亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

盛り上がる天下分け目の2018アメリカ中間選挙

2018年11月06日 19時49分38秒 | トピック
まだ先のことだと思っていた中間選挙も明日が投票日。時間の経過のなんと早いことか。この分だと来年3月29日の「Brexit」最終期日もアッという間に到来ということになりそうだ。このところ英紙タイムズなどが、連日関連ニュースを報じ、直近では英領北アイルランドとEU加盟国のアイルランドの国境問題から派生する離脱後の自由貿易圏の問題について、英全土を含めるとする案が協定に盛り込まれるのでは報じたと。しかし . . . 本文を読む
コメント

11月9日 広島セミナーのお知らせ

2018年10月22日 19時24分05秒 | トピック
来月 11月9日に広島にて「TSUTSUMIDA 2018 ゴールドセミナー」を以下の内容で開催します。 1部と2部の構成で1部では、ラジオNikkeiや各種投資セミナーで活躍されている大橋ひろこさんとの掛け合いで金についての基礎知識やこぼれ話的な話題を。 2部では、わたし、亀井が時事的要素を加味しながら金の市場環境から価格展望を取り上げます。 日時:11月9日(金)開場(受付)18時~ . . . 本文を読む
コメント

漂流する欧州、英国もEUも決められない政治

2018年10月18日 22時43分22秒 | トピック
昨日も取りあげたが、17日のブリュッセルでの夕食会から始まっているEU(欧州連合)首脳会議は、端から紛糾というか話し合いになっていないようだ。来年の3月末に期限が切られている英国のEU離脱(Brexit)についての条件交渉が進まない。開催前日の16日の時点で、英フィナンシャル・タイムズが、離脱後もEUルールに従う(来年の3月末から)2020年12月に至る1年9ヵ月の移行期間を1年延長することについ . . . 本文を読む
コメント

米中間選挙 テイラーからヘイリー

2018年10月10日 23時36分18秒 | トピック
ヘイリー米国連大使が年末に辞任するとのことで注目されている。孤立主義のトランプ主義の代弁者としてよく頑張ってるなぁというのが、印象だった。辞任ということで伝わっているのは、大統領とは意見が必ずしも合っているわけではなかったということ。だろうなぁ・・・。知らなかったが、報道によると将来の共和党大統領候補の一人と見られていたと。そうだったんだ。。 いわゆる大物の辞任で驚いたのは、この春に共和党選出の . . . 本文を読む
コメント (1)

とにも、かくにも議FOMC事録待ち

2018年07月05日 23時03分57秒 | トピック
日本時間今夜の注目は、明朝午前3時発表のFOMC議事録要旨。すでにADP民間雇用のデータが発表され、予想の前月比19万人増を下回る17万7000人増と前月の実績とほぼ横ばいとなった。もっとも、労働省の雇用統計では就業者の増加数よりも、すでに時間当たりの賃金の伸びに関心が移っていることから、ADPの全米民間雇用も、やや材料性が薄れている。結局、日本時間明朝3時に公開される6月のFOMC議事録要旨の内 . . . 本文を読む
コメント

困ったもんだ

2018年06月08日 00時06分58秒 | トピック
7日はECBのブラート専務理事をはじめECB理事でもあるドイツ連銀のバイトマン総裁や同じく理事のオランダ中銀のクノット総裁のタカ派発言を受け、ユーロが反発、底打ちの気配。ドル指数(DXY)は、反落か?もっとも、バイトマン、クノット両総裁ともに、もともと量的緩和策には懐疑的なタカ派で知られるだけに(南欧に比べ北欧の中銀はその傾向が強い)、プラート発言に対する市場の反応のほうが強かった。なぜなら専務理 . . . 本文を読む
コメント (1)

牽制球を投げ合う米朝

2018年05月25日 22時52分51秒 | トピック
米国が米通商拡大法232条に基づき輸入車に対し25%の関税をかけることを検討と伝えられたこと。またトランプ大統領が6月12日に予定されている米朝首脳会談を中止にする意向を北朝鮮に通告したことが判明。前日には、「来週には、どうなるかわかる」と言っていたが、風向きが変わった様子。この2つを受けて、市場センチメントはリスク・オフに急速に傾くことになった。FOMCの議事録を受けて、反発に転じていた金市場は . . . 本文を読む
コメント

自分が前面に出て注目を浴びないと気が済まないようで・・・・・

2018年04月06日 23時03分56秒 | トピック
USTR(米通商代表部)が発表した500億ドル(約5兆3500億円)相当の1300前後の関税分類品目を対象とした中国製品への追加関税の適用の提案。それを受けて立つ形で中国財政省が、同じく500億ドル相当の大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシなど農産物を含む米製品106品目に対し、25%の追加関税を課すと発表。 昨日取り上げたように、この双方の追加関税の応酬の先行きを懸念した株式市場が . . . 本文を読む
コメント

ことの重大さの認識、危機意識のなさを表す2つの出来事

2018年03月20日 22時50分26秒 | トピック
フェイスブックの顧客データ流出が当事者であるところのフェイスブック株の急落だけに留まらず、全体の売りに波及した19日のNY株。ナスダックのみならず主要指数軒並み大幅安に。報じられているように英政策コンサルティングで分析会社「ケンブリッジ・アナリティカ」による、フェイスブック・ユーザー5000万人分の個人データの不正利用問題が表面化した。 事件の内容が詳報されるにつれ、いろいろ飛び出してきた。20 . . . 本文を読む
コメント (2)

実際に1月に米国債を売っていた中国

2018年03月16日 23時44分09秒 | トピック
年始1月11日のここに「米国債をめぐる不都合な真実」と題して書いた。その際に、定期的に外貨準備の運用方針を見直している中国当局者の話としてブルームバーグが流した、「中国人民銀行に対し財務省証券(米国債)の購入減額ないし停止を勧告」というニュースを紹介し、その理由としては、「米国債が他の資産と比較で魅力が低くなったことのほか、米国との貿易摩擦が購入を減額したり停止したりする理由に挙げたというものを . . . 本文を読む
コメント