そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン 3D

2011-07-31 | 劇場映画れびゅー
これで最後? 『アバター』より3Dが凄いらしいので、IMAX3D版の『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を観てきました。 ★★★★ このブログを読まれたのか(ないない)、ネット上の大多数が同じ事書いてたのが反映されたのか、前2作の不満点が払拭されててびっくり。 以下に箇条書きで。 1:ゴチャゴチャして何が起きてるのかわからないロボット戦は、色分けと造形で割と区別がつくようになった。 2 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (30)

11年4月 奈良明日香村チャリめぐり 日帰り

2011-07-24 | リョコウ
近場ぶらり旅、今回は相方とチャリで明日香村を廻ります。 橿原神宮前で電車を降りて、レンタサイクルで東へ出発! ちょっと走ると、もうのどかな田園風景。観光の村、面白いカタチの大根が畑の脇に。 田舎道をひぃひぃ言いながら走ること15分で飛鳥資料館に到着。ここには明日香村の一帯に点在する遺跡のレプリカが展示されています。 キトラ古墳の壁画が展示される事もあるようだけど、この時は天井に描かれた天体図 . . . 本文を読む
コメント

コクリコ坂から

2011-07-22 | 劇場映画れびゅー
月日というのは恐ろしい物で、『ゲド戦記』を結構肯定的に書いていた事をすっかり忘れ、「えー宮崎吾朗でしょ?あんまり興味ないわ」と否定から入って観に行かないつもりでいた『コクリコ坂から』をひょんな切欠で観てきました。 ★★★★ 観に行っておいて良かった。 お父ちゃんとは違う方向にイイ映画に仕上がっている。 ジブリ流の物理の法則に従わず、涙の描き方や水の描写、食事の見せ方も違う。 画がジブリなのにジ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (21)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 3D

2011-07-19 | 劇場映画れびゅー
ハリー・ポッターシリーズ最終回後編、泣いても笑ってもこれが最後! 前作の秀逸な出来に興奮が収まらなかった記憶を胸に、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 3日経ってからレビューに手をつけてるけど、未だ感動の余韻が残って思い出すとニンマリしたりホロッときたり。 ハリポタ原作のファンで、映画大好きな俺を100%納得させてくれた完全映画化でした。 前後 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (22)

アイ・アム・ナンバー4

2011-07-11 | 劇場映画れびゅー
「また聞いたことの無いアメコミヒーロー映画が来た?」 今年はSFばっか見てる気がする。 『アイ・アム・ナンバー4』を観てきました。 ★★★ マーベルともDCとも関係のない小説が原作なのだそうです。 主人公は幼い頃故郷の星を敵星人に滅ぼされ、地球に避難してきてこっそり暮らしているなんちゃら星人の青年。 親から受け継いだ超人パワーを秘めているんだけど、まだ若くて能力が発現してないし本人も自覚してい . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (16)

マイティ・ソー 3D

2011-07-06 | 劇場映画れびゅー
ハルク、アイアンマンと来てお次はソーの出番。 『マイティ・ソー』の3D版を観てきました。 ★★★ うん、なかなか派手で宜しい(上から目線)。 単体で観た時のチェックポイントはVFX映像がもろファンタジーで派手で良い点、だけ。 本来はシェイクスピア監督のケネス・ブラナーが、神話の世界をベースに家族の確執や裏切りと苦悩をファミリー向けの娯楽大作の中でいかに観やすく描いてるかという点が見所のはずなんだ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (17)

SUPER8/スーパーエイト

2011-07-01 | 劇場映画れびゅー
J.J.エイブラムス監督最新作は、スティーブン・スピルバーグのプロデュース作! ちょっと前なら手放しで期待しまくりそうな組み合わせですが、ここ数年スピルバーグが人気監督を起用してプロデュースした映画には時々「えっ?」と思うようなものがあることから、ちょっと構えて『SUPER8/スーパーエイト』を観てきました。 ★★★★★ 噂の『未知との遭遇』+『E.T.』+『グーニーズ』って表現は大きく外れてな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)