「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

お風呂さすらい 46 「アパホテルヴィラ 仙台駅五橋」(仙台市若林区五橋)

2014-08-31 14:22:38 | お風呂放浪記
震災以来、2年ぶりの仙台。 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 0777 - 風が吹くとき - 「吉太郎(きちたろう)」(福島市置賜町)

2014-08-29 17:42:25 | 居酒屋さすらい ◆地方版
わたしたちはジムとヒルダです。物語を読む読者ではありません。 . . . 本文を読む
コメント (2)

旅するランチ 031 - ジャブロー侵攻~シーフードカレー~ - 「GUNDAM CAFE」(千代田区神田花岡町)

2014-08-27 23:15:46 | 旅するランチ
華麗なる「ジャブロー」。 . . . 本文を読む
コメント (2)

居酒屋さすらい 0776 - オート談義に花が咲く、哀愁の立ち飲み屋 - 「飲み処 にしぐち」(川口市西川口)

2014-08-25 20:55:48 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
立ち飲みラリー京浜東北線編 「西川口」 . . . 本文を読む
コメント

Kuma-chang レシピ 「ガパオライス」はホーリーバジルで

2014-08-24 20:01:11 | Kuma-Changレシピ
ふらいんぐふりーまん師から譲ってもらった、ホーリーバジルの種を今夏蒔いてみた。しかしながら、ひと株も発芽しなかった。 ガパオライスを本物のホーリーバジルでこしらえるという夢は淡く潰えてしまったのだ。 ふらいんぐふりーまん師の種は見事に発芽。種に問題はなく、要は発芽の環境とわたしの栽培センスがなかっただけだ。 ふらいんぐふりーまん師のホーリーバジルの栽培の様子はこちら http://onito . . . 本文を読む
コメント (2)

居酒屋さすらい 0775 - ほんわかと温かい陽だまりが射す - 「酒膳めし屋 日ごろ」(新宿区西新宿)

2014-08-23 10:19:55 | 居酒屋さすらい ◆東京都内
思いがけずにH部さんから連絡が入る。どうやら、営業先でドタキャンをくらったらしい。時間が空いてしまったから「新宿で酒でもどうですか?」という。これは奇遇だ。わたしも、この日新宿で仕事する予定だった。 H部さんは、わたしと飲むときは、常々「熊猫流の酒の飲み方を教えてくださいよ」という。彼が言う「酒の飲み方」という言い方がよく分からなかったが、それに対して、わたしは「立ち飲みで隣り合った人と友達にな . . . 本文を読む
コメント

旅するランチ 030 - アキバのカレーMAP (千代田区外神田)

2014-08-21 14:48:18 | 旅するランチ
いよいよ、カレー探索はアキバの電気街へと駒を進めた。 今回の一角はメイドカフェも多い、最も繁華なエリア。それを見越してその入口にはファストフード系のお店が建ち並ぶ。ここは飲食店にとっても重要な地域である。 したがって、このエリアにはチェーン系ばかりがしのぎを削る。   22.小諸そば (そば屋) 「カレー丼」。 とろりとした餡がいい。「富士そば」はレトルトっぽいが、「小諸そば . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 0774 - 赤いたぬきと緑のきりんざん - 「越乃 赤たぬき」(新潟市中央区弁天)

2014-08-18 13:26:17 | 居酒屋さすらい ◆地方版
「案山子」を出て、歩いて新潟駅へ。このまま帰るのももったいないかなと思っていると赤提灯に巨大なたぬき。 看板には「越乃 赤たぬき」と書いてある。 「赤たぬき」とは面白い。酔って赤くなった狸か。 まさか、店主がカープファンで「赤ゴジラ」よろしく、「赤たぬき」というわけではあるまい。 「越乃」とはやはり新潟という意だろうか。 「越乃」とつくと急にブランドっぽくなるから不思議だ。 「越の寒梅 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 0773 - 土着の酒肴、地酒の力 - 「案山子」(新潟市中央区東堀前通)

2014-08-15 14:58:53 | 居酒屋さすらい ◆地方版
この辺りかなという直感で、わたしはバスを降りた。 勘である。 商店街が長く続き、辺りは少しずつ賑わいを見せてきた。歓楽街とはいえないまでもその兆候がうかがえる。   商店街に入ると、漫画「ドカベン」の像があちこちに設置されていた。新潟市は水島新司さんの出身地だったか。 小学校2年生くらいだったか。お袋は、具合が悪く、京成大久保の国立病院に通っていた。わたしもその病院についていか . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 0772 - 沈黙と絶句の昼飲み - 「お昼の居酒屋 かあちゃん」(成田市飯田町)

2014-08-11 21:27:26 | 居酒屋さすらい ◆地方版
週末、仙台に行った折、小3になる従兄弟の子どもに会った。彼はお母さんのことを「母ちゃん」と呼んでいた。どうやら、小学校に上がると両親の呼称を「母ちゃん」「父ちゃん」と変えたらしい。 接頭語がなくなると、急激にイメージは距離感を近くする。「かあちゃん」という響きは実にいい。 成田のお昼居酒屋「かあちゃん」が「母ちゃん」かどうかは分からない。もしかすると、和子さんとか、一恵さんという名前の女性のあ . . . 本文を読む
コメント (4)