そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ハドソン川の奇跡

2016-09-29 | 劇場映画れびゅー
記憶に新しい奇跡的なニュースを、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で描く『ハドソン川の奇跡』を観てきました。 ★★★★★ 似たテーマのロバート・ゼメキス監督作『フライト』と比べると、雲泥の差くらいに何もかもが素晴らしい。 時間軸をずらして、回想という形で真実の部分をぼかしながら徐々にフォーカスしていく手法が完璧にキマッている。 つい最近、世界的に注目されたニュースが下敷きになってい . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (14)

ある天文学者の恋文

2016-09-21 | 劇場映画れびゅー
ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作『ある天文学者の恋文』を観てきました。 ★★★★ ネタバレ 全身全霊で愛した女性(しかし教え子で不倫)に対して、自分の死後も生き続けているかのように工夫して、彼女に残した数々のメッセージ。 一見純愛で素敵な話なのですが、彼氏の死後も束縛され続ける彼女の気持ちとか、可能性なんかを排除している思考がちょっと恐ろしい。 だって死んでるのに…。 という側面と、教え子 . . . 本文を読む
コメント

怒り

2016-09-21 | 劇場映画れびゅー
有名原作は読んだことがありませんが、予告編が興味を引いた『怒り』を観てきました。 ★★★★★ 東京、神奈川、沖縄に現れた三人の謎の男…。 予告編の段階から想像が膨らみ、観始めてからは物語を堪能しながらも思考はフル回転の展開。大満足の一本でした。 疑惑の切っ掛けとなる惨殺事件については、世田谷一家殺害事件と、英国人女性講師殺害事件を彷彿とさせるような作りになっているところが、余計にリアルに感じさ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

超高速!参勤交代 リターンズ

2016-09-15 | 劇場映画れびゅー
あれだけ苦労して江戸にたどり着いたのに、まさかの続編とは。『超高速!参勤交代 リターンズ』を観てきました。 ★★★★ せっかく江戸に着いてゆっくりしてたのに、失脚させられたはずの老中がまさかの復活。 さらなる嫌がらせで、来たときよりももっと急いで藩に帰らないといけなくなった!? 抱腹絶倒のドタバタ珍道中はさらに加速して、リアリティーよりもより笑いを重視した演出に。 そして、最後はしっかり前回以 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

キング・オブ・エジプト

2016-09-14 | 劇場映画れびゅー
久しぶりに「世界何か国でナンバーワン!」とか言う、あんまり聞いたことないんですけど的な映画『キング・オブ・エジプト』を観てきました。 ★★★ 何も考えずに観られて楽しいけど良くも悪くもハリウッドの娯楽映画らしいハリウッド映画で、キャストをもっとエジプトに寄せた方が良かったかもと感じさせてしまうところが勿体ない。 主人公のブレントン・スウェイツは、かなりディズニーの『アラジン』のアラジンに寄せた役 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (4)

スーサイド・スクワッド 3D

2016-09-13 | 劇場映画れびゅー
『バットマン vs スーパーマン』から本格始動した、DCコミックの『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズ第二弾。 続いては、ヴィラン達が国家権力によって特攻部隊にされ嫌々ながら活躍する『スーサイド・スクワッド』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★ スーパーマンの傘が無くなり、秩序を失い始めた世の中。 次に現れる超人が、これまで通り正義の味方なのか、それとも世界にさらなる混沌をもたらす存在 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (10)

セルフレス 覚醒した記憶

2016-09-07 | 劇場映画れびゅー
死ぬ前に完璧な新しい体に精神を移せるとしたら?『セルフレス 覚醒した記憶』を観てきました。 ★ タイトルから想像した以上の事は何一つ起きない。 サプライズには全然驚かされない。 アンノウン [DVD]リーアム・ニーソン,ダイアン・クルーガー,ジャニュアリー・ジョーンズ,エイダン・クイン,ブルーノ・ガンツワーナー・ホーム・ビデオ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

2016-09-06 | 劇場映画れびゅー
騙しの連続がそれなりに面白かった前作の続き、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』を観てきました。 ★★★★ 前作の後半でマーク・ラファロに主役が移ったまま、本作でもジェシー・アイゼンバーグの存在感は若干控え目。 前作の序盤での存在感が面白さの要因だっただけに、ちょっと勿体ない。 続きらしい続きの展開は楽しかったのですが、落ち着くところに落ち着いた感覚で、観終わった後に振り返ってみる . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (7)