そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

デス・レース

2008-11-30 | 劇場映画れびゅー
「ジェイソン・ステイサムって元オリンピック飛び込みの選手であって、元レーサーじゃなかったよね?」もうすっかりアクション・カーチェイス俳優が板に付いちゃって、錯覚を起こしそうな彼の最新作もまたカーチェイス映画。 『デス・レース』を観てきました。 ★★★ 2012年にアメリカ経済が破たんしてこんな世界になっちゃった、なんてタイムリーな設定。 刑務所が民営になったのと、社会道徳が崩壊して刑務所が囚人を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (21)

ソウ5

2008-11-28 | 劇場映画れびゅー
四作目のレビューに「二作目の時点で五作目までのプロットが出来上がってるとしたら、次回こそ必見!」と書いた、ソリッド・シチュエーション・ホラーシリーズ五作目『ソウ5』を観てきました。 ★★ さすがに今回は最初からネタバレで書かないと何も書けない内容だったので、前作のオチも絡めてネタバレ全開でいきます。 ネタバレ 三作目と四作目が実は同じ時間軸で、対をなす複雑なパズルだったという点で考えれば、あれ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (26)

『幸せ最高ありがとうマジで!』@シアタードラマシティー

2008-11-27 | ステージれびゅー
11月の観劇4本目。もう疲れたのでしばらく観劇は…と思いながらも、同じ日この前後に映画を2本観たわけで俺はどこに向かっているんだろう。 結構芸歴長いのに最近になって“上手い”と話題になる事が多い永作博美主演、本谷有希子による作/演出の『幸せ最高ありがとうマジで!』。 映画版『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の組み合わせですね。 今年のそーれりぽーと日本映画助演女優賞は、この映画の永作博美だった . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

2008-11-26 | 劇場映画れびゅー
公開前から少しずつリークされるぶっ飛んだ設定の数々。 この冬のおバカコメディーの決定版になるのか?『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』を観てきました。 ★★★★★ オープニング前のヤラセ予告編から始まり、エンドロールの某氏の○○○まで、もうずっと無茶苦茶w 映画好きで、ある程度俳優の事を知ってる人にとっては腹抱えて笑えるハリウッド“身内ネタ”自虐コメディーです。 ピークを過ぎた脳筋アクショ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (26)

1408号室

2008-11-25 | 劇場映画れびゅー
スティーブン・キング原作の中で全米で一番ヒットしたのだそうで、こないだの『ミスト』の面白さから相当期待をして『1408号室』を観てきました。 ★★★ アンチオカルトなのにオカルト本で飯を食ってる作家が、ホテルの呪われた部屋の嘘を暴こうと泊って酷い目に会う話。 スティーブン・キングの本は学生の頃によく読んでたのですが、映画となるストーリーの面白さやら心理描写やらその辺が中心で、原作の空気を再現す . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (18)

ブラインドネス

2008-11-23 | 劇場映画れびゅー
もしも人々が一斉に視力を失ったら。 そして、何故か自分だけが見え続けていたら。 『ブラインドネス』を観てきました。 ★★★★ うーん。 思わず唸ってしまうリアリティー。 大半を限られた空間である収容所でのエピソードとしている辺りで、主人公の心理を自分の事のように錯覚させるのに成功している。 見えない恐怖もさることながら、自分だけが見えてしまう恐怖と重圧を描くというのは面白いよね。 壊れた世界 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (24)

王立劇場vol.6『王立新喜劇~コーポからほり303~』@なんばグランド花月

2008-11-22 | ステージれびゅー
世間一般的に飛ぶ鳥を落とす勢いという認識なのかどうかは知りませんが、俺の中では今最も旬な人、後藤ひろひと(大王)。 今度はその彼が王立劇場のシリーズとして吉本新喜劇を手がけることに! ど、どうなるの!? タイトルは『王立新喜劇~コーポからほり303~』。 しかし、たったの2days。 出演者を見ると、内場勝則/未知やすえ/末成由美/山田花子/安尾信乃助/池乃めだか/石野真子/後藤ひろひと/石丸 . . . 本文を読む
コメント

ソフトバンク iPhone 3Gレビュー その6

2008-11-21 | ケータイ&モバイル
昨日5回目のレビューを書いたばっかですが、OSのアップデートが来たのでサクッとその感想を。 主な変更点についてはITmediaが書いてるのでチェックしてみてください→こちら 自分で検証してみた中で思ったことをいくつか。 まず、注目されてた絵文字対応にモノ申す! ちょっとー、なんで対応がSMSとi.softbank.jpドメインだけなんよ! 配信の方法やら保管の仕方的にi.softbank. . . . 本文を読む
コメント

ソフトバンク iPhone 3Gレビュー その5

2008-11-20 | ケータイ&モバイル
すっかり冷え込んでそろそろ雪も舞いはじめそうなこの頃、みなさん体調管理にはお気を付けてお過ごしでしょうか。 なんてかしこまった書き始めもたまにはあり?w 2005年の1月から書き始めた『そーれりぽーと』もまもなく5年目に突入するわけですが、最近は急激なブロガー人口の増加と合わせてブログを閲覧する人も増えているようで、日々の総アクセスIP数の底が上がってきています。 いつもご覧頂いている方もおられ . . . 本文を読む
コメント

彩の国シェイクスピア・シリーズ第20弾『から騒ぎ』@シアタードラマシティー

2008-11-17 | ステージれびゅー
怒涛の4本観劇になってしまった11月の2本目は、蜷川シェイクスピアの中でもお嬢様方(いろんな年齢層)に大人気の“オールメール・シリーズ”第四弾『から騒ぎ』。 蜷川シェイクスピアは昨年から何本も観てるし、今回も観逃せない。 オールメール・シリーズとしても昨年の『お気に召すまま』再演から2本目の観劇なので、“あの楽しさ”がまた味わえると思うとワクワクします。 しかも、今回の主演はまだそんなに芸暦も長 . . . 本文を読む
コメント

ハッピーフライト

2008-11-15 | 劇場映画れびゅー
飛行機での旅行が大好きな俺としては外せない『ハッピーフライト』を観てきました。 ★★★★ ここ数年はめっきり丘マイラーですが、ずっとANA派な俺的には楽しくて仕方がないANAムービー。 オープニングのアナウンスビデオもしっかり見たのは久しぶりだけど、大スクリーンに映し出されるアナウンスビデオになんだか飛行機に乗ってる気分で観れました。 一回のフライトに携わる大勢のプロ達の仕事ぶりを、ユーモアと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (45)

レッドクリフ/赤壁 Part I

2008-11-12 | 劇場映画れびゅー
「あんまり三国志知らないから観ないでおこうかなぁ」と言うと、「え?三国志知らないの?」と返されること数回。 やっぱボキャブラリーとして三国志は知っておいた方がいいのかなぁ。 俺の世代だと、子供の頃から漫画やシミュレーションゲームで人気なんだけど、漫画(横山光輝)は絵のタッチが嫌いで読んだ事がないし、シミュレーションゲームは取っ付き難くて一国攻めたらもうヤル気喪失みたいな感じだったので、ほとんどスト . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (33)

Piper結成10周年公演第2弾『ベントラー・ベントラー・ベントラー』@シアターBRAVA!

2008-11-11 | ステージれびゅー
昨年からハマッてるPiperの新作、“Piper結成10周年公演第2弾『ベントラー・ベントラー・ベントラー』”って、え?昨年9月に観た『ひーはー』が結成10周年公演として、1年以上経ってから第2弾てどういう?w なんて突っ込むのも面倒な、微妙なタイトルがステキ過ぎ。 是非、来年は10周年第3段を。 『ひーはー』を観るまでは腹筋善之介くらいにしかあまり興味が無かったんだけど、あれ以来むしろ腹筋善 . . . 本文を読む
コメント

新たな花粉の季節が2

2008-11-10 | Sole-Report+
黄色い悪魔の花粉症情報の続き。 つか、先週観た舞台『ベントラー・ベントラー・ベントラー』の記事をサボってます。 長文記事になりそうで、モチベーションが(汗) んで、花粉症。 前回の記事の二日後に風邪を併発したのに、風邪なんだか花粉症なんだかよくわからんまま花粉症の薬だけを処方してもらい泊りがけの出張に行ったので、帰ったら熱が出て3日寝込んでしまいました。 とは言え、中日には『キーン』を観に行った . . . 本文を読む
コメント

X-ファイル 真実を求めて

2008-11-07 | 劇場映画れびゅー
今更感たっぷりな、“あの”人気海外ドラマ『Xファイル』の続きを描いた映画『X-ファイル 真実を求めて』を観てきました。 ★★★ ほんと今更なんで『Xファイル』なんだろう。 どうせなら『ツインピークス』も、いっそのこと『V』も、そういえば『フレンズ』はいつになったら続きを映画で描いてくれるの? などと思いつつ、とりあえず観たこの映画は、面白かったというか、がっかりしたというか、なんだろう「こんなも . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (22)