……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

信州・小谷村 鎌 池へ・・・・・・!

2019年11月12日 | まち歩き
  11月中旬に入り、長野の最低気温は、マイナスを記録するようになりました。



  コタツはいち早く出してあるのですが、いよいよ石油ストーブの出番になりました。



  今朝も、情報番組を観ていますと、安倍総理主催「桜を見る会」での税金使用で話題になっていて、個人的なイベントに何故公金を平然と使用するのか、その神経が不思議で仕方ありません。



  そんなに金余りがあるのでしたら、今回のような河川の決壊や氾濫などの災害に遭わない国造りをしっかりして欲しいと、そんな思いです。



  こう云った公金使用の監査をしっかりしてくれる国税局査察部以外の組織を創設して貰って、そこらへんに目をひからせているようにして貰いたいと思います。



  まあ、日本丸の進むべき舵取りをしている総理大臣がこれでは、情けなくなるばかりか、末端の我々庶民を馬鹿にしているような感じもして、腹立たしくなります。




  さて、今日の写真ですが、前回の「大町・霊松寺」の紅葉フォト取材のあとに行きました「小谷村・鎌池」(おたりむら・かまいけ)の様子をご紹介したいと思います。



  先輩カメラマンさんの案内で連れて行って貰いましたので、自分は初めて行きました。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7




  段々と目的地・鎌池に近付くにつれ、道路幅が狭くカーブも多く、おまけに片側には奥深いような谷底が拡がっていて、高所恐怖症ですのでクルマに乗っていても、落ち着かない気分で、行きました。



  正直、恐らく二度とは行きたくないような道中でした。(笑)



  で、目的地の「鎌 池」に到着。



  駐車場には愛知県ナンバーのクルマが2台停まっていて、結構県外からも来るのか ・・・・・・、と思いながら鎌池のほとりへ。



  そして、撮ってみた画像がこれでした。




photo 8




  木々に葉が殆んどありません。紅葉は完全に終わっていました。



  で、先輩カメラマンさんが一言、「池さん、わりいなァ~~!」と。



  これでは、信州・小谷村の鎌池の紹介になりませんので、折角、途中撮った画像も諦めて、全てボツにしようと思ったのですが、昨日WEBでこの「鎌池」を検索している中で、Youtubeで、ここを数年前に動画で撮られたカメラマンさんがいらっしゃったので、投稿者のお名前を見たら、幸いにも友人の方でしたので、夕べ慌ててTELして、この動画の使用を了解して貰えましたので、それをご紹介させていただきます。




   紅葉が真っ盛り小谷村の鎌池




  この鎌池は、これだけ綺麗な紅葉を見せてくれていたとは、驚きでした。



  この動画提供者の尾上春幸さんは、フリーカメラマンをなさっていて、地元信州をメインに動画やスチル画をお撮りになられて、凄く活躍なさっていらっしゃいます。



  夕べもTELで話した時に、「池さん、私のHPやfacebookを見てから、出掛けたら良かったのに・・・・・・!」と言われてしまいましたが、全くその通りで、彼は信州をテリトリーにして数々の場所を撮られていますので、桜の季節、新緑の季節、紅葉の季節など、いち早く取材に行かれていますので、今回はそれの確認不足でちょっと失敗でした。




  この春の桜の季節でも、小布施町の山王橋近くのハナモモや八重桜を撮りに行った折りにも、お逢いしたばかりでしたが、ちょっとミステイクでした。




  で、このフリーカメラマンの尾上春幸さんのご活躍は、東京キー局からの映像使用のオファーがあったりしていますので、今回、鎌池の動画を無料で使わせて貰いましたが、有り難いと思っています。





  彼のYoutubeをご覧いただければ分かりますが、外国人からも沢山のメッセージがあり、彼の画像をご覧になって、日本に来られると云った、現象も起きているようです。




  私なんぞは、同じ信州でも、長野市近在の画像紹介だけですが、彼の映像は、グローバル的な全世界に信州を発信していて、このようなカメラマンさんと友達付き合いが出来る私は、有り難いと思っています。





  このフリーカメラマンの尾上春幸さんのホームページは、「onoue photo salon 信州の四季」と打ち込んで、検索をしてみてください。




 








コメント (7)

信州・大町の霊松寺へ紅葉を・・・・・・!(追加画像も!)

2019年11月09日 | まち歩き
  寒くなって来ましたネ!



  長野県は、ここ急に交通死亡事故が増えていて、クルマ運転の注意をラジオでも呼び掛けています。



  こちらも紅葉シーズンにもなって来た折り、もし県外から信州にお越しになられた場合は、事故などに巻き込まれないような十分にご注意いただく運転をなさっていただきたいと思います。



  それにしても、先程のニュースで観ましたが、大阪でまた護送中の犯人に逃亡を図られたとか・・・・・・。大阪地検の失態がここ連続していますので、今後もメディアでの恰好な案件になってくると思います。



  先頃も、ある若者が走行中の女性運転のクルマの前に突然現れて、そのクルマのフロントガラスを一瞬で割った事件がありました。ドライブレコーダーの映像がモロ顔出しでTVでも流れて、それが決め手となり、その若者は逮捕されたようでした。



  だが、その後のニュースでは、その被告人は地検で不起訴処分になったと、また、その処分理由や被告人の認否を明らかにしていない・・・・・・、と、そんな報道をしていました。



  これは、「なんで・・・?」と云って検察庁に疑問を持ちたくなります。確かに、世間に向けて公表出来ない事情があるにしろ、そこら辺はプライベート絡みであるのは世間でも薄々感じていると思います。



  もっとも、今回車のフロントガラスを割られた女性には、地検の方から被害者が納得出来る説明があると思いますが、それが無かったら、その女性の壊され損で終わってしまい、そんな馬鹿げた話しは、人情的にも許されないと思います。



  もし、こんなことがまかり通るようでしたら、日本の治安国家としての安全安心神話は、必然的に消えてしまい、犯罪者への温床がはびこり、犯罪極楽か犯罪天国か知りませんが、そんな日本になってしまうと思います。



  大体、常々感じているのですが、日本の犯罪者に対しての、罰量刑が軽過ぎると思います。



  ちょっと、興奮し過ぎて、血圧が上がるといけませんので、今日の写真のご紹介をしたいと思います。





  信州・大町にある「曹洞宗・霊松寺(れいしょうじ)」へ、紅葉を見に行ってきました。



  この経緯をお話ししますと長くなりますので、止めておきますが、4年振りに行ってみました。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8




  ご紹介しましたように、この霊松寺は、道路からちょっと下がっていますので、その道路から全体を上から撮れますし、下って本堂に近付いても、色んな紅葉が見れて、最高なお寺さんになっています。



  駐車場も、十数台が停められたり、本堂裏手にも十数台が駐車出来るようになっています。



  でも、4年振りに行って驚いたのは、この日は一昨日の11月 7日(木)でしたが、大型観光バスが3台とマイクロバス2台が駐車場に停まっていました。




photo 9




  この大町の霊松寺へは、まだ二度目でしたが、その当時はもうちょっと空いていた記憶があるのですが、最近は紅葉の人気スポットになっているようです。



  ひょんなことで、この霊松寺へ行くことになりましたが、そこそこ時期的にもタイミングが良かったと思いました。



  もっとも、ここの山門前に、樹齢何年だか分かりませんが、見上げるくらいの大きな黄色の銀杏の木があり、これも見応えがあります。



  こちら長野も、徐々に里の方へ紅葉も降りて来てくれていますので、天気予報と相談しながら、せっせと神社仏閣狙いで、通いたいと思っています。



  もみじ紅葉は、逆光狙いで・・・・・・、と聞きますが、太陽の光を受けて透けたもみじの紅色は自分は好きですが、構図によってそればかりでは面白みもないと思うので、多方面から覗いて見たいと思います。



  なんせ、本業のビデオ撮影は、イベント撮影がメインにしていましたので、風景写真やネイチャーフォトとは縁遠く、勉強しながら、blogお仲間の皆様の素晴らしい画像を見習いながら、そのレベルに少しでも追い付けられるように努力したいと思います。



  今後も、つたない風景画像が続くと思いますが、「これじゃァ~~~!」とそっぽを向かわれませんように、お立ち寄りを宜しくお願い申し上げます。





  (追加)ブロ友さんから、霊松寺・本堂を・・・・・・、とリクエストを頂戴したもので、画像を追加致しました。



  ご覧いただけばお分かり頂けるのですが、目障りな木を入れて本堂を撮ってしまいましたので、失敗画像でボツにしていました。



  もう少し、正面狙いか、左側に寄って撮ったら、もうちょっとマシな画像になっていたと思います。



  これが、私の実力です・・・・・・!



photo 10     霊松寺・本堂






  そう云えば、明日から大相撲の令和元年納めの九州場所が始まりますネ!



  こちら長野県出身力士、関脇・御嶽海の大関取りになるかどうかの、大切な場所になります。



  日々精一杯頑張って貰えば、結果は自ずと付いてくると思います。



  御嶽海、ガンバレよォ~~~~~‼











コメント (10)

信州・長野 善光寺さんの境内に佛足跡が・・・・・・!

2019年11月06日 | まち歩き
  案の定、朝は寒くなって来ましたネ・・・・・・!



  ここ信州でも中信地方の諏訪地域では薄氷が・・・・・・、と云う話しも聞きます。



  皆様も風邪などにはお気を付けいただきたいと思います。自分は先月中にインフルエンザの注射を打って貰ってあります。



  今シーズンの冬はどうなるのでしょうか? 今年の初めは雪が少なく、雪掻きも確か1~2回くらいで済んでしまった気もします。



  ある程度、冬に雪が少ないと、夏から秋にかけて大雨になる、そんな傾向もあるのではないか・・・、そんな勝手な気もしています。



  今朝も、有り難いことに先輩カメラマンさんからTELを貰い「池さん、落ち着いたら紅葉撮りに行くぜ!」とお誘いをいただきました。



  でも「今年の紅葉はキレイな色になっていないようだ!」とも付け加えられました。



  10月12日(土)以降のイベントが殆んど中止になり、ネタ不足になっていますので、せっせと出掛けたいと思います。


  
  この先輩カメラマンさんは、アマチュアですが、私より素晴らしい写真を撮られる方で、地元のフォト・コンなどにも入選している常連さんで、地元紙の紙面を飾る実績や実力は十分あり、それでも冗談交じりに「また、池さんに教えて貰わなければ・・・・・・!」と有り難い言葉を投げ掛けてくれています。(笑)



  さて、今日の写真ですが、長野・善光寺さんへの参拝に行った最終章です。



  たまたま雨が降ってきた中ですが、大勢の団体さんの観光客がいらしたので、傘の色合いを狙って・・・・・・、と思い、追っ掛け的な撮りをしてみました。




photo 1   大勧進・護摩堂前


photo 2   山門前境内


photo 3   山  門




  善光寺の大勧進・護摩堂の建物前を山門前に向かって歩かれる団体さんですが、思えば傘の色は旅行代理店さんが用意した傘ですので、決まりきっている色合いの感じで、ちょっと残念でした。



  で、山門通路に、このような案内がありましたので、雨も小降りになってきましたので、それならば・・・・・・と云う事で、この佛足跡を撮って来ました。




photo 4


photo 5  佛足跡石碑


photo 6   佛足跡




  その後、まだ紅葉は早いと思ったのですが、善光寺さんの鐘楼近くの東庭園へ向かい、赤い葉を探してみました。



photo 7  善光寺・東庭園


photo 8




  そうすると、結婚式の前撮りだと思いますが、和装の素敵なカップルさんがいらっしゃったので、ついついカメラを向けていました。



  新婦さんのお色打掛の朱色は、とても眩しい感じで目に入って来ました。



  この善光寺さんを背景に前撮りなどを行なっているのは、善光寺・大本願などで挙式をなさるカップルが多いと聞きます。



  また、そのご披露宴は、直ぐ近くにあるTHE FUJIYA GOHONJIN(藤屋御本陣)さんで・・・、と思います。



  このTHE FUJIYA GOHONJIN(藤屋御本陣)さんの女性カメラマンさんは、素敵なツーショットを撮られることで、有名になっています。




photo 9


photo 10   善光寺・本堂




  そして、いつもの通り、国宝・善光寺さんの奥行きが撮れる東側から、本堂を狙ってきました。



  今回の善光寺参拝は、途中から雨になりましたが、普段は見れない現象が撮れたり、大勢な団体さんをお見掛け出来たり、結構な収穫があったような気がしています。



  毎度、地元愛を前面に押し出してご紹介しているblogですが、観光県としての信州在住ですので、その辺はご容赦を宜しくお願い申し上げます。

  








コメント (12)

信州・長野 善光寺で雨が降ったから・・・・・・!

2019年11月03日 | まち歩き
  今日11月 3日(日)は、文化の日ですね!



  秋の文化勲章を贈る叙勲受章者を政府が発表したとありますが、大綬章や重光章を受けられる皆さまは、錚々(そうそう)たる肩書きをお持ちの方々で、残念ですが自分には生涯廻って来ない勲章だと諦めています。(笑)



  でも、このblogを続けて、地元・長野市を中心に近在のイベントや季節の移り変わる風景などの画像を地道に繰り返しご紹介していれば、ひょっとして県外居住者の皆様も一人でも多く信州へ行ってみよう・・・・・・、と云った可能性もあると思い、勲章は別として、もしかしたら長野市長か長野県知事から間違いで感謝状の一枚でも・・・・・・、と夢みたいなことを考えながら、頑張っている次第です。(笑)



  まあ、お陰様でgoo blogのお仲間の皆様も、結構信州に足をお運び頂いていますので、有り難いと思っています。これからも宜しくお願い申し上げます。



  ですので、今日はとっておきの話題を・・・・・・と思います。





  それらの画像ですが、先頃からの国宝・善光寺さんへの参拝の様子の続編としてご紹介したいと思います。



  前回でもちょっとご紹介しましたが、善光寺本堂前に行きましたら、幸か不幸か雨が降ってくれたお陰で、その姿を見ることが出来た現象もご覧いただきたいと思います。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5




  今は、七五三のシーズンでもあり、多くのお子様連れのご家族がいらっしゃっていましたが、雨が降っているので、屋根付きの善光寺本堂の廻り廊下で、お母さんがお子様に向けて、スマホでその可愛い姿を撮っていました。



  見ていましたら、最近のお子様は、母親の言う通りに、ちゃんとモデルっぽくポーズをとるので、時代の流れが根本的に違うんだと感じました。



  自分が子供の頃、周りに人がいるところで、親父に写真を撮って貰ったことがありますが、それが苦手で、笑顔なんてほど遠く、今でも自分のアルバムを見ると笑っちゃいます。



  で、ちょっと本堂前の境内に目をやると、和服姿のお嬢さんが・・・・・・、




photo 6




  インスタ用の写真か何か分かりませんが、小雨の中、女流カメラマンさんも何枚も撮られていて、液晶画像を確認しながら、二人で楽しく笑っていました。



  そして、本堂前の大香炉も小降りになったのか人だかりが増えて来ました。




photo 7




  で、数年前友人から情報を貰っていた「雨が降って地面が濡れていたら・・・・・・!」を思い出して、その現象を撮ってみました。



  それが、こちらです。




photo 8




  善光寺さんへ参拝なさった方でしたらお分かり頂けると思いますが、山門横と大勧進入口橋のところに蓮池があり、善光寺さんを象徴するかのような蓮の花が、善光寺・授与所の前に、現れます。



  この地面の蓮の花の模様は、晴れていると全く見れません。



  どういった仕様になっているのか不明ですが、雨の神様が天から連れて来られたのかも知れません。



  雨も小降りになったり、多少強くなったりしていましたが、先程の大香炉にも傘を差さない参拝者さんも・・・・・・。




photo 9




  そして、善光寺本堂に向かって左側(大勧進・護摩堂)前が騒がしかったので見たら、大勢の観光客の皆さんが団体でいらっしゃいました。



photo 10




  また雨も強くなって来ましたが、多くの色合いの傘があるだろうと思って、ちょっと追っ掛けをしてみました。



  カラフルな色合いが見れるとどんな画像になるか、楽しみ半分でした。



  で、この続きは、また次回にご紹介したいと思います。









コメント (14)

信州・長野 善光寺山門に向かって・・・・・・!

2019年11月01日 | まち歩き
  今年のカレンダーも残り2枚になりました。



  今朝も寒く周りの山々が霞んで見えるくらいの霧もやが覆っていて、晩秋になって来たと、そんな感じがひしひしと伝わって来ます。



  こちら信州の紅葉も、標高の高い所では先月中旬頃から紅く染まっている様ですが、里の方はそろそろかと思っています。



  だが、例年でしたら地元新聞に「紅葉だより」の紹介があるのですが、今年はひょんなことで他社の新聞に切り替えたもので、過去に自分が撮って来た日にちをデータとして集めて、それを元に動こうかと思います。



  また、撮りの現場に行きますと、あちらこちらから撮影に来られているカメラマンさんがいらっしゃいますので、その方達との交流で、あそこの紅葉はどうですか?などと情報交換して、出掛けようと思っています。



  でも、今年の紅葉は全体的に遅いとか・・・、そんな噂を聞きますが、どうなんでしょうネ?





  さて、今日の写真は、長野・善光寺さんへの続編で、仁王門をくぐって仲見世通りの途中にあります世尊院釈迦堂へ参拝して、そこから山門に向かう道のりをご紹介したいと思います。



  まずは、その世尊院釈迦堂ですが、私がこの釈迦堂をいつもご紹介しますのは、ちょっとした訳があり、善光寺さんへの参拝時は、この釈迦堂から始まります。




photo 1   平成27年・世尊院釈迦堂前の回向柱(善光寺御開帳時)




  上の画像は、4年前の平成27年の「善光寺御開帳」時の釈迦堂前に建立された回向柱ですが、何度もご説明を加えて申し訳ないのですが、この回向柱は我が松代町から奉納していますので、この釈迦堂もより愛着心が強くなっています。




  で、今回に戻りますと・・・・・・、




photo 2   世尊院釈迦堂


photo 3


photo 4




  この世尊院釈迦堂を参拝して、また仲見世通りへ戻り、そこから山門へ向かいます。



photo 5   仲見世通りと奥は山 門


photo 6


photo 7   濡れ仏と六地蔵


photo 8   山  門




  そして、山門をくぐる前に、参道左側にある大本願への入り口にある表大門をささっと撮って、山門通路へ駆け込みました。



  雨があたって来ました。



  で、雨宿りしながら、鳩字額の絵馬を撮って、授与所へ入り、そこから山門裏手をバックに雨の様子を撮ってみました。




photo 9   大勧進・表大門


photo 10   善光寺鳩字額・絵馬


photo 11   山門裏手側



  この日の天気予報では、一日曇りでしたが、駐車場へクルマを停めて少し歩き始めたら、空が暗っぽくなってきたので、一度クルマに引き返して、傘を持ち出して、再度善光寺に向かいました。



  まあ、この傘が結構役に立ち、小雨でしたら撮影も出来ますので、大助かりしました。



  また、雨が降った日にしか見れない現象が善光寺本堂前の境内にありますので、それも撮れて、半分以上、この雨に感謝するようになりました。



  この雨の降った日の現象は、次回のblogでご紹介したいと思います。



  もっとも、興味のない方にしてみれば、「ふ~~ん!」と云った感じかも知れませんが、善光寺ファンの参拝者さんにしてみれば、ちょっと洒落た現象ですので、今度は雨の日を狙って、善光寺さんへ参拝に行ってみよう・・・・・・、となるかもです。(笑)










コメント (8)