……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

信州・長野市松代 「山寺常山邸」庭園の秋……!

2018年11月16日 | まち歩き
  今日は、秋晴れの良い日でしたネ!



  こちら長野では、秋も大分進み、落葉も目立ってきています。



  お陰様で、この11月に入ってからフォト取材に結構行けてまして………、と言っても近間ですので、時間的には余裕がある感じになっています。



  で、今日の写真は、「山寺常山邸(やまでら・じょうざんてい)」の紅葉をご紹介したいと思います。



  この山寺常山氏も、佐久間象山先生同様松代藩士で、先頃ご紹介しました象山神社とは目と鼻の先に位置し、距離にして100m前後だと思うのですが、象山神社の紅葉を撮りに行ったついでに、ここも見たのですが、紅葉がちょっと早かったので、日を改めて取材に行ってみました。



  この山寺常山邸は、長屋門と書院だけが遺っていて、あとは庭園が整備されて、ある程度の鑑賞にはもってこいになっていると思います。





photo 1




  まずは、長屋門をご紹介しましたが、大きなイチョウの木が目立ちます。



  そして、中の庭園に入って、色々なポイントからカメラを向けて来ました。




photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10




        撮影日 2018年11月12日(月)AM10:30~




  ご覧いただきましたように、この山寺常山邸の紅葉は、カエデの樹がまとまっている訳ではなく、場所場所に点在していて派手さはありませんが、そこがまた質素な感じで趣きのある紅葉が楽しめると云う庭園になっていると思います。



  この山寺常山邸の庭園の奥に、土蔵があるのですが、中には色んな展示物などが飾られていて、ここを目当てにいらっしゃる人達もいらっしゃるようです。



  自分が行った日は、絵画が展示されていました。



  また、書院での丸窓からの紅葉撮りを狙いに行きましたら、こちらの部屋でも同じような絵画が展示されていました。













コメント (8)

信州・長野  若穂の清水寺(せいすいじ)の紅葉は最上級………‼

2018年11月13日 | まち歩き
  今日は、思いのほか晴れになりました。もっとも、一日通すと曇り空ですが、雨にならなくて助かりました。



  goo blogお仲間のブログを拝見させていただいておりますが、紅葉画像がここグッと増えているような気がしています。



  自分も連日紅葉画像を並べていますが、あまり気温が寒くならないうちにと思ってそこそこ頑張って載せています。



  と云う事で、今日の写真も、紅葉画像をご紹介したいと思います。



  はからずも、地元紙の朝刊(北信版)に、今日ご紹介する「若穂の清水寺」の紅葉写真が記事扱いで大きく載っていました。



  記事によると新聞の写真は昨日12日(月)に記者さんが撮られたようですが、こちらが撮ったのは11日(日)でした。




photo 1


photo 2




  まずは、清水寺本堂への入口門の傍に鐘楼があるのですが、その近辺の紅葉を狙ってみました。



  そして、この後は、清水寺観音堂に通じる一直線の石段参道の両側に色づいていたイロハカエデやミネカエデなど、カメラをあちらこちら向けて、撮って来ました。




photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11


photo 12


photo 13




  最後の2画像は、殆んど同じ場所から、横撮りと縦撮りの両方を撮ってみました。





  そして、昨今のスマホ時代の流れと云うのか、お若いお嬢さん達が、写真を撮るエチケットを知らないと云うのか、意識がないと云うのか、他人様がカメラを構えていても、その前に堂々と割り込んで来て、きゃっきゃ騒ぎながら、「これキレイ……‼」と言って、かぶって来ました。



  まあ、怒っても大人げないので、一応証拠写真だけ撮ってみました。



  もっとも、スチル撮りでしたからよかったのですが、ビデオ撮りでしたら、「おい、姉ちゃん達ヨ~~~、かぶっているぜェ~~~~‼」と注意していたかも知れません。




photo 14




  その後、気を取り直して………、



photo 15




          撮影日 2018年11月11日(日)午後 1時頃~~




  これで、今年予定した紅葉撮りは、かなり済んだことになりますが、もうちょっと、長野近在の紅葉写真にお付き合いいただいたいと思います。












コメント (12)

信州・長野 松代の象山神社の紅葉もいいですヨ………‼

2018年11月10日 | まち歩き
  今日は、予報通りとはいかず、朝から小雨混じりで午後一も曇りのままで、紅葉のフォト取材に行く予定を失いました。



  まあ、こういった事もあるので、明日にでも変更しようと思っています。



  紅葉の画像は、太陽光のあるなしで大部鮮やかさが違うと思っていますので、無理しないようにと考えています。



  それで、今日の写真も紅葉の紹介ですが、松代にあります「象山神社」の色合いです。



  この「象山神社」の敷地は、幕末に活躍した松代藩の家臣の佐久間象山先生の生誕の地でもあります。



  入口の大鳥居からご案内したいと思います。




photo 1


photo 2




  大鳥居をくぐると左手に小さな池があり、その背景にはちょっとした竹林があり、それが紅葉の色合いとマッチしてくれて、素敵な景観が見れると思います。



  そして、境内の奥には社殿があり、その右前に樹齢400年以上といわれています「イロハカエデ」の大木が立っています。




photo 3


photo 4


photo 5




  今年は、このイロハカエデも色合いが良く、この木の内側からあちこちとカメラを向けてみました。



photo 6


photo 7


photo 8   高義亭(こうぎてい)




  この高義亭は、佐久間象山先生が幕末の志士などの中岡慎太郎や勝海舟、高杉晋作などをを迎えて、日本の未来を語り合ったとも云われています。



  そして、佐久間象山先生が京都にいらした時の茶室「煙雨亭」(えんうてい)を、ここ神社の境内に移築してあるのですが、この煙雨亭の裏側に絶好な景色もあるので、そこもおさえてみました。




photo 9


photo 10


photo 11




  また、この象山神社の東側にも黄色が目立つ木がそびえていますので、それも押さえて来ました。



photo 12





  撮影日 2018年11月 8日(木)午後12時半頃………‼



  ところで、明日は本当に天気になってくれるんでしょうネ………‼











コメント (8)

信州・長野 川中島古戦場の秋へ………‼

2018年11月09日 | まち歩き
  今日は朝、多少太陽が見えたのですが、予報通り曇り、午後からは小雨になりました。



  明日、明後日とお天気が良さそうで、もみじ狩りにはジャスト・タイミングのようです。



  こちら長野市も紅葉が一時遅れていましたが、ここ3~4日急な暖かさで一気に紅く染まっています。



  で、今日の写真は、長野市上松の「昌禅寺」の帰りに寄った「川中島古戦場」の紅葉をご紹介したいと思います。



  ちょうど時間的に太陽光の角度も良く、自分ではそこそこお気に入りの画像が得られたと思います。




photo 1


photo 2




  まずは、道路に面した紅葉を狙って、あの戦国時代に川中島合戦で決死を競った越後(新潟県)の上杉謙信公と甲斐(山梨県)の武田信玄公の一騎打ちの銅像の方へ向かいました。



photo 3


photo 4




  そして、同敷地にある八幡神社の後方にある景色や、川中島史跡公園へも廻って、色々と撮って来ました。



photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11




  撮影日 2018年11月7日(水)午後より





  そう言えば、買い物に行ったお店に、「ハズキルーペ」が店頭に並んでいました。



  あれだけTV-CMで有名になっているので、見本を掛けてみました。



  1.3倍と1.6倍がありましたが、1.3倍は見易かったのですが、1.6倍は近くの文字は自分の眼では見づらく感じました。


  
  でも、業者さんは、こう言った所に着眼するのですから、感心してしまいました。















コメント (10)

信州・長野市上松  昌禅寺の紅葉は、見頃に………‼

2018年11月07日 | まち歩き
  今日は、太陽が出たり隠れたり、そんな一日になりました。尤も、暦では立冬のようですが、気温は低くなく温かな日でした。



  アメリカでは、上院、下院の中間選挙が行なわれ、ニュースでは上院は共和党、下院は民主党と「ねじれ」現象が起きそうだと報じています。まあ、何はともあれ、これから冬に入るので、灯油は勿論、ガソリン代が上がらないようにと願っている庶民の気持ちです。



  さて、長野市内もここ急に紅葉が進んで来ているようですので、ちょっとした紅葉の穴場スポット長野市上松の「昌禅寺」(しょうぜんじ)へ行ってみました。



  なから紅葉も進んで、見頃になり始めた感じでした。



  で、今日も入口の撮影中ここへ来られたご夫妻から、「クルマは何処から入れるのですか……‼」と尋ねられ、ご説明をしました。



  確かに、皆さんカーナビでお越しになるようですが、お寺に入る入口が分からず、自然にお寺の上の方の道に上がって迷ったようでした。



  もし、この昌禅寺のお越しになられるようでしたらと思い、その周辺から駐車場の画像をご紹介したいと思います。




photo 1




  この画像で、クルマは右下から走行して来ますが、右側の石垣が切れた所に、植木がかたまっていて、そこの右側に入る坂道があります。



  そこを上がると、そのままお寺の駐車場に着きます。(下の画像3枚参照です。)




photo 2


photo 3


photo 4




  昌禅寺の駐車場はご覧のように狭く、10数台のクルマしか停められません。





  で、そこそこ紅葉もキレイになり始めたもので、いつものアングルですが色々撮って来ました。



  まずは、駐車場の隣の昌禅寺本堂へ向かう坂道から狙ってみました。




photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11




  撮影中、やはり太陽が出たり引っ込んだりしてくれましたが、徐々に天気も回復してくれて、結構沢山のカットを撮って来れました。



  また、それらの画像は後日改めてご紹介したいと思います。



  帰りに、善光寺東庭園の近くの道路を走ってきたら、「善光寺菊花展」の看板が出ていました。



  そう言えば、例年、昌禅寺の紅葉を撮りに行った帰りには、ここに寄って善光寺東庭園の菊花展を撮っていたような気がしました。



  でも、今日は、長野インターに近い、「川中島古戦場の紅葉」を狙ってきました。



  こちらも、後日改めてご紹介したいと思います。












  
コメント (6)

長野市若穂・清水寺(せいすいじ)の紅葉は、もうちょっと………‼

2018年11月05日 | まち歩き
  今日の日中は、そこそこ温かな日になりました。



  一昨日、地元で着物モデル撮影会があり、そこに、あちらこちらのカメラマンさんがいらしゃいますので、長野市近在の紅葉状況をお尋ねして、あと一週間くらいが見頃では………、と教えていただいたのですが、やはり自分の眼でも確かめようと、出掛けてみました。



  家からこの若穂の清水寺は、往復で約25Kmで、ものの1時間ちょいあれば戻れるので、清水寺の紅葉の様子を見て来ました。



  百聞は一見に如かず………、の言葉通りで、やはり紅葉が遅れている感じでした。




photo 1


photo 2


photo 3




  この画像だけですと、紅葉も見頃のように見えますが、このモミジは3枚とも同じ樹で、いつも紅葉がいち早く現れています。



  そして、この石段は上にある観音堂への参道になっているのですが、途中まで上がって、下段にカメラを向けてみましたが、やはり、最盛期の紅葉ではありませんでした。




photo 4




  この清水寺の紅葉は、一番の見頃の時には、カメラをどこに向けても画になりますので、また一週間くらい後に行きたいと思います。












コメント (8)

信州・高山村 松川渓谷の紅葉撮りに………‼

2018年10月26日 | まち歩き
  今日は、久し振りに朝から秋晴れの好天気になりました。



  それで、先頃このgoo blogのお仲間のお写真から情報を得て、長野県上高井郡高山村にある松川渓谷の入口の赤くて有名な高井橋を撮りに行って来ました。



  この情報をいただけたのは、同じ信州・中信地方にお住まいと思われるお姫様のblogでした。



  この松川渓谷は、クルマで家から小1時間くらい掛かる場所ですので、紅葉進行状況が不明だと、ささっと行く訳にもいきませんので、大助かりしました。この場を借りて、お姫様にお礼申し上げます。有難うございました。



  確かに、今日は金曜日ですので、地元紙の県内の「紅葉だより」もあり、この松川渓谷は先週も「見 頃」の表示が出ていましたが、やはり文字だけだと実際の画像と比べると、どうしても後者を信じ頼れると思います。



  また、今日も「紅葉だより」を載せたいと思います。










  で、この後は、今日撮って来ました「松川渓谷・高井橋」の様子です。



photo 1


photo 2




  次は高井橋の近くに行って撮ってみました。



  そして、この周辺の散策道や岩肌からの紅葉を狙ってきました。




photo 3


photo 4


photo 5




  この岩肌づたいに散策道が奥まであるようですが、「熊出没の危険あり」の看板表示があったので、止めることにしました。



  周りにもカメラマンさん達が大勢いらっしゃって、近くの駐車スペースも県外ナンバーのクルマが結構停めてありました。



  また、10数人のグループさん達が来られましたが、会話が日本語ではありませんでした。



  そして、最初に撮った場所に戻って、高井橋をちょっと角度を変えて撮ってきました。




photo 6


photo 7




  この画像は、正直カーブしている陸橋から撮っているのですが、高所恐怖症の自分にとっては、足がすくみながらの撮りになっています。



  その場所は、こんな感じです………‼



photo 8




  まあ、ガードレールがありますが、下を覗くと身震いが起きます。(笑)





  そして、家に戻る途中、若穂保科「清水寺」(せいすいじ)の紅葉状況を確認したくて、ちょっと寄って見ましたが、まだまだ早い感じでした。




photo 9




  この清水寺は、地元ではかなりの人気ある紅葉スポットで、あと10日から半月後くらいには、これらの石段が人混みで賑わうと思います。



  ただ、ここのもみじの色合いは、年によってくすんだ紅になる時があり、撮影時期のタイミングが難しいことがあります。



  撮影に行く時は、クルマを運転しながら、「今年も良い色合いでありますように………‼」と願いながらのフォト取材になっております。



  今年は、どうなるか………?












コメント (10)

信州・長野 「国宝・善光寺」をたっぷりと………!

2018年10月21日 | まち歩き
  昨日20日(土)は、長野市内で2か所のイベントがあったもので、小雨混じりでしたが、出掛けて来ました。



  その記事は、後日ご紹介したいと思います。



  で、驚いたことに、道路の渋滞が異常になっていて、「なんでこんなに混んでいるんだ!」と思っていながらの運転でしたが、帰ってWEBで調べたら、1998年冬季オリンピック会場にもなった「長野ビッグハット」で、何とかブラザーズと云う歌手さんのライブがあったようでした。



  自分もこの「長野ビッグハット」近くをクルマ走行したのですが、建物の外で若い女の子が大勢並んでいました。



  先頃の埼玉アリーナでの「沢田研二さん」のコンサートのドタキャンではありませんが、その人なりきの考え方があるようですが、ファンやお客さんをどんな理由があるにしろ無視しては芸能人としては失格だと、私はそう思います。



  こう言っては語弊があるかも知れませんが、自分も若い時、小さなステージに立って弾いたり歌ったりしたことがありますが、当時は見に来てくれた観客のことは僅かしか思わず、ただ自分たちの演奏をしっかりやろうと自分勝手な考え方でステージを務めていたような気がします。そんなもんでした。



  でも、今回は日本のビッグスター「ジュリー」だからなあ………‼






  さて、今日の写真は、先般からご紹介してきました「善光寺表参道」の散策から目的地である「国宝・善光寺」での参拝になるのですが、それをたっぷり?とご紹介したいと思います。



  もっとも、国宝・善光寺本堂内は、撮影が禁止されていますので、建物外観のみになります。






  まずは、毎度おなじみの善光寺本堂の正面からです。




photo 1   国宝・善光寺本堂




  そして、本堂前にあります大香炉です。殆んどの参拝者がここでお線香を購入して火を付けて、それを大香炉の中に入れて、そこから出て来る煙を身体に浴びせて本堂に向かいます。



photo 2   大香炉




  この煙を浴びた場合の効能は、よく分かりませんが、身体に潜む邪鬼を祓う? のか疑心暗鬼な感じです。



  そして、この後は、善光寺本堂の左右などから全貌を撮って来ました。




photo 3   善光寺本堂 右斜めより


photo 4   善光寺本堂 右側(東)より


photo 5   善光寺本堂 左側斜めより




  親鸞聖人さまの像も境内に見られます。



photo 6   善光寺本堂 左側(西)より


photo 7   善光寺本堂 東庭園より




  以上が善光寺本堂の全貌ですが、この善光寺本堂の左手に「経 蔵」が建っています。



photo 8   経  蔵


photo 9




  この経蔵は入場料が必要ですが、建物内部に入ることが出来ます。



  そして、こちらは、輪廻塔と云われ、この丸い石の輪を廻すと、色んな苦悩から抜け出せると云われています。




photo 10   輪廻塔


photo 11


photo 12  経蔵全体




  そして、こちらは、7年目に巡って来る「善光寺前立本尊御開帳」時に善光寺本堂前に立つ「回向柱」の用済みになった場所です。



  先程の経蔵の裏手に位置しています。




photo 13   過去の回向柱




  これだけですとイメージが湧かないと思いますので、3年前の4~5月に行なわれたその「善光寺前立本尊御開帳」の本堂前の様子をご紹介したいと思います。



photo 14   前回の善光寺前立本尊御開帳




  この善光寺本堂の前に立っている柱が「回向柱」です。本堂内の仏様と善の糸で繋がっていて、この回向柱を触れることにより、本堂内の仏様に触れたのと同じご利益が得られると云われております。



  この「回向柱」は、この善光寺本堂の再建時に松代藩真田家が携わったことから、ず~~~っとこの「回向柱」は、松代町からその都度奉納されています。



 

  さて、話を善光寺さんに戻し、次は善光寺本堂右手に位置します「授与品所」です。お札やお守り等、善光寺さん関連グッズがここで全て手に入ります。




photo 15   善光寺・授与品所


photo 16   善光寺本堂前の境内




  最後は、善光寺本堂から山 門に向けての境内の様子を撮りの締めにしました。



  今日は長々となりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。




  この画像は先月9月23日(日)のお彼岸の中日に撮ったものです。











 
コメント (6)

信州・長野市近在の秋の紅葉デモ動画

2018年10月19日 | まち歩き
  今年も、秋の紅葉シーズンの便りがあちこちから聞こえて来ます。



  こちら長野の近辺も、場所によってはも紅葉が終わり始めていたり、予想以上に紅くなっていない場所がある感じです。



  地元紙は、毎週金曜日に、長野県の主だった紅葉スポットの進捗状況を載せてくれています。



photo 1




  こんな感じでの「紅葉だより」になっています。



  ここ急に寒さが増して来てはいるのですが、なんせ日差しが弱い感じで、紅葉が極端に遅れそうなスポットも出て来ました。  



  で、過去に撮り貯めた長野市近在の紅葉画像ですが、デモ用にフォトムービーを作りましたので、ご紹介させていただきたいと思います。








  フォトムービーの画像順番は、例年10月中旬頃から11月にかけて撮ったものですが、今年は若干順番もくるいそうです。



  また、あちこちから紅葉進捗状況の情報を得て、お天気に左右されますが、いいタイミングで紅葉撮りに行きたいと思っています。














コメント (6)

ながの善光寺表参道を散策し………‼(後編)

2018年10月11日 | まち歩き
  10月に入って、あっという間に1/3が過ぎ、秋の紅葉も、北の方から進んで来ているようです。



  こちら信州でも3,000m級の標高の高い山々が、場所によっては俗に云うてんとう虫のサンバ色(赤・緑・黄)になってきました。 


  
  夏の異常な猛暑が続き、ここ急に涼しくなって来ましたので、今年はどんな色合いの紅葉がどうなるか、正直楽しみがある反面、不安要素も捨てきれません。



  まあ、こればかりは、なるようにしかなりませんので、良い時期を狙ってフォト取材に行こうと思っています。





  さて、今日の写真は、ながの善光寺さんへの散策の中での続編になりますが、善光寺本堂前の山 門の様子をご案内いたします。



  まずは、山門の中央に掲げられている「鳩字額」です。




photo 1   鳩字額




  この「鳩字額」には、文字の中に鳩が5羽隠れていますが………、想像しながら、ご覧いただきたいと思います。



photo 2   山 門


photo 3   延命地蔵(ぬれ仏)や六地蔵などの説明を受ける参拝者


photo 4   延命地蔵(ぬれ仏)   


photo 5   六地蔵




  矢印で表示しましたが、六地蔵の一番右側の菩薩様が左足を立てていらっしゃいます。



  
photo 6   延命地蔵と六地蔵


photo 7   山門前境内




  そして、この後は山 門をくぐって善光寺本堂で参拝するようになりますが、その前に手水舎で浄めてからになります。



photo 8


photo 9




  この日も、観光客の皆さんが参拝に訪れてくれていました。



  「一生に一度は参りたい善光寺………‼」と云われていますように、連日の賑わいは、長野県の誇りなのかも知れません。



  次回は、いよいよ国宝・善光寺本堂をご紹介したいと思います。















コメント (8)