……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

8 月 の 秋桜(コスモス)!

2011年08月31日 | まち歩き

  今日は、8 月 31 日(水)ですネ!

  

  皆様の、お陰をいただきまして、今月 8 月のブログ記事更新も、一ヶ月無事に皆勤出来ました。 この場をお借りし、日頃の感謝を込めまして、厚く御礼申し上げます。有難うございます。

  

  正直申し上げて、日々の更新記事ネタは、結構大変な?ものがあります。仕事関係でも、この場でお話し出来るもの、出来ないものがありまして、記事ネタの選別も大変なものがあります。広く世間一般でも、ブログを開設なさって、記事をお書きになっている皆様も、拙者と同じ思いをなさっている方も沢山いらっしゃると思います。

  

  なんか毎月、月末を向かえると、自然に一ヶ月を振り返る気持ちになるのは、なんなんでしょうかネ?? 恐らく、商売をしていますと、「今月の売上は! とか、支出は!」 とか経理面での計算がどうしても付き纏(まと)うからでしょうか?? そして、それを基にして、来月に臨(のぞ)もうとか考えてしまうのでしょうネ! でも、一般サラリーマンさんも同じような気持ちだと思いますが‥‥‥!!

Photo

Photo

何気ない 8 月の秋桜(コスモス)です。

  

  先日、散策中にこの花に出会いました。

  

  まだ、この季節ですので、そんなにコスモスの花が沢山咲いていた訳でなく、パラパラ咲きの中の二つの花を選んで、撮りました。 フォーカスはオートですので、右前のコスモスにピンを合わせるのは簡単なのですが、左奥のコスモス(花弁)にピンを合わせるのに、風で揺れるなか、 4 ~ 5 枚撮った内の1 枚です。 (正直この 1 枚しか、ピンが合っていませんでした。)

  

  「秋桜」は、主に秋に咲き、花びらの中央の花弁の形が、「桜」に似ているところから名づけられたようで、  「アキザクラ」と日本名で呼ばれていたようです。

  

  「秋桜」と書いて、「コスモス」と読むようになりましたのは、昭和 52 年( 1977 年)に、山口百恵さんの有名曲 「秋桜(コスモス)」 (作詞・作曲: さだまさし ) が、ヒットしたからだそうです。単なる歌謡曲と云ってしまえば、そうかもしれませんが、その歌謡曲でも、とてつもない力を発揮したようです。

  

  明日からは 9 月ですが、 陽気が多少は涼しくなってきたので、また暇を見付けて、出掛けて、

    

    色んな写真が撮れたらいいナ!! っと。

   

コメント

TV・宮崎県の高千穂の旅!

2011年08月30日 | テレビ番組

  今日も、長野は気温が32 ℃の真夏日でした。でも、この残暑も、明日の夕方あたりから、台風の影響で、雨になりそうとの事。 

  

  たまたま、このブログを書きながら、NBS 長野放送のニュースでの天気予報を見ています。そうです。あの大谷香奈絵アナさんが、TV に映っています。 毎日見れる訳ではないのですが、やはり彼女、お綺麗になられました。(当たり前ですよネ~~~!!) 以前、拙者にコメントをくださった KAITO さんと一緒に、本物を見に行きたくなりました。

  

  ところで、拙者の家は午後4時頃からお茶の時間になります。 そこの隣部屋で、拙者がヘッド・フォンを耳にあてながら音の編集作業をしていましたら、「お父さん! テレビで宮崎のことやってるヨ!」 とカミさんが、わざわざ呼びに来ました。普段でしたら、隣の部屋から、「お父さん! お茶入ったヨ!」 と声を掛けるのですが、恐らく、今日は拙者が、そのカミさんの声がヘッド・フォンの音で消されて、聞こえなかったのでしょう!!

  

  そして、拙者のブログ仲間の「 eiten様 」が宮崎県にお住まいになっている、と云うこともありますので、興味深くそのTV番組に見入ってしまいました。

  

  それは、BSジャパンの、「にっぽん原風景紀行/宮崎高千穂・神話の里」という番組でした。正直、拙者もいままで宮崎県について存じ上げている範囲はごく僅(わず)かしかありませんので、慌てて全日本道路地図を開いて、「高千穂」ってどこなんだ? と見ながら、その番組を見ました。

  

   photo

  Photo

宮崎県の地図です。長野県と似たような南北に長いのが特徴ですかネ!!

  

  番組内では、「高千穂神社や樹齢800年の夫婦杉、それに尾迫の荒神(神楽面)をかぶっての戸取りの舞、高千穂の夜神楽(よかぐら)、そして、天照皇大神を奉られていると云われている、天岩戸神社・東本宮、西本宮」などが紹介されていました。 もっとも、これらは、拙者が番組を見ながら、慌ててメモったもので、正確性に欠けているかもしれません。 勝手で申し訳ございませんが、正確なのは、 web で「宮崎県の観光!」をご覧いただければ間違いないと思います。(失礼致しました。)

  

  そして、この番組のリポーター役は、あの二代目林家三平さんの奥様国分佐智子さんでした。

  

   テレビ東京さんは、旅番組お得意ですネ! っと。

   

コメント (1)

越後の上杉、甲斐の武田、川中島合戦!

2011年08月29日 | 日本の歴史

  今日は、そこそこ暑い一日でしたが、ひと頃より大分湿気が無く、同じ暑さでも、爽(さわ)やかな感じがしています。

  

  さて今日は、何か歴史の雰囲気を感じさせる表題ですが、拙者は、中・高生時代は、社会や理科の教科が苦手で、キライでした。 以前も、高校の恩師の話をさせて頂いた時(6月4日)にも、記事にさせて貰いましたが、当時は全く興味がありませんでした。

  

  だが、TV で時代劇を見始めるようになった頃から、ごく自然に「日本の歴史」に興味が沸いてきました。、しかし、NHK の大河ドラマや民放各局での時代劇のON  AIR での範囲の歴史感覚ですので、日本史全部に詳しい訳ではありませんが、特に侍時代、いや戦国時代、いや平安時代、その頃からでしょうか、多少は時代の流れが理解出来るようになってきました。

  (一般の皆様に比べますと、非常に遅い目覚めかもしれません!)

  

  それに、拙者が住まいする地域「信州・まつしろ」も、真田家十万石の城下町の名残(なご)りが、あちらこちらに点在しており、県内外などから観光客の皆さんも訪れてくれています。また機会を作って、是非写真などでご紹介したいと思っています。

Photo

Photo

  

  上の写真は、ちょっと加工してあり、変な感じがするかも知れませんが、川中島古戦場の 武田信玄像(左)、上杉謙信像(右) です。 甲斐の武田家の「風林火山の軍旗」と、越後の上杉家の「毘や龍の軍旗」などを含んだ全体的な景観をお見せしたくて、こうなりました。

  

  いきなり、写真の説明で失礼しましたが、ここは拙者宅から約10分くらいの場所にあります「八幡原(はちまんはら)・川中島古戦場」というところです。 およそ500 年位前に越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄が十数回の戦いをなしたと云われており、ここ川中島平一帯での戦いは、NHK ・ TV の大河ドラマ「天と地と!」、「風林火山!」、「天地人!」や、また民放各局も類似した番組を放映していると思います。

  

  長野インターからも近いので、結構観光バスが入って来て、観光の目玉にもなっています。

   

  全く関係ありませんが、子供の頃は、漫画やラジオの「赤胴鈴之助」に夢中でした!

 

  剣をとっては日本一の、夢は大きな少年剣士!~~~ っと。

コメント

まだまだ夏! ブラック・サンド・ビーチ!

2011年08月28日 | 音楽

  今日は、午後から2部屋のクーラーを使いました。

  

  ここ信州・長野は、朝夕は過ごし易く、昼間はセミの鳴き声、夜は鈴虫の鳴き声、田舎の風情(ふざい)が、そのまま現われています。

  

  でも、まだ8月ですので、拙者の季節感はまだまだ“夏!”という気持ちです。 それで、お恥ずかしい限りですが、 Google の Youtube へ以前撮ってありましたThe  Ventuers  Oneman  Play の中から、「ブラック・サンド・ビーチ」と、「ドライビング・ギター」の2曲を、アップロードしてみました。 これで、拙者の Youtube へのギター演奏動画は、6曲になりますが、また視聴率?が楽しみです。

  

  なんせ、この動画は約3年くらい前に撮ったのですが、昔、高校生のときに覚えた弾き方そのもので演奏しています。要は、当初のレコードと楽譜に添って、自己流に覚えた演奏形態です。 それですので、ザ・ベンチャーズが日本に来た時のライブ・ステージでの演奏で弾いているギター・フレット使いとは、大分違っています。 今は、それに添った教則本やDVDでフレット使いやチョーキング、プリングオフなど、しっかり教えてくれていますが‥‥‥! 

  

  尤も、その通りにコピー出来れば、即、あのベンチャーズのリード・ギター「ノーキー・エドワーズさん」 に匹敵する演奏をお見せ出来るのですが、これが中々難しくて、左手の指が云う事を聞いてくれませんので、もし、ご覧いただく様な事がありましたら、その点を差し引いていただいて、ご覧願えればと思います。  (小さな声で、ヨ・ロ・シ・クです。)

  

     ブラック・サンド・ビーチ (弾 厚作:作曲)

          http://www.youtube.com/watch?v=Th4fR3RhkCc

    

    ②ドライヴィング・ギター  (ザ・ベンチャーズ:作曲)

         http://www.youtube.com/watch?v=OPwbyYF8Uqw 

  

  本当でしたら、♪ブラック・サンド・ビーチは、「MOSRITE」 のギターでなく、「YAMAHA のSG-7」 あたりで弾ければ、もうちょっと加山 雄三さんに近づけて、音もエフェクターとの絡みで、ベストな音をお聴かせできると思うのですが、拙者は、生憎(あいにく)このギターを持っていなくてすみません。 このギターは結構高価なギターでして、ブログ仲間の宮崎にお住まいの「 eiten 様 」 がお持ちで、又いつか、二人の演奏シーンを合わせて、動画を作ってみたいと思っています。 下の写真は、拙者が持っています「 SGV-300 」という低価格のギターです。「 SG-7 」と形は同じなのですが‥‥ 価格も音質も月とスッポンです。

    

    Photo

Yamaha_sgv300

YAMAHA    SGV-300 です。この独特な形が大好きです。

  

  こういったギター・テクニックを磨くには、毎日の練習が大切なのでしょうネ!! もと GS (グループ・サウンズ)の元カーナ・ビーツのリード・ギターのKさんも、ここ長野出身なので、この方と何度もお話しさせて頂きました中で、彼は、学校から帰って来てから寝るまで、毎日ギターを手放さなかった! とか‥‥‥? そうして、一流になっていくのでしょうネ!

  

  拙者は凡人ですので、人並み以上の練習をしないと、テクニックが上がっていかないでしょうネ!!

   

    頑張ってみよう !! っと。

コメント (1)

戦艦・大 和をハイビジョンで!

2011年08月27日 | THE 趣味 いろいろ

  お盆が過ぎたら朝夕はめっきり涼しくなりました。 今日は、お昼前から若干気温が上がりましたが、ひと頃の猛暑は何処(どこ)へやら‥‥‥!

  

  この様子でいきますと、秋になるのも以外と早まるのでは? と思ってしまいます。

  

  気温も安定し、日中の暑さもしのげるようになりますと、外のビデオ撮影も楽しくなってきます。 以前にも、このブログでご紹介しましたが、あのラジコンの「戦艦・大 和」を今年は、ハイビジョン撮影を試みる段取りでおります。

  

  秋の季節ですと、池の水もより透明感が増して、空の青空が池面に写り、被写体である「戦艦・大 和」が映(は)えてくる状態になってきます。 あの製作者の「桑原 進さん」も、新しい船を作っていらっしゃるようですが、それも楽しみの一つになります。

Photo

    桑原 進さん製作・「戦艦・大 和」

  

  Google の Youtube へこの動画をアップしてあるのですが、結構 Youtube 愛好者の皆さんの目にとまるらしく、お陰様で、視聴して頂いている再生回数もどんどん進んでいく感じです。拙者のところから、 Youtube へ30件の動画をアップしてありますが、ベスト3に入っております。(1と2は、高校生・吹奏楽演奏)

  

  このページの右側の「映像プロジェクト Youtube 」の下に、この「戦艦・大 和」の動画へのリンク先がございますので、 もし興味がおありでしたら、覗いて下さいませ!!

  

  それ故、今度はもう少し、迫力ある「戦艦・大 和」をご覧いただくべき、構成を模索中であります。 場合によっては、池の中に水中カメラを仕込んで、その上を「戦艦・大 和」に航行して貰うとか! 又は、ドライアイスの中を航行して貰うとか! いろいろアイディアは出てくるのですが、実際にどこまで可能か、作戦を練っていこう、と思っています。 また、実際のハイビジョン映像が出来上がりましたら、 このブログでご案内させていただく予定ですので、もう暫(しば)らくお待ち下さいませ!! 

  

  明日は日曜日です。 長年のビデオ仕事で、土・日・祝のブライダル・イベント撮影が多かったので、木・金曜日頃からは、胃が痛くなる感じでしたが、一区切りになってからは、土・日が楽しみになってきました。 それに、週一の楽しみ、Ippen さんの写真も‥‥!

    

   明日は天気がいいのかナ? っと。

コメント

ギター日本一は、凄過ぎる!!

2011年08月26日 | THE 趣味 いろいろ

  今日も過ごし易い一日でした。

  

  午前中の雨も、ちょっと豪雨の道筋からうまく外れてくれて、大事にならなくて済んだようです。安曇野・大町近辺の大北地方も、一時注意報が出たようですが、間もなく解除され、無事な様子でした。 だが、ニュースで見ますと、東京都内が凄かったようですネ!

  

  ところで、今日の表題ですが、これも昨日の長野のローカル・ニュースで知り得た話題ですが、クラシック・ギター愛好家による、全国コンクールで「金賞」をお一人で受賞なさった方が、お出になりました。 66歳の男性ですが、日本一に輝いた! ということでした。

  

  定年退職後、長野カルチャーセンターへ通い、そこで週一のレッスンと、自宅での1日2時間の練習をなさいまして、メキメキと上達をされたという事のようですが、やはり、若き学生時代にギターはお始めになられていたようでした。 そして、40年近い空白期間を経て、ご退職後の3年前から、基礎からと云うことで、カルチャーセンターに通われた様でした。 でも、本当にご立派な偉業と言うべきだと思います。 確かに、66歳以上の部門での金賞ですが、やはりご本人の努力とセンスがあったのだと思います。 大きな拍手をお送りしたいと思います。

  

  拙者も、中学2年の時でしたか‥‥! 同級生の友達の家に遊びに行った時に、その彼の兄さんのクラシック・ギターが部屋に置いてあり、それを初めて触(さわ)らせて貰いました。 何とも、新鮮な感じのいい音が鳴り、そのギターに一目惚れ! をしてしまいました。 それまで、4歳頃でバイオリン、小学校で、ハーモニカや縦笛しか楽器を知らず、それも好きにもなれず、イヤイヤの音楽の授業で、小学5年から中一は、プロ野球選手を目指して、野球少年でしたので、「こんな音楽なんてものは、男がやるもんじゃ無い!」と、ちょっと言い過ぎましたけど、そんな感じでした。ですので、このギターとの出逢いは、ある種のカルチャー・ショックと言うべきかも知れませんでした。

  

  それで、親に何とか頼み込んでクラシック・ギターを買って貰い、毎日、そのギターばかり弾いていました。 それも、自己流でしたが、教本などで勉強をすると、そこそこ弾けるようになり、もう夢中でした。 要は、「世の中にこれ程面白い楽器はない!」と、音楽に目覚めた感覚でした。

   

  そして‥‥‥ 6年前に‥‥‥ やっと!

  Fender_usa_stratocasterneck

  

  Fender  AMERICAN DX  STRATOCASTER  “V” NECK というエレキ・ギターです。

現在、拙者が一番好きなギターです。 MOSRITE  や GIBSON よりも‥‥ という感じです。

ピック・ガードも、わざわざゴールドにして貰いました。

  

  クラシック・ギターから、いきなりエレキ・ギターへ話しが飛躍し過ぎましたが、また追々(おいおい)と、この間の話しを続けていきたいと思っています。 間もなく、明日(27日)になってしまいますので、勝手ながら、今日はここで店閉まいとさせていただきます。

     

    あの、The  Eric  Clapton  BLACKIE  Stratocaster は、

   

        買えませんでした! っと。

   

コメント (1)

先輩kazuさん、来訪! 写真談義!

2011年08月25日 | THE 趣味 いろいろ

  今日も、ここ信州・長野は、晴れたり降ったりの涼しい一日でした。

  

  あの、アマチュア・カメラマンの先輩kazuさんが、久し振りにお越しになられました。 雨が降っていたせいか、いつもの外車ではなく、外車風国産車?で、乗り付けられ、又、美味しい野菜を頂戴しちゃいました。 さっそくに、今夜の我が家のおかずになるようで、毎度、ご馳走様です。 

  

  さて、それで先輩kazuさんとは、相変わらずの写真談義?をするのですが、最近先輩kazuさんがお撮りになりましたお写真を拝見したり、そのデータを拙者のPCへ入れさせて貰ったり、まア、そんな事をしている訳で、あります。 

  

  「池さんさ~~~! これ、露出・構図とバッチリで、プロでも簡単に撮れそうもない写真だと思わないかい?」 とか、「ここの前に、ちょっと子供でも入り込んでくれていたら、 いい写真になったんだよなア~~~!」 とか、いつも、たわいも無い会話ですが、これが結構楽しくて面白くて、時間がアッと云う間に過ぎてしまいます。

  Photo 先輩kazuさん撮影

  

  上記の写真は、先輩kazuさんが、先月お撮りになりました写真です。 信濃三十三番札所の札留め所でもある、上水内郡(かみみのちぐん)小川村にあります、「高山寺(こうざんじ)・三重塔」です。 高さが十七メートルあるようで、ここの高山寺には参拝者も多く訪れているようです。

  

  また、この辺の地図を見ますと、北アルプスを一望出来る、「アルプス展望広場」も高山寺に隣接しているようで、 機会をみて行く価値がありそうだと思いました。

  

  また、「小川村・道の駅」へ美味しいソバを食べに行った時にでも、ちょっと足を延ばして、先輩kazuさんの真似になってしまいますが、拙者も写真を撮って来ようと思っています。 もう直ぐ、紅葉のいい季節になりますもんネ!!

  

  それと、「宮崎のeiten様 」からも、励ましコメントを頂戴してしまいましたが、県外車のナンバー・プレートの写真集めも本格的に考えてみようと思いました。 インター出口の側のセブン・イレブンさんや、松代大橋越えての、おぎのやさんやそば蔵さんなどへは、結構県外車が来ているのを何度も見ていますので、ひょっとして、全国制覇も夢でないような気がしています。

  

  だが、おぎのやさんやそば蔵さんには、大型バスが駐車場に何台も入り込み、それを専門に誘導するスタッフさんがいますので、拙者がその駐車場の中で、カメラをぶら下げてウロウロしているのも変だと思われてしまいますし‥‥‥!! 

    

    そうか!! 毎日、昼食時に食べに行けばいいのか??

    

     そんなこと出来る事が‥‥‥‥‥‥ あるわけ無い!! っと。

   

  

コメント

信州・善光寺への参拝!!

2011年08月24日 | まち歩き

  今日は、丁度朝8時にセミが鳴き始めました。 信じられない様な話ですが、何か拙者に時間を知らせてくれているようで、このセミは、前世に拙者と何か関わりを持っていたのではないかと、一人で笑ってしまいました。 

  

  朝から、こんな馬鹿げた事を考えながら、今日は予報通り「暑くなるのかナァ!」 と思いながら空を見上げていましたら、カミさんから、「お父さん! 今月の善光寺さんへの参拝、今日にしない?」 と言われ、涼しそうな気配を感じたので、一仕事進めて、それからちょっと出掛けました。 (毎月の参拝が恒例ですので‥‥‥!)

  

  いつもの様に、中央通りの表参道、「長野セントラル・スクエア・パーキング」に車をとめて、そこから散歩感覚で、わずかな勾配の坂道を登って行きます。 これが、そこそこいい運動になり、今日は暑くなく良かったのですが、猛暑日には、絶対にカンベンして欲しい散歩コース?です。

  

  善光寺入り口の仁王門の辺からは、結構人影が多く、写真を撮る者、「大きなわらじ」をじっくり見つめる者、それぞれですが、その先を進めて、善光寺本堂前に着きますと、普段より人影が多い感じがしました。

20110824

 

  この写真では、そんなに混雑風景が伝わりませんが、拙者のカメラを構えている前で、ゴチャゴチャ大勢の方がいらっしゃたのですが、それがはけてから撮ったものです。

  

  ただ、珍しいのは、本堂前にあります大香炉のお線香の煙が真上に昇っている、そんな場景でした。 久し振りにこれだけのお線香の煙を見ました。 お線香も一束100円を賽銭箱に入れるのですが‥‥‥!

 

  それと帰り道、信号機で拙者の前に止まった車が、下の写真の通りです。 急いで、デジカメを出して、フロント・ガラス越しに撮ったものです。

20110824_2

  カメラを後部座席から取って、ほんの15秒くらいの間で、この1枚だけ撮れました。

  

  この徳島ナンバー・プレートも初めて見ました。 こうなったら、いつか日本全国のナンバー・プレートの写真でも撮り集めてみたくなりました。 また、近々「夏の軽井沢」へ行かなければならないので、時間が取れたら、探してみたくなりました。

  

  でも、高速インターの側でデジカメを待ち構えていた方が、手っ取り早いかもしれませんネ!!

    

     ヨシ!! 頑張ってみよう っと。

  

 

 

コメント (1)

シンセ奏者・喜多郎さんとの約束!

2011年08月23日 | イベント・コンサート

  ここ信州は、今日も涼しい一日でした。

  

  明日から、全国的にはまた「真夏日!」がやってくると、TVニュースで云っておりますが、信州は、そんなに急に暑くはならないと思います。 恐らく、9月になってからの方が、残暑の厳しさが出てくると、これが拙者の予想です!

  

  さて、今日は吉報を頂戴しました。

  

  それは、先月28日(木)に、お伺いしました和太鼓奏者・「小口大八先生」のお嬢様(現・御諏訪太鼓事務局長)から、以前拙者のところで制作しました、「小口大八先生と喜多郎さんのジョイント・ライブ」のDVDを、喜多郎さんに、直接お渡し出来た! と云う内容でした。

  

  これには長い話しですが、6~7年前、信州まつしろの「松代城復元春まつり」のイベントで、和太鼓奏者のトップの「小口大八先生」と、シンセサイザー奏者のトップ「喜多郎さん」のジョイント・コンサートが行なわれ、 拙者のところでそのコンサートのDVDを作りました。

  

  そして、このDVDを、「喜多郎さん」へも直接お送り申し上げるべき、国内のご住所もお聞きしまして、そんな段取りでおりました。だが、あまりにも他の仕事の忙しさにかまけまして、編集作業も出来ず、結局約2年後に「喜多郎さん」へお送りする事になってしまいました。 その時には、喜多郎さんは海外での居住が基本ですので、そちらに既に行かれており、DVDの荷物は、戻ってきました。

  

  その後、小口大八先生のお嬢様とのコンタクトを取れるようになり、たまたま先般、日本での和太鼓演奏会での審査員で来日されていた喜多郎さんと、小口大八先生のお嬢様がお逢いになり、その後、岡谷の「御諏訪太鼓会館・本部」へ喜多郎さんもお越しになり、拙者が作りました、当時のDVDをお渡しいただけた様でした。

  

  本当に、小口大八先生のお嬢様には、この場を借りて、深く感謝申し上げます。本当に有難うございました。 拙者にしてみれば、あの世界的にも有名な天才シンセ奏者の「喜多郎さん」と約束をしておいて、それがやっと果たせたことになり、気持ち的に、一安心したような、やっと肩の荷が降ろせる、そんな感じがしています。 やれやれでした!!!

  

  では、その時の映像を!

1

  

  小口大八先生の「♪ 阿修羅」演奏時の表情です。ビデオ映像からの静止画ですので、良く分からないかも知れませんが、この時の、小口先生の表情は、とても八十歳を感じさせるものでなく、むしろ、拙者などより若々しく、ダイナミックなバチ捌(さば)きをご披露なさっていました。

Photo

  

  信州まつしろ・真田十万石城下町を表わす、真田家の「六文銭」をバックに演奏なさる小口大八先生です。もの凄い迫力は、流石(さすが)に、和太鼓奏者No.1 の貫禄十分でした。

  

  先般、お嬢様とのお話しで、小口大八先生は、「ドラム」にもかなり興味があり、あの有名ドラマー故・ジョージ川口さんと、ジョイント・コンサートをなさった時には、もの凄くお喜びなさっていたと、お聞きしました。 ですので、和太鼓を独特な配置になさって、演奏しているように感じます。

Photo_2

 

  小口大八先生と喜多郎さんが、ジョイント・コンサートを終えて、お互いの健闘を称(たた)えるかの如く、握手を交わすシーンです。 これが、お二人最後のジョイント・コンサートになるとは、この時は全く予想も出来ませんでした。 本当に、残念です。改めまして、小口大八先生のご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

  

  だが、お孫さんの「山本 麻琴さん」が、これから立派に、

    小口大八先生の後継者として、世界に羽ばたくでしょう !!!

     

     皆様の応援を宜しくお願い致します! っと。

コメント (2)

軽井沢は、いきなり冬へ?

2011年08月22日 | イベント・コンサート

  今日も、涼しい一日でした。

  

  今年も、例年に無く、「信州・軽井沢」の混雑ぶりを、地元のTVニュースが、報道しています。 プリンス通りの車の渋滞、旧軽銀座通りの人混み、など、「涼」を求めて?、そればかりでなく、人気観光地だからとか、色々な理由で、避暑地・軽井沢に集まって来ます。

  

  拙者も、仕事の関係で、中軽井沢へ20数年間通いましたが、夏場のシーズンになりますと、いつどこで交通渋滞が発生するか分からず、出掛ける時間を、普段より30分は早めたものでした。だが、どうしても、渋滞で一歩も車が前に進まない場合には、仕方なく、通称「裏道」と云うべきなのか、「わき道」と云うべきなのか、そういった道へ入り込んで、時間を間に合わせたものでした。 

  

  また、中軽井沢からも、旧軽銀座の近くまで、「裏道」で行けるのですが、カーブの山道が多く、その車道も狭く、ちょっと大変かも知れませんが、時間の節約は、特に夏場のシーズン、信じられないものがあります。 でも、ここ久しく通っていないので、迷わず行けるかどうか心配ですが‥‥‥!

  Photo

  

  30 年以上も前の写真ですが、軽井沢プリンスホテルのサマー・コンサートで、若かりし加山雄三さんがステージに立たれていた時の模様です。コンダクターもご存知、故・山本直純さんです。拙者が撮ったものですが、結構ベスト・ポジションにいたと思います。 その後、加山雄三さんは、あのGS“ワイルド・ワンズ”さんとのコンサートで、何回かこのプリンス・ホテルにいらっしゃたのを、見たり聴いたりしてきました。

  

  『 尚、お断りですが、ここで、特筆すべき点は、加山雄三さんや故・山本直純さんの肖像権ですが、無断貼付けはまずいとお考えの方が、いらっしゃるかも知れませんが、こう云った、屋外でのコンサートで、当時自由な中で撮影禁止もなく、、増して、このお二人の写真をここでお載せして、お二人の人格権やプラーバシーの権利を侵害しているはずもなく、違法性が無いという認識のもと、載せさせていただいたものです。』

  

  

  だが、ここ信州も3~4日涼しい日が続いていますが、軽井沢に住んでいます親友との会話の中で、「昨日の朝、ちょっとストーブに火を入れたヨ」 ですって! 

  

  「ひょっとしたら、軽井沢は秋が無く、もう一度暑い夏が戻って、そのあと直ぐ冬になってしまうんじゃないかナ~~~!」 と、冗談めいた話し? をしていました。

  

  カミさんも、軽井沢ショッピング・プラザ「アウトレット・モール」へ行きたいと、騒いでいました! そんなに安くない商品ばかりなんだけどナ~~~!  今年はここへきて、長野も涼しいので、混雑の中へはちょっと‥‥‥‥!

  

  そして、まだ、8月で、これから徐々に秋の味覚を楽しむ季節がやって来るのに~~~~!!

    

    でも、台風は来て欲しくない! っと。

コメント (1)