「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1332 - 懐深すぎ、大阪の立ち飲み - 「まるふじ」(大阪市都島区東野田町)

2018-05-31 22:39:26 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
どちらも串かつの店。東の人間としては、どちらがいいか分からず、甲乙つけがたい。まごまごしていても埒が開かず、ボクは「まるふじ」に入ることにした。 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 1331 - ジャンジャン横丁でも屈指のメニュー - 「立呑み処 やまと屋 3号店」(大阪市浪花区恵美須東)

2018-05-29 22:41:58 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
この「やまと屋」、表の看板から、ぶっ飛んでいた。酒を2合飲むと、1合無料。はじめから3合分の料金ちゃうんか!と突っ込みをいれたくなるような看板が目印の「やまと屋」なのである。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 041 - 質量ともに物足りなし -「欧風カレー M」(千代田区神田和泉町)の「カレー(赤)」

2018-05-28 21:47:09 | カレーさすらひ
カレーは赤と黒とあるが、「カレーは飲みもの。」に似ている。大盛も同じ金額の750円。「カレーは飲みもの。」よりも、若干安いが、ご飯もカレーソースも量は少ない。 . . . 本文を読む
コメント

【今日のコーヒー&パン】 20180527

2018-05-27 09:47:53 | 【今日のコーヒー&スイーツ】
5月27日(日)どんぐり舎(座間市相模台)のエチオピアモカ/スイートキッチン(北区東十条)のバタールでバインミー おはようございます。 今日は娘の部活がなく、久々に家族全員ゆっくりとした朝を迎えています。 過日、犯罪史上まれに見る凶悪事件と言われる「消された一家」(豊田正義・新潮文庫)を読了しました。胸くそが悪くなる凄惨な事件で、なかなか常人には理解できないものがありますが、閉ざされた世 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 1330 - 驚愕のサービスタイム - 「立ち呑処 七津屋 ホワイティ梅田店」(大阪市北区堂山町)

2018-05-26 21:18:03 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
だって、タイムサービスの中身がすごい。16時までなら、「瓶ビール」が330円。これって、小売り価格じゃないか?「生ビール」が250円。「酎ハイ」220円だって。ヤバイよ、大阪。時計を見ると15時40分。リミットまで20分。これは店に入らないと。 . . . 本文を読む
コメント

【今朝の味噌汁】20180521-20180526

2018-05-26 08:18:48 | 今朝の味噌汁
5月26日(土)納豆・ながねぎ・豆腐/信州5:仙台5 おはようございます。 子どもの頃、お袋が学校に来るのが嫌でした。授業参観とか、運動会とか。友人のお母さんらは、皆若くて羨ましかったです。お袋と自分は、40歳離れていましたから、ボクが小4のときは50歳でした。今は晩婚化が進み、子どもの学校に行くと、ボクと同じくらいの年齢の人が中心です。ボクはもう四捨五入すると50歳になっていますが、とり . . . 本文を読む
コメント

蕎麦屋さすらい 028 - カップ麺のそば屋 - 「どんばれ屋」(渋谷駅山手線外回りホーム)の「どん兵衛」

2018-05-25 21:50:05 | 蕎麦屋さすらい
「どん兵衛」って、つゆがおいしい。だから、ロングセラーになったんだろう。そして麺も実はうまい。もしかすると、変な駅そばより、うまいかも。かき揚げと七味は、いつしか後入れに。よく考えたよなぁ。日清食品。 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋さすらい 1329 - やっぱ、この串焼きはすごい - 「野島」(東村山市秋津町)

2018-05-24 22:29:07 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
嬉しかったというのは、かつて拙ブログで故意ではないにしても、ボインの危うい胸元をガン見して、報告したことで、お店の方をはじめ、常連さんらに、「とんでもねぇ奴」と思われてるだろうと負い目を感じていたからだ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

居酒屋さすらい 1328 - クラフトビールと日本酒のネオ角打ち - 「伊豆屋酒店」(品川区中延)

2018-05-22 21:50:10 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋
雰囲気はいい。落ち着いて酒が飲めるのもいい。マスターのこだわりがつまったお店なのだと思う。世田谷ベースならぬ、荏原台ベース。 . . . 本文を読む
コメント

カレーさすらひ 040 - 立ちそば屋のインドカレー -「よもだそば」(中央区日本橋)の「カレーライス」

2018-05-21 18:48:17 | カレーさすらひ
時々、専門店以上にクオリティの高いカレーに遭遇することがある。それがカレーという料理の特異性でもあり、醍醐味でもあるのだが、そんなカレーに出会うと、思わず幸せな気持ちになる。 . . . 本文を読む
コメント (4)