「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

カレーさすらひ 100 - 2つの顔を持つ洋食カレーの最高峰 -「浜松町 東京會舘」(港区浜松町)の「ビーフカレー (多分)」

2019-07-22 21:58:19 | カレーさすらひ
口に含んだ瞬間に満ちるコクの強い濃厚な香りは、まるでカレーとは思えない味わい。しかし、本当の驚きはそこじゃない。僅か2秒後に訪れる味わいのハーモニーは余りに突然であり、激変なのだ。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 099 - 店舗限定もの -「カレーは飲み物。 御徒町店」(台東区上野)の「春のバターチキンカレー ラプソディ」

2019-07-16 14:19:36 | カレーさすらひ
赤でもなく、黒でもない。表現すれば黄色ともいえるバターチキンカレー。 まぶされているのはバジルパウダーか。添えられた副菜はたまねぎのアチャールとみた。このアチャールはベンガルのものに似ている。 さて、カレーソースだが「カレーは飲み物。」とは思えないまろやかさである。これはバターの恩恵の何者でもない。 うまし。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 098 - チリコンカン - 「成城石井」#レトルト

2019-07-08 21:51:28 | カレーさすらひ
米国を代表するスープ料理なのに、何故か日本ではポピュラーではない。でも、小学生の頃はよく食べた。「チリビーンズ」という名前で。 . . . 本文を読む
コメント (2)

カレーさすらひ 097 - ホテルカレーはやっぱり旨い -「京王プラザホテル」(新宿区西新宿)の「カレー」

2019-07-01 22:04:37 | カレーさすらひ
6月下旬に3軒のホテルカレーをいただいた。一つひとつカレーを取り上げていきたいが紙幅がない。3つのカレーで、とびきり旨かったカレーを選んでみた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

カレーさすらひ 096 - 自然に畏れを抱き - キャンプカレー

2019-06-30 11:58:16 | カレーさすらひ
普段、自動的に食卓に上がる料理がどのような過程で息子の眼前に出てくるか。多分、そんなことを深く追及する機会はないだろう。しかしながら、自分が作った料理であれば、自ずとそのカレーに愛着は生まれるし、食べることの意味が生まれてくる。 . . . 本文を読む
コメント (2)

カレーさすらひ 095 - トロっトロの牛すじのうまみとコク -「松屋 秋葉原店」(千代田区神田松永町)の「創業ビーフカレー」

2019-06-24 23:32:32 | カレーさすらひ
実は、静岡の人気ブロガー、電気がまさんのブログによって情報がもたらされた。何?「松屋」の「創業ビーフカレー」だって?普段、あまり「松屋」には行かない。だって、ごはんの量を秤で計ってお客さんに出す、あの姿勢が嫌だった。 「餌かよ」。 . . . 本文を読む
コメント (4)

カレーさすらひ 095 - SPACE CURRY 宇宙日本食レトルトカレー - 「ハウス食品」#レトルト

2019-06-17 22:37:56 | カレーさすらひ
カレーの外袋には、「地上での作り方」が書かれている。スパイスだけでなく、ウィットも効いたカレーになっている。ちなみに地上での作り方は、電子レンジは不可。熱湯で3~5分温めるというもの。なお、宇宙での作り方は記載されていない。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 094 - ごはんの山にホワイトソース -「ワイン酒場 wai-wai」(千代田区神田和泉町)の「マッシュルームカレー」

2019-06-10 22:23:46 | カレーさすらひ
しかし、このカレーは、自分が頼んだ「マッシュルームカレー」なのか。カレーソースの海をマッシュルームを求めて探してみたが、ヒョータンツギに似ているマッシュルームは探し当てられない。そのかわりに見つかったのが、牛すじに似た肉。もしかして、これって、「牛すじカレー」ではないか。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 093 - 間借りカレー、夏まで延長! -「HATTO CURRY」(台東区台東)の「欧風ビーフカレー」

2019-06-03 22:25:18 | カレーさすらひ
「ご近所一丁目バル」に間借りしている「Hatto Curry」。間借り契約の関係で、5月以降の営業が不明だったが、この度夏までの営業延長が決定した。 おめでとうございます。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 092 - このカレーにして、このコーヒーあり! -「Jaguar Brown」(千代田区神田和泉町)の「バターチキンカレー」

2019-05-27 21:50:33 | カレーさすらひ
盛りがいい。サフランライスを丸く盛り、ややジャバシャバなカレーソースが流しこまれている、カレーの海の中央にはクリーミーな渦巻きが。多分、溶けたバターである。たまらなくいい香りがしてきて、ハッと我に帰る。急いでスプーンを持って、一口すくって食べると、恐ろしいくらいのバターのコク。 . . . 本文を読む
コメント