そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

白金ナノコロイド水@コンビニ登場

2006-06-28 | Sole-Report+
つ、ついにアンチエイジングアイテムで一番気軽に摂取できる“水”が、先週から職場近くのコンビニに並び始めました。 白金ナノコロイド入りの水、その名も「IASOプラチナウォーター」 コンビニで買うと200円以上するけど、こりゃ売れるわきっと。 軟水で飲みやすいし、個人的にはペット茶を飲みすぎたり酒飲み過ぎたりで胃が荒れて大変やし、皮膚も疲れてる感じやからしばらくコレ飲んどこうw 関西ではまだほとん . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (2)

着信アリ Final

2006-06-28 | 劇場映画れびゅー
和製ホラーの中でも特に“ぬるい”設定と強引な結末で呆れさせてくれる「着信アリ」シリーズ。 「転送スレバ、死ナナイ」と言えば映画「リング」増殖の法則と同じなので、今回は一気に犠牲者が増えるのを半ば期待して「着信アリ Final」を観てきました。 ★★ 元々、どちらかと言うと対象年齢が低目なシリーズでしたが、今回は修学旅行の高校生達を中心に物語が展開する事もあって「学校の怪談」に美々子が絡んでくる感 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (10)

ウルトラヴァイオレット

2006-06-26 | 劇場映画れびゅー
すっかりアクションづいたミラ・ジョヴォヴィッチ最新作「ウルトラヴァイオレット」 劇場CMを観る限りでは面白そうだったので観て来ました。 ★ 最初から最後までかっこいいアクションの連続。 でも連続過ぎて開始10分辺りで飽きてしまい、ストーリーが空っぽなので後はひたすら眠気との戦いで、スクリーンで戦うミラ・ジョヴォヴィッチよりも苦戦した。 観終わって時計を見たら予告編含めて2時間も経ってなかったので . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (27)

M:i:III/ミッション:インポッシブル3

2006-06-24 | 劇場映画れびゅー
プロモーションで新幹線を貸し切り150人のファンを引き連れて来阪するなどの奇行で笑わせてくれた「M:i:III」が先々行上映していたので早速観て来ました。 ちなみに来阪プロモーション当日、たまたま仕事でHEPナビオ裏を車で通ったら、沿道でトムちんを待つ数百人のファンと出くわしました。 もうちょと遅かったら本人も見れたのに(ちくしょー!) ★★★★★ 前作「M:i-2」で完全にジョン・ウー色に染ま . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (82)

タイヨウのうた

2006-06-19 | 劇場映画れびゅー
「HINOKIO」のエンドロールで流れていたYUIの曲に不思議と涙が止まらなかったのが昨年夏。あれからあの曲を耳にするたびに目頭に熱いものを感じるようになりすっかりYUIのファンになった私。 今度はそのYUI自信が主演ということと、私のハンドルネームの“Sole”が太陽に由来する事から勝手に運命的なものを感じて「タイヨウのうた」を観てきました。 ★★★★ 一言で言ってしまうと、YUIのプロモーシ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (32)

DEATH NOTE/デスノート 前編

2006-06-17 | 劇場映画れびゅー
週間少年ジャンプらしからぬ深く小難しいタッチで自らを正義と確信する異能の大量殺人鬼と、それを止めようとする人々との知的攻防を描いた「DEATH NOTE」が、連載終了と同時に実写で映画化されたので早速観てきました。 ★★ 原作を毎週楽しみに読んでいた私からすると、ストーリーはそのままでキャラクターについても原作に忠実に設定されているから、俳優が少しでもその人物のイメージと違う事をする度に冷めてし . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (57)

インサイド・マン

2006-06-17 | 劇場映画れびゅー
次期007候補と噂されていたもののコメディー映画「ピンク・パンサー」で006になってしまったクライヴ・オーウェンが、皮肉にも銀行強盗になってしまった「インサイド・マン」 有り得ないくらいに豪華なスタッフとキャストが集合しているので楽しみに観て来ました。 ★★★★ どこなのかよくわからない小部屋からブツクサ話しかけてくるおっさんダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)。そこは牢獄では無いというし . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (33)

ピンク・パンサー

2006-06-15 | 劇場映画れびゅー
あの「ピンク・パンサー」がリメイクでスーパーおバカコメディーに大変身していると聞いたので喜んでNEW「ピンク・パンサー」を観て来ました。 観たのはロードショー当日ですが、キャストのうち3人もが同時期に日本で別の出演作公開を控えていたので、比較できたらと思い書くのを止めていました。 ★★★★ 劇場は「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」を凌ぐおバカっぷりで爆笑の渦に包まれた。 もう、やり過ぎ . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (17)

アンダーワールド エボリューション

2006-06-14 | 劇場映画れびゅー
吸血鬼vs.狼男なんて、「ヴァン・ヘルシング」みたいな主題で面白そうだったので「アンダーワールド エボリューション」を観てきました。 観てから1ヶ月半経つので、劇場ではもうやってないかな? ★★★ 2話完結の続編だとは知らずに観たので、さっぱり意味のわからない展開に戸惑うばかり。後日「アンダーワールド」(前編)をレンタルでチェックして、初めて全貌を把握する事ができました。 これはちゃんと前編から . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (20)

オーメン

2006-06-14 | 劇場映画れびゅー
06年06月06日、全世界一斉公開された「オーメン」のリメイク。 お祭り映画だから絶対666の当日観ようと意気込んでいたものの、飲んで疲れて見逃して後日観てきました。 ★ ストーリーの流れはオリジナルのまま。 何のためにリメイクしたのか理解出来ないくらいにまんまなので、オリジナルを観た人にとっては何の価値も無いかもしれない。幸いまだどちらも未見の方にはオリジナル版をお勧めします。 リチャード・ド . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (9)

ブギーマン

2006-06-13 | 劇場映画れびゅー
サム・ライミが久しぶりにホラーを監督したと大きな勘違いをして「ブギーマン」を観てきました。 ★★ 観始めてからタッチが全く違うことで初めて気付きました(笑) クローゼットから飛び出してきたのは「モンスターズ・インク」の愛らしいモンスターでは無く本当の恐怖。 といえば聞こえは良いけれど、今回もハリウッドホラーらしく音で脅かすパターンでちょっと引き気味な私。 サム・ライミ先生、せっかく「THE . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

トランスポーター2

2006-06-13 | 劇場映画れびゅー
「ピンク・パンサー」ではコロッと死んでしまったジェイソン・ステイサム主演の「トランスポーター2」 本シリーズ前作ではそれまでの地味目な役柄から一転してジェット・リーばりのスーパーアクションを見せてくれたので、今回も期待して観にいきました。 ★★★★ か、かっこいい! ジェイソン・ステイサムは前作で成功したのにもかかわらず、勢いがそこでとまっている感が有ったので、彼の久々の活躍に感激。 基本、何 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (17)

トリック 劇場版2

2006-06-11 | 劇場映画れびゅー
シリーズを重ねるごとにやりたい放題でむちゃくちゃになっていくテレビドラマシリーズ「トリック」。むちゃくちゃになればなるほどファンが増え続け、ついに劇場版の2作目「トリック 劇場版2」が公開されたので早速観てきました。 (ちなみに私もファン) ★★★ 映画として面白いとかという以前に“「トリック」を好きかどうか”というところで大きく評価が分かれると思います。 ファンにとっては新しく作られたエピソー . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (34)

花よりもなほ

2006-06-03 | 劇場映画れびゅー
「誰も知らない」の是枝裕和最新作「花よりもなほ」を観て来ました。 実は「誰も知らない」は重そうなので未見。 ★★★ お犬様が闊歩していた元禄の江戸を舞台に、長屋に潜みながら父の仇を探す侍の倅(岡田准一)が、長屋の住人達と暮らすうち本当に重要な事は何なのかに気付いていく…という話をコミカルに描いている。 忠義や仇討ちが本当に大切なのか? 同じ長屋に住む討ち入り前の赤穂浪士もストーリーに絡まりあっ . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (32)