ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

歯医者に行くのは午後一番が良い?

2018年09月20日 08時06分23秒 | 健康
 奥歯の見た目は正常なんだけど噛むとたまに鈍い痛みがあった。歯科医は様子見って感じだったけど、このかぶせ物が簡単に外れるようなら考えようって弄ったらパカッと簡単に取れちゃった。被せ物の下で虫歯が進行してるのが分かったが治療は次回となった。

 その治療で昨日の昼前に歯医者に行った。神経が残ってる歯なので麻酔が必要な治療だった。少し前にもそんな治療をしたんだけど、昼食中に口の中を噛んでしまった。今回はそれに注意して麻酔注射してから2時間くらい経った頃に昼食。でも口の中を噛んでしまった。麻酔が完全に切れてないのが分かってたのにマヌケだ。

 365連休の男なので予約は何時でも取れる。なので治療は早く終わらせたいから一番早い予約で今までやってきた。でも麻酔を使う治療は食事直後が良いね。それならば次の食事までに麻酔は切れている。それにしても人間の身体、口の中に限らないけどよくまぁ食べてる最中に口内を噛んだりしないもんだと改めて感心する。
コメント

有名人の名前をど忘れするのは良いそうだけど…@ボケ

2018年09月16日 08時40分00秒 | 健康
 テレビつけたらTBSの報道特集って番組をやってるところだった。盲ろうってあるから何の事かと思ったら盲聾の事だった。聾は書けないけど漢字にして欲しいね。でも良く見たら龍という漢字の下に耳だと分かったから頑張れば書けそう。で、その番組を見ててヨメが…

「 キューリー婦人だっけ? 」←何を言いたいのかは分かった
「 はぁ? ノーベル賞貰った人だけど」
「 ナイチンゲール? 」
「 ・・・・・ 」
「 三重苦の人 」←もう少しだが名前が出て来ない
「 頑張って思い出してくれ 」←ヨメのためなので冷たく突き放す


 そして夜が明けた。名前が出て来なかったことなどすっかり忘れている。有名人の名前をど忘れするのは良いそうだけど、それをまるで気にしないのは良くないような…
コメント (2)

早起きは三文の得と言うより@今年の暑い夏

2018年09月10日 08時22分14秒 | 健康
 早起きは苦手だ。だけど今年のような暑い夏だと早起きは3℃の得となる。何時ものようにのんびりと岩場に出かけたのでは道中暑くて敵わないので自然に早く行動するようになった。

 ならば何時も早起き出来るようにしたいのだけどどうも上手く行かない。「早寝早起き」に囚われるな…にこんなのがあった。そこに朝型/夜型は遺伝子で決まっており、年齢でも変化するとある。年齢でも変化するとあるけど朝型や夜型に変えるのは暗に大変なことだと俺は読み取った。
  1. 必要な睡眠量はほとんどの人で6〜8時間、連続して取るのが理想
  2. 朝型/夜型は遺伝子で決まっており、年齢でも変化する
  3. 平日と休日の睡眠時間が、2時間ちがっていたら睡眠負債の疑い
  4. 睡眠不足は肥満・生活習慣病などのリスクを高める
  5. 寝不足な場合、昼寝が効果的なのは事実

 では自分はどの型なのか。朝型夜型質問紙なんてのをやってみた結果がこれ。中間の王道を行ったって感じ。


コメント

骨盤の辺りが腰だと思っていた

2018年08月29日 08時21分10秒 | 健康
 10代の頃、「腰が入ってない!」なんて言われながら尻を叩かれた。加えて腰痛なんてのと無縁だったせいもあって腰の場所をよく知らなかった。そんなこんなで骨盤の辺りかと思ってた。でもどうも違うっぽいと最近思い始めた。

 ストレッチなんてのをやってると段々筋肉とか骨の名前を覚えてくる。背骨と一言で済ませた骨は頚椎、胸椎、腰椎に分かれてる。ならば腰は腰椎の辺りってことか。肋骨と骨盤の間、巾10cmくらいが腰ってことだな。
コメント

口内炎治療薬は指の傷にも良いのか?

2018年08月24日 08時51分48秒 | 健康
 口内炎の薬は歯科矯正した時に処方されたカプセルから粉を出して傷口につけていた。本来は口全体に噴霧するんだけど噴霧器は要らないと思って買わなかった。

 もっと使いやすいのはないものかと思ってたら貼るタイプのがあるってのを見つけた。でも調べたら貼るのは治りが遅いとか何とか。そこで買ったのがこの軟膏。ドロッとしたのが出てきてまぁまぁ取れないで居てくれる。効き目は歯科で処方されたのと変わらない。翌日には少し良くなったかなという変化。




 クライミングしてると子供みたいに擦り傷が出来たり皮膚がすり減ったりする。ふとこれはそんなのに塗れば早く治るんじゃないかと閃いた。一応確認をしよってことで製薬会社に電話した。そんな事聞く人がいるんだと笑われた。早い話、指でテストなんてしてないから外傷用のを使ってネというまぁ予想した通りの回答だった。もし使用上の注意に指に塗るなと書かれるようになったら俺のせいだな。

 成分にアラントインってのがあるんだけどこれには抗炎症作用、組織修復賦活(ふかつ)作用、抗刺激作用の3つの効果があって保湿クリームとか化粧品にも使われている。ならば害にはならないのかな。まだ試す機会は来てないけど早く治ればラッキー。





 山梨でクライミングを始めた頃、一緒にやってた人達の中に女医が居た。その女医が指皮がすり減った時に付ける魔法の薬があると言ってた。あったとしてもどうやって入手するんだと思ったりして俺は話には乗らなかった。でももしかするとアラントインとかそういう類の軟膏だったのかな。
コメント

ヨメはよく虫に刺される

2018年08月09日 08時49分23秒 | 健康
 ヨメは何故かよく虫に刺される。理由の1つは肌に虫が止まったのに気づかないことだろう。気がついたら蚊は満腹状態だったりする。マダニが小豆くらいに大きくなるまで気づかなかったことも数度。肌に虫がたかるとくすぐったくなるのは虫の存在を知らせるためだそうだ。ヨメはその機能が衰えてるのか?

 手がけっこう腫れた。刺したのは恐らく小さな蜂だと思う。草むしりしてると地面に蟻のような蜂が歩いてることがある。大人しい蜂だけど知らずに触ったりしたんだろう。刺された所を保冷剤で冷やすと腫れは引くというのを知った。ところが直ぐに皮膚科に行けば良かったのに行かなかったので2~3日腫れたままで良くなる気配ナシ。


保冷剤で冷やしてるところ


 病院に行ったら「今度はどうしましたか?」。ここのところ皮膚科に良く行っているのだ。応急処置は誉められたけどそのまま放置してたので「前にも言ったでしょ」みたいな事を言われたらしい。処方されたグリジール軟膏0.05%塗ってプレドニン錠5mg飲んだら直ぐに快方に向かった。
コメント

さすがの昭和モードか@高校野球

2018年07月27日 08時51分10秒 | 健康
 今から50年くらい前、運動中は水を飲むな、ピッチャーは肩を冷やすから水泳禁止と言われてた。中学生の頃、甲子園で18イニング投げきった投手について担任が絶賛。時代は今だけど、大リーグだと好投してても投球数が多くなると降板。


大リーグ中継で良く見るシーン@日刊スポーツより






試合中に給水・休憩も=高野連が甲子園の熱中症対策
・・・・・略・・・・・
大会本部などの判断で試合中にも給水と休憩の時間を取ることができるようにした。
7/25(水) 21:52配信 時事通信社


 今までは水を一切飲めなかったの?
コメント

身体を冷やすなら水風呂が一番

2018年07月25日 08時09分34秒 | 健康
 夜寝る時、窓を網戸にしてるので朝の室温は外気温と同じくらいになる。それが22℃となって涼しい。まだ7月だけどもしかすると暑さのピークが過ぎたのかな。どんな理由にしろそうだったら嬉しいね。ついこの間まで朝から25℃もあって寝苦しいくらいだった。


水風呂の準備


 ボッケ集落の水は冬冷たく夏生ぬるい。昼間測ってみたら25~26℃もあってプールの水温くらい。暑い時にシャワーを浴びるけどその水をそのまま使って水風呂に入ってみた。飲料用としては今一つな水温だけど水風呂には丁度良い。それでも数分入るとけっこう身体が冷える。暫らくは猛暑が心地よいくらいだ。


寒暖計を浮かべて測定
コメント (2)

子供は何故泣く@歯医者

2018年07月25日 08時08分32秒 | 健康
 歯医者に通院中なんだけど久々に子供がギャーギャー泣いてるのを聞いた。40年前の治療なら分かる。その頃だったら涙が出るような事があった。だけど今そういうのは無い。居眠りしてしまいそうな時があるくらいだ。




「 痛かったら手を上げてください 」
「 痛っ… 」←手を上げる
「 もう少し我慢してください 」


 大人でも歯医者が苦手と言う人が多い。理由は痛いとかあのキーンって音がヤダってのが多い。キーンは昔と変わらないけど痛い治療は少ない。そもそもその痛みの原因は治療じゃなくて虫歯でしょ。そんな親達の子供だから歯医者=怖いってなるのかな。

 だけど内科でも子供はよく泣いている。舌出してって言っただけで泣き出す。こんなのは痛いわけがない。大人と向き合うのが怖いのかな。それとも芋虫や蛇が嫌だと思うのに通じるものがあるのかな。ならばあの白衣が良くないってこと? お化けに通じるものがあるってこと?
コメント

昔は良かった@東京オリンピック

2018年07月22日 08時43分57秒 | 健康
 1964年、10月に東京でオリンピックをやった。以降、体育の日が出来、スポーツの秋って呼ばれるようになった(多分)

 気象庁のサイトから東京の1964年10月の気温を取り出してグラフにしてみた。最高気温が25℃、35℃ではなく25℃だよ、それを超えた日がたったの2日。開催時期に至っては25℃にも届いてない。


東京の1964年10月の気温


 下の予報は今日の軽井沢。東京オリンピックは避暑地の軽井沢より涼しい時期にやってたのだ。しかも10℃近くも低い。


日本気象協会より


 次の東京オリンピックでもしアベベが次の東京で裸足で走ったら競技場出て直ぐにアスファルトの暑さに負けて棄権だろう。いくら遮熱性舗装しても厳しそう。記録の事を考えると夏のオリンピックとはいえ東京でやるなら6月~9月は外した方が良い。どういう理由でこんな暑い日に決まったんだろ。

 小池都知事は暑い時は濡れタオルを首に巻くといいと勧めてた。是非それを広島などの被災地で片付けをしてるボランティアの前でも言って欲しいな。過去に政治的な理由でボイコット騒ぎが起きたオリンピックがある。東京オリンピックは気象的理由でボイコットする国が出て来るかな。「我が国の優秀な選手や関係者達を危険な暑さに晒すわけにはいかない」とか何とか。
コメント

暑けりゃミスも起きる

2018年07月15日 08時49分14秒 | 健康
真夏日の部活「校舎80周走れ」、中2倒れ搬送
・・・・・略・・・・・
80周は約18キロになる。生徒は「9周目で倒れた」と話しているという。
・・・・・略・・・・・
2018年07月14日 11時26分 読売新聞


 たるんでるからミスをしたのではなく暑いからじゃないのかな。そもそもミスを無くすために練習するのに18kmも走らせてどうすんだ。相当速い人でも2時間はかかるから無事完走したところで練習は終わってる。そもそも炎天下で走らせるなんてアホかね。そっか、コーチは暑さで心神耗弱状態だったのかも。
コメント

バストバンド・エース使用中

2018年07月14日 09時49分20秒 | 健康
 肋骨下部の痛みなんて病院行ってもしょうがないと思ってた。でも1~2年前から右肘に出来たガングリオンが痛みだしたので整形外科に行ってきた。胸部のレントゲンを撮ったけど軟骨や筋肉は殆ど写らないから痛い部分がどうなってるのか分からない。骨折した肋骨が肺に刺さって出血、という最悪な事は無いって言うからレントゲンの目的はこちらなのだろう。


身体正面から撮影


 肋骨周辺を固定した方が良いって言う。どんなもんかなぁと思ったけど折角の話なので固定することにした。看護婦に付けて貰った時、どういう目的なのか聞いたら肋骨が呼吸で広がったりするのを制限すると言ってた。そのせいかバンドの一番上が脇の下に付けて息を吐いた時にマジックテープで止める。伸縮するから肋骨がまるで動かないわけではないけどなるべく腹式呼吸が良いのかな。治療らしい治療は無いと思ってたが一晩で楽になった。つい最近、テーピングして直ぐに痛みが無くなった経験をしたけどこういうのって思ってたより効果があるんだな。

 固定はバストバンド・エースなんだけど検索したら Amazon にも売っていた。病院で買ったから保険が効いてるはずだけど医療明細書の点数から計算するとそんな感じはしないなぁ。邪推ではあるが医療器具は実売価格ではなく高い定価でやり取りしてるのかな。ま、暫らくの間はクライミングは自粛。
コメント (2)

ヨメはよく蚊に刺される

2018年07月07日 08時37分46秒 | 健康
 岩場に行くとヨメはよく蚊にさされる。ある日家に帰って刺された痕をざっと数えてみたら21ヶ所。まるで蚊の大群にでも遭遇したみたいだ。蚊に刺されやすい人「7つの条件」なんてのがあったので検証してみた。

蚊に刺されやすい人「7つの条件」表
項番条件感想
暗い色の服装はNGヨメは赤系、俺は黄色系のTシャツ
蚊は「動くもの」に反応するどちらも同じくらい
体温が高いほうが刺されやすい体温計が無いので分からない
蚊は人間の吐く二酸化炭素を…体格が同じだからCO2も同じ
ビールを飲むと蚊が寄ってくる!岩場ではビールは飲まない
肌や汗の成分も要注意汗の出方は似たようなもの
「O型」が最も刺されやすい俺がO型でヨメはA型


 血液型ではO型が刺されやすくA型は刺されにくいらしい。でも結果は逆。O型の俺に刺された痕は無い。ヨメと並んで座っていると蚊はヨメの周りをよく飛んでるようだけど俺の所に来ないわけではない。やっぱり蚊がたかっても気づかないってのが一番の理由だろう。過去にはヨメにたかったマダニが丸々太ってから見つかったなんてのが2度。
コメント

内臓を鍛えて強くするのは無理みたい

2018年06月04日 08時25分16秒 | 健康
 元気なつもりでも目が悪くなったり耳が遠くなったりする。内臓に関しては消化が遅くなったと3~4年前に感じた。それは岩場でのトイレ。外でそんな事したくないので食事は早目に終わらすようにしたので今は岩場では小さい方だけ。

 じゃぁ今更ながら内臓を鍛えて若い頃のようにする事は可能なのか。だけど例えば脾臓を鍛えましょうなんてどうやるの。どうやら内臓に関して出来るのは負担をかけない事くらいらしい。それでも心肺機能、心臓と肺は強く出来ると思ってたけど少なくとも肺はダメそうという記事をたまたま読んだ。

肺を鍛える?
 ジョギングなどを始めた当初は1km走るのも息が切れていたのが、続けていくうちに10km以上走っても平気になってきます。 これは、肺自体がよくなるのではなく、いわゆる有酸素運動を繰り返すことによって、体が酸素をより有効に利用できるようになるからです(運動時最大酸素消費の改善)。
・・・・・略・・・・・
実は、臓器としての肺自体は鍛えてよくなるものではなく、加齢に伴い少しずつ気腫性の変化などがおこり機能としては低下していくのです。 したがって、一番重要なのは、臓器としての肺を大切に使っていくこと、特に喫煙などによって肺を痛めないように心がけることです。
・・・・・略・・・・・
近藤 晴彦:杏林大学病院呼吸器・甲状腺外科教授






 体が酸素をより有効に利用できるようになるからというのは興味深い話。明日は山に行くからご飯を多目に食べてなんていうマラソン選手のような事をする人が居る。でも食べ物をエネルギーに変える仕組みが弱い、それなりに鍛えてないとメタボに近づくだけ。
コメント

「登ってる時は鼻水が出ない」に医学的分析

2018年04月18日 08時48分16秒 | 健康
 睡魔敗退した帰り、帰り道の途中にある薬店に寄った。何時も行くとこだと少しだけ遠回りだけど行く気力ナシ。年輩の薬剤師と話してるうちにこれなら眠くならないので試してみたらとサンプルを貰った。そして何も買わずに店を出た。翌朝、飲んでみた。症状の抑え加減に関しては環境によるので明確に効くとも言えないが、兎に角眠くならない。

 その翌日、別の薬を買いにそこに行った。花粉症の薬には相性があるし折角だから貰った以外のも試してみたい。先日貰ったのは第2世代の薬で第1世代と違うのはどうたらこうたら。他の薬剤師と違って自分はこうだなんて話も。一通り話を聞き終わってから俺がロッククライミングをしてること、登ってる時に鼻水が出ない人が多いという事を話した。そして仕事してる時に鼻水が一番出たことも。

 薬剤師は、点鼻薬は血管を収縮する作用があるんだけど、登ってる時は交感神経が活発になって鼻の血管が細くなるから鼻水が出ないのかも、と言う。交感神経は活動中に活発になる。特に戦闘モードになると瞳孔が開いたり色々な作用をする。なるほど、それは今までの経験、クライミングの他でも辻褄が合う話である。

 するともう1つの事が薬剤師と俺で同時に分かった。仕事中に鼻水が出るのは血管が拡張してるからだ。それは副交感神経が働いてるってことだ。俺は仕事中はリラックスしてテキトーにやってたというのが判明。





 第1世代の薬は眠くなるけど即効性がある。第2世代のは花粉に反応しない身体にするので効いてくるまで2日くらいかかる。この棚から上が第2世代で下が第1世代だなんて教えてくれた。配置に意味があったとは知らなかった。ちなみに貰った薬は第2世代。
コメント