……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

和太鼓「影武者」、再び登場!!

2012年02月29日 | イベント・コンサート

  今日は、気象予報通りに、朝、僅かでしたが雪が積もっていました。 が、それ程でもなく、 TV ニュースを観ていましたら、東京方面や長野県でも中信地域以降などにかなりの雪が積もっていると報道をしていました。 俗に言う、「かみ雪」と呼んでいますが、この季節になると、そんな傾向にあります。 その後は、晴れになって来ましたが‥‥‥。

  

  さて、今日でこの 2 月も終わりですが、末に相応(ふさわ)しく、ここ地元の、「真田勝鬨太鼓 影武者」に再び登場していただきます。

-

photo  1

201202122

  

  今月 12 日(日)に行なわれました、「長野駅東口フェスティバル」時の写真ですが、信州☆松代藩「真田勝鬨太鼓」グループの女子高生メンバーです。 先般もご紹介しましたように、彼女達は、「子供真田勝どき太鼓」を経験してきたメンバーで、結構な迫力ある和太鼓演奏を、披露してくれます。

 

  4 月の さくら咲く季節 の頃には、松代城の二の丸広場で、毎年色んな催しが開かれていますが、その中で、 多分、この「影武者」の演奏が楽しめると思います。 その時は、動画映像を狙って、 Youtube へアップしたいと思っています。

  

  勿論ですが、この「真田勝鬨太鼓」の筆頭打ち頭・海沼和幸先生に、ご了解を得てからになりますが、さくらの花びらをバックに、和太鼓の音が鳴り響く様子は、これまた おつ!! なものだと思います。

  

  幸い、拙者も、今年は花粉症が今のところ軽くて助かっていますので、気合が入りそうな気がしています。 では、「影武者」の写真をもう一枚載せさせていただいて、今日はこれで、お披楽喜にさせていただこうと思います。

-

photo  2

201202123

  

   明日から 3 月ですが、春がもうそこまで来ていると思います。 「弥生」、どちらかと言うと、卒業シーズンが一番の行事と言えるのでしょうか?

    

    また、中には、年度末の方もいらっしゃいますし、それぞれでしょうか!!

     

        そうだ!! 深刻な顔をして、申告しなくては‥‥‥ っと。

-

コメント

松代でも「ひなまつり」が始まります!!

2012年02月28日 | まち歩き

  今日は、そこそこいいお天気でした。 北アルプスの雪景色も、太陽に照らされての銀世界、キレイに見えていました。 でも、若干薄雲の被(かぶ)りがあり、シャッターを押すまでにはいきませんでした。 そして、相変わらず寒い日です。 最低気温は - 8 ℃を記録したようです。

  

  いよいよ、明後日(あさって)から、 3 月ですが、ここ地元、松代でも、「第 10 回ひなまつり」が町内全域で行なわれます。 3 月 3 日(土)~ 4 月 1 日(日)までの期間ですが、折り紙でのお雛さま作りや、流し雛など、色んな催しが予定されています。

-

photo  1

20120126k

photo  2

20120126h

  

  いきなり、信州・須坂の写真を載せましたが、ここの 「須坂市歴史的建物園」(写真 1 )の中に入りますと、土塀造りの 「旧 牧家」 建物が、見られます。 雪で屋根は白くなっていて分りずらいですが、須坂市に残っている唯一の茅葺(かやぶき)屋根で、L 字型の「曲家(まがりや)」造りになっています。

  

  案内板に依りますと、この「旧 牧家」は、江戸時代末期の建物と記されていまして、この中にも、驚くほどの「雛人形」が飾られて展示してありました。 以前、ご紹介しました、三十段・千体の雛飾りのありました「須坂・人形博物館」の隣にあり、結構ここも見所になっていると思いました。

-

photo  3

20120126i

photo  4

20120126j2

   

   こんなような感じで、かなりの数のお雛さまが展示されていました。 この「旧 牧家」は、農家のたたずまいで、部屋の真ん中にあります「囲炉裏(いろり)」が、凄く印象に残りました。

       

     ちょっとした風情のある空間を、味わえました!! っと。

  -

コメント (1)

短パンのお嬢さんは‥‥‥!!

2012年02月27日 | ブログ

  今日は、そこそこのいいお天気でした。 が、結構寒い一日でした。 もう 2 月も残すところ 2 日ですのに‥‥‥。 でも、一日一日、日が長くなっているのが、実感としてあるようになり、気分的には明るい感じです。

  

  昨日は、午前中から「東京マラソン」を観ていましたが、さすが、日本の首都、東京のマラソン大会だと感じました。参加選手が市民ランナーも含めて、 3 万 6 千人と凄い人数のようでした。

  

  でも、冬のマラソンや駅伝は、男子も女子も短パン・ランニングシャツ姿が当然になっていますが、少しある距離を走って身体が暖ったまるまでは、そこそこ寒いだろうな? と思ってなりません。 それで、全く季節外れで申し訳ないのですが、今日の写真は、数年前の夏に撮った一枚です。

-

photo  1

Photo

 - 

  以前、お知り合いのお宅のお嬢さんを撮ったものですが、確か暑い夏の 8 月末か 9 月上旬頃だったと思います。 まあ、夏ですから、こんな格好はしごく当たり前なのですが、時たま、 TV 番組を観ていましても、よく女優さんや女性タレントさんが、この冬の寒い季節に、いくらスタジオの中が暖かいといっても、両肩を出したノースリーブ姿をお見受けします。

  

  それを、コタツに入りながら観ていますと、何か、こちらが寒さを感じてなりません。 皆さんは、いかがでしょうかね? こんなこと感じるのは、拙者だけでしょうか。 と、言いつつも、夏の写真を載せている拙者も、 おバカに見られるかも知れませんね‥‥‥‥!!!!

  

  では、ついでに この機会ですから、もう一枚載せたいと思います。 お顔はかなりの美形ですので、すみませんがボカシを入れさせて頂きました。 いつになるか不明ですが、御本人が了解していただけたら、パッとブラー解除したいと思います。

-

photo  2

Photo_2

 - 

     これの撮影場所は、信州の避暑地で別荘が有名なところです。 写真 2 の白い建物と池がヒントです。 と云っても、沢山似たような場所がありますので、ご想像にお任せしたいと思います。 

  

  それで、東京マラソンに戻りますが、男子の 2 位になりました、「藤原 新選手」は、ゴール直前で、外人選手をものの見事に 2 人も抜いた、ああ云うシーンを TV から観ていまして、結構興奮して、ヤッター!! とつい拍手を送ってしまいました。 お疲れ様でした。 ロンドンでも頑張っていただきたいと思います。

  

      同じ日本人としての血が流れているので、

            

            当然だと言えば、当然です!! っと。

   

-

コメント

商品撮影の真似事を試みましたが!!

2012年02月26日 | 写真

  今日は、朝、薄っすらと雪が積もっていました。 もう、 2 月も末に近づくと言うのに、まだまだ寒い日が続きそうです。 昼間、太陽も全く見えず、外へブログ・ネタの写真も撮りに行く気にもなりません。  が、こういう日は、逆に仕事がはかどり、ある意味充実感が得られました。

  

  なんせ、自営業と言うのか、自由業と言うのか、日頃の時間の使い方で、納期に間に合わせる為には、日曜も夜も関係ない訳です。 ですので、これ幸いの感じでした。 でも、本当はお天気を期待して、今日撮りに行った写真をネタに、ブログ記事にしようと思っていたので、予定が狂い、急きょ変更して、表題の話題になりました。

-

photo  1

20120225b

-

photo  2

20120225a

  

  これは、 YAMAHA の音声をミキシングする機器ですが、以前何かでこれらのパンフレットを見た記憶があり、それを見習って、自分なりきに撮ってみたものです。 部屋を真っ暗にして、照明を 1 か所から当てて、接写撮りを試みました。

  

  手持ちで撮ったので、ブレがあり、1 .6 ~ 2 .0 秒を息を止めて試みましたが、うまくいきませんでした。 使用したレンズは F 値が、 3 .5 でしたが、もうちょっと F 値の明るいレンズを使わなくてはダメでしょうかね。

  

  まあ、仕事で撮っているものではないので、気楽にシャッターを押してしまいましたが、これが、クライアントからの正式なオファーでの撮影でしたら、ミスは許されないので、緊張感の中での撮りになっていたでしょうね。 以前も、ブライダルのビデオ撮影も、土・日に集中していたので、毎週木曜日頃から胃が痛くなっていたのを思い出しました。

-

photo  3

20120225c

Canon  EOS  Kiss  Digital

  

   もうちょっと、勉強をし直さないと、何処にも使えない写真になってしまいました。

    

       こんなもんです!! っと。

-

コメント

時には、Mosrite Guitar を弾いてみたい!!

2012年02月25日 | 音楽

  今日は、朝、小雨からみぞれにかわり、一時本格的な雪になりそうなお天気でした。 ここ 2 ~ 3 日陽気が暖かかった所為もあり、大変寒く感じた一日でした。

  

  ここちょっと忙しがっているので、なかなかエレキ・ギターを楽しむ時間が取れません。 こういった楽器は、毎日連荘での訓練が大切なのは分っているのですが、どうも実行出来ずにいます。

-

photo  1

Mosrite_guitar

  

  我が愛用の Mosrite のエレキ・ギターです。 Youtube にも、下手な演奏を載せていますが、上の写真のサンバースト色は、国産の Mosrite です。 が、もどきのギター?かも知れません。 なんせ、このギターは長野県の某社で作られていますが、 ギター・ヘッドに 「Mosrite  of  California 」 と入っています。 でも、県内にも、Japan  California が存在している? からいいのです。

  

  そして、下の青いギターは、 Mosrite 商標権をお持ちのところから、直接購入したものです。 一応、「Made  in  USA 」 となっていて、実際に弾いてみますと、音質は違います。 勿論、弦も違っていますし、こちらのギターのほうが、円(まろ)やかに包み込む感じのいい音になっていると思います。 それと、このギター特有のジャーマン・カーブと云うボディがたまりません。

  

  でも、国産の Mosrite も、「♪パイプライン」や「♪ダイヤモンドヘッド」などのベンチャーズ・サウンドにぴったしの音を出してくれて、もう何とも云えないくらい、好きなギターです。 でも、ネックが普通のギターより細いので、反りなどが心配ですが、 トラスロッドがヘッド側に無く、フロント・ピックアップの側にあるので、扱いずらく、ただ一つの難点かとも思っています。

  

  そもそも、この Mosrite 社は、セミー・モズレーさんが立ち上げた企業だったようですが、この方は、あの The  Beatles が一時使っていたギターでも有名な、「リッケンバッカー」の社員さんであったと言われているようです。 

  

  まあ、ザ・ベンチャーズも、何年前からか忘れましたが、日本公演の時には、この Mosrite のギターでなく、Aria エレキ・ギターを使用していましたから、 本物の Mosrite にこだわるのでしたら、 ´63Model を手に入れなきゃダメですね。

  

  でも、一つだけ追記しますと、このベンチャーズが、確か 2004 年 1 月に NHK の収録時に、当時、一時ベンチャーズから退(しろぞ)いていた、リード・ギターのノーキー・エドワーズ氏がこの時のコンサートで使っていたギターは、 Hitchhiker (USA)の「Nokie Edwards Model」でした。 これも、 Aria の「荒井貿易KK」さんで取り扱っているのですが‥‥‥!!  欲しいギターです。

  

  エレキ・ギターのブランドは、海外・日本と沢山有りますが、それぞれの年代に依って、好みもそれぞれだと思います。 また、アコースティック・ギターも色いろあり、ビギナーさんでしたら、選択肢に困ると思います。

  

  このエレキ・ギターに関しては、特にクラフト・マンではありませんが、材質やネックやピックアップ、そしてハード面のコンデンサーやハンダ材に至るまで吟味して、ハンド・メイドのオーダーを出せる身分になりたいくらいです。

  

  でもその前に、 腕を磨いて、太い 5 弦をチョーキングする 「♪Slaughter  On  10th  Avenue 」 をマスターして、映像に残してみよう!! っと。

 -

  

コメント

やはり信州は、観光地です!! 県外ナンバーが凄いです。

2012年02月24日 | 車・クルマ・くるま

  今日は、朝からかなりの雲が広がっていましたが、その間から、ありがたい太陽が出てくれていました。 思っていたより好天気の一日でした。

  

  さて、まずこちらの写真をご覧いただきたいと思います。 

-

photo   1

Photo

   

   これは、車のナンバーですが、昨年ブログを開始した 5 月以降に、長野県内で拙者があちらこちらへ出掛けた際に、撮影したものです。 一応こちらは、長野から北方面に向いて、一番遠いところのナンバーですが、北海道には、この「札幌」・「函館」の他に、「室蘭」・「帯広」・「釧路」・「北見」・「旭川」などのナンバー・プレートがあるようです。

  

  青森も、この「青森」ナンバーの他に、「八戸」もあるようです。 九州のブログ友人のeitenさんにも後押しされて、その都度に撮ってはいるものの、「全国制覇」となると、かなり難しい感じがしています。

  

  と、申しますのは、長野より北方向の、宮城、福島、茨城、新潟、東京、神奈川、埼玉、群馬の各県のナンバー・プレートは既に撮影済みですが、南方向は、静岡、福井、石川、富山、奈良、徳島の各県を撮ってあるだけで、あとは殆んどナッシング!! と云う感じです。

  

  下の写真にも「宮崎」ナンバーが映っていますが、定期便トラックのナンバーで、乗用車をターゲットにおいていますので、更なる挑戦をしたいと思っています。

-

photo  2

Photo_2

  

  時間がありましたら、本当は、沢山のナンバープレートをお見せしたいのですが、ナンバー数字を隠して表示しますので、ちょっと時間が掛かるというものです。

  

  また、時間を少しづつフォト編集をしていきたいと思っています。 そのあかつきには、パッと、カッコ良く、全国のナンバー・プレートをご披露申し上げたいと思っています。

  

  WEBで、全国のナンバー・プレートを調べましたら、 105 件があるようです。 そして、今日現在拙者の手中にある写真が、 62 件です。 未だ 43 件が撮ってありません。 それも、沖縄・九州地方をはじめ、山陽、山陰、四国、近畿地方に集中しています。

  

    でも、これ結構撮るのに大変なんです!! っと。

-

コメント

癒しの七福神めぐり~~!!

2012年02月23日 | まち歩き

  今日は、朝から小雨でしたが、徐々に晴れの天気になってきました。 でも、真っ青な空と言えず、大分雲が覆っていた感じでした。 でも、陽気はそんなに寒くなく、一歩一歩、春に近づいてきています。

  

  あの、アマチュア・カメラマンの kazu 先輩からも、早々にスチル撮影のお誘いをいただきまして、 早く仕事を完了したいと思っています。 が、やはりまだまだ頑張ってやらなければならず、これでも必死です。

  

  で、今日は、朝 TV を観ていましたら、東京の「七福神めぐり」の映像が出ていました。 それに対抗でもないのですが、ここ長野にも、「善光寺・七福神めぐり」がありますので、ちょっとのさわりですが、お話し致します。

-

photo  1

Photo

  

  こちらは、長野駅近くにあります、「刈萱山(かるかやさん)・西光寺」です。 よく皆さんは、ここから七福神めぐりのスタートをなさるようです。 ここの神様は、「寿老人」で、長寿の象徴と言われていますし、この西光寺さんに、御朱印を押す色紙もあるようです。

  

  ここから出発して、長野中央通りの表参道を北の善光寺さんへ向って、その左右の道々近在に、七福神の他の神様などがいらっしゃいます。 今、手元に資料が出て来ないので、大部分省略ですみませんが、また、拙者が場所場所の写真を撮ってきましたら、改めてご紹介したいと思います。

  

  ここ長野県には、雪が多くて大変な、北の方の「飯山(いいやま)七福神」、 諏訪湖地方の「湖畔(こはん)七福神」、そのまだ南の「伊那(いな)七福神」、また岐阜県との県境の「木曽(きそ)七福神」が、あるようです。 恐らく、日本全国津々浦々、これらの神々は多数いらっしゃると思います。

  

  そして、長野・善光寺さんへ向う中で、仲見世通りがあり、その真ん中辺左側に、「延命地蔵」さんが鎮座なさっていますが、その対面(といめん)に、この「善光寺七福神めぐり」のラストを飾る、「世尊院(せそんいん)釈迦堂」があります。

-

photo  2

20120215

-

photo  3

20120215_2

   

  写真 3 が、その世尊院(せそんいん)ですが、ここの神様は、「毘沙門天(びしゃもんてん)」で、ここを最後にお詣りして、色紙の御朱印は善光寺さんでいただく様になるようです。  七年に一度の「善光寺御開帳」時には、ここ地元・松代から、大小 2 本の回向柱(えこうばしら)を、善光寺さんに奉納しますが、大の回向柱は、勿論、善光寺・本堂前に立てられますが、小の回向柱は、この世尊院釈迦堂前にも建立されています。

  

  ですので、「松代」と「善光寺さん」とは、それなりの縁があると云うことを申し上げたかった!! と云うことです。 

     

     一応、善光寺さんは、日本の国宝です!! っと。

-

  

  

コメント

Blu-ray 新ソフトをマスター!! しました。

2012年02月22日 | ビデオ制作

  今日も、朝から快晴のいいお天気でした。 また、陽気も暖かく、一気に春になるのか!! と匂わせてくれましたが、明日からは下り坂の予報で、どうなるのですかね。 

  

  でも、ここ長野のさくら前線のニュースですと、 4 月 13 日頃からの様子です。 丁度、 15 日(日)が、「長野マラソン」になりますので、ちょっと面白い画を狙ってみようと思っています。 もっとも、この頃も、仕事が忙しくなっていて、どうなることやら‥‥‥、です。

  

  で、今日の拙者は、手を挙げて喜んでいます。 何故かと申しますと、ここ一昨日から PC 画面で、悩みながら作業をしていましたが、やっと Blu-ray DISC 制作の新しいソフトを、何とかマスター出来たからであります。

-

photo   1

20120222pc_encore_cs

  

  こちらは、その新ソフトの最終画面で、この後は、Blu-ray DISC の書き出しをするだけです。 正直、嬉しくて嬉しくて、ここ 2 ~ 3 日必死に悩んだ甲斐があったというものです。 確かに、このソフトの扱い方教本はあるのですが、 100 %の説明はなくて、あとは自分で、色いろと手探りをしながら、マスターしていかなくてはならず、頭が痛くなる問題でした。

  

  昨年も、他のソフトで、Blu-ray DISC は、ある程度のレベルのものは作っていたのですが、プロとして、それでは物足りず、ある機会を得て、新たな挑戦をしたと云うことです。 

  

  まさか、この歳で、マスター出来るとは思ってもいませんでした。 やったー!! やったー!! と叫びたいくらいです。 扱いが難しいソフトです。 でも、世の中には、拙者以上に、これ以上のソフトを使って、もの凄い Blu-ray  DISC を制作されておられる方が、沢山いらっしゃると思います。 そう思いますと、小さなことで喜んでいるみたいで、やっぱりアホですかね。

  

  これで、仕事の範囲が広がるかというと、そうでもなく、ある意味、制作者としての自己満足に過ぎないかも知れません。 でも、それでいいと思っています。 こうして拙者が作ったものは、未来永劫(みらい・えいごう)、色んな人たちに見ていただくと言う、楽しみがあると思っているからです。

  

  何かで読みましたが、 Blu-ray  DISC は、 50 ~ 100 年は再生可能と言われています。 ですので、中途半端なものは、残したくない!! と云うのが、心の根底にあります。 ちょっと、ある意味、映像の技術者として、大袈裟にカッコいい所だけを、書いてしまいました。

         

       そんなもんです!! っと。

-

コメント (1)

きよみさんの干し柿です!!

2012年02月21日 | 食・レシピ

  今日も、朝からいいお天気でした。 気温も太陽が出ているせいか、部屋の中で、陽を受けていると、結構暖かく感じました。 でも、外はやはり寒い感じです。 でも、一歩一歩春に近づいている気がします。

  

  さて、表題ですが、一昨日、ここから約 30 分くらいで行ける、小川村へ出掛けて「道の駅・おがわ」の農産物直売所で買って来たのが、拙者の大好物、「干し柿」でした。

-

photo   1

20120219e

Canon  SX30IS

  

  2 月 3 日(金)のブログでもネタにしましたが、今回の干し柿は、同じ信州産でも、いままでの渋柿と違って、「小川村」生産の干し柿で、種類は、「蜂屋柿(はちやがき)」のようです。 正直言って、カミさんに教えて貰ったのですが、色いろあるようです。

  

  また、この柿に似ているものに、「愛宕柿(あたごがき)」 と云うのがあるようなのですが、また、出掛けることがありましたら、物産直売所か八百屋さんで探してみようと思っています。 なんせ、この味が大好きです。 もっとも、この辺のスーパーに行っても、店頭に並んでいるのは、殆んどが同じ信州産の「市田柿」で、その他の干し柿は見当たりません。

  

  それに、期間的なものがあり、もたもたしていると、この干し柿も間もなく終わってしまい、食べれなくなってしまうと思います。 で、今のうちに‥‥‥、っと思い、躍起になっている訳です。 おバカですよね~~~~!! (笑)

  

  で、このパック上には、中の干し柿の生産者さんのお名前が、貼ってあります。 JA 関連のスーパーでも、この直売所卸の商品には、全部、この生産者のお名前が記されています。 今回購入しましたパックには、「きよみさん」のお名前が、書かれていました。

         

        きよみさんへ!! 

     

    とても美味しくいただいています!!

       

      ありがとうございます!! っと。

-

コメント

すぐ近くで、-30℃?を記録したようです!!

2012年02月20日 | ブログ

  今日も、快晴のいいお天気でした。 もう空の青さが何とも云えないくらいに、いい感じに見えます。 でも、今朝も寒く、連日氷点下 6 ℃前後を記録しているようです。

  

  でも、昨日 19 日(日)の朝方 4 時前だったようですが、ここ地元・松代から直線距離で、おおよそ 10 ㎞先の「上田市・菅平高原」で、なんと -29.2 ℃の気温を記録したとのことでした。 これは、長野地方気象台の過去の最低記録だったようで、今朝の新聞でも大きく報道していました。

-

photo  1

20120220a

-

photo  2

20120220b_2

  

  この写真は、その氷点下の寒さを記録した、信州上田・菅平高原(すがだいら・こうげん)です。 友人のodixamaru(おじゃまる)君が、先日、拙者宛に送ってくれていたものです。 タイミングが云いというのか、うまい具合に、タイムリーなネタに使わせて貰いましたが、彼に厚く感謝しています。

  

  写真 1 は、スキー場、裏太郎ゲレンデで、写真 2 は、ず~~~と奥に見えている山が、根子岳で標高は2 千メートル以上の高い山のようです。 まあ、拙者もここ何年もこの「菅平高原」に、行っていませんので、もし、説明不足がありましたら、odixamaru君に補足説明を頼みたいとも思っています。(もし、ご覧になりましたら、宜しくお願い致します。)

  

  信州上田・菅平高原は、冒頭でも記しましたが、ここ松代から直線距離では約 10 キロくらいですが、実際に行くとなると、一番の近道は、松代の南方角の「地蔵峠」と云う、山道を越えて、真田町から上がって行くようになります。

  

  高原ですので、当然、夏は涼しくて、よくラグビーの選手などの合宿で有名なところです。 また、他にもサッカー・パラグライダー・乗馬・ゴルフと云ったスポーツのメッカとなっているようです。

  

  そして、もうひとつ、この菅平高原は、あのスイスを感じさせる風景などから、「日本のダボス」とも呼ばれているようです。 もっとも、拙者もスイスには行った事がありませんので、何とも申し上げられませんが、そんな感じの写真も odixamaru君が送ってくれていました。

-

photo  3

20120220c

   

  こちらがそうですが、無責任な言い方で申し訳ありませんが、ご覧いただいて、それぞれでの思いを、ご自由にお持ちいただければと思います。 そんなもんです。 もっとも、冬は見渡す限りの銀世界の状況ですが、「菅平高原ダボス・エリア・スキー場」と銘打っているところもありますので、満更ではないと思います。

  

  

  さて、毎朝氷点下を記録していますので、暖かい地方にお住まいの皆様には、皆無といっていい程の面白い写真を載せてみたいと思います。

-

photo  4

20120220d

  

  これは、当自宅で使用しています、「水道凍結防止帯」へ電気を送る機器です。 先程急いで撮って来ましたので、ピンがあまくて見ずらいですがご容赦をいただいて、ご説明いたしますと、屋外の水道管が寒さで凍ってしまうと、当然、家の中でも水が出なくなり、それを防ぐ為に、地上から家屋に出ている部分に、凍結防止帯を巻きつけて、電気でヒーターを送り込んでいるわけです。

  

  この機器は、四六時中フル 24 時間電源コンセントを入れっぱなしですが、センサーが寒さを感じて、自動で電源が入り(緑色)、水道管に撒き付けてある凍結防止帯に通電(赤色)し、ヒーター(黄色)が異常ないかを見張っていてくれる、優れものです。

  

  例年、大体 11 月末頃から、3 月末頃まで使っています。 また、他の屋外にある水道管は、その都度、元栓を閉めたり開けたりして、使っています。

      

       手馴れた、習慣です!! っと。

-

  

  

コメント (1)