亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

ドル高が止まらない、23日が目先の節目となるか

2018年05月21日 20時57分26秒 | 金市場
ドル高が止まらない。4月下旬から先週中ごろ辺りまでは、ドル高というよりユーロ安が、結果的にドルを押し上げ、ドル・インデックス(DXY)を押し上げている印象だった。ばら撒き策を前面に打ち出したイタリアの新政権が登場しそうな雲行きに、近い将来、EU内でイタリア政府が矢面に立たされ、一悶着あるのは必至だろう。その点で、ここに来てユーロ売りの材料が域内の景気減速⇒ECB出口戦略の後退というものに、イタリア . . . 本文を読む
コメント

政治リスクから売られるイタリア債、それをユーロも無視できず

2018年05月17日 20時58分35秒 | 金融市場の話題
今朝見て驚いたニュースに、連立政権の樹立をめぐり不安定な状況が続いているイタリアからのものがあった。ポピュリスト(大衆迎合)政党の「五つ星運動」と極右政党「同盟」との連立合意に向けた話し合いが進む中で、協議内容に(これまでの量的緩和策推進に際し)ECB(欧州中銀)が購入したイタリア国債2500億ユーロ(対GD比約10%、約33兆円)の減免を求める可能性があるというのが、それ。 金融政策の手段と . . . 本文を読む
コメント

金市場、売り方は短期勝負か

2018年05月16日 23時34分26秒 | 金市場
本日は、夕刻18時から財布を作っている企業の経営者の皆さんの定例の勉強会に声をかけていただき、1時間余り話をした後に、食事をしながら質疑応答ということをやらせていただいた。金ではなく、トランプリスクや日本固有の金融リスクについてが、話の中心。終了後に有志の方々10名ほどで、近くの店で延長戦となったが、いろいろ話す中で知らない話も多く。こちらも勉強になった。 さて4月の米小売売上高の内容が良く、さ . . . 本文を読む
コメント

金は反発か、1300割れトライか、今夜の米小売売上高に注目

2018年05月15日 20時16分21秒 | 金市場
足元で米10年債の利回り、つまり米長期金利が3%を超えてきた。この上昇にドル高が付いてくると金には言うまでもなく逆風。 連邦準備理事会(FRB)の追加利上げが、年内あと2回なのか3回になるのかが注目事項となっているが、短期金利(FFレート)の先物市場からはじいた回数は14日の時点で「2.5回」となっている。どちらに傾くかの分岐点に位置しているわけで、3回方向に傾くと足元の状況は、ドル買い、米長 . . . 本文を読む
コメント

いたるところで芽吹いている地政学リスク

2018年05月14日 22時20分47秒 | 金融市場の話題
米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催と発表され、予断は許さぬものの、さらに雪解けムードが高まり・・・・ということだが、双方ともにとにかく直接会えば何か新たな動きがということのようで、双方トップの個人的思惑もこの会談には影を投げかけているようにみえる。 “トランプ流”に対する学習効果も生まれ、地政学リスクには金融市場にも慣れが生まれているようだ。ただし、国際情勢を引っ掻き回していることに . . . 本文を読む
コメント

4月の米CPI予想を下回り金は反発

2018年05月10日 23時35分29秒 | 金市場
今週最大の注目指標となっていた4月の米CPI(消費者物価指数)。総合指数も変動の大きいエネルギーと食品を除いたコア指数の両方ともに市場予想を下回った。総合指数は前月比0.2%の上昇。市場予想は0.3%の上昇だった。前月は0.1%の低下となり、これは2017年5月以来の前月比マイナスとなっていたが、プラスに転じた。コア指数は、前月の0.2%上昇より低い0.1%の上昇。市場予想の0.2%上昇も下回った . . . 本文を読む
コメント

イラン核合意離脱を発表も市場の反応は限定的なものに

2018年05月09日 22時31分14秒 | 金市場
8日の市場でもユーロ安の材料が飛び出すことになった。経済指標ではなく政治要因の材料だった。イタリア政局がそれ。3月初めに行われたイタリアの総選挙は過半数を超える政党がなく、連立政権の樹立を巡る話し合いが行われて来たが難航。大統領が提示した折衷案に、今回の選挙で議席数を伸ばした新興政党「五つ星運動」などが反対し、7月に再選挙の実施を求めたと伝えられている。このニュースにイタリア国債は売られ、ユーロは . . . 本文を読む
コメント

ドル指数の騰勢やまず値動きの重い金、内部要因は整理進む

2018年05月08日 22時41分03秒 | 金市場
週明け7日もドルの騰勢止まず、ドル指数(DXY)は年初来高値を更新。さらに本日の欧州時間には93ポイントを突破し、日本時間の午後10時には昨年12月の水準まで上昇している。 7日に発表されたドイツ3月の製造業受注は、前月比で-0.9%と予想外のマイナスとなった。市場予想は+0.5%と増加予となっていた。悪天候が3月まで続いた影響とされ、早晩、回復がみられるとされるが、他の指標も弱気のものが多い . . . 本文を読む
コメント

FOMCよりも米雇用統計よりも、ユーロの弱さが支配する金市場

2018年05月07日 21時45分00秒 | 金市場
本日は休み明けの長文。もっとも、1日以降、連日NYの動きは追っていた。 日本が連休中の1週間余りの期間に、NY金は5月1日にザラバの安値1302.3ドルと年初来安値を記録した。ただし、終値ベースではかろうじて3月1日の安値を上回った。5月1日はFOMC(連邦公開市場委員会)の初日に当たる日。つまり翌日の声明文の発表を前に、金は売り込まれた。 先週はFOMCの後の週末に4月の米雇用統計の発表と . . . 本文を読む
コメント

勢いのある上海

2018年04月30日 00時11分23秒 | 徒然(つれづれ)
上海は交通料金が東京に比べてかなり安い。タクシーも同じ。ただし、移動にタクシーを使ってしまうと土地勘がつかめないので、多くは地下鉄で移動している。1日券と3日券があり、3日券を買ったら45元だった。空港のレートでは1元=18円だったので、810円で乗り放題ということになる。 ここ数年、さかんに地下鉄工事を行っていたが今や16号線まで増えているようだ。前回来たときには、10号線までだった。日本でも . . . 本文を読む
コメント (2)