなぜ開幕式にはこれないのかと尋ねた。 ガーラプレゼンテーション招待作主人公だけに映画祭では当然の疑問を尋ねたのだ。

チェ・ジョンナム理事は初めから観客との対話にだけ参加すると言ったが突然にレッドカーペットに参加したり記者会見に参加しろと言うのにあきれた。 さらにレッドカーペットに家にある服を着て上がることはできないので、あらかじめ準備していなかっただけにカン・ドンウォン側では無理な要求だとした。 当然の話と理にかなった言葉が衝突したので葛藤がおこるほかなかった。 このように葛藤がもたらされた時本来両側に話を伝えてきたCGVスクリーンX側は沈黙した。

結局カン・ドンウォンの公式日程につて綱引き(チュルダリギ)をした両側はカン・ドンウォンが観客との対話行事に最初から参加しないことにした。

以後カン・ドンウォンがレッドカーペットを踏まなければセンタムCGVに現れないでくれとしたという一連の騒動の中心にCGVスクリーンX側の無責任な仕事の処理が隠されていた。

"CGVはカン・ドンウォンをCGVの費用をかけても10月3日技術プレビューに連れて行きたいといいました。 BIFFはあえてカン・ドンウォンが事前に映画を見るならばソウルで見るようにするが開幕式にCGVセンタムに現れなければならない理由がないと話しました。 開幕日にカン・ドンウォンがCGVセンタムにこないようにしてほしいとCGV側に話をしました。 それが自分が参加しないと開幕式に参加する色々な映画関係者のための、先後輩のための、さらには自身が出演した映画を選定した映画祭開幕式に対する礼儀だと考えるからです。" (ナム・ドンチョル プログラマー)

"私たちは初めから'ザ・エックス'技術プレビューをソウルでしようといいました。 ところが、CGV側がスクリーンX技術チームが皆釜山(プサン)映画祭に行っているので技術プレビューを釜山(プサン)センタムCGVで開幕式の日にするほかはない状況といったのです。 カン・ドンウォンが観客との対話を控えて映画をあらかじめ見なければならないのが観客に対する礼儀だと考えたのでそれではそのようにしようとCGV側に話しました。" (チェ・ジョンナム理事)

両側のこのような主張を調べればCGVスクリーンXチームが今回の事態にどんな立場を取ったのか推し量って考ることができる。

結局釜山(プサン)映画祭とCGVスクリーンXチームは開幕式当日'ザ・エックス'技術プレビューにカン・ドンウォンが参加しないことにした。

釜山(プサン)映画祭の側からは映画祭開幕一日を控えた10月2日CGVスクリーンXチームの約束だけ信じていられないから再びカン・ドンウォンの側に電話をした。 CGVスクリーンXチームがカン・ドンウォン側にきちんと話を伝達できないのではという考えのためだった。 カン・ドンウォン側ではすでに決まったことに再び問い合わせがくると感情が傷つかなければならなかった。 カン・ドンウォン側では釜山(プサン)映画祭の観客と対話に参加するために'群盗'の撮影日程まで調節したのに善意を無視されたという考えまで持つようになった。

ここまでがカン・ドンウォンが釜山(プサン)映画祭のレッドカーペットに立たなければ釜山(プサン)映画祭に来なくてよいとう一連の騒動の顛末だ.

ことはここに終わらなかった。 釜山(プサン)映画祭側とカン・ドンウォン側で静かに整理しようとした今回のことが一波万波で大きくなることになったのはまたCGVスクリーンXチームの呆れ返る仕事の処理のためだった。

CGVスクリーンXチームは開幕式当日午前カン・ドンウォンが個人的な事情で釜山(プサン)映画祭'ザ・エックス'観客と対話に参加しないと報道資料を回した。 釜山(プサン)映画祭側も、カン・ドンウォン側も知らなかった。

以後カン・ドンウォンの公式行事不参加が正しい内部事情を知らされないまま本質を隠した話が山火事のように広まった。 映画祭も被害者で、カン・ドンウォン側も被害者で、'ザ・エックス'観客と対話を待った観客も被害者であった。 映画祭側とカン・ドンウォン側は開幕式当日深夜に会ってことを円満に終えようとした。 この時もCGVスクリーンXチームはまともに仲裁はできなかった。

カン・ドンウォン側は4日午前それでも観客との対話は観客らと約束であるだけにカン・ドンウォンが参加するのが正しいと決めた。 カン・ドンウォン側はこの日昼間12時頃CGVスクリーンXチームにカン・ドンウォンが参加するということを伝え、映画祭側に誤解があったがカン・ドンウォンが観客と約束を守るために参加することにしたとのことで円満に終えようと伝えてほしいといった。 カン・ドンウォンの側では祭りを始めた映画祭が本質と違った問題で被害をこうむるのをこれ以上望まなかった。

だがCGVスクリーンXチームはこのような事実を釜山(プサン)映画祭側に伝達しなかった。 この時、釜山(プサン)映画祭側はこの問題をどのように解決するべきか悩んだ結果'ザ・エックス'ガーラプレゼンテーションと観客との対話が全部終わった後ナム・ドンチョル プログラマーが説明することにした。

釜山(プサン)映画祭側は午後2時に開いた'ザ・エックス'ガーラプレゼンテーション記者会見の時までカン・ドンウォンが2時間後にある観客との対話に参加することを知らなかった。 釜山(プサン)映画祭側は記事を見てカン・ドンウォンが参加するのを知った。

CGVスクリーンXチームが釜山(プサン)映画祭に正しい話だけ伝えても真実ゲームのように飛び火するのが問題であった。

'ザ・エックス'はキム・ジウン監督が演出して劇場3面を活用する新しい技術を開発して初めて活用したという点のために今年釜山(プサン)国際映画祭ガーラプレゼンテーションに招待された。 映画祭の側ではトップスターであるカン・ドンウォンまできたとすればさらに花を添えるはずであった。

しかしCGVスクリーンXチームが'ザ・エックス'を作った意図を過度に単純に見た。 CGVスクリーンXチームが作った'ザ・エックス'はCGVが劇場3面を広告に活用する技術を開発しながらこの技術をコンテンツを作るのに実験するために企画したプロジェクトだ。 大企業が広告のために作ったプロジェクトが'ザ・エックス'の本質だ。 CGVは現在のスクリーンX技術で広告ができるCGV劇場を全国40個から50個まで拡大して、外国にもこの技術を輸出する計画だ。

事実CGVスクリーンXチームは今年釜山(プサン)映画祭開幕を控えて'ザ・エックス'マーケット スクリーニングに一般観客を対象にプロモーションをしようとしたが釜山(プサン)映画祭に葛藤を生じさせた。 マーケット スクリーニングは釜山(プサン)映画祭の期間中に開かれるアジアンフィルムマーケットを訪れた国内外バイヤーを対象である。 15~20万ウォン相当のマーケットバッジを購入したバイヤーのための事前試写会である。

CGVスクリーンXチームは'ザ・エックス'が釜山(プサン)映画祭期間中に一般観客の上映機会が多くないと広報のためにマーケット スクリーニングに一般観客を参加するようにするプロモーションを進めた。 見せ掛けの形だ。 映画祭側で抗議をしたがまともに受け入れられなかった。

カン・ドンウォン公式行事不参加の波は映画祭に想像しない傷を与えた。 カン・ドンウォンも善意に傷を受けた。 観客との対話を待った観客も駆せ参じた取材陣のために率直な話を十分に聞くことができなかった。 カン・ドンウォンは回答をいくつかして再び'群盗'撮影会場に向かった。

一連の事態の中でCGVスクリーンXチームは沈黙を守っている。 残念だ。

参考にナム・ドンチョル プログラマー記者会見にはCGV経営陣も見守った。 残念だ。

 

コメント