……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

入院時、病棟から見ていた公園へ・・・・・・!

2019年07月18日 | まち歩き
  相変わらず梅雨の季節らしい天気になっていますが、朝は涼しくても、日中は急に気温が上がって暑くなったり、その上湿度も高く蒸し蒸し感もあり、体調管理も大変です。



  以前何かで見たことがありましたが、人生を健康で楽しむコツは、①規律良い食事 ②適度な運動 ③趣味など生きがいを持つ の三大要素があったような気がします。



  で、今日の写真は、昨年二度に亘って入院手術を行なった病棟から当時眺めていた篠ノ井中央公園をご紹介したいと思います。



  ちょうど術後一年検診があったもので、それの帰りに寄って撮って来ました。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11




  上の病棟から当時撮ったものが、次の写真です。(コンデジ撮り)



photo 12




  お陰様にて、今は体力も殆んど回復して、日常生活は全く支障なく過ごせていますが、目の視力などは加齢と云うこともあり、夜間の運転は極力避けているようになっています。



  まもなく、夏の花火大会がここ長野近辺でも行われるのですが、様子見で出掛けられたらと思っています。



   今回はCanon PowerShot SX30ISと云う簡単なカメラ撮りでした。











コメント (8)

信州の片田舎でも、立派な案山子が・・・・・・!

2019年07月15日 | アート・文化
  今日15日は「海の日」ですネ! こちら信州・長野県は海に面していませんので、僕ら長野県の北の方に住んでる人間にとっては、お隣新潟県上越市界隈の日本海が「信州の海!」と呼んでいます。



  間もなく梅雨明けになって、真夏日になりますと信州人の海水浴は、こぞってこの上越市界隈の海を目指して、遊びに行く様になります。砂浜に置かれている海の家も、そこら辺は十分に察知されていて、温かいおもてなしで迎えて頂いています。



  で、今朝のTV番組のクイズで知ったのですが、来年2020年には携帯などの通信網が「5G」時代になると云われていますが「5GのG」は容量を表す「ギガ」だとず~~~っと思っていました。



  そうしたら、この「G」はジェネレーションと云って、通信システムの世代だと云うようですね。そんなこと考えたことがありませんので、WEBでちょっと見てみましたら、

  通信速度が   1G  アナログ
            2G  バイク
            3G  一般自動車
            4G  スーパーカー
            5G  飛行機     と云う乗り物に例えてのイラストがありました。



  また、大容量でも送れるので、フォトデータなどもまとめて送れるようになるのかと、期待はしていますが、今でもそんなに不便を感じていませんので、現状のアナログで十分だと思っています。



  まあ、現在使用中のフューチャーフォン(ガラケー)が使えなくなったら考えれば・・・・・・、とそんな感じです。






  さて、今日の写真ですが、信州・松代の東条地籍の田んぼに飾られています「案山子」のご紹介をしたいと思います。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8




  この上の「おすみさんの針仕事」は、とても案山子には見えず、人間自体がそこの座っているような印象を受けました。



photo 9


photo 10


photo 11


photo 12


photo 13


photo 14


photo 15


photo 16




  私が案山子の撮影を始めたら、ご婦人の皆さんがここの見物に数人いらっしゃって、何となくより華やかさ?も演出出来たような・・・・・・・・・、



photo 17


photo 18




  この案山子は、コンクール形式になっていて見物客の投票によって優劣が決まっています。



  また後日発表になると思います。










コメント (8)

SBC大人の文化祭・華麗なベリーダンスも・・・・・・!

2019年07月12日 | イベント・コンサート
  今日は、久し振りに朝から良い天気で青空が見えているこちら長野です。もっとも、湿度が高いのでスカッとした感じではありません。



  また、思ったより気温が低く午後遅くになると雨になる予報です。



  で、昨日TV情報番組で観たのですが、あるお若い新婚ご夫妻が結婚式を挙げられたホテルに大クレームを入れた様でした。お二人は、そこのホテルのウエディングプランナーさんを信用して、1年を掛けて打ち合わせをして来たとのことでしたが、実際には、依頼した案件は、ことごとく違ってきて、不誠実な対応になったようでした。



  この新婚お二人さんの言い分を100%信じると、ホテルサイドの行為は、ある種の詐欺行為に当たるような気がしてないりません。



  一日一組の挙式・披露宴の宣伝文句のふれ込みで、ゆっくり結婚式が出来ると思っていたら、当日はもう一組の結婚式がブッキングされていたり、会場の豪華な花飾りを依頼していたのに、ホテルの都合で、ランクが落とされ見栄えが悪くなったり、ホテル専任のプロ司会者に新婦さんの苗字は言わないように頼んだのが、実際は何度もアナウンスされて、かなり気分を害されたようでした。



  私も、ブライダル業界に30年近くどっぷり浸かっていた人間ですので、今頃こんな結婚式場が存在するのかと呆れた次第でした。



  で、WEBでもこの記事が載っていましたので見ましたら、「ホテルメルパルク仙台」がこの会場でした。



  そもそもメルパルクは郵貯(日本郵便)が元会社での運営になっていると思いますが、ここ「かんぽ保険」でも世間を賑わかせていますので、色々とほころびが出て来たと思います。



  だが、ホテルメルパルクは、このブライダル運営は、ワタベ・ウエディングと云う会社に実質任せているようで、余計信じられないと思いました。この会社のHPを見ますと、とても素晴らしい写真が載っていたり、お二人の結婚の夢が拡がるようになっていますが、今回のように1件でもクレームが付くと、その企業の信用はガタ落ちで、全てが色褪せたHPに見えてくるのは不思議だと思います。



  自分がお世話になっていた軽井沢のホテルでは、このような案件は到底考えられないし、お二人にとっては紛れもなく一生に一度の結婚式ですので、ブライダル業者は、細心の気配りでお二人への満足度を高めていかなければと思います。



  



  さて、今日の写真ですが、「SBC大人の文化祭」での最終回になりますが、「Sayuri BellyDance Project」さんによる華麗で豪華な衣裳でのベリーダンスのステージをご紹介したいと思います。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4




  とても可愛いお子さま達のダンスも、目を見張るものがありました。



photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11


photo 12




  このベリーダンス・チームは、4~5年前から撮らせていただくようになりましたが、Sayuri先生がこれだけのグループを引っ張っていらっしゃって、段々メンバー数も増えていますので、今後はもうちょっと大きなステージにならないとメンバー全員が乗りきれなくなってしまう心配も出て来そうです。



  なんせ、ダンサー皆さんのダンスそのものとお衣裳が素晴らしくて、要は、カラー写真向き・・・・・・、と云った感じです。













コメント (8)

SBC大人の文化祭・勇壮な和太鼓が・・・・・・!

2019年07月09日 | イベント・コンサート
  梅雨の季節らしい天気が続いているこちら信州・長野です。



  全国ニュースにもなっていると思いますが、一昨日7日(日)に、長野市役所で、今回の参院選の期日前投票の際に、「参院選比例代表」と「県議選」の投票用紙を間違えて有権者44名に渡して、当日投票が行われてしまいました。



  45番目の有権者が、投票用紙がおかしいと気が付いたようで、それで初めて間違いが発覚したようでした。何とも、情けないチョンボミスで、呆れてしまいました。



  誤った投票用紙で投票した44名の皆さんは、「一人一票の原則」があるようで、改めて投票用紙は発行出来ないらしく、無効票になってしまうようです。ご当人達は、さぞムカついていることだと思います。




  さて、今日の写真は、前回の続編で、「SBC大人の文化祭」会場メインのアリーナステージで行われた「大原学園・勇太鼓」の和太鼓をご紹介したいと思います。



  一昨年も「大原学園・勇太鼓」の和太鼓を見ましたが、その時と比べると、かなりバージョンアップされていて、勇壮で迫力感ある和太鼓演奏になっていました。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6





  そして、こちらが一昨年の「SBC大人の文化祭」時に撮ったものです。


photo 7




  日本でも、和太鼓グループがかなりの数があると思いますが、この和太鼓の響きは「和の心」の精神が根底にあるはずで、日本人として誇りを持って、楽しめました。





  
  そう云えば、今朝のTVでしたが、来月のお盆休暇が上手く取ると9日間とのことで、海外渡航組の皆さんは、アンケートによると、第1位が韓国なようで、ハワイやグアムなどはその次あたりのことでした。



  どうして反日感情を強く持っている韓国に行きたがるのか、自分としては、不思議でしょうがありません。



  竹島の問題から始まり、慰安婦問題、レーザー照射事件、そして徴用工問題と、日本国に対して、さんざん敵意をむき出しにして来た韓国の土を踏みたがるのか・・・・・・・・・、



  おまけに、日本製品不買運動や日本への渡航禁止だと、韓国人自身が騒いでいるし、我々日本人も各個人の自由でしょうが、その辺も日韓関係の現状をしっかり見据えて、一考すべきだと思いますヨ!



  昨日も、日本の大手企業の名前を書かれた箱を踏み潰しているのをTVで放映していて、日本の企業をおちょくっているようにしか見えなく、腹立たしく感じるのは自分だけではないと思います。



  goo blogお仲間の記事を拝見していますと、北は北海道、南は九州・沖縄と日本国内の各地の素晴らしい景色や風景、イベントなど、沢山紹介していますので、日本の旅の方が良いものだと思うのですが ・・・・・・、



  若い世代の人達は、そんなこと考えたこともないでしょうね ・・・・・・!










コメント (8)

SBC大人の文化祭へ・・・・・・!(輸入車フェスが!)

2019年07月06日 | イベント・コンサート
  今日も、梅雨空の天気になっているこちら長野です。



  TVでも1年前の西日本豪雨の様子を放映しています。先頃も九州南部地方でも大雨で被害が出て、多くの皆さんが困っている中だと思いますが、この参議院選挙で「日本国土を安全で強固なものに!」と大きな声を出している党はあるのでしょうか?



  で、先程もTVを観ていたら、昨年の西日本豪雨絡みで、どこの県や市町村だか分かりませんでしたが、「行政は万能ではありません。皆さんの命を行政に委ねないで下さい!」と云った文面を紹介していました。



  これを裏返しで考えると、「行政は知恵も能力も無く仕事はしませんので、皆さん!災害に遭ったら、適当にあの世やらへ旅立って下さい!」と云っているようなもので、これがお役所仕事の無責任極まりない行政かと、呆れた次第でした。



  これでは、この参議院選挙で日本丸の舵を握っている国会議員さんを、どう選出したらいいのか、我々一般庶民は難しい選択に追い込まれそうです。



  楽しい話題と云えば、夏の甲子園・長野大会が今日から開催されたり、大相撲の名古屋場所が明日から千秋楽までの15日間熱戦が繰り拡がると思います。





  さて、今日の写真ですが、6月中旬に2日間、長野Mウェーブで行われました「SBC大人の文化祭」に今年も行けましたので、それをご紹介したいと思います。




photo 1   Mウェーブ外観


photo 2




  まずは、Mウェーブの建物東側外観から・・・・・・です。



  この「SBC大人の文化祭」は毎年入場無料になっていて、財布に優しく気楽に遊びに行けます。



  今年のメインのアリーナステージの歌手は、15日(土)は山本リンダさん、16日(日)は、大澤誉志幸さんが、会場を賑わしたようでした。



  自分は、16日(日)に行きましたが、時間の関係で、ステージは一部しか楽しめませんでした。



  それで、輸入車フェスもあり、Nagano BMW、Audi長野、シトロエン長野、プジョー長野などなど、ン百万もする高級車のオンパレードでした。




photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8




  そして、エクステリア・コーナーや、地元・松代温泉やお隣新潟県上越などをプロモートするブースがあったり、また、ステージでは富山からもいらして、PRに励んでいらっしゃいました。



photo 9   エクステリ・コーナー


photo 10   


photo 11   松代温泉ブース


photo 12   新潟県上越市ブース


photo 13   富山県のPRステージ




  そして、今回初めて見ましたが、大人の文化祭と云えでも、小さなお子様の為にもキッズタウンが出来ていて、母親などと一緒に遊んでいました。



photo 14   キッズタウン


photo 15
 

photo 16




  この他にも、カルチャー体験できるコーナーや、グルメ、住まい、終活セミナー、と多彩に亘っての文化祭でした。



photo 17


photo 18




  また、メインのアリーナステージで、毎度お馴染みのベリーダンスや和太鼓演奏が披露されていましたので、そちらも後日にご紹介したいと思います。



  画像枚数が多くなり、何度も画面ロールするようになり、ご迷惑お掛けしていて、すみません・・・・・・・・・。










コメント (6)

怪しいメールが・・・・・・‼ これって、詐欺かナ?

2019年07月05日 | ブログ
  皆さん、こんばんは!



  今日はblog更新日ではなかったのですが、今メールを開けたら、危なそうなメールが入っていました。



  「Amazonプライムのクレジットカードの有効期限が切れている」と云う通知です。








  要は、私が希望したAmazonプライムの会員登録をキャンセルし、会費400円を返金すると云った内容でした。



  これが何故危ないメールかと云いますと、私はAmazonプライム会員になっていませんし、クレジットカードでは買い物をしないし、支払いもクレジットカードでなく、殆んど代引きだからです。



  皆様も似たようなメールには、お気を付けいただきたいと思います。




  今回のセブンpayではありませんが、便利な世の中ほど、色んなリスクを背負っていると思って、まず疑うことから始めたらいかがでしょうか?



  騙されてからでは遅いでしょうネ!



  一応、この危ないメールは、プリントして警察に届けようと思っています。











コメント (10)

梅雨時期のあじさい、撮れました・・・・・・・・・!

2019年07月03日 | まち歩き
  今朝は、どんよりした天気で湿度も高く、梅雨の時期そのものの、こちら長野の様子ですが、先程10時過ぎ頃から日差しが見え始めました。



  九州南部地方では、大雨が降り続き、住民への避難勧告が出ているようで、毎度思うことは、日頃からこう云った状況になる前に、危ない河川の堤防をかさ上げでもして、安全で完璧な国土を・・・・・・、とまでは言いませんが、出来る限りの護岸工事をして、最悪な被害も最小限に納まるように、しっかりと対策を施して貰いたいとつくづく思っている次第です。



  なんせ、各自治体でもハザードマップを作り、各家庭に配布しているのですから、お役人の担当関係者などは、その地域の危険各所を熟知していますので、何とか事前に防げるようなお手配やら段取りに邁進して欲しいと願っています。



  ただ、「明るいうちに早目の避難を・・・・・・!」とか、「自分の命は自分で守るように・・・・・・!」とTVからも呼び掛けていて、そう簡単に避難出来ればいいのですが、「言うは易し、行なうは難し!」と云う言葉を噛みしめながら言っていただきたいと思います。



  地震のように、地球の底から急にドーーーンと来るものと違って、ある程度事前に予測がつきそうですので、関係者の皆様の優秀な頭でその辺をお考えいただきたいものです。






  さて、今日の写真は、先頃WEBにアクセスして、地元近間のあじさいが咲いているお寺さんを探して、家からクルマで約20kmちょいにある信州・千曲市上山田「智識寺(ちしきじ)」へ行って来ましたので、そこのあじさいをご紹介したいと思います。



  まずは、智識寺のHPにあった画像のように・・・・・・・・・。




photo 1


photo 2   智識寺・大御堂(本 堂)


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6   石碑「信心感應」


photo 7


photo 8




  この智識寺へは初めて行きましたが、境内の様子などが分からず、駐車場から入ったせいもあり、気が付いたらphoto 8が表門のようでした。大きな「わらじ」が左右に置かれていました。



  そして、この境内に隣接している所に小さな公園があり、むしろ、その公園の方にあじさいが咲いていました。




photo 9


photo 10


photo 11


photo 12


photo 13


photo 14


photo 15




  ここの智識寺にも、かなりのもみじの樹があったもので、秋の紅葉時に再び訪れてみるのも、面白いと感じました。



  ただ、この智識寺の大御堂(本堂)で、六文銭がありましたので、多分真田家と何か関わりがあると思いました。



  また、WEBで調べてみたいと思いました。




  信州・長野近在で「あじさい」が沢山咲いている神社仏閣の場所をあまり知りませんので、また情報集めをしてフォト取材に行きたいと思いました。












コメント (8)

長野でのロック・フェスティバルへ・・・・・・・・・‼

2019年07月01日 | イベント・コンサート
  今日から7月になり、夏だ!エレキだ!ベンチャーズ!と云いたい気持ちはあるのですが、天気はスカッと気分が良いとは言えず、イマイチの空模様の長野です。



  ベンチャーズも、今年もジャパン・ツアーで日本に来られて、今月、県内大町市で例年通りライブが予定されていますが、昨年須坂メセナホールで聴きに行った時は、メンバー交代があった所為か、何となく音の質が良くなく、聴きづらい感じがしたもので、又、地理的にも遠いので、今年は行くのを止めにしました。



  こちら長野県には、ご存知の方が多くいらっしゃると思いますが日本屈指のリゾート地:軽井沢(karuizawa)がありますが、地元ローカルTV局も、これらのプロモート的な番組で、夏の避暑地・軽井沢を紹介し始めています。



  まあ、自分も長年、この軽井沢のホテルでBridal撮りの仕事をさせて貰いましたが、今になってみれば本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



  最近はここ数年、軽井沢へは秋の雲場池の紅葉撮りに行くくらいで、旧軽銀座方面に行ってないので、時間が取れたら行きたいと思っています。




  さて、今日の写真は、先月9日に長野芸術館・アクトスペースで行なわれた「音楽堂ロックフェス」を聴きに行って来れたので、それの数バンドをご紹介したいと思います。



  このロックフェスは、長野市篠ノ井の楽器店&ギター工房の「音楽堂・平林」さんが主催なさっていて、ここの社長さんとは長いお付き合いをいただいて、何かとお世話になっているので、喜び勇んで、スチル撮りに行ってみました。




  この音楽堂の社長:平林さんも、自からキーボードを演奏なさいますので、時々、出演バンドの応援に入られて、プレーヤーとして頑張っていらっしゃいました。



photo 1   痛風すらんぷ


photo 2


photo 3




  この長野芸術館は、昔の長野市民会館がリニューアルされて、大ホールは勿論、この他にも、リハーサルホール、このアクトスペース等があり、色々なステージライブなど多岐に亘って使用出来るようになっています。



  上記の画像をご覧いただいていますように、演奏バンドの後ろ側から撮れたり、また、逆方向から寄りの画像を狙えたり、ちょっと大きなライブハウスの感じで楽しめる小ホールになっています。




photo 4   ジェット・ロックス&門前ハンサムギターズ


photo 5


photo 6




  次に登場は・・・・・・、



photo 7   SOUL FOOD


photo 8


photo 9




  そして次のバンドが続きます



photo 10   fab3


photo 11


photo 12




  そして続いてのバンドは、女の子のボーカリストが・・・・・・、



photo 13   定時後ティータイム


photo 14


photo 15


photo 16




  このロックフェスは全部で、12バンドが出演なさったのですが、時間の都合などで5バンドしか撮れず残念でしたが、また今年12月に行なわれる「ナガノおやじバンドフェス」にも多分出演されると思いますので、その時のお楽しみにしたいと思います。



  この撮りは、ホールの雰囲気を出す為に、露出補正でマイナス気味に撮ってみましたが、いかんせん全体的な照明不足やピンスポが強かったり、ダイナミックレンジの少ないデジカメで挑戦したもので、一脚使用でも、かなりブレ画像が出てしまいました。



  勿論ISOはめい一杯に上げてでした。



  難しい撮りでしたが、バンド連中の皆さんの熱のこもった演奏を聴きながらでしたので、あちこち動きながら撮れて、楽しい撮りになりました。



  そして、帰り際にこの長野芸術館の外観を撮って来ました。




photo 17   彫刻「雲のロンド」

  
photo 18   長野芸術館・正面




  この日は昼間に雅楽演奏、午後からロックフェスと、対照的な演奏ステージを撮るようになりました。



  言うなれば、和洋の音楽に触れた1日でした。












コメント (8)

今年2019年の上半期を・・・・・・‼

2019年06月30日 | ブログ
  平成から令和に時代が移り変わって2か月が過ぎます。



  こちら長野は、夕べから降り続いていた雨も、先頃止んで日が差して来ました。



  G20大阪サミットが昨日終幕したとのことですが、TVで情報番組を観ていたら、これの報道を行なうメディアセンターが映し出されていました。



  全世界から報道の記者さんやカメラマンさんなどが大阪に集まっていますが、スチルカメラなど機材を持ち込んでいますので、万一のトラブル発生時の対処ブースとして、CanonさんやNikonさんのブースを映していました。他のメーカーさんは分かりませんでした。



  また、ビデオカメラのたとえばSONYさんやPanasonicさんなどのブースも見たかったのですが、スルーされていました。



  こう云った映像などの撮影機材は、仕事に行く前に必ずチェックして、現場の本番直前でも画像や音声などもう一度チェックして撮影に臨んでいました。機材がトラブッたので撮影出来ませんでした・・・・・・、では、シャレにもなりません。



  特に、重大ニュース取材案件からブライダル撮りに至るまで、多岐に亘って、機材トラブルはかなりの注意が必要となります。



  本番撮影時は、緊張度合いは半端なく、プロの仕事でしたので必死でした。



  恐らく、この歳で以前と同じ状況で撮影するとなると、脳の血管が切れてしまうかも知れません!(笑)



  ですので、今は下手でもお遊びのblog photoのスチル撮りが出来るということは、気楽に撮りが出来て、有り難いと思っています。






  さて、今日の写真ですが、今年に入ってちょうど半年になりますので、それを振り返ってみたいと思います。



  以前もこのblogでもご紹介したものですので、ご了承いただきたいと思います。



  まずは、雪の松代城と真田邸です。今年の冬は降雪がかなり少なく、家の前の雪掻きも2~3度だったような気がしています。




photo 1   松代城


photo 2   真田邸




  そして、毎年2月に行われる長野、国宝・善光寺さんを中心とした「ながの灯明まつり」に行って来ました。



photo 3   ながの灯明まつり




  3月中旬には、信州・松代城の二の丸広場で、「鷹狩り」が行われました。珍しいイベントですので結構な見物人が集まり、短時間でしたが、鷹狩りを楽しみました。



photo 4   鷹狩り(松代城)




  4月になると、やはり「桜」です。近間であちらこちらとフォト取材を兼ねて、桜見物を楽しんで来れました。



  今回は、篠ノ井の典厩寺(てんきゅうじ)と、善光寺の納骨堂・雲上殿(うんじょうでん)を載せました。




photo 5   典厩寺のしだれ桜


photo 6   雲上殿の桜




  5月には、約1万人のランナーが信濃路を駆け巡った「長野マラソン」がありました。



  ちょうど、30km過ぎ地点で、応援していました。約8千人のランナーが完走を果たしたとのことでした。




photo 7   長野マラソン30km地点




  また、今年は4月末から10連休と云う長期のゴールデンウィークがあり、この間、時代は平成から令和に変わりました。



  そんな中、毎年楽しみにしている「ながのノスタルジック・カーフェスティバル」に行って来ました。勿論、場所はエム・ウェーブと云う1998年長野冬季オリンピックで、スピードスケートが行われた会場でした。




photo 8   ながのノスタルジック・カーフェスティバル




  そして、5月に入って、長野市の中央通りを花壇などで飾り付ける「善光寺花回廊」がありました。



photo 9   ながの善光寺花回廊




  また、国宝・善光寺も、大勢の参拝者の皆さんで賑わっていました。



photo 10   令和の国宝・善光寺




  明日からは7月に入って行きます。



  今年5月中は結構気温が高く、夏日や真夏日などがありましたが、来月の梅雨明け後はどうなるやら、恐らくまた熱中症などに気を付けるようになると思います。







       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




  1966年 6月30日、あの英国4人組バンド「ビートルズ」が来日しました。



  当時、自分はベンチャーズなどに憧れて、バンドを組んでいましたが、インストルメントと云うボーカル無しで、エレキの演奏だけでした。



  それで、ビートルズの演奏をテレビで観て、これからはボーカル入りのバンドになっていくと思いました。



  ジョン・レノン、ポール・マッカートーニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター ・・・・・・・・・ 彼らの名前は今でも覚えています。



  案の定、このあとブルーコメッツやスパイダース、タイガースなどなどが出現して、グループサウンド(GS)全盛期時代に入って行きました。



  半世紀以上も前ですので、懐かしい時代になりました。










コメント (8)

ちょっと優雅に雅楽鑑賞へ・・・・・・!

2019年06月27日 | イベント・コンサート
  梅雨も明けないうちから日本列島に台風が来るようで、「この時期からですか?」と気象庁に問い質(ただ)したくなります。



  ここ信州・長野県は、高い山々に四方八方囲まれていますので、強風はそんなに恐れていませんが、大雨になると、さすがに怖い感じがしています。



  長野県は、80%の面積が森林とも言われていて、大雨になるとその木々に附着した雨水が、ある瞬間にドッと一斉に落ち、土砂災害や河川の氾濫などをひき起こしていると思います。



  この台風は、今夜から四国、東海、関東地方へと移動する予報で、長野方面には直接かぶっていませんが、梅雨前線が長野県の北の方にあり、そう云った時に限って、大雨になったりしますので、警戒したいと思います。





  さて、今日の写真は、約半月前に信州・長野、松代文化ホールで行われました「松代文化芸術祭」の中から、松代雅楽協会による雅楽演奏のステージをご紹介したいと思います。



  この芸術祭は、松代地区の住民を中心とした長野市内の12団体(約200人)が、日頃の成果を披露する場所として、毎年恒例で行われていて、今年で48回目を迎えてことでした。




photo 1   松代雅楽協会


photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6




  この松代雅楽協会の皆さんは、詩歌を詠う「大和心」や古典の「越天楽(えてんらく)」などを披露し、箏(しょう)やひちりきなどの壮厳豊かな音色を、この松代文化ホールの会場に響かせていました。



  この他にも、舞踊、吟剣詩舞、謡曲、木遣り、そして長野市の無形文化財登録の大門(おおもん)踊りなど、沢山のステージ発表が約5時間に亘って行われました。



  自分は、この「雅楽」だけを聴きに行ったもので、この後は他の場所へ移動を掛けるようになりました。




photo 7


photo 8


photo 9   松代文化ホール




  松代文化ホールの建物外観ですが、ここへはV撮りの仕事で、何十回も来ていますが、今回のように、結構静まりかえっている会場内での雰囲気でしたので、カメラのシャッター音を気にしながらの撮りになりました。



  また、撮影場所の移動も、曲間の時に敏速に静かに行ない、ササッと一度だけ席を変えました。



  こう云った緊張感の中での撮りも、いいものだとつくづく感じました。




  正直、表題に「ちょっと優雅に・・・・・・」なんて載せましたが、とんでもなく、それどころではない撮りでした。(笑)









コメント (6)