まっしゅ★たわごと

街歩き、建築、音楽、フランス、それに写真の話題を少々

ドラマ『モンテ・クリスト伯』来週最終回!!

2018年06月09日 23時12分37秒 | フランス
TBSドラマ、『モンテ・クリスト伯』は以前に放送された『カラマーゾフの兄弟』と同じく海外の古典文学のリメイクドラマとして良い味を醸し出している。特に今回は、登場人物の名前と原作の名前との整合化が言葉遊び風で何とも面白いので、ちょっと書き留めておきたいと思う。


柴門 暖(さいもん だん)演 - ディーン・フジオカ
エドモンダンテス

モンテ・クリスト・真海(モンテ・クリスト・しんかい)
これは、そのままなので説明は割愛。
日本人の日本人のための日本人によるドラマ化において、モンテ・クリスト伯の名前をどうするのか気が気でなかったが、よい感じにまとめたと思う。特にファリャ神父との関係性において、同キャラクターをファリア 真海(ファリア しんかい)という某国の元大統領と位置付けたというのもなかなか秀逸だと思った。

土屋 慈(つちや)
ジョヴァンニ・ベルトゥッチ

江田 愛梨(えだ あいり)
エデ

南条 幸男(なんじょう ゆきお)演 - 大倉忠義
フェルナン・モンデゴ / モルセール伯爵
ドラマ版では香港マフィア「ヴァンパ」に関係していた過去を持つ。

目黒 すみれ(ぐろ みれ)演 - 山本美月
ルセデ
ドラマ版では両親が遺した喫茶店「シンドバッド」を一人で切り盛りしていることになっている。

ショーン・
・パシャ


神楽 清(かぐら きよし)演 - 新井浩文
ダングラール
原作ではモレル商会の会計士。

神楽 留美(かぐら るみ)演 - 稲森いずみ
ルミーヌ
ドラマ:かつては公平の愛人であった過去を持っている。
原作:ヴィルフォールと愛人関係にあった。

入間 公平(いるま こうへい)演 - 高橋克典
ジェラール・ド・ヴィルフォール
ドラマ:警視庁公安部外事第三課参事官(2003年)⇒警視庁刑事部長(2017年 - )
原作:マルセイユの検事代理⇒法曹界の頂点である検事総長

入間 貞吉(いるていきち)演 - 伊武雅刀
ノワルティエ・ド・ヴィルフォール
ドラマではラデル共和国のテロリスト集団「ククメット」に活動資金を提供していたことになっているが、この「ククメット」というのは、原作ではルイジ・ヴァンパというイタリアの山賊の長の名前でなかなか興味深い。

入間 瑛理奈(いるま えりな)演 - 山口紗弥加
エロイーズ

入間 未蘭(いるま みらん
ヴァランティーヌ

入間 瑛人(いるま えいと
エドゥワール

出口 文矢(ぐち みや)
ランツ・ビネー

守尾 信一朗(もりんいちろう)
マクミリアン・モレ

安堂 完治(あんどかんじ
アンドレア・カヴァルカンティ

寺角 類(てらかど るい)
ガスパール・カドルッス
原作と出会いのカタチは異なるが安堂 完治と旧知の仲というのは良くできた構成。また、原作と同様に「お調子者の小悪党」というキャラクター設定や、モンテ・クリスト伯爵の屋敷に侵入し、ベネデットに刺されるところや、運命の数奇さに恐れおののきながら息絶えるところなど、今のところ原作に忠実な役回りを演じている。

とまあこんな感じ。結構しっかりした世界観なのだが、視聴率が思ったより振るわないこと、復讐対象の面々から案外早い段階でモンテ・クリスト伯の正体がバレてしまうこと、そして守尾 信一朗と入間 未蘭の関係を事件が起きる直前まで知らなかったこと、など少しガッカリなポイントもあったりする。

来週は最終回2時間スペシャル!どんな結末になるのか楽しみ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マヤ遺跡カフェに行ってみた!!

2018年05月13日 18時31分41秒 | 六甲・まや


待望のマヤ遺跡カフェに行ってみた。



普段は立ち入ることのできない柵の中の小道を進んで行くと、その先には何とも美しい貴婦人の姿が眼前に広がった。



とは言っても、ここから先は本当の本当に立入禁止。何故ならばこれはただの廃墟ではなくれっきとした某法人の所有物だからである。そして、今回特別に社長様の許可を得て、この美しき廃墟を眺めながら美味しいケーキとドリンクを頂くというオツな企画「マヤ遺跡カフェ」なるものが開催されたのである。ちなみに、左手前に見える黒電話は、



摩耶観光ホテル時代(昭和36年~42年)にフロントで使用されていたであろう黒電話。



更に別のテーブルには摩耶観光ホテルのオープン記念の記念品なるものが置かれていた。これはかなりレア!!



そして、今回はまさかのサプライズがぁ!!ななんと、もう少し近いところでこのマヤ遺跡を拝見できるのだというのである。



建物の3階部分へ最接近。ちなみに庇部分は崩落の危険があるということで、その先は本当の本当に立ち入ることが出来ないようになっている。



軍艦島の上陸による見学会では、こんなに近くまで建物に近づくことはできないのだとか。



それを考えると合法的な手段で廃墟と対峙できる唯一の機会なのではないかとも思えてくる。



跳ね出しの庇を支持する梁材のしつらえの何とも美しいことか。





建物全体に纏う優雅な曲線も美しいし、



至る所に設置されている丸窓もまた気品があって素敵である。



しかし、いかんせんここ数年で急に老朽化が進んだらしく建物の至るところが段階的に崩落し続けているという。



特に外観上、庇の裏側のコンクリートが剥離し、中の鉄筋が丸見えになっている。もうこうなると末期的なのだが、試算すると完全補修に約10億円、解体撤去に約5億円かかるのだという。



こういうイベントで何が楽しいかというと、参加者の方々の何人かが幼少の頃ここに泊まったとか学生の頃合宿に来たとか、そんな生の声を聴けることである。



わずか50分程の異次元体験であったが、ものすごく楽しかった。次はツアーガイドに参加してみたいところ。



ちなみに、今年から年間パスがいろいろと変わっている。その名も「MaSACa」!!これを買って摩耶山に登るといろいろな「まさか!」に出会える予感がする。



「MaSACa」の「Ma」は摩耶の「ま」である。交通カードのネーミングとしては、なかなか秀逸なのではないかと密かに思っておる。



今年も摩耶山でいろいろな「いいね」を・・・いや、いろいろな「まさか」を楽しみたいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これまで見たことのない雲たち

2018年05月13日 17時55分15秒 | 六甲・まや


久々に掬星台に登ってみると、我々の頭の上に



これまで見たことのない表情をした雲たちがいた。



この雲たちの動きをタイムラプスで追ってみると



素敵なのだろうなあと三脚を持参していないことを悔やむ。



眼下には美味しそうなブロッコリー畑が広がり、



頭上には筋状の美しい雲たちが広がっている。



これからお山に登るのが楽しい季節がやってくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広告がトップ記事になってしまった件

2018年03月18日 11時07分58秒 | ぶつぶつ


新年の所信表明からずっと未更新のままであったが、気が付くとブログのトップにこんな表示が出ていた。ちょっといろいろ新しい生活サイクルではブログの更新が難しいので事実上の放置状態になっていたが、2004年のブログ開始以降、こんなに長いスパンで更新を怠っていたのは初めてなのではないかと思うほどである。これで今日更新したならば次は少なくとも60日以内ごとには更新していけたら良いなあと漠然と思っている。更新したい写真はたくさんあるのに日々ウズウズしているのだけれどもね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年 2018

2018年01月01日 00時00分00秒 | ぶつぶつ


<2018年のたわごと的抱負>
昨年は諸事情により放置状態が常態化していたが、
今年は少しずつ回復させて行きたい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【中野富士見町】真っ赤なアイツに会いに・・・

2017年12月17日 22時10分29秒 | 東京


真っ赤なアイツがアルゼンチンから里帰りして綺麗になったらしいということを聞きつけて、居住地から徒歩圏内にあるということもあり、喜び勇んで行ってみた。見学会自体は抽選方式でけっこうな高倍率だったらしい。



車両基地の中ほどに真っ赤なアイツはいたのだけれども、入口ゲートには目張りがされていて、かつ、要所要所にガードマンが配置されていて、車両基地南側の道路にかかる陸橋からしか見ることができなかった。



望遠で拡大して見てみる。まあ、これだけ拝めただけでもドキドキするくらいこの真っ赤なアイツのことは好きなのである。



もう少し寄ってみる。



他の隙間から望遠で狙うとこんな感じ。
手前から丸の内線の真っ赤なアイツ、現役で走る方南町支線の車両、先日引退したばかりの銀座線の車両、銀座線全40編成の新型編成中2編成の特別仕様車ってところかな。



他のアングルから見ると、真っ赤なアイツ以外は少し見えやすくなったかな。



東京メトロもなかなかやるなあと感心・・・全然見えへんやんかぁ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【方南町】方南町駅2番出口

2017年12月17日 21時51分06秒 | 東京


方南町駅の2番出口は駅の東寄りにあり、もうすぐ入居が始まる住友不動産の新しい大規模マンションの最寄りの改札口となるが・・・



あまりにもみすぼらしく奥まったところにポツネンといるので、2回通り過ごして更に地図アプリで何回も確認してようやく発見できるくらいにわかりにくいところにある。



階段を下りて、



細く暗い通路を抜けると、



これまた年季の入った改札口がある。



いや、ちょっと入場するのが怖いんですけど・・・



改札を抜けると、複数のむき出しのパイプと一緒に階段を降りてホームに到着。



予定ではこちらの通路も綺麗にリニューアルされるっぽい。



駅構内ももっと明るくなるんだろうなぁ・・・明るくなったらまた来たいと思ったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【飯田橋】大野屋牛肉店のビーフメンチ

2017年12月16日 21時51分20秒 | 東京


神楽坂にある大野屋牛肉店のビーフメンチとスコッチエッグをば。東京ではミンチカツのことをメンチカツという。その語源は諸説あるがそれはここでは割愛。

東京に来ていろいろ美味しいと言われているメンチカツを食してみたが、どれも肉汁でごまかした感のあるメンチカツとしか会えていなかった。(東京人の中ではミンチカツといえば肉汁たっぷりがステータスなのかもしれないが…)しかしここに来て、東京のメンチカツの中で一番好みのタイプに会えたのがなんとも嬉しい。

芦屋竹園のミンチカツには遠く及ばないが、それでも良い感じで肉肉しい。それにしても東京のメンチカツは何故どれも俵型ではなく丸型なのだろうかね。切り餅みたく大量生産を追求した結果なのかも。



スコッチエッグは、店頭の看板に『アド街で紹介されました!』とあったからダマされて(?)買ってしまった。中身はポークメンチになっていて、ウインナーのような風味になっていてポークミンチ派ではない私にとって少し肩透かし気味。加えて、モノが大き過ぎるため口に入らず止む無くナイフで切断する羽目に…コロッケとミンチカツはナイフを使わずに丸ままかぶりつきたいなあというのが正直なところ。もし次の機会があったらビーフメンチは買うがスコッチエッグは買わないかもね。
大野屋牛肉店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【御茶ノ水】近江屋洋菓子店のアップルパイ

2017年12月16日 21時46分45秒 | 東京


近江屋洋菓子店のアップルパイをば。優しい酸味とほのかな甘みとの絶妙なコンビネーションが光る一品。表面の焼き色が他のお店のものより濃い気がするが、昭和チックな荒々しさもまた好感の持てる風味となって満足感が増す感じ。



お店の感じはオフィスビルの一階の執務室をそのまま店舗利用したような昭和で殺風景で不思議な印象。よくこんなんでやっていけるなといろいろな意味で感心してしまうが、次にまた立ち寄る機会があれば是非ともオーダーしたいと思う。
近江屋洋菓子店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【中野】とあるカフェにて

2017年12月16日 21時43分04秒 | 東京


店員さん:お紅茶にレモンはつけますか?
まっしゅ:いりません。
店員さん:かしこまりました。

店員さん:お待たせしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加