お気楽忍者のブログ 弐の巻

ミニカー収集/お魚採取/動植物フォト/行楽記・・・趣味のごった煮ブログ

梅雨はいつから??

2024年06月16日 17時00分00秒 | 日々是是

ジキタリスの花

この週末には近畿地方も梅雨入りするかと思ってましたが、雨だった天気予報が先週中頃に急に変わって、土日は晴れ

梅雨入りは今週中頃から今週末までお預けのようです。。

それにしても暑い日が続いてます。

メダカが産まれ始めました

メダカの卵は積算水温が250℃になると孵化します。水温25℃だと10日、20℃だと12~13日。これから産まれるペースも早くなっていくでしょう。

イシガメさんには絶好の甲羅干し日和🐢

田んぼにカルガモがいました🦆

アオサギ

大きなホールの建物の壁に描かれた忍者。

今日はここで、忍者検定の学科試験と手裏剣実技が行われた様子がローカルニュースで何度も流れてました(笑)

今週末は、息子が地元の友人たちと遊ぶために帰ってきました。

土曜日は、夏物の服が欲しいというので、息子と一緒に買い物に行き、お昼は久しぶりのマクドでした~。

よろしければ、応援クリックお願いします!


にほんブログ村


コンビニおまけ ホンダ タクト

2024年06月16日 08時19分06秒 | 缶コーヒーおまけミニカー

本日はミニカーのお話です。

2009年にLAWSON限定で、缶コーヒー2本に1個に付いてきた『僕らの青春フットワーク! '80s~'90s スクーターコレクション』から、「Honda TACT(タクト)」をご紹介。

1980~1990年代のスクーターを6種集めたアソートでした。

初代タクトが登場したのは1980年で、このモデルは1989年に発売された5代目AF24型タクトですね。

原付にもヘルメット着用義務が課せられたのが1986年で、シート下にヘルメットを収納可能なメットインスペースを設置し、電動でスタンドを立ててくれるモデルでした。

管理人も1980年代後半の学生時代は原付にお世話になってました

よろしければ、応援クリックお願いします!


にほんブログ村


阿育王山 石塔寺にて

2024年06月15日 19時47分09秒 | 行楽・旅行記7

6月8日

滋賀県東近江市にある天台宗 阿育王山 石塔寺(いしどうじ)を訪れました。

石塔寺には、奈良時代前期に建立された三重石塔があり、石造層塔としては日本最古、石造三重塔としては日本最大(高さ7.6m)のものです(重要文化財)。

その三重石塔のある場所から石段を降り、本堂に行ってみます。石段の途中にもたくさんの石塔がありますね。

これらの小さな石塔(五輪塔)や石仏の奉納は、鎌倉時代から始まったそうです。

近江西国三十三箇所 第22番札所、石塔寺の本堂

かつては、一条天皇の勅願寺として隆盛を極め、八十余坊の大伽藍が築かれていたと云われますが、安土桃山時代に織田信長の近江侵攻による焼き討ちで、七堂伽藍、木造建築物、寺宝が全て焼失し、寺は荒廃してしまいます。

本尊は秘仏の聖観音

その後、江戸時代初期に徳川家康の側近の天海大僧正が弟子の行賢に指示して復興させました。

境内はよく整備され、綺麗なお庭がありました。

道の駅 アグリパーク竜王で買い物、東近江で格安海鮮丼を頂き、石塔寺で歴史に触れる・・・。短時間のドライブでしたが盛りだくさんの内容で楽しめました。

おしまい

過去記事<日本最古の石塔とカショーカ王

よろしければ、応援クリックお願いします!


にほんブログ村


TDRトミカ ストームライダー 2012 Ed.

2024年06月15日 00時02分00秒 | ディズニートミカ2

本日はミニカーのお話です。

2011年末に発売された東京ディズニーリゾート限定トミカから、「ストームライダー 2012 Special Edition」をご紹介。

2016年にストームライダーの営業は終了してしまいましたが、巨大なストーム(嵐)を消し去るミッションを行うという気象をテーマにしたライド系アトラクションでしたね。

管理人も過去に乗ったことがあります。

確かアトラクションの建屋内部に大きなストームライダーの模型が上からぶら下がっていたように記憶してます。

ストームライダーは飛行機型の気象観測ラボという設定でした。

寒色系の迷彩柄で、爽やかなカラーリングが素敵。迷彩柄が好きなので気に入ってます

よろしければ、応援クリックお願いします!


にほんブログ村


日本最古の石塔とアショーカ王

2024年06月14日 12時00分00秒 | 行楽・旅行記7

6月8日

滋賀県東近江市の石塔町にやって来ました。

県道46号線八日市蒲生線から目的地に向かう道に折れると、何かよく分かりませんが、顔の石像がありました(謎)

よく整備された道で、屋根付きのステージのような施設もありますね。

その道の突き当りにあるのが、今回の目的地の天台宗阿育王山 石塔寺(いしどうじ)です。

伝承によれば、聖徳太子が近江に48か寺を建立し、最後となる48番目の満願の寺院として建てたのが石塔寺で、本願成就寺と称したと云われます。

受付で拝観料を払い・・・

本堂の裏手の丘へ長い石段を登っていくと・・・

聳える三重石塔(伝 阿育王塔)がありました。

この石塔は奈良時代前期に建立されたもので、石造層塔としては日本最古であり、石造三重塔としては日本最大(高さ7.6m)、国の重要文化財に指定されてます。 

三重石塔の周りにはおよそ1万基の石塔があると言われてます。

平安時代に唐に留学した比叡山の僧 寂照法師は、唐五台山の僧から、「昔、インドの阿育王(あしょかおう、アショーカ王)が仏教隆盛を願って三千世界に撒布した8万4千基の仏舎利塔のうち、2基が日本に飛来していて、1基は琵琶湖の湖中、1基は近江国渡来山の土中にある」と聞きました。

寂照は日本に手紙を送ってこのことを知らせ、それを聞いた一条天皇は勅命を発し、塔の探索を行ったところ、石塔寺の裏山に大きな塚を発見しました。天皇の勅使が掘ってみたところ、この阿育王塔が出土したと伝わってます。

三重石塔の様式は、朝鮮半島の古代の石造物に類似しているそうです。

日本書記に、天智天皇8年、朝鮮の百済からの渡来人700人を近江国蒲生野へ移住させた旨の記述があることから、三重石塔は百済系の渡来人によって建立されたものであるとの見方が一般的だそうです。

残念ながら阿育王塔ではないようですが、まさかこんな所で、紀元前3世紀頃に古代インド マウリヤ朝の王で、仏教を篤く信仰、保護したアショーカ王の伝説に出会えるとは思いませんでした。

つづく

よろしければ、応援クリックお願いします!


にほんブログ村