自転車に乗って

10年続いたブログ「くろうさぎの独り言」、その後に続くブログです。
ロードバイク関連の内容を中心に投稿します。

5ヵ月ぶりのジャージ着用

2020-03-21 | 自転車に乗って
三連休の二日目で天気は晴れ。
起きたのは午前7時頃、朝の気温は昨日より下がって風は少し冷たかった。
一人で支度して朝食をとったら自転車でお出かけの支度。

ロードバイクはジテ通で晴れた平日はほとんど乗っている。
ただしジャージ、レーパン着用で出かけるのは5か月ぶり。
1時間以上の走行は5か月の間まったくない。

20km以上、1時間以上かつちょっと長めの登り坂がまともに走れるのかな。
ロードバイクはジテ通で使っているので特に問題はなし。
ジャージやレーパン、アイウエアなどの準備するのが億劫な気分。
お出かけしていないと、こんな事でも面倒に感じるようになるようだ。

お出かけまでの準備という障害物を何とか乗り越えた。
今日はなぜかロードバイクでお出かけしたい気分になったのが理由かな。
何かストレスが心の底にたまっていて自転車で汗かいてスッキリしたい気持ちなのかなぁ。

行く先は走り慣れた檜原方面のあまり坂を登らない道で山方面へ。
おそらく帰路は脚も売り切れてへばっているので帰り道は下り坂が良い。

家を出てJR武蔵五日市駅前から檜原街道を登りました。
自転車に乗り始めたころからの練習コース、今がどの程度の脚力かわかるはず。
コース途中までは、以前と同様に普通に走れているような気がしていた。

檜原村役場を過ぎて払沢の滝入口豆腐-ちとせ屋さん前。

まだ走れそうなので、北秋川を登っていつもの撮影定点へ。
ここは都道205号線-檜原村 中里バス停前(西東京バス)。

ガードレール下に北秋川が流れている場所が撮影定点。


神戸岩まで脚をつかずに登りきれた。
この杉林の木立を登る坂が10%の傾斜で神戸岩までで一番キツイ坂。

電動レンタルチャリの若いカップルに抜かれたが何とか登れた。

神戸岩手前の駐車場から道路工事が入っていてそこからは徒歩。


若いカップルと一緒に歩いて神戸岩に到着。


意外にもまだ脚は残っていたが、老人は無理しないで素直に帰路に
思っていたより登れたのは短距離、短時間だが毎日のジテ通が効いているのか。
神戸鱒釣り場手前のレストラン「ヒノハラテラス」はテイクアウトのみで営業。
こんな田舎でもコロナの影響を考えているのかな。

今日は行ったことの無い地元の食事処で食べようと思っていた。
地元のお店ならばやはりその紹介や説明ができるようになりたい。
JR武蔵五日市駅の建屋のガード下部分にある blan.co(ブラコン)でランチ。

薬膳カレーとコーヒーをいただきました。
2階席の窓からは武蔵五日市駅前の広場が良く見えます。


薬膳カレーはワタシの好みの味でしたが、量が少ないのがちょっと物足りないかな。


食べ終えたらまっすぐ自宅に戻りました。
毎日のジテ通が効いているのか、脚力と体力は落ちていないようでした。
ただし明日以降の身体の状態が問題となるのかもしれません。

コメント (3)

今年の記念日は

2019-11-04 | 自転車に乗って
11月3日は、ワタシの自転車記念日なのです。
なぜ記念日になったのかは、「過去の記事に掲載」してあります。
自転車記念といっても、ロードバイクの沼に脚を踏み入れた散財開始日とも言えます。

この日は、neboさんとランチポタすることがほぼお約束になっています。
過去13年で、11月3日にご一緒できなかったのは2回ほど。

今年の11月3日は、neboさんとてっちゃん(爆走王)で山登りです。
行く先は、北秋川と南秋川を結ぶ入間白岩林道です。
南秋川-数馬下の民宿浅間坂の所から北秋川-風張林道入口の切り返しまでの道です。
少しづつ舗装工事が進み、舗装完了の情報は持っていました。
ただ6月ごろからロードバイクで山を登ったり長い距離と走る気力が興味が失せていました。

走りたくなるまで通勤を除いて3ヶ月ほどロードバイクでお出かけはしてませんでした。
また乗りたいなと少し思い始めて出かけたら、タイヤトラブルですぐ帰宅もありました。
そのタイヤも交換しお出かけができるかなと思ったらお誘いがありました。

今日はその新しいタイヤを履いたホイールでお出かけです。

武蔵五日市駅から檜原街道を山に向かって走り始めです。
いつものように払沢の滝入口のちとせ屋さん前で休憩。

今日は脚力が衰えたワタシのためにゆっくり走行、多休憩をお願いしました。
巡行速度は20km/h以下で、30分に1回程度に休憩です。
neboさんとてっちゃんは前日に都会を120㎞ほど走っていてそのリハビリポタ代わり。
お二人の「疲れているからそれほど走れない」などと言葉は信じていませんが。

上川乗の登りや、人里先の少しキツメの登りをヨタヨタ登って数馬下まで。
民宿浅間坂に行く南秋川を渡る橋を通って、入間白岩林道の入口に。

入口からすぐにガツンとした登りが始まって、山登りが始まりました。

南秋川沿いの街道が見える展望の良い場所まで、押し1回に蛇行が50mほど。



後は浅間尾根の古道があるところまでが10%前後でダラダラ登りです。
途中で14~15%の坂があったら迷わず押しました。
キツイ坂を長く登ると左膝の皿の前下部分が傷みだすので無理をしません。
前日120km走行のお二人は脚つきなしやピーク往復(爆走王)など余裕の山登り。
ただワタシも、登っていることが嫌ではなかったしなんとなく楽しかったような。
やはり11月3日は、自転車記念日なのかな。

林道のピークは山の林の中で眺望の良い場所ではありません。

ただ浅間尾根の尾根道の古道を林道が横断する場所になっています。
下りは、同じ高さを約半分の距離で下ることになります。
北秋川から登ると登の斜度が約2倍のキツサになる計算だ。
この林道は、激坂好き以外の方は南秋川から登るのが正解かと思います。

白岩林道の途中で、風張林道の登り坂の道が見える場所があります。

下りはブレーキを握る手が疲れるし、枯葉やガレ石が多くて注意して走行。
風張林道の登り口の切り返しまで出てしまえば、あとは北秋川を下るだけ。

陽射しが無くなって、下りはかなり寒く感じました。

一気に戸倉まで下って、ランチはお蕎麦を食べる予定でした。
お蕎麦屋さんに到着したら、ほぼ満席で蕎麦が売り切れ状態でした。
これから蕎麦打ちを始めるので1時間ほど待ってと…
お蕎麦はあきらめて、五日市の街中にあるお寿司屋さんに。
天ぷらと寿司のセットをいただきました。

田舎のお寿司でしたが、やはり回転する寿司より美味しかったような。

食べ終えたら、すこし走ってお別れです。
今年も自転車記念日は、それなりに楽しく走れました。
来年も一緒に走れたらいいなと。

コメント (2)

タイヤはメイドインジャパンに

2019-09-02 | 自転車の用品
8月25日に出かけたときに、タイヤが裂けて変形した。

出先でのトラブルだったが、なんとか走行が出来る状態だったので助かった。
もちろん膨らんだ部分が路面に着くときはバーストが怖い。
それに走行時の振動もあってひやひやしながら帰宅した。

新しいタイヤを入手したので、タイヤの交換をした。
劣化したのは、ミシュランのPRO4で前輪だけ裂けて膨らみ後輪は異状ない。
前後のタイヤは同時購入なので品質バラツキがあるとしか思えない。
前輪
 
後輪

やはり海外製のタイヤはこの程度の品質なのかなぁ。

新規に購入したのは、パナレーサーのRACE A EVO4(Made in Japan)。


パフパフでタイヤパウダーを塗布してホイールに組付け。

これで突然の劣化進行からは逃れられるのではないかと。
やはりタイヤの状態は自転車の安全走行には重要な要素だと思う。

裂けたタイヤを切断して断面を見たら、内部のカーカスとトレッド面が剥がれていた。


タイヤは新品に履き替えたけれど、このタイヤで走るのはいつになるのか。
コメント

手入れを怠って

2019-08-25 | 自転車に乗って
8月下旬になって、ロードバイクで久しぶりのお出かけ。
ジャージを着てビンディングシューズでの走行は3か月ぶり。
5月の25日に養沢川の上流までランチポタに行ってから走っていない。

ここ3ヶ月ロードバイクで出かける気分にならなかった。
なんとなくだが、走っていても楽しくならない気がしていた。
出かけて「走っている時間」がもったいないような思いもあった。
それに身の回りにもいろいろ用事があったのも事実。

走ってはいないが、使っていたアイウエアが壊れたので新規購入した。

オークリーなどとても無理なので、眼鏡市場で度付きの調光レンズの物。
かけ心地や見え方は悪くない。

3か月ぶりなので無理しないつもりで、檜原方面に向かった。

のんびりと走っていると、8月下旬の山影の風は心地良かった。
陽射しもあるが蒸した暑さとは違い、滴るような汗は出ていない。
いつもの練習コースで、払沢の滝前の豆腐屋さん「ちとせ屋」で休憩。
 
3ヶ月ぶりだが、それほど脚は衰えていないような気がした。

ちとせ屋さん先の橋の下、北秋川は澄んでいてキレイ。

水に入るのならこれより上流域の川がいいかな。


3か月の間、バイクの手入れを怠っていたツケが出た。
下り坂の左コーナー、少し車体をバンクさせて速めの速度で走行中に前輪に違和感。
パンクではなく、ズリッとしたような感覚だった。
その後は、路上に一定の間隔で凸凹があるよう振動が出てきた。

タイヤトラブルで、こんな状況になったのは初めて。

前輪のエアを少し抜いて、早めに走行を切り上げて帰宅方向に。

いつパンクするかわからないので、下りでも20km/h以下の走行。
前輪ブレーキは使わず、後輪ブレーキのみ。
下りコーナーでも車体はなるべく傾けないように走った。

瀬音の湯入口にある新矢柄橋の手前で止まってタイヤを確認。

やはり少し破れが広がってきている。
ここでも少しタイヤのエアを抜いて膨らみを減らす。


帰り道の途中でお昼になったので、とりあえずお蕎麦屋さんでランチ。
戸倉の野崎酒造の反対側の路地を登ったところにある「小春日和」

ワタシはほぼ地元なので、十里木から少し下ったよく知っている脇道に。

意外に景色の良い場所があって、そこから坂を下れば目的のお店。

すぐ隣りに喫茶店「POUND」がある場所。

民家を改装したお蕎麦屋さんだが、内装の状態と雰囲気はワタシの好み。

野菜天せいろをいただきました。

お蕎麦は田舎風で少し変わっているが、悪くはない。
天ぷらは、秋川流域の蕎麦屋さんの天ぷらの中ではトップかなと思った。

食べ終えて、帰宅してシャワーを浴びてブログを書いた。
久しぶりに走ってみたが、風は心地よかったし気分は良かった。
ただし、新規にタイヤを入手しなければならないのは痛い。
コメント (6)

養沢川ランチポタ

2019-05-26 | 自転車に乗って
25日の土曜日、ロードバイクでお出かけの約束をしました。
6時30分に起床し、朝食をとった後は部屋でジャージの準備。
それが済んだら、近くの孫娘の家まで行って家庭菜園の紫玉ねぎの収穫手伝い。
玉ねぎを孫たちが抜き、2、3日畑でそのまま乾燥する。

そんな作業が終えたら、自転車の支度。
ホイールを履き替えたり、サドル位置を動かしセッティング変更作業。
サドルの位置に違和感が出ていたので変えて様子を見る。
ジャージに着替えて準備が終えたら10時過ぎていた。

お仲間との待ち合わせ場所に走り出すと、陽射しが強いのを感じる。
ただ真夏の蒸し暑さとは違って、汗が流れて濡れるほどではないのが救い。
約束通りに10時30分にお仲間と出会って、目的地に出発。

行先は、秋川支流の養沢川沿いにあるcafe登々に。
ワタシは家からは、ほとんど負荷のかからないランチポタになった。
秋川では比較的に有名な鱒釣り場があるのが養沢川。

JR武蔵五日市駅から10㎞弱の距離にある。

cafe登々のランチメニューは一品のみだが、コスパはとても良いと思う。

ワタシの好みの味で、この山奥の中のお店にしてはワタシとしては点数高め。


食べ終えても時間があったので、お仲間に養沢川を上流をご案内。
行き止まりで途中でUターンしなければならないが、ロードで走るのに好きな道。
Uターン地点からそのまま十里木まで戻って檜原街道を下って街中へ。
街中は、緑の木々の中を流れる養沢川沿いを走っていた気温や風と明らかに違って暑い。

我が家の近くでお仲間さんとお別れ。
距離も乗車時間もロードバイクとしては短く、若者ならお散歩程度の走行だろう。
2時半ごろには家に着いていた。
着替えて、自転車でお出かけの片付けを終えたら別の気になる事を処理に。
気温が高く陽射しが強すぎるので、車で職場にお出かけした。
職場で植え付けたばかりの野菜やプランターの花の様子が気になった。
植付けた野菜や、芽の出た植物にたっぷりの水遣り。


ロードバイクでの養沢川ランチポタは短い時間だったが考えていたより楽しめた。
乗車位置セッティングも変えた後の方が、気持ち良く乗れた気がした。
余った時間で、別の用事も済ますことができたし満足の土曜日だったのかも。

明日も晴れて暑い予報だが、用事はたくさんある。
日曜日だけれど、自分の自由になる時間は少なそうだな。
コメント (2)