ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

アナグマとキツネ@八千穂高原

2018年06月07日 08時09分20秒 | 生き物全般
●穴熊(アナグマ)
 多分アナグマだと思う。それがヨメちゃんの目の前で道を横切った。たまたま動画を切り損ねてたのでカメラを向けた時にその姿が残った。シャッター押して撮ったのは左の藪に入ろうとしてるのが写ってるだけだった。




 アナグマはこの道の下を通ってる土管の中に入っていった。もう撮れないなと諦めてたらアナグマは土管を通って反対側に移動して逃げてった。そんな事になるなんて予想出来なかったのでシャッターチャンスは逃してしまった。で、アマグマを見たのは初めて。





●狐(キツネ)
 道の向こうで何かが動いてた。キツネが林道を歩いてこちらの方に歩いてた。向こうはまだ気付いてない様子だったので少しずつ近づきながら撮った。








 距離はどのくらいだろ、100mくらいなか。そこまで近づいたら気づかれた。暫らくこちらを見てたけどこちらが歩きだしたら藪の中に入ってった。


コメント

蝮(マムシ)の保護色には納得いかない

2018年05月27日 07時52分21秒 | 生き物全般
 怪しい模様の小さな蛇がとぐろを巻いていた。近所の岩場にはマムシが居るというのは聞いている。だけどアオダイショウ、シマヘビ、ヤマカガシは何度も見たことがあるけどマムシを見たのはこの60年間で5回未満。この岩場でも見たのは1度だけ。覚えたての知識、アオダイショウの幼蛇がマムシに似てるってのを頭に浮かべながらカメラを取りに行った。


何処に居るのか分からないくらい地面にとけ込んでいる


 近くに寄って見るとエラは張ってるし銭形模様。マムシだ。枝を拾って来て離れた場所に放り投げた時、その時にとぐろが解けてずんぐりした様子が見えた。体型もアオダイショウではない。

 怖い動物、特に毒のあるのは大体派手な色や模様。人間の場合にも言えてちょっとそのセンスどうなのよって感じだ。なのにこの保護色はどういうことだ。知らずに踏んだらガブッ、罠としか思えない。


長さは30cm弱と小さく何より大人しかった
コメント

やっぱり蛙は水の中が好きなのかな

2018年05月11日 08時05分00秒 | 生き物全般

穴を開けたのは恐らくミヤマカミキリ


 去年切ったコナラの木は虫食いだらけ。そこの穴に雨水が溜まるんだけど、その水溜りにアマガエルが2匹。


コメント

初ガエルはアマガエルかな?

2018年03月30日 09時02分13秒 | 生き物全般
 カエルが居た。大きさ的にアマガエルのような気がするけど緑色ではない。土から出て来たばかりで周りに緑が少ないせいかな。


コメント

進化

2018年01月20日 08時54分40秒 | 生き物全般
 ヒトはサルから進化した。というより途中から何度も分岐して今のヒトって感じ。下の図は進化系統樹の一部なんだけど、サルよりも下にはイヌとかニワトリがいる。ふと思ったんだけどアフリカツメガエルはヒトよりも高度な生物に進化出来るんだろうか。もしダメならその理由は何だろ。


あっとゲノムの画像をトリミング


 身近にはこういう事をササッと説明してくれる知り合いは居ない。中山教授みたいな友達が居ると良いんだけどなぁ。中山教授ってのはヨメが山中教授のつもりで言った名前。やはりボッケ家ではアフリカツメガエルの進化よりヨメが進化というか進歩するかどうかの方が身近で切実な問題だ。
コメント

山の中に謎の獣!

2017年09月14日 08時40分08秒 | 生き物全般




 変わった目をした獣が山の中に居た。ただのカモシカだろと思うだろうけど、この目のようなのが眼窩下洞腺というのは初めて知った。魚や蝶などにある嘘の目みたいだ。

 カモシカは高い山の中腹に居るって感じなんだけど見たのは集落の裏山。それにしてもこれがイノシシや熊でなくて良かった。



コメント

熊を捕ったら隣町で放すのさ

2017年08月22日 08時18分15秒 | 生き物全般

 10日ほど前、岩場に行く途中で地元の人から最近熊が出たから気をつけろよと言われた。別の日、岩場に行く途中に人が居たので挨拶がてら世間話。その人も熊が出たから…と言ってくれた。それが罠をかけてた人

 その日の成果は鹿。でもその鹿は焼却処分だそうだ。ジビエがどうたらなんて言ってるけど食用にするには血抜きしたりと手間も大変。そもそもそんなに流行ってないし、いきなりお座敷列車でジビエ料理出したってダメだよとボヤいてた。




 熊の話に戻ったんだけど、熊を捕っても射殺はせずに近隣の別の市町村に放すそうだ。テレビでは射殺したところがよく出るけど、それにしても山奥とはいえ隣町に放すなんて随分な話だ。そして熊を移動する時、ドラム缶のような檻に入れるんだけど、そこから熊は出たがるから放す時には歯や爪はボロボロ。恐らく獲物を取れずに死んじゃうんじゃないかなと言ってた。そんな話は初耳だったけど色々おかしいね。

 猪の話にもなった。猪はマムシを食べるけど、猪を捕獲するようになってからマムシが出るようになったとボヤいてた。よくボヤく人だけど話を聞けばごもっともな話ばかり。猪が蛇を食べる話も初耳だけど、猪を捕るとそんな副作用があるとは夢にも思わなかった。

 この辺りも10年後どうなってるんだろうと心配してた。クライマー的には岩場が出入り禁止にならないようにとしか思って無かったけど、山間部が過疎になり、熊がうろついて怖くって山に入れないなんてこともあるんだなぁ。その日は今まで聞いたことが無いような話を幾つも聞いた。そしてどれも思ってたことと大違い。
コメント

アマガエルかな

2017年08月21日 08時05分41秒 | 生き物全般

 ちょっと前にヨメ家のお墓参りに行った時だったかな、助手席に座ってたヨメが突然ギャーッとか何とか言い出した。バックミラーの所からカエルが顔を出してたのだ。ゴジラでも出てきたんなら仕方ないけどまったくビックリするよ。そのうち居なくなったんだけど、家に帰って水道の水を入れたら出てきた。鏡の裏に隠れてたのだ。




 そのカエルかどうか知らないけどまたバックミラーの所から顔。そのうち居なくなったけど家に戻って再び水道で水を入れたらまた出てきた。これって車体の色に合わせようとしたけど上手く出来なかったアマガエルかな。夏休みの自由研究としてはカエルの色の変化は面白いと思うけどね。



コメント

それは罠があるよという注意書きだった

2017年08月20日 08時39分13秒 | 生き物全般


この辺りに罠があるよっていう標識


 少し前からこんな標識が貼られてた。よく田んぼや畑にある測量に関係してる標識くらいに思ってた。そしたらこれはこの辺りに大きな獣を捕るための罠があるという注意書きだった。


猟解禁までは罠があるようだ


 ヨメは有害という文字に気づいてたけどそれを話題にするまでには至らず。たまたま罠を仕掛けてる人と話をしたのでそういう事情が分かった。


罠一式

コメント

子供の頃無毒だったヤマカガシは今毒蛇

2017年08月01日 08時33分35秒 | 生き物全般

毒ヘビにかまれ男児一時意識不明 兵庫 伊丹
・・・・・略・・・・・
意識不明の重体になりましたが、30日、血清を打ったところ意識が戻ったということで、容体を観察するため、現在も入院しています。
・・・・・略・・・・・
7月30日 17時27分 NHK


 ヤマカガシの毒を猫で経験したことがある。飼ってた猫が庭で見つけたヤマカガシに向かって行った。基本通り首筋を噛んだんだけど直ぐに口を離した。そしたら口から泡。目の前で見てたので急いで水道水でジャァジャァ口の中を洗った。毒が洗い流されたのか幸いその後は何とも無かった。咄嗟にそんな事が出来たのはヤマカガシの歯ではなく首筋にも毒腺があるというのを知ってたからだ。

 子供の頃、図鑑にはヤマカガシは無毒の蛇と書いてあった。ところが二十歳くらいの頃には毒があるということに変わった。変わるのに定説とはこれ如何に。厄介な毒だと聞いてけど血清が出来てたとは知らなかった。

 ヤマカガシの毒性と生態によると首の所の毒はヒキガエルがもってる毒成分らしい。山の中でヤマカガシがカエルを咥えてるところは何度か見たことがある。で、ヤマカガシはカエルを食べる時に頭からでなく尻から食べる。だから初めて見た時は当時騒がれてたツチノコを見つけたのかと思った。毒々しい色をした頭が大きな蛇みたいなのから手が見えたのだ。





 色々検索してたらアオダイショウにも毒がある説があった。でもそれは雑菌だらけの歯で噛まれたらって話だった。そんなんで毒蛇呼ばわりされたら猫は毒猫だ。身近でも猫に噛まれて病院行きなんて話もあった。破傷風菌が入ったんだっけかな。
コメント (2)

頭の無いアマガエル?

2017年07月20日 08時28分14秒 | 生き物全般


夜、窓ガラスに貼り付いてるアマガエル


 簾を吊るしたけど相変わらずでっかいミヤマカミキリがやってきてヨメはそれを見てる。すると頭が無いカエルが居ると言い出した。単に下を向いてるだけなのだがそういう発想がお化けを生んだのかな。だけどそれだと昔の人は天然ボケボケということになっちゃう。
コメント

アマガエルは高い所が好きなのか?

2017年07月09日 08時24分14秒 | 生き物全般

 子供の頃にアマガエルを飼ってた時、餌としてハエをやってた。目の前にちらつかせるとパクっと食べるた。




 2階のベランダによくアマガエルが居る。ここに来るために垂直の壁を這ってきたわけだ。アマガエルはハエが空を飛んでるから高い所に来るのかな。この日は朝から少なくとも夕方までこうやってじっとしてた。あのグータラ猫共よりも動かない。
コメント

昨日見た外来生物

2017年07月08日 08時30分37秒 | 生き物全般

●ミシシッピアカミミガメ




 川を渡ってる途中でカメらしき物体が見えた。自転車を降りて見るとカメが甲羅干ししてた。この川にカメが居たなんて知らなかったし野良ガメを見たのは初めて。家で調べてみた。クサガメとかイシガメかなと思ったら全然違うミシシッピアカミミガメという外来種だったのでガッカリ。昔、縁日の露店でよく売ってたミドリガメが大きくなったやつだ。


顔の所に赤い線


 外来種だから今話題のヒアリを見た時のように報告した方が良いのかなと思ったが取り敢えず検索。そしたら既に日本全国に居るようでたまげた。それでも俺としては大発見なので市役所に電話してみた。電話の向こうからリストに無いとか何とかって言っていたから特に要注意生物では無いようだった。そんなんだからかカメが居たと言われてもやや困惑気味って感じだった。


●アレチウリ

 隣の庭にコナラが何本も生えているのでオオムラサキが居るかなぁと探してみた。だけど樹液が出てる木が見当たらなかった。勿論オオムラサキも何も居ない。もしかしたらうちの庭はどうかと探したけど無し。




 代わりにアレチウリが土手から這い上がって来てるのを見つけた。隣の家主が景色を楽しみたいってんでニセアカシアを切ったための副作用だな。アレチウリなんて珍しくも何ともないんだけど住宅地に迫ってるってのが困る。ボッケ家を襲う心配は当分無いけどその家は別荘なので普段は誰も居ない。庭の手入れをする人が居るけど来るのは何時だろう。現在蔓の先端から隣家の庭までは数メートル。


はびこる蔓の葉の比較

コメント (2)

獣に脅かされるヨメちゃん

2017年02月14日 08時40分11秒 | 生き物全般

 連日の峠越えでは疲れちゃう。近所の岩場は超寒そうだけど楽なのでそこにした。早く着いても寒いだけなので昼少し前に到着。


キツネかタヌキの足跡みたい


 岩場までの林道には足跡が沢山あった。俺は犬の散歩かと思ったけど、「人の足跡が無いから犬じゃないよ」とヨメが言う。今時は放し飼いの犬や野良犬は見ないので大きさからいってキツネかタヌキかな。ウサギらしきのもあった。


ウサギかな?


 何をやろうか物色してる時、岩がボロボロだけど1度もやった事のないルートをやることにした。何よりそこは日が当たってる時間が長い所なので岩が比較的暖かい。

 ヨメちゃんの最初の悲鳴は下部での出来事。何かがシューッって言っていると大騒ぎ。俺が登った時はまだ寝てたのかな。シューッと言ったら蛇なのか。また登った時に指で突いてみたら柔らかくて生暖かい。ビロードのような手触り。そしてシューッと言った。恐らく岩の隙間に居たのはコウモリ。

 2度目は俺が登ってる時に絶叫。熊でも出たかと思ったがこの時出て来たのはムササビ。岩陰から飛び出してきた時だった。それも2匹。誰も登らないルートだったので今までは安心してたのだろう。
コメント

良く見るけど名前も分類も分からない@朽木

2016年11月11日 08時45分08秒 | 生き物全般

 切った木の皮を剥がさずに放置しておくと虫が住み着いたりキノコなどがついてボロボロになる。そうならないように皮を剥がしたり乾燥させれば良いんだけど中々。

 薪を腐らせたこの生物は良く見るんだけどキノコではなさそう。緑色ではないので蘚苔類(せんたいるい)ではない。残るのは地衣類、粘菌、変性菌、う~ん、良く分からない。

 正体が分からないけど青いのがあった。珍しい色なので写真に撮った。ついでに薄紫のも。これはよく見かける色だ。黒以外のは薄紫、青、クリーム色のは似たような生物だけど名前は勿論何に分類されるのかも分からない。


クリーム色の上に黒、薄紫、青を並べてみた

コメント (2)