そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

犬神家の一族

2006-12-16 | 劇場映画れびゅー
オリジナルはほとんど覚えてませんが、予告編を観る限り現代風にアレンジしてそうで面白そうだった『犬神家の一族』を観てきました。


一言で言うと、「うわっ、面白くない邦画を引いてしまった」

「邦画は苦手」そう思っていたけど、ここ数年の邦画の面白さには目を見張る物がある。
カテゴリーで面白くないと括る偏見は無くなり、劇場で邦画を観る機会も数倍に増えたのに、また面白くない昔の邦画を観せられてしまった。

七回も映画やドラマになり、三十年前の映画を撮った市川崑がわざわざセルフリメイクした意味はどこら辺にあるんだろう。
きっと凌駕する新しい物が観れると期待していたんですが…。

九十歳を過ぎ、いろいろ撮って振り返った時にもう一度撮ってみたかった。
昭和の邦画を代表する巨匠のそんな願望に、角川映画が周年を記念してお付き合いして作った。
そんな印象。

大半がおいしい配役なのに、池内万作みたいに微妙な役者が混ざってるし、やっぱりお付き合い色が強い気がする。



犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

東宝

このアイテムの詳細を見る

コメント (11)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
« 硫黄島からの手紙 | トップ | エラゴン 遺志を継ぐ者 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (たましょく)
2006-12-16 22:33:42
 ども、たましょくです♪

 手厳しいながらも、的確なレビューに
頷かざるえませんでした。んースクリー
ンで石坂金田一が拝めるとゆー歓喜にだ
け先走り、本質的な意味での作品評価を
出来てなかったのかも…。
オリジナル (kossy)
2006-12-16 23:53:42
オリジナルとはどこか違う、新しい脚色があるのかと期待してしまいました。
ほんとに、リメイクする価値はいったいどこにあったのか、これが最大の謎でしたね。
何故今? (ピーヒャラ5656)
2006-12-17 02:26:59
リメイクしたのかはホント謎ですね。
ちょこちょこ変わってる部分はありましたが、目新しいというほどではないし。
でも私は尾上菊之助さんが好きなので、他のことは別にどうでも良いです♪
TBしていきま~す


ギネスもの? (zazatto)
2006-12-17 03:37:34
91歳の監督の作品。これだけでOKにしましょう。
原作本も買いなおして読まねば。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-12-17 09:47:45
原作がシッカリしているのでつまらない事は無いのですが、リメイクした意義をずっと考えていました。
やっぱり角川からのご祝儀みたいなものでしょうかねぇ。
厳しく書きすぎちゃったか (そーれ)
2006-12-17 12:31:50
>たましょくさん
人によって感じ方は違いますよー。
私も特に好きなシリーズや監督の場合のレビューは誰がなんと言おうと面白いと思うし。
以前の007シリーズだって007に思い入れの無い人が観たら漫画にしか観えないと思う(笑)私は好きだけど。

>kossyさん
謎は深まるばかりですよねぇ。
カメオで済むようなちょい役の人たちまでも公式サイトに載せていたりして豪華キャストを強調しているけど、お祭り映画色は感じられなかったし。

>ピーヒャラ5656さん
尾上菊之助にとっては一人二役出来たし、実母とも母子役が出来たし美味しい映画でしたよね。
現代風にすると三姉妹が恥を晒して殴り合いになったり、深田恭子が助手的に付きまとって花を添えるような感じになるのかなぁ。
辛かったの(⊃д⊂) (そーれ)
2006-12-17 12:35:35
>zazattoさん
それを贔屓目に観ていたんですが、眠いし次に予約していた映画がエンドロール中に予告編が始まるのも有って早めに出てお茶でも飲みたい気分になったんですよねぇ。

>ミチさん
前の映画をはっきりとは覚えてなかったんですが、最初から最後まで「見たことある」感がずっと有って、感情の起伏がさっぱり無かったんですよぉ(汗)
きっとご祝儀ですね。
おっしゃる通り! (イエローストーン)
2006-12-22 16:03:43
こんにちは。

リメイクの意義は、やっぱり市川監督がオリジナルの出来に満足していなかったのでしょう。正しくリメイクなんだと思います。
まぁ、角川サイドから30周年記念でなにか撮ってくれといわれ、それなら横溝をやりたいと市川監督が言ってそうです。しかし、では「犬神」でと依頼したのは角川サイドだったようですが。

今回も出来には満足していない市川監督、所詮、監督とはそんなもんなんだと思いますよ。頭の中のイメージと、現実の金や拘束時間、シャク等とのたたかいで。
おっしゃる通り、巨匠の願望だったのだと思います。
いろいろと気になりますね (そーれ)
2006-12-31 20:38:25
>イエローストーンさん
撮り直したいっていうのはどんな監督にもきっと有るんでしょうね。
通常なら“完全版”とか“ディレクターズカット”なんて名前で編集し直したもので我慢するんでしょうけれど。
その願望を実現させてあげた角川も、まさかこんなそっくりなものに仕上がるとは思っても無かったかもしれませんが(笑)
完成品を観るものじゃない (あかん隊)
2007-01-21 22:05:42
今年は、お初です(たぶん)。ご挨拶が遅れてすみません。今年もよろしくお願いします。
自分も本のデザインや制作やりますが、完成品は、怖いのであまりみないようにしています。(^^;)
映画となると、完成品を観ずには居られないのでしょうから、たいへんだな~と思います。
どんなにリメイクを続けても、完璧!なんてあり得ないのでは? 思い出しながら観るだけでしたが、それなりでした。(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

49 トラックバック

犬神家の一族 (何を書くんだろー)
『犬神家の一族』評価 ★★★★★(4.9 監督とキャストへの敬意を込めて)『あらすじ』 信州の大富豪・犬神佐兵衛の永眠によって、犬神家の人々は莫大な遺産が誰に相続されるのか、固唾を飲んで遺言書が読まれる日を待ちわびる。遺言の開封には、一族の者が全 ...
犬神家の一族 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ミステリー&サスペンス  監督:市川崑  出演:石坂浩二      松嶋菜々子      尾上菊之助      富司純子 信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛が永眠した。佐兵衛には腹違いの3人の 娘、松子、竹子、梅子がおりそれぞれに佐清、 ...
犬神家の一族 (映画鑑賞★日記・・・)
『犬神家の一族』公開:2006/12/16(12/16鑑賞)製作国:日本監督:市川崑原作:横溝正史    『犬神家の一族』(角川文庫刊)出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、加藤武イーサン・ハントも走った、ジェ ...
感想/犬神家の一族(試写) (APRIL FOOLS)
御歳91!の市川崑監督セリフリメイク作『犬神家の一族』12月16日公開。信州の大富豪である犬神家の当主が死去。その驚くべき遺言が明かされたのを機に次々と殺人事件が起こる。どうする名探偵・金田一!? 犬神家の一族 オリジナルは1976年というから(もちろん ...
犬神家の一族 (ネタバレ映画館)
ストーリーをよく理解するためには「よく、聞く、事」だ! 
2006年の「犬神家の一族」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
市川崑監督による1976年版「犬神家の一族」のセルフリメイク。主演の石坂浩二が ' 76年版と同じく金田一耕助を演じている。普通、リメイクというと何らかの手が加えられたり、脚本自体(視点を変えて描いた
『犬神家の一族』 (ラムの大通り)
----これって、昔も作られなかった? 確か、同じ市川崑監督だったような気がするけど…。 「そう、いわゆるセルフリメイクってやつだね」 ----それって珍しくない? 「そんなことないよ。 かのヒッチコックだって34年の『暗殺者の家』を 55年に『知りすぎていた男 ...
「犬神家の一族」遺言状に秘められた意図を読めず間違った愛情に走ったミステリー事件 (オールマイティにコメンテート)
「犬神家の一族」は30年前に角川映画第1弾として公開された「犬神家の一族」のリメークした作品で日本最大のミステリーとして豪華キャストが話題である。90歳を越えてなおメガホンを取った市川崑監督も凄いが、30年前の作品をリアルタイムで知らない世代に ...
犬神家の一族 - 日本映画史上最高のミステリー - (jyu STUDIO)
犬神家の一族 30年前のリメイクらしい。 オレはてっきり孫と美雪ちゃんがでてくるものだと…w ジッチャンノナニカケテ! 30年前の映画など見てるはずもなく、 金田一シリーズは初めてだったのですごく楽しみにしていた。 予告編がすごかったから。期待しすぎ ...
映画『犬神家の一族』試写とドラマ『東京タワー』感想 (D.D.のたわごと)
『犬神家の一族』映画試写会見に行ってきました。あと,…もしかして,あの盗作ブログ騒ぎでずっと棚上げ状態?ドラマ『東京タワー オカンと僕とときどきオトン』の感想もちょろっと。
映画「犬神家の一族」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「犬神家の一族」 横溝正史の『犬神家の一族』を、1976年に監督を務めた市川崑がセルフ・リメイク。 オリジナル版は角川映画第一弾として大ヒット。ただ、私の記憶に残っているのは湖から突き出た二本の足というショッキングな映像と、マスクを被った ...
犬神家の一族 (Akira's VOICE)
驚きと新鮮味は弱まったものの, 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わいのある印象を残す。
犬神家の一族 (メルブロ)
犬神家の一族 上映時間 2時間14分 監督 市川崑 出演 石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助[5代目] 富司純子 松坂慶子 評価 5点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 犬神さん家の子供達が、遺産をめぐり血みどろの ...
「犬神家の一族」:神谷町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}おや、こんなところに骨董屋。 {/hiyo_en2/}東京には骨董品店がまだまだたくさんあるのね。 {/kaeru_en4/}30年前の「犬神家の一族」のDVDは置いてないかな。 {/hiyo_en2/}なんでDVDが骨董屋にあるのよ? {/kaeru_en4/}30年前の映画っていやあ、 ...
犬神家の一族 = 日本 (a day on the planet)
  金田一さん、 事件ですよ── 横溝正史の最高傑作。
東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』舞台挨拶@オーチャードホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
            意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年ぶりにセルフリメイクした、横溝正史・原作『犬神家の一族』が12/16の公開に先駆けて、第19回東京国際映 ...
犬神家の一族 (B級パラダイス)
ここ最近ですがDVDにて前作を観ました。今回、リメイクされるということで楽しみにしてたんですがなんとも微妙でしたね・・・。
映画『犬神家の一族』 (健康への長い道)
昨日から公開の映画『犬神家の一族』を自宅近くの映画館で観て参りました。 前々日に予約していたのですが、なんと人生初の整理券番号1番(それがどうした)獵劇場は全席自由なので、自分の座りたい席に座り放題です。もちろん一席しか座れませんが&a ...
よーし、わかった!by加藤武【犬神家の一族】 (犬も歩けばBohにあたる!)
いろんな映画のリメイクを見てきましたが 監督自らセルフ・リメイクってのは珍しいで
【劇場鑑賞139】犬神家の一族 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける 絢爛な一族に起こる骨肉の争い 名探偵金田一耕助登場!
犬神家の一族 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  金田一さん、事件ですよ-   日本映画史上 最高のミステリー       評価:★7点(満点10点) 監督:市川崑 主演:石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子 松坂慶子 萬田久子     ↑人気ブログ ...
「犬神家の一族」 東宝+TBS最後に2連敗 (映画コンサルタント日記)
角川映画の第1回作品として1976年に製作され大ヒットした横溝正史原作ミステリー
犬神家の一族 (eclipse的な独り言)
 今日の休みを利用してみてきました。基本として監督も同じなので、味わいも前作と
「犬神家の一族」試写会&舞台挨拶 (Thanksgiving Day)
イイノホールで行われた、映画「犬神家の一族」の試写会に行ってきました!! 「犬神家の一族」といえば、横溝正史原作で何度も映像化されてる有名作品ですよね・・・とは言ってもぼくは内容をよく知らなかったんですけどね(-_-;) 『昭和23年、信州諏訪の犬神 ...
犬神家の一族 (eclipse的な独り言)
 今日の休みを利用してみてきました。基本として監督も同じなので、味わいも前作と
「佐清!マスクを取って見せておやり!」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
先週の土曜日から一斉公開された映画「犬神家の一族」。今年の1月に「金田一さん事件です!」という記事でこの作品の事を取り上げて以降、一日千秋の思いでその公開を待ち望んでいた。 ***************************** 昭和22年、 ...
【劇場映画】 犬神家の一族 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 信州の製薬王・犬神佐兵衛が亡くなった。血縁関係者が揃った場で公開された遺言状には、3人の孫のいずれかとの結婚を条件に全財産を、佐兵衛の恩人の孫娘・野々宮珠世に譲渡するという内容だった。珠世をめぐる3人の男たちによる争奪戦が繰り広 ...
犬神家の一族(2006年版) (とりつかれた男の独白)
(C)2006「犬神家の一族」製作委員会 信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は、腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残してこの世を去る。巨額の遺産が一族の争いの元凶となる
「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記)  (取手物語~取手より愛をこめて)
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。
不朽の名作サスペンスを楽しむ映画。『犬神家の一族』 (水曜日のシネマ日記)
横溝正史の名作探偵推理小説『犬神家の一族』のリメイク作品です。
『犬神家の一族』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『犬神家の一族』鑑賞レビュー! 金田一さん事件ですよ? 市川崑×石坂浩二という 絶対無比のコラボレーションで あの金田一耕助が帰ってくる! ★review★ 公開から一週間が経ってしまい 遅ればせながら....。 年末の慌ただしさをか ...
犬神家の一族(映画館) (ひるめし。)
金田一さん、事件ですよ――― 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:市川崑 出演者:石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助/富司純子/松坂慶子/萬田久子 時 間: [感想] オリジナル作品は観てません。 だから犯人が誰か知らずに鑑賞~。 てゆーか、オリジナ ...
「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。
「犬神家の一族(2006)」 おかげでトラウマはなくなりました (はらやんの映画徒然草)
ミステリー映画はよく観ますし、推理小説もかなり読みます。 けれども1976年版「
犬神家の一族 (いろいろと)
12月16日より公開してます。 監督 市川 こん 主演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾
真・映画日記『犬神家の一族』〈2006年〉 (CHEAP THRILL)
12月26日(火) 一日雨だった。 つらいったらありゃしない。 おかげで仕事は午後6時40分に終業。 この時間から見れそうなのは有楽座でやっている『犬神家の一族』くらい。 神谷町から日比谷線で銀座に移動。 C1の出口からすぐに有楽座へ。 客入りは2割 ...
犬神家の一族 (八ちゃんの日常空間)
リメイクというよりリバイバルを観ているような不思議な感覚でした。 新解釈とか斬新に作り直してもいいと思うのですが、あまりに忠実すぎます。そう、原作の持つイメージだけでなく、オリジナルの雰囲気そのものです。
映画『犬神家の一族』を観て (KINTYRE’SDIARY)
犬神家の一族(東宝)公式HP上映時間:134分鑑賞日:12月29日 シネフロント(渋谷)監督:市川崑出演:石坂浩二(金田一耕助)、仲代達矢(犬神佐兵衛)、松嶋菜々子(珠世)、富司純子(松子)、松坂慶子(竹子)、萬田久子(梅子)、岸部一徳(寅之助) ...
犬神家の一族 (我想一個人映画美的女人blog)
犬年は過ぎ去ったけど、今年1本目はこの『犬神家の一族』 和風?だし、何となくお正月っぽいからいいかってコトで{/shootingstar/} ご存じ、横溝正史の傑作ミステリー小説を 市川崑監督が30年の月日を経て 主演も同じ石坂浩二でセルフリメイク。 91歳の崑監督、 ...
犬神家の一族 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:市川崑 原作:横溝正史 『犬神家の一族』 脚本:市川崑 日高真也 長田紀生 テーマ曲:大野雄二 昭和22年。犬神家の当主、犬神佐兵衛の遺言に記された莫大な遺産の行方をめぐって繰り広げられる人間模様と、 ...
犬神家の一族 ~ 金田一耕助への郷愁と愛情で溢れる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 金田一耕助への郷愁と愛情で溢れる ~ 1976年に公開された同名作品のリメイク版であるこの作品。 監督・市川崑×金田一・石坂浩二のコンビが復活して、ファンには嬉しい限りだろう。 また、今回の注目はやはり、ヒロイン役として松嶋菜々子が出演してい ...
犬神家の一族 (勝弘ブログ)
http://www.fujitv.co.jp/inugami/映画館にて犬神家の一族微妙だ・・・そもそもこの話って佐清が戦争が終わった後とっとと帰ってくれば事件が起きなかったのでは?かなり後味悪いかも・・・殺人シーンのとき血を流すシーンは必須で
★「犬神家の一族」 (ひらりん的映画ブログ)
今年初・・いや、ひらりん史上初の二日連続2本鑑賞の1本目。 横溝正史原作で、昔テレビシリーズで見た記憶がある。 忠実リメークらしいし・・・映像技術の進歩がどうか・・・というところかなっ。
『犬神家の一族』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
先日弟と映画を観て来たぁぁ~~秊鍊 弟映画観れて嬉しかったわぁ~ん劣 ってほとんどうちの無理矢理な誘いだけど嶺嶺 観た映画はあの有名な 「犬神家の一族」だよぉ~~~鍊 ストーリー 莫大な遺産を ...
犬神家の一族(20061225) (cococo)
なるほど。なるほど。そうだったなぁ、と思い出し、懐かしく観賞。歌舞伎っぽいのは、
犬神家の一族 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『金田一さん、事件ですよ──』  コチラの「犬神家の一族」は、言わずと知れた横溝正史の大ヒットミステリー"金田一耕助"シリーズの映画化です。12/16公開になる市川崑監督のセルフ・リメイクなのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  オリジナルは76年製...
『犬神家の一族』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残して、この世を去る。巨額の遺産が、一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)...
犬神家の一族 (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 月曜日の夜は、「巨匠・市川崑監督追悼緊急特別企画映画」と銘打って、TBS系の月曜ゴールデンで「犬神家の一族」をやっていた。1976年に、やはり市川崑監督によって映画化された作品のリメイク版で、2006年に公開されたものだ。 舞台は信州。大財閥の犬神佐兵衛が死...
犬神家の一族 (Addict allcinema 映画レビュー)
金田一さん、事件ですよ──