…… 池 千之助   信州ありふれた写真 ……。

信州・長野県(主に長野市近在)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただいた皆様に、幸あれ~~!

お遊びで撮った画像を………!

2022年01月15日 | まち歩き

  新年を迎えて、1月も早や半月が過ぎようとしています。

 

 

  昨日14日(金)は、一昨日から各地で降り始めた雪で、こちら長野でも、市街地は約20センチ、こちら南部地域でも15センチの積雪がありました。

 

 

  水分を含んでいた雪質でしたので、雪かきが思いのほか力仕事で、高齢者にとっての作業は、大変だったようでした。(私は、近所の若者達が早朝より雪かきをしてくれたので、大助かりでした。)

 

 

 

  さて、今日の話題は、以前、お遊びで撮ってみた画像をご紹介させていただきます。

 

 

  何年か前でしたが、ブログお仲間の画像を見ていたら、「これ、どうやって撮ったの?」と云ったのが目に留まり、色々調べて、自分も挑戦出来たらと考え、国宝善光寺さんの山門を被写体に決めて、そんなところから撮って見たら、何故か面白くてなってきて、長野「善光寺・灯明まつり」時に行っては、遊びがてら撮っていました。

 

 

  まずは、最初に撮った画像です。

 

photo  stock   1

2013年2月9日撮影

photo  stock   2

2015年2月7日撮影

 

  以上は、撮影中にズームレンズを動かしただけで、残像的な光線を残してみました。

 

 

  そして、次に挑戦したのは、初心者向けの多重露光で画像を重ねてみました。

 

photo  stock   3

2016年2月11日撮影

 

photo  stock   4

2017年2月14日撮影

 

  そして、長野駅の太い柱に飾られた真田家家紋の六文銭提灯(ちょうちん)を二重撮りにも挑戦してみました。

 

photo  stock   5

2017年2月16日撮影

 

  この六文銭の提灯は、予想以上に上手く撮れました。

  なんせ、シャッターボタンを押している間は、ミラーが落ちていて、ファインダー内は何も見えません。レンズのズームは勘だけが頼りの撮りでした。

  当然、善光寺・山門の撮りも同様で、一発撮りの画像です。

 

 

  で、その後も、二段ズームや三段ズームの撮りに挑戦してみました。

 

photo  stock   6

photo  stock   7

2020年2月8日撮影

 

  先程も記しましたが、レンズのズームアップは全くの勘で動かしています。

 

 

  なお、この善光寺さんの山門を被写体に選んだ理由は、撮影が夜の暗い時になり、この山門ですと、三脚を端の方に立てていても、一般参拝者の皆さんの邪魔にならず、安全性が確保できることにありました。

 

 

  なんせ、初心者の域を脱していませんので、この程度の画像で喜んでいる訳です。(笑)

 

 

  そして、こちらはAdobe Photoshopで編集したものです。

 

photo  stock   8

2019年7月28日撮影

 

 

  昨年は、怪我をしてカメラが持てなくなったり、新コロナの影響で、フォト取材には殆んど行けず、残念な年になってしまいましたが、今年は延期になっていたイベントなども行なわれそうですので、撮影を忘れた「せんちゃん」にならないように頑張りたいと思っています。

 

 

  もっとも、ここ全国的にも新コロナ感染者が急増していて、不安要素しか見当たらないのでしょうか?

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

blog URLを「仮名(かな)」で置き換えると………!

2022年01月09日 | ブログ

  新年を迎え、三が日もあっと言う間に過ぎ、仕事始めになったものの、なかなか従来の軌道に乗らない方々も多くいらっしゃるのでは………、と思います。

 

 

  おまけに、新型コロナ感染者も、全国的は勿論、こちら長野県でも一昨々日57人、一昨日45人、昨日111人と増加の一途をたどっているようで、オミクロン株なんて云う、訳のわからないウイルスも出て来て、なかなか収束への道は、険しい感じもしています。

 

 

  ブースター接種で3回目のワクチンを打っても、また数か月後に、それの効果が薄れて来て、更に感染者が増えてきたら、4回目の接種を………、と云う事も視野に入っていくのでしょうかネ?

 

 

  万が一、これが永遠に続いたら、マスク着用無しの生活はなくならなくなってしまうのでしょうか………?

 

 

  特に、明日は成人式を控えていましたので、感染者の多い自治体では、急に中止や延期とか発表されて、楽しみにしていた若者達には、ショックだったと懸念しています………。

 

 

  正月三が日が、スカッと晴れた日になったように、明るい兆しのニュースに期待を込めたいと思います。

 

 

 

 

  さて、今日の話題は、寒さが続いていて、コタツ当番が多いので、インターネット画面を見ながら、面白い思い付きを考えてみました。

 

 

  goo blog お仲間の皆さまは、ブログを始める際に、「ブログ・タイトル」や「ブログURL」をご自身がお考えられてお決めになられたと思います。

 

 

  私も、当然皆さまと同様な手順で、ブログ開設を致しました。

 

 

  特に、ブログURLは、数字とアルファベットを組み合わせる方が殆んどだと思うのですが、中には、アルファベットだけ、または数字だけの方もお見受けします。

 

 

  また、文字数も、私がフォローさせていただいているブロガーさんで、一番多いのが23文字数や、21文字数の方がいらっしゃいます。私は16文字数ですので、5~7文字が多く、逆に少ない文字数を調べましたら、3~4文字数のブロガーさんもいらっしゃいます。

 

 

  で、今になって考えてみれば、私のブログ・タイトル「池 千之助」の名前はいいのですが、ブログURLは失敗だったと感じています。

 

 

  まずは、こんな図解画像をご覧いただきたいと思います。

 

 

  上図でお示ししましたように、私のブログURLは、ローマ字読みですと「ネセキ・エクソン」と読めるのですが、なんか訳のわからない読み方になっていて、「池 千之助のブログ」とのつながりイメージが全くありません。

 

 

  一応、これでも本人は考えた挙句の選択だったのですが………、(笑)

 

 

  例えば、私もフォローしている同じ信州人の「へそまがり姫 あっちこっち」さんのURLは「hesomagarihime」となっていて、ブログ・タイトルと連携していて、イメージもピッタリ合っていると思います。

 

 

  まあ、今さら自分のURLは、変更する訳にもいかず、私個人の独断と偏見で申し訳ありませんが、goo blog お仲間の皆さまのブログURLのローマ字読みを色々と拝見しているうちに、これを日本語の仮名(かな)読みに置き換えてみたら面白いのでは………、と思い、さっそく調べてみました。

 

 

  すると、羨ましいくらい、素敵なイメージが浮かんで来たブロガーさんが目に留まりましたので、それをご紹介させていただこうと思いました。

 

 

  まあ、あくまでも私の独断と偏見ですので、ご了承をお願い申し上げます。

 

 

  まず、素敵な雰囲気を感じさせていただいているのが……………、

 

     ミカンの花咲く丘 さん、

    ②空、浮雲 さん、

    ③越後美人 夏子 さん、

    ④不思議なマリモ さん、

    ⑤雲の行方 さん、

    ⑥なずな 野の花 さん、

    ⑦そよ風せせらぎ さん、

    ⑧水車アルバム さん、

    ⑨花水木 さん、

    ⑩ペチュニア さん、

    ⑪陽炎(かげろう) さん、

    ⑫温かな花 さん、

    ⑬行く行くコスモ(スポーツ=マツダの車?) さん、

    ⑭武蔵紅葉(むさしもみじ) さん、

    ⑮サマーワイン さん、

    ⑯迷宮老人 さん、

    ⑰北天使(きたてんし) さん、

    ⑱イソップ(物語) さん、

    ⑲秋桜(コスモス) さん、

    ⑳コーヒータイム さん、   (順不同での記載です。)

 

 

  この他にも、アイディアが素敵で楽しめるのが……………、

 

     家政婦はミタ さん、(有名なテレビ番組でしたね!)

    ②助(さん)格(さん)さん、(水戸黄門の付き添い二枚看板?)

    ③お富さん さん、(春日八郎さんの曲名?)

    ④イガグリ君 さん、(熱血漫画=柔道少年・イガグリ君?)

    ⑤蕎麦料理 加那や さん、 (ご商売の店舗名?)

    ⑥曙 荘(あけぼのそう) さん、(旅館 or 民宿 or アパート?)

    ⑦アクエリアス-m-ジュピター さん、(みずがめ座の神秘的な感じ?)

 

 

  とり敢えず、私がフォローさせていただいている goo blog お仲間皆さまのブログURLから、勝手に解釈して、ローマ字読みを仮名(かな)文字に替えてみました。

 

 

  思いますに、これらはブログURLを仮名文字に変換したものですが、逆にブログ・タイトルになってもおかしくないような感じもしました。

 

 

  goo blogの皆さまは、素晴らしいアイディアをお持ちだと感心させられました。

 

 

  (注記)もし、お気に召さない名称等がございましたら、ご連絡いただければ、即刻削除致しますので、ご了承を宜しくお願い申し上げます。

 

 

  また、私が生きてきた中での、身内や友人等などの氏名と同じ、あるいは似たようなお名前をURLになさっていらっしゃるお仲間さんもいらっしゃいますので、またの機会がありましたら、それらも記事ネタにさせていただけたらと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHK「ゆく年くる年」で………!

2022年01月05日 | ブログ

  こちら長野市南部地域は、今年の正月三が日は、晴れが続いたよいお正月でした。

 

 

  でも、4日(火)からは、雪模様の天気になり、普段雪の少ない当地でも、朝から道路の雪掻きに追われました。

 

 

  さて、今日の話題ですが、昨年末の年の瀬に、関西地方在住のブロ友さんとコメントのやり取りの中で、「大晦日のNHK番組:ゆく年くる年で善光寺さんから中継がある」と云った情報をいただき、ならば地元ですので、是非観たいと思い、頑張って起きていて観てみました。

 

 

  で、そのNHK番組「ゆく年くる年」のオンエアされた画面をお借りして、こちら長野・善光寺さんの中継分を改めてご紹介させていただきます。

 

 

  まずは、ご存知、この番組が始まる11:45のタイトル映像は、京都・清水寺の「清水の舞台」から始まりました。

 

 

photo   1   「ゆく年くる年」タイトル画面

 

 

  その後、この番組の特徴でもある各地からの中継が………、

 

  まずは、東京・台東区の浅草寺のギッシリ混雑している仲見世通り、静岡・熱海の伊豆山神社、岩手・平泉町の中尊寺・金色堂、そして、東京大田区の羽田空港………、などから年越し風景が映し出されていました。

 

 

  そして、間もなく年越しの時間帯になって来たら、こちら信州長野の国宝善光寺さんからの中継になりました。

 

 

photo   2   国宝善光寺・山門(手前)と本堂(奥)

 

photo   3   国宝善光寺・本堂

 

photo  4   びんずる尊者像

 

photo   5   国宝善光寺・本堂内陣

 

photo   6   国宝善光寺・本堂内陣(絶体秘仏の御本尊安置壇)

  従来、国宝善光寺・本堂内は、撮影禁止になっています。

 

photo   7   鐘楼

 

photo   8   国宝善光寺・本堂(年越しの午前0時)

 

 

  以上が、こちら信州長野の善光寺さんでの映像流れでしたが、新年を迎えたので、この後、境内で待ち並んでいた参拝者の皆さんは、順次本堂内へ上がられ本堂での参拝を果たしたと思います。

 

 

  それにしても、長野・善光寺さんでも二年参りが、これだけの人数で驚いていますが、「ゆく年くる年」のその後の番組内では………、

 

 

  北海道占冠村のアイスビレッジの花火や、島根・江津の舞乃座「岩見神楽」、そして、愛知・碧南市の碧南スケートボードパーク、四国高知の弘法寺、などからの中継があり、最後は、沖縄・宜野湾の普天満宮からでした。

 

 

  そして、番組ラストは、また浅草寺へ戻られて、仲見世通りなどの様子を映していましたが、もの凄い人出で、さすが、日本の首都・東京だとつくづく感じました。

 

 

  このNHKゆく年くる年は、例年観たり観なかったりしていましたが、今回、お陰様で親しいブロ友さんからの情報で、こちら信州長野の国宝善光寺さんからの中継があると教えていただけたので、観たり録画したりと、いい記録を残すことが出来ました。

 

 

  次回からは、気合を入れてこの「NHKゆく年くる年」を観たくなりました。

 

 

  そして、2020年1月2日に行った時の善光寺さんの様子です。

 

photo  stock    9

 

photo  stock   10

 

  この後の2~3月頃から、新型コロナで、日本はもとより、世界中でのパンデミックが起こり、人類の最大の危機になってきました。

 

 

  昨年後半からの、オミクロン株と云うウイルスも蔓延しそうですし、早い鎮静化を願うばかりです。

 

 

  こちら信州・長野県は、今年、「善光寺御開帳」や「諏訪御柱祭」の大きなイベントを控えていますので、心の底から安定した日々に戻って欲しいと思っています。

 

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新たな年を迎えて………!

2022年01月01日 | ブログ

  goo blog お仲間の皆さま、あけましておめでとうございます。

 

 

  昨年中は、多くのお仲間の皆さまに支えていただき有難うございました。

 

 

  今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

  こちら信州・長野市の南部地域は、朝から青空が拡がって、とても気持ちのいい元日になっています。

 

 

  今年は令和四年「寅年」ですので、こんな画像を引っ張り出してみました。

 

 

photo  stock   1

 

 

  昔、若い頃には、この十二支が覚えられなくて、まず最初の「ね」そして「う」が、「ねずみ」や「うさぎ」とは知らなくて………、今思い出せば笑ってしまいます。

 

 

  今年も一年、マイペースでブログを楽しめたら良いと思っています。

 

 

  goo blog 皆さまの記事や画像も楽しみにお伺いさせていただけたらと思っておりますので、この一年、お付き合いを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年を振り返って………!

2021年12月31日 | ブログ

  今年も残り今日一日になりましたね!

 

 

  一年は、過ぎてしまえばアッと言う間の感じがしますが、今年も色々な出来事があり、それもあまり大声を上げて申し上げるほどでもなく、心の中にしまって置いて、来年には気を付けたいと思っていう事柄もあります。

 

 

  また今年怪我などにより、フォト取材も思ったよりもグッと減り、撮影に出掛けるのがだんだん億劫になっていて、まだこの先も続きそうで、何とかズクを出したいとは思っているところです。

 

 

  そんなんで、今年一年フォト取材に行けた数少ない画像をまとめてみました。

 

 

  各画像上の説明文は、その日の記事にリンクしております。

 

 

photo  stock   1   長野・善光寺さんのどんど焼き

photo  stock   2

撮影 2021年1月15日

 

 

photo  stock   3   長明寺・三門(松代・東寺尾)

撮影 2021年4月1日

 

 

photo  stock   4   松代甲冑隊の皆さん(松代城にて)

 

撮影 2021年4月10日

 

 

photo  stock    5   旧松代駅舎でのイベント(ベリーダンス

撮影 2021年7月3日

 

photo  stock    6   松代・東条地籍から北アルプス連峰を

撮影 2021年9月19日

 

 

photo  stock   7   松代甲冑隊おもてなし(松代城)

撮影 2021年10月10日

 

 

  今年も、goo blog お仲間の多くの皆さまに支えていただきながら、辛うじて何とか形を作ることが出来ました。誠にありがとうございました。

 

 

  来年も、かつてのようなフォト取材の数は減ってしまいますが、何とか工夫を凝らして、皆さまにお立ち寄りいただけますように努力をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

 

  goo blog お仲間の皆さまには、良いお年越しをなさって、来年も素晴らしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 

  本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマス・イブですねェ~~~!

2021年12月24日 | イベント・コンサート

  今日12月24日は、どなたもご存知のクリスマスイブですね!

 

 

  毎年申し上げるのですが、ちなみに我が家は、ある年を境に仏教徒になりました。だが、祖母はクリスチャンでしたので、葬儀は教会で執り行いました。私も、その教会の幼稚園に通園していました。

 

 

  ですので、子供の頃には、その教会で行なわれていた「日曜礼拝」へも行って、園長の牧師さんから講話を聴いたり讃美歌など歌っていました。

 

 

  また、このクリスマス・イブの日だったと思うのですが、自分も含めた園児数十人で、各信徒のお宅を廻って、クリスマスに関連した讃美歌などを玄関先で合唱していました。その時にキャンドルを持って行ったかどうかは覚えはありませんが………。

 

 

 

  さて、この時期になりますと、goo blog お仲間の皆さんも、各地域のイルミネーションの画像を載せていらっしゃって、それらを楽しみにお伺いさせていただいていますが、真冬の空気が澄んだ中でのイルミネーション飾りはキレイでいいですよね!

 

 

  で、フォトストックから画像を集めて、こんな絵を作ってみました。

 

photo  stock    1

 

 

  また、クリスマス・イブと言いますと、山下達郎さんのJR東海CMでの曲がごく自然に想い出されると思いますが、Youtubeを見ていたら、弘田三枝子さんの歌声もあり、音楽でクリスマス気分を味わえたらと思い、その曲を載せてみました。

 

 

  弘田三枝子さんのかつての「♪子供じゃないの」や、ブイ・エイ・スィー・エイ・ティアオエヌ~~~、とパンチ力(りょく)ある歌声「♪ヴァケイション」などは、今でも耳に残る感じがしています。

 

 

  また、自分が二十代前半の頃、バンド演奏していた長野のライブハウス内に設置されていたジュークボックスからは、彼女の「♪人形の家」がよく流れていました。

 

 

    …………………………………………………………………

 

 

  さて、話しはイルミネーションに戻りますが、1週間前の18日(土)から、長野の国宝・善光寺さんで、例年行わている「善光寺イルミネーション」が始まりました。

 

 

  今年は、善光寺本堂からレーザー光線をスモークに当てると云う従来と違った特別演出があるもので、ズクを出してフォト取材をと思ったのですが、連日夜の寒冷えが強く、どうしようか迷っていたら親しいブロ友さんが、イルミ点火オープニング日に撮影に行かれ、ご自身のブログで載せられたもので、また、他人(ひと)様のふんどしで相撲を取る形になってしまいますが、そのブロ友さんも気持ちよくリンクさせていただく旨の了解を得られましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

            物見遊山ブログ記 

 

 

  また、物見遊山さんはスチル撮りと同時に、ムービーも撮って来られて、Youtubeにアップしてありますので、善光寺さんのイルミネーションのレーザー光線とスモークを動画でご覧いただければと、よりその様子がお解りいただけると思います。 

 

善光寺イルミネーション(物見遊山さん撮影動画)      

 

  その後、善光寺本堂へ移られて、本堂内陣での様子もムービーでお撮りになられましたので、そちらも併せてご紹介させていただきます。

 

善光寺イルミネーション(本堂内陣)(物見遊山さん撮影動画)

 

  (追記)物見遊山さんには、大変お寒い中、撮影してきた貴重な画像をお借り出来、この場を借りて、お礼申し上げます。有難うございます。

 

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年の瀬は、正月飾りの準備も………!

2021年12月19日 | 暮らし

  今年もおし迫って来ましたね!

 

 

  ここ先頃から、寒気も強まってきて、地域によっては大雪のところもあり、まさに本格的な真冬と云った感じがします。こちら長野市は一昨日の朝は少し雪も積もりましたが、お昼頃からは太陽も出たりして、道路の雪はあっという間に融けました。

 

 

  真冬の寒と言いますと、以前は、年明けの1月中旬頃から2月上旬にかけてが一番の寒気を感じていて、子供の頃にはこの時期に合わせて「寒中休み」と云うものまでありました。

 

 

  さて、今日の話題は、町内会などで例年行われていました、お正月飾りのひとつ「門松」製作の一端をご紹介させていただきます。もっとも、作業者の高齢化や新コロナなどで、ここ数年は行なわれなくなり、寂しい点もありますが、山へ行って大きな竹を切って来るのもそこそこ大変さがありますので、止むを得ないことかも知れません。(画像はフォトストックからです。)

 

 

photo  stock   1

  まずは、出来上がりの「門松」完成品からです。

 

 

  この時も、殆んどの方々が、初心者の皆さんですので、互いに協力し合って、作業に打ち込んでいらっしゃいました。

 

photo  stock   2

 

photo  stock   3

 

photo  stock   4

 

  皆さん、お寒い中ですが、寒さに負けず、頑張って慣れない作業をなさっていらっしゃいました。

 

 

  完成した「門松」は、ご自宅などの玄関などに飾られて、多くの福を呼び込んで、きっと気持ちの良いお正月を迎えられたことでしょう!

 

 

  そして、こちらも田舎の冬の風物詩、お菜漬けの準備です。

 

photo  stock   5

 

  この日は、まだ陽が当たっていたから良かったのですが、ゴム手袋などはしていても、冷たい水でのお菜洗いは大変な重労働です。

 

 

  でも、ある期間を置くと、画像右上に子画面で出しましたが、美味しい野沢菜漬けが食べれて、まさしく田舎の味そのものです。

 

 

 

 

  また、野沢菜の本場、信州・長野県の北の方に位置する野沢温泉村では「麻釜(おがま)」といった80℃前後の熱いお湯が沸き出ている場所があり、地元の人々は、そこでお菜などを洗っていらっしゃいます。

 

 

  当然、温度が高いお湯ですので、ゆで卵なども出来上がるようです。

 

 

photo  stock   6   野沢温泉・麻釜

 

photo  stock   7   野沢温泉・麻釜

 

  そして、こちらは野沢温泉街にある天然温泉の「大湯」で、共同浴場になっています。この他にも、似たような共同浴場が複数個所で存在しています。

 

 

  野沢温泉に興味がございましたら、下記のリンクをどうぞ……!

 

photo  stock   8   野沢温泉・大湯

 

photo  stock   9   野沢温泉・旅館街

 

photo  stock   10   あけび蔓細工「鳩 車」

 

 

  野沢温泉村は、先ほども述べましたが、地理的には長野県の北(上)の方に位置し、スキー場や温泉地として、親しまれています。

 

 

  野沢温泉村の観光案内のページがありましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

                野沢温泉村

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月になると、この時代劇が………!

2021年12月15日 | テレビ番組

  朝晩寒くなり過ぎていて、春の訪れが待ち遠しい感じですが、師走も半分過ぎようとしていますね!

 

 

  昔、自分が子供の頃は、遊びと云うと「チャンバラごっこ」があり、ラジオから流れていた「赤胴鈴之助」の放送を聴くのが楽しみでした。また、「月光仮面」が出て来ると、首に風呂敷を巻いて、マントのようにヒラヒラさせたり、テレビなどが無かったもので、漫画本やラジオなどが唯一の情報源でした。

 

 

  懐かしい「赤胴鈴之助」の歌がYoutubeにありました。

 

      上高田少年合唱団「赤胴鈴之助の歌」

 

 

  そうこうしているうちに、気が付けばテレビ時代が到来し、ごく自然に「時代劇」が好きになってきて、昨今ではHDDに番組録画しておいては、時間の許せる範囲で視聴しています。

 

 

  聞くところによると、時代劇は制作費がもの凄く掛かるようで、こちら長野では、地上波ではNHKを除くと、民放テレビでは殆んどオンエアしていませんが、BS放送では、再放送が盛んに行われています。

 

 

  主だったものでも、「水戸黄門」「暴れん坊将軍」「剣客商売」「鬼平犯科帳」などなど、これだけ毎週楽しめるので、わざわざ「時代劇チャンネル」の登録を……、と思わなくなりました。

 

photo   1

  (我が家のパラボラアンテナです。自慢ではありませんが、私が取り付けました!)

 

 

  で、12月と言いますと、赤穂浪士・四十七士討ち入りの「忠臣蔵」のテレビ番組を毎年楽しみにしていました。

 

 

  だが、ここ近年、時代劇衰退の波もあり、この数年はこれぞ!と云う番組に恵まれず、忘れかけていたのですが、先頃からBS放送「ツエルブ」で「中村吉右衛門さんの大石内蔵助役」での「忠臣蔵」がオンエアされていました。

 

 

  昨日も、goo blogお仲間のブロガーさんも、嬉しいことに、東京・泉岳寺の様子を画像などを載せて記事になさっていらして、12月14日のタイムリーな話題を提供なさっていらっしゃいました。

 

 

  で、今日は、そんな「忠臣蔵」の話題をご紹介させていただきます。

 

 

photo   2   「忠臣蔵」テレビ画面より

 

  「忠臣蔵」と言いますと、ストーリーはどなたもご存知だと思うのですが、赤穂藩主・浅野内匠頭が吉良上野介のいじめに遭い、殿中で吉良上野介に刃傷に及び、即日に切腹を仰せつかり、家臣の大石内蔵助始め四十七士が、殿様の仇討ちで、吉良上野介を討ち果たし、めでたしめでたし……、と云った武士の面目を果たしたということでした。

 

 

  中村吉右衛門(二代目)さんと言いますと、古典歌舞伎継承の第一人者と言われ、人間国宝でもあり、歌舞伎界の王道を極めた尽くした人物と言われているようですね!

 

 

  歌舞伎をご覧になる方はご存知だと思うのですが、屋号は播磨屋、定紋は揚羽蝶、替紋は村山片喰といったことのようです。(ウィキペディアより)

 

 

  だが、私は歌舞伎見物はなく、もっぱら時代劇「鬼平犯科帳」で中村吉右衛門(二代目)さんを知りました。先日、お亡くなりになられて本当に残念でなりません。

 

photo   3   「鬼平犯科帳」テレビ画面より

 

  鬼平犯科帳………、

     いつの世にも、悪は絶えない!

        その頃、徳川幕府は、火付盗賊改方という特別警察を設けていた。

           凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まるためである………!

        独自の機動性を与えられた その火付け盗賊改め方長官こそが、長谷川平蔵!

                     人呼んで「鬼の平蔵」である!

 

 

  この中西 龍さんのナレーションが大好きです。

 

photo  4   「鬼平犯科帳」テレビ画面より

 

  で、Youtubeで検索したら、この「鬼平犯科帳」のエンディング動画ありましたので、最後に付け加わさせていただきます。

 

鬼平犯科帳エンディング曲 (gypsy kings inspiration)

 

  ジプシー・キングスさんの「♪インスピレーション」のギター演奏は、本当に聴き惚れる曲で、メロディーラインは勿論のこと、演奏テクニックはさすがプロだと思わせていただけて、もう最高だと感じています。

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

早とちり~~~? 人騒がせな恩師………!!

2021年12月10日 | ブログ

  今月も早や10日が過ぎようとしています。朝晩は寒くなっていますね!

 

 

  おまけに、灯油の値段は先月の高値のままで、冬は石油ストーブ依存型の我が家にとっては、家計簿にもひびいています。

 

 

  さて、今日の話題はプライベートになってしまい恐縮ですが、ご了承をいただきたいと思います。

 

 

  まずは古い画像ですが、自分が高校生の頃です。京都奈良修学旅行時のものです。周りからも羨まれる五人衆と言われた仲の良かったメンバーで撮りました。自分は左から二人目です。

 

photo  stock    1

 

  なぜ高校生の頃の画像かと言いますと、この頃の当時、お世話になった担任の先生の今日の話題だからです。

 

 

  それは、先週末に高校時代の恩師から私の携帯に電話がかかってきたことから始まりました。

 

 

  ところが、私がそれに気が付いたのが翌日のお昼頃でした。最近、私は携帯機種を変えたので、着信音も振動だけになっていて、その上、翌日の日曜日は早朝から町内清掃から始まって、午前中は色々な雑用に追われ、それに気を取られ、携帯を見たのがお昼頃でした。

 

 

  そんな事情から、携帯の着信履歴にやっと気が付いて、慌てて恩師に電話をしました。ところが、留守電になっていたので、メッセージで自分の名前と連絡が遅れたことのお詫びを伝え、「また、お電話いたします!」伝えておきました。

 

 

  その後、恩師からは連絡もないままでしたので、忙しがっているのだろうと思っていました。でも、夕方になってもう一度恩師の携帯に電話をしてみました。すると、またもや留守電になっていて、先ほどと同様にメッセージをお入れしておきました。

 

 

  そして、気が付いたら夜も遅くなって来たので、恩師には明日また電話してみようと、この日は寝ました。

 

 

  で、翌日、午前10時頃改めて恩師に電話してみました。

 

 

  だが、恩師の携帯は、呼び出し音が鳴ったと思ったら、直ぐ留守電になってしまい、その上、恩師は病気持ちの80歳半ばになるお歳ですので、さすが私も何か変だと思い始め、安曇野のご自宅には奥様がいらっしゃるはずですので、ご自宅の固定電話に掛けてみました。

 

 

  だが、こちらも何度も呼び出し音がしているのですが、どなたも電話口に出てくれる気配がありませんでした。

 

 

  これは、恩師の身に何かあったのか?、奥様に何かあったのか?と、最悪の状況が脳裏を走り、イヤな胸騒ぎもしたもので、親しい同級生数人に連絡して、かくかくしかじかと相談したところ、彼らの方からも恩師の携帯やご自宅へ電話してみると言ってくれたので、その結果を彼らからの連絡待ちにしました。

 

 

  数分後、彼らから連絡が来たものの、やはり、私と同様な状況で、携帯は留守電、固定電話は呼び出し音だけ……、それしか掴(つか)めませんでした。

 

 

  で、皆んなと相談して、こちらから安曇野までは70~80キロありますので、直ぐ飛んで行ってもご自宅が留守でしたらどうしようもないもので、やむを得ませんが、取り敢えず恩師からの連絡待ちにすると云う結論で、この日も終わりました。

 

 

  ここで、ひと息入れていただくために、ちょっとした画像を二枚……。特に意味はありません。

 

 

photo  stock    2

 

photo  stock    3

 

  約10年前に撮った画像です。

 

 

  話しは続きます………。

 

 

 

  それで、翌日のお昼頃、私の携帯が鳴ったと思ったら、恩師からの待ちに待った電話でした。

 

恩師「やあ、悪い悪い……、何度もみんなから連絡を貰ったようで、

   こっちから遅くなってしまい、かなり心配させたようだな!」

私 「先生……! ご無事なんですね!今どちらにいらっしゃるのですか?」

恩師「今、安芸ノ宮島に来ているんだけど、ツアー旅行で移動があるから、

   携帯も留守電にしておいたもんで……。」

私 「あの安芸の宮島と言いますと、広島へ行ってらっしゃるのですか? 

   奥様もご一緒で?」

恩師「そうなんだけど、二人の最後の旅行になるかも知れないと思い、

   思いきって出掛けたんだ!」

私 「先生!まだまだ長生きしますから、大丈夫ですよ!

   今こうして、おしゃべりになっている声も十分しっかりなさっていますから、

   100歳までは軽く行けますヨ!」

恩師「いやあ、80代も半ばになると、車の免許も返納しなければと思っているし………、」

私 「それは、私なども最近は考えるようになってきましたよ。」

 

 

  などと、当初心配していた話しから、世間話しになってしまいました。

 

恩師「で、まだこちらにいるもので、池の方から、

   携帯に連絡を貰った連中に事情を話しておいてくれ!」

   と、頼まれました。

 

  それから、数人の同級生に連絡して、取り敢えず、今回の騒ぎのひと幕を閉じることが出来ました。

 

 

  だが、また夜になって、恩師から私の携帯に連絡があり、

恩師「やっと落ち着いたから、携帯にメッセージを貰った連中に、

   私から連絡するから彼らの携帯番号教えてくれ!」

私 「はい! 調べて直ぐご連絡します!」

 

 

  一時は、恩師に最悪の心配までさせられましたが、やれやれ一件落着と云う感じでした。

 

 

  それで、一番笑ったのが、最初、恩師から私の携帯に連絡して来たのが、本来は私と違う教え子さんへの連絡をしたかったようで、電話番号を勘違いして、私の携帯に連絡をし、慌てて切ったようで、私も殆んど気が付かなかったということでした。

 

 

  もっとも、最初に恩師から私の携帯に連絡があった時に、電話口に出ていれば、こんな問題はなかったと思いました。

 

 

  この恩師とは、私らと10歳の年の差で、高校生活3年間クラス担任としてお世話になり、2年生時の文化祭で「エレキギターのバンド演奏」を、当時、反対した年寄り派の先生方を口説いて下さり、バンド演奏が実現したと云ういきさつもあり、卒業後もずっと兄貴のように慕ってきた先生でした。

 

 

  逆に、先生が転勤などで、引っ越された場合でも、私らを頼っていただけたり、引越し先での住居を探したり、色々と想い出が深い担任でした。

 

 

  数年前にも、先生が大きな怪我で入院をなさったときは、親しい友人達で、松本市の病院へ急いでお見舞いに行ったものでした。また、一昨年にも、急に思い立って、数人でお宅にお邪魔させて貰ったり、そんな間柄ですので、まさに身内同然の感覚でした。

 

 

  まあ、今回のことは、早とちりからの騒動でしたが、思いがけず恩師と話が出来たり、同級生などとも話が出来、年の瀬での楽しい想い出にもなったと思います。

 

 

  先頃も、小学校の同級生が亡くなったり、11月頃から喪中葉書が5通も届くと、それ相応の年代に入って来たのか……、とそんな気持ちになって来ました。

 

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来年4月開催の長野マラソンのランナー募集が………!

2021年12月05日 | ニュース

  ここ朝夕の寒さが増して来て、12月らしい冬の陽気になって来たような気がします。

 

 

  この師走の気忙しい中ですが、世間に目を向けると、とある国会議員さんが県議員さんから裏金の要求をされたとか、日本でもトップクラスの大学理事長が逮捕されたとか、おまけに新コロナで「オミクロン株」と云う新たなウイルスも出たりと、明るく楽しいニュース報道はないものでしょうかね?

 

 

  日本駐在員の外国人記者さんは、これらの日本のイザコザを、自国へどのように報告しているのでしょうかね? もっとも、ネットニュースは一瞬に世界を駆け巡るから、日本に興味ある人達はネット記事をリアルタイムで見ている事でしょうね。

 

 

 

 

  さて、今日の話題ですが、先頃、地元のローカルニュースで、来年2022年4月17日(日)に予定されている「第24回 長野マラソン」のランナー募集が始まったと報道していました。

 

 

  で、関連したHPを検索したら、今回は、①優先エントリー、②一般エントリーの2種類の受付があり、申込期間も異なっているようでした。

  詳細につきましては、下記のリンクへ

      

   

        第24回・長野マラソン(2022年4月17日)

 

 

  で、今日のブログ要件はこれだけですが、これではちょっと寂しいので、数年前に撮ってありますフォトストックから「長野マラソン」の30km地点での画像をご紹介させていただきます。

 

 

  この「長野マラソン」で、地元松代地区の30km地点では、「松代甲冑隊」や「真田勝鬨太鼓」の皆さんが、沿道で応援していますので、それの写真も撮りたくて、4月に殆んど出掛けていました。

 

 

photo  stock   1   先導白バイとトップランナー

 

photo  stock   2

 

photo  stock   3   30km地点(この後ろ姿はピコ太郎さん?)

 

photo  stock   4   松代甲冑隊の皆さんの応援

 

photo  stock   5   真田勝鬨太鼓の皆さんの応援

 

photo  stock   6

 

photo  stock    7

 

photo  stock   8   AED救助隊

 

photo  stock   9   飯縄山(1917m)を背景に

 

photo  stock   10

 

2017年4月16日撮影

 

 

  長野マラソンは、去年の2020年、今年の2021年と2年続けて中止になり、来年無事に行えれば3年振りの大会になります。

 

 

  1万人のランナーが集まると言われ、恐らく、長野市民始め全国マラソンファンの皆さんも、無事に大会が開催されることを楽しみに待っている事だと思います。

 

 

 

 

  本日もこのブログにお立ち寄りいただき有難うございます。

  厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする