そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ソフトバンク iPhone 3Gレビュー その3

2008-09-24 | ケータイ&モバイル
購入してから早くも2ヶ月が経過。 この間に、iPhoneは3度のファームアップで使い勝手が格段に良くなりました。 目立ったところでは、使っている内にどんどん文字入力が重くなって実用レベルじゃなかった部分の改善。 この辺は、先日のOS2.1へのアップグレードでほぼ解消してしまいました。 特にメーラーでの入力。 さっと書いてさっと送信をするのには、これまでのケータイよりもむしろ早く動作が行えるよ . . . 本文を読む
コメント (4)

WANTED/ウォンテッド

2008-09-16 | 劇場映画れびゅー
出産から後、変な噂ばかりが絶えないアンジーも、しっかり女優業はこなしていたようです。 やたらとド派手な場面連続の劇場予告編が、どこの劇場に行っても流れてしっかり目に焼きついていたので、「見せ場は全部予告編でやってた」とボロクソに書く事になりそうな予感をしつつ、『WANTED』を観てきました。 ★★★★ テレビの予告編ではDAIGOの人気に頼ろうとしてますが、劇場版をそのまま流した方が良いのでは? . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (41)

パコと魔法の絵本

2008-09-13 | 劇場映画れびゅー
今俺が一番ハマっている後藤ひろひと原作の舞台劇『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』を、今のとこ最も面白い邦画だと思っている『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。 『嫌われ松子の一生』では原作から大胆なアレンジで違う世界を創造した監督だけに、今回のタイトルの変更に若干の不安も抱きつつ、それでもやっぱり今年一番の期待を胸に『パコと魔法の絵本』を観てきました。 ★★★★★ . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (50)

TOKYO!

2008-09-11 | 劇場映画れびゅー
ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ。 名前が並んでるだけでも興奮が収まらない、独特でファンタジックな世界観で映画を撮る三人の監督達が、東京を舞台としたオムニバス映画を作ったんですよ! てな事は映画好きな人なら知ってるでしょうが、こんな凄い映画がミニシアターでしか上映していないなんて、日本の映画界は終わってませんか? やっと大阪にも上映順がまわってきたので、早速『TOKYO!』を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

シャッター

2008-09-09 | 劇場映画れびゅー
奥菜恵がハリウッドに進出。しかし、何故か怨霊の役。 しかも役名“めぐみ”て、もしかして自暴自棄になってない? ジャパンホラーと奥菜恵自身の断末魔が聞こえそうな予感を胸に『シャッター』を観てきました。 ★ まさに、ジャパンホラーの断末魔が聞こえてきそう。 数々のジャパンホラーがハリウッドに輸出され、向こうに合った設定に変えてリメイクされ、それらはそれなりに評価もされてますが、なんだかんだ結局ジャパ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (7)

『sisters』@シアタードラマシティー

2008-09-01 | ステージれびゅー
もう9月ですが、8月の3本目は『sisters』を23日に鑑賞してました。 松たか子主演の舞台が関西で観れるというところに食いついて予約してみたら、作/演出はこの正月に『ビューティ・クイーン・オブ・リナーン』で二大怪女優の共演を楽しませてくれた長塚圭史。 加えて、昨年から気づいたら出演作を4本も既に観てしまって、今回で5本目となるとまるでプチ追っかけと思われそうな吉田鋼太郎も出演しているじゃない . . . 本文を読む
コメント