あじさい物語

七色の紫陽花のような日々の心模様
       

エリカ

2018-12-11 23:54:08 | Weblog
こんばんは。
雨ですね。
昨夜というのか、やるべきことがあり、ひさびさに就寝が二時半。
疲れないわけがないですよね。
帰宅して夕食とって、あれこれしたら、バタンキュー。
おかげで、今は元気。
つい、不摂生をする私、くわばら、くわばら。

お昼に見たエリカのお花。



かわいいなあ。

そして、薔薇。



マーガレットかな?



いいなあ、ほっとします。

おやすみなさい。
コメント

3枚のカレンダー

2018-12-10 23:07:36 | Weblog
こんばんは。

今日はなんだかいい日。

朝、職場に行ったら、私のデスクにカレンダーがおいてあった。
かわいい立てかけるカレンダー。
となりのKさんが「よかったら、どうぞ」って。
ちょうど、仕事の関係でほしいなと思っていたので「うわぁ、ありがとう」といただく。

そして、昼休み。
郵便局へ行ったら、またカレンダーをいただく。

こんな感じ。



これもまたかわいい。

もどってきて「K林さん、今日2回もカレンダーをいただいて3回目ってあるかしらねえ」と言ったら、笑っている。
そのK林さんが「頂き物だけど、食べられないのでお孫さんへどうぞ」とこんなかわいいキャンディを下さる。



「あっ、今度ちょうど行くから持って行くね」と言えば「ちょうど、よかった!」とまた微笑む。

かわいいキャンディを見ながら「3度目のカレンダーでなくて、キャンディ嬉しいな」と言っていたらば・・・

少し経ってから「カレンダーもらったの。よかったら・・・」と言われて・・・
おぉ~今日は結局、3度のカレンダーづくし!
思わず、笑ってしまった。
とても助かる。
ちょっと前は余るほど、もらっていたけど、最近は自分で求めるのよね。
私もそうしなきゃと思っていたけど、今日のカレンダーはどれも素敵。世界の景色とかね。

こんなことが嬉しい。

夜に本当に何十年かぶりに甥っ子に電話すれば、小説を書いていて本を出しているという。
びっくり。とある有名な書店にもあると聞く。
読んでみたいねと話す。

いろんなことがあるなと思う。

あっ、昨日作ったおやつ。



サツマイモをあげてお砂糖をまぶした。
母の味。おいしいです。

また昨日の「西郷どん」なんだか、いろいろ考えて、夜、思い出して・・・切なく・・
こんなに想ったのは初めてかなあ。

母の実家も士族。最も薩摩は侍が多かったと聞く。
でも、母が見せてくれた写真、あの西郷さんのお孫さんってどなただろうと未だにわからない。いつかわかるかな。母と同じ学舎だ。

今の日本を西郷と大久保、志士たちが見ればなんと言うだろうか。
薩摩の武士は打算的ではなくて、ひたむきで、本当に誠実だったと思うのです。
心がきれいだった・・・。

今夜はここらでよかろかい。

おやすみなさい。




コメント

TちゃんとCちゃんの炊いたご飯

2018-12-09 22:44:10 | Weblog
こんばんは。


昨日、室蘭の娘から写真が送ってきた。
これがそうだ。なんだかわかりますか。



そう、ご飯です。

娘が体調を崩していたら、小学校3年生のTちゃんと幼稚園年長のCちゃんがご飯を炊いてくれたそうだ。

嬉しかった!

涙が出そうくらいに。

娘が胃腸炎で苦しいとは知っていたから、すぐに北海道へ行きたい気分だっただけに、Tちゃんたちがご飯を炊いたということがとても嬉しくて、TちゃんとCちゃんを抱きすくめたい思いだった。

思えば、我が子どもたちもよくお手伝いをしたし、私も小学生のときに、台所、庭掃除、お仏壇の花替え、縁側の拭き掃除、玄関掃除などよくやっていた。家の仕事をするのは当たり前だった。
たぶん、多くの方たちがそうだったろうとは思う。

こうして、今のTちゃんとCちゃんが私の娘であり、母であるMを助けてくれたことが本当に嬉しく頼もしい限りだった。


今日のことを記せば・・・

昨日、80歳になったお友達に、メールで(外出していたので)お祝いした。
すると、今日、お電話をいただいた。
あらためてお電話しようと思っていたので、先を越された感じ・・・だったのだけど、体調を崩されていらしたとのこと。 
いろいろな話をきいて、本当に大変だったんだなと思う。
近所の方々がよくしてくださったとのよし。よかった。
普段から彼女がよくお付き合いしているからだと思う。
情けは人のためならず・・・ですね。

そして、お昼にはふるさとのE子さんと久しぶりにお電話で話す。
本当に久しぶり。
いろいろな話に花が咲く。


今夜の「西郷どん」涙、涙だった。
糸との別れ・・史実とは違うかもしれないけど、最後になる7日前に糸は西郷に衣服を届けたときいたことがある・・・。
来週が「敬天愛人」とは・・・。

そうそう、我が家は「子孫に美田を残さず」方式。
母が西郷さんの言葉だとよく言っていた。
思えば、こういうふうに西郷さんは身近にいたんだなと思う。

西郷の思い、大久保、大山県令、島津久光・・・薩摩魂・・・複雑だけど、少なくとも日本を思って日本のあるべき姿を真摯に考えた方たちがいたということは事実だ。

それを受けている今の私たちはどうあるべきだろうか。

今夜はここいらでよかろかい・・・。

おやすみなさい。

コメント

真珠湾攻撃・阿刀田高さんの講演・級友との久しぶりの語らい~Sちゃん8か月の日に~

2018-12-08 21:58:32 | Weblog
こんばんは。
今日8日は真珠湾攻撃か。
新聞のニュースになっているか?
アメリカが仕掛けたという話を聞いたことがあるけど、どこまでがどうなのかわからない。
いずれにしても悲劇の始まりだ。

多くの亡くなられた方のご冥福を祈り、永遠の平和を祈る。
ただ、今でも内戦があるという事実は悲しい、哀しい。先日の安田菜津紀さんのヨルダン、シリアの子どもたち、カンボジアの地雷で両足を失った男性の写真を思い出す。
胸が痛い。

今日はお昼過ぎに、磯子公会堂で催された小説家の阿刀田高さんの講演を聴きに行った。



磯子区の総合庁舎は一度行ったことがあった気がしたのだけど、JRを降りて改札口までの通路にクリスマスのリースがあった。小学生の制作。クリスマスをあえて祝うことを最近はしないのだけど、こういうのをみるとほのぼのとする。こういう演出がにくいなあ。







磯子の街を歩道橋から少し。



阿刀田さんの話、とても楽しかった。

日本語のこと、言葉遊び、先生という呼び方のこと、落語、しゃれなど、ユーモアがあり、飽きさせなくとても有意義だった。

実は創作仲間の友人が彼の添削教室に行き、その模様と作品のことを聞いていたので、ひじょうに興味を持っていた。

壇上に現れた阿刀田さんは穏やかな素敵な紳士と思われ、まずは好感が持てたのだ。
公会堂は多くの人で、ほとんど満席。
こんなに本を読み、読書の好きな方々がいることがいいなあと思った。後ろに座っている方が講演の始まりまでの話(聞こうと思わなくても聞こえてくる)も興味深かった。

講演やいろいろなイベント、できるだけ行きたいなと思ったものだ。知らなかったことを知ることの楽しさ、やっぱりいい。

帰りに思わぬ人に出会った。職場の隣の課の方。挨拶ぐらいのおつきあいの方だったけど、ちょうど私の前の席にいらしたみたい。なにか後ろ姿が似ているなあとは思っていたけど・・・。「あら」とお互いにびっくりして「また、ゆっくりお話しましょう」と。こういう出会いも嬉しい。

講演後、前から約束していたK村さんと会う。
本当に久しぶり。10年ぶりくらいだろうか。
かつて、ともに社会教育指導員をしていた。
右も左もわからず、区ににひとりということで、お互いに情報交換、励ましあって仕事をしてきた方だ。

久々の彼女は一段と若々しく、このあたりは「サイゼリヤしかないのよね」と言われたけど、私は「サイゼリヤ、好きよ。昨日も行ったの」と二人でピザとサラダとフリードリンク。
いろいろな話に花が咲く。気心の知れた友人なればこそ、これまた、とても楽しい充実した時間だった。

今日はSちゃんは8か月。得意げに立ち、伝い歩きも始まったよう。
ロス時代のHちゃんが来られるとのよしで、楽しかったみたい。大学の図書室に行った夫が、帰りにケーキやみかんの差し入れをして、喜ばれたみたい。
よかった。

そうそう、同じくロス時代の友人のYちゃんがテレビのCMに出ていると聞いていたのだけど、今日、初めて見た。台詞もあり、これからの活躍が楽しみだ。

というわけで、今日も充実した一日。
電車から見えた磯子の工場群の煙突からの横に流れる煙・・・何かしら郷愁を誘う。

おやすみなさい。
コメント (2)

今日も充実していたかな

2018-12-07 23:42:42 | Weblog
今日は創作童話の会の「ローズ・チョコレート」

桜木町にショートの作品を持って行く。
今回は私のを「小説ね」と言われたけど、そんな大層なものではない。
ただ、大人目線で書けたから、ひじょうに書きやすかったし、楽しかったとは思う。
Hさんは小説。
登場人物の個性がはっきりしていて、女性ならではの視点でしか書けないような文章もあり、さすがだなあと思う。
作品を前もって送って作品のみの参加のUさんは世の中不思議な出会いがあるものだと思わせられた作品だった。おもしろい。

「ではよいお年を」とお互いに挨拶をして、そのあとちょっとした用事を最寄りの駅の近くですます。
だいたい1時間の用事でした。

そして、今日の予定にはなかったのだけど、急遽決めた映画を夫と待ち合わせてららぽーと横浜に見にいった。

で、感想はというと、う~んと言う感じ。
とても評判のいい映画だったのだけど、生き様があまり見えてこなくて・・・。
ただ、音楽はひじょうにすばらしかったと思う。
だから、いろいろなことを知っている人は感動したと思うけど、映画そのものだけでは私にはものたらなかった・・・。
音楽映画と思えば最高だったとは思うけどね。
高校生の時に見たエルビスオンステージをなぜか思い出してしまった。

で、遅めの夕食を近くのサイゼリヤでとる。

夫はとにかくワインが好き。
息子には申し訳なかったけど、ららぽーとに車で来てくれて、でも、息子は自分の用事ができずに・・・結局、ともに食事。
息子には感謝。

私は久々のパスタがおいしかった。

そうだ、お昼はHさんとお寿司だったなあ。贅沢な和食でした。

というわけで、今夜はおやすみなさい。

明日は磯子へ行きます。



コメント

昨日の薔薇の花と「オロロン飛ぶ島」越智道子さん作

2018-12-06 21:32:52 | Weblog
こんばんは。
今日は冷たい雨。
でも、私にとっては4日間の仕事が終わった日。
今週も頑張りました。ビルを出るときの爽快感。雨もやんでいました。

昨日見た薔薇の花。







薔薇って5月とばかり思っていたのだけど、秋にも咲くの?
実際咲いていますものね。

明日はその薔薇からとった「ローズ・チョコレート」の日。
作品を持って行かなきゃ。

そして、昨日は室蘭の長女からラインで「小学校の図書室にあった!」と。



そう、越智道子さんの絵本です。
舞台は天売島。

今のペンネームは「有島希音(ありしまきおん)」さん。

「それでも人のつもりかな」を岩崎書店から出版しました。
この本もすごくよかった!



越智さん・・・おっとと有島さんはとても素敵な方です。話がおもしろい。
彼女の人生の選択がとてもドラマティックでそれが楽しい。

魅力的な創作の友達です。

だから、長女が図書室から借りてきたことがとても嬉しかった。
偶然にも室蘭工大で、文学の講師をしていたし、Tちゃんが生まれたときに「いないいないばあ」などの本を下さったのです。

どこで、どんなご縁があるかわからないですね。

こういう出会いに感謝です。

おやすみなさい。


コメント

空が美しすぎて

2018-12-05 12:46:37 | Weblog
今、空が美しすぎて・・・。



お昼休み。

くすのき広場で、ゆったり。

JRの電車の音。


ボォーとするこんな時間が、大事。

歌も詠める。
創作も考えられる。

貴重。


まもなく、昼からの仕事が始まります。

また、がんばろう!

あっ、目の前を鳩が通り過ぎた。

かわいい雀も・・・。

いいなあ、こんな時間。

コメント

秋のしるし~薔薇・銀杏・彼我庭園・講演会~

2018-12-04 20:19:00 | Weblog
こんばんは。

今日の薔薇の花。



下を見るとこんなプレートが。



横浜でしょ。


昨日気になった銀杏通りに行ったけど、まだ、こんな感じだった。




その中の1本を見上げた。雄々しい。



横浜スタジアムの一部。どっちかというとお空がきれいだったの。



そして、昨日アップした今日12月4日の彼我庭園(ひがていえん)




ひらひらと銀杏の葉が舞い降りてきた。

一枚拾って手帳にはさんだ。

秋のしるし。



小さいお花は今年の6月から手帳にある。
室蘭のTちゃんの小学校の運動会で落ちていた花びらを手帳にはさんでおいたの。

ジャカランダのような小さな花びらで、思わず拾った。

今日は、午後から講演を聴きにいった。
フォトジャーナリスト安田菜津紀さんのカンボジア、シリア、ヨルダン、陸前高田市の話。
正直、安田さんを私は知らなかった。
なんでも、サンデーモーニングに出ているらしい。

カンボジアか・・・。
行ったけど、あの国のある女の子の目が忘れられなかった。
今日の話は、自分の知らないことがたくさんあり、涙が出てくる。
それぞれに自分の役割がある。
若い彼女を応援したい。
そして、私たちもまた彼女の写真から平和とは・・・と考えていきたい。
平和な世界をと思う。

おやすみなさい。
コメント

横浜公園の秋などを

2018-12-03 21:22:55 | Weblog
こんばんは。
お昼休みに散歩。
横浜市の花は薔薇。

ちょっと元気がないのかなあ・・・。でも、淡いピンクできれい。




この黄色い薔薇にはなぜか元気をもらう。
上を向いているから?



そして、やっと銀杏が黄色くなってきた。
どうなるかと思っていたけど。



この前行った銀杏通りはまだだったけど、今はどうかしら?

11月26日のお昼休みに行った横浜公園。









岩亀楼の石灯籠。





秋ですねえ。

今日、職場の若い男性が食べきれないからとチョコレートを下さった。
私、一人で食べるのが申し訳なくて、ちょうど女性たちの分あったので、お裾分けしたの。
でも、あとで考えたの。
彼の厚意を無にしたのかなってね。

ありがとうとはもちろん言ったのだけど、彼は私にくださったのよねえ。
みんないたのにね。

彼の思いもあっただろうから、かえって申し訳なさを感じた。

なんか、ひとりよがりで、行動してしまうことがあるけど、もう少し考えた方がよかったかな。

ごめんなさいです。

というわけで、今夜はここいらで・・・

おやすみなさい。



コメント

気力

2018-12-02 21:06:48 | Weblog
こんばんは。

「西郷どん」を見ました。

西郷と大久保・・・本当に切ない。

同じ薩摩人同士での戦いは辛い。
「シサツ」は、「刺殺」ではなくて、「視察」の意味ではなかったかという説もあるらしいのだけど、本当はどうだったのでしょうか。

倒幕を目指しての西郷と大久保、あの頃がよかったのか・・・。

いずれも先の日本のことを考えた両者・・・それぞれに重きを置くところがちがったのか。
西郷は人情を、人を大切にした・・大久保も広い意味ではそうだろうけど。

あと2回の放送です。

今日は私はお疲れモード。
本当にこれで大丈夫だろうかと思う。

U木さんから作品が送られてきたけど、うまい。小説だ。
私と言えば・・・今、書く気力がない。
認めたくないけどね。

娘が持ってきたチラシは、柳田邦男さんの絵本についての話。
いつぞや、彼の講演をきいて、サインをもらったっけ・・・。

書きたいから、みんな書くのよねえ。

書く気力がなければ書かなくてよし・・でしょう。

というわけで、今夜はここいらで・・・。

おやすみなさい。








コメント