そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

2014-02-28 | 劇場映画れびゅー
待望の続編、『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』を観てきました。 ★★★★ グロさと下品さMAXながらも、等身大の兄ちゃんがヒーローが人として成長する姿に喝采が贈られた前作から早四年。 彼のはじめた行動に触発され、世の中をなんとかしたいと自警に立ち上がったコスプレヒーロー達が世間に受け入れられる中、当のキック・アスは達成感のプチ引退感覚で学生生活を謳歌していた。 ヒット・ガールは女子高 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

エージェント:ライアン

2014-02-21 | 劇場映画れびゅー
ジャック・ライアンシリーズまでついにリブート。『エージェント:ライアン』を観てきました。 ★★★★ もうジャックライアンである必要すら感じないんですけど、このどんちゃん騒ぎの少ない割に緊迫感で押してくる感じはノリは確かにジャックライアンか。 新生ジャック・ライアンを演じるクリス・パインはいつになく野暮ったさを薄めてスマートな新しいジャック・ライアンに挑戦しているけど、個人的には彼よりも相方のキ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (10)

アイム・ソー・エキサイテッド!

2014-02-14 | 劇場映画れびゅー
一度しか見かけてなかったけど、とにかく笑えそうな予告編が印象深かった『アイム・ソー・エキサイテッド!』を観てきました。 ★★★ 無茶苦茶笑かしてくれます。 え、でもこの映画ペドロ・アルモドバル監督作だったの?!と今レビューを書きながら驚いているところです。 スペイン発、豪華俳優陣のお下品なゲイポップコメディーとでも言うか、ゲイのフライト・アテンダントが、下衆なファーストクラスの客とパイロットを . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

スノーピアサー

2014-02-13 | 劇場映画れびゅー
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところですが、ポン・ジュノ初の英語作品ということを聞きつけての監督指名での観賞。 幸い予告編を一度も観ていなかったので、前情報は全くゼロです。 ネタバレ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (21)

ウルフ・オブ・ウォールストリート

2014-02-07 | 劇場映画れびゅー
レオちん遂にアカデミー賞受賞なるか?!『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てきました。 ★★★★ 長いしクドいけど癖になる映画。 良い映画なんですよ、映画は。 問題はレオナルド・ディカプリオの事が大好き過ぎるマーティン・スコセッシ監督の推し過ぎっぷり。 最近少し脇に回って良い芝居を観せてくれるレオちんを観る機会が増えて、主役にならない方が良いのかもと最近思う事がありますが、久々“唯一主人 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (16)

マイティ・ソー ダーク・ワールド 3D

2014-02-02 | 劇場映画れびゅー
前作の頃にはアイアンマンでさえ最近おもしろいと思い始めたばかりなのに、ソーなんてキャラ強過ぎて微妙なんですけど?なんて思ってたのに、一旦『アベンジャーズ』の集結を観てしまうと続きが気になって気になって、すっかりマーベルの策略に引っかかって『マイティ・ソー ダーク・ワールド』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★ うむ!今回も派手でよろしい! いや、前作の時はどうでも良かったのが、すっかり好きに . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (23)

アメリカン・ハッスル

2014-02-01 | 劇場映画れびゅー
ここ三年、最もアカデミー賞でホットなデヴィッド・O・ラッセル監督が贅沢な最強布陣を敷いてアカデミー賞に10部門もノミネートされた『アメリカン・ハッスル』を観てきました。 ★★★★★ 若干ネタバレ気味です 詐欺師を捕まえる為に、安易に詐欺師の力を借りてしまうFBI。 70年代に有った嘘のような本当のFBI捜査の顛末を、詐欺師の目線を中心にユーモラスに描く本作。 物語の面白さ、テンポの良さ、役者の魅 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)